遊技機の重量化傾向を懸念、全日遊連が制限を要望

2017/08/07

記事カテゴリ:団体

全日遊連は、最近の遊技機が重量化し、筐体形状等が大型化していることを受け、8月3日、日工組に対し、一定のルールを策定するよう要望した。

 全日遊連は昨今の遊技機の重量化や筐体形状等の大型化について、メーカー開発陣が少しでも多くの遊技客に楽しんでもらおうと趣向を凝らした結果と理解は示しながらも、直近の遊技機では梱包資材を含めるとその重量は優に60kgを超えると指摘。ホールの運搬や納品設置作業に支障をきたすほか、過剰労働や人件費の高騰化を招く要因になると懸念を示した。

 また、昨今、大手運送会社が遊技機の運送から撤退したことを挙げ、重量化により、他の運送会社にも同様の動きが広がる虞を懸念、遊技機の運送そのものが危機にさらされていると現状を指摘した。

 さらに、遊技機の重量化による島設備の倒壊や、大きくせり出した筐体に遊技客が衝突し、ケガを負うことが想定されるとし、安全面からも重量と筐体形状等について制限を検討し、一定のルールを策定するよう要望した。

 

提供:WEB Green Belt

TOP