シリーズ2作目は安定スペックで“倖せ”遊技を提供

2016/02/01

記事カテゴリ:新台
タグ: 物語

『パチスロ偽物語』

 

 サミーは1月15日、パチスロ新機種『パチスロ偽物語』を発表した。

 同機はアニメ〈物語〉シリーズを題材にしたパチスロ〈物語〉シリーズの第2弾。前作『パチスロ化物語』のゲームフローを継承しつつ、前作以上の遊びやすさを追求した。

 スペックはボーナス(獲得枚数150枚)とART(純増約1.2枚/G)が絡み合うA+ART。ボーナス確率は1/199(設定1)で、ボーナスまたはART高確率ゾーンの「解呪ノ儀」、上位ART高確率ゾーンの「和解ノ儀」を介してARTを目指す。

 ART「倖時間(ハッピータイム)」は1セット20Gのループ型。ART中は様々な契機で「語」の獲得を目指し、規定ゲーム数消化後に継続の当否を抽選する「チャレンジゾーン」で1語につき1G完結で継続抽選を行う。「語」の保有数が多いほど次回継続への期待度は高まる仕様だ。さらに、継続確定後に残存する「語」は次回ARTへ持ち越せるため、「語」を大量獲得することがARTのロングループの鍵になっている。

 前作でプレイヤーを虜にした「倍倍チャンス」は今作も健在で、「語」の大量獲得を目指す上乗せ特化ゾーンとして搭載されている。

 なお、同機は2月下旬に納品開始を予定している。

 

提供:WEB Green Belt

3度目の撤去問題、一つずつ壁を越える〜札幌方面

2016/02/01

記事カテゴリ:団体

道防連からの感謝状を受け取る朴理事長(右)。

 

 札幌方面遊技事業協同組合(朴耕成理事長)及び札幌遊技業協同組合(同)は1月29日、関連団体関係者や傘下組合員ら約70人を迎え、新年賀詞交歓会を札幌市内のホテルで開催した。

 開会にあたり朴理事長は、「1996年の社会的不適合機、2006年の4号機、そして今年と、3度目の大きな撤去問題の波がきている。問題点等は皆さんが確認、共有していると思う。その壁を一つずつ壊しながら、また越えながら、皆さんと今年1年間、頑張っていきたい」と所信を述べた。

 来賓挨拶では、北海道議会議員の岩本剛人氏、衆議院議員・高木宏壽事務所所長代理の阿波昭則氏、北海道防犯協会連合会の佐藤邦昭専務理事、回胴遊商北海道支部の徳山健一支部長がそれぞれ祝辞を披露。また、乾杯の挨拶では、北海道遊技機商業協同組合の畠山和生理事長が、「新しい未来のスタートの一年となるようパチンコ・パチスロ産業賀詞交歓会でも決議されたように業界14団体が改めて一つにまとまるべき時だ」と述べ、業界一丸となった取組みに期待を寄せた。

 なお、賀詞交歓会に先立ち、公益財団法人北海道防犯協会連合会から札幌方面遊協に対する感謝状の贈呈が行われた。札幌方面遊協では昨年11月、道防連が推進する安全安心な地域社会に向けた活動への支援として約765万円を寄贈するなどしていた。

 

提供:WEB Green Belt

ウサビッチパチンコの時間に甘デジ2タイプ

2016/02/02

記事カテゴリ:新台

 豊丸産業はパチンコ機『CRウサビッチ パチンコの時間』シリーズの新スペックとして「~VZ」「~VC」の2タイプを発表した。ともに大当たり確率1/99.9の甘デジスペック。

 両タイプともキレネンコモードバトルと引き戻しが融合したゲーム性を継承。「~VZ」は最大出玉、キレネンコモードバトル最大継続回数、SUPER BONUSからの引き戻し率を重視したゲーム性。一方の「~VC」は出玉や継続率を抑える一方、SUPER BONUSの選択割合や、初当たりがキレネンコモードバトル非突入時の電サポ回数が優遇されている。

 納品日は「~VZ」が2月14日より開始予定、「~VC」は同社のリユース「まるゆう」専用機となっている。

 なお、同社では現在ウェブサイトにて、同機の導入キャンペーンとしてプレゼントが当たるアンケートを実施している。期間は2月14日まで。

 

提供:WEB Green Belt

高純増で当たりやすい、絶妙スペックを実現

2016/02/02

記事カテゴリ:新台
タグ: 十字架

『十字架3』

 

 ネットはこの度パチスロ新機種『十字架3』を発表した。

 十字架シリーズ第3章の位置づけとなる同機は、高純増AT機最高クラスの初当たり確率(1/296~1/192)を実現。ベースは44.7Gとなっており、手軽に多くの初当たりを体感できる絶妙スペックとなっている。また、主人公であるジェシカ・ハーカー、カリナ・ハーカーの双子姉妹を模した専用筐体も特長。液晶左右の「ツイン十字架ユニット」は中心のPUSHボタン押下時に振動したらAT確定となるほか、下部パネルの「ドデカ十字架パネル」は中心のボタンが飛び出せば、大量上乗せチャンスとなる激アツ演出となっている。

 AT「JKラッシュ」は純増枚数2.8枚の差枚数管理型。初期枚数はAT入賞時の7図柄の種類で告知され、赤7揃いで100枚、白7揃いで200枚以上でスタートする。また、AT当選までに「十字架図柄」のクロス揃いしていた場合は500枚以上のスタート、フリーズ発生で1000枚スタートが確定する。

 「JKラッシュ」中は大量上乗せに期待が持てる「ファイナルJKバトル」を目指すゲーム性。レア役等で姉妹合流演出が発生し、成功すると突入する上乗せバトル「JKバトル」で勝利すると上乗せ+ドラキュラ女王との自力バトル「クイーンバトル」へ突入。ここでのバトルに勝利すると「ファイナルJKバトル」へ突入。3回保証のレバー押下による枚数上乗せが発生し、最大継続率は90%となっている。

 シリーズお馴染みの「ドラキュラミッション」をはじめ、G数解除で訪れる自力チャンスゾーン「ロザリークロスゾーン」、6G固定のチャンスゾーン「TWIN CHANCE」「モンスターチャレンジ」など多彩なAT当選契機を搭載し期待感膨らむゲームフローとなっている。

 姉妹とドラキュラ女王との王道バトルが見所の同機は3月6日より納品開始予定。

 

提供:WEB Green Belt

パチスロ鉄拳3rdが進化、エンジェルVer.に

2016/02/02

記事カテゴリ:新台
タグ: 鉄拳

『パチスロ鉄拳3rdエンジェルVer.』

 

 山佐はパチスロ新機種『パチスロ鉄拳3rdエンジェルVer.』を発表した。

『パチスロ鉄拳3rd』の後継機として登場。今作はリアルボーナスを搭載し、これが純増1ゲーム約2.4枚のAT「神鉄拳RUSH」への突入及び継続のカギを握る。

 リアルボーナスは確率約1/84で約85枚を獲得可能。同時に神鉄拳RUSH突入のメイン契機ともなっており、ボーナス終了後にTAGバトルに発展すればチャンス。バトル勝利で神鉄拳RUSHに突入する。

 ひとたび神鉄拳RUSHに突入すれば次回ボーナスまで継続。神鉄拳RUSH中のボーナスは継続を賭けたデビルバトルとなる。

 バトル勝利のカギを握るのはAT消化中に獲得するバトルポイント。この他、「バトル勝利」をストックする数々の特化ゾーンも搭載している。

 演出面では通常時のボーナスに加え、通常ゲーム中の演出も3つのステージから選択することが可能。納品は3月上旬開始予定となっている。

 

提供:WEB Green Belt

宮城・竹田理事長「納得して撤去できる環境を」

2016/02/02

記事カテゴリ:団体

 宮城県遊技業協同組合は2月1日、仙台市内で新春経営者研修会を開催した。

 その冒頭で挨拶した竹田隆理事長は新基準に該当しない遊技機(高い射幸性を有する遊技機)及び、検定と異なる性能を有する可能性のある遊技機の撤去に触れ、特に後者について「どの機種が該当するかはまだ明らかになっていない」と前置きした上で、

「残念ながらホールが積極的に外しやすい環境は整っていないと思う。外しやすい環境とは、安心して使える遊技機の提供と、高額な下取りを含む安価な価格での提供だ。メーカーが責任を認めている以上、その責任のもとにこれらの対応を求め協議しているが、残念ながらホールの納得する答えが出ていない」と言及。一方、「ホールは決めたことを守る。ホールとしてやるべきことをしっかりやっていかなければならない」とも訴えた。

 また、4月からスタートする遊技機設置、部品交換の際の新制度について、「まだ見えない部分もあり協議をしているが、ホール側も遊技機取扱主任者を置くなど対応が求められる」などと注意を喚起した。

 この他、5月下旬に開かれる伊勢志摩サミットに関連し宮城県内でも関連会議が開催されることから、入替自粛など警備への協力を行う旨についても組合員に協力を求めた。

 なお、研修会では県警本部の暴力団対策課、生活安全企画課より課長補佐を招き講話を聴講。また、船井総合研究所・島田雄一郎チーフ経営コンサルタントが「業界再編時代にての営業の考え方」と題した講演を行った。

 研修会終了後には懇親会を開催し、その冒頭では宮城県防犯協会連合会など8団体に対して社会貢献寄付金を贈呈。竹田理事長は「厳しい環境ではあるが、組合員の皆様の協力のもと寄付をさせていただいた。これまで業界は決して不健全なことをしてきたつもりはなかったが、結果として射幸性を追い求めすぎた。是正のための話し合いは継続中だが、業界を思う気持ちがあれば解決できるはずだ」と改めて挨拶した。

 

 

 

提供:WEB Green Belt

相撲をやる子どもたちはこの国の宝~白鵬杯

2016/02/03

記事カテゴリ:企業

日頃の稽古の成果をぶつけ合う熱い戦いが繰り広げられた。

 

 SANKYOは1月31日に両国国技館で開催された「第6回白鵬杯-国際親善交流少年相撲大会-」に特別協賛した。特別協賛は今回で3回目。

 同大会は出場選手最多のアマチュア相撲大会で、今回は韓国、中国、モンゴル、アメリカからも選手が出場、計130チーム、総勢1100名の小中学生が熱戦を繰り広げた。

 開会式で挨拶に立った同大会実行委員会名誉会長であり第69代横綱・白鵬翔関は「相撲をやる子どもたちはこの国の宝です。どの道場、どの国の子どもたちが優勝するのかワクワクしています」と子どもたちの熱戦を期待した。さらに白鵬翔関は子どもたちへ「夢はたくさん持ってほしい。頭で考え心で描けば、その夢は必ず叶うと思います。精一杯頑張ってください」とメッセージを贈った。

 試合は予選から決勝トーナメントまで行われ熱戦が繰り広げられた。お昼休憩には豊ノ島関をはじめとする関取衆との綱引き対決や、関取衆同士の手押し相撲対決などを催し、普段見ることのできない力士たちの姿に歓声があがった。

 またエントランスではSANKYOがゲームブースを展開。的当てやピンボール、スーパーボールすくいなどが行われ、終日たくさんの人で賑わいを見せた。

 

提供:WEB Green Belt

余暇進定例部会、ダイコク山岸氏招き勉強会

2016/02/03

記事カテゴリ:団体

 余暇環境整備推進協議会は1月26日、都内で理事会及び定例部会を開催した。

 同協議会ウェブサイトのリリースによれば、理事会では昨年末に発表された「ぱちんこ遊技機の撤去回収等に関する声明」などについて報告があったほか、昨今ニュース報道のあった「防犯カメラ映像のネット流出」について、「今のところパチンコ店内と思しき画像は確認できなかった」と報告するとともに、セキュリティの強化などに関して注意喚起した。また、新規会員としてパチンコホール企業の幸福商事(株)、プローバ(株)及び、販売会社の(株)キャスターが紹介された。

 定例部会にはダイコク電機・山岸義幸DK-SIS室長を招き、おもに大当たり確率下限の引き上げやベースの上昇に伴い起こる、遊技機スペックの変化がもたらす影響などについて話を聞いた。

 山岸室長はスペックの変化が売上性能の減少に繋がることを解説。一方で損益分岐割数の変化などの対応も起こるため、統計上表れるであろう売り上げの低下を、短絡的に捉えるべきではないと指摘した。

 

提供:WEB Green Belt

A・P総研がBSスカパー!出演へ

2016/02/03

記事カテゴリ:企業

 

 パチンコホール向けセキュリティコンサルタントのA・P総研(本社/東京都新宿区、中野耕平社長)が、2月8日(月)にBSスカパー!チャンネル(Ch.241)で放送される「BAZOOKA!!」のゴト行為に関するコーナーに出演する。

 この日の番組テーマは、パチンコに対する様々な疑問に、パチンコ業界を知り尽くしたPOKKA吉田氏 と 大崎一万発氏が、生放送のスタジオで鋭く切り込む内容。どんなトークが展開されるのか。こちらも注目だ。


[番組名] BAZOOKA!!

[放送予定日] 2016年2月8日(月)

[放送時間] 21:00〜22:00(A・P総研の出演時間は未定)

[放送地域] 全国放送

 

提供:WEB Green Belt

ライトスペックに個性的な2機種を投入

2016/02/04

記事カテゴリ:新台
タグ: エヴァンゲリヲン

『CRヱヴァンゲリヲンX PREMIUM MODEL』

 

 フィールズはパチンコ新機種『CRヱヴァンゲリヲンX PREMIUM MODEL』(ビスティ)、及び『CRA魁!!男塾Light Ver.』(Daiichi)の2機種を発表した。

 ともに遊びやすさを追求したライトスペックながら、2400個出玉や高継続STなど個性的なゲーム性での登場。

 『CRヱヴァンゲリヲンX PREMIUM MODEL』は大当たり確率1/128.0のライトスペックながら2400個出玉を搭載。電チューからの大当たりの12%で最大出玉を獲得できる。その他の大当たり出玉は450個or1050個。

 確変は継続率65%のループタイプで、通常大当たり後の時短は95%が10回だが、5%で100回転が選択される。

 一方、『CRA魁!!男塾Light Ver.』は大当たり確率1/99.9(高確率時1/52.2)のV-STタイプ。ヘソからの大当たりは98%が通常だが電サポが55回転付与され、引き戻しからのST突入がメインルートとなるゲーム性。STは74回転で継続率は約76%。電チューからのの大当たりは60%が16ラウンド確変(払出出玉960個)となる。

 納品は両機種とも2月上旬開始予定となっている。

 

提供:WEB Green Belt

TOP