魔窟チェロ家の宝物殿

人生のボタンを4回ほどかけ違えた結果、パチとスロの実機をうっかり550台ほど所有しているライター、貴方野チェロス。異様にモノが多すぎる彼の自宅を訪れた人々は皆、そこを『魔窟』だの『住居型ヴィレッジヴァンガード』だのと呼びたがる…。このブログでは、そんなチェロ家のその辺に転がっている奇妙なモノたちを、パチやスロの実機はもちろんのこと、本、CD、DVD、ゲームなど、ジャンルにこだわらず気の向くままに公開していくぞ! チェロ家へ遊びに来たような気持ちで、そっと覗いていただきたい♡ え、なにアンタ、手ぶらで来たのッ…!?(『歓迎』の旗を振りながら)

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

悪役だってヒーローなんすね!?(前編)

2019/05/31

記事カテゴリ:ブログ

 

先日な。

オトナのお話しをせにゃならん事情があり、

この『ぱちガブッ!』を運営する人々と

ちょっくらお会いしたわけよ。

 

そしたら、

このクソブログこと『宝物殿』を

楽しみにしてくださっておる、と。

 

で、特にアレ、あの〜〜〜、

なんかヘンな漫画とか紹介する回?

アレがいいんすよねェ〜〜〜!

なんて、言われてしまったわけである。

 

そう言われると、ヤリたくなる……。

そんなヤリたがり、かつ、

サービス精神旺盛なチェロスゆえ、

ギャラの軽く4倍は手間がかかる

あの手のヤツを久々にやっちゃろか、と。

メラメラと鈍色の炎が燃えだしたのだ。

 

 

 

 

だが、今回は漫画ではない。

とはいえ、

我が魔窟チェロス家で眠る蔵書の中では

かなりの得意ジャンルとされる、

 

 

 

児童書

 

 

 

から、チェロス的鬼ヤバな

傑作ともいえる1冊をご紹介するぞ。

それが、コチラッ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

悪役ヒーロー大百科

(ケイブンシャ・1985年)

 

 

 

 

 

ヒーローものや特撮作品に登場する

悪役のみをクローズアップした、

およそ悪にあこがれがちな

アウトロー予備軍

な子供たちにとっちゃ、

まさにバイブルとも言える一冊である。

 

ちなみに、チェロスはガキの頃から

特撮作品がとにかくアホみたく好きだった。

しかし、オレが応援していたのは

主に、敵……!!

かたくなに、敵……!!

 

 

 

人間や地球を襲う怪獣や怪人に

横綱レベルで勝って当然な

ウルトラマンやなんたらレンジャーを、

今日こそヤツらがブッ倒す瞬間が

見られるんじゃないかと、

祈るような気持ちで

ワクワクドキドキ観ていたのだ。

 

だから、友達同士で

ウルトラマンごっことかやってみても

味方側を演じることはほぼなく、

しかもマニアにしかわからんような

帰ってきたウルトラマンの

フライングライドロンだとか、

ウルトラマンエースの

電波怪獣ビーコンだとか、

独自性にも程があるチョイスで

恐るべき再現度を目指していたのである。

児童公園で。

ビーコンが無気力そうに飛んでくる

登場シーンから真似して。

 

 

 

そんな幼少期を過ごしたオレにとって

この本は絶対に目を通したい逸品で、

古本屋で見つけた時も

ちょっと値が張ったものの、

「なにクソッ!!」

と購入したわけである。

 

 

 

しかし…………。

 

 

 

家で何気なくパラパラッと

ページを開いたオレは、

ド肝を抜かれた。

 

各ページの写真に添えられた

いわゆる『キャッチ』の一部に、

当時、この本を担当したライターの

独特すぎるセンスというか、

狂気の才能がほとばしっていたのだ!!

 

そもそもよく見たら

表紙のキャッチからして

普通じゃない。

 

 

 

 

 

悪役なのに

ジャニーズ系のようなPOPさで、

さらに自らを『ひょうきん悪役』という

斬新すぎるワードでカテゴライズ。

 

この本の目指す道が、

はんなりと示されたようで

たいへん興味深い一節だ。

 

 

 

 

ではここから、

イカしたキャッチを

いくつかご覧いただこう……!!

 

 

 

 

 

 

 

ジャッカー電撃隊が何も言い返せぬ

ものすごく、どストレートな悪口。

お、おう、トランプなんです……。(ジャッカー・談)

 

 

 

 

 

 

 

「見りゃわかるだろう」って言われても

何ひとつわからないデビルフィッシングさん。

コレ書いてた時、ライターのヤツ完全に

どえらい睡魔に襲われてたにちがいない…。

 

 

 

 

 

 

 

『やらしい考え』を持ったバトルコサックさんを

ニチニチ言葉攻めするサロメ役の女子プロレスラー、

マキ上田さん。小学生、ちょっとおっきした……。

 

 

 

 

 

 

と、こんなのはまだまだ序の口で、

次回はさらなるすごいキャッチを

スペースのゆるす限り、

ズイズイと紹介していきたいと思う!

 

 

 

 

見りゃわかるだろう。

カモン、イエスタデイ……!!

 

 

 

TOP