前作の遊びやすさと出玉感を継承

2017/01/30

記事カテゴリ:新台
タグ: Sammy 攻殻機動隊

『パチスロ攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』
『パチスロ攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』

 サミーは1月26日、都内でパチスロ新機種『パチスロ攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』の内覧会を開催した。

 同機は2013年に登場し、稼働貢献19週を記録した「パチスロ攻殻機動隊S.A.C.」の続編。遊びやすさと出玉感のバランスが取れた前作の特長を継承しつつ、新規要素を多数搭載するなどして演出面を強化した。

 同機は3種類(SBB、BB、RB)のボーナスと純増約1.4枚/G(ボーナス込みで約1.8枚/G)のARTを搭載したA+ART。

 ボーナスの獲得枚数はSBBが約300枚、BBが約200枚、RBが約40枚で、BB以上ならまとまった出玉を獲得できるほか、ボーナスとARTの合算確率は1/159.3~1/120.3(設定1~設定6)と初当りが軽めで遊びやすい。

 ボーナスまたは高確率ゾーンを経由して突入する「S.A.C. MODE」は1セット50ゲームでゲーム数上乗せ型のART。前作から進化した「電脳RUSH」や「電脳HACK」などの豊富な上乗せ演出に加え、大きな上乗せを引き寄せる2つの高確モード(「個別の11人モード」、「笑い男モード」)が遊技を盛り上げる。「個別の11人モード」は上乗せ特化ゾーン「電脳RUSH」がループする高確モード、「笑い男モード」は毎ゲーム上乗せを抽選する上乗せ超高確率状態。

 また同機は、ART中をより面白くする工夫として任意で選択できる2つのモード(押し順モード、目押しモード)を用意した。押し順モードは押し順ナビが発生する従来のモードで、一方の目押しモードは「赤7」、「青7」、「黒バー」など図柄を狙う指示に従って遊技するモード。異なるゲーム性でARTを楽しめるようになっている。

 なお、同機は3月中旬の納品予定。

  • image
  • image

 

 

提供:WEB Green Belt

21世紀会が声明「依存問題を最優先に取り組む」

2017/01/30

記事カテゴリ:団体

 遊技産業に関わる14団体共催の「パチンコ・パチスロ産業賀詞交歓会」が1月27日、都内ホテルで開催され、14団体で構成する「パチンコ・パチスロ産業21世紀会」からパチンコ・パチスロ依存(のめり込み)問題に対する声明が発表された。

 声明の内容は以下の通り。

 パチンコ・パチスロは、長年にわたり大衆により育まれた日本の身近な娯楽です。しかし、近年、いわゆる「パチンコ・パチスロ依存」により、様々な弊害が生じており、社会からも様々な指摘を受けています。
 こうした問題への対応として、私たちは、今までも、依存問題を抱える当事者からの電話相談機関である「リカバリーサポート・ネットワーク」の設立、同相談機関の周知に向けたポスターのパチンコホール内での掲示、「パチンコ店における依存(のめり込み)問題対応ガイドライン」の作成等、お客様に向けた依存予防対策を講じて参りました。
 また昨年は、検定機と性能が異なる可能性のある遊技機の全国規模での回収・撤去を行ったほか、メーカー団体が特に高い射幸性を有すると区分した遊技機を優先的に撤去するなど、遊技機メーカー、パチンコホールが一体となって、パチンコ・パチスロの射幸性の抑制の観点から依存予防対策を更に推し進めて参りました。
 そして、今年、私たち遊技業界は、パチンコ・パチスロ遊技が真の大衆娯楽として国民から愛されるよう、パチンコ・パチスロ依存(のめり込み)問題対策を更に強化し、最優先課題として取り組んで参ります。

パチンコ・パチスロ産業21世紀会

 

提供:WEB Green Belt

「チャージリプレイ」がゲーム性のキモ

2017/01/27

記事カテゴリ:新台
タグ: KPE 防空少女ラブキューレ

『防空少女ラブキューレ』
『防空少女ラブキューレ』

 KPE・高砂販売はKPE製パチスロ新機種『防空少女ラブキューレ』を発表した。

 同機はシンプルなゲームフローと奥深いゲームシステムが融合したA+ARTタイプ。ART「絶対空域」は純増枚数約1.0枚ながら数々の出玉トリガーを搭載しており、同社の人気機種『スカイガールズ』のDNAを受け継ぐ新生“終わる気がしないART”となっている。

 ARTへはボーナス経由、またはチャンスゾーン演出成功の主に2つのルートから突入する。ボーナスはBIG BONUS(EX)、SHOOTHING BONUS/殲滅ボーナスがあり、獲得枚数はそれぞれ200枚、50枚。BIG BONUS中は3つの告知方法から任意選択し、ART当選を目指す。SHOOTHING BONUSはベル5回入賞まで継続し、消化中の成立役によって報酬が異なる。また、BIG BONUS EXは全設定共通1/2048で当選し、ボーナス中の7揃い確率がBIG BONUSの約10倍に跳ね上がる。

 同機のゲーム性のカギを握るのが「チャージリプレイ」。チャージリプレイ成立で得られる「エネルギーポイント」は、通常時ではMAXになるとCZ「空戦バトル(10G)」へ必ず突入し、CZ中に引くとG数が回復されるため、成功期待度が上昇する。ART中はエネルギーポイントを獲得するほど継続バトルでの攻防が有利になるため、ARTロング継続期待度がアップする。

 ART「絶対空域」はセット数管理型となっており、1セット30G+α。消化中は前述の通りエネルギーポイントを貯め、規定ゲーム数消化後に突入する継続バトルで勝利するとART継続となる。バトル勝利時はG数&エネルギーポイント上乗せ、上乗せ特化ゾーン「にゃんにゃんぱにっしゅ」、「なでなでラブキューレ」のいずれかへ突入する。

 ART中のレア小役はARTストック抽選を行い、BONUS成立時はチャージリプレイの出現頻度に影響する「チャージレベル」のアップ抽選が行われる。さらに、BAR揃いで次回BONUSまでゲーム数減算がストップする無限ART「ソニックモード」も搭載しており、これらすべての要素がうまく合致すると、まさに“終わる気がしないART”を楽しめる。

 納品は3月を予定している。

 

提供:WEB Green Belt

夢が詰まったガチャガチャ筐体でボーナスストック

2017/01/27

記事カテゴリ:新台
タグ: ネット ドリスタせかんど

『ドリスタせかんど』
『ドリスタせかんど』

 ネットはこのほどパチスロ新機種『ドリスタせかんど』を発表した。

 同機はネット歴代機種のキャラクターが総登場する『ドリスタ』シリーズ第2弾。今回はシンデレラ(シンデレラブレイド2)、Rio(スーパーブラックジャック2)、ミウ(スナイパイ72)、カリナ(十字架III)とヒロインが総出演し、バトルやライブを繰り広げる。

 同機は通常時に「オムニバス抽選システム」を採用している。同システムは上記の4ヒロインが出演する4機種の抽選システムを継承し、オムニバス形式で楽しめるもの。どのステージが選択されるかはランダムとなっており、通常時の単調さを軽減している。ステージはそれぞれ、シンデレラブレイド2(レベルアップシステム)、スナイパイ72ステージ(小役コンボシステム)、スーパーブラックジャック2ステージ(小役抽選システム)、十字架3ステージ(ゲーム数解除システム)。

 スペックは擬似ボーナスのストックで出玉を増やしていくARTタイプで純増枚数は約1.8枚。擬似ボーナスは「スペシャルバトルボーナス(50G+α)」「バトルボーナス(30G+α)」と「ライブボーナス(20G)」の3種類で、この3つのボーナス合算確率は1/73~1/41(設定1~6)。

 「バトルボーナス」は各タイトルモチーフの個性豊かなモグモグ団とのバトルを展開。敵モグラには強キャラと弱キャラが存在し、強キャラのほうが倒しにくいが倒した時の報酬(ガチャコイン)に期待が持てる仕様となっている。「スペシャルバトルボーナス」では武田モグ玄とのバトルとなり、倒すことができれば複数ストック濃厚のレアコインがもらえる。

 バトルボーナス消化中は成立役によって敵との攻防を繰り広げる。ここでカギを握るのが「ドリームチャンス目」。1/7で出現する「ベルチャンス目」と出現しにくいが強小役扱いの「スイカチャンス目」の2種類あり、ドリームチャンス目後はスイカや15枚払出しベル、チャンスリプレイ成立のチャンスとなっており、敵モグラへの攻撃に期待が持てる。さらにドリームチャンス目は大ダメージが期待できる「オムニバスアタック」への突入抽選も行うため、いかに引けるかが重要となる。

 バトル勝利後は獲得したガチャコインを使用し、ガチャガチャンスへ突入する。筐体右下のガチャハンドルを回し、カプセルから出てきたカードのレアリティによってボーナスストック個数の示唆を行う。ストック期待度はN→R→SR→SSR→DR。

 一方「ライブボーナス」は1セット20G固定の継続率管理のボーナス。消化中は特定役でボーナスストックの抽選を行う。規定ゲーム数消化後のアンコールチャンスに成功するとボーナスが継続する。

 1台で4機種分を楽しめる同機は3月5日より納品開始予定だ。

image

 

提供:WEB Green Belt

都遊協、「pp奨学金」に200万円を助成

2017/01/27

記事カテゴリ:団体

 東京都遊技業協同組合(阿部恭久理事長)は1月25日開催の理事会で、「pp奨学金」(パチンコ・パチスロ奨学金)に200万円を助成することを議決した。

 pp奨学金は、パチンコ・パチスロの遊技客から寄付された端玉を相当金額に換算し、それを基本財源に、経済的に困窮する18歳以上の学生を支援する給付型の奨学金制度。パチンコ・パチスロ業界有志が設立し、社会福祉法人さぽうと21が協力する。有志企業の店舗ではすでに募金活動が開始されており、来る2月26日には「pp奨学金」設立式典が開かれる予定となっている。設立準備委員会の委員長は、フシミコーポレーション代表取締役で日本遊技関連事業協会前会長の深谷友尋氏。

 都遊協は今年9月に創立50周年を迎えるにあたり、各記念事業の実施を予定しており、今回のpp奨学金への協賛もその一環となる。

 

提供:WEB Green Belt

ユニバーサル、P・S神機種を同時発表

2017/01/27

記事カテゴリ:新台
タグ: メーシー エレコ ミリオンゴッド

神機種2機種を発表する長谷川崇彦マーケット戦略室室長。
神機種2機種を発表する長谷川崇彦マーケット戦略室室長。

 ユニバーサルエンターテインメントは1月23日、同社本社でメーシー製パチンコ新機種『CRアナザーゴッドハーデス アドベント』ならびエレコ社製パチスロ新機種『アナザーゴッドポセイドン-海皇の参戦-』のP・S神機種同時記者発表会を開催した。

 冒頭挨拶した同社の長谷川崇彦マーケット戦略室室長は「パチスロにおいては今年10月の5.9号機に向け、新時代に突入するといえる。その中で2017年の最初に発表させていただく機種は、『CRアナザーゴッドハーデス アドベント』と『アナザーゴッドポセイドン-海皇の参戦-』です。パチスロの演出をうまく落とし込んだ『CRアナザーゴッドハーデス アドベント』、1/8192の一撃性を保持し、新たなゲーム性を取り込んだ第3の神『アナザーゴッドポセイドン』に是非期待してほしい」と述べた。

 『CRアナザーゴッドハーデス アドベント』は大当たり確率1/319.7(高確率時1/46.8)の確変ループタイプ。数種類のラウンド数が搭載されており、図柄揃い後はパチスロ演出でお馴染みの「JUDGEMENT演出」が発生し、ラウンド数を決定する仕様となっている。もちろんGOD揃い演出やフリーズ演出なども搭載されている。

 『アナザーゴッドポセイドン-海皇の参戦-』は、ART「GOD GAME」をメインに出玉を増やしていく。1セット50G+αで純増枚数は2.0枚。GG中の新要素としてセットストックのほかに「盾ストック」を搭載。盾は規定ゲーム数消化後の自力引き戻しゾーン「アトランティスゾーン」で使用するもので、ストックの分だけ引き戻し抽選が受けられる。

 さらに、突入した時点で111G以上が確定し、抽選に漏れるまで111G上乗せがループする上乗せ特化ゾーン「トライデントアタック」など多彩な特化ゾーンを搭載し、新基準機でもGODの名に恥じないスペックを実現している。もちろん1/8192のGOD揃いは健在で、GG100G+ストック3個以上(うち1つ以上はトライデントアタック突入)が確定する。

 

提供:WEB Green Belt

パチスロに続き、3月にパチンコおそ松さん登場

2017/01/26

記事カテゴリ:新台
タグ: 大一 おそ松さん

『パチンコおそ松さん』
『パチンコおそ松さん』

 大一商会は1月25日、都内でパチンコ新機種『パチンコおそ松さん』の発表会を開催した。

 2月に『パチスロおそ松さん』、3月に『パチンコおそ松さん』と話題性の高いコンテンツを連続投入することで市場を盛り上げたい考えだ。納品日はパチンコ、パチスロともに、「6つ子」にちなんだ6日開店に合わせた5日となる。

 『パチンコおそ松さん』は話題のコンテンツを採用した機種としては異例の「ドラム機」。演出は分かりやすさを重視して、「6つ子が枠内に停止すれば発展」「セリフの掛け合いが続くほど熱い」など、熱さがシンプルに伝わる点を重視。スペックもライトミドルと甘デジの2タイプを同時導入し、両タイプともに100%STの遊びやすいもの。おそ松さんファンを含む初心者や、パチンコを難しく感じて休眠しているスリープユーザー、現在の市場を支える年配層を視野に「分かりやすさと遊びやすさ」にこだわった。

 スペックはライトミドルの『パチンコおそ松さん199』が大当たり確率1/199.8(高確率時1/54.21)、確変割合100%(ST50回・電サポ50回)。大当たり出玉はヘソからの大当たりが384個、電チューからの大当たりが384or1536個で、70%が1536個。一方、甘デジの『パチンコおそ松さん99』は大当たり確率1/99.9(高確率時1/15.24)、確変割合100%(ST8回)。大当たり出玉・電サポはヘソ、電チューとも320個&40回転が80%、1280個&80回転が20%となっている(大当たり出玉は全て払出値)。

 また、同社では『パチンコおそ松さん』導入に合わせ、位置情報ゲームアプリ「おそ松さんぽ」の配信を開始する。スポット登録したホール等でアイテム等が獲得できる予定だ。

 

 

提供:WEB Green Belt

天下一閃、スーパーマンLimit・Breakに新スペック

2017/01/26

記事カテゴリ:新台

 1月25日に行われた大一商会の『パチンコおそ松さん』発表会で、『CR天下一閃』『CRスーパーマン~Limit・Break~』両機種の新スペックが合わせて発表された。

 ともに遊パチタイプで、『CR天下一閃1200』は遊パチながら出玉が約1200個固定という異色のスペック。天下一閃4500に比べ役物内に遊技球が飛び込みやすくなっており、ドキドキ感がより手軽に楽しめる。

 一方の『CRスーパーマン~Limit・Break~Sweet version』は大当たり確率1/99.9の甘デジタイプ。電サポは全ての大当たり後に70回転付与され、このうち前半の30回転が確変(高確率時1/39.9)or通常となるV-STタイプ。確変獲得契機はそのほとんどが電サポ中の大当たりとなる突破型のゲーム性だ。大当たり出玉は払出値で420or980個。電チューからの大当たりは33%が980個となる。

 納品は両機種とも2月19日より開始予定。

 

提供:WEB Green Belt

善都がカジュアルデー、本社スタッフが私服勤務

2017/01/26

記事カテゴリ:企業

 愛知、岐阜の両県で店舗展開する善都は、2月から月1回、いずれかの金曜日をカジュアルデーとする。対象は事務員を含む本社スタッフ全員で、ビジネススーツでの出社を基本NGとし、各自の判断で私服を選ぶ。身だしなみの基準は設けず、来客予定がある場合も業務に対応できる私服を選ぶという。

 こうした取り組みにより、これまでの考え方にとらわれない自由な発想と、個性を発揮する風土を醸成するのが目的だ。

 また、同社では恒例のインターンシップ「PREZENTATION」を本年も実施する。同イベントは就職活動中の学生を対象とし、「遊びの未来を考えよう!」をテーマに参加する学生がチームを組んで顧客創出のアイデアを提案するもの。2月15日から21日までの5日間(土日除く)にわたり、愛知県内で実施される。

 

提供:WEB Green Belt

32回転のドキドキをパチンコで堪能

2017/01/26

記事カテゴリ:新台
タグ: マルホン

フォトセッションの模様。司会を務めたくりさん(中央左)、ゲストの天使もえさん(中央右)、機種説明をした田中久也営業本部長(右)。
フォトセッションの模様。司会を務めたくりさん(中央左)、ゲストの天使もえさん(中央右)、機種説明をした田中久也営業本部長(右)。

 マルホン工業は1月25日、同社東京支店でパチンコ新機種『CR沖7』のプレス発表会を開催した。

 発表会の司会はパチスロ必勝本ライターのくりさんが務め、ゲストで人気セクシーアイドルの天使もえさんが登場。天使さんは「私もたまにパチンコをやるんですが、最近の台は分かりにくい演出が多い。でも『CR沖7』はシンプルな演出で分かりやすくて嬉しい」などと述べた。

 同機は大当たり確率1/197.4(高確率時1/24.5)のSTタイプ。確変突入率は80%で36回転(うち電サポは32回転)、確変非突入時でも32回転の電サポが付与される。また、通常時8個保留を採用し快適な遊技をサポートする。

 盤面のハイビスカスが光れば大当たりというシンプルながら、ドキドキする演出が同機最大の醍醐味。ハイビスカスは変動開始時や変動中、PUSHボタン押下時や時間差など様々な点等パターンを用意し、プレイヤーを飽きさせない工夫が盛り込まれている。

 納品は3月20日より開始予定だ。

  • image
  • image

 

  •  
提供:WEB Green Belt

TOP