STAFF BLOG

不定期更新/ガイドステーションのSTAFFが各種コンテンツの紹介をしたりスロリーマンの実戦記を書いたりするブログです。

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

【試打レポ】待望の『アレックス』が復活!!

2018/09/06

記事カテゴリ:取材レポート

 

お疲れ様でございます。ガイドステーションのガチッター赤堀です。

 

アクロスのA PROJECTマシンの取材へお邪魔する度、広報さんに「アレックスはまだですか」と言い続けて数年……遂に金色の始祖鳥が復活を遂げました!!

 

そんな待ちに待ったアレックスの取材にお邪魔させていただきましたので、今回のブログでは設定6の実戦データと全入り目を紹介させていただきたいと思います!

 

実戦データを掲載する前に、本機の特徴や実際に打つ際のポイントをサラッと説明させていただきます。法則がわかっているからこそより面白くなる台なので、少しお付き合いください。

 

まずはボーナス成立時、頻繁に絡んでくる予告音について。法則は以下の通りです。

 

 

●予告音発生時……リプレイ以外の小役orボーナス
●予告音非発生時…ブドウ以外の全役orボーナスorハズレ
 

 

予告音の法則は上記の通りで、14枚役であるブドウ成立時は必ず予告音を伴います。実戦上、ブドウ確率はあまり高くなさそうなので「ブドウorボーナス」の出目が止まった場合はアッツアツでございます。

 

また、予告音発生時は小役以上確定ですので、正確に目押しをして小役が揃わなければ「これぞリーチ目!」という出目が止まらなくてもボーナス確定となります。

 

さらに本機には「消灯」や複数の「フラッシュ」も搭載されており、そちらにも様々な法則が存在します。ひとまず、ボーナス確定となる法則は以下の通りです。

 

 

●全リール消灯+小役非成立
●第2停止のみ消灯(4号機ではバケ確でしたが今作はBR共通に格上げ)
●第3停止のみ消灯(ビッグ濃厚)

 

 

重要な法則は上記の3つになります。特に初代を好んで打たれていた方にお伝えしたいのは、第2停止のみ消灯がBR共通に格上げされたという所です。

 

以上が本機を打つ際、絶対に押さえておいていただきたいポイントになります。突き詰めれば深いポイントが更に出てくる台ではありますが、ここさえ理解していれば楽しさ2000%アップ間違いナシ!!

 

と、いうことでお待たせ致しました。以下、実戦データと全入り目になります。設定は「6」でございます。

 


173G 赤7ビッグ

備考:予告音+3消灯+第3停止後フラッシュ

 


 

19G 鳥鳥7ビッグ

備考:左リール3コマ以上スベリ+第3停止のみ消灯+即告知

 


 

204G 鳥鳥7ビッグ

備考:第3停止後フラッシュ

 


 

22G REG

備考:第2停止のみ消灯+即告知

 


 

24G REG

備考:無演出+中リール3コマ以上スベリ

 


 

4G REG

備考:第3停止後フラッシュ

 


 

395G REG

備考:第3停止後フラッシュ

 


 

9G 赤7ビッグ

備考:予告音+消灯ナシ+第3停止後フラッシュ

※左リールの時点で「ブドウorボーナス」から中リールでブドウ非テンパイという悶絶2確定目です

 


 

127G REG

備考:3消灯+第3停止後フラッシュ

 


 

88G 鳥鳥7ビッグ チェリー重複?

備考:無演出(前ゲームのチェリー入賞後に派手なフラッシュ発生)

 


 

30G REG

備考:無演出(ボーナス成立後目濃厚)

※前ゲームに無演出で中段「リ・リ・ブ(ブドウ)」が停止しておりましたが手が止まりませんでした

 


 

84G 赤7ビッグ

備考:無演出

 


 

42G REG

備考:予告音+消灯ナシ+第3停止後フラッシュ

 


 

108G 鳥鳥7ビッグ リプレイ重複?

備考:第3停止後フラッシュ(前ゲームのリプレイ入賞後に派手なフラッシュ発生)

※ごめんなさい! リプ重複を引いたっぽいことに興奮して写真撮るの忘れました…。

 


 

0G ヤメ

 


 
◆TOTAL(ボーナス関連)
総ゲーム数…1329G
赤7ビッグ…3回(1/443.0)
鳥鳥7ビッグ…4回(1/332.2)
REG…7回(1/189.8)
ボーナス合算…14回(1/94.9)←超ヒキ強
 
 
◆通常時の小役出現率
羽…129回(1/10.30)
3枚役…35回(1/37.97)
チェリー…64回(1/20.76)
ブドウ…7回(1/189.8)
 
 
◆ビッグ中の「逆押し 羽・羽・鳥」入賞ライン別出現率
中段揃い…32回(1/5.25)
右上がり揃い…5回(1/33.60)
右下がり揃い…1回(1/168.0)
 
※各小役の出現率はサンプルが全然少ないので参考程度に捉えておいていただければと思います

 

 

以上が今回採取した実戦データ&入り目になります!!

 

リーチ目写真&備考をご覧いただければわかるかと思いますが、「バスッ!」とリーチ目が止まることもある一方、演出との絡みで「これで当たりかー!!」というパターンもあることがご確認いただけたかと存じます。

 

個人的には4号機を打っているみたいな気持ちになり、開発チームの苦労が感じ取れました。考えに考えを重ね、4号機の初代に寄せた作りにしていったのだろうと。

 

ということで、数多くのプレイヤーが待ち焦がれていたであろうアレックス。仕上がりは万全ですので、ホールデビュー後は是非ともご自身で魅力を感じていただければと思います!

 

機種ページも随時更新していきますので、今後もご注目いただけますと幸いです。

 

それではまた!!

 

 

関連機種

TOP