右打ちオール2400個大当たりの最強確変ループ

2017/02/21

記事カテゴリ:新台
タグ: ニューギン コブラ

メイプル超合金のフォトセッションの模様。左が安藤なつさん、右がカズレーザーさん。
メイプル超合金のフォトセッションの模様。左が安藤なつさん、右がカズレーザーさん。

 ニューギンは2月16日、恵比寿ガーデンプレイスでパチンコ新機種『CRコブラ-追憶のシンフォニア-』プレス発表会を開催した。

 冒頭挨拶した同社CRコブラプロジェクトの金海晃和エグゼクティブプロデューサーは「この度発表させていただく『CRコブラ-追憶のシンフォニア-』は、ニューギングループの機種開発の中核を担うマーケティング部と連携し市場環境・動向、ファンの嗜好・関心を踏まえ、スペック、ゲーム性にこだわって開発した。パチンコファン、コブラファンに納得してもらえる出来に仕上がったと自負している」と同機種への自信を覗かせ、「コブラは宇宙一の賞金首、最強の男として長年ファンに愛されているが、ニューギングループもファンに愛される最強のメーカーになれるように努力していく」と述べた。

 同機はコブラシリーズ第4弾にして、出玉性能に特化したスペックが特長の確変ループタイプ。大当たり確率1/319.68(高確率時1/115.17)、確変突入率は50%で非確変時は80回転の時短が付与される。同機最大の魅力は「電サポ中の大当たり全て2400個(払出値)大当たり」となる点。確変大当たり時は2400個+次回まで、通常大当たりでも2400個+時短80回転となり、満足度の高いスペックを実現した。

 確変「COBRA THE RUSH」は回転数に応じて演出内容が変化する。1~79回転は4図柄リーチ以外で確変大当たりのチャンスを秘めている「COBRA THE RENDEZVOUS(コブラ・ザ・ランデブー)」、80回転以降はコブラの宿敵・クリスタルボーイとの激闘を繰り広げる「COBRA THE BATTLE(コブラ・ザ・バトル)」へ変化し、コブラの世界観を忠実に再現した演出が楽しめる。

 その他、開発段階でのコブラファンとのグループインタビューを取り入れ、要望の多かった原作ストーリー「ラグ・ボール篇」、「6人の勇士篇」をリーチで搭載。さらに実機内のコブラのボイスには故 野沢那智さんのボイスを使用するなど往年のファンも唸らせる仕上がりとなっている。

 またプレス発表会第2部ではゲストとしてメイプル超合金(安藤なつさん、カズレーザーさん)を招きトークセッションを行った。リアルコブラとの呼び声高いカズレーザーさんは、実機を見て「カッコイイ!リビングに1台欲しい」と感想を述べ笑いを誘った。安藤さんは「コブラを知らない方でも、パチンコ初心者の方でも絶対楽しめる。カッコイイしワクワクする台なので是非遊んで」とメッセージを贈った。

同機は4月2日の納品開始を予定している。

CRコブラプロジェクトの金海晃和エグゼクティブプロデューサーも、コブラの衣装に身を包み同機への想いを語った。『CRコブラ-追憶のシンフォニア-』

 

 

提供:WEB Green Belt

7セグとサイコロがシンプルで熱いリーチを実現

2017/02/21

記事カテゴリ:新台
タグ: Sammy タイヨーエレック

『CR ビッグorスモール』
『CR ビッグorスモール』

 

 タイヨーエレックは2月16日、都内でパチンコ新機種『CR ビッグorスモール』の内覧会を開催した。

 同機は3つのサイコロの出目が大きいか小さいかを当てる「大小」というマカオカジノで人気のゲームがモチーフ。

 7セグと3つのサイコロが搭載された非液晶機となっており、シンプルながらも熱いリーチ演出の数々がプレイヤーを魅了する。

 通常時は「112」「334」「556」といった右図柄の+1コマズレ目がチャンスの兆し。連続するほど高信頼度の「大小リーチ」発展に期待が持てる。「大小リーチ」は3つのサイコロの合計が大きいか小さいかを予想するシンプルなリーチで、合計が11~17なら「大」、4~10なら「小」を予想し、見事予想が的中すれば大当たりとなる。

 同機は大当たり確率約1/256.0(高確率時約1/99.9)で確変割合は65%。大当たりラウンド数は16R(払出値1600個)、6R(同600個)、3R(同300個)の3種類で、右打ち中は確変なら16R、通常なら3R。通常の場合は時短100回が付与される。一方、ヘソの場合は6Rがメインで通常と確変の一部が電サポなしとなる。

 なお納品は3月中旬予定。

 

提供:WEB Green Belt

記念すべき10作目の「花満開」登場

2017/02/17

記事カテゴリ:新台
タグ: 西陣 花満開

『CR花満開 天ノ舞』
『CR花満開 天ノ舞』

 西陣は2月15日、パチンコ新機種『CR花満開 天ノ舞』の内覧会を開催。人気シリーズ「花満開」の記念すべき10作目を発表した。

 同機は大当たり確率1/319.69(高確率時1/47.98)で確変割合は65%、確変非突入の場合は100回の時短が付く、幅広い層から好まれるわかりやすいスペック。

 大当たりの種類は16R確変(払出値2016個)、8R確変(同1008個)、ランクアップボーナス(同575個~1532個)、4R確変、4R通常(同504個)の5種類で、右打ち中は40%が16R確変となる。

 確変中は歴代シリーズの「花満開リーチ」を全て搭載。全世代の“花満ファン”が楽しめる仕上がりになっている。

 なお、同機の納品は4月2日開始。

 

提供:WEB Green Belt

平和、パチンコ2タイトルを同時発表

2017/02/17

記事カテゴリ:新台
タグ: 平和 シティーハンター 南国育ち

『CRシティーハンター~XYZ 心の叫び~』
『CRシティーハンター~XYZ 心の叫び~』

 平和は2月8日、パチンコ新機種の『CRシティーハンター~XYZ 心の叫び~』と『CR南国育ち 羽根』を発表した。

 『CRシティーハンター~XYZ 心の叫び~』は大当たり確率1/319.6(高確率時1/37.9)で確変割合65%のループタイプ。右打ち中は確変大当たりなら16R(払出値1664個)、通常大当たりなら7R(同637個)といった分かりやすいスペックが特長だ。

 演出面では保留変化やタイマー予告などの多彩な予告演出に加え、強烈なインパクトを放つギミックが遊技を盛り上げる。また、レインボーに輝く「イルミプレート」や「レーザーLED」も搭載し歴代シリーズの中で一番華やかな演出に仕上げている。

 一方、『CR南国育ち 羽根』は図柄揃い大当たりとV入賞大当たりを搭載した1種2種混合タイプ。図柄揃いとV入賞を合算した大当たり確率は約1/99.9の遊びやすい機械だ。

 通常時は1/319.7の図柄揃いを引き当てるか、1/41.8で発生する「キュインチャレンジ」でV入賞を射止めれば大当たり。「キュインチャレンジ」からは約1/3.47でV入賞する。

 大当たり後は必ず時短50回が付与。時短中は「キュインチャレンジ」の突入率が1/18.9にアップしているため、通常時以上に玉の動きによるドキドキ感が味わえるようになっている。

 時短中の大当たり合算確率は約1/54.4で、継続率は約60.3%。大当たり出玉は1050個or350個。

 なお、納品日は『CRシティーハンター~XYZ 心の叫び~』が3月20日、『CR南国育ち 羽根』が4月2日となっている。

『CR南国育ち 羽根』
『CR南国育ち 羽根』

 

 

 

 

 

 

提供:WEB Green Belt

フル実写でスカッとできる『恵比寿マスカッツ』

2017/02/15

記事カテゴリ:新台
タグ: ニューギン 恵比寿マスカッツ

実機に登場するメンバーから8名が応援に駆けつけた。
実機に登場するメンバーから8名が応援に駆けつけた。

 ニューギンはこのたび、パチスロ新機種『パチスロ恵比寿マスカッツ』(EXCITEブランド)を発表。2月14日には東京ショールームでプレス向け発表会を行った。

同機は、深夜のバラエティ番組で人気を博した女性アイドルグループ「恵比寿マスカッツ」とのタイアップ機。実機には初代メンバーの18名がフル実写で登場しており、発表会にはこのうち、吉沢明歩さん、麻美ゆまさん、希崎ジェシカさん、西野翔さん、里美ゆりあさん、沢辺りおんさん、安藤あいかさん、栗山夢衣さんの8名が駆け付けた。

 トークショーで8名は、実機の感想や撮影時のエピソードなどを披露。沖縄でのロケなど、メンバー同士の笑いが絶えず、楽しく撮影に臨めたことなどを振り返った。実機ではこうした彼女たちの明るく元気でセクシーな映像がフル実写で楽しめ、とくに収録する代表曲には撮り下ろしPV映像も多数用意している。

 麻美さんは、「水着はもちろん、部屋着や外出時の衣装など、この台だけのために撮った衣装だけでも相当な数がある。普段見られない私たちの姿、コスチュームもポイント」と見所を紹介。吉沢さんは、「マスカッツファンに楽しんでもらえる名コーナー、名台詞もあり、懐かしく興奮してもらえる台。マスカッツファンや初めてマスカッツを知った人にも楽しんでほしい」とアピールした。

 また、初代リーダーの蒼井そらさんもビデオメッセージを寄せ、今回の新機種を記念したキャンペーンを発表。キャンペーンは、恵比寿マスカッツメンバーの直筆サイン入りツーショットフォトなどが当たるもので、2月14日から3月14日まで応募を受け付ける。

 同機のゲーム性は、1ゲームあたり純増2.0枚のART「マスカッツラッシュ」を搭載するART特化タイプ。ラッシュ突入時に特化ゾーンで初期ゲーム数を決定し、「スカッとゾーン」なら平均80G、「エクスタシーゾーン」なら平均200Gが期待できる。ラッシュ中は上乗せ特化ゾーン「PVゾーン」を目指し、PVゾーン中はレア役成立でゲーム数上乗せのチャンスとなるなど、様々なPV映像を堪能しながら、ゲーム数、セット数の上乗せが目指せるゲーム性となっている。

 納品は4月2日の予定。

「パチスロ恵比寿マスカッツ」発表記念キャンペーン

ART特化タイプの『パチスロ恵比寿マスカッツ』。
ART特化タイプの『パチスロ恵比寿マスカッツ』。

 

 

 
 
 
 
 
 
 
提供:WEB Green Belt

ドラムと7セグによる興奮必至のWアクション

2017/02/15

記事カテゴリ:新台
タグ: 三洋 ドラセグ

『CRドラセグ2(199ver.)』
『CRドラセグ2(199ver.)』

 三洋物産はパチンコ新機種『CRドラセグ2』および甘デジスペックの『CRAドラセグ2』を同時発表した。

 同機はドラムリールと7セグを融合させた非液晶機。『CRドラセグ2』のスペックは大当たり確率約1/199.8(高確率時約1/95.8)のライトミドル。ヘソでの大当たりは全て9R通常大当たりで時短100回転が付与され、100回転で引き戻すことができればST「ドラセグRUSH
」へ突入する。RUSH中は大当たりの75%が16R、1872個(払出値)と出玉感を味わえるスペックとなっている。

 『CRAドラセグ2』は大当たり確率約1/99.9(高確率時約1/33.7)。こちらもヘソ大当たりは全て通常大当たりとなっており、時短50回転中に引き戻すことができればドラセグRUSHへ突入する。ライトミドルと異なる点はST30回転+時短70回転となっており、出玉感重視のライトミドルに比べ、引き戻しによるループ重視のスペックとなっている。

 同機は通常時及びチャンスタイム(時短)中はドラムによる演出が展開される。メインのドラムリールは業界最大級の大きさを誇り、4層構造になっているのが大きな特長。「ドラムリール」、「アウトリール」、「マルチシャッター」、「7セグ」で構成され、従来のドラム機の枠組みを超えたダイナミックな演出が楽しめる。

 一方ドラセグRUSH中は7セグによる演出を展開。最短変動秒数1.0秒と、ドラム機では難しい高速消化を実現し、順目と色による先読み演出やカウントダウン演出、ノーマルリーチでの大当たりなど、シンプルながら熱くなれる演出が満載となっている。

 ダイナミックかつハイスピードなドラム&7セグアクションが楽しめる同機は、ライトミドル・甘デジともに4月2日より納品開始予定。

『CRAドラセグ2(99ver.)』
『CRAドラセグ2(99ver.)』

 

 
 
 
 
 
 
提供:WEB Green Belt

「夢の超人タッグ、早く見たい」と新機種アピール

2017/02/13

記事カテゴリ:新台
タグ: 山佐 キン肉マン

写真左から才木さん、中井さん、伊達さん、佐野本部長、富澤さん。
写真左から才木さん、中井さん、伊達さん、佐野本部長、富澤さん。

 山佐は2月9日、都内で『パチスロ キン肉マン ~夢の超人タッグ編~』のプレス発表会を開催した。

 シリーズ第3弾となる今作は、初代の遺伝子を受け継ぎ純増約2.0枚のARTタイプで登場。当日挨拶した佐野範一取締役本部長は、「タッグをキーワードとしたゲーム性。プレイヤーを楽しませたいというシンプルな思いで開発した」などと同機について語った。

 イベントにはゲストとして、「キン肉マン好き芸人」を公言するサンドウィッチマンの伊達みきおさん、富澤たけしさんと、パンクラシストの中井りんさん、筋肉アイドルの才木玲佳さんが登場。

 サンドウィッチマンの2人は新機種について、「夢の超人タッグ編はキン肉マン好きの中でも一番盛り上がるシリーズ。『この超人同士が戦うのか』という本当に夢のタッグマッチ。早く打ってみたい」などとアピールした。

 なお、ホールデビューは4月上旬予定となっている。

image

 

提供:WEB Green Belt

5.5号機のイメージを払拭する『鬼浜 愛』

2017/02/10

記事カテゴリ:新台
タグ: ベルコ 鬼浜

フォトセッションの模様。(中央右が国本代表取締役、中央左が神農統括本部長)
フォトセッションの模様。(中央右が国本代表取締役、中央左が神農統括本部長)

 ベルコは1月30日、都内でパチスロ新機種『鬼浜爆走紅蓮隊 愛』のプレス発表会を開催した。

 同機は“5.5号機のイメージを変える”がコンセプト。

 発表会の冒頭に登壇した国本籍雄代表取締役は同機を「苦戦が続いている5.5号機の現状を打破する力がある」とアピールすると、さらに続けて製品説明を行った神農勝進統括本部長は「長期稼動する新基準機をつくるため、現行の新基準機がユーザーの支持を得られない要因を徹底的に分析した。そして、導き出した大きな要因が“初当りまでの道のりが長いこと”、“ART中に下振れした時の出玉感不足”、“主基板管理になったことによるゲーム性の希薄化”の3点。今作の『鬼浜』はこれらの要因を徹底的に排除した機械開発を行った」と自信を覗かせた。

 スペックは174枚獲得のボーナスと純増2.0枚/GのARTを搭載したA+ART。ARTは獲得枚数への不満感をなくすため差枚数管理型を採用した。

 最大の特長は、ARTの初期枚数決定時やART中に突入する「鬼カードチャレンジ」。同チャレンジは3枚あるカードの中から第1ナビが発生した場所のカードを獲得し、そのカードに記載されている枚数を上乗せするといった完全自力の枚数上乗せゾーンで、レバーを叩く拳に力が入る熱い遊技を提供する。同チャレンジには継続期待度に差を設けた「一撃」、「連撃」、「超」の3段階が用意されており、連撃以上なら終了カードを獲得するまで上乗せが継続。ARTの初期枚数決定時は必ず連撃以上が選ばれる。

 そのほか、同機は突然停止ボタンが効かなくなり大チャンス演出が発生する「カチコミ予告」を通常時、ART中のあらゆる場面に搭載。いつ発生するかわからない「カチコミ予告」を搭載することで、常に期待感を持てる通常時に仕上げた。

 なお、納品は4月16日開始予定。

  • image
  • image
  • image

 

 

 

  •  
提供:WEB Green Belt

すべてが沼リーチ。『カイジ沼』に第3弾が登場

2017/02/09

記事カテゴリ:新台
タグ: 高尾 カイジ

『CR弾球黙示録カイジ沼3利根川Ver.』
『CR弾球黙示録カイジ沼3利根川Ver.』

 高尾はパチンコ新機種『CR弾球黙示録カイジ沼3利根川Ver.』を発表した。

 同社を代表する看板コンテンツのひとつである「弾球黙示録カイジ」。そのスピンオフとして、原作中に登場する難攻不落のパチンコ台「沼」をモチーフとするシリーズの3作目。

 今作では沼らしさにこだわり、リーチアクションは全部が「玉が穴に入るか否か」がすべての沼リーチとなっている。またスペックも一点突破にこだわり、ひとたび沼RUSHに突入すれば以後の大当たりは全て払出2240個の16ラウンド大当たりとなる。

 大当たり確率は1/319.9(高確率時1/59.5)で確変割合51.5%。ヘソからの大当たり時は37.5%が電サポが次回まで続く16ラウンド大当たり。他は確変or通常となる4ラウンド大当たりで、電サポは0or100(4ラウンド通常)、または0or次回(4ラウンド確変)。

 一方、電チューからの大当たりは全て16ラウンドで、確変ならば次回まで、通常であれば100回転の電サポが付与。電サポの作動する沼RUSH中は終了間際になると「最後の審判」演出が発生。同演出成功で、次回大当たりまで続く「SUPER沼RUSH」に突入する。

 納品は3月下旬より開始予定。

 

提供:WEB Green Belt

EVA SOUL獲得がART継続のカギを握る

2017/02/09

記事カテゴリ:新台
タグ: フィールズ ヱヴァンゲリヲン

『ヱヴァンゲリヲン・勝利への願い』
『ヱヴァンゲリヲン・勝利への願い』

 フィールズはビスティ製のパチスロ新機種『ヱヴァンゲリヲン・勝利への願い』を発表した。

 リアルボーナスを2種類搭載したART機で、ARTの純増枚数は1ゲームあたり約2.0枚(ボーナス込)。ボーナス確率はビッグボーナスが1/963.8~1/910.2、インパクトチャンスが1/162.2~1/149.6。

 ART「IMPACT RUSH」は前半40ゲームでEVA SOULを獲得し、集めたEVA SOULを使用して使徒殲滅バトルに挑戦、使徒を撃破すれば次セット継続となる。リアルボーナスがART突入へのメイン契機となっており、ビッグボーナスは獲得枚数150枚でART期待度約50%、インパクトチャンスは60枚を獲得でき、ART期待度は約20%。

 また、連続演出の外れやボーナスでのART非当選時にはレスQポイントが加算され、これが1万ポイントたまると自力チャンスゾーンの「緊Q迎撃作戦」に突入。同チャンスゾーンは20ゲーム間で小役を引くほどチャンスで、ART期待度は約50%となっている。集めたレスQポイントは液晶上に表示される。

 納品は2月19日開始予定。

 

提供:WEB Green Belt

TOP