参加人口は1,070万人~レジャー白書概要

2016/07/14

記事カテゴリ:市場

 日本生産性本部余暇総研は8月初旬に発行予定の「レジャー白書2016」の概要をまとめ、7月14日に記者発表を行った。

 パチンコ関連の指標では、参加人口が前年より80万人(7.0%)減少し1,070万人。市場規模(貸玉料金)も5.2%減少し23兆2,290億円となった。一方で年間平均費用と年間平均活動回数は増加した。

 余暇市場全体の規模は72兆2,990億円で前年比1.0%減となり、4年ぶりのマイナス。ただしパチンコ・パチスロの減少幅が大きく、これ以外の部分では増加している。

 

提供:WEB Green Belt

平成27年度末の遊技機設置台数、一部県で修正

2016/06/03

記事カテゴリ:市場

 警察庁から発表されていた平成27年度末の全国の遊技機設置台数について、一部が修正された。正しい設置台数は以下の通りとなった。カッコ内は修正前の数値。

 ぱちんこ遊技機291万8391台(290万6021台)、回胴式遊技機166万1562台(166万9280台)、全国総台数458万197台(457万5545台)。

 また、修正があったのは栃木県、静岡県、沖縄県の3県。正しい設置台数は以下の通り。

【栃木県】
P:55308台(45651台)、S:32483台(42140台)
【静岡県】
P:88148台(85196)、S:47473台(45726台)、総台数135,644台(130,945台)
【沖縄県】
P:12261台(12500台)、S:18196台(18004台)、総台数30457台(30504台)

提供:WEB Green Belt

パチスロ設置台数が8ヶ月ぶりの「減」

2016/03/17

記事カテゴリ:市場

 全日遊連加盟店舗における2月末現在のパチスロ設置台数の総計が前月末比1,101台減の151万6,897台で推移していることが報告されている。パチスロ設置台数が前月末比を割り込むのは昨年6月以来8ヶ月ぶり。AT・ARTタイプの新台販売が主基板制御に変更された昨年12月以降初めてのマイナスとなった。

 パチンコ設置台数は同7,278台減の264万3,798台。2ヶ月連続の減少だ。パチンコ・パチスロともに前月末の設置台数を割り込むのも昨年6月以来8ヶ月ぶり。

 一方、2月末現在の全日遊連加盟店舗数(営業店舗数ベース)は前月末比42店舗減の1万273店舗。14ヶ月連続の減少となっている。

提供:WEB Green Belt

TOP