BIG確率を最大限に高めた『バーサス』登場

2016/06/29

記事カテゴリ:新台
タグ: UNIVERSAL バーサス

『バーサス』
『バーサス』

 ユニバーサルエンターテインメントはアクロス社製パチンコ新機種『バーサス』を発表した。

 A PROJECT第6弾となる同機は、2015年パチスロAWARDで各賞を受賞し、現在も高稼動を続けている『ハナビ』のスペックをグレードアップ。リール配列やBIG後のRT、リプレイはずしの技術介入性はそのままに、BIG確率を最大限に高めたBIG偏向型スペックとなっている。獲得枚数はBIGが最大311枚、REGが104枚。

 演出では、「予告音」、「消灯」、「フラッシュ」による出目+演出の法則が多種多様になり、リーチ目は全部で3266通り存在。また、ボーナス中は簡単な技術介入のある遊技性に新要素が加わり、パチスロ初心者から上級者まで誰もが楽しめるゲーム性に仕上がっている。

 納品は7月下旬より順次開始予定。

提供:WEB Green Belt

年内撤去の完遂に向け14団体連名で「声明」

2016/06/29

記事カテゴリ:団体

 検定機と性能が異なる可能性のある遊技機の年内撤去を柱とする声明の発表会見が6月29日、東京・京橋にある日工組会議室で行われた。会見には全日遊連の阿部理事長、日工組の金沢理事長、日遊協の庄司会長が臨んだ。

 声明は6月27日に業界14団体で採択された。骨子は(1)6月23日の第3次リストまでに出そろった回収撤去対象機を年内にすべて撤去する、(2)そのうちすでに発表されていた第1次・第2次リスト対象機については8月末までに回収・撤去する、という内容。

 日工組の金沢理事長は、ホールが中古機として導入したものやホールの倉庫に眠っているものも含めて市場にある対象機すべてにメーカーが下取りに応じる方針を発表。早期回収に協力するホールには下取り金額など条件面で優遇するとともに、ホール側の入替費用を軽減するため代替機に2リユース機を用意する考えを表明した。

 一方、下取り金額について金沢理事長は、「第1次・第2次リスト対象の当該メーカーからはすでに提示されているものと認識している。第3次からリスト対象に入ったメーカーはこれから提示がなされるだろう」と説明した。

 日工組から示された回収方法は、(1)新台販売時に自社機を下取る、(2)新台販売時に他社機を下取る、(3)買取りの3つの方式。

 新台販売時に他社機を下取る場合、メーカーが「下取り申込書」をホールに発行。ホールは同申込書を撤去遊技機明細書(写)とともに日工組指定の回収センター運営会社に提出、回収センター運営会社が下取り代金を製造メーカーに請求し、ホールに支払う流れだ。

 買取りの場合は「買取り申込書」に書類が変わり、同じ手順を踏むことになる。回収センター運営会社の受付は7月1日から開始される。

 

 日工組指定の回収センター運営会社はユーコーリプロ、リサイクルテック、エコフレンドリーの3社。いずれも日工組の廃棄台回収システムの指定業者。

 業界14団体は全日遊連、日遊協、日工組、日電協、全商協、回胴遊商、自工会、自動補給、メダル補給、同友会、余暇進、PCSA、認証協、PSA。

提供:WEB Green Belt

都遊協、「声明」の着実な実行・完遂を決議

2016/06/29

記事カテゴリ:団体

 東京都遊技業協同組合は6月28日、臨時理事会を開催し、前日の27日に業界14団体が発表した「遊技業界における健全化推進に関する声明」の内容を承認、着実な実行と完遂に向けて取り組むことを決議した。

 同声明では、年内までに全ての「検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機」を市場から回収・撤去すること、第1次、第2次「回収対象遊技機」を8月末までに回収・撤去することなどを掲げている。

 審議にあたり、4月27日の衆議院内閣委員会での河野国家公安委員長の答弁を視聴。その後、全日遊連の理事長を兼ねる阿部恭久理事長が今回の声明を発出した背景を説明し、「本来であれば事前にお話をさせていただき、翌月に決議するところだが、1ヶ月経っても内容は変わらないと判断した。河野大臣から違法な機械という言葉もあり、行政も速やかに回収をと言っている。業界として早く姿勢を出して動いていくべきだと考えている。皆さんには内容をご理解していただき、傘下の組合店舗に速やかに進めていただくようお話いただきたい」と理解を求めた。

 出席した理事からは「スケジュールの考え方を教えてほしい」「設置が多い大型タイトル機について、代替機種の投入時期を分散させるなど、都遊協や全日遊連で要望はできないか」などの質問が出された。

 阿部理事長は、12月にまとめて撤去する場合のリスクや、すでに行っている日工組への要望などを説明した。

 理事会ではその他、都遊協からの脱退に関する規約(案)を可決承認した。同規約は7月に開催する臨時総代会で諮られることになる。

提供:WEB Green Belt

ホール横で観戦無料の「青空プロレス」開催~玉越

2016/06/29

記事カテゴリ:企業

当日のメイン試合となった「マスク・ド・タマコシVSイツカ・ザ・デンジャー」戦。写真左がマスク・ド・タマコシ。
当日のメイン試合となった
「マスク・ド・タマコシVSイツカ・ザ・デンジャー」戦。
写真左がマスク・ド・タマコシ。

 愛知県内で《GOLD玉越》の屋号でホール展開する玉越は6月26日、運営する《GOLD玉越 中川店》のリニューアルオープンを記念して、同店横の緑地広場で観戦料無料の「青空プロレス」を開催。

 同社のCMシリーズに登場する覆面レスラーのマスク・ド・タマコシを含む6人のレスラーを招き4試合を行ったほか、レスラーのサイン会や握手会、さらには観戦者に向けた菓子撒きを実施して集まった観客を沸かせた。

 当日は来店客以外にも近所の子ども達やその家族など、地域の人々がプロレスを観戦。試合中は子ども達からレスラーに対して「頑張れ」コールが沸き起こるなどイベントは大いに盛り上がった。

 イベントの中でトークショーを行ったマスク・ド・タマコシは、覆面を脱ぎ捨て素顔をさらすなどして観客の笑いを誘うと、CM撮影時のエピソードや今後のCM展開について言及。当日の試合相手となった「イツカ・ザ・デンジャー」とのCM共演をほのめかす発言も飛び出し、「今日のプロレスを見ることでこれからのCMがより面白くなる。今後は試合編が放送されるのでお楽しみに」と同社のCMをピーアールした。

 

玉越グループのCMで主役を務めるマスク・ド・タマコシ。
玉越グループのCMで主役を務めるマスク・ド・タマコシ。

 

マスク・ド・タマコシの対戦相手のイツカ・ザ・デンジャー。
マスク・ド・タマコシの対戦相手のイツカ・ザ・デンジャー。

 

試合後の菓子撒きの模様。近所の子ども達もイベントを楽しんでいた。
試合後の菓子撒きの模様。近所の子ども達もイベントを楽しんでいた。

提供:WEB Green Belt

SLOT魔法少女まどか☆マギカ2の最速試打がユニバカ特設サイトで事前予約可能!

2016/06/28

記事カテゴリ:企業
タグ: UNIVERSAL sammy ユニバカ サミフェス

ユニバカ☓サミフェス2016にて

好評につき事前予約第2弾!

【SLOT魔法少女まどか☆マギカ2】最速試打の予約ができるぞ!

 

特設サイトで予約受付中!この機会を逃すな!

 

応募期間:2016年6月24日(金)~2016年7月1日(金)23:59

開催日時:2016年7月24日(日)

会場:東京ビッグサイト 開場/開演/終演/:10:00開場/11:00開演/18:00終演予定

 

入場無料

予約はこちらから

上野で違法パチスロ店が摘発

2016/06/28

記事カテゴリ:事件

 東京都台東区の違法パチスロ店が摘発されたと6月24日の在京キー局各局のウェブサイトが伝えている。

 テレビ朝日のウェブサイトによれば、台東区上野のビルの一室にパチスロ44台を違法に設置して賭博を行った疑いで、店長の男ら4人を逮捕、また客の男女4人も現行犯逮捕された。

 また、FNNのウェブサイトによれば、同店は1ヶ月に約300人の客が訪れる人気店だったという。

提供:WEB Green Belt

被災地を訪れ支援活動~遊都

2016/06/27

記事カテゴリ:企業

黙々と作業に取り組む参加メンバー。
黙々と作業に取り組む参加メンバー。

 愛知県内でホール展開する遊都は6月10日から12日の3日間、NPO法人被災者応援 愛知ボランティアセンターが主催するボランティアバス派遣に参加。熊本地震によって甚大な被害がでた熊本県阿蘇郡を訪れ、岩やブロックの撤去、道路の改修・修復、民家の掃除等を行った。

 同社では「パッションチャレンジ」という社員自らがチャレンジしたいことを提案・企画する社内教育制度を導入しており、今回の復興支援活動への参加もその一環。当日はグループ6店舗から有志22名が現地を訪れ、未だ建造物の損傷が目立つ現場の中で、3日間黙々と作業に取り組んだ。

提供:WEB Green Belt

マルハン、新CMは躍動感溢れる「よさこい編」

2016/06/27

記事カテゴリ:企業
タグ: マルハン

 マルハンの新テレビCM「よさこい編」が2016年6月25日から全国各地で放映を開始した。

 同CMは近年全国各地で親しまれているダンス演舞「よさこい」にスポットを当て、同社イメージタレントの原アンナさんが20人のバックダンサーとともに同社オリジナルの「マルハンよさこい」に挑戦する躍動感溢れるものとなっている。

 この「マルハンよさこい」を日本全国の方に楽しんでもらうため、同社特設ホームページで、CMで使用した楽曲と振り付けを無料公開している。同社では、お祭りシーズンとなるこれからの季節に向けて是非難易度激ムズの4分30秒フルバージョンを習得し、「マルハンよさこい」で一緒に盛り上げてほしいとしている。

提供:WEB Green Belt

いち早い復興を願いNEXUSが義援金を寄付

2016/06/27

記事カテゴリ:企業

 《D'ステーション》の屋号で39店舗を展開するNEXUSはこのほど、熊本地震に対する義援金を寄付した。

 同社の被災地復興支援の一助として行っているチャリティー活動「ありがとう!絆プロジェクト」として4月20日から5月31日までの間、全39店舗で義援金を募り集まった合計48万1,276円を「上毛新聞社 熊本地震義援金」に寄託。日本赤十字社を通じて被災地へ送金される。また、同社では4月22日に同じく上毛新聞社を通じて義援金として300万円を寄付しており、義援金総額は348万1,276円となった。

 同社では今後も社会貢献活動に積極的に取り組んでいくとしている。

提供:WEB Green Belt

回収対象機の撤去期限を明示、業界14団体が声明

2016/06/27

記事カテゴリ:団体

 業界14団体で構成する「パチンコ・パチスロ21世紀会」は6月27日、「遊技業界における健全化推進に関する声明」を発表した。

 声明では、全ての「検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機」(回収対象遊技機)を本年末までに市場から回収・撤去すること、ファンが身近で手軽に安心して遊技できる環境を整備していくこと、の2点を実行事項として掲げた。

 同時に、日工組から2月10日及び3月2日に提示された第1次、第2次「回収対象機」については、本年8月末までに市場から回収・撤去することも付記している。

 21世紀会では今年1月26日に「遊技業界における健全化に関する声明」を発表していたが、今回の声明では具体的に回収対象機の回収撤去の期限を示した。

提供:WEB Green Belt

TOP