「火サス」のPとSが同時デビュー

2016/09/30

記事カテゴリ:新台
タグ: TAIYO ELEC Sammy 火曜サスペンス劇場

9月28日に内覧会が開催された。写真は『CR火曜サスペンス劇場 真相の扉~22の過ち~』を試打するホール関係者。
9月28日に内覧会が開催された。写真は『CR火曜サスペンス劇場 真相の扉~22の過ち~』を試打するホール関係者。

 タイヨーエレックは「火曜サスペンス劇場」とタイアップしたパチンコとパチスロの2機種を同時発表。9月28日、都内で『CR火曜サスペンス劇場 真相の扉~22の過ち~』と『パチスロ火曜サスペンス劇場』の内覧会を開催した。

 両機種とも片平なぎささん、船越英一郎さんが主役の「小京都ミステリー」がモチーフ。「崖」演出発生で大チャンス、事件解決で大当たりとなる単純明快なゲーム性で誰でも楽しめる機械に仕上げている。

 『CR火曜サスペンス劇場 真相の扉~22の過ち~』は大当たり確率1/299.3(高確率時1/48.4)で確変突入率は62%。

 完全撮り下ろしの計22のストーリーを搭載し、犯人役には豪華ゲストを多数起用、吉田鋼太郎さんや高橋ひとみさんなどの実力派俳優に加え、井戸田潤さん、小沢一敬さん、イジリー岡田さんといったお笑い芸人がリーチ演出を盛り上げる。大当たりラウンド数は15R(払出値1560個)、10R(同1040個)、8R(同832個)、4R(同416個)、2R(ショート開放)で、通常大当たり後は100回転の時短を付与。通常時は8個保留を採用している。

 一方、『パチスロ火曜サスペンス劇場』はBIG BONUS(約312枚獲得)とMIDDLE BONUS(104枚獲得)を搭載し、BIG BONUS終了後に32GのRTを付けたノーマルタイプ。

 難事件を題材とした3つの事件解決演出を搭載し、事件解決でボーナス当選、また「お手柄ンプ」点灯でもボーナス当選となる。事件演出が発生する際は必ず「サスペンスフリーズ」が発生。「サスペンスフリーズ」が発生すると2時間ドラマを1分間に凝縮したムービーが流れ、最終的に事件を解決すれば大当たりとなる。ボーナス中に技術介入を行うことで、「サスペンスフリーズ」が発生しない「お手柄ンプ」のみの完全告知仕様にモードチェンジできるほか、3つのリールを同時に停止できるクイックストップ機能を搭載。ワンアクションでボーナス図柄を揃えることができるなど、ノーマル機の1番の醍醐味であるボーナスを揃える瞬間にこだわりを見せている。

 なお、両機種とも納品開始は11月27日(最速地域)。

 

『CR火曜サスペンス劇場 真相の扉~22の過ち~』
『CR火曜サスペンス劇場 真相の扉~22の過ち~』

 

『パチスロ火曜サスペンス劇場』
『パチスロ火曜サスペンス劇場』

 

提供:WEB Green Belt

コンテンツ、演出、スペックの全てがモンスター級

2016/09/30

記事カテゴリ:新台
タグ: Sammy モンスターハンター

『ぱちんこCRモンスターハンター4』
『ぱちんこCRモンスターハンター4』

 サミーは9月28日、都内でパチンコ新機種『ぱちんこCRモンスターハンター4』の内覧会を開催した。

 同機はシリーズ累計3700万本以上を販売した「モンスターハンター4」とのタイアップ機。モンハンの世界観と、ぱちんこのバトルスペックが融合し、緊張感溢れるリーチ演出を生み出しているほか、スペック面では15R大当たり(払出値約2025個)の比率を高め出玉性能を追求。コンテンツ、演出、スペックの3方向からプレイヤーにインパクトを与える機械につくり上げた。

 演出面では、通常時に発生する「クエストタイム」と確変中の「大狩猟モード」に注目。両演出ともコンテンツの世界観を再現した白熱の討伐を繰り広げ、多数搭載された予告演出やチャンスアップ演出が狩猟を激化。プレイヤーに緊張感満載の狩猟体験を提供する。

 スペックは大当たり確率約1/319.7(高確率時約1/36.2)で確変割合65%のバトルタイプ。大当たりラウンドは15R、8R(同1080個)、5R(同約675個)、4R(同約540個)で、ヘソ・電チューともに50%以上で15R大当たりを獲得できる高い出玉性能が魅力だ。

 なお、同機の納品開始は11月中旬を予定している。

提供:WEB Green Belt

「MAX-Atype」で最速の出玉感を実現

2016/09/30

記事カテゴリ:新台
タグ: D-light 薄桜鬼蒼焔録

『パチスロ薄桜鬼蒼焔録』
『パチスロ薄桜鬼蒼焔録』

 ディ・ライトはパチスロ新機種『パチスロ薄桜鬼蒼焔録』を発表した。

 400枚以上獲得可能なビッグボーナスが設定1で約1/370、ボーナス合算確率も同じく設定1で約1/199と、ボーナス獲得枚数の多さと通常遊技中の間延び感の解消にこだわり、短時間遊技志向のプレイヤーにもしっかりとした出玉感を味わってほしいという設計思想。同社ではこのようなAタイプを「MAX-Atype」と名付け、閉店間際の遊技動機などに繋げたいという。

「薄桜鬼」シリーズは新選組をモチーフとしたコンテンツで女性を中心に熱狂的なファン層を持つ。『パチスロ薄桜鬼蒼焔録』では登場キャラクターに対応した5つの演出モードをプレイヤーが任意に選ぶことができる。

 ボーナス確率はBIGが1/370.26~1/322.84、REGが1/431.16~1/165.08、出玉率は97.40%~110.10%。獲得枚数はBIGが約400枚、REGが約100枚。

 納品は11月6日開始予定となっている。

提供:WEB Green Belt

ぷるるんアタッカー搭載で玉の動きもセクシーに

2016/09/30

記事カテゴリ:新台
タグ: TAKAO 閃乱カグラ

『パチンコCR閃乱カグラ229Ver.』
『パチンコCR閃乱カグラ229Ver.』

 高尾はパチンコ新機種『パチンコCR閃乱カグラ229Ver.』を発表した。

 高尾美少女シリーズ第3のタイトルが登場。盤面上部に鎮座し、揺れたり弾んだり忍法書を挟んだりとセクシーな動きを見せる「宝玉役物」や、アタッカー上部で玉が揺れて滞留する「ぷるるんアタッカー」など、美少女のセクシーさに対する同社のこだわりは今回も健在。特にぷるるんアタッカーは玉の動きでもプレイヤーに期待感を持たせる。

 スペックは大当たり確率1/229.9、確変割合50%のライトミドルタイプ。電サポが10or40or60or80or100回、または次回まで継続し、電サポ「爆NEWハイパーバトル」中はバトルに勝利する毎に電サポが継続、大将戦で勝利すればST風演出「忍法書DASH」にモードチェンジする。

 賞球数は4&1&7&3&10で大当たり時の払出個数は1280or960or320個。

 納品は10月上旬開始予定となっている。

提供:WEB Green Belt

『ヤッターマン』がちょいパチで登場

2016/09/30

記事カテゴリ:新台
タグ: SanThree ヤッターマン

『ちょいパチヤッターマン39』
『ちょいパチヤッターマン39』

 サンスリーは『ちょいパチヤッターマン39』を発表した。

 大当たり確率約1/39.9(高確率時約1/29.9)のバトルタイプ。確変突入率はヘソ30%、電チュー60%で、通常大当たり後は10回転の時短が付与される。賞球数は5&1&4&5&3。獲得出玉は4R:140個、15R:525個(いずれも払出値)。

 ちょいパチでも、左打ち時の入賞をサポートする「スタートプラス」や、右打ち時の快速消化をサポートする「マッハ電チュー」が搭載されており、遊技中のストレスを感じさせない仕様となっている。

 納品は11月7日より順次開始予定だ。

提供:WEB Green Belt

わんパラ最新作はチャンスタイムを「おかわり」

2016/09/30

記事カテゴリ:新台
タグ: SANYO わんわんパラダイス

『CRスーパーわんわんパラダイス おかわりver.』
『CRスーパーわんわんパラダイス おかわりver.』

 三洋物産はパチンコ新機種『CRスーパーわんわんパラダイス おかわりver.』を発表した。

 同機は誰でもゆったりと遊ぶことができるライトミドルスペックを採用。大当たり確率約1/199.8(高確率時約1/199.1)で、大当たり後必ず電サポが200回or100回付与される時短機タイプとなっている。大当たりは16Rと8Rの2種類で出現率は1:1。獲得出玉はそれぞれ、1872個or936個(いずれも払出値)。

 同機の特長は大当たり後の時短回数を決定する「おかわりチャンス」。200回か100回かを盤面中央の2穴ルーレットで決定するもので、どちらに入賞するかドキドキする瞬間となっている。200回、100回の振り分けはヘソ、電チュー共通で1:1のため、ヒキ次第では引き戻しによるまとまった出玉獲得に期待が持てるスペックだ。

 演出面では予告が異なる4つのモードから任意選択する。シンプル演出の「チワワモード」、連続演出で期待感も加速する「シバモード」、ヒロインのラブちゃんの衣装がチャンスアップで変化していく「ラブモード」、出現でチャンス、咆哮すれば大チャンスの一発系演出がアツい「ノラモード」と、多彩な予告を楽しめる。

 納品は11月7日より順次開始予定だ。

 

時短回数を決める「おかわりチャンス」。200回か100回かを玉の行方で決定する。
時短回数を決める「おかわりチャンス」。200回か100回かを玉の行方で決定する。

 

わんわんパラダイスだけに登場するプレミアムキャラクター「モグラッキー」。是非出会ってみたいキャラクターだ。
わんわんパラダイスだけに登場するプレミアムキャラクター「モグラッキー」。是非出会ってみたいキャラクターだ。

提供:WEB Green Belt

確変大当たりは全て16R、2016個大当たり

2016/09/30

記事カテゴリ:新台
タグ: NISHIJIN ゴールデンゲート

『CRゴールデンゲート~BLACK~』
『CRゴールデンゲート~BLACK~』

 西陣は9月20日、パチンコ新機種『CRゴールデンゲート~BLACK~』を発表した。

 同機は確変割合65%の確変ループタイプ。右打ち中の確変大当たりを全て16R大当たり(通常大当たりは全てアタッカーショート開放)にすることで一撃の出玉への期待感を高めているほか、演出面では7セグとドラム役物によるリーチ演出で幅広い層のプレイヤーに訴求、リーチの信頼度を上げる「赤保留」演出や「金ボタン」演出などを取り入れ、シンプルながらもプレイヤーに興奮を与えるリーチ演出を創出している。

 スペックは、319ver.と259ver.の2タイプを用意。

 両スペックとも確変割合と右打ち中の通常大当たりの仕様(アタッカーショート開放+時短100回)は共通で、前者の大当たり確率は1/319.69(高確率時1/49.91)で、大当たりラウンド数はアタッカーショート開放、6R(払出値756個)、16R(同2016個)。一方、後者は大当たり確率1/259.04(高確率時1/25.90)で、大当たりラウンド数はアタッカーショート開放、6R(払出値624個)、16R(同1664個)となっている。

 なお、同機は11月6日納品開始予定。

提供:WEB Green Belt

【Web投票終了】たくさんの投票誠にありがとうございました!投票の結果は、、、

2016/09/26

記事カテゴリ:企業
タグ: プレミアムガブガールズ

 

候補者のプロフィールはこちら

 

【投票は終了いたしました】

毎日たくさんの投票をありがとうございました!投票の結果は10/1(土)の生放送「プレミアムガブガールズの今夜も生ガブッ!」で発表致します!

みなさんお楽しみに~‼

 

■ニコニコチャンネル

 

■FRESH!by AbemaTV

 

 

 

 

 

 

パチンコ店で強盗傷害事件、従業員大怪我

2016/09/20

記事カテゴリ:事件

 9月19日夜10時半過ぎ、茨城県阿見町にあるパチンコ店敷地に2人組の男が鉄パイプのようなものを持って押し入り、従業員4人が運んでいた現金数十万円入りのバッグを奪って黒色のワゴン車に乗って逃走した。9月20日付NHK水戸放送局が伝えた。

 襲われた4人の従業員のうちバッグを運んでいた女性従業員(47)が左腕を骨折するなど重傷を負ったほか、護身用の木刀で応戦した22歳と36歳の男性従業員2人も顔や足などに打撲など怪我をした。

 報道によると逃げた2人組の男のうちの一人は身長1メートル70センチくらい。黒い服に野球帽のような帽子をかぶっていたという。

 現場は交通量の多い県道沿い。周囲には飲食店や住宅が立ち並んでおり、警察は防犯カメラの映像を解析し、逃げた男2人を追っている。

提供:WEB Green Belt

日遊協が福岡で「女性活躍推進フォーラム」開催

2016/09/20

記事カテゴリ:団体

 日本遊技関連事業協会は9月9日、福岡市内で「第1回女性活躍推進フォーラムin九州」を開催。日遊協の九州支部や中・四国支部、近畿支部に所属する9社から女性社員9名が参加した。

 同フォーラムは、業界関連企業の女性社員が集まり、「ワーク・ライフ・バランス」(仕事と生活の調和)などのテーマに沿ってグループディスカッションを行い、女性が働きやすい職場や活躍できる企業に向けた企画を練り上げていくもの。あわせて、女性社員に役立つ資格の取得サポートや実例セミナー、人脈ネットワーク作りの促進などを行っている。

 今年5月から東京開催のフォーラム(全5回)が行われており、今回から九州開催(全3回)がスタートした。

 その九州開催の第1回フォーラムでは、日遊協九州支部の福山裕治支部長が日本における女性管理職率の低さなどを指摘し、「パチンコ・パチスロ業界でも女性管理職が非常に少なく、女性社員のいろいろな悩みが解決できるとはいえない。今回のようなフォーラムをこれからもどんどん開き、女性社員の皆さんが幹部社員となり、ロールモデルとなって、業界の発展に寄与していただきたい」と参加者を励ました。

 その後、日遊協人材育成委員会の前田竜哉委員長がセミナー「ワーク・ライフ・バランスの本質とは」を実施。グループディスカッションでは、参加者が2班に分かれ、「ワーク・ライフ・バランス」に関して、実現したいアイデアを決め、実現するために必要な事項の洗い出しを行い、次回までの課題と役割分担を決めた。

 九州でのフォーラムは今後、12月8、9日に第2、第3回が連続して開かれ、最終回(第3回)にグループディスカッションの成果となる企画が発表される予定。

 なお、九州開催の参加企業は以下の通り。
九州エース電研、テンガイ、西の丸、ユーコー、新富商事、玉屋、フェイスグループ、プローバ、アサヒディード

提供:WEB Green Belt

TOP