依存問題で行政の動き、業界の課題を整理

2017/02/24

記事カテゴリ:団体

会場が超満員となるなど大きな反響があった公開経営勉強会。
会場が超満員となるなど大きな反響があった公開経営勉強会。

 パチンコ・チェーンストア協会は2月20日、都内で臨時社員総会及び公開経営勉強会を開催した。

 公開経営勉強会ではIR推進法の成立を機にギャンブル等依存症に対する議論が高まったことを受け、パチンコ・パチスロ依存問題が大きなテーマとなり、第1部では認定
NPOリカバリーサポート・ネットワーク・西村直之代表理事を講師に招き、「IR整備推進法とパチンコ・パチスロ依存問題」と題した講演を受講。

 西村氏は講演で、IR整備推進法成立時の付帯決議により、ギャンブル等依存症対策基本法の国会提出が近くあることや、厚生労働省にアルコール依存や薬物依存も含めた、依存症対策推進本部が設置されたこと等、行政の動きを説明。こうした動きを「単なるリスク対策とは次元の違うもので、特殊な状況が起こっている」などと解説した。

 また、これに対するパチンコ・パチスロ依存問題への業界側の対処としては、「必要なのはユーザーに降りかかる問題を解決し、社会の不安、健康上の障害に対策すること。対行政ではなく、対社会、対ユーザーの取り組みが必要」等と指摘した。

 続く第2部ではエンタテインメントビジネス総合研究所の藤田宏社長がコーディネイターを務め、シンポジストに西村氏をはじめ、国際カジノ研究所・木曽崇所長、セントラルカンパニー・力武一郎社長、JCMシステムズ・吉村泰彦社長の4氏を招いて、「カジノ到来時代にパチンコ・パチスロ依存問題に遊技業界は何をすべきか?」をテーマにシンポジウムを行った。

 なお、今回の公開経営勉強会は日遊協、同友会、余暇進の3団体が後援した。

 

提供:WEB Green Belt

JT担当者講師にタバコ規制の現状を聞く

2017/02/24

記事カテゴリ:団体

 余暇環境整備推進協議会は2月14日、都内で理事会及び部会を開いた。

 当日の部会では会員企業による製品、サービスのプレゼンテーションが行われたほか、日本たばこ産業(JT)渉外企画室の畠山信幸氏を講師に招き、昨今の受動喫煙防止をめぐるタバコ規制の状況について話を聞いた。

 畠山氏は各業界団体の動きを動向を報告した他、遊技業界については受動喫煙防止に加え風営法を遵守する必要から、他業種と比べ留意する点が多いこと。また、離席時の置引き防止への対応なども必要になるだろうと話した。

 一方で現状で取るべき対応については、「いまはまだ法律もできておらず、具体的に行動しなければならないガイドラインも見えていない」などと述べ、実際の規制がどのような形になるのか注視していかなければならないと伝えた。

 

提供:WEB Green Belt

インターンシップで学生がアイデア提案

2017/02/24

記事カテゴリ:企業

愛知・岐阜両県で店舗展開する善都は、2月15日から21日のうち、土日を除く述べ5日間を掛け、企画型のインターンシップ「PREZENTATION」を開催した。こうした取り組みは今年で3回目となる。

 インターンシップでは参加した23名の学生が5チームに分かれ、「遊びの未来を考えよう!」のテーマに沿った新規顧客創造のアイデアを企画。最終日には審査発表会を実施し、優勝チームには「@FM(エフエム愛知)への番組出場権」が贈られた。

 また、同社の都筑善雄代表取締役社長はインターンシップを振り返り、「固定概念にとらわれない皆さんの発表から多くの気づき、刺激をいただいた。インターンシップでの出逢いを大切に、ここで得た喜びや絆を糧として、今後の就職活動、社会人生活に役立ててほしい」などと学生に向け話した。

 

提供:WEB Green Belt

全般的業況、稼働状況ともに悪化~DI調査

2017/02/23

記事カテゴリ:企業

 エンタテインメントビジネス総合研究所は、第67回パチンコ景気動向指数(DI)調査報告書を発表した。

 パチンコ景気動向指数値(DI値)は調査企業に対して「良い」「さほど良くない」「悪い」などの選択肢で答えられる景気局面に関する質問を行い、「良い」の回答構成比から「悪い」の回答構成比を差し引いて算出。四半期毎に調査を実施し、今回は59地域、42企業から回答を得た。

 収益や売上、粗利などから判断される全般的業況は前回から33.0ポイント悪化しマイナス55.2ポイント。前回まで3期連続で回復していたものの一転して大幅な悪化となった。全般的業況を規模別で見ると小規模事業者(1~3店舗)、中規模事業者(4~10店舗)、大規模事業者(11店舗以上)の全事業者で悪化した。

 稼働状況はパチンコがマイナス44.1ポイント(前回比12.2悪化)、パチスロがマイナス37.3ポイント(同23.4悪化)。遊技料金別に見ると、4円パチンコはマイナス49.2ポイント(同11.7悪化)、20円パチスロはマイナス41.4ポイント(同26.1悪化)、低貸玉パチンコはマイナス22.8ポイント(同27.0悪化)、低貸メダルはマイナス21.8ポイント(同26.1悪化)で全遊技料金で悪化した。

 また、今回のトレンドウォッチではパチンコの撤去・回収が進みパチンコ新基準機の導入も進んだということで、パチンコ新基準機や今後の営業について質問している。

 まずパチンコ新基準ミドルタイプの稼働についての感想は、「やや悪い」が最も高く52.8%、次いで「やや良い」が36.1%、「悪い」が11.1%という結果に。

 そのほか、今後の営業や業界の現状、先行きについて意見を求めたところ、「主力新基準機の導入により、稼動が昨年を上回る店も出てきたが、売上の減少は今も続いている。さらに、新台の価格は上がっているので、経営はより厳しいものになった」(東北・大規模事業者)、「現状は厳しいがあきらめたらすべてが終わるし、何も残らない。サミーの無料パチンコなどのイベントに集まるファンは多く、潜在的なファンは多いと思う。昔みたいには戻れないだろうが、『3,000円で短時間の軽い勝負ができる』と期待を持たせる遊技機が出てこないと苦しい。ゲーム性は向上しているのに惜しい」(近畿・大規模事業者)などといったコメントが寄せられた。

 

提供:WEB Green Belt

『シスタークエスト』から新パネル「ステラver.」

2017/02/23

『シスタークエスト~時の魔術師と悠久の姉妹~』の新パネル「ステラver.」
『シスタークエスト~時の魔術師と悠久の姉妹~』の新パネル「ステラver.」

ハイライツ・エンタテインメントは、1月初旬より導入を開始したパチスロ『シスタークエスト~時の魔術師と悠久の姉妹~』の新パネル「ステラver.」の発売を発表した。

 ステラは主人公のシフォンの双子の姉で、シスクエファンから最も高い支持を得る人気キャラクター。CVは人気声優の寿美菜子さんが務めている。

 シスクエファン、ステラファンには堪らない新パネルは3月中旬より導入開始予定だ。

機種特設サイト

シスタークエストシリーズの中でも特に人気キャラクターのステラ。
シスタークエストシリーズの中でも特に人気キャラクターのステラ。

 

提供:WEB Green Belt

日遊協、受動喫煙防止対策について自民党に意見

2017/02/22

記事カテゴリ:団体

 日遊協は、2月15日に開かれた自民党厚生労働部会の「受動喫煙防止対策について団体ヒアリング」に出席し、昨年厚労省が示した受動喫煙防止対策強化のたたき台について意見を述べた。

 日遊協の報告によると、ヒアリングには堀内文隆専務理事と茂木欣人風営法プロジェクトチームリーダーが出席し、遊技者の43%が喫煙者で他産業に比べて喫煙率が高いこと、分煙ホールや完全禁煙ホール、分煙ボードの設置など、状況に合わせた取組例や、空気清浄装置、室内換気装置など空調関係の設備投資等を紹介した。

 厚労省のたたき台については、「受動喫煙対策強化に一層取り組むことは非常に重要であると考えている」とした上で、「当協会としては現状の神奈川県、兵庫県の条例のように、引き続き施設管理者や業界団体の自主的努力によって、遊技者の理解を得つつ、段階的に受動喫煙を防止するための環境整備を図っていくことで、十分に受動喫煙防止対策は進むと考える」と述べた。

 意見・要望としては、
(1)パチンコホールは構造設備の制限や基準が、一般的な建築基準法や消防法に加えて、風営法で厳格に規制されていること、遊技者の喫煙率が高いこと、他施設を選択することが容易な上、健康影響を防ぐ必要性が高い18歳未満の立入りが禁止されるなど、サービス業施設という大枠で一括りに扱われる業種ではない
(2)構造設備に関して既存法令で厳格に規制されており、喫煙所の基準・内容によっては設置のため相当な期間休業が想定されるなど大きな負担が強いられるため、具体的な措置・内容の検討については風営法業種特有の事情への配慮をお願いする
(3)遊技者の喫煙率が高く「原則建物内禁煙(喫煙室設置可)」とされた場合、来店客の激減が考えられるため、フロア分煙など多様な施策を認めていただき、遊技者、事業者の理解を得ながら段階的に環境整備を図れるよう十分な準備期間を確保することをお願いする
 などを挙げた。

 当日の団体ヒアリングには、日遊協のほか、日本医師会、四病院団体協議会、全国社会福祉協議会、日本フードサービス協会、全国生活衛生同業組合中央会、全国たばこ販売協同組合連合会、全国たばこ耕作組合中央会の計8団体と、厚労省関係者などが出席した。

 

提供:WEB Green Belt

推進機構、性能調査結果の行政通報を開始

2017/02/22

記事カテゴリ:団体

 遊技産業健全化推進機構は、2月27日以降の遊技機性能調査において、異常が確認された場合は行政通報すると発表した。2月21日に行われた機構の臨時理事会で決議した。

 機構による遊技機性能調査は平成27年6月から実施され、半年間の周知徹底期間をもって、異常を確認した場合は行政通報をおこなう予定だったが、検定機と性能が異なる可能性のあるパチンコ機の発覚などがあり、回収対象機の撤去に向けた対応に伴い、当分の間、調査結果の行政通報を延期していた。

 今回、警察庁からの要請とともに、回収対象機が市場から撤去されたことなどを勘案し、行政通報の留保を解除することとした。

 機構では、遊技機性能調査を行ったパチンコ機の一般入賞口への入賞状況が、検定を受けた型式の遊技性能と「かけ離れていた場合」を異常な遊技性能と判断し、行政通報する方針。

 

提供:WEB Green Belt

ぱちんこの技術上の解釈基準が一部変更

2017/02/21

記事カテゴリ:行政

ぱちんこ遊技機の技術上の規格の解釈基準が2月1日付けで一部改正された。

 改正されたのは役物連続作動装置の作動に係るM【作動確率(大当たり確率)】、N【作動回数(大当たりラウンド)】、R【最大入賞球(カウント)】、S【払い出される遊技球数(賞球数)】の関係を表すM×N×R×S=<12のうち、Nの算出方法に係る部分。

 従来の解釈基準ではNが複数存在する場合、それぞれの作動回数と選択割合の加重平均からNの値を求めていた(算出不可能な場合は継続する可能性のある最大値)。

 一方改正された基準では、大入賞口(アタッカー)の開放時間が1.8秒以上の遊技機で(役物連続作動装置の作動なしに、1.8秒以上の大入賞口開放を行うことは出来ない)、複数の特別図柄表示装置を持つ遊技機に関して、特図1、特図2のそれぞれについて上記の方法でNの値を求め、その最大値をNとする。

 近年、特図1、特図2で大当たりラウンド振り分けが異なるぱちんこ遊技機が多くなったことを踏まえての改正だと思われる。また、この改正による遊技機の性能への影響はないと考えられる。

 

提供:WEB Green Belt

右打ちオール2400個大当たりの最強確変ループ

2017/02/21

記事カテゴリ:新台
タグ: ニューギン コブラ

メイプル超合金のフォトセッションの模様。左が安藤なつさん、右がカズレーザーさん。
メイプル超合金のフォトセッションの模様。左が安藤なつさん、右がカズレーザーさん。

 ニューギンは2月16日、恵比寿ガーデンプレイスでパチンコ新機種『CRコブラ-追憶のシンフォニア-』プレス発表会を開催した。

 冒頭挨拶した同社CRコブラプロジェクトの金海晃和エグゼクティブプロデューサーは「この度発表させていただく『CRコブラ-追憶のシンフォニア-』は、ニューギングループの機種開発の中核を担うマーケティング部と連携し市場環境・動向、ファンの嗜好・関心を踏まえ、スペック、ゲーム性にこだわって開発した。パチンコファン、コブラファンに納得してもらえる出来に仕上がったと自負している」と同機種への自信を覗かせ、「コブラは宇宙一の賞金首、最強の男として長年ファンに愛されているが、ニューギングループもファンに愛される最強のメーカーになれるように努力していく」と述べた。

 同機はコブラシリーズ第4弾にして、出玉性能に特化したスペックが特長の確変ループタイプ。大当たり確率1/319.68(高確率時1/115.17)、確変突入率は50%で非確変時は80回転の時短が付与される。同機最大の魅力は「電サポ中の大当たり全て2400個(払出値)大当たり」となる点。確変大当たり時は2400個+次回まで、通常大当たりでも2400個+時短80回転となり、満足度の高いスペックを実現した。

 確変「COBRA THE RUSH」は回転数に応じて演出内容が変化する。1~79回転は4図柄リーチ以外で確変大当たりのチャンスを秘めている「COBRA THE RENDEZVOUS(コブラ・ザ・ランデブー)」、80回転以降はコブラの宿敵・クリスタルボーイとの激闘を繰り広げる「COBRA THE BATTLE(コブラ・ザ・バトル)」へ変化し、コブラの世界観を忠実に再現した演出が楽しめる。

 その他、開発段階でのコブラファンとのグループインタビューを取り入れ、要望の多かった原作ストーリー「ラグ・ボール篇」、「6人の勇士篇」をリーチで搭載。さらに実機内のコブラのボイスには故 野沢那智さんのボイスを使用するなど往年のファンも唸らせる仕上がりとなっている。

 またプレス発表会第2部ではゲストとしてメイプル超合金(安藤なつさん、カズレーザーさん)を招きトークセッションを行った。リアルコブラとの呼び声高いカズレーザーさんは、実機を見て「カッコイイ!リビングに1台欲しい」と感想を述べ笑いを誘った。安藤さんは「コブラを知らない方でも、パチンコ初心者の方でも絶対楽しめる。カッコイイしワクワクする台なので是非遊んで」とメッセージを贈った。

同機は4月2日の納品開始を予定している。

CRコブラプロジェクトの金海晃和エグゼクティブプロデューサーも、コブラの衣装に身を包み同機への想いを語った。『CRコブラ-追憶のシンフォニア-』

 

 

提供:WEB Green Belt

7セグとサイコロがシンプルで熱いリーチを実現

2017/02/21

記事カテゴリ:新台
タグ: Sammy タイヨーエレック

『CR ビッグorスモール』
『CR ビッグorスモール』

 

 タイヨーエレックは2月16日、都内でパチンコ新機種『CR ビッグorスモール』の内覧会を開催した。

 同機は3つのサイコロの出目が大きいか小さいかを当てる「大小」というマカオカジノで人気のゲームがモチーフ。

 7セグと3つのサイコロが搭載された非液晶機となっており、シンプルながらも熱いリーチ演出の数々がプレイヤーを魅了する。

 通常時は「112」「334」「556」といった右図柄の+1コマズレ目がチャンスの兆し。連続するほど高信頼度の「大小リーチ」発展に期待が持てる。「大小リーチ」は3つのサイコロの合計が大きいか小さいかを予想するシンプルなリーチで、合計が11~17なら「大」、4~10なら「小」を予想し、見事予想が的中すれば大当たりとなる。

 同機は大当たり確率約1/256.0(高確率時約1/99.9)で確変割合は65%。大当たりラウンド数は16R(払出値1600個)、6R(同600個)、3R(同300個)の3種類で、右打ち中は確変なら16R、通常なら3R。通常の場合は時短100回が付与される。一方、ヘソの場合は6Rがメインで通常と確変の一部が電サポなしとなる。

 なお納品は3月中旬予定。

 

提供:WEB Green Belt

TOP