賞品交換時の年齢確認用に「指差しシート」作成

2017/05/24

記事カテゴリ:団体

全日遊連が作成した年齢確認用の「指差しシート」のデザイン案。
全日遊連が作成した年齢確認用の「指差しシート」のデザイン案。

全日遊連は、18歳未満の年齢確認の強化策として、賞品交換時に年齢を確認する「指差しシート」を作成した。日本語版と英語版の2種類のデザインを用意し、賞品カウンターで必要に応じて使用することを想定している。

 「指差しシート」のデータは今後、全日遊連の組合員向けホームページからダウンロードできるようにする予定。

 全日遊連では、政府がまとめたギャンブル等依存症対策の論点整理の中で、パチンコの関連項目として「18歳未満の者の営業所への立入禁止措置の徹底」が指摘されたことなどを受け、従来の店舗出入口での18歳未満立入禁止の掲示とあわせて、賞品交換時にも年齢確認を行うよう呼びかける。

 また、コンビニエンスストア等でのタバコや酒類の販売時のように、POS端末を活用した年齢の確認方法も検討している。

 

提供:WEB Green Belt

高射幸性パチスロ機、3月末で約48万台設置

2017/05/24

記事カテゴリ:団体

日電協によると、新基準に該当しないパチスロ機の設置台数は、3月31日時点で63万472台となった。同時点のパチスロの総設置台数は168万8,520台で、新基準に該当しないパチスロ機の設置比率は37.34%で推移している。

 新基準に該当しないパチスロ機のうち、高射幸性に区分されるパチスロ機の設置台数は、同時点で48万3,709台。新基準に該当しないパチスロ機に占める設置比率は76.72%、パチスロ全台に占める設置比率は28.65%となっている。

 また、高射幸性に区分されるパチスロ機のうち、3月31日時点で検定が切れている機種の設置台数は、27万6958台となっている。

 全日遊連では、新基準に該当しないパチスロ機の設置比率を今年12月1日までに30%以下とする数値目標を掲げている。

 

提供:WEB Green Belt

民進党が依存症対策で独自法案(原案)まとめる

2017/05/23

記事カテゴリ:行政

 未成年者の入場制限や消費金額を制限するシステム整備などを盛り込んだギャンブル依存症対策の独自法案(原案)を民進党がまとめた。5月23日、NHK NEWS WEBが伝えた。

 ギャンブル依存症対策では日本維新の会が国や地方自治体に専門的な治療が受けられる医療機関の整備等を求める法案を参議院に提出している。また自公両党からも広告規制や入場管理などの対策の実施責任を国と地方に求め、公営ギャンブルやパチンコ事業者に実施責務を明記した「ギャンブル等依存症対策基本法案」骨子案が出ている。

 民進党が今回まとめた独自法案(原案)は、競馬場などへの未成年者の入場排除や、馬券購入やパチンコ消費を一定期間制限するシステムの整備等を国と地方に求める内容。報道によると民進党はこの原案をもとに今月(5月)中にも法案をまとめたい方針を示しているという。

 各党から出ている依存症対策については今後調整が行われる模様。

 

提供:WEB Green Belt

「しすくえパラダイス」を発表〜ハイライツE

2017/05/23

私服パネル
私服パネル

ハイライツ・エンタテインメント(本社/東京都千代田区、長谷川哲也社長)は5月23日、パチスロ新機種『しすくえパラダイス』(型式名:しすくえ/HC)の発売を発表した。

 人気コンテンツ「シスタークエスト」シリーズ最新作。今回はA+RTタイプでの登場となった。遊びやすいボーナス確率(1/98.7〜1/76.9)に加え、シリーズ定番の「起きスロチャンレジ」を搭載。ボーナス終了後には20GのRT「火纏い山ステージ」に突入する。

 また合計1時間を超える全25話のハイクオリティアニメも完全収録。さらに新規描き下ろしとなる3パネルでの同時展開となる。

 

提供:WEB Green Belt

P-ken.jpを必殺仕事人がジャック

2017/05/23

記事カテゴリ:企業

 (株)SANNが運営するパチンコ・パチスロ情報サイト「P-ken.jp」は、5月22日から全国ホールに順次導入されている『ぱちんこ 必殺仕事人V』とコラボレーションを実施している。コラボレーション期間は5月22日から6月11日。

 期間中はP-ken.jpを必殺仕事人が完全ジャック。サイト内は必殺仕事人1色となり、いつもとは違ったピーケンを楽しむことができる。その他にも、『ぱちんこ 必殺仕事人V』の特集記事内でP-ken.jp独自の実践データやピックアップデータなどを毎日更新している。

 

提供:WEB Green Belt

高射幸性パチスロ機の取扱い、実行性がポイント

2017/05/23

記事カテゴリ:団体

全日遊連の阿部恭久理事長は5月19日の全国理事会後の記者会見で、警察庁から指導された新基準に該当しないパチスロ機や高射幸性パチスロ機の取扱いの見直しに関連し、5月18日に日電協と協議を行ったことを明らかにした。その上で、「どういう風に今後進めていくか、日電協さんに下駄を預けている状況。6月2日と15日に会議を行い、方向性を出したい」などと述べた。

 日電協からの条件次第では設置比率の目標値の見直しも有りうるのかとの質問には、「決めることは簡単だが、守られなければ意味がない。そこがポイント。(組合員ホールの)皆さんに守ってもらえて、依存問題に効果があるようにしなければならない。できないことを決めても仕方がない」と述べ、見直しの際には実行性を重視していく意向を示した。

 平川容志副理事長は、「日電協さんがどういう対応をされるかの答えをもらって6団体としてどう対応できるか協議するに尽きると思う。いまの段階で、方向性や結論は出ていない」としたほか、「(平成27年に)6団体協議で決議した後に、高射幸性遊技機に該当する遊技機を十数万台発売されている。メーカーの責任としてどう対応されるのか、その辺のご意見も我々は伺いたい」などと述べた。

 

提供:WEB Green Belt

『CRジェットアローII号』、2タイプ同時発表

2017/05/23

記事カテゴリ:企業
タグ: ジェットアロー 新台 JB

『CRジェットアローII号β』
『CRジェットアローII号β』

 SANKYOはこのたび、ジェイビー社製パチンコ新機種『CRジェットアローII号β』と『CRジェットアローII号γ』の2タイプを同時に発表した。

 ゲーム性は羽根物タイプ。まず、盤面中央の上部にある「パトクルーン」を狙い、クルーン入賞を目指す。そして、入賞させた玉を今度は盤面中央の「ヘソ役物」に入賞させる。見事「ヘソ役物」に玉が入賞するとヘソの下にある「Vアタッカー」が開放。「Vアタッカー」開放中に玉を打ち込み、盤面下部にある「6つ穴の回転体」を目指す。その後、回転体を突破しV入賞すれば大当りとなる。大当り中、電サポ中は右打ちで消化。電サポ中は盤面右部の電チューに玉を入賞させると「Vアタッカー」が開く。 

 スペックは、『CRジェットアローII号β』が、2回1セットの安心タイプ。初回大当り時に電サポが100回転獲得でき、次の大当りで通常に戻る。大当りラウンド数は、初回V入賞込みの16R(実質15R)。出玉は2,025個(払出値)。賞球は3&10&15。

 もう1つのタイプ「CRジェットアローII号γ』は、すべての大当り後に4回転の電サポを獲得できる4回チャンスタイプ。4回転以内に当て続ける限り電サポ状態が続くため、大量出玉も期待できる。大当りラウンド数は、初回V入賞込みの16R(実質15R)。出玉は1,755個(払出値)。賞球は3&10&13&15。
 
 2タイプとも納品日は7月17日からを予定している。

 

提供:WEB Green Belt

マルハン、創業60周年新ステージに向けて

2017/05/23

記事カテゴリ:企業

マルハンは5月22日、創業60周年を迎えた。

 同社は1957年、韓昌祐代表取締役会長による、名曲喫茶《LUCE(るーちぇ)》の開業を始まりとして、パチンコ事業を中心に多岐にわたる事業を展開し成長を続けてきた。

 60周年という節目にあたり、創業者の韓会長は「人口わずか1万5,000人の町に、1店20台のパチンコ店と、たった6席の名曲喫茶《るーちぇ》をオープンしたのが昨日のことのようです。あっという間に60年が過ぎました。この間、苦しかったこと、楽しかったこと、たくさんの出来事がありましたが、こうして60周年を迎える事ができたのも皆様のおかげと、心より御礼申し上げます。100周年に向け、『信用・努力・奉仕』という社訓とともにこれからもチャレンジ精神を持ち続け頑張ってまいりたいと思います。」と所感を発表。

 また、韓裕代表取締役社長は「創業60周年という大きな節目を迎えられたことをうれしく思うとともに、マルハンの歴史に関わるすべての方々に感謝の意を表します。今日のマルハンを支える社訓は、先達が経験した多くの苦難から生まれたものであり、そのDNAを私たちは『業界を変える』という新たな挑戦の中で継承しております。めまぐるしく変化する昨今、『挑戦』するという熱い想いが大切だと考えます。感謝の気持ちを忘れず顧客視点を大切にし、『業界を変える』という挑戦の中でたゆまぬ努力を重ねてまいりたいと思います。」と決意を表明した。

 

提供:WEB Green Belt

人気法廷ゲームとパチスロが融合

2017/05/23

記事カテゴリ:新台
タグ: 逆転裁判 新台 Enterrise

『パチスロ 逆転裁判』
『パチスロ 逆転裁判』

フィールズは、エンターライズ製パチスロ新機種『パチスロ 逆転裁判』を発表した。

 同機は人気ゲームとのタイアップ機。証拠を集めて法廷を目指し法廷で無罪を勝ち取るといった、ゲームの要素がパチスロに融合されたゲーム性となっている。

 通常時は周期とナゾポイントでチャンスゾーンを抽選。1周期40Gを消化後に1G限定の「サイコ・ロック」に突入、解除成功でチャンスゾーン「法廷JUDGE」に突入する。チャンスゾーン「法廷JUDGE」は20G固定で、全役でARTの抽選をしており主人公の勝利でARTが確定する。他にも周期ごとのナゾポイントを小役で減算して0ポイントにすることでART突入濃厚のチャンスゾーン「超法廷JUDGE」に突入する。

 ART「法廷BATTLE」は1セット平均40G継続、純増約2.0枚/Gのゲーム数変動型ART。対戦相手の検事とのバトルで相手のポイントを0にすればARTが継続する。バトル中はベルやレア役で相手にダメージを与えることができ、リプレイを引くことでダメージを受けてしまう。同機の特化ゾーンは、継続するごとにダメージが上乗せされる「異議あり!コンボ」や一定G数相手からダメージを受けなくなる「千尋召喚ZONE」などバトルを有利に進めることができる。

 なお納品は5月21日を予定している。

 

提供:WEB Green Belt

仕事人Ⅴ iPhone版アプリ配信開始!

2017/05/22

記事カテゴリ:企業

京楽産業.(榎本善紀社長)は5月22日、パチンコ新機種『ぱちんこ必殺仕事人Ⅴ』のiPhone版アプリを同日より配信を開始したと発表した。

 5月22日は新機種の全国開店日。筐体上部の圧倒的インパクトを放つ「出陣ギミック」を搭載するなど話題の新機種のスマホアプリが早くも登場した。

 実践前のゲーム性およびスペック確認に最適なアプリ。ショップから追加機能を行うことで、「高速オート」は「確率変更」など、実践では再現できない状況も楽しめる。

 月額Android版の配信は6月19日の予定。

 

提供:WEB Green Belt

TOP