全力!新台レポート

毎週月曜日更新/若手ライターたちが毎週、最新台を全力実戦!

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

「パチスロ獣王 王者の覚醒」①/実戦記

2017/04/24

記事カテゴリ:黒崎アキラ
タグ: Sammy 獣王 A+ART オリジナル 

 

かばくん

かわいいですね。

 

 

 

黒崎です。

 

 

 

 

 

そんなかばくんが随所に登場する

『パチスロ獣王 王者の覚醒』が

今回ご紹介するニューマシン!

 

 

 

新しい獣王は

BIG(204枚)とREG(48枚)の

2種類のボーナスと

ART(純増1.4枚/G)で出玉を増やすタイプ。

 

ARTはゲーム数を上乗せして

継続させていく仕様です。

 

 

 

主なARTへの筋道は

①通常時→CZ→ART

②通常時→ボーナス→CZ→ART

③通常時→ART

 

とオーソドックスな

A+ART機といった印象。

 

なのでまずはCZを目指すことが第一歩です。

 

 

 

詳しくはコチラからどうぞ↓↓

 

https://p-gabu.jp/guideworks/machinecontents/detail/4544

(※ぱちガブの機種解説ページに飛びます)

 

 

 

先週導入の新台ですが

既に有意義な解析情報が数値付きで

公開されているので

目を通されてはいかがでしょうか。

 

リールの図柄や打ち方が

やや複雑なので

前もってチェックしておくことを

お勧めします。

 

 

 

 

 

さて、新台実戦のお話し。

 

まずはCZ突入を目指して

打ち出したところ…

 

 

 

 

 

 

 

トントンとボーナス当選するも

REG、REG…

バケの出玉は雀の涙ほど。

CZ当選もなく、パッとしない立ち上がり。

 

 

 

しかしながらおよそ100G程で…

 

 

 

 

サクッとBIGに当選!!

 

 

 

 

 

本機は通常時・ART中問わず

ボーナス中はベル(9枚役)の

3択押し順当てに挑戦します。

 

皆さん、エスパーの発揮しどころですよ。

 

 

 

 

 

 

自分の最初のBIGは

お肉5つ。

 

5つだと獣王モード以上の当選率が50%!!

 

ルーレットの針役の

かばくんがお肉を指すことを祈り見守ると…

 

 

 

 

 

 

おみごと。

CZ:獣王モード突入!!

 

獣王モードは20G継続し

毎ゲーム成立役に応じて

ART抽選を行います。

 

この間はチャンス目の出現率が

大幅に上がっており

チャンス目成立時のART当選率は25%!!

 

 

 

 

 

なのでチャンス目成立が

獣王モード中の見どころと言えるでしょう。

 

 

 

この獣王モードは

ARTに引っ掛かることなくスルー。

 

 

 

 

 

しばらくして今度は

もうひとつのCZ:ビーストバトルに当選。

 

ここでは有り難くCZを突破し

ART突入となりました。

 

 

 

 

 

 

ART中の目標は

ボーナスを引くこと

ゲーム数を上乗せすること

画面左下に表示されている「獣(獣玉)」を貯めること

 

この3つ!!

 

 

 

ART中のボーナスは…

 

 

 

 

獣玉上乗せの特化ゾーンの役割を持ちます。

 

 

 

 

獣玉は5つ貯まると

 

 

 

ゲーム数上乗せ特化ゾーンに突入します。

 

 

 

 

 

あとはこれの繰り返し。

 

 

 

うりゃっ!!

 

 

これは上乗せ特化ゾーンでの上乗せ。

 

 

 

 

 

そりゃっ!!

 

 

成立小役によっては

ゲーム数の直乗せをすることもあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

ボーナスとゲーム数を

重ねるうちに

思いのほかロング継続に成功。

 

 

 

 

 

設定②以上確定の終了画面と

設定②以上確定の銅トロフィーまで

おまけでついてきました

 

 

 

 

 

 

 

獣王に馴染みのある方は問題ないと思いますが

あまり経験がないと

最初は少し特殊な図柄配列のリールに

戸惑うかもしれません。

 

 

そこをクリアすれば

ゲーム性はシンプルで

面白いというのが自分の印象。

 

 

 

リセット後は天井が浅くなることもあったり

既に設定推測&確定要素が明示されていたりと

立ち回りの要素もしっかりあります。

 

 

 

 

 

 

総じて…

この機種は予習をしてから打った方が

楽しめる機種だと思いますので、

是非、解析情報に目を通して見て下さい。

関連機種
TOP