パチンコホール運営の王蔵、香港で上場申請

2016/05/12

記事カテゴリ:企業

 九州を中心に《ビッグアップル》等の屋号でパチンコホール17店舗を運営する王蔵株式会社がこのほど、香港証券取引所に上場申請を提出したと企業の投資・上場情報を扱う株式会社FISCO(フィスコ)が報じた。

 これにより、パチンコホールの香港上場は、ダイナム・ジャパン(6889/HK)、ニラク(1245/HK)に次ぐ3社目となる。

 香港証券取引所に提出された申請書類によると、王蔵は2015年末現在、店舗数でみた業界ランキングは68位。14年の貸玉収入ベースで市場シェアは0.2%の規模。15年12月中間期では、同収入が前年比9.9%減の238億4,900万円に縮小、11月に実施されたパチンコ・パチスロの規制の変更が客入りに影響したためだとしている。

 IPOによる資金調達は、パチンコホール会社の買収やホールのリニューアルなどに投入する計画だと伝えられている。

 

提供:WEB Green Belt

RSN依存問題、3月の電話相談は249件

2016/05/12

記事カテゴリ:団体

 ぱちんこ依存問題の電話相談事業を行う認定特定非営利活動法人リカバリーサポート・ネットワーク(RSN、西村直之代表)のレポートによると、2016年3月の電話相談件数は249件で、前月より4件増加した。沖縄RSNが221件、全商協RSN支援室が28件。

 レポートによると、例年、生活環境の変化が多い春から初夏にかけて、若年者からの相談が増加する傾向にあるという。今月は家族からの相談も増加しており、季節的な影響に加え、野球賭博問題に関連してメディアでギャンブル依存を取りあげることが多かったことも理由の一つとしてあげられる、と分析している。

 沖縄RSNの相談回数(221件)の内訳は、初回相談186件、複数回33件、間違い・無言・問い合わせ2件。初回相談のうち、本人からの相談は134件(前月比11件減)、家族・友人からの相談は52件(前月比25件増)だった。家族・友人からの相談は前月比でほぼ倍増した。

 

提供:WEB Green Belt

高ベースで長く手軽に遊べる『ドリームハナハナ』

2016/05/12

記事カテゴリ:新台
タグ: PIONEER ハナハナ

『ドリームハナハナ-30』

 

 パイオニアはこのたび、30φ仕様のパチスロ新機種『ドリームハナハナ-30』を発表した。

 ハナハナシリーズ12作目となる今作は、「夢×華」がテーマ。より大きくなったハイビスカスと多彩なプレミアム演出がプレイヤーを夢中にさせるほか、長く手軽に遊べるゲーム性を追求し、メダル50枚当たりのベースはシリーズ最高の約38.5ゲームを実現した。

 高ベースのハナハナシリーズでは2013年10月にリリースした『クイーンハナハナ-30』以来となる。

 演出面では新たに2パターンのプレミアム点灯が追加され、プレミアム演出数はシリーズ最多。違和感演出には過去シリーズ2機種からの復刻演出も搭載している。

 さらに、BIG、REGボーナス中のサイドランプ演出も一新。BIG中は赤と緑のより鮮やかなフラッシュで取りこぼしを防止。REG中はフラッシュした色が要注目となる。

 告知タイミングは、当選ゲームのレバーON時が約85%、単独当選時次ゲームレバーON時が約10%、チェリー同時当選時次ゲームレバーON時が約5%。

 スペックはBIG確率1/318(設定1)〜1/246(設定6)、REG確率1/528〜1/352、ボーナス合成確率1/198〜1/145、出玉率96%〜111%。ボーナス純増枚数はBIG最大312枚、REG最大130枚。

 納品は6月中旬の予定。

 

提供:WEB Green Belt

楽しさを呼び覚ます「もう一つの北斗」

2016/05/11

記事カテゴリ:新台
タグ: TAKAO 北斗の拳

『ぱちんこCR DD北斗の拳』
『ぱちんこCR DD北斗の拳』

 高尾は5月10日、都内でパチンコ新機種『ぱちんこCR DD北斗の拳』の特別先行展示会を開催した。

「DD北斗の拳」は北斗の拳をベースにしたギャグマンガでアニメ化もされた作品。平和な世界でコンビニの仕事に精を出すケンシロウ、ラオウ、トキの3兄弟を2等身のデフォルメキャラで描く「もう一つの北斗の拳」だ。

 新機種は大当たり確率1/320、継続率65%以下の中で最大級の出玉感を追求したスペック。大当たり確率1/319.6のV-STでRUSH突入率56.0%。RUSHは電サポ100回転で最初の36回転が高確率(1/34.8)のST、残りが通常確率の時短となる。初当たりが通常の場合は40or60or80回転の時短が付与される。

 ヘソからの大当たりの10%と、電チューからの大当たりの60%が払出し2400個となる16ラウンド大当たり。賞球数はヘソ3&1&6&15。

 北斗ファン、パチンコファンならば思わずにやりとするような演出を満載。また、世界的に人気のコンテンツを海外の方にも楽しんでもられるよう、日本語以外にも英語、韓国語、中国語のインバウンド向け遊技説明映像を制作し、各所でPRする予定だという。

提供:WEB Green Belt

遊びやすさ×瞬発力の「ノーマルBタイプ」登場

2016/05/11

記事カテゴリ:新台
タグ: オーイズミ ハネスロ

『元祖ハネスロ再び』
『元祖ハネスロ再び』

 オーイズミは5月10日、都内で新機種『元祖ハネスロ再び』の機種説明並びに試打会を開催した。

 同社のハネスロシリーズ5作目となる同機は、2007年に登場した『元祖ハネスロ』の後継機。メインリール(左リールと中リール)で成立したボーナス、小役の払出を倍倍リール(右リール)で1倍から3倍、またはそれ以上にランクアップさせるゲーム性が特長だ。

 スペックはボーナス確率1/99.6~1/128.0の遊びやすいノーマルタイプ。ボーナスはシリーズ最大枚数を獲得できるSPボーナス(獲得枚数247枚)を始め、3倍ボーナス(同180枚)、2倍ボーナス(同120枚)、1倍ボーナス(60枚)の4種類を搭載している。さらに、ボーナス割合はSPボーナス(45%)、3倍ボーナス(23%)、2倍ボーナス(16%)、1倍ボーナス(16%)と約70%が3倍ボーナス以上。十分な満足感を得られる出玉設計となっている。

 同社はこのような“遊びやすさ”と出玉の“瞬発力”を兼ね備えたスペックを「ノーマルBタイプ」と称している。

 当日、機種説明を行った同社・営業本部特機部の藤岡係長は「初代の『元祖ハネスロ』はボーナス比率が1:1:1で組まれていたこともあり、1倍ボーナスに偏ってしまうこともあった。今回の『元祖ハネスロ再び』は約70%を3倍ボーナス以上に設計することで、初代以上に“遊びやすさ”を感じられる仕上がりになっている」と同機をアピールした。

 また、今作はインバウンド施策として英語・中国語・韓国語に翻訳した同機の小冊子を用意。「本機は外国の方でもわかりやすいシンプルなゲーム性になっている。小冊子を活用して外国の方にも楽しんで頂きたい」(藤岡係長)と今後増加が予想される訪日外国人に向けた、新たな取り組みを紹介した。

 なお、同機は6月下旬以降の納品を予定している。

提供:WEB Green Belt

「マチ アソビvol.16」にオーイズミと山佐が参加

2016/05/11

記事カテゴリ:企業
タグ: オーイズミ ヤマサ 1000ちゃん

1000ちゃん
オーイズミ宣伝担当公式キャラクター「1000ちゃん」。
関東以外でのイベントは今回が初となった。

 オーイズミと山佐は、5月3日~5日の3日間、徳島市で開催された大規模アニメイベント「マチ アソビvol.16」に参加。ゴールデンウィーク中、多くの人が訪れたアニメの祭典を盛り上げた。

 山佐は3日間、新キャラクタープロジェクト「ウィッチマスター」のブースを出展。来場者に限定缶バッチや限定ステッカー等を配布するなどして、公式HPを創設したばかりの新コンテンツをアピールした。
 
 一方、オーイズミは同社の宣伝担当キャラクター「1000ちゃん」のNEWシングルを販売。5月4日には徳島駅近くの西公園ステージで人気声優・渕上舞さんをゲストに招いたNEWシングル発売記念イベントを開催した。

 「1000ちゃん」はツイッター等で様々な情報を発信しているほか、オーイズミHP上でアニメストーリーを展開、さらにはCDを発売しライブを開催するなど、現在人気沸騰中。渕上舞さんはアニメストーリーの中で「1000ちゃん」のライバルとなる「ミリオ」役を務め、歌手としてCDにも参加している。

 シングル発売記念イベントでは、トークショーや渕上舞さんのライブステージで会場を盛り上げると、イベント終盤にはキングレコード株式会社からのメジャーデビュー決定と音楽ライブイベント「1000☆PARTY!!2016」の開催を併せて発表し、全国から集まったファンを熱狂させた。

渕上舞
会場となった西公園ステージは集まったファンで埋め尽くされた。
写真は楽曲を披露する渕上舞さん。

 

オーイズミはNEWシングル販売
オーイズミはNEWシングル販売イベント後にCDの販売を行った。

 

新キャラクタープロジェクト「ウィッチマスター」
山佐ブースでは新キャラクタープロジェクト「ウィッチマスター」のグッズ等を配布。
新プロジェクトをアピールした。

 

提供:WEB Green Belt

TRY&TRUSTが応援隊就任の儀

2016/05/11

記事カテゴリ:企業

プリンセス・サムライ・オブ・ジャパン
記念撮影に応じる「プリンセス~」のメンバー。

 愛知県を拠点に東海及び東京で店舗展開するTRY&TRUSTホールディングスは5月5日、三重県の《マリオンガーデン1300桑名》にプリンセス・サムライ・オブ・ジャパンの面々を迎え、マリオン応援隊 就任の儀を開催した。

 応援隊は従来のイメージキャラクターとスタンスが異なり、同社だけでなく日本全国を盛り上げていくことを目的とする。

 プリンセス・サムライ・オブ・ジャパンの前身は2011年に愛知県緊急雇用事業により結成された「あいち戦国姫隊」。愛知県にゆかりのある武将の妻や娘が現世の女性にその身を宿したというコンセプトのもとで、イベント会場などで盛り上げ役として活躍した。

 2015年3月に愛知県の公式な活動期間が満期終了となったが、周囲から活動再開への期待が高く、今回プリンセス・サムライ・オブ・ジャパンとして復活した。

提供:WEB Green Belt

幕張のフリマに全長6mのジャンボパチンコ登場

2016/05/11

記事カテゴリ:企業

ピーアーク
今年で22回目となる同イベントには3日間で、
のべ20万人を超える来場者が集まった。

 ピーアークが特別協賛する「ピーアークpresents幕張メッセ“どきどき”フリーマーケット2016」(主催/幕張メッセ“どきどき”フリーマーケット実行委員会)が5月4日~6日の3日間、千葉・幕張メッセ国際展示場で開催された。

 6万平方メートルの広大な会場には日替わりで1日平均1600店が出店するフリーマーケットを中心として、ご当地グルメが集まる「幕張うまいもん祭り」、豪華アーティストのライブ&トークが楽しめる「bay fm ステージイベント」、長さ150mの大綱を200人対200人が引き合う「平成28年熊本地震復興支援チャリティ大綱引き」など様々な企画が実施された。

 なかでも注目されたのは「ピーくんのWow!!PARK(ワオ!パーク)」と題されたピーアークのブース。毎年展示しているジャンボパチンコは過去最大の全長6mにパワーアップして登場。発射されたボールが盤面を駆け巡る様子に子供たちは歓声を上げた。また楽しみながらエコキャップがワクチンに変わるプロセスを学べるアトラクションや、コミュニティスペースで繋がった地域住民の協力で運営されるピーくんグッズが作れるワークショップ、ピーくんTシャツの販売等の各コーナーが設置された。ワークショップやTシャツの売上は熊本地震の義援金として寄附される。

 同社の広報担当者は、「世の中を楽しく、自分達も楽しく、お客様も楽しくという考えで、世の中の人ともっと触れ合い、ノンユーザーの方と接点を持とうという趣旨で毎年出展しています」とコメントした。

提供:WEB Green Belt

イーグルpresentsプロバスケ、最終戦に最多観客

2016/05/11

記事カテゴリ:企業

正栄プロジェクト
始球式を行う美山社長。

 正栄プロジェクト(札幌市中央区、美山正広代表取締役)がオフィシャルスポンサーを務めるプロバスケットボールチーム・レバンガ北海道のホーム最終戦(VS三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ)が5月2日、札幌市の総合体育センター「北海きたえーる」で開催された。

 当日は「ホーム最終戦6000人超満員プロジェクト」として開催され、最終戦史上最多の5661人が来場。試合は同社美山代表による始球式から始まり、熱戦の末、60×71で敗れ、ホーム最終戦を勝利で飾ることができなかったが、プレーオフに向けて可能性を感じさせる試合となった。プレーオフはナショナルバスケットボールリーグ(NBL)の上位8チームで行われ、6位のレバンガは3位の東芝ブレイブサンダースと対戦する。

 また、会場では、ヴァイオリン奏者で歌手の水谷美月さんによる国家独唱、親子シュートチャレンジ、北海道のフリースタイルバスケットボーラーwhitea(ホワイティ)のパフォーマンス、レバンガ北海道の選手がサインボールを観客席に投げ入れるイベントなどが行われた。

 その他、同社が支援している臓器移植医療の啓蒙活動の一環として、北海道移植医療推進協議会と協力し、臓器医療推進のポスターを場内に掲載する支援活動も行われた。

提供:WEB Green Belt

 

ニコニコ超会議に業界3社と日遊協がブース出展

2016/05/09

記事カテゴリ:企業
タグ: ニコニコ超会議

ニコニコ超会議2016 ちょいパチ
日遊協ブースでは「ちょいパチ」が一般ユーザーに初お披露目され、
パチンコ経験者・未経験者問わず大きな関心を集めた。

 4月29、30日に幕張メッセで「ニコニコ超会議2016」が開催され、業界から遊技機メーカーの三洋物産、平和、ネット、そして団体として日本遊技関連事業協会(日遊協)がそれぞれ趣向を凝らしたブースを出展した。

 三洋物産ブースでは多数のパチンコ・パチスロライターや芸能人をゲストとして招き、同社最新パチンコ機種『CRアニマルパラダイス』を使用した実機バトルや、ジャイアント白田さんをはじめとする大食いタレントに挑む「ご当地大食いバトル」などが催され、来場者を楽しませた。また、昨年に引き続き「アイマリンプロジェクト」のライブステージが行われ、多くのファンを熱狂させた。

 平和ブースでは、同社オリジナルコンテンツで根強い人気を誇る「戦国乙女」一色のブースを展開。乙女たちのコスプレショーや、声優を招いてのトークショー、アテレコ大喜利対決など普段見ることができない特別なプログラムで多くの来場者で賑わった。さらに、スマートフォン向けゲームアプリ「戦国乙女~天下無敵の乙女バトル~」、今年8月に発売予定のPS Vita用ゲームソフト「戦国乙女~LEGEND BATTLE~」の発表が行われると、来場者から一際大きな歓声が上がった。

 ネットブースでは、同社パチスロ機種『ニューチバリヨ』を使用した実機バトル、カラオケのど自慢大会など来場者参加型のイベントを中心に展開し、終日大きな賑わいを見せた。また、同社説明発表会でアニメ「凪のあすから」とタイアップしたAタイプパチスロ機を製作していると発表した。

 一方、日遊協ブースでは6月を皮切りに市場投入予定の大当たり確率1/40以下の「ちょいパチ」を中心としたパチンコ・パチスロ機種試打コーナーを展開。11メーカー11機種のちょいパチが一般ユーザーに初お披露目され、スタッフに遊技方法やちょいパチについてレクチャーを受けながらパチンコを体験した。ブースには2日間で延べ8,566人が来場し大きな関心を集めた。

 パチンコ経験者の男性は「今までMAXタイプしか打ってこなかったが、ちょいパチのようにたくさんの大当たりを体感できるのはいいと思う」と楽しさを見出し、パチンコ未経験の女性2人組は「パチンコは敬遠してきたが、ちょいパチなら友達と一緒に楽しく打てそう。初心者にも優しいパチンコだと思う」と好感触を示していた。

 ニコニコ超会議2016は2日間で会場総来場者数15万2,561人、ネット総来場者数554万4,446人を記録し、大盛況で幕を下ろした。

 

アイマリンプロジェクト
三洋物産ブースでは、昨年に引き続き「アイマリンプロジェクト」のライブが行われ、
来場者一体となって大きな盛り上がりを見せた。

 

戦国乙女コスプレショー
平和ブースでは戦国乙女たちのコスプレショーが催され、
来場者はカメラ片手に声援を送りながら写真に収めていた。

 

ニコニコ超会議2016
ネットブースでは来場者参加型のイベントを開催し、
ファンと一体となって会場を大いに盛り上げた。

提供:WEB Green Belt

TOP