全力!新台レポート

毎週月曜日更新/若手ライターたちが毎週、最新台を全力実戦!

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

「忍魂~暁ノ章~」②/実戦データ

2017/05/22

記事カテゴリ:山田銀河
タグ: Daito 忍魂 忍魂暁ノ章 

【実戦データ】

ゲーム数 ボーナス 当選契機 投資
148~ スタート    
433 青REG チェリーB 10K
25 青REG チャンス目  
133 青BIG チェリーB  
334 ピンクBIG スイカ 8K
(15) 月光ノ刻(ART) BIG中の抽選  
25 ART開始    
75 ART終了    
292 ピンクREG チェリーA 3K
78 ピンクREG チェリーB 1K
309 青BIG チェリーB 7K
168 青REG チェリーB 1K
311 ヤメ   7K

 

 

【実戦結果】

投資 38000円
獲得 0枚
換金  
収支 ‐38000円

 

 

【まとめ】

現状分かっている設定看破要素は、

●チェリーAからの上乗せ+20Gで設定4以上

●チェリーBからの上乗せ+150Gで設定4以上

●チェリーA確率(設定1:1/30.12~設定6:1/26.87)

●チャンス目からのART当選率

 【低確】        【高確】

設定1:7.03%     設定1:25%

設定2:10.16%       設定2:28.91%

設定3:8.59%       設定3:31.25%

設定4:12.5%        設定4:35.16%

設定5:10.16%    設定5:37.5%

設定6:15.63%       設定6:40.23%

 

後はチャンス目を見逃さないように確忍ボタンはしっかり押すようにしましょう!

 

関連機種

「忍魂~暁ノ章~」①/実戦記

2017/05/22

記事カテゴリ:山田銀河
タグ: Daito 忍魂 忍魂暁ノ章 

どーも、山田銀河です。

 

最近youtubeでゲーム実況観るのにハマってます。面白すぎて時間があっと言う間に過ぎていきますね!ゲーム機器も進歩し、PS4などでは自分がやっているゲームを保存して動画アップできるみたいですね。需要があれば僕もやってみようかなと思っていたりいなかったり…

 

今回レポ―トする機種はこちら、

 

 

『忍魂~暁ノ章~』です。

 

大都さん待っていました!との声が全国のスロッターから聞こえそうですね。

しかも、完全に初代をリメイクしているので懐かしさも感じながら、パワーアップした忍魂を堪能できるのです。

 

【打ち方やゲーム性などはぱちガブッ!さんの機種ページへどうぞ】

http://p-gabu.jp/guideworks/machinecontents/detail/4567

 

そして今回気になるのがこのボタン

 

 

「確忍ボタン」と呼ばれているそうなんですが、前作の『忍魂弐~烈火ノ章~』はチャンス目を引いた際、リールがフラッシュしたので気付けたと思うんですが、今回の忍魂は初代と同じでフラッシュなど一切しません。

それならチャンス目を見落とすのでは?と思う方もいると思いますが大丈夫。怪しい出目などが出た時にこのボタンを押すとチャンス目ならリールフラッシュが発生します。なので、リールが滑ったのにハズレ目が成立した時など、この確忍ボタンを押してチャンス目かどうかの判断ができます。自信がない方は毎ゲーム押すのもありですよ(笑)。

 

 

そして見て下さい。この通常時! 

まんま初代ではないですか…初代が登場したのが約8年前。時の流れを感じますね。

 

 

 

通常時でのART当選はチャンス目からの突入のみ!(他にはボーナスor天井)

なので、チャンス目を引いた瞬間からドキドキする時間が始まります。

 

 

潜入ステージに移行し、最終的に疾風がDr.マッドを倒すことができればART。

Dr.マッド登場までにザコ敵を倒せば倒すほどART突入期待度が上がり、期待できる法則性などもあるみたいです!

今回はザコ敵3人撃破で、

 

 

Dr.マッド登場! 昔に比べて少し若返ったかな?

2or3ゲームの攻防が繰り広げられるんですが最後にDr.マッドが倒れていれば…

 

 

今回は残念。最初のチャンス目を活かすことはできませんでした。

その後すぐにチェリーB(強チェリー的な役割)を引き、

 

 

初ボーナスに当選! 

惜しくもREGでしたがREG中もフリーズ発生でART確定みたいです。確率はどれくらいなんでしょうかね?簡単には引けないと思いますが…

ボーナス終了画面には忍魂といえばアレ!

 

 

よしぱすも健在! 

初代を考えると金「7777」や銀「6666」は設定6示唆になると思いますので出現したらできる限り粘りましょう。

その後、やっとの思いで一番紹介したかったBIGに当選!

 

 

BIG中も初代と一緒!最初は疾風一人ですが仲間が増えれば増える程ART期待度が高まり、ガママが落ちてくればART確定です。

そして、今回の暁ノ章では技術介入が搭載されています!

 

 

予告音が発生すると枠が光るんですが、その時に逆押しで右リールに「白BAR・黒BAR・リプレイ」をビタ押し!

 

 

成功すると左リールのチェリーの2択(白or黒)をナビしてくれます。

上の写メの停止形になれば左リールに黒BARを狙い

 

 

チェリーをフォロー! 中段に止まった色(白or黒)を左に止めればいいので簡単です。止めた時にどちらを狙うのか図柄がフラッシュして教えてくれるので慌てないように。

これをすることでART抽選をしてくれたり、ART中のBIG中なら上乗せをしてくれたりします。これをきちんと成功させ、ボーナス入賞を2G以内ですることによって設定1の機械割が100%を越える甘めの仕様に変化するみたいです。

ちなみに、目押しに自信がない方でも左から押せば70%で成功にしてくれるみたいなので自信のない方は順押しで消化しましょう!

 

 

今回は楓ちゃんまで増えましたがARTはナシ。

BIGの出玉はノマれ、追加投資をしているとスイカから連続演出に発展。

しかも演出が熱め…まさかね?

 

 

んっっっっ!?

これは所謂スイピン(スイカ重複でピンクBIG)ってやつではないですか!初代からずっと共通して熱いスイピン。今回はどれくらい期待できるのでしょうか…。‐3000枚の台に座ってこれが出ましたけど(笑)

このBIG中は完璧な技術介入+幻龍斎までキャラが増え期待しているとベットから

 

 

潜入開始! 

おっと…スイカからのART当選はないのでこれでARTに入ればBIG中の抽選に当選したことになる。ここは期待したい!

ザコ敵は2人しか倒せませんでしたが、最初の潜入とは明らかにざわつき方が違う…これはもしかして、もしかして

 

 

「月光ノ刻!」

これを聞いた瞬間、全てが報われたそんな気がしてしまいます。この為に忍魂を、否、この為にパチスロを打っていると言っても過言ではないでしょう。うん、最高!

初代同様、余計な上乗せ特化ゾーンなど一切存在しません!その代わり、1つの役、1回の上乗せゲーム数などに期待できます。特にスイカは激熱・・・暁状態(月が赤くなっている状態=レア役は100%上乗せ)などで引くと悶絶です。

 

 

ピンクピンク! 

この響き・・・今に比べると驚くお金がない時代に初代忍を打ってた思い出が…。

はい、ベルは色押しタイプとなっているので左リールに出ている色の図柄を狙うようにしましょう!

 

 

ARTに突入する時は突入リプレイを入賞させないといけないので画面に指示された順番&色を正確狙いましょう。

 

 

ノコノコノコとスーパーマリオの音みたいなのが聞こえザコ兵士が登場すればレア役のチャンス!更にメカバレルなら激熱!メカロゴなら…

今回はチェリーAで残念ながら上乗せはナシ。

 

 

その後も何も引けないまま駆け抜けました…。

通常時なども楽しかったんですが、一番楽しい時間というのはあっという間に過ぎ去っていきました。

 

その後もボーナスを絡めたりするも再びARTに入る気配はなく無念のギブアップです。

通常時を約2000G消化してART初当たり0回(1回はBIG中の抽選から)は嘘だと言ってくれ、夢なら覚めてくれ…。

これでは納得いかないので近いうちにリベンジします。

関連機種

「パチスロサクラ大戦~熱き血潮に~」②/実戦データ

2017/05/15

記事カテゴリ:黒崎アキラ
タグ: サクラ大戦 Sammy ART機 

【実戦データ】

 

ゲーム数 ART・CZ・上乗せ 契機 投資・備考
0 スタート    
(210) シアター演出 緑MAX 成功
(213) CZ:仮想迎撃   失敗
(300) シアター演出 青MAX 失敗
(414) シアター演出 赤MAX 失敗
(465) シアター演出 紫MAX 失敗
(647) シアター演出 青MAX 成功
(651) CZ:轟雷号   成功
(673) ART準備    
683 ART開始   17K
46 ART終了   95枚獲得
(16) シアター演出 赤MAX  
(48) シアター演出 緑MAX  
(353) シアター演出 赤MAX  
(406) シアター演出 青MAX  
(674) シアター演出    
(679) CZ:レビュウ    
(704) ART準備    
717 ART開始   12K
43 ART終了    
(56) シアター演出    
(78) シアター演出    
(82) CZ:仮想迎撃    
(93) ART準備    
104 ART開始    
(61) +30G   敵将バトル勝利
(63) +30G 帝撃チャンス 赤7揃い×3
(145) +20G   敵将バトル継続
(152) +30G   敵将バトル継続
(207) +30G   敵将バトル勝利
(222) +30G   敵将バトル継続
(280) +20G   敵将バトル継続
(306) +30G   敵将バトル勝利
(336) +30G   敵将バトル継続
379 ART終了   718枚獲得
(47) シアター演出 赤MAX 失敗
(38) シアター演出 青MAX 失敗
(456) シアター演出 紫MAX 成功
(460) CZ:仮想迎撃   失敗
(572) シアター演出 緑MAX 失敗
(662) シアター演出 緑MAX 成功
(666) CZ:仮想迎撃   失敗
(716) シアター演出 赤MAX 成功
(721) CZ:轟雷号   成功
(734) ART準備    
743 ART開始   2,000円
(46) +30G   敵将バトル勝利
(73) +30G   敵将バトル勝利
119 ART終了   280枚獲得
(25) シアター演出 緑MAX 成功
(29) CZ:轟雷号   失敗
(95) シアター演出 緑MAX 成功
(98) CZ:仮想迎撃   成功
(100) ART準備    
109 ART開始    
(47) +30G   敵将バトル勝利
(93) +30G   敵将バトル継続
132 ART終了   316枚獲得
(53) シアター演出 青MAX 成功
(58) CZ:轟雷号   成功
(79) ART準備    
98 ART開始    
(38) +40G   敵将バトル勝利
(101) +20G   敵将バトル継続
(131) +20G   敵将バトル継続
(156) +40G   敵将バトル勝利
214 ART終了   397枚獲得(液晶表示は累計で713枚)
16 ヤメ    

 

 

【実戦結果】

投資 31,000円
回収 935枚
交換 16,500円
収支 -14,500円

※5.6枚交換

 

 

【まとめ】

 

最近よく新台レポートをする度に思うのですが、最近の新台はやることがはっきりしていて道筋はシンプルなのに、CZや特化ゾーンなどそのひとつひとつはゲーム性のバリエーションに富んでいて、遊びとして充実しているように思います。自分はそういうの好きです。率直なところ、これでお金が減らなければ最高なんですけどねw

こと『パチスロサクラ大戦~熱き血潮に~』に関しては、通常時のポイント上乗せ特化ゾーン、CZ、ART中の脇侍減算の特化ゾーン、そしてポイントによって性能がアップした時のイケイケ感。随所にヒマを作らせない機種性能に好印象です。

 

 

関連機種

「パチスロサクラ大戦~熱き血潮に~」①/実戦記

2017/05/15

記事カテゴリ:黒崎アキラ
タグ: サクラ大戦 Sammy ART機 

遅ればせながら…

『A-SLOT偽物語』に

ハマっています。

 

 

黒崎です。

 

 

昨今は人気のノーマルタイプが

増台されたり再導入されたりと

ノーマルの盛り上がりに

拍車がかかっているように感じます。

 

 

黒崎です。

 

 

更に特定日以外でも設定を入れてくれている

という期待感が持てるホールさんが増えてきたような気がし、

パチスロが面白いと思える今日この頃です。

 

 

 

 

 

さて、そんなさわやかな気持ちで過ごす

晩春の本日お伝えするニューマシンは…

 

 

『パチスロサクラ大戦~熱き血潮に~』

 

です。

 

 

 

「ノーマルが、ノーマルが」と冒頭で書いておきながら

なんですが、本機はARTのみで出玉を増やすタイプ。

 

実戦を終えて、まず思うのは

純増約2.0枚/Gはやはり瞬発力があるということ。

 

 

 

では、その実戦を振り返りつつ

ゲーム性をご紹介いたしましょう。

 

 

 

 

 

主な流れは…

 

通常時は画面右の

ポイントを貯めます。

 

 

 

ポイントが貯まりやすい

特化ゾーンもあります。

 

ポイントが100になると

「シアター演出」が発生し

CZ突入やART直撃の

抽選が受けられます。

(※ポイントMAX=CZ確定ではありません。)

 

 

 

たいていはCZからARTを目指します。

 

 

 

ARTに入れたら…

 

 

 

ゲーム数を上乗せしながら

ロング継続を目指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本機の楽しみどころは

通常時、ART中共に

常にポイント獲得を行うところ。

 

 

 

通常時はチャンス役成立で

それぞれの対応色のメーターが増えます。

 

・青=チャンスリプレイ

・紫=チャンス目

・赤=チェリー

・緑=スイカ

 

 

 

更に滞在ステージごとに

ポイント上乗せの特化ゾーン当選が

優遇されるチャンス役が決まっています。

 

 

・春ステージ=チェリー

・夏ステージ=スイカ

・秋ステージ=チャンス目

・冬ステージ=チャンスリプレイ

 

 

対応ステージに滞在している場合は…

・強スイカor強チェリーor強チャンス目

=特化ゾーン当選率100%

 

・弱スイカor弱チェリーor弱チャンス目

=特化ゾーン当選率50%

 

・チャンスリプレイ

=特化ゾーン当選率25%

 

 

 

対応ステージでない場合は…

・強スイカor強チェリーor強チャンス目

=特化ゾーン当選率75%

 

・弱スイカor弱チェリーor弱チャンス目

=特化ゾーン当選率25%

 

・チャンスリプレイ

=特化ゾーン当選率10%

 

 

といった具合。

 

 

 

ポイント獲得特化ゾーンは

性能の異なる5種類!!

 

押し順当てや、

 

 

 

ゲーム数不定の

毎ゲーム上乗せや、

 

 

 

10G固定の

毎ゲーム上乗せや、

 

 

 

成功すれば一気にMAXになる

一発タイプ。

 

 

 

他にも上位の「モギリチャンス」というのがあるそうです。

 

 

 

頑張れば…

 

 

一気に

 

 

 

 

 

 

 

ポイントが貯まると

CZorARTの抽選です!

 

シアター演出を経て

当否を告知。

 

 

CZもゲーム性の異なる

3種類があります。

 

押し順当てのもの

 

 

 

目的地を目指して

毎ゲーム距離を減算していくもの

 

 

 

25Gの内に

成功期待度を貯めるもの

 

 

 

 

 

通常時は総じて

ポイント集めもCZも

ゲーム性に富んでいるため

常にいろいろな楽しみを持って

打つことができると思います。

 

 

 

 

 

 

 

最後にARTですが、

 

 

 

 

まず前半パートと後半パートの

2部構成で、どちらも継続を

目指すのですが、若干やることが異なります。

 

 

 

前半は「脇侍」をゼロにすることを目指し、

後半は「敵将」とのバトル勝利を目指します。

 

 

 

脇侍はベルを引く度に数が減っていき…

 

 

 

 

 

 

全撃破を達成すると

残りのゲームを持ち越したまま

後半の敵将バトルへ発展します。

 

 

 

 

 

 

脇侍の大量撃破に期待できる

特化ゾーンも存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

全撃破すれば後半での敗北はナシ!!

敵将に勝利または敵将が撤退して

ゲーム数を上乗せし、

再び前半パートに戻ってきます。

 

 

 

前半パートで脇侍が残ったまま

ゲーム数がなくなれば

後半のバトルで継続or終了の告知です。

 

 

 

ART中も画面右のゲージは有効で

ポイントが貯まれば各色ごとに

ART前半パートの性能を高めてくれます。

 

 

 

 

 

基本的にゲーム数を上乗せするのは

敵将バトルで勝利or継続した時と

ゲーム数の上乗せ特化ゾーン。

 

 

特化ゾーン中は

赤7が揃う度にゲーム数を上乗せします。

 

 

 

 

 

 

 

 

前述の通り

ARTが続けば出玉の増加速度は速い!

 

…のですが、

 

 

 

 

 

 

自分はヤレませんでした…。

 

お隣さんは一撃で2500枚ぐらいかな?

グングン出玉が伸びていました!

 

 

 

 

 

全体を通して

ゲーム性にバリエーションがあり

ART性能が高そうというのが印象的。

 

反面、ARTは重めなので

遊ぶ時にそことどう付き合うか…と

いったところでしょうか。

 

 

 

あ、そうそう、

チャンス役はチェリー以外リプレイフラグで

チェリーも1枚役、もちろん押し順もナビ発生時以外は自由。

演出に集中したい人も

なるべく損をしないような設計

…なのかな?

そういう心遣いはとても良いです!!

関連機種

「パチスロ キン肉マン 夢の超人タッグ編」②/実戦データ

2017/05/08

記事カテゴリ:ゴッティ輝
タグ: キン肉マン ART機 YAMASA ゴッティ輝 

【実戦結果】

 

ゲーム数 ART 対決 備考
118〜      
246 ART開始   3K/CZ
7 対決 vsヘルミッショネルズ 勝利
(1) 2セット目    
(10) 対決 vsヘルミッショネルズ 勝利
(1) 3セット目    
(139) 対決 vs乱入コンビ 勝利
(1) 4セット目    
(50) 対決 vsヘルミッショネルズ 勝利
1 5セット目    
(23) 対決 vs乱入コンビ 敗北
  ART終了   5セット/598枚
422 ART開始   強ベル
(81) ストック+1   チェリー
(143) 対決 vs四次元殺法コンビ 勝利
1 2セット目    
(47) 対決 vsヘルミッショネルズ 勝利
1 3セット目    
(2) 対決 vs乱入コンビ 勝利/アイキャッチ
1 ガガガGUTSボーナス    
1 4セット目    
(6) 対決 vsヘルミッショネルズ 勝利
1 5セット目    
(107) 対決 vsヘルミッショネルズ 敗北
  ART終了   5セット/702枚
180 ART開始   強ベル×2
(101) 対決 vsヘルミッショネルズ 勝利
1 2セット目    
(38) 対決 vsはぐれ悪魔超人コンビ 敗北
  ART終了    
668 ART開始   強ベル×2
(7) 対決 vsヘルミッショネルズ 勝利
1 2セット目    
(30) 対決 vsヘルミッショネルズ 勝利
1 2セット目    
(42) 対決 vsはぐれ悪魔超人コンビ 勝利
1 3セット目    
(5) 対決 vs乱入コンビ 勝利
1 4セット目    
(49) 対決 vsヘルミッショネルズ 敗北
  ART終了   4セット/380枚
106 ヤメ    

 

 

【実戦結果】

総ゲーム数 2586G
投資 3000円
回収 11000円
収支 +7000円

 

 

【まとめ】

 

打ち初めてまず感じたことは

コイン持ちがすこぶる良い!

コイン増えてるんじゃない?と思わせるぐらい回りました。

しかし上手くタッグ役を重ねられず

モヤモヤが長く続いた印象です。

3回ほど「あ゛ーーーー!!」

ってホールで叫んだことはここだけの秘密です。

 

それだけハマっても結果プラスで終えたのは

ARTの直撃当選を2回したことと

ARTのセット数が伸びてくれたおかげですね。

 

 

 

もう少し打っても良かったのですが、

信頼している肉ガチャの内容がよくなかったので

 

ヒキよりも今は退きが肝心と言い聞かせ

勝ち逃げを決め込まさせていただきました。

関連機種

「パチスロ キン肉マン 夢の超人タッグ編」①/実戦記

2017/05/08

記事カテゴリ:ゴッティ輝
タグ: キン肉マン ART機 YAMASA ゴッティ輝 

GWも遂に終わってしまいましたね

皆さんは黄金週間らしく

しっかり楽しめましたでしょうか?

 

こんにちは

胃腸炎と

編集作業でほぼ満喫できず

悔やんでいるゴッティ輝です。

 

さてさて

今回レポートするのは

 

 

『パチスロ キン肉マン ~夢の超人タッグ編~』

です。

 

まずゲーム性が他の機種とは

一風変わっている印象を受けましたね。

 

今回はそのタイトルの通り

通常時・ART中共に

タッグがポイントになります。

 

そのタッグとはなんぞや!?

と言いますと、

ベルベル や スイカスイカ といったように

同じレア役を連続で引いて

(レア役間は何ゲーム開いていても大丈夫)

タッグを結成することから全てが始まるという点ですね。

 

 

液晶下部分に出ている2つのマスがあり、

同じレア役が成立した際にのみタッグが結成されます。

 

 

 

それぞれ役に対してタッグになるコンビがきまっており

コンビ成立で

 

 

ARTの抽選・チャンスゾーンの抽選や

ART中のセット数上乗せの抽選を

行っています。

 

上手にタッグを成立させられればそれなりに

戦えるイメージなんですけど、

なかなか揃えられないと

無抽選が続いてしまうのでツライですね。

 

とにかく早くタッグを成立させることが

勝つためには重要ですね。

 

ちなみに

タッグ成立時は主にCZを抽選を行うのですが、

本実戦中も何度か確認したように

ARTの直撃抽選も行っているので

タッグ役成立時は純粋にアツくなれるのでグッドポイントですね。

 

 

そして、通常時も去ることながら

ART中も特殊な仕様ですね。

 

ARTは

継続ゲーム数不定の「マッスルタイム」と

 

継続率管理の「超人タッグバトル

 

の2パートで構成されていますね。

 

今回のもう一つのウリは

初代キン肉マンを色濃く継承していることらしく

「マッスルタイム」は

バトル目を引くまで

永遠に継続するシステムになっています。

上段に

スイカ・ベル・ベル停止 

 

 

バトル目成立となり、「超人タッグバトル」のパートに移行します。

 

なのでバトル目を引かなければ

永遠に「マッスルタイム」を消化できるんです。

 

うまいことやれば100G以上継続なんてことも

簡単にできてしまいます。

 

 

逆に言えば

 

 

ダメダメパターンも起こりうるんですね。

 

とにかく全て「己のヒキ」にかかっていますね。

 

バトル目が成立している可能性がある時は

示唆演出が出るのですが、

出ただけで「ヤメローーー!」

と本気で思ってしまうので

マッスルタイム中は毎レバーに気合が入ります。

 

 

まとめると

通常時は

同じレア役を連続で引いてタッグを成立させる

↓               ↓

CZ           ARTの抽選をうける。

↓               ↓

ART当選          ART突入

 

 

ART中は

「マッスルタイム」

バトル目を引ずひたすらハマることを祈る。

バトル目成立後「超人タッグバトル」

バトル勝利で「マッスルタイム」復帰

あとはこの流れをループさせて出玉を伸ばす。

 

 

 

シンプル且つ、己のヒキでアツくなれるポイントが

多数ある機種ですので

是非ホールで触って己のヒキを試してみてください。

 

最後に、ゴッティ的には

解析情報は多数出揃っており、

設定看破も比較的し易いのではと

睨んでおります! 

特に設定確定要素(肉ガチャなど)の情報は

かなり重要となるので、

打つ前は確認することをオススメします。

ぱちガブッ!の機種ページ

http://p-gabu.jp/contents/machinecontents/detail/4530

 

関連機種

「ぱちんこCR 北斗の拳7転生」②/実戦記

2017/05/01

記事カテゴリ:ゲンスイ
タグ: Sammy 北斗の拳 転生 

【実戦データ】

回転数 図柄(ラウンド数) 予告&リーチ 投資
65 1(4R確変) ステージチェンジ(赤)→七星ランプ(赤)→回想連続×4→VSカイオウ(キリンタイトル)→緑カットイン 2K
【246】 4→3(16R確変) キャラカットイン(赤)→1戦目(ユダ)→ドライブギア ※レイ選択
【73】 敗北(突然通常) 図柄発光(白)→敗北  
137 6(4R通常) 図柄連続×2→仲間キャラ(リン)→アミバチャンス  
244 1(4R確変) 強敵ゾーン→緑保留→回想連続×3→ヒョウ→緑カットイン 1K
【39】 8→7(16R確変) 複数図柄テンパイ→2戦目(ウイグル)→味方強攻撃→ドライブギア ※トキ選択
【2】 6→3(16R確変) 通常テンパイ煽り→4戦目(リュウガ:レインボーシルエット)→奥義  
【6】 8→3(16R確変) ルーレット(赤)→全員同一キャラ→3戦目(リュウガ)→味方強攻撃→ドライブギア  
【59】 敗北(突然通常) ルーレット→敗北  
369   ヤメ  

 

 

【実戦結果】

投資 3000円
総大当り回数 9回
出玉 3600玉
換金 6000円
収支 +3000円

 

 

【まとめ】

本機は、お世辞にも時間効率が良い機種とは言えません。9連するのに2時間かかったこともあるので、ヤメ時の判断はしっかりしましょう。目安は8時で当たってなければヤメ、ギリギリ粘って8時半だと思います。

それと、止め打ちの効果はないですが、実践しないと時短を消化したころには上皿がなくなっているので必ず実践すること。やり方は当サイトの機種ページ欄でコーキーが書いていますので参照してください。合わせて、ラウンド間の開放もかなり時間が空いており、打ちっぱなしだと5玉程度損します。16R×5玉=80玉(320円)=缶ジュース3本って考えると発狂レベルだと思うので、止め打ちはめんどいからやらない派のダメウーマンでも、ラウンド間の止め打ちくらいはやりましょう。

 

 

 それでは、次は筐体が話題となっているアノ機種のときにお会いしましょう。さようなら。

関連機種

「ぱちんこCR 北斗の拳7転生」①/実戦記

2017/05/01

記事カテゴリ:ゲンスイ
タグ: Sammy 北斗の拳 転生 

新台レポート

 

こんばんは。ゲンスイです。

 

 ゴールデンウィークですね。皆さまはどう過ごされるのでしょうか? ボクは“いつもと変わらない”連休です。はい、涙が出そうです。てゆか、道路は混むしパチンコ屋は回収に入るしで少し迷惑な連休ですよ(笑)。

 

 さて、おそらくゴールデンウィーク中にガッツリパチンコを打ちに行くという方もいるでしょう。そこで終日稼働が期待されるのが…

 

 

ついに導入が開始された『北斗7』ですね。

てことで、今回は『北斗7』をガッツリ特集していきたいと思います!

なんですがーーー(軽部さん風に)、今回実戦に集中しすぎたためか写真をほとんど撮っておらず、文字ばっかりの説明になってしまいます。申し訳ありません。ムム見間違いさんと一緒に土下座します。

 

 さ、気をとりなおしてまずはスペックからご覧ください。

 

http://p-gabu.jp/guideworks/machinecontents/detail/4531

 

注目は電チューからの出玉あり大当りが全て16Rになったこと。単純計算で(電チュー確変大当り)4連で1万発。8連で2万発です。すごいですね~、夢ありますね~。ただし、初当りが通常だった場合は時短が7回しか付きません(電チューからの通常大当りは100回)。逆噴射の可能性もありますのでご注意ください。

 

さて、そして今回の北斗で大きく変わった点といえば、

 

 

確変「バトルラッシュ」です。今までの北斗シリーズだと1回勝負で決着をつけていましたが、今回は毎回異なるキャラと最大4回戦って、内1回でも勝てばその時点で大当りとなります。んで、肝心の対戦相手なんですけど、それを示唆しているのが液晶下にあるバトルアイコン。写真の場合だと、1戦目と2戦目がユダ、3戦目がラオウ、4戦目がランダムだよ、という示唆になっています。

基本の流れはこんな感じです。大丈夫? ついてきてますか? よし、OK(聞いた意味)。

 

じゃあ結局どうなればアツいの? 当たるの? って話なんですけど、突き詰めると死ぬほどあるので端的にまとめてみました。

 

①赤系の演出が出たらドヤ顔待機

②「テンパイしろ!!」と思うタイミングは弱キャラが1人以上いる時(他が全部リュウケンでも気にするな)

③バトル中に一番大事なのは自キャラの「強攻撃」

 

①は主にテンパイ前後の話ですね。

 

 

「死闘開始」をはじめ、テンパイ前後の予告(セリフ予告とか煽り時のエフェクト)で赤の場合は期待して良いと思われます。体感ですけどね。北斗無双もそうですけど、ちゃんと“赤”が仕事してくれる印象なので覚えておいてください。

 

 

②はそのままの意味です。

なんやかんや今回も対戦相手は重要ですので、4回中1回でも弱キャラがいればアツいって感じていいと思います。下手に中キャラばっかり固まってテンパイするよりは全然マシですからね。

 

③は打った方は感じたかもしれませんが、なんか中キャラが出てきてもバンバン負けるって思いませんでしたか? ボクは昔からラオウ派だったのですが「リュウケン以外なら楽勝」と思っていたのに、正直今回負けすぎじゃね? と感じてしまいました。んで、よ~く信頼度を見てみると、選択キャラ共通で中キャラは勝率10~20%、弱キャラでも勝率は30~40%くらいしかないんです。ただし、これは自キャラが「弱攻撃」だった場合の話。「強攻撃」だった場合は信頼度がそれぞれ約2倍になるので、

 

 

このアイコンが出現しているときも「テンパイしろーっ!」って思ってOKです。

ちなみに

 

 

同一キャラが4人並んでテンパイしたり、

 

 

体調が悪そうな人がいたり、

 

 

 不審者がいたりした場合は勝利濃厚です。

そうです。自慢したいだけです。

 

 

 はい、それではやっとこさの通常時の説明です。

読むの疲れましたよね。わかる。もう少しで終わるんで、我慢してください。

 

 はい、んで通常時なんですが、待ちどころとしては

●回転始動時、液晶下にあるエンブレム役モノのエフェクトなど赤系演出(セリフはのぞく)

●連続演出(擬似連)

●ロゴ落ち

 

この3つですかね。

赤系の予告は単体としてみるのではなく、なにかの予告との複合待ち(疑似連など)。

 

連続演出は全部で4つありますけど、

図柄連続(中図柄に北斗七星停止)&回想→3回以上続くかどうか

共闘→枠の色が赤&ケンシロウが出るかどうか。

ザコ我慢→出るだけでちょいアツだけど、枠とセリフの色が赤かどうか

に注目してみてください。

 

ロゴ落ちは、出るだけで30%弱あります。ロゴにキャラがいれば信頼度はさらに上がります。

 

 んで、上記の予告が出た後は単体で信頼度50%くらいを誇るアツい演出の出現に期待しましょう。中でも絡みやすい(出やすい)のが

 

 

 百裂拳予告。

シリーズお馴染みの予告ですが、今作は出現率がかなり上がっているぶん当りに絡みやすくなっています。出やすい分ハズれることも結構ありますけどね。出現タイミングはテンパイ後とバトル系発展の間orバトル後半発展時の2パターン。

それ以外だとテンパイ後に出現する強敵背景とかですかね。

 

 んで最後、リーチなんですが、まだ打ち込みが足りてないのかなんなのか

 

 

キリンさんの期待度は今まで通りなんですが

 

 

この緑くんが地味に仕事をしてくれます。

だからテンパイ前の予告が重要なのかなって印象ですね。

 

あ、ちなみに拳王(カイオウ)のキリンタイトルは大当り濃厚です。はい、自慢です。

 

カットイン以外にも固有のチャンスアップ、あります。

ロゴ落ち、あります。

クラッシュ破壊(前作いうところのシェイクビジョン)、あります。

STAP細胞、あります。

 

…ごめんなさい、おちゃらけました。

冗談はさておき、これらのチャンスアップは今まで通り大事になってきますのでダメ押し的な意味でも複合することを願いましょう。

 

 

 さてさて、駆け足ではありましたけど、大体流れはこんな感じです。

北斗シリーズは、連続演出ひとつとっても細かいチャンスアップが2つ3つあるくらい中身が濃厚なので“覚える楽しさ”が現行機でもトップクラスなのは間違いなしです。当サイト内でも演出の細かな数値が載っているので、それを見ながら打っていき演出をマスターしてみてはいかがでしょうか。

関連機種

「パチスロ獣王 王者の覚醒」②/実戦データ

2017/04/24

記事カテゴリ:黒崎アキラ
タグ: Sammy 獣王 A+ART オリジナル 

【実戦データ】

 

 

ゲーム数 ボーナス・ART 当選契機 投資・備考
0 スタート    
96 REG 強チェリー 4K
128 REG 強チェリー 4K
120 BIG 弱チャンス目A 2K/5pt獲得→CZ
(1) CZ:獣王モード   失敗
252 REG 弱チャンス目A 3K
(24) CZ:ビーストバトル 強チェリー(?) vs.ボスハゲワシ→勝利
(41) ART準備    
50 REG 強チェリー 1K/獣玉×4個 ART準備中
(1) ART準備    
15 ART開始   「サバンナチャレンジ」で+50G&獣玉×2個
(16) ビーストアタック   「ライオン」で+75G
(27) ビーストアタック   「ライオン」で+50G
128 REG 弱チャンス目A 獣玉×5個
(1) ART準備    
(11) ビーストアタック   「ゴリラ」で+40G
(79) ビーストアタック   「ゴリラ」で+30G
(245) ラストアタック   成功 「サバンナチャレンジ」で+30G&獣玉×1個
(275) ラストアタック   成功 「サバンナチャレンジ」で+30G&獣玉×1個
300 BIG 弱チャンス目A 獣玉×4個
(1) ART準備    
(13) ビーストアタック   「ゴリラ」で+30G
43 BIG 強チャンス目  
(1) ART準備    
(12) ビーストアタック   「覚醒RUSH」で+105G
(60) ビーストアタック   「ゴリラ」で+10G
(163) ART終了   617G/1438枚獲得 「銅トロフィー&設定2以上画面」
600 BIG 強チェリー 3pt→CZ
(1) CZ:獣王モード   成功
(21) ART準備    
35 ART開始   「サバンナチャレンジ」で+50G&獣玉×2個
(88) ART終了   50G/192枚獲得
91 ヤメ    
※弱チャンス目は中押し消化持に、中・中段赤7停止型のものを「弱チャンス目A」、中・下段赤7停止型のものを「弱チャンス目B」と表記
 

 

 

【実戦結果】

 

投資 14,000円
回収 1240枚
交換 22,000円
収支 +8,000円

 

 

【まとめ】

 

上乗せ特化ゾーンは全然振るいませんでしたが、それでも強チャンス目を引けたのがやはりデカかったようで…。恩恵は+100Gと恐らくその後の特化ゾーン「覚醒」、そして獣玉が溜まりやすい「ライオン神」ステージ移行だと推察されます。1/4096のフラグにしては、恩恵が大きいように思います。結果的にプラスなので楽しかった! そしてかばくんがやっぱりかわいかった!

関連機種

「パチスロ獣王 王者の覚醒」①/実戦記

2017/04/24

記事カテゴリ:黒崎アキラ
タグ: Sammy 獣王 A+ART オリジナル 

 

かばくん

かわいいですね。

 

 

 

黒崎です。

 

 

 

 

 

そんなかばくんが随所に登場する

『パチスロ獣王 王者の覚醒』が

今回ご紹介するニューマシン!

 

 

 

新しい獣王は

BIG(204枚)とREG(48枚)の

2種類のボーナスと

ART(純増1.4枚/G)で出玉を増やすタイプ。

 

ARTはゲーム数を上乗せして

継続させていく仕様です。

 

 

 

主なARTへの筋道は

①通常時→CZ→ART

②通常時→ボーナス→CZ→ART

③通常時→ART

 

とオーソドックスな

A+ART機といった印象。

 

なのでまずはCZを目指すことが第一歩です。

 

 

 

詳しくはコチラからどうぞ↓↓

 

http://p-gabu.jp/guideworks/machinecontents/detail/4544

(※ぱちガブの機種解説ページに飛びます)

 

 

 

先週導入の新台ですが

既に有意義な解析情報が数値付きで

公開されているので

目を通されてはいかがでしょうか。

 

リールの図柄や打ち方が

やや複雑なので

前もってチェックしておくことを

お勧めします。

 

 

 

 

 

さて、新台実戦のお話し。

 

まずはCZ突入を目指して

打ち出したところ…

 

 

 

 

 

 

 

トントンとボーナス当選するも

REG、REG…

バケの出玉は雀の涙ほど。

CZ当選もなく、パッとしない立ち上がり。

 

 

 

しかしながらおよそ100G程で…

 

 

 

 

サクッとBIGに当選!!

 

 

 

 

 

本機は通常時・ART中問わず

ボーナス中はベル(9枚役)の

3択押し順当てに挑戦します。

 

皆さん、エスパーの発揮しどころですよ。

 

 

 

 

 

 

自分の最初のBIGは

お肉5つ。

 

5つだと獣王モード以上の当選率が50%!!

 

ルーレットの針役の

かばくんがお肉を指すことを祈り見守ると…

 

 

 

 

 

 

おみごと。

CZ:獣王モード突入!!

 

獣王モードは20G継続し

毎ゲーム成立役に応じて

ART抽選を行います。

 

この間はチャンス目の出現率が

大幅に上がっており

チャンス目成立時のART当選率は25%!!

 

 

 

 

 

なのでチャンス目成立が

獣王モード中の見どころと言えるでしょう。

 

 

 

この獣王モードは

ARTに引っ掛かることなくスルー。

 

 

 

 

 

しばらくして今度は

もうひとつのCZ:ビーストバトルに当選。

 

ここでは有り難くCZを突破し

ART突入となりました。

 

 

 

 

 

 

ART中の目標は

ボーナスを引くこと

ゲーム数を上乗せすること

画面左下に表示されている「獣(獣玉)」を貯めること

 

この3つ!!

 

 

 

ART中のボーナスは…

 

 

 

 

獣玉上乗せの特化ゾーンの役割を持ちます。

 

 

 

 

獣玉は5つ貯まると

 

 

 

ゲーム数上乗せ特化ゾーンに突入します。

 

 

 

 

 

あとはこれの繰り返し。

 

 

 

うりゃっ!!

 

 

これは上乗せ特化ゾーンでの上乗せ。

 

 

 

 

 

そりゃっ!!

 

 

成立小役によっては

ゲーム数の直乗せをすることもあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

ボーナスとゲーム数を

重ねるうちに

思いのほかロング継続に成功。

 

 

 

 

 

設定②以上確定の終了画面と

設定②以上確定の銅トロフィーまで

おまけでついてきました

 

 

 

 

 

 

 

獣王に馴染みのある方は問題ないと思いますが

あまり経験がないと

最初は少し特殊な図柄配列のリールに

戸惑うかもしれません。

 

 

そこをクリアすれば

ゲーム性はシンプルで

面白いというのが自分の印象。

 

 

 

リセット後は天井が浅くなることもあったり

既に設定推測&確定要素が明示されていたりと

立ち回りの要素もしっかりあります。

 

 

 

 

 

 

総じて…

この機種は予習をしてから打った方が

楽しめる機種だと思いますので、

是非、解析情報に目を通して見て下さい。

関連機種

TOP
?>