コンテンツ一覧

  • パチスロ 結城友奈は勇者である

    パチスロ 結城友奈は勇者である

    ダクセル

    導入日:

    3.1

    今年10月から始まるTVアニメ2期に先駆けて『パチスロ結城友奈は勇者である』がホールデビュー。1G純増約2枚の差枚管理型ART「勇者ラッシュ」で出玉を増加させるマシンだ。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • パチスロ悪魔城ドラキュラLords of Shadow

    パチスロ悪魔城ドラキュラLords of Shadow

    KPE

    導入日:

    4.1

    KPEの最新台『パチスロ悪魔城ドラキュラLordsofShadow』は、ゲームタイアップのボーナス+ART機。詳細は不明ながらキーワードは「オモテとウラ」。我々がアッと驚くような、突然ゲーム性が変化するギミックがあるのかも!?
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • ロイヤルマハロ-30

    ロイヤルマハロ-30

    北電子

    導入日:

    ロイヤルモード選択時は中央のロイヤルランプでボーナス告知
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • パチスロベン・トー ~半額弁当争奪戦~

    パチスロベン・トー ~半額弁当争奪戦~

    バルテック

    導入日:

    バルテックから登場する『パチスロベン・トー~半額弁当争奪戦~』は、ボーナス+1G純増1.3枚のART「ベン・トーラッシュ」で出玉を増やすマシン。ゲーム数大量上乗せのトリガーも数多く搭載されている。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • スーパーミラクルジャグラー

    スーパーミラクルジャグラー

    北電子

    導入日:

    4.6

    『スーパーミラクルジャグラー』はリール逆回転告知などで話題を呼んだミラクルジャグラーの後継機だ。なお、リプレイ絵柄は牛となっている。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • パチスロツインエンジェルBREAK

    パチスロツインエンジェルBREAK

    サミー

    導入日:

    2.9

    サミーの『パチスロツインエンジェルBREAK』は、この4月7日からテレビ放送が開始されたアニメとの連動マシン。遊べるスペックを進化させつつ、「BREAK」と「快盗天使」を選べるゲーム性となっており、かなりの奥深さを予感させる。なお、今作は通常時からもARTに突入する。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • パチスロ テイルズ オブ シンフォニア

    パチスロ テイルズ オブ シンフォニア

    北電子

    導入日:

    1

    『パチスロテイルズオブシンフォニア』は、同名ゲームとタイアップした
    ART機で、リプレイが4連しない限り終わらないCZが魅力。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • パチスロ そらのおとしものフォルテ

    パチスロ そらのおとしものフォルテ

    ダクセル

    導入日:

    『パチスロそらのおとしものフォルテ』は、通常時・ボーナス中ともに訪れる「1/8192の奇跡(ロングフリーズ)に特化。引き当てたら1G連を大量ストックできる!?
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • パチスロLAST EXILE-銀翼のファム-

    パチスロLAST EXILE-銀翼のファム-

    オーイズミ

    導入日:

    5

    ボーナス・AT・ARTの3つを融合したトリプルA-SPECという画期的機能が目を惹く、『パチスロLASTEXILE-銀翼のファム-』。EXILERUSH中はATとARTを行き来することで上乗せが加速する。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • 賞金首2

    賞金首2

    ネット

    導入日:

    ネットからデビューする『賞金首2』は、4号機で人気を博したデカダンがアツいゲーム性を進化継承している。ボーナスとART「BOUNTYRUSH」で出玉増加を図るマシンとなっており、ART中は稼いだ賞金が一定金額に達すると報酬(ゲーム数上乗せ)をゲットできる。複数の特化ゾーンも絡めてARTロングランを狙おう。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • パチスロ逆転裁判

    パチスロ逆転裁判

    エンターライズ

    導入日:

    エンターライズから登場する『パチスロ逆転裁判』は、同名ゲームとパチスロを融合させたマシンで、ART「法廷バトル」で出玉を増やす。ゲーム数変動型となっており、小役のヒキとタイミングによって、裁判の行方を左右する斬新なバトルARTとなっているようだ。展開が悪くても「逆転裁判」という名ゆえ、最後まで諦めずレバーを叩きたい。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • パチスロ マクロスフロンティア3

    パチスロ マクロスフロンティア3

    SANKYO

    導入日:

    3.2

    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • パチスロ グラップラー刃牙

    パチスロ グラップラー刃牙

    七匠

    導入日:

    3.7

    七匠から『パチスログラップラー刃牙』がデビューするという新情報をいち早くキャッチ。払い出しを見る限り、ART機であることは間違いないが、45枚超の払い出しで終了する力みゾーンの役割など、詳しいゲーム性は続報に期待して欲しい。範馬親子が繰り広げるアツいバトルに胸を躍らせながら待とう。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • パチスロサクラ大戦~熱き血潮に~

    パチスロサクラ大戦~熱き血潮に~

    サミー

    導入日:

    2.4

    好感度と戦闘力が密接にリンクするゲーム進行でファンに愛されたドラマティックアドベンチャーゲームの傑作が、サミーとのコラボにより新基準ART機として復活する。
    本機は4種類の好感度メーターがあり(チャンス役の種類に対応)、チャンス役成立で必ずメーターアップ&ステージ対応役ならさらにアップしやすい。いずれかの好感度がMAXになるとC...
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • 忍魂~暁ノ章~

    忍魂~暁ノ章~

    大都技研

    導入日:

    3.5

    回胴界の先駆者ともいえる大都技研が、またしても新たな道を切り開いてくれた。フル攻略で機械割100%オーバーはボーナス主体タイプの専売特許であったが、人気シリーズの最新作『忍魂~暁ノ章~』は、ARTマシンながらこれを実現。前作までのゲーム性を継承しながらも攻略要素を組み込んだ、優秀スペックマシンに進化しているのである。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • 鬼浜爆走紅蓮隊 愛

    鬼浜爆走紅蓮隊 愛

    ベルコ

    導入日:

    3.4

    まさに仏恥義理。この春、一番の注目機種ともいえる『鬼浜爆走紅蓮隊愛』が、ついにその姿を現した。
    メインの出玉要素となるART「狂乱麗舞」にはCZやボーナスを経由して当選。このARTは差枚数管理となっており、当然上乗せも発生するのだが、ポイントはこの上乗せの方法で、初期ゲーム数や上乗せ当選時に発生する「鬼カードチャレンジ」では、3...
  • パチスロ キン肉マン 夢の超人タッグ編

    パチスロ キン肉マン 夢の超人タッグ編

    山佐

    導入日:

    3.6

    5号機黎明期の回胴界をリードした初代の登場から早9年、優良DNAを色濃く継承した最新台が我々の元に届いた。その名も『パチスロキン肉マン~夢の超人タッグ編~』。原作でも絶大な人気を誇るシリーズとの究極タッグにファンならずとも胸が躍るところだが、ゲーム性もまた然り。純増約2.0枚のART「マッスルタイム」の継続を占う超人タッグバトル...
  • パチスロ獣王 王者の覚醒

    パチスロ獣王 王者の覚醒

    サミー

    導入日:

    2.4

    待望のシリーズ最新作は、パワーアップを遂げた「新・獣玉システム」によってサバチャンの強化を図ったマシン、その名も『パチスロ獣王王者の覚醒』である。
    気になるART・サバチャンの仕様は、初期ゲーム数が最低50Gで純増は1Gあたり約1・4枚。継続や上乗せの鍵を握る「獣玉」は前作同様の獲得しやすさをキープしつつ、上乗せ特化ゾーン突入期...
  • パチスロおそ松くん

    パチスロおそ松くん

    ディ・ライト

    導入日:

    4.5

    設定6の機械割は驚きの119%超という高スペックマシンとしてデビューするD-lightの『パチスロおそ松くん』。最大89%ループを誇るおそ松チャンスやゲーム数上乗せ特化ゾーン(倍倍)シェーRUSHによって、ARTロング継続を狙える仕様だ。
  • 押忍!番長3

    押忍!番長3

    大都技研

    導入日:

    4

    新たなる「伝説」を紡ぐべく、あの漢が帰ってきた。大都が放つ渾身の最新作は『押忍!番長3』。その名が示通り、伝説級のヒットを生み出してきたシリーズの最新作である。
    これまでの番長ではボーナスの当否に関してゲーム数テーブルが採用されていたわけだが、本作ではその点を一新。なんと、通常時のメイン小役である「ベル」があらゆる場面で鍵を握る...
  • ドキドキマンゴー ‐25

    ドキドキマンゴー ‐25

    パイオニア

    導入日:

    ハイビスカスが光ればボーナス確定となる完全告知マシン『ドキドキマンゴー』。マンゴー揃い(チャンスリプレイ)がボーナス成立のメイン小役で、ボーナス全体の約75%がマンゴーとの重複成立となっている。マンゴーには強弱があり、斜め揃いの強マンゴーの方が上段揃いより期待度が高い。中段でマンゴーが揃えばボーナス確定だ。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • ドキドキマンゴー / SP−30

    ドキドキマンゴー / SP−30

    パイオニア

    導入日:

    ハイビスカスが光ればボーナス確定となる完全告知マシン『ドキドキマンゴー』。マンゴー揃い(チャンスリプレイ)がボーナス成立のメイン小役で、ボーナス全体の約75%がマンゴーとの重複成立となっている。マンゴーには強弱があり、斜め揃いの強マンゴーの方が上段揃いより期待度が高い。中段でマンゴーが揃えばボーナス確定だ。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • パチスロ恵比寿マスカッツ

    パチスロ恵比寿マスカッツ

    エキサイト

    導入日:

    3

    EXCITEの「パチスロ恵比寿マスカッツ」は、1G純増約2枚のART「マスカッツRUSH」のロングランで大量出玉獲得を目指すマシン。ART突入契機は多彩に用意されているが、メインはバナナナビ回数型のボーナス「マスカッツチャンス」となっている。ART中の特化ゾーンPV-ZONEまで辿り着けば一撃でドル箱の山を築けるだろう。
  • 防空少女ラブキューレ

    防空少女ラブキューレ

    KPE

    導入日:

    4.4

    ボーナスとARTの連続性を重視したKPE発『防空少女ラブキューレ』。ART・絶対空域中はチャンス役でセットストック、ボーナス成立でゲーム数上乗せのチャンスが訪れる。さらにART中にBAR絵柄が揃えば、次回ボーナスまで継続する無限ARTに突入だ!
  • パチスロ 攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG

    パチスロ 攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG

    サミー

    導入日:

    2.6

    ロングヒットした初代の登場よりはや4年余り。サミーの技術の粋を集めたあの電脳マシンが、大幅なシステムチェンジを施し今再び現実空間へとその姿を現そうとしている。
  • CR シティーハンター~XYZ心の叫び~

    CR シティーハンター~XYZ心の叫び~

    平和

    導入日:

    3.1

    無類の女好きだが頼れる腕のスイーパー・冴羽がまたもやパチンコに帰ってきた。初当り確率帯はミドル・確変65%の現行機上限ギリギリのスペックの模様。
  • アナザーゴッドポセイドン ‐海皇の参戦‐

    アナザーゴッドポセイドン ‐海皇の参戦‐

    エレコ

    導入日:

    3.5

    ゼウス・ハーデスに次ぐ第3の神の名は『アナザーゴッドポセイドン‐海皇の参戦‐』。神を超えられるのは、神だけなのである。
  • アイムジャグラーEX Anniversary Edition

    アイムジャグラーEX Anniversary Edition

    北電子

    導入日:

    4

    愛されて20年。シリーズ27作目となる『アイムジャグラーEXAnniversaryEdition』は、その名の通りジャグラー20周年を記念した特製品。告知音や演出も今まで以上に豊富で、筐体左上には「隠れジャグラー」ランプまでついている。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • パチスロ 輪るピングドラム

    パチスロ 輪るピングドラム

    北電子

    導入日:

    3.4

    A+ARTの注目マシン『パチスロ輪るピングドラム』は、ART・生存戦略突入時にまずデスティニータイムへと突入。同ゾーンは7G連続でリプレイが揃うまで続き、液晶のロケットが最上段に達すると継続の鍵を握るリンゴを獲得。レバーに力がこもる、運命の7Gだ。
  • ドリスタせかんど

    ドリスタせかんど

    ネット

    導入日:

    2.9

    下パネルのハンドルが目を引くNETの『ドリスタせかんど』は、擬似ボーナスの連打でコインを増やす。通常時は、ステージによってボーナス抽選契機が異なるオムニバス方式を採用しており、元となったマシンの抽選システムを再現。さらに、ボーナス中にガチャガチャンスが発生すれば、カードのレア度でボーナスの連チャン期待度が示唆される。
TOP
?>