コンテンツ一覧

  • パチスロ閃乱カグラ

    パチスロ閃乱カグラ

    オーイズミ

    導入日:

    3.8

    大人気コンテンツをスロットへと落とし込んだ『パチスロ閃乱カグラ』の最大の特徴はにゅ~リンクART。何と複数の異なる性能を持つ特化ゾーンが合体するというこのシステムは「飛翔」と「覚醒」の2種類合体で「一閃」に、そしてそこに「繚乱」が加われば「超忍ラッシュ」へと進化!特化ゾーンへの突入抽選はチャンス役だけでなく、押し順当てや30Gご...
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • しすくえパラダイス

    しすくえパラダイス

    ハイライツ・エンタテインメント

    導入日:

    4.4

    ハイライツ・エンターテインメントの「しすくえパラダイス」は、ボーナスとRTの連鎖で出玉を増加させるマシン。ボーナス合算確率は設定1でも98.7分の1、設定6ともなれば驚異の76.9分の1となっている。好調時はボーナスとRTが絡み合って、どんどん出玉が増えるだろう。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • ケロロ軍曹

    ケロロ軍曹

    大都技研

    導入日:

    5

    今回のケロロ小隊は地球(ペコポン)だけでなく、パチスロ界までも侵略するつもりなのだろうか…。あの人気アニメ『ケロロ軍曹』が大都技研からデビューであります!
    肝心のゲーム性はARTの連チャンで出玉を増やす仕様となっているが、現時点では純増枚数や継続ゲーム数などは隠されている。ただし、原作の名シーンを再現した特化ゾーンが合計4種類搭...
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • ぱちスロ PSYCHO-PASS サイコパス

    ぱちスロ PSYCHO-PASS サイコパス

    京楽

    導入日:

    3.4

    フジテレビ”ノイタミナ”で2012年10月から放送され、2015年1月には映画化もされた人気アニメ「PSYCHO-PASSサイコパス」(以下、サイコパス)がパチスロで登場します。
    本機種はA+ARTタイプでボーナス確率は約1/99.9(全設定共通)となっております。
    ボーナス「サイコパスチャンス」後のチャレンジゾーンを経て突入す...
  • パチスロベン・トー ~半額弁当争奪戦~

    パチスロベン・トー ~半額弁当争奪戦~

    バルテック

    導入日:

    3.5

    バルテックから登場する『パチスロベン・トー~半額弁当争奪戦~』は、ボーナス+1G純増1.3枚のART「ベン・トーラッシュ」で出玉を増やすマシン。ゲーム数大量上乗せのトリガーも数多く搭載されている。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • パチスロ リング 終焉ノ刻

    パチスロ リング 終焉ノ刻

    藤商事

    導入日:

    3.1

    導入から約3年の月日が流れた今日でも、根強いファンが多い「リング呪いの7日間」のゲーム性を踏襲したマシンが再臨。藤商事の『パチスロリング終焉の刻』は擬似ボーナス・貞子ボーナスと純増約2枚のART・呪縛ラッシュで出玉を稼ぐ仕様だ。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • パチスロ マクロスフロンティア3

    パチスロ マクロスフロンティア3

    SANKYO

    導入日:

    3.2

    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • 忍魂~暁ノ章~

    忍魂~暁ノ章~

    大都技研

    導入日:

    3.5

    回胴界の先駆者ともいえる大都技研が、またしても新たな道を切り開いてくれた。フル攻略で機械割100%オーバーはボーナス主体タイプの専売特許であったが、人気シリーズの最新作『忍魂~暁ノ章~』は、ARTマシンながらこれを実現。前作までのゲーム性を継承しながらも攻略要素を組み込んだ、優秀スペックマシンに進化しているのである。
  • パチスロ 輪るピングドラム

    パチスロ 輪るピングドラム

    北電子

    導入日:

    3.4

    A+ARTの注目マシン『パチスロ輪るピングドラム』は、ART・生存戦略突入時にまずデスティニータイムへと突入。同ゾーンは7G連続でリプレイが揃うまで続き、液晶のロケットが最上段に達すると継続の鍵を握るリンゴを獲得。レバーに力がこもる、運命の7Gだ。
  • ドリスタせかんど

    ドリスタせかんど

    ネット

    導入日:

    2.9

    下パネルのハンドルが目を引くNETの『ドリスタせかんど』は、擬似ボーナスの連打でコインを増やす。通常時は、ステージによってボーナス抽選契機が異なるオムニバス方式を採用しており、元となったマシンの抽選システムを再現。さらに、ボーナス中にガチャガチャンスが発生すれば、カードのレア度でボーナスの連チャン期待度が示唆される。
  • パチスロ ゼクスイグニッション

    パチスロ ゼクスイグニッション

    オリンピア

    導入日:

    2.2

    オリンピアの『パチスロゼクスイグニッション』は純増2.0枚を誇るART機。「AT機が嫉妬する」と銘打たれた2段階式特化ゾーンが最大の特徴で、神竜大戦からZXラッシュまで移行すれば毎ゲーム神竜大戦で得た累計ゲーム数の上乗せが発生する。
  • パチスロ宇宙戦艦ヤマト2199

    パチスロ宇宙戦艦ヤマト2199

    サミー

    導入日:

    2.9

    宇宙を舞台としたアニメの原点ともいえる「宇宙戦艦ヤマト」。そのヤマトの名を冠した注目マシンが、いよいよ巡航を開始する。サミー渾身の最新作『パチスロ宇宙戦艦ヤマト2199』。2種類のボーナスと純増約1・9枚のARTを搭載した、バランス型スペックのART機である。
  • GI 優駿倶楽部

    GI 優駿倶楽部

    KPE

    導入日:

    3.3

    KPEの最新作『GⅠ優駿倶楽部』は、実名競走馬による育成競馬パチスロ。プレイヤーがオーナーとして調教師とともに愛馬を育成・強化しGⅠ制覇を目指すゲーム性となっている。出玉増加の要は1Gあたり2枚増のART「GⅠロード」となっており、シナリオに応じてセット毎の継続率が変化する仕組みだ。海外レースに勝利すれば継続率88%の凱旋ロード...
  • パチスロ モンスターハンター狂竜戦線

    パチスロ モンスターハンター狂竜戦線

    エンターライズ

    導入日:

    3.7

    並み居る強豪機種を押し退け、今なお根強い人気を誇る「パチスロモンスターハンター月下雷鳴」。その後継機が、エンターライズよりいよいよリリースされる運びとなった。専用筐体「三重の衣をまといし竜」に身を包んだ最新鋭機の名は『パチスロモンスターハンター狂竜戦線』。
  • パチスロニュースモモチャンEX

    パチスロニュースモモチャンEX

    ニューギン

    導入日:

    4

    25&30Φが同時登場する『ニュースモモチャン』は、ボーナスのみで出玉を増やすシンプルなマシン。リール左下にあるランプが光ればボーナス当選だ。ボーナス告知タイミングは4分の1がレバーON時、4分の3が第3ボタンを離した瞬間に点灯する後告知となっている。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • マタドールⅡ-30

    マタドールⅡ-30

    北電子

    導入日:

    4.7

    北電子から登場する『マタドールⅡ-30』は、大迫力のスゴ音告知が魅力ではあるが、告知音が発生しない「し~んモード」、発生する「ナルなるモード」、約70%で発生する「ナルかもモード」から発生率を選べるので、大きな音が苦手な人も安心して楽しめる。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • 真田純勇士 ラブストライク

    真田純勇士 ラブストライク

    ニューギン

    導入日:

    4.1

    EXCITEの『真田純勇士ラブストライク』は2種類のART「常夏の陣」と「バナナスプラッシュ」のループにボーナスが絡むことによって出玉が激増するマシン。肩甲骨やワキ、足の裏を嗅げば嗅ぐほど上乗せが伸びる一風変わった特化ゾーン「クンクンタイム」もある。
  • 元祖ハネスロ

    元祖ハネスロ

    オーイズミ

    導入日:

    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • 回胴性 ミリオンアーサー BN

    回胴性 ミリオンアーサー BN

    ミズホ

    2.8

    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集