全力!新台レポート

毎週月曜日更新/若手ライターたちが毎週、最新台を全力実戦!

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

「パチスロ地獄少女」②/実戦データ&まとめ

2015/11/02

記事カテゴリ:黒崎アキラ
タグ: パチスロ地獄少女 地獄少女 新台 

【実戦データ】

ゲーム数 ART・CZ・上乗せ 当選契機 投資 備考
0~        
(69) CZ(仕置きチャレンジ) チャンス目(?)    
1031 ART(地獄流し)     50Gスタート
(38) +10G チャンス目 25000円  
(42) +10G 強チェリー    
(49) +70G 仕置きの刻    
140 ART END     271枚 獲得
107 ヤメ      

 

 

投資 25000円
獲得 247枚
換金 4500円
収支 -20500円
総合回転数 1278G
通常時 1138G
ART中 140G
初当たり 1/1138
CZ 1/1138
小役直撃 なし

 

 

【まとめ】

最近よく耳にするようになった「高ベースAT/ART機」という言葉。千円あたりで回るゲーム数が多く投資スピードが遅い分、ATやARTの初当たり確率が重いという昨今の機種ですが、地獄少女も39回/Kなので、この類と言えます。巷の声は賛否両論(…ちょっと否定的な意見の方が多いかもw)ですが、僕は今回のような展開になって高ベースは悪くないなと正直思いました。

パチスロにハマリは付きものです。1万円、2万円と使う金額を決めて打ち始めたとしても、天井の存在が「期待値」という抽象的ながらも勝つためには必ず追い続けなければならないものを脳裏に浮かばせるため、そこまでの投資額に関わらず否応なく天井まで追ってしまうのがパチスロ打ちのサガではないでしょうか。

これが低ベース、例えば29回/Kの機種だったら当然天井まで投資し続けた場合、もちろん天井の恩恵やAT/ARTの破壊力はあるにしても、結構な投資額になることは否めません。夢はありますが痛手も小さくはないでしょう。対して今回のような高ベース機種だと、今回のようにストレートで天井に行っても投資は2万5千円。適度な投資額で1度の当たりを取ることができ、大きな痛手を負う前にヤメ時の判断を打ち手に委ねてくれるところに、高ベースAT/ART機の良さを感じました。

今回お伝えできなかったART中のボーナスや1/76260のプレミアムフラグなど、まだまだ隠された部分の多い機種です。是非ご自身の目で地獄の一丁目をお確かめください!

 

 

それでは罰ゲームをどうぞw

 

関連機種

TOP