ツインエンジェルの正統後継機が堂々登場

2017/04/24

記事カテゴリ:新台
タグ: Sammy ツインエンジェル 新台 アニスロ

『ツインエンジェルBREAK』
『ツインエンジェルBREAK』

 サミーは4月11日、東京支店でパチスロ新機種『ツインエンジェルBREAK』の内覧会を開催した。

 同機はツインエンジェルシリーズ10周年を記念し、2017年春にテレビアニメ化され現在放送中の「ツインエンジェルBREAK」がモチーフ。

 ゲーム性は、遊びやすいボーナス合算確率(1/179.1~1/144.0)に、シリーズ伝統のリール制御による多彩なリーチ目の数々はもちろん、ボーナス後の押し順当てによるART当選など、ツインエンジェルシリーズの遺伝子を完全継承し、さらなる進化を遂げている。

 主なART突入契機となるビッグボーナス獲得枚数は203枚で、7種類の告知方法から選択できる。もちろんビッグ中の白7揃いはART「エンジェルタイム」確定となるほか、オールベル、フリーズなども健在で魅力満載となっている。

 「エンジェルタイム」は純増約0.8枚/Gで1セット33Gのボーナス完走型ART。自力バトルタイプのバトルモード、前兆・告知タイプのノーマルモードから選択でき、消化中の小役で自力セットストックを目指すタイプとなっている。

 萌えスロ史上最多の60曲を収録し、豊富なやり込み要素でツインエンジェルBREAKファン、怪盗天使ツインエンジェルファン双方納得のツインエンジェルシリーズ最高傑作は6月上旬より納品開始予定。

 

提供:WEB Green Belt

目に見えない抽選で予測不能な謎連が生まれる

2017/04/21

記事カテゴリ:新台
タグ: KPE 悪魔城ドラキュラ 新台

『悪魔城ドラキュラ Lords of Shadow』
『悪魔城ドラキュラ Lords of Shadow』

 コナミアミューズメントはKPE製パチスロ新機種『悪魔城ドラキュラLords of Shadow』を発表した。

同機は、前作から5年を経て登場した同社の人気コンテンツ「悪魔城ドラキュラ」シリーズの最新作。「オーバーストックシステム」と呼ばれる裏で行われる数々の抽選による予測不能な謎連が大きな特長だ。

 通常時は、レア役でARTやチャンスゾーン、ボーナスを抽選、ARTへは前兆ステージを経由してのバトルとART期待度約50%のチャンスゾーン「タイタン決戦」の2種類から突入の可能性があり、両方とも敵を倒せばARTが確定する。

ボーナスは同色ビッグ、異色ビッグ、レギュラーの3種類あり、ビッグ比率が65%となっている。同色ビッグは獲得枚数約256枚、異色ビッグは獲得枚数約200枚、レギュラーは獲得枚数50枚で消化中はレア役確率が大幅UP、通常時ならレア役でバトルの突入抽選、ART中なら高確のゲーム数獲得抽選をするなど引き損なしのボーナスとなっている。

ART「Lords of Shadow」は純増1.5枚/Gの継続率管理型ART。消化中に発生するバー揃い演出でバーが揃うとストックバトルに発展、演出成功でストックや上乗せ特化ゾーン「ヴァンパイアロード決戦」に突入する。他にも、裏で目に見えないストックやバー高確率状態に突入しているなど予測不能な謎連で継続していく仕様となっている。G数消化後は継続バトルの勝敗で継続するかを決定する。

 なお納品は7月を予定している。

 

提供:WEB Green Belt

高稼動実績を誇るアニスロから2機種が登場

2017/04/20

記事カテゴリ:新台
タグ: DAXEL そらのおとしもの 新台 アニスロ

アニスロ最新作の『パチスロそらのおとしものフォルテ』は6月、『パチスロ結城友奈は勇者である』は7月に納品開始予定。
アニスロ最新作の『パチスロそらのおとしものフォルテ』は6月、『パチスロ結城友奈は勇者である』は7月に納品開始予定。

 DAXELは4月18日、都内・秋葉原のUDXシアターでパチスロ新機種『パチスロそらのおとしものフォルテ』と『パチスロ結城友奈は勇者である』のプレス発表会を開催した。

 発表会の冒頭、主催者を代表して挨拶に立った栢森秀行代表取締役会長は「ファンを拡大するという思いから、アニメとパチスロを融合したダクセルオリジナルの『アニスロ』というジャンルを築き上げてきた。コンテンツファンもパチスロファンも楽しめるアニスロ独自のこだわりは市場で一定の評価を受け、常に平均稼動を上回る結果を残してきた」とアニスロの実績を強調すると、「今回発表する2タイトルともこれまでのアニスロ同様に高稼動を実現する様々な工夫を施しているのはもちろんのこと、それぞれに特徴を持たせることで全く違った面白さを体感できるものに仕上がった」と最新作に自信を覗かせた。

『パチスロそらのおとしものフォルテ』は原作コミックが400万部を突破し、テレビアニメを2期放送、劇場版は2作を公開した大ヒットアニメ「そらのおとしものフォルテ」がモチーフ。純増約2.0枚/G、1セット最大50G+αのART「エンジェロイドボーナス」を搭載し、「エンジェロイドボーナス」の1G連で出玉を増やすゲーム性だ。

 最大の特長は1/8192で発生するプレミアムフリーズで、出玉性能はもちろんのこと演出にもとことん拘り、アニメファンも見たことがない新作映像を多数搭載。特に通常時に引いた場合に見ることができるウエディングストーリー演出は、4人のヒロインの中から選択した好みのキャラクターと結婚する新規書き下ろしの映像、ストーリーとなっておりコンテンツファンなら誰しもが思った「結婚するなら誰にしよう」といった妄想を具現化した夢の演出となっている。

 一方『パチスロ結城友奈は勇者である』は今年の3月、4月、7月に劇場版が公開され、さらに10月からはテレビアニメ2期の放送を予定している現在進行形の人気アニメがモチーフ。

 業界最大級の124Gbit大容量映像ROMと高性能画像処理基板を搭載したことにより綺麗かつ迫力ある映像を実現しているほか、コンテンツの世界観を忠実に再現した演出を至るところに散りばめることでコンテンツファンが何度もプレイしたくなるマシンに仕上げている。

 スペックは純増2.0枚/Gの差枚数管理型ART「勇者RUSH」を搭載したART特化型。ART中は敵とのバトルに勝利するか満開ゲージを5ポイント貯めて上乗せ特化ゾーンの「満開」に突入させる。そのほかART中は新要素として「フリーズストックシステム」を搭載。フリーズに当選した場合、それを一旦ストックしてART終了後に放出することで最後まで何が起こるかわからない期待感を持たせるARTを創出している。

 なお、納品は『パチスロそらのおとしものフォルテ』が6月、『パチスロ結城友奈は勇者である』が7月を予定している。

 

提供:WEB Green Belt

“デカダン”が全てのゲーム性のカギ

2017/04/19

記事カテゴリ:新台
タグ: NET 賞金首 新台

『賞金首2』
『賞金首2』

ネットはこのほどパチスロ新機種『賞金首2』を発表した。

 2003年に初代が登場して以来14年振りに『賞金首』が登場。当時のリールで特長的だった「デカダン」図柄を搭載し、ボーナス抽選、チャンスゾーン抽選、ART中の上乗せ抽選、特化ゾーン抽選など全てのゲーム性のカギを握る重要な小役となっている。

 スペックはA+ARTタイプ。ART「BOUNTY RUSH」は純増1.6枚/Gで1セット50G。通常時からARTへのメインの突入契機は2種類のチャンスゾーン(ART当選期待度は33%or66%)となっている。消化中の小役によってART抽選が行われる仕組みとなっている。チャンスゾーンへは通常時のレア小役からの当選の他、特定ゲーム数による周期でも抽選される。

 ART「BOUNTY RUSH」は賞金を稼ぐ主人公とリンクし、目標賞金金額の獲得を目指すゲーム性。基本的に押し順ベル入賞で賞金を獲得でき、目標額に到達した場合は報酬ゲットとなり、ゲーム数上乗せor上乗せ特化ゾーン獲得となる。獲得できる報酬はゴールド袋の色で示唆され、赤ゴールド袋だと上乗せ特化ゾーン濃厚となる。

 賞金獲得システムには押し順ベルでの獲得の他、レア小役でアイテムを獲得し売却することでの賞金獲得、2種類の高額賞金獲得特化ゾーンでの獲得などあらゆる契機で獲得することができる。多額の賞金を獲得した場合、目標額に到達していればまとめて報酬を獲得できるため、特化ゾーン中は上乗せの大チャンスとなっている。

 またゲーム数上乗せ特化ゾーンも、パチンコのST感覚で上乗せが約90%で継続する「DYNAMITE DESTROY」、毎ゲーム役に応じて上乗せしMAX93%ループの「BULLET RUSH」の2種類を搭載するなど、出玉トリガーを多数搭載している点も魅力だ。

 ボーナスはART確定+賞金大量獲得に期待が持てる「BULLET BONUS(204枚)」、消化中にデカダン図柄停止で弾丸を獲得し、最終ゲームで筐体のリボルバー役物でART,CZの当選をジャッジする「BIG BONUS(204枚)」、押し順正解で賞金を獲得し、10,000ゴールドでART確定となる「REG BONUS(48枚)」の3種類となる。

 納品は5月21日より開始予定。

 

提供:WEB Green Belt

人気を博した初代「忍魂」を完全踏襲

2017/04/17

記事カテゴリ:新台
タグ: Daito 忍魂 新台

『忍魂~暁ノ章~』
『忍魂~暁ノ章~』

 大都技研は4月13日、都内でパチスロ新機種『忍魂~暁ノ章~』のプレス試打会を開催した。

 同社の人気シリーズ3作目は、初代「忍魂」の演出やゲーム性を踏襲したマシン。BB(獲得枚数203枚)とRB(同56枚)の2種類のボーナスと純増1.1枚/GのART「月光ノ刻」を搭載したA+ARTで登場する。

「月光ノ刻」は1セット50G+αでゲーム数上乗せをメインにARTを継続させるゲーム性。「月光ノ刻」中はレア役でゲーム数の上乗せ抽選を行い、チャンス目ならゲーム数の上乗せが確定、さらに上乗せ高確状態の「赤月」状態に移行すると全てのレア役でゲーム数を上乗せする。また「赤月」状態中のボーナスは上乗せ性能が高い暁BBまたは暁RBとなり、暁BBは平均180Gのゲーム数上乗せに期待でき、一方の暁RBは「月光ノ刻」のセット数上乗せの大チャンスとなる。ART突入時の獲得期待枚数は750枚以上で、一度「月光ノ刻」に突入すればまとまった出玉獲得を見込める。

 そのほかBB中の技術介入や「忍ノ破片」システムなど新要素を多数搭載。遊技に深みを持たせている。

 なお、納品は5月7日開始。

 

提供:WEB Green Belt

納得の出玉感「GALAXY RUSH」搭載

2017/04/17

記事カテゴリ:新台
タグ: HEIWA 銀河鉄道999 新台

メーテルに扮したコンパニオンが会場に華を添えた。
メーテルに扮したコンパニオンが会場に華を添えた。

 平和は4月11日、東京支店でパチンコ新機種『CR銀河鉄道999』発表会を開催した。

 同機は誰もが知る国民的コンテンツ「銀河鉄道999」とのタイアップ機。「ST、ダイヤ改正」と銘打たれている通り、ST「GALAXY RUSH」が同機最大の魅力となっている。

 まずはST突入率。大当たり確率1/319.6(高確率時約1/65.9)のミドルスペックながらST突入率は80%(ST100回)を誇り、単発のガッカリ感を軽減。また「GALAXY RUSH」中の大当たりの約70%が16Rで2016個(払出値)の出玉を獲得することができる。RUSH中の20%が通常大当たりとなるため、ST継続率は約62%。通常大当たり後は時短100回転が付与され、トータルのST引き戻し確率は約78%となる。

 演出面では銀河鉄道999の「999」にちなんだ演出や、大迫力のロゴギミック、珠玉のストーリーリーチなどを惜しみなく搭載。ストーリーリーチで大当たりした場合はシームレスでストーリーの続きを鑑賞しながら大当たりを消化できるなど、ファンには嬉しい配慮もなされている。

 納品は6月4日より納品開始。

 

提供:WEB Green Belt

期待度が直感的に分かりやすい演出を搭載

2017/04/17

『CRシルバーダイヤモンド』
『CRシルバーダイヤモンド』

三洋物産はパチンコ新機種『CRシルバーダイヤモンド』を発表した。

 同機は王道な海賊物語をモチーフにパチンコのためだけに作られた、同社完全オリジナルコンテンツ。大きな特長はメーターが上昇するほど期待度も上昇する「GINGINメーター」や、獲得した数値がそのまま大当たり期待度に直結する「ガチガチタイム」など、大当りへの期待感が直感的に分かりやすい仕様となっている点だ。

 スペックはライトミドル、甘デジの2種類。ライトミドルは大当たり確率約1/239.1(高確率時約1/115.9)のSTタイプ。ST突入率は100%(ST120回)だが、初当たりのほとんどが電サポ50回転の「チャレンジタイム」となり、電サポ中に大当たりをひくことができれば電サポ120回のST「シルバーダイヤモンドダッシュ」へ突入する。電サポで大当たりを引けなかった場合は70回転の潜伏STとなり、ヘソ消化で大当たりを目指す。電チューでの大当たりの75%が16Rで2400個(払出値)となる出玉感も魅力だ。残りの25%は4Rで600個(払出値)。

 一方、甘デジは大当たり確率約1/89.8(高確率時約1/89.7)。ゲーム性はライトミドル同様で、電サポ回数がチャレンジタイムが40回転、シルバーダイヤモンドダッシュが90回転となっている。大当たりは16Rと3Rで獲得出玉はそれぞれ1408個、270個(いずれも払出値)。

 納品は6月4日より順次開始予定だ。

 

提供:WEB Green Belt

天国か地獄か、手に汗握る50%確変ループ

2017/04/14

『CRダーカーザンブラック -黒の契約者-』
『CRダーカーザンブラック -黒の契約者-』

ユニバーサルエンターテインメントはメーシー製パチンコ新機種『CRダーカーザンブラック -黒の契約者-』を発表した。

 大当たり確率は初当たりを体感しやすい1/159.8(高確率時1/59.9)で確変突入率は50%。確変大当たりの大半が電サポ50回となり、電サポ中の大当たりの50%で次回大当たりまで確変となる。

 同機の醍醐味は確変モード「HEAVEN'S GATEモード」。敵とのバトル演出を繰り広げるモードとなっており、バトル勝利で出玉約2000個+確変継続、バトル敗北で出玉約500個+時短となる。振り分けは1:1、すなわち1/2で単純明快なゲーム性ながら手に汗握るモードとなっている。

 納品は4月23日より開始予定だ。

 

提供:WEB Green Belt

麻雀の展開がART継続の鍵をにぎる

2017/04/14

記事カテゴリ:新台
タグ: MACY アカギ 新台 新システム

『SLOTアカギ〜闇に降り立った天才〜』
『SLOTアカギ〜闇に降り立った天才〜』

ユニバーサルエンターテイメントはメーシー製パチスロ新機種『SLOTアカギ〜闇に降り立った天才〜』を発表した。

 通常時は原作のストーリーを用いた「起」、「承」、「転」、「決」の4パートで構成されている。ストーリーの進行はマップで管理されており、「起」から「決」までストーリーを進行させて行き、最終的に「決」でアカギが勝利すればART確定となる。

 ボーナスは、ビッグボーナスとプレミアムボーナス「狂気の刻」の2種類あり、ビッグボーナスは獲得枚数204枚、ボーナス中の闘BAR揃いでポイントを獲得して、5ポイントたまるとART確定となる。プレミアムボーナスは突入した時点でARTが確定、消化中は闘BARが揃うたびにARTセット数をストックする。ベルが4回揃うまで継続する上乗せ特化型ボーナスとなっている。

 鷲巣麻雀(ART)は、1セット平均35G、純増1.64枚/Gの継続率管理型ART。ループ率は50〜80%となっており、アカギVS鷲巣の麻雀バトルでアカギが勝利すればARTが継続。アカギ勝利時はアガリ役によってポイントが「試験管役物」にたまり、5ポイントたまるとセットストック高モードの「エピソードストーリー(30ゲーム)」に突入する。

 なお納品は4月23日の予定。

 

提供:WEB Green Belt

多彩な上乗せ演出が魅力の超感覚特化ゾーン搭載

2017/04/13

記事カテゴリ:新台
タグ: HEIWA 黒神 The Animation 新台 上乗せ特化

パチスロ 黒神 The Animation
パチスロ 黒神 The Animation

平和はこのほどパチスロ新機種『パチスロ 黒神 The Animation』を発表した。

 同機は純増1.8枚/GのARTを搭載したART特化型。設定1の初当り確率を1/175.3に設計し、当たりを体感しやすい機械に仕上げている。

 初当りの大半はチャンスゾーンARTの「ブラックゴッド・バトル」。同ART中は敵とバトルを展開し、初戦のチャレンジバトルを突破するとメインARTの「黒神遊戯」の突入が確定。初戦突破後は敵に敗北するまでバトルを行い、バトルが継続する度に「黒神遊戯」のゲーム数を上乗せする。初戦突破率は約30%で、2戦目以降のバトル継続率は75%以上。

 同機最大の特長は黒神図柄揃いなどから突入するゲーム数上乗せ特化ゾーンの「ブラックゴッド・インパクト」。同特化ゾーンはBAR図柄揃いで50G以上を上乗せする1セット7G+αのST式特化ゾーンで、BAR図柄揃いでの上乗せのほかに、フリーズして秒数上乗せが発生する「イクシード」や上乗せゲーム数の数字が“ゾロ目”や“語呂合わせ”で止まるとさらに上乗せが発生する「シンクロ」といった多彩な上乗せ演出を搭載している。

 なお同機は5月21日納品開始。

 

提供:WEB Green Belt

TOP