濱マモルとデラえみりんのハマデラハナ雑記帳(のおと)

必勝ガイドのベテランライター・濱マモル(全細胞が酒と音楽とパチスロで構成されている人)念願のハナ系ブログが平成も最後の最後で始動! 名古屋と東京を行き来するハナプレイヤーのデラえみりんと共にハナハナの魅力をお届けしていくぞ。

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

設定推測について〜デラえみりん編

2019/02/17

記事カテゴリ:ハナハナ

 

数々の設定推測要素の中で何を重要視するかは、人に寄りけりかと思います。ゆえに一概に「これを信じるべきである」とは言えません。

 

ただ、ハナを打ちだした頃は経験が足らず何度も高設定を捨てていたので、皆様が高設定を捨てることにならぬよう、何かお役に立てればと思います。

 

 

 

ああ、伝えたいことが山ほどある。どうしよう。私的には、ベル出現率が良いよりもスイカ出現率が良い方が粘る価値があると考えています。もちろん、どちらか一方が良ければ粘れるところまで粘りますし、高設定というのは何かしら打つ理由をくれるので、理由がある限りヤメてはならないと思っています。

※ただし眠たい時は捨てます。

 

 

濱さんもおっしゃっていた通りスイカはかなりブレるので序盤は気にしないようにしておりますが、ワンビッグでスイカが4回も落ちた時は鬼粘ります。3回落ちることはあっても、4回落ちる台はほとんどないんですよ。

恐らく、4回落ちた台でマイナス差枚フィニッシュは一度、二度くらいじゃないかしら。粘る価値は大いにあるかと。

 

 

 

あとパネフラに関しては空気。私が最も気にしない設定推測要素です。でも、ニューキンのみ気にするかも。なんだろう、変な話、打つ機種によって変わるんですよね。基本的には気にしていなくて、上下でパネフラしても「ふーん」って感じですわ。

 

 

そして、最も重要なボーナス出現率。他の推測要素が弱くてもボーナス出現率が良い限りはヤメない方が良いと思っていて、設定5の出現率より悪くなった時にようやくヤメを意識する感じで打っております。

ドリーム以降のシリーズは色での判別もしやすいのでもう少し早めにヤメることもありますし状況に寄りけりですが、基本的にはヤメません、私なら。

※ただし眠たい時は捨てます。

 

スイカもベルも後からいくらでもついてくるので信じて打つのみ。

 

 

 

これが重要っていうのはまだまだありますけど、それが絶対じゃなくて、人によって違うのも面白い。もっと研究しなくては!

 

設定推測について〜濱マモル編

2019/02/13

記事カテゴリ:ハナハナ

 

 

 

 設定推測はあくまで推測。答え合わせはできないわけですから、確定パターンが出ない限り、見当違いなこともある。むしろ、ピッタリ当てられることの方が少ないのではないでしょうか。まぁだからこそ面白いわけなんですけどね…。

 

 

 

 ただ、編集部よりパチスロライターとして任命された我々は、役得とでも申しましょうか、ショールームにて設定を知ったうえでの試打ができる。つまり、低設定や高設定の挙動確認が可能なのです。

 

 

 

 ありがたいことに、ハナハナシリーズの最新作が登場するたびにショールームまで突撃させていただいているアタシ。高設定にも低設定にも幾度となく触れているアタシが感じているのは、「設定の高低でベル出現率に差が出やすい」ということ。周知の通り、詳しい数値は公表されておりませんが、高設定は高数値、低設定は低数値に落ち着きやすい傾向にあるのです。

 

 

 

 

 一方、スイカ出現率はビッグ10数回程度のサンプルだと荒れること多数。もちろん、高設定でしっかり良好な数値を示し続ける場合もありますが、ベル出現率と比べると信頼度に欠ける部分があるかなぁと思うわけです。

 

 

 

 また、パネフラ(龍玉)やREG中のランプなども同様で、こちらも参考程度というのが我が印象。いきなりREG後のパネフラが発生すれば、そりゃあ打ち続けますが、そんなラッキーはそうそう起こりませんからね。とはいえ、前回にも書きました通り、パネフラは我が脳汁を著しく分泌させるポイントのひとつ。ビッグ後2連続でパネフラが発生した時などは、ついつい追い掛けてしまいたくなっちゃうから困ったもんです。

 

 

 

 

 …と、まぁ長々と書きましたが、要するに最も重視する設定推測要素はベル。2千G程度まではボーナス合算出現率が芳しくなくてもベル出現率が良ければ続行、逆に4千G以上回してボーナス合算出現率が設定4〜5の近似値であったもベル出現率が悪ければ撤退を考える。個人的にはそうやって立ち回っているのです。各機種のベル出現率(実戦値)に関してはスロガイ、スロ術、パニック7、そしてぱちガブッ!等をご覧くださいませ(宣伝)。信用するかしないかは、アナタ次第です。チカチカ。

 

 

 

 

 

ハナハナあるある、その3〜デラえみりん編

2019/02/10

記事カテゴリ:ハナハナ

 

私、下皿にMAX600700枚くらいで止めるようにしているんですけど、先日ビッグ中にホッパーエラーが出て、店員さんはメダルを詰めすぎてエラーが出たと思ったのでしょうね、下皿から300枚くらい箱に移されました。

 

ホッパーの中にメダルはありませんでしたし、メダルを詰みすぎたホッパーエラーだったら払い出されたメダルの音で分かります。どれだけ詰められるのかは大体理解しているつもり。しかし、そこを勘違いされたのは全く問題ありません。

 

問題は、下皿のメダルを箱に移したこと。

 

 

こんなことでため息をついてしまう自分はどうかしていると思います。でも、どうしても下皿パンパンを維持したいんです。下皿パンパンの状態で光らせて、あの連チャンBGMを聞きながらメダルを箱に移したいんです。下皿パンパンの状態で何ゲーム回るかをその都度見たいんです。

 

無駄にこだわりが強くて本当にごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。

 

 

お金の余裕は心の余裕と言いますが、私にとって下皿の余裕というのはまさに心の余裕なんですよ。下皿のメダルが減っていくごとに落ち着きを失いますの。

 

 

 

そんな私が今回挙げるハナハナあるあるは、ずばり!

“レグなら箱を使わない”。

 

 

どうでしょうか!?

ちょいちょい同じ傾向にある人を見かけるので、あるあるではないかと思います。

個人的にMAX700枚くらいに抑えたいところですが、レグなら話は別。レグで箱を使うことを自分のプライドが許さないんです。まあ、850枚くらいが限界なんでそれを超えるようだったら使ってしまいますけど、そこはしゃーない。プライドとか言っとれんす。

 

 

ちなみに、ボーナスタイプ全部に言えることではありますが、自分自身ハナ以外は特にこれといったこだわりがないので挙げさせて頂きました。こうしていつも、自分の好きなようにカスタマイズしているのです。ダカラ誰モ触レナイデ。

 

 

ハナは自分で作り上げるもの

byデラ

 

ハナハナあるある、その3〜濱マモル編

2019/02/06

記事カテゴリ:ハナハナ

 

 

 

 もはや、無意識なんですよ。その都度、「あっ、違った」って頭をかいてしまうんですよ。

 

 

 

 

 アタシの記憶が確かならば、キングハナハナから採用されたボーナス後のパネルフラッシュ。今やハナハナにおける設定推測要素のひとつとして定着していますよね。自身の台のみならず、悪いなぁと思いながらも周囲も確認。もちろん、REG後のパネフラ以外は特定設定以上が約束されるわけではありませんし、過去にもクイーンハナハナでハマリの跳ね返りを狙って900Gから打ち始めたところ、1400Gまで連れていかれた上に、そのビッグでパネフラしてキレそうになったこともありますが、何だかんだいってもパネフラは嬉しいもの。ボーナス後は上部パネルを見てパネフラ発生を祈ることが、すっかり癖になっているのです。

 

 

 

 

 染みついた習性は、制御不能。ジャグラーにそんな機能がないことは知っている。ニューパルにそんな機能がないことも知っている。それなのに、ベルを鳴らせば唾液を垂らすパブロフの犬の如く、ボーナス後はどんなマシンであれ上部パネルを凝視してしまうのです。で、当然ながらパネフラなんぞはしないわけで、ちょっぴり恥ずかしいやらパネフラしないことで少し寂しいやらで、色々な感情が交錯してモヤモヤしてしまうのです。

 

 

 

 

 シンプルながらも中毒性のある設定推測要素。パネフラを考えた開発の方は、マジで神だと思いますね。ジャグラーやニューパルなどのボーナスタイプマシンで、ボーナス後に上部パネルを眺めている方がいたら、その方はきっとハナハナマニア。チェックしてみてくださいませ。チカチカ。

 

 

 

ハナハナあるある、その2〜デラえみりん編

2019/02/03

記事カテゴリ:ハナハナ

 

『全飲まれまであと50

一応あってもおかしくはないけど特別強いわけではないし、飲まれたらヤメようかな

 

 

【残り10枚】

チカチカ。

 

 

飲まれる寸前でチカるあるある。

 

 

これちょーーーーーありません!?

ヤメないでボーナスが引ける台って大体高設定なんすよ。まじで踏ん張り癖が凄い。

 

低設定でもこれはありますけど、そこから伸びないんです低設定だから。踏ん張れて1、2回ってとこかしら。

高設定はボーナスを引けるからこれって凄く当たり前のことだけれど、自信がない時や設定推測要素が弱い時に踏ん張ってくれるのは有難いことです。

 

 

以前、パチスロ必勝ガイドの91時間バトルで飲まれたらヤメようと思っていた時に残り数枚で光って、次もその次も残り数枚で光って連チャンしたんですけど、その連チャン中のREGでパネフラした時は本当にゾッとしました。ま、ショボい結果で終わったんですけど。あの時「ヤメないでボーナス」がなかったら設定3以上とは知らず捨てていたと思います。

 

 

何度もこの現象に助けられていて、この現象がなければ何度も高設定を捨てていると思いますわ。つまり私はド下手ってこと☆

 

 

しかもですよ、これってやめようかな~の時にしか起こらないんです(デラ調べ)。この台はないかな、ヤメようかなって時のみ。あると思っていたら飲まれても追加投資しますけど、ないと思っている時だからこそ、このヤメないでボーナスはとても価値があるのです。

 

ハナハナあるある、その2〜濱マモル編

2019/01/30

記事カテゴリ:ハナハナ

 

 

 

 ハナハナシリーズではホウオウとツインドラゴンを好んで打ちます。神獣系はビッグ傾向で爆発力がある。まぁそれも理由のひとつではありますが、なぜアタシがこれらを好むのか、それは「HANA!-chika-HANA!」を聴けるから。まさに、これに尽きるのです。

 

 

 

 「HANA!-chika-HANA!」。ハナハナファンにはお馴染みですが、知らない方のために解説しますと、これは日本が誇る孤高のメタルバンド「Gargoyle」の書下ろし楽曲です。「なぜ、ハナハナにメタルバンド??」と思われる方もいるでしょうが、このバンドのVo.KIBAさんは大のハナハナ好き。コラボレーションは必然ともいえるでしょう。

 

 

 

 選曲条件はホウオウが87G以内、ツインドラゴンが100G以内のビッグ5連以上で、途中にREGを挟んでもOK。まぁ文章にするのは簡単ですが、これ、特にホウオウは困難至極なわけですよ。メーカさんも、聴かせる気がないんじゃないかって思っちゃうほどなんですよ。

 

 

 

 それでもアタシは聴きたい。しかも、ホウオウでホール内にメタルサウンドを響かせてヘドバンしてやろうと日々レバーを叩いているのですが、ホウオウやツインドラゴンって、ビッグ偏向なハズなのにビッグ5連ってし辛いですよね? 4連でピタっと止まっちゃいますよね?

 

 

 

 

 はっきり言って、出玉云々よりも「HANA!-chika-HANA!」を聴くことが重要。そんなダダ洩れの想いが逆に重圧になって、ヒキにゆがみが生じてしまうんですかね。先日も8連したのにビッグ4回、バケ4回。さすがに、この時は落胆しました。8連もしたのに泣きました。ヘドバンしたい。ストップボタンを離す、その自分のタイミングでKIBAさんのシャウトを轟かせたい。まだまだ、厳しい挑戦は続きます。チカチカ。

 

 

 

ハナハナあるある〜デラえみりん編

2019/01/27

記事カテゴリ:ハナハナ

 

ベル出現率は悪い、パネフラもない、ボーナスもついてこない、でもスイカだけが落ちるという状況はよくありますよね。濱さんも言っておりましたが、最低でも2000G、状況次第でいけたら3000Gまで打って考える派閥なので、何か一つ良いところがあれば粘り続けます。

 

そして粘った結果、ちゃんとボーナスがついてきた、でも唯一良かった設定推測要素が悪くなる…なんてことはありませんか?

強い要素があって追っていたのに、ボーナスがついてくると弱くなるあるある。

 

これまじであるあるだと思うんですけど。少なくとも私の中では超あるあるで、ツモった時って、結構このパターンが多いな。

 

 

 

逆にボーナスは設定6で引けているけど推測要素が弱いというパターンでスタートすると、失速してスタート地点に着地することが多い気がするあるある。そのまま出続けて推測要素が後からついてくる、なんてことも全然あるんですけどね。

 

こっちのパターンの方がみんな幸せ。打っている方もだし、他の人からしたらあの台が当たりっぽいでやーめよって、無駄に追う必要がなくなることにも繋がりますし。

 

 

もう最終的に、打ちすぎて何を信じたら良いのか分からなくなるのであーるある。

 

 

ハナハナあるある〜濱マモル編

2019/01/23

記事カテゴリ:ハナハナ

 

 

 

 朝イチから意気込んでハナハナシリーズに着席。初ビッグでパネフラしたし、ボーナスはコンスタントに引けている。通常時のベル出現率も悪くないからと打ち続けたのに、突如として失速することってありませんか? アタシとみそちゃん、みのりんなどと活動しているバンド「タカハシ」風にいうならば「結婚して豹変 容姿アレのまま 結婚して豹変 性格荒れ果てた(ハンドルを左に戻してください)」的な状況に陥ることってありませんか?

 

 

 

 

 

 そう、昨今のハナハナシリーズは、リセット後の立ち上がりがよい傾向にある。もちろん、高設定は比較的安定しますから、共に道を歩むと誓っても豹変することは稀であり、つまるところ性悪挙動は中間設定以下の可能性大。サンプルを集めまくった結果、概ね3千ゲームあたりが下降線のスタートとなりやすいことから、我々有識者はこの事象を3千ゲーム問題と名付けて日々研究しているのです。

 

 

 

 

 「リセット濃厚台を3千ゲームまで打てば常勝間違いなし」

 

 

 ここまで読んでそう考えた方もいるでしょう。当然、アタシも考えましたが、ここで問題なのは「明らかに良挙動なのに、3千ゲームでスパっとヤメられるのか」ということ。予め中間設定以下だと分かっていれば問題なくヤメられますが、例えば「3000G消化、BB12回、RB10回」なんて台が空いていたら即座に確保しますよね? 空いていたら座るのに、打っていたらヤメる。この矛盾に得も言われぬ葛藤がありまして、結局、コインを減らして撤退する日々が続いているのです。これからも研究あるのみ。ハナ道は奥が深いですね。チカチカ。

 

 

2018年の思い出その2〜デラえみりん編

2019/01/20

記事カテゴリ:ハナハナ

 

ついに関東人になったデラでーっす!

 

 

ちょうど去年の今頃の話です。

 

編集部から突然の電話。その内容とは

 

 

“グレートキングハナハナの高設定を2、3日中にツモってデータを採ってきてほしい”

 

 

かなりの無茶ぶりに戸惑いましたが、これは名古屋にいる私しか出来ないデータ採りであり、その頃は仕事も全くなかったのでせっかくの仕事のチャンスを逃すわけにはいきません。やりますと返事をして、それはもう必死になってホールを探しました。

 

 

【必須条件】

・高設定に期待できる(最重要)

・確実にグレに座れる

・一台目をハズしても移動できる

・抽選ゲーじゃないホール

 

 

そ、そんなホールある!?

日付的にも強いホールはなくて、普段なら家でゴロゴロしているのにいきなり探し始めても簡単に見つかるはずがない。もし強いホールがあっても抽選ゲーだし、一台目をハズせばオワオワリ。やりますとは言ったものの、ちょっと厳しいと思ってしまう依頼でした。

 

しかし簡単に諦めるわけにはいきません。何もせず「ツモれませんでした」なんて言語道断。私は諦めず探し続けました。

 

 

 

そして連絡が来てから一日が過ぎようとしていた時、デラはついにみつけた!

 

ハナ強化期間中で初日と二日目の全台のボーナス出現率は1/150前後、明日が三日目の最終日。しかも一番回っている台が6000回転で他も全く回っていない良い感じの過疎ホールです。もうここしかない、行くしかない。探すのに夜中までかかってしまったので、寝ずにホールへ向かいました。さあその結果は

 

 

 

 

うぇーい!

初日、二日目通りの配分ならちゃんと高設定に辿り着けるはずだと信じて掘りまくり、三台目でツモることが出来ました。レインボーが出た瞬間の安堵感。これでデータを送れる、貢献できると思ったらスッと身体が軽くなりましたね。眠たくて瞼はずっと重たかったんですけど。

 

 

諦めないことって大事ですね。必死になって探して本当に良かったです。こっち(関東)で勝てないんじゃないかという不安はありますけど、諦めず頑張りたいっす!

 

2018年の思い出その2〜濱マモル編

2019/01/16

記事カテゴリ:ハナハナ

 

 

 

 なぜ、予定がある時に限って高設定に座れるのでしょうか。

 

 

 

 

 2018年、推定高設定に座れたことは何度もあります。ただ、「これは間違いなく設定6」と感じたことは数度。まぁ座れただけでもラッキーなのですが、なぜ、そんな時に限って夜に予定があるのでしょうか。

 

 

 

 

 飲み会。バンドのスタジオ練習。家族との外食。中にはキャンセルしても問題ないような大したことない予定もありましたが、アタシは「嘘はついても約束は守る」男、泣く泣く良台を捨てて、後ろ髪を引かれながら店を後にしたものでした。

 

 

 

 そんな心境ですから、予定をこなしている最中は台の行く末ばかり考えてしまうわけでして、言ってしまえば心ここにあらず。酒が入れば楽しくはなるものの、明らかに通常時よりも立ち上がりが悪く、テンションもさほど高くはなりません。無論、そんな姿勢では同席の人々に失礼。せっかくの席を楽しまなきゃ損だと感じたアタシは、「予定があるから高設定に座れた」と思うようにしたのです。どうせ長時間打てないのだから、普段よりも気軽な台選び、欲のない立ち回りをした結果、高設定に辿り着けたのだと。

 

 

 

 何事も気の持ちよう。考え方を改めただけで、すっかり気分は晴れやかになりましたが、こうなると、また一つの思考が生まれてしまうから困ったものです。「夜に予定を入れれば高設定に座れるかも」。まさしく逆転の発想です。息子の宿題を見る。晩御飯を作る。花壇に水をやる。どんな些細なことでも予定として組み込めば勝機が訪れると思ったわけです。まぁ言うまでもなく、この発想は不発に終わりましたが、そんなアホなことを真剣に考えた2018年は、それだけ高設定に巡り合えたということ。ハナの神様に感謝ですね。2019年もよろしくお願いします。チカチカ。

 

 

 

 

TOP