全力!新台レポート

毎週月曜日更新/若手ライターたちが毎週、最新台を全力実戦!

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

「SLOT SHADOW HEARTSⅡ 運命の道標 」①/実戦記

2015/09/07

記事カテゴリ:山田銀河
タグ: シャドウハーツⅡ 

 

 

皆さん初めまして! 普段はパチスロ実戦術で少しばかりお仕事をいただいてます。平成生まれ、元バンドマン『山田銀河』満を持して登場です。

 

えっ!?誰も待ってない…?そんな声はチラホラ聞こえそうですが、頭の隅の隅の隅くらい、恋人で例えると18番目くらいの立場でもいいので覚えてやってください! 何故、そんな番号かって? 野球は高校までは1番がエースなんですが、プロになると18番がエースなんです。今は1番じゃなくても将来は…という意味も込めてね。お手柔らかにお願いします!

 

さて、「全力!新台レポート」という事で今回僕が初めて実戦する機種はコチラ。

 

 

 

 

『シャドウハーツⅡ-運命の道標-』

 

いやぁ…この下パネルかっこよすぎるでしょ?5号機の中で3本の指に入る程のカッコよさ。後2つはわかんないけど(笑)。5号機初期に「A+RT機」で出た前作をパワーアップし、「A+ART機」となってホールに舞い戻ってきました! ゲームが元々の原作でして、ゲーマーだった僕は当然の如く…触っていません。名前は知っていたのですが、当時は難しそうだなという先入観によりプレイする事はありませんでしたが、パチスロとなれば話は別です。お腹いっぱいでもスイーツは食べれるというくらい別です。早速、その世界観を堪能したくて打って来ました。

 

本機は通常時目押し不要で、初心者の方も打ちやすい仕様となっております。初当たりに少々時間は掛かってしまいましたが、いきなり熱そうな音が聞こえてリールを止めると液晶に

 

 

 

 

中リール3連スイカなのでこれで強スイカです。これが連続演出に発展し、見事初の「幻影BONUS」を射止める事ができました!

 

 

 

 

そして大事なのがここの場面! 幻想、運命、審判、裏審判と4つ選ぶのですが、それぞれ恩恵が異なります。色々な場面でどれを選べばいいか変わると思いますが、とりあえずARTに入りやすい「運命」を選択。初当たりにそこそこお金を使ってしまったので何としてもARTに入れたいという願いが…見事通じARTをGETしました。

 

そして準備状態を経て、F.D(フュージョンドライブ)という初期ゲーム数を決める特化ゾーンから出てきたのは

 

 

 

 

「ピュエラ」球が揃ったラインでゲーム数上乗せです。結果は…

 

 

 

 

まずまず。欲を言えば500G程、物足りないですがこれは仕方ない。と、打ちだしたのだが1回幻影BONUSを絡めて駆け抜けです。さぁ、こっからと気合いを入れ直すも、息を吸って吐いてる間に全ノマレ。マジいぞ…。重い腰を上げて台移動を決意するのでした! すると、出玉は出ていませんが島で1番ボーナスを引いてる台が空いたので刹那でそちらに移動。よし、とりあえず投資だけでも…と打ちだしたがまさかのストレート天井。シャドウハーツだけに悪影が頭を過りましたがそこからどっこい、

 

 

 

 

まさかの1番期待できない「ベネフィキウム」さん…否、様でまさかの3桁乗せ! これで多少は戻るかな?と思いきや、幻影RUSHが継続するする。そして、

 

 

 

 

期待度真ん中の「ソルム」で

 

 

 

 

再び3桁を射止め、そこから完全に物語は始まりました! ART中に幻影BONUSを絡めたり、契機は不明ですが「銅鐸」ステージという見るからに熱そうなステージに上がると、

 

 

 

 

リプレイでガンガン上乗せ。約7Gに1回は上乗せしてたからメモ取るのも大変…隣の人の視線がかなり気になりましたがそんなのはお構いなし。こっちは45kも使ってるんだ! 多少視線を感じようと、多少面倒臭い奴と思われようと、目の前のシャドウハーツⅡと真剣に向き合いました。

 

その結果…

 

 

 

 

はい、ドン! 7枚プラス…たったの7枚。今、今辞めれば140円分浮いてる。ただ、ART終了後は潜伏の可能性もあるので回すとマイナス確定…即ヤメなら勝ち逃げ! 人生の大事な5分間、葛藤していると「ここでアドリブが効かない奴は…」というどこかで聞いた事ある台詞が頭をよぎり続行! 割と早めに幻影BONUSを2回引くも大きいのを狙い過ぎて2三振…。いつもの僕なら運命を選びセンター前ヒットを狙うはずなんですが、良い所を見せようと大振りに。次回以降の反省点です。

 

投資:45k 回収:42k TOTAL:-3k

 

負けてしまいましたが失った3kで分かった事が1つ! 同色BONUSより、異色BONUSの曲の方がかなり好きです。女性ヴォーカルの耳の奥まで透き通る声、更にそれを引き立てるメロディー! 堺正章もビックリの星3つです! 元バンドマンという事もあって、挿入歌などには人一倍うるさいです。今後、僕のそういう所にも注目してくださいね!

関連機種
TOP