純増2.0枚で『パチスロ グラップラー刃牙』登場

2017/03/27

記事カテゴリ:新台
タグ: 新台 グラップラー刃牙 NANASHOW

『パチスロ グラップラー刃牙』
『パチスロ グラップラー刃牙』

フィールズは七匠製の新機種『パチスロ グラップラー刃牙』を発表、3月23日に東京支店でプレス向けの説明会を実施した。

 同機は純増2.0枚のART特化タイプ。ART「地上最強トーナメント」は継続ゲーム数不定で、主人公の刃牙がバトルに勝利し続ける限り継続する。ART中の攻撃権争奪バトル中はベル、レア役で刃牙、リプレイで対戦相手が攻撃を行い、ヒットすると攻撃した側のゲージが貯まる。

 どちらかのゲージがMAXになると継続バトルが発生し、刃牙が相手を倒すと新たな対戦相手が登場。逆に刃牙が倒されるとART終了となる。攻撃をよけた場合は攻撃した側のゲージがゼロに戻り、攻撃権争奪バトルが再開する。

 刃牙が対戦相手を5人倒すとトーナメント制覇となり、EXバトル「地上最強の親子喧嘩」に突入。1セット20ゲームのバトルが85%でループし、終了後は再び「地上最強トーナメント」へと向かう。

 小役の引きによる自力感と、バトルの痛快さを融合させた「バトルARTの頂点を目指す」というゲーム性。対戦相手はARTの導入部(15ゲーム)で決定し、それぞれに倒しやすさなどの特徴がある。

 納品は5月7日開始予定。

 また、プレス発表では七匠の開発姿勢「壱機種壱挑戦」を紹介、「『壱』の文字は他の数字に改変されない特徴がある。他に曲げられない強い信念を持って、来るべき未来を信じて開発に挑戦する」などとその意味が伝えられた。

 

提供:WEB Green Belt

善都が可児市のフォトコンテストに協賛

2017/03/27

記事カテゴリ:企業

愛知・岐阜の両県で店舗展開する善都は、岐阜県の可児市観光協会フォトコンテストに協賛。その表彰式が3月23日に行われた。

 作品募集は昨年9月15日から今年1月13日にかけて行われ、可児市の魅力ある写真がテーマの「観光グランド部門」、人物をテーマとした「スマイル部門」、市内を走る名鉄広見線を題材とした「名鉄広見線部門」の3部門に合わせて159点の応募があった。

 受賞作品は3月末まで可児市役所、4月からはZENT可児店のカウンター前に展示される。

 

提供:WEB Green Belt

ゲームアプリ「ユニバラッシュ」にハーデス登場

2017/03/27

記事カテゴリ:企業

ゲームの一場面。
ゲームの一場面。

ユニバーサルエンターテインメントのIPを活用したスマートフォン向けゲームアプリ「ユニバラッシュ」を配信する(株)グラッシュは、3月24日のアップデートで『アナザーゴッドハーデス』をプレイ可能機種に追加した。

 「ユニバラッシュ」はパズルゲームにスロットの「抽選」という概念を組み込んだ「パズスロ」という新ジャンルで、これまでに『HANABI』と『クランキーコンドル』の2タイプをリリース。『アナザーゴッドハーデス』は実機のゲーム性をモチーフに、「ジャッジメント」などのフローを引き継いでおり、「一度の大当たりでどれだけ獲得できるか」というワクワク感を味わえるという。

 同機のリリースに合わせて、ゲームにログインしたり、チュートリアルを突破することで特典が得られるキャンペーンも実施している。

 

提供:WEB Green Belt

普通機、手打ち式のメーカーと意見交換~余暇進

2017/03/27

記事カテゴリ:団体

余暇環境整備推進協議会は3月14日、都内で理事会及び部会を開催した。

 部会では「ぱちんこ遊技機の開発について」として、普通機専門メーカーとして設立された(株)愛喜から小林慶子社長、おととし約40年ぶりとなる手打ち式パチンコをリリースした(株)A-gonから石井正彦本部長を招き講演を聞いた。

 このなかで小林社長は、愛喜を設立するまでの経緯を「自身がパチスロの販売に従事する中で遊技の原点への興味を持ち、また、普通機に対するわずかなニーズを感じたことから」などと説明。一方、石井本部長は手打ち式パチンコに関して「電動式ハンドルに慣れた現在のプレイヤー層の反応は鈍く、玄人に好まれる傾向があった」などと分析。新たに販売したGOGOピラミッドは短時間で遊べる、夜9時以降の稼動を狙った機械であることなどを説明した。

 この後部会参加者は愛喜の『CRAコスモパニック』、A-gonの『CRGOGOピラミッド』を試打し、担当者と意見交換。試打終了後には小林、石井の両氏に余暇進の香月義春常務理事を加えてディスカッションを行った。

 

提供:WEB Green Belt

豊川市のまちおこしフェスタにモーリーズが参加

2017/03/27

記事カテゴリ:企業

3月18日、愛知県豊川市で開催された「とよかわまちおこしフェスタ2017 第3回いなりんピック!!いなりん☆とゆかいな仲間たち大運動会」にダイナム公式キャラクターの「モーリーズ」が参加した。当日は全国から約2万9千人が来場した。

 イベントでは、全国から集まった68のキャラクター達がしろ組とあか組に分かれて様々な競技で対決。同社公式キャラクター「モーリーズ」のモリスケは、しろ組としていなりんが転んだ(だるまさんが転んだ)や豊川キャラクター駅伝などに参加した。

 また、様々なブースが並ぶ中ダイナムブースでは、最寄店舗のダイナム愛知小坂井店が運営に参加して、モーリーズグッズの販売を行った。他にも、参加者がモーリーズグッズをもらえるプレゼントクイズが行われた。

 

提供:WEB Green Belt

127里ごとにART「勧善懲悪ボーナス」当選チャンス

2017/03/24

記事カテゴリ:新台
タグ: 新台 水戸黄門 KYORAKU

『ぱちスロ 水戸黄門』
『ぱちスロ 水戸黄門』

京楽産業.はこのほどパチスロ新機種『ぱちスロ 水戸黄門』を発表した。

 同機は水戸光圀公御一行の諸国漫遊を通常時のゲーム性に取り入れ、1G消化ごとに1里ずつ進行し、127里ごとに到達する目的地での演出に成功することができればART「勧善懲悪ボーナス」へ突入する。目的地ごとに期待度が異なる点や、リアルボーナス当選後やレア小役の一部で突入する周期短縮演出の「かごチャンス」を搭載するなど、誰でも気楽にどこからでも楽しめる機種となっている。

 ART「勧善懲悪ボーナス」は1セット40G+5Gで純増は約1.6枚/G。消化中は毎ゲームセットストック抽選が行われており、ARTのストックによって出玉を増やしていくタイプだ。消化中のボーナスは「ひかえおろうラッシュ」となり、毎ゲーム約1/5でセット数をストックする。規定ゲーム数消化後は継続演出に発展し、ストックがある場合は継続確定、ない場合は演出成功で継続となる。継続時は成立する図柄によって恩恵がことなり、青7の場合は勧善懲悪ボーナス、印籠図柄の場合は初期ゲーム数上乗せゾーン「印籠アタック」を経て勧善懲悪ボーナスへ突入する。

 また、「勧善懲悪ボーナス」突入時の一部で突入する「お雪覚醒ゾーン」では宿世図柄が揃えば上位ART「宿世ノ刻」へ突入する。宿世ノ刻は1セット10G固定で、規定ゲーム数消化後はバトルに発展。勝利すると宿世図柄を獲得でき、宿世図柄の数だけバトルが継続する。平均継続期待値は22セット。

 そのほかの主なスペックは、ボーナス合算確率1/1057.0~1/949.8、ART初当たり確率1/395.6~1/261.3、ボーナス+ART合成確率1/287.9~1/205.0(いずれも設定1~6)。

納品は5月8日より開始予定。

 

提供:WEB Green Belt

ハンドル握った瞬間から楽曲が楽しめる歌パチ

2017/03/24

記事カテゴリ:新台
タグ: 新台 テレサ・テン Daiichi

『CRテレサ・テン2』
『CRテレサ・テン2』

大一商会は3月21日、東京支店でパチンコ新機種『CRテレサ・テン2』プレス発表会を開催した。

 同機は潜伏、小当たり、突確非搭載の誰もが安心して遊べる確変ループタイプ。奇数図柄大当たりで確変、偶数図柄大当たりで通常大当たりとなる分かりやすいゲーム性に加え、確変大当たりより通常大当たりのほうが出玉が多く獲得できる仕様にすることで、通常大当たりによるガッカリ感を軽減している。

 同機最大の特長は、従来の歌パチと違いハンドルを握った瞬間からテレサ・テンの楽曲が楽しめる「フルオーケストラシステム」。通常変動中でもテレサ・テンの名曲を途切れることなく聴き続けることができる同システムは、店内全台が一斉リンク可能で、リーチ、大当り等で楽曲が変わった場合でも他の台とずれることなくまた楽曲が流れる画期的な新システムとなっている。

 ターゲット層を50~60代のテレサ・テンファンに絞っているため、演出や予告頻度もシンプルに設計。「蝶々」が大当たりのカギを握っており、保留変化、群予告、導光板など様々な場面で出現、中でも「蝶光板」が光れば大当たり濃厚となる。

 スペックはミドル、ライトミドルの2タイプ。ミドルタイプは大当たり確率約1/319.7(高確率時約1/39.96)で確変割合は55%、確変非突入時には時短が100回転付与される。大当たり獲得出玉は確変大当たり(14R)が1,344個、通常大当たり(16R)が1,536個となる(いずれも払出値)。

 一方ライトミドルタイプは大当たり確率約1/199.8(高確率時約1/19.9)で確変割合は52.5%、確変非突入時には時短が30回転付与される。獲得出玉は確変大当たり(12R)が936個、通常大当たり(15R)が1,170個となっている(いずれも払出値)。

 納品はミドル、ライトミドルとも5月7日を予定している。

 

提供:WEB Green Belt

徳島のダイナム5店舗、子育て支援で表彰受ける

2017/03/24

記事カテゴリ:企業

徳島県内5店舗の、仕事と子育ての両立を支援する取組が評価され、ダイナムは徳島県の実施する「はぐくみ支援企業」として県から表彰を受け、表彰式に店舗代表として、徳島県小松島店の郷冬雪さんが出席した。

 同県のはぐくみ支援企業制度は、子どもを産み育てながら働き続けることができる「子育てに優しい職場環境づくり」に積極的に取り組む企業を認定するもの。

 今回、県内のダイナム5店舗が実施している、働き方への柔軟な対応や、キャリアアップのための社員教育制度の確立、ハラスメント防止のための、全社員を対象とした研修などの取り組みが評価された。

 

提供:WEB Green Belt

3つのゲーム性をMIXしたAタイプ

2017/03/24

記事カテゴリ:新台
タグ: 新台 タイムクロス YAMASA

タイムクロス2
タイムクロス2

山佐は3月15日、パチスロ新機種『タイムクロス2』を発表した。

 同機はビッグ(最大獲得枚数311枚)とレギュラー(100枚獲得)を搭載したAタイプ。5号機のAタイプで初となるステージごとにリール制御が一変するシステムを搭載し、飽きのこない遊技を創出している。

 通常時は主に、色で成立役を示唆する「小役ナビステージ」、レア役成立後などに連続演出が発生する「チャンス告知ステージ」、一発告知がメインの「準完全告知ステージ」の3つのステージを行き来する。3つのステージは演出以外にもレア役確率やレア役からのボーナス期待度などに差を設けており、異なるゲーム性を楽しめる。

 そのほか遊技を盛り上げる工夫として、演出に合わせて揺れたり傾いたりする可動式の液晶「ナナメルビジョン」を搭載しているほか、ストップボタンを押してもリールが止まらない「ボタンフリーズ」やレバーを叩いてもリールが回らない「ロングウェイト」などの違和感演出を搭載。プレイヤーに驚きを与えるマシンに仕上げている。

 ボーナス合算確率は1/155.3~1/112.0で出玉率は97.5%~115.0%(いずれも設定1~設定6)。

 なお納品は5月21日を予定している。

 

提供:WEB Green Belt

ニラクが女性活躍推進優良企業の認定を受ける

2017/03/24

記事カテゴリ:企業

ニラクは厚生労働省から最高評価「段階3」のえるぼし認定を受けた。写真右から2番目が谷口久徳社長。
ニラクは厚生労働省から最高評価「段階3」のえるぼし認定を受けた。写真右から2番目が谷口久徳社長。

ニラクは女性の活躍を推進している企業の証である「えるぼしマーク」を取得。3月23日に福島労働局で認定通知書交付式が行われた。

「えるぼしマーク」は一般事業主行動計画の策定及び策定した旨の届出を行った企業のうち、一定の基準を満たした企業にのみ厚生労働大臣から贈られる女性活躍推進優良企業の証。採用、継続就業、労働時間等の働き方、管理職比率、多彩なキャリアコースの5つの項目で評価され、満たした項目数に応じて3段階の認定が用意されている。同社は今回全ての評価項目を満たし最高評価の「段階3」の認定を受けた。

 現在同社では店長職2名、副店長職28名の女性がホールで活躍しているほか、店長職を経験した5名の女性が店舗のサポート役として本社で働いている。

 当日認定通知書を受け取った同社の谷口久徳社長は「当社に女性従業員が活躍できる環境があること。そして、その風土があると認めて頂けたことをとても嬉しく思う」と感謝の意を述べると、「今回認定を受けた『えるぼしマーク』と昨年3度目の認定を受けた『くるみんマーク』を誇りに、今後も真摯に取り組んでいきたい」と語った。

 当日はそのほか谷口社長がイクボス宣言を実施。従業員のワークライフバランスを推奨するとともに自らが仕事とプライベートを楽しむ“イクボス”になることを表明した。

 

提供:WEB Green Belt

TOP