魔窟チェロ家の宝物殿

人生のボタンを4回ほどかけ違えた結果、パチとスロの実機をうっかり550台ほど所有しているライター、貴方野チェロス。異様にモノが多すぎる彼の自宅を訪れた人々は皆、そこを『魔窟』だの『住居型ヴィレッジヴァンガード』だのと呼びたがる…。このブログでは、そんなチェロ家のその辺に転がっている奇妙なモノたちを、パチやスロの実機はもちろんのこと、本、CD、DVD、ゲームなど、ジャンルにこだわらず気の向くままに公開していくぞ! チェロ家へ遊びに来たような気持ちで、そっと覗いていただきたい♡ え、なにアンタ、手ぶらで来たのッ…!?(『歓迎』の旗を振りながら)

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

2018年11月19日

2018/11/19

記事カテゴリ:ブログ

 

 

 

皆さんは知らないであろう……。

このブログが、オレの人生を

どんだけ追い込んでいるかをッ!!

 

てなわけで、週2回更新がこんなに

ムリがあるペースだとは

ちょっと予想だにしなかった。

なんなら最初は、

毎日更新しようと思ってたぐらいなのだ。

 

昔は、そんぐらいのペースでパンパン書けた。

なぜなら、パチンコとパチスロと書くぐらいしか

楽しいことがない人生だったから…。

今はどうだろう?

どこぞの誰かとうまいもん食いに行ったり、

中野ブロードウェイに好きな本を買いに行ったり、

体だけの関係のデブスと上手に踊ったり、

ロケだの生放送だのアレコレソレコレ、

いろいろすべきことが目白押しなのだ。

 

体力的にも精神的にも随分変化してきた。

世界は常にまわり、どんどん変わっていき、

その渦に無意識のうちに巻き込まれ、

やはり自分もどんどん変わっていくのだ。

それは人なら誰もがそうで、

個人差はあれど必ずその渦に巻き込まれている。

 

今、アナタの手の中に

当たり前のように存在するソレが、

永遠にそこにあり続けるなんてこと

この世界では滅多にない。

それだけは、覚えておいたほうがいい…。

 

 

 

と、全国に散らばる『少年自然の家』で

聞かされるようなこんなムダ話を経て

紹介するようなもんじゃないと思うのだが、

今回のお宝はコレである。

 

だって、しょうがないじゃない…。

 

 

 

 

 

 

ショック残酷大全科(秋田書店)

 

 

 

 

 

オレはいつからか、

子供向けの児童書を集めているのだが、

その中でもひときわエッジの効いたヤツ。

いつか産み落とされるかもしれぬ我が子には

決して見せたくないような、

ソリッドな感性がスパークしまくるヤバいヤツ。

それが、『ショック残酷大全科』なのだ!

 

『ショック残酷大全科』(言いたいだけになってきた)は、

全302ページにも渡り、

表紙にもハッキリ明記されてるように

 

 

身の毛もよだつ映画の残酷シーン大登場

なわけである。

 

ま、つまるところこの本は、

世界中のホラー映画や

残酷ドキュメンタリーのワンシーンを、

許可を取ってか取らずか知らないがこれでもかと

ジャンジャカ写真で載せまくっており、

こわいモノに興味シンシンな子供より

むしろホラー映画マニアの大人が

よだれダランダラン垂らしながら大喜びするような、

資料価値も高いデンジャラスな一冊となっている。

 

 

 

ページ構成を紹介しよう。

 

 

 

まず、第1章は『残酷ゾーン』。

 

残酷映画の巨匠ヤコペッティの大残酷物語

 

いや、だって、ページの左隅に

本当に書いてあるんだもん……。

 

 

『残酷ゾーン』って……。

とんでもない特化ゾーンもあったものである。

 

 

 

詳しく中身を

写真でお見せできないのが本当に残念だが、

ショック系ドキュメント映画監督の巨匠、

グアルティエロ・ヤコペッティの作品とその世界観が

豊富な写真とともに紹介されている。

ま、とはいっても

人や動物がひどい目にあってる写真ばっかで

世界観もクソもあったもんじゃないんだけど…。

 

パラパラとテキトーにめくっただけでも、

気になるキャッチとキャプションが、

己の眼球にバイオハザードよろしく

ざんざか押し寄せてくる!

(以下、ほぼ原文のまま抜粋)

 

 

 

・ウシの首が飛ぶ

 

ネパールの山岳民族グルタ族は、勇敢さを示すために、

祭りの日に牛の首を大きな刀で切り落とす。

 

 

 

・ブタに乳を飲ます

 

ニューギニアのキンプ族の子供を亡くした女性は、

ブタの子に乳首をふくませねばならない。

 

 

 

・ヘビライス

 

シンガポールのマライ人は、ヘビも食べるヨ。

お米の上にヘビをのせて食べる!

カレーライスなんて目じゃないぜ。

ウマイ! ウマイ!

 

 

 

・ドッグナベ

 

珍味(チエンウエイ)! 珍味(チエンウエイ)!

好(ハオ)! 好(ハオ)! (以下自粛)

 

 

 

 

本書の中でどんな写真が展開されているのかは、

アナタの中にある空想ファンタジーの世界で

ロマンチックが止まらなくなっていただきたい…。

(もうナニ言ってんだかわからない、自分が…)

 

ちなみにこの後、さらに

『驚異ゾーン』『恐怖ゾーン』『衝撃ゾーン』

と続くのだが、

次回で紹介するかは誰も知らない……。

 

 

続けてくれ!

もっと続けてくれよ!

HEY、そこのトランペット…!!

 

みたいな、皆さんからの声が

多いようでしたら考えます。

 

あ、あと、当ブログのお気に入り登録、

お願いしますネ。(母の声でおねだり)

 

 

 

 

 

カモン、イエスタデイ……!!

 

 

 

2018年11月15日

2018/11/15

記事カテゴリ:ブログ

 

 

 

日が落ちたばかりの頃合いだった。

 

とある運送会社の営業所へ出向くと、

明らかにそれとわかるサイズの段ボールがあった。

その場面の写メを撮り忘れたオレを

ボロ雑巾で8往復ビンタしつつ、

冷蔵庫サイズのそいつを車の後ろへ乗せ

すみやかに帰宅。

 

その直後、

20時から配信された

ニコナナプラス生放送

『チェロスカーニバル』で

さっそく初披露されたそいつは、

リスナーの皆さんがため息をもらすほどの

まばゆいキラメキを放っておられた。

 

およそ26年前……。

 

街でもひときわ乱暴な種族の男たちに

「壊れよ……!!」

とばかりに扱われていたとは到底思えない、

はるばる我が家へやってきたその子を

どうか、みんなも見てやってほしい。

 

ちなみに、その子ではない…。(白い顔で談)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表面がキレイすぎて鏡のようになり、

スグ隣に置かれたタツジンが

プリントされたかのように

写り込んでいるのがわかる。

 

いったいどれぐらいの時間、

どんなチカラで極限まで磨かれたら

こんな状態になるのだろうか…?

 

まるで新品のような

筐体メッキ部分。

銀色という銀色が全ての光をキャッチし、

おろしたての食器のように乱反射していた。

 

そして、中でも特筆すべきは

筐体周囲の黒い木の箱ッ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんらかの特殊な黒い塗料で

塗り直されているのは間違いないが

(そうでなきゃ完全な新品)、

まったくムラのない傷ひとつない横っ腹は

繰り返し触れたくなるほど美しかった。

 

こんな

ホール導入初日のような412を

2018年の今、

見ることができただけでも、

生きてきてよかったと

本気で思えるレベルであった。

しかもそいつが、ウチの子に……!!

 

この台を売ってくれた人に、

迷わずエアーで400万円

送らせていただいた。

心から、感謝の気持ちを込めて。

 

エアーでスマン……。

 

 

 

 

ちなみにコイツは後日、

スカパー!『パチンコ★パチスロTV』の

『マニアの遺言』という我が番組で紹介。

BIGを引くまで鬼のようにハマり倒し、

 

 

 

 

 

 

 

 

ロケ中、共演者のマスクド・モリタ氏ともども

ガチマジでこんなアレになってしまったのだが、

その初めてのBIGボーナスは

REG後1ゲーム目にやってきた。

つまるところコイツは、

まごうことなき

 

ダイナマイトヴェージョン

 

だったのである!!

 

興奮のあまり

『ヴェージョン』言うちゃってるけども、

青春をひっさげていたあの頃、

たやすくお金を失うのが恐すぎるあまり

ロクに触れることすらできなかった

あの凶暴なダイナマイトヴァージョンが、

今ではオレの目の前で

優しく微笑んでくれているのだ。

 

 

 

ま、TVカメラのド真ん前で、

クッソクソハマりやがったけどな……。

 

 

 

カモン、イエスタデイ……!!

 

 

 

2018年11月12日

2018/11/12

記事カテゴリ:ブログ

 

 

 

先日、ついに買ってしまった……。

 

超カッコイイ、イカすヤツ。

この手の趣味を持つ者なら誰もがあこがれる

エグゼグティヴなボディと中身…。

 

 

 

とはいえオレ自身、

コイツが世を賑わせていた当時はまだ若く

経済的なヨユーもなかったため、

ほとんど関われぬ日々を過ごしていた。

 

ただ、周囲から漏れ聞こえてくる

悪魔的なまでにアツそうなゲーム性は、

田舎の若者が花の都 大東京よろしく

死にたいぐらいにあこがれるには

十分たるものであった。

 

ま、そうは言うても実際問題、

これまでに2~3回しか触れていない機種である。

正直、そこまでの思い入れもなかったものだから、

コレクターとして手元に置いておきたい気持ちはあれど

高価すぎてなかなか手が出せなかったのだ。

 

 

 

そいつは、

だいたい現在の相場だと

8万円ぐらいだろうか?

一時は10万~14万円ぐらいで

取り引きされていた時期もあった。

 

ソイツが、コレだ……!!

 

   ↓

 

 

 

 

 

 

ペガサス412(パル工業)

 

 

 

 

 

レトロ台ファンやコレクターからは

『ヨンイチニー』の愛称で語り継がれる、

今は亡きパル工業の3号機である。

 

数々の怪しいバージョンが存在し、

特に人気だったのが

『ダイナマイトバージョン』だ。

 

パチンコの

1回権利モノの超名機

『ダイナマイト(大一)』

のゲーム性を踏襲したもので、

パチンコの『ダイナマイト』だと、

デジタルに『3』が出現する小当りをきっかけに

『7』の大当りが大連チャンした。

そんなスリリングなゲーム性を、

パチスロに落とし込んだというわけだ。

 

『ペガサス412』では、

REGボーナス終了後の1ゲーム目が勝負!

祈りをこめてレバーを叩いた後、

パル工業特有のグミみたいな四角い『7』が

ズルリーーーンとスベってテンパイすれば、

BIGボーナスが連発する天国モードは目前!

 

さらに、そのボーナス終了後にも

BIGの超ソッコー連チャンに期待できたため、

412コーナーの鉄火場っぷりはハンパなかった。

大袈裟じゃなく、高稼働のホールだと

いつ人が死んでもおかしくないような、

異様な熱気と殺伐っぷりで満ちていたものだ…。

 

当時、まだクソガキだったオレが

412コーナーへ近づけなかったのも致し方なかった。

というか、412を前にした時ほど

「もし三田佳子の次男に生まれていれば…」

と、思ったことはなかったとすら断言できよう。

 

恐怖の412を打つために、

負けてもいい金が欲しかった……。

 

 

 

あの憧れの『ヨンイチニー』が、

ついにチェロスのご自宅へ…!!

 

 

 

ヘンな緊張感に包まれながらオレは、

国内某所から送り届けられた

『ヨンイチニー』が一時保管されている、

運送会社の営業所へ向かったのだ。

 

はたして、そこに存在したモノとは!?

次回へ続く……!

 

カモン、イエスタデイ……!!

 

 

2018年11月3日

2018/11/08

記事カテゴリ:ブログ

 

前回、紹介したところ

なぜか多くの人々があっけにとられた顔をした

チェロス宅のお宝、

ビッグシューターの基盤のフタ。

 

 

 

 

 ↑

コイツ

 

 

 

 

この大変珍しいお宝アイテムが、

実際に基盤へ装着された姿を見ていただこう。

 

 

 

 

 

 

コチラが初代『ビッグシューター』である。

とてつもなく凛々しく、そして美しい…。

ちなみに、この青セルはちょっとレアで

コレクター的にはオイシイ逸品なのだ。

 

ならば、なぜオマエは最初から普通に

この『ビッグシューター』を紹介しないのか!?

アホなのか!?

フザけてんの!? 

大衆魚のつもりか!? 

…………え、サバなの!?

 

といった、たくさんの疑問の声が

360度全方向から同時に聞こえてきた気がしたが、

そんな声はナニ人かわからない売り子が仕切る

ペルシャじゅうたん即売会場へ放り投げ、

 

 

 

 

 

 

裏がえしたい!!

 

 

 

 

で、ココが基盤なのだが、

   ↓

 

 

 

基盤上部のココに注目してほしい。

   ↓

 

 

 

 

何かをハメるポッチがある。

この左右2つのポッチを、

例のフタの方についている穴へ

割れんばかりのチカラづくで

ハメこんでやると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧、このとおり!

 

未来的なフタがついて、

ひときわゴージャスな

出で立ちとなるのだッ!!

 

基盤ちゃんも、ちょっと得意げ。

今日ばかりは、ガラスの靴のお姫さま。

カボチャの馬車で

いってらっしゃーーーーーい!!

 

 

 

カモン、イエスタデイ……!!

 

 

2018年11月2日

2018/11/05

記事カテゴリ:ブログ
タグ: ビッグシューター 

 

随分と長い時間

考えた気がする……。

 

さすがに一発目のお宝は、

我が家のパチ台かスロ台の中から

選ぶべきなんじゃないか、と。

 

いうても『ぱちガブッ!』は、

パチンコ&パチスロ専門サイトである。

 

そこで、お宝とはいえ一発目から

『生き残り頭脳ゲーム』だの

『黒ギャルM性感』だのを紹介するのは

いくら何でもどうなのか、と。

 

人生という長いロールプレイングゲームを歩む中で

それぐらいの空気を読む『おとな脳』は、

アイテムとして手に入れてきたつもりだ…。

 

 

 

そんな中、

今日紹介するお宝は

 

 

 

 

 

 

ビッグシューターの基盤のフタ

 

 

 

いや、言いたいことはわかる。

が、「実機を紹介すべきだ!」というおとな脳と、

「そんな常識にとらわれてたらその辺のYouTuberに

食い殺されるヨ!」というこども脳が

オレの中で激しくクロスオーヴァーしたのち、

両者とも光の粒に包まれながら

そっと着地した場所に

このアイテムだけが残されていたのだ……。

 

だから、仕方ない。

 

 

 

ビッグシューターといえば、

言わずと知れた平和の名機である。

1986年にリリースされた本機は、

貯留機能を初搭載した羽根モノだった。

しかし、貯留の元祖にしてすでに最高峰クラスの完成度で、

近年までに山ほどのリメイク機が登場している。

 

それはそれとして、

基盤にフタがついているパチンコ台など

そうたくさんあるわけじゃない。

台の裏側で役モノから基盤まで全てを覆う

プラスチック製のパックならまれにあれど、

基盤専用のフタというのは大変レアなのだ。

特に1986年当時は、

ほとんどの台が裏側じゃ基盤がむき出しだったと思う。

 

言うなれば、

ようやくセキュリティー面にも気を配りだした、

業界のひとつの流れが見てとれるわけだ。

 

ちなみに、裏側はこうなっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安心してくれ……。

キミがおかしいわけじゃない。

 

世界中の誰が見ても、フタの裏は

ひとつもおもしろくないと思うので、

次回はコイツを装着して

ちょっと得意げになっている、

ビッグシューターの基盤を

ご覧いただきたいと思う。

 

カモン、イエスタデイ……!!

 

 

2018年11月1日

2018/11/01

記事カテゴリ:ブログ

 

みなさんはご存知か知らないが、

このブログは空気が悪い部屋で書かれている。

 

模範的な小学生を2週間

この部屋で生活させた日にゃ、

にわとり小屋に野犬を放ったり

し始めるんじゃないか…?

そう不安になるほどの劣悪な環境なのだ。

 

 

 

だから、今!

 

 

 

部屋の窓という窓を開け、

ドアもフルオープン、

風通しをよくして

陽の光 浴びようよッ!!

 

 

 

……みたいな流れに

勝手になった気がしたので

仕方なくそう書いてみたが、

実際には窓を開けるのはイヤだし、

陽の光なんか浴びたくないのだ。

 

それはオレ、

中学生ぐらいからなぜかそうで。

うーーーーーん、どうだろう?

正確には、BUCK-TICKを

聴き出した頃からなぜかそうで…。

 

やっぱアレっすかね?

オレの脳内ではいつも、

ドイツ人のこどもが

ヒトラーに敬礼するムービーとかが

キチキチ音を立て流れてるもんだから、

知らずとその手のライフスタイルに

憧れてるのかもしれないな。

 

ええ、窓をあけない

ライフスタイルってヤツに!

 

つーか、キリッと言ってみたけど

そのライフスタイルって、

つまるところ『引きこもり』だね…?

 

 

 

でもって、

このブログがどんなブログなのか、

今んとこまだ全然説明できてない予感がするのだが、

だいたいわかってもらえましたでしょうか…?

 

わかるわけないよね。

逆に、もしわかった人いたらアンタ

完全にエスパーだから、

FBI捜査官にでもなった方がいいよ!

 

ま、つまるところ、チェロスが住む家は

なぜか異常にモノが多い家で、

『魔窟』だの『住居型ヴィレッジバンガード』だのと

訪問者からは呼ばれてんだけど、

そんな家の中でその辺に転がってるヘンなモノや

イカしたモノたちを、ジャンルにこだわらず

ズイズイ紹介していこうじゃないかッ!!

と、そういった内容になっております。

 

 

 

 

   ↑

我が家にありがちな何げない1コマ。

「ここに住んでるの?」とよく訊かれます。

 

 

 

 

では、さっそく次回から、

我が家に巣食ってる何かを

テキトーに出していくんでね。

 

記念すべき一発目のお宝は何か!?

ドラム式洗濯機か、

はたまた鍋とお玉か、

シャープのプラズマTV 

AQUOSの可能性も…!?

 

乞う、ご期待ッ!!

(まったく期待してない顔をした世界中のこどもたちが、

 ウィーアーザワールドを歌うムービーが

 脳内でエンドレス再生スタート)

 

 

TOP