元eggモデルが未経験者向けにパチスロ教室

2016/05/31

記事カテゴリ:企業
タグ: KITAC

友だちに教えるようにパチスロの遊び方をファンに伝えるゆまちさん(右)。
友だちに教えるようにパチスロの遊び方をファンに伝えるゆまちさん(右)。

 北電子は5月28日、女性ファッション誌の専属モデルとして活躍していたモデルのゆまちさんを講師に迎え、未経験者向けの「パチスロ勉強会」を開催した。4月の開催に続く2回目の勉強会。当日はゆまちさんのファン8名が参加、東京・東上野の北電子ショールームでパチスロの遊び方を学んだ後、近隣ホールでパチスロデビューを果たした。

 北電子では、昨年4月から「パチスロ楽しさ発見プロジェクト」を発足させ、遊技人口の回復に向けてパチスロの体験会イベントなどを行っている。

 今回の勉強会もその一環で、ギャル系ファッション誌・eggの元専属モデルでパチスロ好きのゆまちさんを講師に、パチスロ未経験の若い女性にパチスロの楽しさを知ってもらおうというのが趣旨。参加者の応募もゆまちさんのホームページだけで告知された。

 当日はカップル3組を含む女性5名、男性3名の計8名が参加し、男性1名を除いて、ほとんどがパチスロ未経験か、少し触ったことがある程度。まず北電子のショールームで勉強会が開かれ、ゆまちさんが「ペカったら当たりだから」などと、講師というよりも仲の良い友だちに教えるような軽いノリで遊技方法や店内でのルール、賞品交換までの流れを伝えた。

 その後、参加者らは近隣の「エスパス日拓上野新館」のジャグラーコーナーで初実戦に挑戦。約1時間の遊技を体験し、獲得したメダルは賞品と交換し、パチスロの醍醐味に触れた。実戦後には、ゆまちさんを囲みながらの食事会が行われ、ファッションや恋愛、初めてのパチスロなどのトークを楽しんだ。

 一人で参加した20代の女性は「ペカるところが楽しかった。もう少し当てたかった。彼氏がパチスロを打つので今度ついて行って打とうかな」とコメント。夫婦で参加した30代の女性は「ショールームではまったく理解できなかったけど、実戦でようやく流れが分かった」、埼玉からきた20代の女性は「いままでやるきっかけがなかった。7が揃えられてうれしかった」などと初打ちの感想を語っていた。

 講師役のゆまちさんは「コアな部分はライターさんなどが教えている。ラフにパチスロの楽しさを伝えられたら」と勉強会を振り返った。少人数制でゆまちさんとふれ合いながら、パチスロが体験できるこの勉強会。次回は大阪で6月に開催される予定。

提供:WEB Green Belt

謎めく盤面とゲーム性でプレイヤーに訴求

2016/05/31

記事カテゴリ:新台
タグ: takao ダークフォース

『CRダークフォースM3』
『CRダークフォースM3』

 高尾はパチンコ新機種『CRダークフォースM3』を発表した。

 黒を基調に7セグを散りばめた斬新な盤面と、謎めいたゲーム性が特徴。少出玉の大当たりを連続して獲得する「フォースラッシュ」が出玉増加のカギを握っている。

 打ち出した玉のほとんどが抽選を受ける「全力全開抽選」を採用。特別図柄の大当たり確率は1/19.2で、大当たり消化後は33回転+αの電サポに突入。電サポ中に大当たりを引き続ける限り、フォースラッシュは継続する。大当たり出玉の振り分けはスーパービッグボーナス(払出し630個)が10%、ビッグボーナス(同315個)が24%、レギュラーボーナス(同90個)が66%。

 通常時は図柄揃いからフォースチャンスに突入し、成功すればフォースラッシュに突入する。フォースチャンスからのフォースラッシュ突入期待度は約23.4%。賞球数は1&7&15。納品は7月上旬開始予定となっている。

提供:WEB Green Belt

幅広い層に訴求、遊びやすいボーナス連続タイプ

2016/05/30

記事カテゴリ:新台
タグ: FIELDS 七匠 バルタン星人 円谷プロ

『パチスロ バルタン星人』
『パチスロ バルタン星人』

 フィールズは七匠製のパチスロ新機種『パチスロ バルタン星人』を発表。5月13日にプレス向け試打会を開催した。

 同機は誰からも愛されるコンテンツを使用し、遊びやすいスペックに仕上げることで、幅広い層のプレイヤーが楽しめる機械となっている。

 同機はボーナスを高確率で抽選する「バルタンモード」へ状態を上げ、リアルボーナスの連続で出玉を増やすゲーム性。転落抽選に当選するまで「バルタンモード」は継続し、「バルタンモード」中は約72%でボーナスがループする。平均連続回数は約3.6回で初当たり時の期待枚数は約500枚。

 コイン図柄揃いで突入する「バルタンモード」は設定1でも突入確率が1/234.9と高く、遊びやすい確率設計になっているほか、ビッグ(獲得枚数約185枚)とレギュラー(同約95枚)の2種類搭載されているボーナスの比率は2:1でビッグ重視。出玉の瞬発力もあり、日頃短時間しか遊技できないプレイヤーでも十分に楽しめるスペックとなっている。

提供:WEB Green Belt

優良従業員10名を表彰~和遊協

2016/05/30

記事カテゴリ:団体

森口理事長と優良従業員受賞者で記念撮影が行われた。
森口理事長と優良従業員受賞者で記念撮影が行われた。

 和歌山県遊技業協同組合は5月25日、ホテルアバローム紀の国で第51回通常総会を開催した。

 総会では全ての議案が可決承認。今年は任期満了に伴う役員改選が行われ、森口司理事長を再任した。

 挨拶に立った森口理事長は京セラの創業者である稲盛和夫氏の書物を朗読。稲盛氏が母親と共にパチンコ屋に行き、楽しいひと時を過ごした思い出が書かれた一説を読み上げると、「私はこの一説を読んだとき、うれしさと懐かしさを感じ、それと同時に遊技業界の原点があるようにも思えました。これからも地域の方々に愛される業界であるために努力を続けていきたい」と強い思いを語った。

 また、当日は優良従業員の表彰が行われ《パチーズPLUS岩出》の吉原光二さん、《フジ打田店》の後和孝紀さん、《123和歌山インター店》の橋本恭幸さん、《メトロヒルズ》の西岡研二さん、《マルハンぶらくり丁店》の森氏俊光さん、《宮崎ホール》の大石理知子さん、《パチンコアクア》の早田光孝さん、《スーパーフジ大谷店》の寺前正世さん、《LOVE》の西浦里佳さん、《アッシュplus》の伊藤正人さんが受賞。

 受賞者を代表し《123和歌山インター店》の橋本さんがお礼を述べ「この受賞は私個人のものではなく、全社員が頂いたもの。今後はこの受賞に恥じないように懸命に努力していきたい」と語った。

提供:WEB Green Belt

知恵を出し合い困難を乗り切る~三重県遊協

2016/05/30

記事カテゴリ:団体

業界の困難に立ち向かうため一致団結を訴えた権田理事長。
業界の困難に立ち向かうため一致団結を訴えた権田理事長。

 三重県遊技業協同組合は5月24日、ホテルグリーンパーク津で第55回通常総会を開催した。

 総会の冒頭、挨拶に登壇した権田清理事長は総会後の5月26日、27日に三重県で開催される「伊勢志摩サミット」について「世界から三重県が注目されることは大変うれしい。無事に成功してほしい」と述べるとともに、ホール業界については「業界を取り巻く環境は年々厳しくなっている。若年層を中心に遊技人口の減少に歯止めがかからないことに加え、今年は検定機と性能が異なる可能性のある機械の回収等の問題もありホールの死活問題となっている。しかし、これまでにも遊技業界はいくつもの困難があり、それを乗り越えて現在の地位を確立してきた。今回の壁も組合員が一致団結し、知恵を出し合いながら乗り越えていきたい」と語った。

 その他、来賓祝辞では三重県警察本部生活安全部の前川善英次長が遊技業界が自主的に行った新台入替自粛等の取り組みについて謝意を表したのち、6月23日から施行される改正風営法について説明。「ぱちんこ営業に関する規制の変更はないが、ぱちんこ営業は現在の7号営業から4号営業になる。6月23日以降の申請書類等には4号営業と記載していただきたい」と手続きに際しての注意を呼びかけた。

 なお、議案審議では全ての議案を可決承認した。

提供:WEB Green Belt

福岡県遊協、新理事長に平岡氏

2016/05/30

記事カテゴリ:団体

 福岡県遊技業協同組合(金本正浩理事長)は5月26日、福岡市内のホテルで第55回総代会を開催。金本理事長(小倉組合)の辞任に伴い、副理事長の平岡聖教氏(早良支部)を新理事長に選出した。金本氏は相談役に退く。

 退任した金本氏は、とくに検定機と性能が異なる可能性のある遊技機の回収・撤去問題について、「いつの間にか違法機という言葉が飛び交って一人歩きをしている」と強い違和感を滲ませた。また回収協力を要請するメーカー側の条件提示に対し依然としてホール側は隔たりを感じているとの認識を示しつつ、「タイムリミットは刻々と迫っている。新体制のもとこの難局を乗り切ってもらいたい」と語った。金本氏は13年の長期にわたり理事長を務めた。

 新理事長に就任した平岡氏は、組合員への約束として、「情報を早く正確に伝えること」「組合員の意見に傾聴をすること」「福岡県の考えを全日遊連の中でしっかり伝えること」の3つを掲げ、今後の組合運営に協力を求めた。

【福岡県遊協新執行部】
理事長/平岡聖教(昇格)
副理事長/渡邊清久(留任)
副理事長/宮本敏憲(留任)
副理事長/田中徳一(新任)
副理事長/金海基浩(新任)
会計理事/庄野崎哲彦(留任)
青年部会長/新冨雅哉(新任)

※金本氏は全日遊連の機械対策委員長。このため正式な退任は全日遊連の通常総会が行われる6月24日となる。

 一方、行政講話を行った福岡県警察本部生活保安課の沖則行課長補佐は、(1)射幸性の抑制、(2)賞品買取行為の絶無、(3)適切な賞品提供(賞品値上げを決めた組合決議の遵守)、(4)適切な広告宣伝、(5)検定機と性能が異なる可能性のある遊技機の回収協力(撤去)を要請した。

提供:WEB Green Belt

栃木県遊協が設立50周年記念式典を開催

2016/05/30

記事カテゴリ:団体

 栃木県遊技業協同組合は5月26日、宇都宮市内のホテルで通常総会及び設立50周年記念式典を開催した。

 通常総会に先立って行われた記念式典では、栃木県への地域福祉基金として100万円、設立50周年記念品として児童養護施設連絡協議会にビデオカメラセット16セットが寄贈された。ビデオカメラは「子供の成長を記録に残したい」との要望を受けてのもので、協会加入の県下16施設に贈られる。この他式典では、組合運営功労者や優良遊技場の表彰、協力団体等への感謝状授与も行われた。

 岩河健一理事長は式典の挨拶で、組合の歩みを振り返るとともに業界が抱える厳しい状況を踏まえ、「先輩が築き上げた大衆娯楽の原点に立ち返り少しでも未来への希望を見出し、次の世代に繋げたい」と訴えた。

 また、来賓として挨拶した福田富一栃木県知事は、「地域福祉基金は昭和58年に社会福祉協議会への400万円で始まり、これまでに総額7700万円を超えた。地域福祉の推進を目的とした取り組みの推進に活用したい」と県遊協の取り組みに謝意。同じく挨拶した栃木県警察本部大垣良英生活安全部長は、防犯等への取り組みに謝意を述べるとともに、営業の健全化に向けた一層の取り組みに期待した。

 なお議案審議では全ての議案を可決承認。任期満了に伴う役員改選では岩河理事長を再任した。

提供:WEB Green Belt

伊豆理事長、労働環境改善に改めて意欲

2016/05/30

記事カテゴリ:団体

 回胴式遊技機商業協同組合は5月24日、都内で組合大会を開催した。

 冒頭で挨拶した伊豆正則理事長は、4月から「製造業者遊技機流通健全化要綱」及び「遊技機製造業者の業務委託に関する規程」の運用が開始されたことを受け、「更なる精度の高い点検確認業務を求められており、遊技機取扱主任者のレベルアップを図るべく全国各地において技術技能試験を実施している」などと触れるとともに、

「販売会社に属する遊技機取扱主任者等の取り扱う業務量はますます増加することになり、労働環境はより一層悪化すると予想される。現在の労働環境の実態調査に協力していただいたが、調査結果は社会問題化してもおかしくないほど、現在の労働環境は過酷で劣悪であることが分かった。販売会社だけでなく、遊技業界全体が働きやすい夢の持てる業界に変化するために、労働環境改善を急務として行動を起こしていく。労働環境の改善こそが雇用の拡大、業界の構造改革の起爆剤になると確信している」と労働環境の改善に改めて強い意欲を示した。

 また、行政からは警察庁保安課の大野敦係長が来場し、小柳誠二課長の挨拶を代読。回胴遊商が取り組む幼児の車内放置防止や闇スロ排除などの活動を労うとともに、業界が一致団結して遊技機流通の健全化をはじめとする、国民から親しまれる健全な娯楽となるための取り組みへの強力な推進を要請した。

 なお、組合大会に先がけて開かれた総代会では全ての議案が可決承認。講演会には警察庁OBで昭和59年の風営適正化法制定に関わった葉梨康弘衆議院議員を招き、「遊技業界と風適法の現状と課題」をテーマに話を聞いた。

提供:WEB Green Belt

ダイナムJH、2016年3月期は増収減益

2016/05/30

記事カテゴリ:企業
タグ: ダイナム

 ダイナムジャパンホールディングスは2016年3月期の連結決算を発表した。

 貸玉収入8,448億8,500万円(前期比2.3%増)、営業収入1,559億1,100万円(同0.9%増)と売り上げが伸びた半面、税引前当期利益は174億300万円(同10.8%減)、当期利益は105億3,900万円(同6.4%減)と減少。

 実質賃金の伸び悩みから市場における消費マインドが冷え込む中、同社は低貸玉営業への業態変更や営業年数の古い70店舗を対象とした大幅なリニューアル行うなど集客対策及び収益改善対策を実施した。

 期末における同社グループの店舗数は、夢コーポレーションをグループ化したことにより442店舗となった。

提供:WEB Green Belt

ダイナム、専用スペックをサンスリーと共同開発

2016/05/27

記事カテゴリ:企業
タグ: ダイナム サンスリー ヤッターマン

 ダイナムは5月26日、サンスリーと共同開発した『CRAヤッターマンDS』を発表。5月30日からグループ全体(398店舗)で合計1000台を導入する。

 スペックは大当たり確率1/69.9(高確率時1/39.9)の確変タイプで、確変割合はヘソが50%、電チューが60%。大当たりは4R(払出出玉約196個)5R(同約245個)、15R(同約735個)の3種類を搭載。

 プレイヤーに大当たりを体感してもらいたいとの思いから確率設計にこだわり、既に一般販売されている『CRAヤッターマン WBC』(大当たり確率1/99.9)よりも当りが軽く、遊びやすい仕様が特長だ。

提供:WEB Green Belt

TOP