三十男のピロートーク

パチスロ必勝ガイドのブログ「スロガイフラグ」で2005年から連載された木村魚拓のコラム。(当時)三十男がつぶやくピロートークには、甘さの中に苦味を隠した大人の男の在り様が綴られているが、ベッドで語り合うものとはまるで違う。

※毎週月曜アップ予定!!

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

その20

2020/06/22

 深夜、渋谷でタクシーに乗り込み、シートにぐったりと背を預けたまま大きく息を吐くと、白髪の運転者が静かに口を開いた。


「お仕事の帰りですか」


 返事を待たずに運転手が続ける。


「ワタシはね、この仕事を初めて…もう30数年になりますか。長いこと渋谷界隈を転がしてますが、この街は変わらないですね」


 街並みは変わったでしょう。


「街並みは変わりましたね。ええ、変わりました。お客さんの言う通りです。ただね、ほらワタシ30年以上転がしてるでしょ。この街で深夜にタクシーを拾う若い人は、昔も今も変わらないんですよ」


 というと? あっ、すいません、タバコ吸っていいですか。


「どうぞどうぞ。寒いでしょうから、窓開けるのは少しでいいですよ、少しで。昔からね、元気な子っていうのは終電でパッと帰っちゃう。不思議なもんですね。この時間にタクシーに乗る子は、大体どこか疲れてるっていうかな、小さい背中に色んなものを背負ってる子なんです。この間も若い…そうだなぁ、年の頃は二十歳やそこらですか、風俗の仕事を終えた茶髪の女の子が乗りましてね。そうそうお客さん、ほらワタシ30年以上転がしてるでしょ、風俗やってる女の子は匂いで分かりますね」


 ミラー越しにうなずいて見せた。


「その茶髪の女の子がね、どうも辛そうな顔してたんで、『どうしたんだい』って声を掛けてみたんです。そうしたらね、ポツポツと語り始めましたよ。『近頃、指名が少なくて稼げない。でも指名が増えたら増えたで乳首が黒くなっちゃいそうで恐い。おじさん、アタシはどうしたらいいんだ』ってね」


 ちょっと笑った。


「笑っちゃいますでしょ。でもねお客さん、その子にしたら笑い事じゃないんですよ。だから、うんうんって話だけ聞いてたら、降りる時にその子は言いましたよ。『おじさん、話したら楽になったよ』って。笑顔で降りていきましたよ。だからねお客さん、ため息ついてないで、辛いことがあるなら話してみちゃあどうですか。大丈夫、悩みを我慢したって吐き出したって、お代は運賃だけで結構。お客さんの顔みりゃ、悩みがあるのは分かるんですから。ほらワタシ30年以上転がしてるでしょ」


 肉を食い過ぎて苦しいだけなんだよなぁ…。そうは言えずに仕方なく、ポロリのことを少しだけ話した。

 

ピロートークが掲載されている「未練打ち1」のご購入はコチラ!!↓↓↓

"ガイドワークスオンラインショップ"

http://shop.guideworks.co.jp/shopdetail/000000000119/

TOP