魔窟チェロ家の宝物殿

人生のボタンを4回ほどかけ違えた結果、パチとスロの実機をうっかり550台ほど所有しているライター、貴方野チェロス。異様にモノが多すぎる彼の自宅を訪れた人々は皆、そこを『魔窟』だの『住居型ヴィレッジヴァンガード』だのと呼びたがる…。このブログでは、そんなチェロ家のその辺に転がっている奇妙なモノたちを、パチやスロの実機はもちろんのこと、本、CD、DVD、ゲームなど、ジャンルにこだわらず気の向くままに公開していくぞ! チェロ家へ遊びに来たような気持ちで、そっと覗いていただきたい♡ え、なにアンタ、手ぶらで来たのッ…!?(『歓迎』の旗を振りながら)

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

デート、それはゲーム

2019/03/29

記事カテゴリ:ブログ

 

さて、今回は何を出そうかな……?

と、ゴソゴソしてます

宝・物・殿ッ!!

 

 

何にしようか悩んだんだけど、

前回出して結構なセンセーショナルを巻き起こした

我がボードゲームコレクションから、

コチラをご紹介いたします!

 

 

 

 

 

 

 

エポック社の

テレフォンデートゲーム

 

 

 

 

オマエ、どんだけ

デートのゲームばっかし持っとんねん…。

寂しさがスパークしすぎて、

愛がスネークになっとんちゃうか!?

 

と、西の実力者の声が

聞こえてきた気がするが、

はっきり言っておこう。

 

 

 

 

 

ほっとけや!!

 

 

 

 

 

と、まぁ、

なぜオレが異常なまでに

デート系ボードゲームに

固執するようになったのか?

その話は、以前ニコナナコラム(有料)で

たっぷり死ぬほど語らせてもらったので、

気になるアンタはどうにかしてもらうとして、

このゲームはエポック社が1968年に発売した

『ワールドゲームシリーズ』の1つである。

当時、世界で大流行していた様々なゲームを

エポック社が日本で販売してたんですな。

 

無数に存在した

それらのうちの1つが、

『テレフォンデートゲーム』

だったわけである。

 

まず、ステキすぎる箱を見てみよう。

 

 

 

 

 

モダンかつキッチュなイラスト。

 

60年代のアメリカンテイストが

ムチムチ溢れ出しておるよね。

はたして、どんなゲームなのか?

その説明文がコチラ!

 

 

 

 

『素的』でなく

『素敵』な気がするが、

この時代は『素的』でも

アリなのかもしれない。

 

ま、つまるところ、

電話のダイヤルまわして

素的な異性に自らアタックし、

素的な異性がつかまったら

おこずかいをぶんどって

デートを開始。

ボウリング、ゲームコーナー、

遊園地、レストランを

他人のお金で堪能し、

早くゴールした人が勝ちとなる、

楽しいクソ女のゲーム

なわけだな……。

 

とはいっても、アレだな。

現代のジャパニーズな世の中も、

女の子と遊ぶ時っつーのは、

ほぼこんなもんかもしんねぇな。

いや、こんなもんだよな…。

 

 

 

 

ボードはこんな感じ。

 

 

1つ1つのマスを拡大すると、

 

 

 

ダンスパーティ

 

 

 

ゆうえんち

 

 

 

ゴーゴー喫茶

 

 

 

公園

 

 

 

というわけで、

印刷が微妙にズレとるのは

オシャレ感を狙ってるのか

大味な海外製品ゆえの事故なのか

シカトできないところだが……。

 

アメリカ文化とニッポン文化が

ごちゃまぜになったレジャーを

わたり歩きつつも、

公園はどこの世界へいっても

タダで安上がりなんだな…と、

あらためて公園ってヤツの

コストパフォーマンスの高さに

おののいている次第である。

ケースバイケースで

SEXだってできるしなッ!

(見つかったら逮捕です)

 

 

 

そして気になる

ルーレットギミックは

こんな電話型…♡

 

 

 

 

やはり、この手のボードゲームが

売れるか売れないかの

重要なポイントとなってくるのが、

ルーレットギミックなわけである。

コレは、電話の受話器を回すと

右下に何コマどちらへ進むかが

表示されるという仕組み。

 

家の電話をいじくり倒したいんだが、

いじくると親に叱られるというガキは、

その鬱憤をコイツで思う存分

発散させていただきたい。

ふわり、狂気のように……。

 

 

 

 

で、このゲーム、

コマが大変キュートである。

 

 

 

 

1960年代当時の

最先端ファッションに身を包み、

オスを釣ろうという

女子の魂が宿る素晴らしきコマだ。

 

まぁしかし、

こんぐらい昔のファッションになると

リバイバルじゃないけどさ。

今見ても、かなりオシャレだよね。

時代遅れ感は漂ってないよな?

やっぱ、一番ヤバいのは

10年ぐらい前のファッションだな。

それを超えるとファッションは、

徐々にオシャレ度を取り戻してくる、と。

 

勉強になりましたッ!!

(お気に入りのGULFYパーカーに袖を通しながら)

 

 

 

ちなみに、

こちらが釣られる側となる

オスのカードである。

 

 

電通社員だな、

コイツは……。

(なんとなくのイメージ)

 

 

 

 

というね。

『思春期の性』という

新しい何かが私の中で目覚め

世界はまわり、

スパークするかのような、

かなり業の深い

ボードゲームなのである。

 

あ、ちなみに、

肝心のゲーム性の方は

大してこう、なんだ?

つまるところ、アレなので

触れずにおいてやってくれ…。

 

 

 

 

 

 

レッツ・ボーイハント!!

(ふりだしから、欲ダダ漏れ)

 

 

 

 

 

カカモカモカモ、

カモン、イエスタデイ……!!

 

 

 

TOP