全力!新台レポート

毎週月曜日更新/若手ライターたちが毎週、最新台を全力実戦!負けたらキッツイ罰ゲームが待っている!?

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

「クランキーセレブレーション」①/実戦記」

2016/11/14

記事カテゴリ:黒崎アキラ
タグ: ACROSS ボーナス機,Aタイプ 

♪~

I’d rather be a sparrow than a snail

Yes, I would, if I could, I surly would

 

皆さんは音楽の授業で

「コンドルは飛んでいく」

習いましたか?

 

一緒にショールーム試打取材へ行った

40代の編集さんは「習った」と

30代のライターさんは「聞いたことある」と

20代(といっても29歳)の黒崎は「知らん」と

言いました。

 

 

知っている人も知らない人も

一度打てばこの楽曲が

頭から離れなくなるのが

今回ご紹介する機種。

 

 

 

はい、『クランキーセレブレーション』です。

 

私は黒崎です。

 

 

 

さて、クランキーセレブレーション

通称クラセレは

RT非搭載で

ボーナスのみで出玉を増やすタイプ

のマシンです。

 

ビッグは253枚を超える獲得で終了なので

やや出玉は少ないものの

払い出し枚数が少ない分、

ボーナス確率が非常に軽い仕様。

 

 

そして特出すべきは機械割!!

 

 

…ヤバくないですか!?(笑顔)

 

 

自分はどんな機種でも

高設定の機械割よりも

低設定の機械割に

まず目が行くので

最低設定でも101%あることに

高い興奮を覚えました。

 

 

だからいつも仕事帰りに

フラッとホールに行って

空き台にサッと腰を下ろして

打ってます。

 

 

今日はどれがリーチ目だとか

どこを狙って何コマ滑ったら何だとか

語る気はありません。

というか自分はそういう打ち方を

あまりしないので語れませんし

ノーマル機の出目って

暗記して打ちに行くものでもないと思います。

 

 

では何をお話しするか…

それは

「自分はいつもここ狙ってるけど、良かったらどう?」

ということです。

 

 

もし興味があれば狙ってみて

打ち進める中で

これは当たりっぽいなということを

感じてもらう足がかりになればと思います。

 

 

 

まず自分が打ってみて感じた前提…

『ボーナス図柄と小役がダブテンして小役がハズレると…!?』

ってことをお伝えしておきます。

 

例えばこういうこと

(どちらもハサミ打ち)

 

 

 

 

ボーナス図柄はトリとトリのように

同一のものでなくても構いません。

 

こういう形になればまぁアツイよねって感じ。

 

 

 

ということを知った上で

話を進めましょう。

 

①左・青7の上にあるチェリーを枠内に押す!!

 

青7からチェリーまでって

3コマ離れており

集中力に難ありな自分は

こぼしそうで怖いのです。

だからチェリーを直で枠内に狙います。

 

 

ここからよく出るのが

 

 

[リプ・ベル・リプ]が停止して…

言わずもがなでしょうか。

 

 

 

第2停止で既にリプがズレる

ってこともあります。

 

第2停止でリプがテンパって

目を閉じて第3を止めて

指を離して

リプの入賞音がせず

 

 

ニヤリ…クスクス…ふふふーん

なんてのもよくやります。

 

 

[リ・べ・リ]以外からも

もちろん当たりますよ。

 

 

 

 

 

②トリの上のチェリーを枠内に押す!!

 

この打ち方していると

一番のサプライズは…

 

 

下段にトリがビタっと張り付く形。

これ結構出るんですよね。

入り後なのか成立ゲームなのか不明ですが

なかなかの衝撃を与えてくれます。

 

 

赤7を引き込んだ時は…

 

 

トリをどこに押したのかが重要に。

 

 

[ベル・スイカ・ベル]停止もアツそうよね。

 

 

 

 

 

 

③サイドランプ点灯は強気に!!

 

 

レバーオンで

リール脇のランプが点灯すれば

実戦上、スイカorチェリーorボーナス。

 

このタイミングで

強そうな箇所を狙ってみるのも

いいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

お後はどこを狙っていても

お馴染みの

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

はい、ということでお話を進めてきましたが、

やはり一番言いたいのは

スペックが甘いという安心感。

 

これはあくまで僕の推察ですが

パチスロユーザーの中には

仕事や学業の合間や、休みの日に

5000円、1万円で

何時間か遊びたいという

方も大勢いるのではないかと思います。

そしてあわよくば負けたくはない…。

 

自分はそれがパチスロに求めるもののひとつです。

 

 

現にいろいろなお店の

スランプグラフを見ていても

連日±0前後でウニウニしている

台がとても多い印象。

 

自分もそれは体感しているところで

500、600Gハマることもありますが

その分、連チャンもよくしてくれ

毎回500~1000枚は安定して流せます。

 

 

 

ここ最近、肩ひじ張らずに

パチスロが打てる環境が

広がりつつあって自分はすごく

嬉しいのですが

そこに更なる強力な1台が出たな…と

 

 

 

さて今宵も閉店前に

コンドルは飛んでいくを

聴きにいこうかな。

関連機種

TOP