全力!新台レポート

毎週月曜日更新/若手ライターたちが毎週、最新台を全力実戦!

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

「アナザーゴッドポセイドン ‐海皇の参戦‐」②/実戦データ

2017/04/17

【実戦データ】

ゲーム数 ボーナス・ART 投資・備考
0~ スタート  
(13) プロメテウスゾーン  
(85) G-ROAD 2K
(468) GG当選 9K
485 ART開始 トリトンステージ
(1) 1SET目  
(50) アトランティスゾーン 盾×2個
(52) +50G  
(55) 2SET目  
(105) アトランティスゾーン 盾×1個
107 ART終了 100G/246枚
(156) GG当選  
167 ART開始 トリトンステージ
(1) 1SET目  
(50) アトランティスゾーン 盾×1個
52 ART終了 50G/84枚
(149) G-ROAD  
(428) G-ROAD 7K/ダイヤ枠内3個
16 ART開始  
(1) 1SET目 トリトンステージ
24 イージスモード 盾×3個
20 ART復帰  
(26) アトランティスゾーン 盾×6個
(29) +50G  
(37) 2SET目  
(87) アトランティスゾーン 盾×1個
90 ART終了 100G/376枚
(249) G-ROAD  
(698) G-ROAD 7K
(912) GG当選 3K
935 ART開始 トリトンステージ
(1) 1SET目  
(50) アトランティスゾーン 盾×3個
(52) トライデントアタック(+111G)  
(55) +50G  
(56) 2SET目  
(211) アトランティスゾーン 盾×2個
220 ART終了 211G/484枚
240 ヤメ  

 

 

【実戦結果】

投資 28000円
獲得 217枚
換金 4000円
収支 -24000円

 

 

【まとめ】

青7揃いでゴッドフューリーに移行しますが、その終了画面で

 

 

酸素ボンベを付けたポセイドンが出現すれば高設定濃厚みたいです。

後は、GG終了後に一瞬だけ見える出目が通常「2・4・6」ですが「4・5・6」ならその時点で設定4以上確定みたいです。ただ、これは本当に一瞬なので見逃さないように!

他には現時点で情報が出ていません。あくまで個人の意見ですが、ハーデスなどを参考にすると、ART開始ステージがポセイドンステージなら高設定に期待できるんではないかと思います。ただ、出現率が出ていませんので参考程度でお願いします!

関連機種

「アナザーゴッドポセイドン ‐海皇の参戦‐」①/実戦記

2017/04/17

世間では旅行会社の計画倒産で深刻な話題になっていますが、ここ何日間の僕のパチスロ収支も個人的には深刻です。現在7連敗…何を打っても勝てる希望が見えません。18歳の頃からパチンコ・パチスロを覚えましたが今までこんなに負けた記憶はありません…。いっそのこと、負けたのではなく「て●みく●ぶ」に旅費を払ったことにしておいた方が気持ちが楽ですね(笑)。

 

冗談はさておき、

 

今回紹介させていただく台はこちら

 

 

『アナザーゴッドポセイドン‐海王の参戦‐』です。

 

3月に導入されていたので少し古く感じるかもしれませんが「全力!新台レポート」では取り上げられていなかった機種。

もう誰もが知っている台だと思いますので、今回機種説明よりかは実戦について触れたいと思います!

機種説明が見たい方は「ぱちガブッ!」さんの機種ページへ

http://p-gabu.jp/guideworks/machinecontents/detail/4529

 

 

一言で言いますと、新基準機となって生まれ変わったGODシリーズ!

もう打たれた方も多いのではないでしょうか? 純増は凱旋、ハーデスに比べると劣りますが1000円辺りのベースが約36Gと非常にコイン持ちがよくなっております。

GG中のゲーム数上乗せなどは特になく、今回から導入された「盾」を集めて継続させていくゲーム性となっております。その辺はおいおい書いていこうと思いますので!

 

旧特定日。朝イチ入場し、ポセイドンの島に向かうと先客はゼロ…。変更判別を片っ端からやっていこうと回すと、リセットからPZ高確(プロメテウスゾーンの高確状態)に移行したのか

 

 

「プロメテウスゾーン」に突入‼

朝から大チャンス到来で鼻息を荒くする僕。何故なら、ここでのART当選率は約33%ですが、射止めることができると50%で特化ゾーン(トライデントアタック)からスタートできるのです! ここを射止められるかどうかで今日一日の運命が決まると言っても過言ではない。

 

 

 

 

だいたい予想できましたよね(笑)。

 

僕の力なんてこんなモノです。一応連続性があるので期待するも2度目のプロメテウス突入はなし!

 

次の出来事はすぐ起きました。壁画予告からの、

 

 

「G-ROAD」に当選! 

約102枚獲得できるボーナスとなっておりまして、消化中のレア役(約1/10.9)でGG当選に期待できます。G-ROAD中は表示されている枠内でダイヤが連続or複数個出現すればするほどGG当選に期待できます! 

ちなみに、GG当選率は

 

枠内1個 9.8%

枠内2個 25%

枠内3個 50%

枠内4個 100%

3連続  100%

 

となっております。1回でのGG期待度は約20%! 運良くダイヤを引いた後にもう1度枠内に引けるかが重要です。

枠内に2個で25%の抽選を受けるも当選ならず…まぁ、25%は結構はずしますよね。

そして、初当たりには少し時間がかかりましたが

 

 

天国に移行してGG当選! 

GGは基本50G1SET(初当たり時に盾1個保証)

残されたゲーム数でどれだけ「盾」を溜められるかが出玉の肝。

主にレア役やベル4連などで盾を獲得しますが内部モードがかなり重要。超天国などに上がるとベルでも約57%で盾を獲得! 押し順ベルで盾を獲得するようであればその絶好の機会逃すべからずです。

そして最初の50G間で1個の盾(チャンス目)を獲得し、盾2個の状態で継続抽選に突入!

 

盾1個の継続期待度は約20%。5回に1回は揃う計算です。

こういう魂や珠を溜めるゲーム性は色々あったと思いますが、このポセイドンの良い所は盾揃いした場合、盾ストックを消費しないところです! なので、盾1個でも2回、3回と無限の可能性が秘められています。

2個あれば1回は揃って欲しいが果たして…

 

 

ビューティフルな盾揃い一確出現! 

押し順が中から始まり、中段に盾が止まった場合は盾揃い濃厚。素直に喜んでいいと思いますが、ここからが本当の勝負! 盾揃いの約9%で特化ゾーンのトライデントアタックに突入するのです。さっきの失敗もあるので今回は…

 

 

はい、リールロックもすることなく50G上乗せしたのみ(笑)。

その後、盾を溜めるも揃わず本日初のARTは

 

 

単発じゃないだけマシと考えた方がいいのでしょうか?

気を取り直して打っていると次の初当たりは意外に早く、

 

 

天国に上がったらしきゲームの次ゲームでチャンス目を引き、それがまんまと刺さりました!

追加投資をしてないので気が楽。後はこのARTを伸ばせばいいんでしょう?

 

 

何もできないとこういう結果にもなります。MBも引けなかったので枚数も酷い…。

クレジットと下皿にちょろっとあるメダルでは当然足りる訳なく追加投資! ただ、GODシリーズなのにベースが高い分、あんまり負けてないのが不思議で仕方がない。これ、凱旋ならもう3万は負けてる展開ですよ!まだまだ挽回できます。

次の当たりはG-ROAD中に枠内ダイヤ3個の50%を見事勝ち取りGG当選! 3回目の初当たりでようやくART中に、

 

 

「イージスモード」突入‼ (ART中のG-ROADは盾ストツク高確率のイージスモードへ)

ここではボーナス中にチャンス目を引く度に盾を獲得。平均2個の盾獲得に期待できます! 

ちなみに、超イージスモードも存在し、そちらはベルでも盾獲得に期待できるので平均10個という大量獲得に期待できます。

今回は平均を上回る3個の盾を獲得し、逆転への光が見えました!

しかも、ARTに復帰するとステージが

 

 

ポセイドンステージ!

このステージに移行した時点で内部高確以上が確定するので盾ストックの大チャンス!

中段リプレイとチャンス目を引き2個の盾を獲得。計6個でアトランティスゾーンに突入です!

6個あれば2回は揃って欲しい…あわよくばその1回がトライデントに突入して欲しいが…

世の中甘くないですね。願いは通じず1回揃って

 

 

そのまま何事もなく終了です。

せっかくのチャンス…活かせないとこうなります。

逃した魚は大きかったのか、そこから何も起こらない時間がただただ過ぎていきました。

気付けば下皿はなくなり、再び嫌な嫌な追加投資へ。G-ROADを2回挟んだので思ったより投資は少なく済みましたが、4桁寸前の900Gで4回目の初当たりに当選。

これがサムシングエルスー!間違えた、ラストチャンスです! 

 

ベルの引きが良く、ベル5連から盾を2つ獲得。なんとか首の皮一枚繋がりました。

計盾3つでアトランティスゾーンに突入すると、1個目の盾揃いでようやくリバースロックが発生し、

 

 

トライデントアタックに突入!

突入した時点で+111Gは確定! ここから次のレバーで継続か否かが分かるのですが、初回継続は33%。そこを乗り越えると50%の抽選に漏れるまで毎ゲーム+111G乗せていきます。ここが本機一番の頑張りどころで、活かせないと設定6でも厳しい印象です。

勝負は全てここで決まる。そう悟った僕は今年一番の集中力を左手に込めレバーをオン!

 

 

スター性のない僕には無理でした。

 

 

その後、もう一度盾が揃い都合161Gを乗せるも展開に恵まれず、500枚にも満たない出玉で終了。

今回の実戦で8連敗…。千葉ロッテマリーンズが1998年に達成した18連敗にまた一歩近付きました(笑)。誰か全国で一番有名なお祓いしてくれる場所紹介してくれませんかね?

関連機種

「押忍!番長3」②/実戦データ

2017/04/10

記事カテゴリ:ゴッティ輝
タグ: Daito 番長 ベル 演出 

【実戦データ】

ゲーム数

ボーナス&ART&上乗せ&対決

当選契機

備考&投資

51〜

スタート

 

 

(70)

特訓

チャンス目

 

(87)

対決(VSマダラ/調理実習)

チャンス目

特訓経由/勝利

(91)

ART告知

対決勝利

1K

104

ART開始

 

 

(5)

対決(VSノリオ/バドミントン)

 

敗北

43

ART終了

 

1セット/108枚

(20)

特訓

ベル7回

 

(36)

対決(VSサキ/バドミントン)

 

特訓経由/敗北

(72)

対決(VSサキ/めんこ)

ベル4回

敗北

(286)

対決(VSチャッピー/大相撲)

ベル32回

敗北

(335)

対決(VSノリオ/調理実習)

ベル7回

敗北

(370)

対決(VSチャッピー/大相撲)

チャンス目

敗北

(574)

対決(VSノリオ/バドミントン)

ベル34回

敗北

(617)

対決(VSチャッピー/大相撲)

ベル5回

敗北

(705)

対決(VSチャッピー/大相撲)

チャンス目

敗北

(742)

対決(VSチャッピー/大相撲)

チェリー

敗北

(872)

対決(VSチャッピー/大相撲)

ベル24回

特訓へ

(886)

特訓

 

 

(903)

対決(VSチャッピー/大相撲)

 

特訓経由/勝利

(907)

ART告知

対決勝利

23K

923

ART開始

 

 

(3)

対決(VSサキ/めんこ)

ベル8回

敗北

(19)

対決(VSノリオ/バドミントン)

ベル7回

敗北

(33)

対決(VSチャッピー/大相撲)

チャンス目

敗北

(36)

対決(VSサキ/めんこ)

ベル5回

勝利→セット数上乗せ

(42)

ART②

ストック

継続

(63)

対決(VSチャッピー/大相撲)

ベル⑧回

敗北

(85)

ART終了

 

2セット/210枚

(86)

ART③

ストック

復活演出発生

(91)

対決(VSチャッピー/大相撲)

ベル5回

敗北

131

ART終了

 

3セット/281枚

(53)

対決(VSサキ/バドミントン)

チェリー

敗北

(122)

対決(VSノリオ/バドミントン)

チャンス目

敗北

(166)

対決(VSサキ/めんこ)

ベル33回

敗北

(219)

対決(VSサキ/バドミントン)

ベル9回

敗北

(223)

特訓

 

 

(238)

対決(VSサキ/バドミントン)

 

特訓経由/敗北

(261)

対決(VSチャッピー/大相撲)

ベル9回

敗北

379

ヤメ

 

回収0枚

 

 

【実戦結果】

総ゲーム数

2209G

投資金額

24000円

獲得枚数

0枚

差枚数

−1200枚

 

 

 

【まとめ】

 

 

えーっと、一言です。ごめんなさい!

何をやっても噛み合わない実戦となりました。

対決中にベルを引けなかったり

虎の子のARTを伸ばせず

最高獲得も300枚弱と厳しかったですね。

自分の展開が厳しかったことと

隣の台が引き戻しを繰り返し

高設定の挙動を示していたので

あえなく撤退です。

投資1,000円で当たった時は行けると思ったんだけどな…

この負けを噛み締めて

必ずリベンジしてやろうと思います。

関連機種

「押忍!番長3」①/実戦記

2017/04/10

記事カテゴリ:ゴッティ輝
タグ: Daito 番長 ベル 演出 

世間は春だというのに

気分と財布は真冬のまま

こんにちはゴッティ輝です。

 

さて数回にわたって

レポートさせていただいておりますが、

今回はコチラの機種です!

 

 

言わずと知れた

パチスロ界きってのビッグタイトル

『押忍!番長3』!!

 

もう打たれたという方も

多いのではないでしょうか!?

 

自分はホールに導入される前の

取材で打たせてもらったのですが

それからというもの

この番長3に完全にハマっております。

 

定番の演出や

 

第一消灯+リプレイ否定で

前兆示唆だったり

 

番長だなと

感じられる演出が堪らないんですよ!

 

 

さてさてここからは

少し機種のことを説明していきます。

 

今回の番長はすこし特殊な

前作までとは仕組みが異なります。

 

レア役やゾーンでの

ボーナス解除ではなく

今回はベルでの解除がメインとなります。

 

通常時・ART中共に

ベルを引きベルを規定回数まで到達させて

対決に発展させるのです。

 

その肝心のベル回数は

 

 

液晶右端に表示されています。

右上に大きく書かれているのが

対決間のベル回数となり

規定ベル回数での対決発展で

リセットされます!

 

対決に発展した際に

ベル表示の枠が破裂すれば

ベルでの発展が確定します!

 

ただし枠が破裂しないで

対決に発展した場合は

レア役等のベル以外の契機で

発展したことになりますので

そこは間違えないようにしましょう!

 

 

そしてその下にある数字ですが

これはART間に引いたベルの累計回数となり

ART突入時にリセットされます。

 

この2つは勘違いしないようにしたいですね。

 

ちなみにですが

ART間の累計でベルを200回引くと

救済が発動し

ART当選が確定します。

ハイエナをする際は

要チェックな項目になることでしょう!

 

あと細かい事ですが、

ベルの回数表示の周りに

モヤ(?)炎(?)がかかっている時は

対決発展が近づいているという

示唆にもなるのでしばし様子を見たほうが

良いかもですね。

 

次に対決中ですが、

対決に移行してからも

ベルが重要となる点も新しいですね。

 

対決中のベルは

勝利書き換え抽選を行っており、

対決中にベルを引けさえすれば

かなり勝利に期待が持てます。

 

前作までの

絶対これ当たらへん!

といった演出でも

ベルの引き次第ではどうとでもなる

捨て試合感がなくなったのも

良い点ですね。

 

ちなみに対決勝利の恩恵ですが

 

通常時→ARTorボーナス

 

ART中→ARTをストックorボーナス

です。

 

とまあ

ざっとではありますが

何が重要かは分かっていただけたかと思います。

とにかくベルを引ければなんとかなる!はず…

です!

 

あとは

懐かしい面々との対決を楽しみつつ

 

ART「頂きJourney」を

思いっきり堪能して

今回から初搭載された

絶頂対決でストックを上乗せして

 

番長を十二分に満喫して

貰えればなと思います!

関連機種

「CRシティーハンター~XYZ心の叫び~」②/実戦データ

2017/04/03

【実戦データ】

 

回転数 図柄 リーチ 投資
0   スタート  
638 6(4R確変) ストーリーリーチ(good-bye槇村) 31.5K
【69】   敵先制→敗北  
268   ヤメ 2.5K

 

【実戦結果】

投資 34000円
出玉 0個
回収 0円
収支 ー34000円

 

 

【まとめ】

 

 

データを見ていただければ一目瞭然なのですが、本当にひどい結果となってしまいました。

 

実戦に沿ってレポートしようと思っていましたが、大当たりを引けないどころか、熱い演出すら起きない…。

 

ただ、本当に「またぎ演出」は素晴らしいので、みなさんにも是非一度体感して欲しいと思います。

 

関連機種

「CRシティーハンター~XYZ心の叫び~」①/実戦記

2017/04/03

こんにちは!

「花粉は人生最大のライバルである」でおなじみ(?)のセールス森田です。

 

数年前から花粉症になってしまい、この時期は本当に辛い日々を過ごしております。 某アンケートによりますと、61%もの人が「花粉症に悩まされている」と回答していました。全国の61%のみなさん、なんとかこの時期を乗り切りましょう! 

 

 

さて、今回の新台レポートは

『CR シティーハンター ~XYZ 心の叫び~』でございます。

 

 

シリーズ第三弾となるこの機種は、王道のバトルタイプです。

 

この機種のスペック面における一番の魅力は「電サポ中の確変大当たりはすべて16R」という点だと思います。

 

バトルに勝利すれば16R確変、敗北で7R通常、というわかりやすいバトルスペックです。

 

通常時は図柄揃いで4R確変、

 

中央にONE OF THOUSAND 図柄停止で7R確変or7R通常となります。

 

ONE OF THOUSAND BONUSは弱系リーチや、VS系リーチの前半終了後などに発生するので、弱めの予告でも最後まで期待が持てます。

 

通常時の予告は「平和らしい」演出が満載となっております。

 

「LONG RUSH」や「タイマー演出」は大当たりに絡みやすい印象です。

 

トラ柄はもちろん激熱。

 

確変中は、リーチ後の分岐で冴羽が押し勝てばチャンス。

 

チャンスルートは3系統あり

「バトル系」

「おちゃらけ系」

「ストーリー系」のいずれかに発展します。

 

リーチ後の分岐で冴羽が押し負けると確変終了のピンチ。いわゆる王道のバトルタイプですね。

 

細かい演出は実戦した流れをもとに紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

…唯一の初当たりは実戦開始から約4時間後。

 

 

ド派手な保留変化、そしてタイマー発動し、シューティングラッシュへ。

 

 

 

タイマーは役物落下からのストーリーリーチ発展に対応していました。

 

 

 

 

 

 

 

ストーリーは「good-bye槇村」です。

 

 

 

このリーチの信頼度は約61%で、花粉症に悩まされている人の割合と同じです。 花粉症の僕はこのリーチ絶対ものにしたいところ・・・(まぁ、関係ないですが)

 

 

 

見事大当たり!!!

 

 

この台のポイントは、大当たりした後の「またぎ演出」の素晴らしさ! 「GET WILD」のイントロに完全に心を撃ち抜かれましたよ…。

 

 

 

さぁ、ここからがバトルタイプの見せ所!

電サポ中の確変大当たりはオール16Rなのだ!

 

 

「最後まで読んでくれたみなさん! 確変中の勝利はご自身でお確かめ下さい!」

これがセールス森田の~心の叫び~です…。

関連機種

「パチスロ 攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG」②/実戦データ

2017/03/27

記事カテゴリ:山田銀河
タグ: Sammy 攻殻機動隊 A+ART 

【実戦データ】

 

ゲーム数 ボーナス 当選契機 投資・備考
0~ スタート    
62 青REG スイカ 2K
92 赤REG チャンス目 2K
104 青REG チャンス目 2K
(44) ストーリー高確率 強チェリー  
467 SUPER BIG スイカ 11K/7揃い×1回
21 個別の11人モード(ART)    
(1) 電脳RUSH BIG中7揃い +30G
(10) 電脳RUSH 白7揃い +10G
28 青REG チャンス目 +10G
20 +10G チャンス目  
45 ART復帰    
(4) +15G 弱チェリー スナイプチャンス
(8) 個別の11人モード    
(24) +10G 弱チェリー スナイプチャンス
(35) +15G チャンス目 スナイプチャンス
(36) 個別の11人モード    
(46) 電脳RUSH 白7揃い +30G
(119) +10G スイカ スナイプチャンス
(121) 電脳HUCK(タチコマ)   +62G
(169) +30G 2択(順押し)  
(171) 電脳HUCK(タチコマ)   +44G
(204) +10G 強チェリー スナイプチャンス
348 ART終了   376G 877枚
385 青REG チャンス目  
50 青REG チャンス目  
(17) 高確率(CZ) 強チェリー 20G継続→失敗
(56) 高確率(CZ) 引き戻しor弱チェリー  
525 SUPER BIG チャンス目 +10G
16 個別の11人モード    
(6) 電脳RUSH 白7揃い +20G
(68) 電脳HACK(素子) 弱チェリー +60G
(143) +10G 強チェリー スナイプチャンス
176 ART終了   176G 581枚
107 赤BIG 強チェリー  
(10) 高確率(CZ) BIG中の抽選? 成功
26 S.A.Cモード(ART)    
42 赤REG チャンス目 +20G
3 ART復帰    
(5) +10G チャンス目 スナイプチャンス
15 青BIG チャンス目 +110G
18 ART復帰    
(5) +20G チャンス目 スナイプチャンス
(90) +10G 弱チェリー スナイプチャンス
(119) +10G チャンス目 スナイプチャンス
(120) 電脳RUSH   +10G
(128) 電脳HUCK(タチコマ) スイカ +50G
(166) +10G 2択(順押し)  
260 ART終了   303G 871枚
481 青REG チャンス目  
256 赤BIG 強チェリー  
98 赤REG チャンス目  
126 赤REG チャンス目  
150 ヤメ    

 

 

【実戦結果】

投資 17000円
獲得 533枚(5.6枚)
換金 9500円
収支 -7500円

 

 

【まとめ】

 

ART中は弱レア役でも上乗せ期待度は高いですし、他の機種に比べると上乗せ特化ゾーンも入りやすい印象。電脳RUSHをどれだけ継続させれるかがロングARTを生むカギとなるので、突入した際は継続することに集中してレバーを叩きましょう。

現状、設定差ですが共通ベルと前作同様直撃ARTに設定差があるのではないか?と言われてるみたいです。前作は出れば設定6の可能性が高くなったので今作も…期待したいですね!

後は、サミートロフィーの出現はボーナス終了画面のみです。必ずチェックするようにしましょう!

関連機種

「パチスロ 攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG」①/実戦記

2017/03/27

記事カテゴリ:山田銀河
タグ: Sammy 攻殻機動隊 A+ART 

日本中が熱狂で溢れたWBCもアメリカが優勝で幕を閉じ、

これから何を楽しみに生きていけばいいのか分からない山田銀河です。

とりあえず、WBCで時の人となった巨人の小林誠司…少し注目しようとしましたが、僕と同じ平成生まれのくせに(推定)年俸5000万。やっぱり好きになれません。

 

そんなこんなで今回紹介する機種はこちら!

 

 

「パチスロ攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG」です。

初代は本当に好きで、30万ゲーム近く打ち込んだ記憶があります。ただ、原作は一切知りません! パチスロの演出などを観て面白そうだなと思うのですが話が長そうというイメージ…でも、我らがイトシンこと伊藤さんが太鼓判を押すぐらい面白いらしいのでいつか観てみようと思います。

 

今作は純増約+1.4枚のA+ART機で、通常時は主にレア役で状態移行抽選&ボーナス抽選&CZの抽選をしており、ART(S.A.Cモード)に突入させることが出玉増加のカギとなっております。

 

打ち方やリール配列は、「ぱちガブッ!」さんの機種ページを見ていただくのが一番だと思います。

本日初のボーナスは、レア役対応の演出からスイカが成立。疑似連演出からの連続演出へ…これが見事成功し、

 

 

初のボーナス(REG)を射止めました。

REG中はロングフリーズの確率が大幅に上がっていて、約1/900でフリーズが発生しますのでレバーの叩きどころですね。後、REG中のキャラに設定示唆があるみたいなのでそれもチェック忘れずに!

初当たりのREGを皮切りにボーナスを数回引くも全てREGと出玉は増えない展開…。

 

表現が正しいのかどうか分からないが、リールがぬるっとなりリールロック発生!

前作ならリールロックした時点でCZの当選率が2倍になったので期待すると、タチコマの連続演出に発展し見事成功! 本日初のCZを射止めました。

そして選ばれたCZがなんと…

 

「ストーリー高確率」

15G+α継続して、それまでに累積したポイントによってARTを抽選します。

ただ、ここで成功すると「個別の11人モード」という電脳RUSHに近づくモードからスタートできるので、是が非でもクリアしておきたい場面。

 

 

特に熱そうな演出も来ないけれど、ステップアップで枠が黄色に上がったし信じて待ちましょう…

 

 

嘘だ!!

途中、弱チェリーも引いたので完全にクリアした気分でいましたが無情にも失敗。素子の倒れてる姿に心が痛みますね。

さっきのCZをハズしたのがよっぽどデカかったのか…静かな時間が流れていきました。

また今日も負けるのかと、朝に目を覚ました自分を恨もうとした刹那、画面には皆さんが大好きなあの二文字が…

 

 

これはなにかしら当たったでしょう! そう自分に言い聞かせ、恐る恐る連続演出中にボーナス図柄を狙っていくも揃わない。これはやらかしたパターンだと思ったんですが、僕の目の前には素晴らしい光景が待っていました。

 

 

黒BAR揃いという名の「SUPER BIG BONUS」という告知が…

1/3276で成立し、恩恵は300枚を超えるBIG+先ほど射止められなかった「個別の11人モード」が確定します。朝イチ、1時間でこれを引けたのはデカい!

 

 

更に、BIG中に白7揃いもし「電脳RUSH」確定。

 

若干投資はかかりましたが、個別の11人モードの結果次第では大爆発も狙えるのでここは気合いの入れ所。

 

 

画面もカッコイイ!

BIG中に白7揃いしているので最低1回は電脳RUSHが付いてきます。

 

 

突入時に、PUSHボタンを押すと文字周りの色が変わり、継続率の示唆をしてくれるのですが今回は白。白でも続く時は続くと北斗の拳シリーズが教えてくれたので若干期待。

 

 

前作までは最大3匹のタチコマが活躍して、毎ゲーム上乗せをしていたと思いますけど今作の電脳RUSHは、1セット毎にタチコマの数が変化(多ければ多いほどチャンス)、ほとんどが1匹が選ばれると思いますけど、そこから3G間全役で継続率UP抽選を行います。(最低30%)そして、その3G間に溜めた継続率で4G目にジャッジをし、クリアすると上乗せになります。初回は必ずクリアしてくれるので上乗せナシで終わるということはありません!

 

 

この様に壁を突き破ってくれると上乗せ。タチコマの数が多いほど、継続率UP抽選が有利になるので1匹で出てこないことを願いましょう。

2セット目はタチコマ1匹で継続率40%。壁を越えられるか…

 

 

無理でした。

 

 

ただ、個別の11人モードは1回電脳RUSHに突入すると15G間のSTがリセットされ、また最初から挑戦できるのでここの頑張り次第では「電脳RUSH→個別の11人モード→電脳RUSH→個別の11人モード…」と無限ループも夢ではありません!

 

 

白7が再び揃い電脳RUSHへ! 今度こそ大きな上乗せを…

 

 

ショボい! 

こんなショボい引きの男が活かせる訳もなく、個別の11人モードもそのまま終わりました。

上乗せはショボく終わってしまったんですが、僕が1番注目しているポイントがこちら

 

 

普段は押し順ベルが出ると思うんですがART中にシューティングモードを選択することによって、

 

 

このように押し順ベルではなく、5号機初期を思いだしそうな色押しナビに切り替えることができます。正直、時間効率的には押し順管理の方がいいと思いますけど、色押しにしか存在しない上乗せパターンもあるので目押しをミスしない自信がある方は色押しで消化した方が楽しめると思います。

 

少しの間上乗せに恵まれなかったんですけど、スイカからスナイプチャンスに当選すると

 

 

もう一つの上乗せ特化ゾーン「電脳HACK」に当選!

前作は1種類しか存在しませんでしたが今作から3種類に増え、特に笑い男のHACKが選ばれた時は興奮必至! 

今回は残念ながら一番弱いタチコマHACK

 

 

ボタンを連打して色が上がっていけばいくほど期待度は上がります!今回は青止まりだったのでそこまで期待はしていませんが…

 

 

うん、悪くない!

これは内部でゲーム数が決まっているのか、ガチの連打で決まるのか非常に気になるところです。

色押しタイプの良い場面を見せたいと心で呟きながらレバーを叩くこと数十分…遂にその時が

 

 

運命の2択。

逆押しで成功すると電脳RUSH…但し、ここでの成功率が何%なのか解析が出てないので少し怖いところもある。

男なら逆押し一択! 

 

 

とか、言いつつ小心者の僕は目先の上乗せ欲しくて順押しを選んでしまったけど30Gも大事だからね?

 

 

上乗せにもそこそこ恵まれたはずですがボーナスがこの間REG1回のみ…。やはり出玉増加にはBIGが不可欠ですな。

前作同様、終了画面は色々示唆があるみたいなのでしっかり見ましょう!

 

 

その後、高確率ゾーンを2連続でハズしハマりそうな空気。

下皿一杯あった出玉も風前の灯です。チャンス目を引いたところで連続演出に発展! 

チャンスアップも絡んでいたのでボーナス狙ったんですが揃わず。肩透かしか…

 

 

違う! これだから揃わなかったんだ!(本日2回目のSUPER BIG)

普通のBIGが1度も引けていないのにこっちを2回引くとはどういうヒキしているんだ…。

再び入った個別の11人モードは1回電脳RUSHに入っただけで駆け抜け。下手くそすぎますね(笑)。

そこでは活かせなかったが見せ場到来!

 

弱チェリーから素子の電脳HACK当選!

初期ゲーム数が30Gと悪くない…これは、

 

 

願望込みで×20倍のところで写メ撮ってしまった。ここで止まればどれだけ幸せなのか。

気になる結果は…

 

 

現実はこれ。

 

 

まぁ、こうなるとは思ってましたけどね(笑)。

初期ゲーム数の最大が100G、右の倍率が最大20倍…なにこれ?最大2000Gってのも、もしかしたらあるのかな?とか考えたり。そうなれば夢ありますね。

 

 

ボーナスが引けなかったので枚数はそこまで増えず。

そこからもう一回伸ばせそうな雰囲気はあったのですが、どう考えても高設定ではなさそうなのと極端なREG寄りのせいで思ったように伸ばせずヤメです。

 

辞め時間違ってなかったらプラスで終われてましたね。無念。

関連機種

「CR Another」②/実戦データ

2017/03/20

【実戦データ】

 

 

回転数 図柄(ラウンド数) 予告&リーチ 投資
3 2(10R+AT) イルミネーション予告→死者は誰リーチ→グラスアイリーチ 5K
【5】 V入賞(5R+AT) 右V入賞  
【8】 V入賞(15R+AT) 右V入賞  
【13】 V入賞(15R+AT) 左V入賞  
【2】 V入賞(5R+非AT) 右V入賞  
15 1(10R+非AT) テンパイライン(赤)→群予告→ビーチバレーリーチ(赤テロップ)→白カットイン  
23 2→7(10R+AT) 死者は誰リーチ→クライマックスリーチ  
【4】 V入賞(5R+非AT) 右V入賞  
83 7(10R+AT) 疑似3連→イルミネーション予告→7テン煽り→連続現象リーチ  
【5】 V入賞(5R+AT) 右V入賞  
【4】 V入賞(5R+非AT) 右V入賞  
160 6(10R+AT) イントロ疑似連×1→死者は誰リーチ→グラスアイリーチ  
【2】 V入賞(5R+非AT) 右V入賞  
76 4(10R+非AT) イルミ(赤)→カラスSU5)→カウントダウン予告→現象リーチ  
25 1(10R+非AT) ステージチェンジ(赤)→疑似2連→カウントダウン予告→現象リーチ  
15 V入賞(10R+非AT) Vチャレンジ  
189 5(10R+AT) イルミ(赤)→カウントダウン予告→ストーリーリーチ(3年3組の真実)→グラスアイリーチ  
【14】 V入賞(15R+AT) 左V入賞  
【2】 V入賞(5R+非AT) 右V入賞  
15 V入賞(10R+AT) Vチャレンジ  
【4】 V入賞(5R+非AT) 右V入賞  
350 6(10R+非AT) 疑似3連→死者は誰リーチ→ストーリー(災厄を止める手掛り)  
110   ヤメ  

 

 

【実戦結果】

 

投資 500円
総大当り回数 22回
出玉 3297玉
換金 11500円
収支 +11000円

 

【まとめ】

 

まず、ひねり打ちは全く効かないので、大当り中はラウンド間の止め打ちだけでOK。目安としては「アタッカーに3個入賞したら打ち出しヤメ」でいいと思います。案外打ちっぱなしでもオーバー入賞してくれることがあります。

止め打ちも増える事はなく、減らさないように心がけるという程度だと思います。手順としては「ベロが開いている時に打ち出し。玉が入ったら1拍置いて打ち出し」くらいの感じ。アバウトでOKです。早いとこV入賞させたほうがたぶん得です。

 

 

 というわけで、軽すぎる初当りにも救われて快勝で終われました。よかったよかった。

最近「新台レポート」は絶好調だから、この勢いで頑張ります。

 

それでは、またお会いしましょう。

 

さようなら。

 

関連機種

「CR Another」①/実戦記

2017/03/20

こんにちは。ゲンスイです。

 

WBCの盛り上がりがすごいですね。筒香が同級生だったってことに今年一番驚いています。年棒3億円ですってね。もう一生遊んでくらせるんだから、野球やんなくていいじゃんって思っちゃうあたりがボクのダメなところなんでしょうね。精進します。

 

はい、てなわけで(どんなわけ?)今回紹介する台はコチラです。

 

 

藤商事から出た『Another』です。

アニメを観たんですけどね…おもしろい!!

ホラー・ミステリー・ちょいグロ、が好きな人は絶対ハマると思います。

少しストーリーをいうと、クラスメイトに1人死者(おばけみたいな人)が紛れこんでいて、そいつを見つけ出さないと毎月クラスの誰かが死んじゃうよっていう物語です。

んで、パチンコの話に戻るんですけど、この台の何がイイってネタバレをしないように工夫してるとこ。普通この手の台って割とネタバレ全開で作られるから、リーチなり●●連チャン達成のエンディングなりで、アニメの最終話とかを垂れ流すでしょ? まだ観てないものだと大抵それで萎えちゃうことが多いんですよね。今回でいうと「死者」の正体がこのアニメの最大の見どころなんだけど、本機は誰が犯人なのかを分からないように、A君が死者のパターン、B君が死者のパターンみたいな感じで色々なパターンを撮り下ろしてるからネタバレにはならないんですよね。この試みは本当素晴らしい。

はい、ちょっと脱線したので、ここからはちゃんと台の演出とかについて解説していきます。

 

スペックはコチラからどうぞ。

http://p-gabu.jp/guideworks/machinecontents/detail/4526

 

いわゆる一種二種混合機と呼ばれるやつですね(AKBとかハルヒとかのやつです)。

んで、盤面を見て明らかに目立つ回転体の役モノ。まずはこれに触れときますね。

 

 

初当りの51.5%で突入する「Another Time(AT)」中の順序です。

文字で説明するより画像を交えた方が分かりやすいので、見ながら読んでください。

まず、右打ちして①のベロに玉を入れます。そしたら液晶で演出発生後に②の羽根が開放するのでそこに玉を拾わせます。んで、この後に

 

 

 こんな感じで役モノが落ちてくれば左のルート、つまり回転体の役モノへ向かいます。玉の動きがめちゃめちゃ早い&プラスチックが透明で玉が若干見にくいので、注視してないとどっちのルートに行ったかわからず、役モノがでてから「あっ、左行ったんだ」みたいなことになります。まあ玉をガン見じゃなくて、「役モノ落ちて来い! 役モノ落ちて来い!」みたいな楽しみ方でもたぶんOK。ちなみに、回転体の役モノへ進んだ場合は15R確変orハズレ(通常否定)となります。その確率は完全ガチの50%。ココ、本当にピリついて超楽しいですよ。

 

 

逆に右に向かった場合は通常転落の可能性が大。V入賞後はラウンド中の昇格演出に発展し成功すると15R+AT。

 

 

失敗するとファイナルチャンスに移行し、ここで成功すると5R+AT、失敗で右打ち終了となります。

 

※写真はファイナルチャンス成功時のもの。

 

ちなみに右V入賞の確変割合は30%くらい。3分の2は通常転落となります。

 

要約すると左にいったら通常否定+15Rのチャンス、右にいったら通常大当りの大ピンチって感じです。

まあ、普通に右打ちしてるだけでなんも問題ないんですけど、一応こういう仕組みになってますよっていう説明でした。チャンチャン。

あ~それと、ベロに拾わせた後に演出を挟んで電サポが開くんですけど、その時に

 

 

こういう演出が出ると、左ルートへ向かうチャンスみたいです。うん、あくまでチャンスだからね。全然ガセもあるからお気をつけて。上の役モノが赤いエフェクトをまとうパターンもあったけど、これも右でV入賞(通常)とか全然したから、気持ちアツい程度かな。あと、AKBみたいに作為的にV入賞を狙うor外すことは不可能なので、そういうのは考えずに純粋に楽しんでください。

 

うわ~、通常時のことなんも書いてないのにもう1500文字も突破してる。おびえる~。

 

 

はいはい、それではお待ちかねの通常時の演出解説です。

まず小冊子をめくると重要演出として

 

※カウントダウン

 

こんなんとか

 

 

※群

 

こんなんとか

 

 

※ミサキZONE

 

こんなんが挙げられていますが、一番初当りに絡みやすいのが

 

 

イルミネーション予告です。

変動開始直後や疑似連後、またはリーチ中などにも発生するのですが、当たるにしてもハズれるにしても結構な頻度で出現します。

それと付随して

 

 

このように、メイが浮き上がらないけどビジョンが赤いパターン。もしくは、両サイドの役モノが動いた時のエフェクトが赤の時。この2つのどちらかが起点になりやすいです。

注目演出に挙げられてるやつがいきなり発生するときもありますが(特に群は何の変哲もない時に発生したりします)、基本的には上記2つマチ。もっというと“赤系演出”マチです。この台のイイとこポイントその2、ちゃんと“赤”が仕事をする。はい、ここテストでま~す。

 

 んで、リーチなんですが正直なんでも当たります。

理想は、リーチハズレ後に発展するグラスアイorクライマックス(当たればATだけあって滅多に出現しない)

 

 

 

上がグラスアイで下がクライマックス。

グラスアイはリーチハズレ後に左右の役モノがガシャーンってなって真ん中にメイが出てくれば発展の合図です。

 

 

 

 ただ、群とかイルミのような強予告が出ている場合は、普通の機種でいうところのキャラ系にあたる「現象リーチ」の前半とかでも全然当たります。むしろ後半にいくとなんとなくヤバいかもってくらいの印象ですね。

 

 

 ビックリ大当りが多い台なので、強予告が一個出れば楽しめる台ですよ。

正直、最近の台じゃ右打ち中はもちろん、通常時もピカイチでおもしろい台だったので皆さんもぜひ打ってみて下さい。

関連機種

TOP