機種を探す

    機種タイプ:

  • ツールチップ
    ART機・AT機とは
    ATは「アシストタイム」の略。押し順や組み合わせの概念がある小役やボーナスが揃えられるよう、何らかの方法(画面、音声、ランプなど)により手順をついてに伝達するのが「アシスト」。それが、特定条件下で集中して行われることを「アシストタイム」という。ARTは「アシストリプレイタイム」の略。ATとRTが組み合わさった状態を指す。ナビに従って打てば、コインを増加させることができる。
  • ツールチップ
    ボーナス+ART機(RT機)とは
    ボーナス(ビッグボーナスやレギュラーボーナス)と、ART(アシストリプレイタイム)または、RT(リプレイタイム)の組み合わせの機種。
  • ツールチップ
    ボーナス+RT機とは
    ボーナス(ビッグボーナスやレギュラーボーナス)と、RT(リプレイタイム)の組み合わせの機種。
  • ツールチップ
    ボーナス+AT機とは
    ボーナス(ビッグボーナスやレギュラーボーナス)と、AT(アシストタイム)の組み合わせの機種。
  • ツールチップ
    ボーナス+ART機とは
    ボーナス(ビッグボーナスやレギュラーボーナス)と、ART(アシストリプレイタイム)の組み合わせの機種。
  • ツールチップ
    AT機とは
    ATは「アシストタイム」の略。押し順や組み合わせの概念がある小役やボーナスが揃えられるよう、何らかの方法(画面、音声、ランプなど)により手順をついてに伝達するのが「アシスト」。それが、特定条件下で集中して行われることを「アシストタイム」という。
  • ツールチップ
    ART機とは
    ARTは「アシストリプレイタイム」の略。ATとRTが組み合わさった状態を指す。ナビに従って打てば、コインを増加させることができる。
  • ツールチップ
    ボーナスのみとは
    通常の「小役」以外で、突入すればJACゲームを含めた払い出しが受けられる役。ボーナスゲームとJACゲームで構成される「ビッグボーナス」、JACゲームのみの「レギュラーボーナス」、1回JACゲームが獲得できる「シングルボーナス」などがある。

    機種タイプ:

  • ツールチップ
    ミドルとは
    大当り確率が1/261~1/360の機種。MAXタイプよりは初当り確率が甘く、確変突入率などバランスが取れた機種が多い。
  • ツールチップ
    ライトミドルとは
    大当り確率が1/151~1/260の機種。大当り確率が高いので遊びやすく、一撃大量獲得の夢があるというバランスのよさが売りの機種が多い。
  • ツールチップ
    羽根モノとは
    開放チャッカー入賞で役モノの羽根が開放。その羽根に拾われた玉が役モノ内のVゾーンに入賞することで大当りとなるパチンコ機。
  • ツールチップ
    ミドル(設定付き)とは
    ミドルタイプに設定がついた機種。MAXタイプよりは初当り確率が甘く、確変突入率などバランスが取れた機種が多い。
  • ツールチップ
    ライトミドル(設定付き)とは
    ライトミドルタイプに設定がついた機種。大当り確率が高いので遊びやすく、一撃大量獲得の夢があるというバランスのよさが売りの機種が多い。
  • ツールチップ
    甘デジ(設定付き)とは
    甘デジタイプに設定がついた機種。大当り確率が高いので遊びやすく、一撃大量獲得の夢があるというバランスのよさが売りの機種が多い。「羽根デジ」「デジハネ」と呼ばれることもある。
  • ツールチップ
    MAXとは
    大当り確率が1/361以下の機種。確変突入率は高めで1回の大当りで連チャンしやすい分、初当り確率(確変状態ではない時の大当り=通常時の大当り)は低くなっている。
  • ツールチップ
    甘デジとは
    大当り確率が1/150以上の機種。大当り確率が高いので遊びやすく、初当たりを多く獲得できることが売りの機種が多い。「羽根デジ」「デジハネ」と呼ばれることもある。

機種検索結果

  • ハナビ通

    ハナビ通

    アクロス

    導入日:

    今なおホールの稼働を支え続けているハナビが、5.9号機になって再登場!本機『ハナビ通』は既存のハナビと同じゲーム性を実現しつつ、技術介入性が僅かながらアップ。エクストラ設定とも言える「設定H」の存在も見逃せない。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • ドンちゃん2

    ドンちゃん2

    アクロス

    導入日:

    アクロスの6号機"APROJECT"が始動!記念すべき第1弾は液晶搭載機でお馴染みの『ドンちゃん2』だ!本機は最大222枚獲得のビッグと最大104枚獲得のREGを搭載しており、ビッグ後は22G継続のRTへ突入するというボーナス+RT機で登場。演出と出目の絡みにより生み出される豊富なチャンスパターンを存分に酔いしれよう。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • アレックス

    アレックス

    アクロス

    導入日:

    本機『アレックス』はアクロスのAPROJECTシリーズ、第9弾として登場。
    ボーナスは「最大335枚獲得のビッグ」と「最大116枚獲得のREG」の2種類で、いずれも消化中に技術介入要素あり。
    通常時は「予告音・消灯・フラッシュ」などの秀逸演出によってボーナス成立が示唆される。安心と信頼のアクロスブランドが誇る高い開発力により、出...
  • 沖ドキ!バケーション-30

    沖ドキ!バケーション-30

    アクロス

    導入日:

    破天荒な連チャンでホールの主役に鎮座している「沖ドキ!」に、シリーズ4弾目となる新作がデビューする。ボーナスは押し順ナビのATタイプでなく純然たるリアルボーナス機として登場する『沖ドキ!バケーション』は、レバーON時にハイビスカスが点滅すればボーナスが確定する完全告知系のマシンとなっている。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • 沖ドキ!バケーション

    沖ドキ!バケーション

    アクロス

    導入日:

    破天荒な連チャンでホールの主役に鎮座している「沖ドキ!」に、シリーズ4弾目となる新作がデビューする。ボーナスは押し順ナビのATタイプでなく純然たるリアルボーナス機として登場する『沖ドキ!バケーション』は、レバーON時にハイビスカスが点滅すればボーナスが確定する完全告知系のマシンとなっている。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • クランキーセレブレーション

    クランキーセレブレーション

    アクロス

    導入日:

    本機は「フル攻略なら設定1でも機械割がプラス」というお馴染みの仕様となっている。機種名のセレブレーションとは「祝勝会」の意味で、誇らしげにメダルを掲げるコンドルの姿がリオ五輪を彷彿とさせるが、もちろん勝利の美酒に酔うには通常時&ボーナス中ともに正しい打ち方でプレイしなければならない。
  • バーサス

    バーサス

    アクロス

    導入日:

    基本的にゲーム性はハナビを継承しており、ビッグ後は例外なくRTに突入。VS(ブイエス)チャンス中はリプレイハズシを駆使することで延命が可能で、JACイン後に移行するVSゲームと合わせて最大40G間、コインを微増させながらボーナス抽選を受けることができる。
    もちろん、ビッグ中にも技術介入要素はあり、特定手順で1度だけ14枚役を入賞...
  • ゲッターマウス

    ゲッターマウス

    アクロス

    導入日:

    APROJECTで初めてリール配列を完全再現。ネズミ3兄弟の法則などがそのまま楽しめる。設定6のボーナス合算確率は1/118。ボーナス中は誰でも挑戦できる技術介入要素がある。リーチ目以外でもボーナス察知が可能なチャンスアクションがあり、楽しみ方がさらに広がった。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • ハナビ マットブラックver.

    ハナビ マットブラックver.

    アクロス

    導入日:

    新パネル登場!
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • キングジャック

    キングジャック

    アクロス

    導入日:

    OKAZAKIとアクロスのコラボマシン第2弾『キングジャック』は7セグに「7」が表示されればビッグ、「3」でビッグorREGとなる準完全告知マシン。豊富なリーチ目に加えてショートフリーズやリール回転演出、リプ連で煽るボーナスへの期待感など、様々な演出で通常時を盛り上げるので、全てのプレイヤーがドキドキできる仕様である。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • サンダーVリボルト

    サンダーVリボルト

    アクロス

    導入日:

    本機は2種類のビッグ®のみを出玉エンジンとする、極めてシンプルなボーナスタイプだ。ハナビのようなRT機能は一切搭載されていないが、そのぶんボーナス確率が極限まで引き上げられ、パチスロ本来の魅力であるボーナスの連チャンを存分に楽しめる仕様となっている。
  • ハナビ

    ハナビ

    アクロス

    導入日:

    捩り鉢巻きにハッピ姿のドンちゃんが誕生した1998年以来、HANABIシリーズは常にパチスロ界の最先端をリードしてきた。オーソドックスな純Aタイプ、大量獲得機、液晶搭載機、ボーナスタイプ、そしてART機etc…。時代をまたいで活躍する回胴キャラは他にもいるが、これほど多くのカテゴリで頂点を極めたキャラはドンちゃんのみだ。
  • 沖ドキ!-30

    沖ドキ!-30

    アクロス

    導入日:

    ボーナス後32G以内の連チャン性能の高さが最大の魅力となっている『沖ドキ!』。華が光ればボーナス確定というシンプルさがより刺激的なゲーム性を際立たせている。
  • 沖ドキ!

    沖ドキ!

    アクロス

    導入日:

    ボーナス後32G以内の連チャン性能の高さが最大の魅力となっている『沖ドキ!』。華が光ればボーナス確定というシンプルさがより刺激的なゲーム性を際立たせている。
  • B-MAX

    B-MAX

    アクロス

    導入日:

    伝説の名機『B-MAX』がよみがえる。チェリー成立まで継続するRT(平均30G継続)を搭載しているが、出玉増加のメインはボーナス。そのボーナス中は技術介入要素が満載で、フル攻略なら設定1でも機械割が100%を超える仕様だ。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • リバティベルⅤ

    リバティベルⅤ

    アクロス

    導入日:

    アクロスブランド第2弾はなんと『リバティベルⅤ』。その名の通り、誰もが夢中になった5ゲーム連チャンをARTによる擬似ボーナスで見事に再現している。もちろん、11Gも大チャンスだ。演出面も手抜かりは無く、Mr.Doが大活躍。リバティベルを発展的に継承したオールドファン垂涎の1台となっている。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
  • クランキーコレクション

    クランキーコレクション

    アクロス

    導入日:

    ユニバーサルの新ブランド「ACROSS」の第1弾マシンとして登場する『クランキーコレクション』は4号機時代に秀逸な出目演出と技術介入要素で多くのファンを魅了した「クランキーコンドル」「クランキーコンテスト」の正統後継機である。本機はボーナスのみで出玉を増加させるタイプ。伝統的なリーチ目に酔いしれつつ、ボーナス連打を狙いたい。
    基本 天井・ゾーン 設定判別 解析 打ち方 演出 特集
TOP