10年で20億円相当の景品横領の男逮捕

2017/09/15

  • 記事カテゴリ:事件

     勤務していたパチンコ店で、パチンコ台に不正な機器を接続し現金と交換できる景品を着服したとして、兵庫県警灘署が業務上横領の疑いで逮捕、起訴した京都府亀岡市、パチンコ店元店長(43)が、店長だった神戸市内の3店舗で仲間と事件を繰り返し「約10年間に約20億円を横領した」と供述していることを9月14日付の産経新聞が報じている。
     兵庫県警灘署は同容疑で現場での換金役なども逮捕、起訴。コンピューターの記録などから、パチンコ店元店長を中心とする約30人のグループによる平成27年3月からの1カ月間で計約3700万円の被害を裏付け、捜査を終結した。
     パチンコ店元店長は金の使い道について、高級な車や腕時計、マンションの購入などに充てたと話しているという。

    もっと見る

ホール企業の口座から5,900万円を横領~鹿児島

2017/09/14

  • 記事カテゴリ:事件

    鹿児島県警鹿屋署が9月13日、パチンコ店を運営する「一六商事ホールディングス」の口座から現金およそ5,900万円を横領したとして、業務上横領の疑いで経理の業務委託をうけていた男を逮捕したと同日付のKKB鹿児島放送などが報じた。
     警察によると、男性は事件当時、売上金の管理などを委託されていた企業の経理責任者だった。そして、その立場を利用し男性は一六商事HDの預金口座を管理していた2015年7月から8月までの間に、20数回にわたり現金およそ5,900万円を自分の預金口座に振り込み横領した疑いがもたれている。
     今回の横領は同社が9月に行った内部調査によって発覚しており、警察の調べに対し男性は容疑を認めているという。

    もっと見る

埼玉県で窃盗事件などが発生、景品買取所も被害

2017/09/13

  • 記事カテゴリ:事件

     埼玉県内で窃盗事件などが5件相次いで発生したと9月12日付のテレ朝newsが報じた。
     同報道によると、9月12日の午前4時前に所沢市にあるパチンコの景品買取所で、バールのようなものでドアがこじ開けられ、現金など235万円相当が盗まれる事件が発生。また、午前5時40分ごろには、川口市のリサイクルショップで、出入り口のドアが割られているのが見つかった。その約20分前には、隣の蕨市の店でも同様の被害があったが、いずれも盗まれたものはなかったという。同日の深夜から早朝にかけて同県内では、同様の手口の窃盗被害などが連続で5件発生した。
     警察は手口や防犯カメラの映像などから、同一犯による犯行の可能性もあるとみて捜査している。

    もっと見る

客に提供した賞品を買取り経営者逮捕〜福岡

2017/09/06

  • 記事カテゴリ:事件

    西日本新聞によると、福岡県警生活保安課と折尾署、田川署は9月5日、客に提供した賞品を買い取ったとして同県中間市のパチンコ店を摘発、同店を経営する企業の代表取締役を風営法違反で逮捕した。
     報道によると、同経営者は店舗を統括管理する立場にありながら、2017年6月23日、客に提供した賞品(5枚)を、同店敷地内に設置した「賞品買取所」で従業員を使って1800円で買い取った疑い。
    提供:WEB Green Belt

    もっと見る

メダルを盗む目的で店に侵入した疑いで男逮捕

2017/08/28

  • 記事カテゴリ:事件

    唐津署は8月27日、建造物侵入の疑いで、自称広島県廿日市市在住の自営業の容疑者(37)を現行犯逮捕した。8月28日付の佐賀新聞LiVEが報じた。
     報道によると、逮捕容疑は同日午後4時ごろ、唐津市内のパチンコ店に、遊技用メダルを盗む目的で侵入した疑い。
     同署によると、「不審な動きをしている客がいる」と店員から通報があり、署員が容疑者の体を調べたところ、スロット機に誤作動を起こさせるためのものと思われる不審な器具を装着していたという。

    もっと見る

ICカードを偽装し、1700万円を横領した男3人を逮捕

2017/08/01

  • 記事カテゴリ:事件

    兵庫県警と灘署は7月31日、神戸市灘区内のパチンコ店で特殊景品を着服したとして山内靖容疑者 (43)、松本宗明容疑者(40)、朴啓王容疑者(45)を業務上横領の疑いで再逮捕した。7月31日付の神戸新聞NEXTが伝えている。
     報道によると3人は、2015年3月から4月ごろ山内容疑者が店長を務めていた灘区のパチンコ店でパチンコ台に当たり判定を偽造する機器を接続し、虚偽の出玉データが入力されたICカードを店員に提示し、景品(約1700万円相当)を着服した疑い。
     同署によると、容疑者3人は同市長田区のパチンコ店で景品を横領した疑いで同署に逮捕されており、山内容疑者と松本容疑者は容疑を認め、朴容疑者は容疑を否認しているという。

    もっと見る

車内放置の幼児死亡事故、今年2例目

2017/07/26

  • 記事カテゴリ:事件

    静岡県湖西市のパチンコ店駐車場で7月8日、1歳の男の子が車内に放置され、その後死亡していたことがわかった。7月25日に報道各社が報じた。死因は熱中症とみられている。
     報道によると、子どもの父親(25)が保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された。父親は当日の午前11時頃から2時間ほど子どもを車に残したまま遊技をしていたという。
     パチンコ店駐車場での車内放置の幼児死亡事故は今年5月に山口県内でも発生しており、今年2例目となった。

    もっと見る

パチンコ店などの許認可処理怠る、巡査長処分

2017/07/19

  • 記事カテゴリ:事件

    産経WESTなどによると、飲食店とパチンコ店が提出した許認可関連の届け出11件の処理を怠ったとして、滋賀県警の30代の男性巡査長が所属長注意の処分を受けていたことが7月19日、同県警への取材で分かった。6月28日付。
     
     県警によると、巡査長は2016年4月~2017年3月、署の生活安全課に勤務している際、飲食店が深夜に酒類提供できる届け出書類と、パチンコ店の管理者変更の届け出書類11件を放置していた。巡査長は「手続きの知識がなく、上司に相談すれば叱られると思い放置した」と話しているという。

    もっと見る

9年前のパチンコ店強盗、時効残り7カ月で逮捕

2017/07/04

  • 記事カテゴリ:事件

     茨城県阿見町で9年前に起きたパチンコ店強盗事件で、警察が時効まで約7カ月となる7月1日までに会社員の男ら3人を逮捕したと、7月2日付けのテレ朝newsなどが報じた。
     報道によると、会社員の深谷裕基容疑者(31)ら3人は2008年2月、阿見町のパチンコ店にナイフや拳銃のようなものを持って押し入り、店長(当時39)を粘着テープで縛るなどして現金約460万円などを奪った疑いが持たれていた。
     昨年9月、深谷容疑者は同じパチンコ店で起きた別の強盗傷害事件ですでに逮捕されていた。警察は店の防犯カメラの映像などから、深谷容疑者と当時パチンコ店従業員だった2人が2008年の強盗事件の実行犯と断定、時効まで残り約7カ月の7月1日までに3人を逮捕したという。

    もっと見る

自家買い容疑で社長ら3人逮捕〜北海道

2017/06/28

  • 記事カテゴリ:事件

     北海道新聞は6月27日、道内で《パーラーヤマト》を5店舗展開するプラフォーム社の社長で、韓国籍の許正熙(ホ・ジョンフィ)容疑者(42)=札幌市中央区大通西6=ら男3人が、客から直接景品を買い取った風営法違反の疑いで、3月26日、札幌厚別署などに逮捕されたと報じた。
     5月5日、十勝管内広尾町の《パーラーヤマト広尾店》の客一人に提供した景品4点を、店外の自動景品交換機で計3,200円で買い取った疑い。
     報道によると札幌厚別署は、同店従業員が交換機に現金を補充していたことなどから、同社が実質的に景品を買い取っていたと判断した、としている。

    もっと見る

TOP