全力!新台レポート

毎週月曜日更新/若手ライターたちが毎週、最新台を全力実戦!

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

「CR花の慶次X ~雲のかなたに~」②/実戦結果

2016/11/28

記事カテゴリ:ゲンスイ
タグ: newgin 花の慶次 ミドル 2400発搭載 

【実戦データ】

 

回転数

図柄

(ラウンド数)

予告&リーチ 投資
395

2

(7R通常)

極ゾーン

→慶次一閃C(枠:金)

→襖(家紋)

→真田幸村

5K
(5)

大ふへん者

(6R)

殿Xゾーン

→緑保留

→慶次リーチ

 
[40]

傾奇者

(3R)

本陣急襲

→敗退

 
331

6

(7R確変)

RTC中

→参の門

→勝利

 
[13]

7

(16R)

キャラ分岐(慶次)

→城門突破

 
[177]

大ふへん者

(6R)

伊達出現

→後藤又兵衛

 
[174]

7

(16R)

伊達出現

→真田幸村

→リンゲージギミック

 
[43]

7

(16R)

キャラ分岐(岩兵衛)

→城門突破

 
[5]

7

(16R)

キャラ分岐(松風)

→城門突破

 
[795]

傾奇者

(3R)

キャラ分岐(捨丸)

→本陣急襲

 
104 ヤメ    

 

【実戦結果】※1パチ

 

投資 8400円
総大当り回数 11回
出玉 11644玉
換金 11500円
収支 +3100円

 

【まとめ】

注意点を2つほど。

確変中なのですが、大当り確率が約137分の1ということでかなり500や600回転くらいまでなら簡単にハマります。つまり、止め打ちをしないとかなり玉を減らされます。

 

 

手順は「電チューが開いたら一拍置いて2発打ち」と簡単なので必ず実戦しましょう。

 

それと、大ふへん者図柄(ランクアップボーナス)が揃った時ですが、カウント数(アタッカーに入る玉)ではなく、ハネの開放数で管理されているので、適当に打っている人とタイミングを合わせて打つ人とでは差が開きます。手順は「開く直前に2発打ち」ですので、落ち着いて打っていきましょう。最初はテンパると思いますが、慣れていけばどってことないです。

 

ということで、最後の連チャンのおかげでなんとか勝利です。

いや~今回の慶次おもしろいっ!!

最近の新台のなかじゃダントツですかね。

なんなら65%規制が入ってからNo.1かもしれません。

うん、べた褒めです。

 

それでは、みなさんまた次回お会いしましょう。さようなら。

関連機種

「CR花の慶次X ~雲のかなたに~」①/実戦記

2016/11/28

記事カテゴリ:ゲンスイ
タグ: newgin 花の慶次 ミドル 2400発搭載 

こんにちは。ゲンスイです。

 

 ハッピーバースデートゥーミー。ゲンスイです。

実はこのブログの更新日がちょうどボクの25回目となる誕生日なんですよ。わー、ありがとうございます、ありがとうございます。ツイッターで「ブログみたよ」と添えておめでとうコメントをしてくれた方には、もれなく何かイイ感じの顔文字を付けて返信します。

そうですね、今年の目標ですか?(聞いてない) うーん、毎年言っていますが、一人暮らしですね。家から都内まで遠い+電車賃が高い(編集部まで往復2500円以上)っていうのと、なんか25歳にもなって一人暮らししたことないってダサいじゃないですか。

あとは、彼女を作る。できれば一人暮らしの子で(んで、すぐ同棲する)。30歳を過ぎて結婚を前提に付き合ってと言ってもほぼ無職じゃキツいですからね。今のうちから付き合って免疫を付けておくしかないというわけです。

 

 はい、果てしなくどうでもいいですね。すみません。

 

さ、本題に入りましょう。

今回の機種は

 

 

花の慶次の最新作です!!

 

パリピ風に言うと、87ノKGだぜぇぇぇ!!(フゥゥゥ↑↑)

※翻訳 87(はな)ノ(の)K(けい)G(じー)

 

 失敬。

 

スペック・ボーダー・演出の信頼度諸々はいつも通りここから飛んでください。

https://p-gabu.jp/guideworks/machinecontents/detail/4352

 

 正直、上のサイトをくまなく読めばある程度のことは大体わかってしまうので、実戦を踏まえた上で感じたことをズラズラと書いていきます。

 

 

 まずは通常時。

昔の慶次シリーズ(『愛』くらいまで)のような、まったりとした感じに仕上がっています。図柄テンパイ→好機→キセル来い、キセル来い、キセル来い…

 

 

 

キターーー

みたいな感じの繰り返しです。

うん、やっぱりこの後ろ姿がたまらんですよね。 

今作も “キセル待ち”なのは間違いありませんが、そんなことは慶次チルドレンの方は百も承知だと思うので、ここからは個人的に感じた「この後キセルが出るかもよ」演出を一気に紹介していきます。

 

まずは

 

 

●金系予告

キセルが出るかも度★★☆☆☆

 

昔ほどの威力はありませんが、出れば姿勢を正すくらいはしていいかもしれません。

ちなみにセリフ予告やセンスだとちょっと弱い。

一番理想なのはリーチ発展前の襖(64.7%)ですね。まぁ、襖の場合はキセルの有無が決定してますけどね。

 

次は

 

 

 ●もののふXZONE

キセルが出るかも度★★★☆☆

 

 保留先読みゾーンです(38.4%)。みてくれが明らかにアツいので初見でも分かりやすいかと。ただし、+αで金系やら疑似3やらが必要です。疑似なしだったり、赤系演出のみだとちょっと弱い印象ですね。

 

次は

 

 

 ●緑保留

キセルが出るかも度★★★☆☆

※写真は殿モード中です。

 

 今回の慶次で一番ビックリしたのが緑保留の扱い。信頼度上では9.2%となっていますが、体感は30%超。『真・北斗無双』の赤保留みたいな感じで、バンバンアツい演出を運んでくれます。これが良いアクセントになっていると思いますね。

 

最後は

 

 

 ●ボタンバイブ

キセル出るかも度★★★★☆

 

 写真をみてポカーンってなった方がいるかもしれませんが、もちろんバイブするのは十字ボタンでも球貸ボタンでもなくプッシュボタンです。発生するだけで信頼度46.5%あり、実戦でも数値通りの働きをしていたように感じます。

 

 

通常時はこれら4つのどれかが出たらキセルに期待してもいいかもですね。

まぁ、ボタンバイブともののふXZONEはキセルが出なくても展開次第で当りに絡みますが。

 

次にリーチです。

リーチは昔の慶次を踏襲しており

伊達<真田<奥村<直江<前田慶次(リーチ中発展)≦ストーリー

の順となっていますが、キセルが絡んでいれば伊達でもワンチャンス。なければ直江以上なら期待といった感じです。

 リーチ中のチャンスアップで強いのは3つ。

まずは、家紋付きの襖(53.8%かつ白か金なら超激アツ)or金襖(64.7%)。

そして

 

 

赤カットイン(46.2%)

キセルが絡んでいれば伊達でも余裕です。

 

最後に

 

 

 7テン変化(77.3%)。

おそらくキセルがなくてもほとんど当たると思います。

ハズしたら自分を呪ってください。

 

 

 通常時はこんな感じです。

 

次は確変中のお話。

今作では「戦モード」と「猛モード」の2種類から選べます。

ぶっちゃけ、どちらも注目ポイントは同じで、白文字系の予告や先読みなしで発展したらほぼ終わりです。逆に、赤系の演出が発生すれば継続以上が濃厚です。それを踏まえた上でザックリと2つの特徴を説明します。

 

「戦モード」はシリーズお馴染みの城門突破を楽しめる演出です。

発展前の予告と分岐中のキャラクターが非常に重要で、分岐で「城門突破」となれば継続以上が濃厚。「本陣急襲」となれば確変転落の大ピンチです。

キャラクターは捨丸や岩兵衛だと

 

 

こうなることがほとんどです。

あ、800ハマってる。ウケルー。 

逆に

 

 

慶次や真田などのもののふ達なら城門濃厚です。

まぁ、いつもの海モード並にいつもの慶次モードって感じで説明不要ですね。

 

 たぶんみなさんが知りたいのは「猛モード」の方でしょ。

 

はい、こっちは初見だと「戦モード」より少しガチャガチャしている印象を受けると思いますが、見るポイントはほぼ一緒。

まずは先読み予告があるか、ないか。

その後は

 

 

 ボタンでふき飛ばせるかどうかです。

ここで失敗すると

 

 

 ガキーンッ! となり「本陣急襲」され、転落のピンチとなります。(流れは戦と一緒)。

吹き飛ばせると

 

 

SPリーチに発展。

出現した武将によって期待度が異なりますが、継続以上が濃厚となります。

演出は武将によって異なります。

 

 もちろん先読みが絡んでいればそれだけSPリーチ発展の期待度も高まりますが、結構なくてもSPに行った印象です(どっちだよ)。

 

 

 とまぁ、ズラズラと書いていきましたけど、『愛』までの慶次にかなり寄っているので、色々読むよりまずは打ってみることをオススメします(元も子もなし)。

結構すんなり入れると思いますよ。

関連機種

「CRフィーバータイガーマスク3」②/実戦データ

2016/11/21

記事カテゴリ:ヤヤ・とぅーる
タグ: SANKYO ミドル 

【実戦データ】

回転数 ラウンド 予告・リーチ 投資
139      
949 6
(RUSH非突入)

特殊図柄停止→

名シーンリーチ
(タイトルフルーツ柄/

テロップ赤)

41.5K
19 ヤメ    

 

【実戦結果】

投資 41500円
総大当たり回数 1回
出玉 0玉
換金 0円
収支 ー41500円

 

アニパラと同様にラッシュ非突入で終えた私目を、どうかお許しください。

 

というか、僕、最近このブログで負けすぎじゃないですかね!?

何連敗しているか思い出したくないんですが…。

 

最後にありきたりな文言ですが…ラッシュの気持ちよさは皆さん自身で体感してください!!

またいつかお会いしましょう!

関連機種

「CRフィーバータイガーマスク3」①/実戦記

2016/11/21

記事カテゴリ:ヤヤ・とぅーる
タグ: SANKYO ミドル 

気が付けば今年も後1ヶ月弱。流行語大賞の

候補が続々と出揃ってきたところを見ると、

年の瀬が迫ったことを感じます。

 

予想では「PPAP」が選ばれると思っています

が、生粋のカープファンとしてはやはり

「神ってる」に大賞をとって欲しいですね!

 

遅くなりましたが皆様こんにちわ。

ピコ太郎よりも先にパンチパーマをあてていた、

流行先どり男ことヤヤ・とぅーるです。その頃の

写真は当ブログの過去ページにあるので、

気になった方はぜひ!

 

さてさて、早速ですが実戦する機種の紹介に

移りましょう。今回はコチラ!!

 

SANKYOから登場した「フィーバータイガーマスク3 –ONLY ONE-」です!

 

では、いつも通り簡単なスペックから

説明していきしょう。

 

通常時・図柄揃い確率    約1/256

ラッシュ突入率             約50%

ラッシュ継続率             約98.8%  

ラッシュ中払い出し玉数 約90個

 

ってな感じになっています。

 

注目ポイントは赤字で書いたラッシュ継続率。

90%くらいの継続率であれば、終わった時

「まあ、仕方ないか…」っとなりますが、

本機は約98.8%。これは転落したらキレても

いいレベルです。ってか、僕なら終了した瞬間

暴れ狂います。

 

「でも大当たり1回の出玉が少ないし、100連

してもどうせ約6000~7000発くらいでしょ?」

と思ったあなた。…半分正解!!

 

実はこの台、「無敵ゾーン」という上位のラッシュを

搭載しており、そこでは600個×約85.7%ループの恩恵が

受けられる鬼アツ仕様となっています。さ・ら・に!

転落しても通常のラッシュに戻るのでさらなる出玉の

上乗せが可能。突入率が約1/8000なのでハードルは

かなり高いですが、夢があるのは間違いないかと。

 

さて、ここまでラッシュの説明しかしていませんので、

実戦を振り返りつつ通常時の説明をしていきましょう。

 

まず、本機には4大キーポイントなる重要演出があります。

・RURIKO ZONE

・ウルトラタイガーブリーカー背景

・激熱役物

・突虎

 

これらが出れば、総じて信頼度は70%オーバー!

 

…え? 写真は無いのかって!?

カメラに収められていたら載せていますよ…(白目)

 

そのほか、SANKYOおなじみのフルーツ柄も健在で、

出現ポイントによっては超激アツかも!?

 

はい。ようやく写真が出てきましたね。

 

「名シーンリーチ」という大チャンスのリーチで、

タイトルがフルーツ柄。

 

もちろん、大当たりです!

正直、先読みも何も無く発展したので油断しておりました。

ラッキー!!

 

 

前言撤回。4桁寸前&諭吉さんが5人ほど行方不明です…。

しかしですよ。ラッシュはとにかく夢のある仕様と

散々ここまで書いてきた訳ですから、50%の壁さえ越えれば

玉のジャジャ漏れ状態に突入するのは必至。

 

 

突入すればの話ですけどね。

 

…出直してきます!!

関連機種

「クランキーセレブレーション」②/実戦データ」

2016/11/14

記事カテゴリ:黒崎アキラ
タグ: ACROSS ボーナス機,Aタイプ 

【実戦データ】

ゲーム数 ボーナス 投資 備考
150~ スタート   今日も仕事帰りにひとこすり
194 REG 2,000円  
437 トリ 11,000円  
52 REG    
123 赤7    
27 赤7    
64 青7   始まりました、連チャンタイム
29 青7    
128 REG    
10 青7    
124 REG    
55 トリ    
250 ヤメ    

 

【実戦結果】

 投資 13,000円

回収 991枚

交換 17,500円

収支 +4,500円

 

東京の山手線沿いに高田馬場という街があります。そこにパチスロ実戦術の編集部があるわけですが、そこで朝から夕方まで仕事をした帰りにフラっと実戦してみました。出玉が繋がるまでに13000円、ただクラセレはハマった後の連チャンが予定調和かの如く付いて来る(ことが多い)のです。一度連チャンして持ちメダルを作れば、ヤメ時を間違えない限り負けることナシ。ただ面白いから時にノマれるまでいっちゃうこともあるんですけどね。そこはサイフと相談しながらってことで計画的に。最近めっぽうサラリーマンっぽくなってます。

関連機種

「クランキーセレブレーション」①/実戦記」

2016/11/14

記事カテゴリ:黒崎アキラ
タグ: ACROSS ボーナス機,Aタイプ 

♪~

I’d rather be a sparrow than a snail

Yes, I would, if I could, I surly would

 

皆さんは音楽の授業で

「コンドルは飛んでいく」

習いましたか?

 

一緒にショールーム試打取材へ行った

40代の編集さんは「習った」と

30代のライターさんは「聞いたことある」と

20代(といっても29歳)の黒崎は「知らん」と

言いました。

 

 

知っている人も知らない人も

一度打てばこの楽曲が

頭から離れなくなるのが

今回ご紹介する機種。

 

 

 

はい、『クランキーセレブレーション』です。

 

私は黒崎です。

 

 

 

さて、クランキーセレブレーション

通称クラセレは

RT非搭載で

ボーナスのみで出玉を増やすタイプ

のマシンです。

 

ビッグは253枚を超える獲得で終了なので

やや出玉は少ないものの

払い出し枚数が少ない分、

ボーナス確率が非常に軽い仕様。

 

 

そして特出すべきは機械割!!

 

 

…ヤバくないですか!?(笑顔)

 

 

自分はどんな機種でも

高設定の機械割よりも

低設定の機械割に

まず目が行くので

最低設定でも101%あることに

高い興奮を覚えました。

 

 

だからいつも仕事帰りに

フラッとホールに行って

空き台にサッと腰を下ろして

打ってます。

 

 

今日はどれがリーチ目だとか

どこを狙って何コマ滑ったら何だとか

語る気はありません。

というか自分はそういう打ち方を

あまりしないので語れませんし

ノーマル機の出目って

暗記して打ちに行くものでもないと思います。

 

 

では何をお話しするか…

それは

「自分はいつもここ狙ってるけど、良かったらどう?」

ということです。

 

 

もし興味があれば狙ってみて

打ち進める中で

これは当たりっぽいなということを

感じてもらう足がかりになればと思います。

 

 

 

まず自分が打ってみて感じた前提…

『ボーナス図柄と小役がダブテンして小役がハズレると…!?』

ってことをお伝えしておきます。

 

例えばこういうこと

(どちらもハサミ打ち)

 

 

 

 

ボーナス図柄はトリとトリのように

同一のものでなくても構いません。

 

こういう形になればまぁアツイよねって感じ。

 

 

 

ということを知った上で

話を進めましょう。

 

①左・青7の上にあるチェリーを枠内に押す!!

 

青7からチェリーまでって

3コマ離れており

集中力に難ありな自分は

こぼしそうで怖いのです。

だからチェリーを直で枠内に狙います。

 

 

ここからよく出るのが

 

 

[リプ・ベル・リプ]が停止して…

言わずもがなでしょうか。

 

 

 

第2停止で既にリプがズレる

ってこともあります。

 

第2停止でリプがテンパって

目を閉じて第3を止めて

指を離して

リプの入賞音がせず

 

 

ニヤリ…クスクス…ふふふーん

なんてのもよくやります。

 

 

[リ・べ・リ]以外からも

もちろん当たりますよ。

 

 

 

 

 

②トリの上のチェリーを枠内に押す!!

 

この打ち方していると

一番のサプライズは…

 

 

下段にトリがビタっと張り付く形。

これ結構出るんですよね。

入り後なのか成立ゲームなのか不明ですが

なかなかの衝撃を与えてくれます。

 

 

赤7を引き込んだ時は…

 

 

トリをどこに押したのかが重要に。

 

 

[ベル・スイカ・ベル]停止もアツそうよね。

 

 

 

 

 

 

③サイドランプ点灯は強気に!!

 

 

レバーオンで

リール脇のランプが点灯すれば

実戦上、スイカorチェリーorボーナス。

 

このタイミングで

強そうな箇所を狙ってみるのも

いいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

お後はどこを狙っていても

お馴染みの

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

はい、ということでお話を進めてきましたが、

やはり一番言いたいのは

スペックが甘いという安心感。

 

これはあくまで僕の推察ですが

パチスロユーザーの中には

仕事や学業の合間や、休みの日に

5000円、1万円で

何時間か遊びたいという

方も大勢いるのではないかと思います。

そしてあわよくば負けたくはない…。

 

自分はそれがパチスロに求めるもののひとつです。

 

 

現にいろいろなお店の

スランプグラフを見ていても

連日±0前後でウニウニしている

台がとても多い印象。

 

自分もそれは体感しているところで

500、600Gハマることもありますが

その分、連チャンもよくしてくれ

毎回500~1000枚は安定して流せます。

 

 

 

ここ最近、肩ひじ張らずに

パチスロが打てる環境が

広がりつつあって自分はすごく

嬉しいのですが

そこに更なる強力な1台が出たな…と

 

 

 

さて今宵も閉店前に

コンドルは飛んでいくを

聴きにいこうかな。

関連機種

「CR 牙狼 闇を照らす者 XX」②/実戦データ」

2016/11/07

【実戦データ】

時間 回転数

図柄

(R数)

予告&リーチ 投資
12:20 210   スタート  
15:48 1088

8

(16R確変)

GARO保留

→擬似3(牙狼モード)

→天馬轟天牙狼群

→雨宮SPリーチ

2500玉

+36.5K

15:55 [7]

7

(16R)

エンブレム(赤)

→突当たり

 
16:01 [48]

2

(16R)

初代チャンス  
16:18 165   ヤメ  

 

投資:2500玉+36500円

総大当たり回数:3回

出玉:5541個

換金:19500円

収支:-26000円

 

【まとめ】

牙狼シリーズでは、通常時の7テンが『金色になれ』で格段とアツい演出になったのはお分かりだと思いますが、個人的に7テンでも内容により信頼度が左右されると思っております。なので最後に、竹田メンディーが考える7テンの残念なパターンと本当にアツいパターンをお伝えしてお別れしようと思います。なお、個人的な見解が多々含まれますのであしからず。

 

 

 

 

《残念なパターン》

・鎧召喚演出を経て、直接金色牙狼SPリーチへ発展

・牙狼チャンス(尊士)

 

《アツいパターン》

・上記以外

 

 

7テンの特徴としてまず覚えておきたいのが「金色牙狼SPリーチへの発展が濃厚」ということです。つまり、漆黒牙狼SPリーチへ発展すれば法則崩れで大当たり濃厚になります。

 

 

鎧召喚時に、2Dの魔天使が複合した時点で、2Dの魔天使=漆黒牙狼SPリーチ発展となるので最高なパターンですね。コレは割と多くの方が知っていることだとは思いますが大事なのはココから。

 

 

牙狼チャンス(尊士)の7テンはいわゆる、事後報告みたいなものでハズれた後に7図柄だったと分かるので別モノと考えて良いでしょう。ここで7図柄だからという効力は発揮されていないと思われます。

 

 

メインとなるのは「鎧召喚演出を経て、直接金色牙狼SPリーチへ発展」するほうですが、実戦上と周りの話を聞くとハズれるとしたらほとんどがこのパターンです。ただし、ココからでも当たることは普通にあるので7テンは強いワケですが。

 

なので左図柄7から擬似連したり、最終的に7テンだと分かった際は発展の仕方と発展先に注目しましょう。

 

 

アクションを経由したり、VFX、2Dアニメに発展すれば悶絶!!

個人的にはこれらのパターンでハズレを確認していませんが、大当たり濃厚の一歩手前ぐらいだと思っています(導入当初、知人が2Dアニメ経由でハズれたかもしれないという情報をいただきましたので)。

 

 

ちなみに、五千体撃破経由のべグルリーチをハズしたことがあるので、アツいパターンといえどもやはり大当たり濃厚ではなさそうですが、ハズレの割合から考えると圧倒的にアツいのは間違いないかと。

 

そこに気付けば、魔戒ノ花でも同様のことが言えるのは賢い方なら分かるハズ。というワケで、また来年にでもお会いしましょう!!

 

 

【罰ゲーム】

1000ハマりのメンディーにビンタババアのこわ〜いお仕置き!

関連機種

「CR 牙狼 闇を照らす者 XX」①/実戦記」

2016/11/07

おはようございます。

 

 

 

 

 

 

 

1000回転ですッ!

 

 

 

 

誠に申し訳ございません。

 

今回は『闇を照らす者』の実戦ということで、中身はMAXタイプの『金色になれ』そのものなので、実戦に沿って法則を中心に注目ポイントをお伝えしようと思ったら、ご覧の有様です。

 

 

 

途中から打っているので1人で育てたワケではありませんが、総投資は4万オーバー…。

 

 

 

今回はココから話を進めようと思いますッ!

実戦人はお久しぶりの竹田メンディーです

 

 

 

 

ここまで記憶の限りですと、VFXが2回のみと、見せ場すら訪れない展開に嫌気が差しながらも打ち続けると

なんてことはないバケツリレー保留が

 

 

 

 

 

 

 

GARO保留!?

 

 

 

……ごめんなさい。嘘です。普通にGARO保留がでました。

 

 

 

誤解のないように補足しますと、バケツリレー保留は成功すれば魔戒剣(緑)以上ですね。ここからのGARO保留はありません。

 

 

 

そして、先に言っておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

ココから長くなります!!

 

 

 

まずはきちんと擬似連に繋がることを祈りながら見守ると…

 

 

 

 

 

周りに張り付いた紙が「HOT」と書かれているサンセイ柄。

……伝わらない、残念。

きちんと「ポコチ~ン♪」という効果音がしていたのでサンセイ柄ですね。

 

 

これがライブ会場に行っての擬似2、その後もライブ会場からきちんと繋がり擬似3へ

 

 

ここで、画像とは関係ありませんが演出に関する補足です。

 

 

今回のようにSP発展が約束される状態で擬似連した際は、起こり得るパターンとして

 

・弔いの炎

・五千体撃破

・アクション

 

の3つが擬似2のまま発展する可能性があるのですが、弔いの炎と五千体撃破に関しては、画面暗転を伴うので今回は可能性ナシ。特殊ステージに行った回転でのアクションもほぼほぼ否定されるハズなので(記憶は曖昧ですが)、今回は擬似3が濃厚でしたね。

 

擬似2からの2Dや牙狼SPもあるみたいですが、経験した記憶がないのでかなり稀なパターンかと。

 

特殊ステージも滔星やSG1追跡に移行した回転でSPへ発展した際はハズレ未確認、ライブ会場や古代遺跡での6テンは擬似3濃厚など隠れた法則も。

 

 

話が多少逸れますが、『魔戒ノ花』においても擬似2から発展する演出の代替があり、

 

・我が名は牙狼予告

・中図柄「牙狼剣」からのルーレット予告

・ロングリーチ

 

がメインになります。我が名は牙狼予告や中図柄「牙狼剣」からの主にSVFXやホラーバトルの特徴として、

 

画面暗転のみや背景のちょっとした変化などのほぼほぼ無予告

 

から擬似連した場合に発展する可能性があります。

 

魔戒ノ花だと中図柄「牙狼剣」から心滅リーチへの発展もあるワケですが、その場合はまず、魔導刻で時が刻まれる「心滅の刻」を経由するので分かりやすいですね。心滅の刻を経由して心滅リーチ以外に発展した場合、サンプルは少ないですが全て大当たりに繋がっていますし、噂だとルーレット予告から「残念」に止まると全回転!? なんて話が。…撤去前に1度見てみたい。

 

 

 

話を戻すと、擬似3から古代遺跡ステージで

 

 

…初めて見た気がする。

確かココの金台詞は金色牙狼SP発展濃厚かな。

 

ボタン押下時にバイブも伴いましたが(デフォかどうかは知りませんが)、ボタンバイブは激アツ!!

 

 

役モノ完成時や牙狼チャンスでも発生の可能性があり、テンパイ後にホラーが出現してボタン連打して倒した時にバイブすれば「激アツ」表記が濃厚となる当演出ですが、金色をメチャクチャ打ち込んだワケではないので魔戒ノ花を例に挙げると、

 

 

 

 

電サポ中なら大当たり濃厚!!

 

ですからね。通常時でも体感50%ほどの自分にしか分からない演出で、ボタンプルプルと混同されがちですがコチラは押下時に震動を伴うのが特徴。

 

押す前から震えているのはプルプル、押してからも震えているのがバイブと捉えましょう。

 

 

 

そして発展する前にステージも牙狼モードまで上がり、群も出現

 

 

 

発展先もザジと完璧な展開、1088回転目の出来事ッ!!

 

 

最終的には大当たり濃厚の群も出てくれて安心できる展開でした

 

 

 

 

発展先がザジだったので大当たり濃厚の群となりましたが、他のリーチなら金キバが出現していましたね。

 

 

 

というワケで、総投資

 

約45500円!!

(正確には2500玉+36500円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ST突入!!

 

 

 

……長かった(涙)。

 

 

 

さあ、今回『闇を照らす者』が『金色になれ』と違う点がスペックにあるのですが、ご存知の通り継続率が約65%になってしまいました…。

ヘソ賞球は4個で電チューも3個なのでそこは良心的ですが、どうもST161回転中に約154分の1を引くというのは厳しい気がしますね。それでも確率とは神様のイタズラだと思っていますので、どんな台でも連チャンする時はするし、

 

 

 

 

 

 

 

 

しない時はしないッ!!

 

 

微妙な3連で終了しました。

 

この後打ち続ける気力もなく、今回は負け戦となりましたが、最後に電サポ中の簡単な法則を紹介しておきましょう。

 

 

 

初代チャンス発展時は左図柄が金図柄なら大当たり濃厚!!

これは魔戒ノ花の心音予告でも同様のことが言えます。

 

 

金色になれ演出の煽り前に、緑フラッシュ発生で発展濃厚です!!

ちなみに前半パートでも、緑フラッシュから牙狼剣リーチに発展すれば大当たり濃厚です。興奮できるのは緑ですからね♪

 

 

パルケイラの爪変動は唯一、金図柄煽りで大当たり濃厚にはならない演出ですが、この変動が4回続けばテンパイ濃厚だと思われるので、その際に金図柄煽りならもちろん…!? 今回は4回続いて銀図柄煽りだったのでハズれましたが。

 

 

幼少期モード(電サポ抜け後の電チュー保留)は7テンすれば歓喜!!

まあ、3テンなのでしっかりハズれましたけどね。

 

 

撮れた画像がコレぐらいだったので、今回はこの辺で。

最後にデータと通常時の7テンに関して個人的な意見を述べてお別れです。

関連機種

「CR ルパン三世 Lupin The End」②/実戦データ」

2016/10/31

【実戦データ】

回転数

図柄

(R数)

予告&

リーチ

投資
38

ヒーロー

ボーナス

(5R)

緑保留

→ルパンザチャンス×3
→キャラ系

→共闘

→赤カットイン

2.5K
[6]

レギュラー

ボーナス

(4R)

ゴールデンアタック  
[7]

レギュラー

ボーナス

(4R)

指名手配保留

→大泥棒チャレンジ(五右衛門)

 
262 8(5R)

赤保留

→ルパンザファイヤー連続×2

→不二子ゾーン
→タイプライタ

→雨と不二子と神殿と

→赤カットイン

1.5K
[9]

リベンジ

ボーナス

(4R)

Ⅲ役モノ白

→VS銭形

→敗北

 
462 4(5R)

赤保留

→ロングラッシュ×3

→キャラ系
→クライマックス

→原画カットイン

10K
[18] 2(6R)

Ⅲ役モノ青(3段階)

→VSウルフ

 
[22]

リベンジ

ボーナス

(4R)

Ⅲ役モノ白

→VS銭形

→敗北

 
434

6→1

(10R)

銭形張り込み連続×3

→不二子ゾーン
→群→クライマックス

→緑カットイン

→銭形ブースト

7.5K
[27]

リベンジ

ボーナス

(4R)

ルーレット

→VS銭形

→敗北

 
153

レギュラー

ボーナス

(4R)

青保留

→疑似2連

→ロゴ落ち
→Ⅲ役モノ赤

→シューティングチャレンジ

 
175

レギュラー

ボーナス

(4R)

Ⅲ役モノ赤

→シューティングチャレンジ

 
310 2(5R)

赤保留

→ルパンザチャンス×3
→キャラ系

→共闘

→原画背景

1K
[90] 5(4R)

気合予告

→VSウルフ

→勝利

 
[11] 4(15R)

セリフ予告白白

→VSウルフ

→鼓動チャレンジ

 
[34] 2(15R)

セリフ予告白白

→VS銭形

→復活

 
[17] 1(15R)

ロゴ落ち

→気合予告

→VSウルフ

→勝利

 
[15] 7(15R)

セリフ予告白白

→VSウルフ

→復活

 
[80]

リベンジ

ボーナス

(4R)

セリフ予告白白

→VS銭形

→敗北

 
106 ヤメ    

 

投資 22500円
総大当り回数 21回
出玉 9399玉
換金 33500円
収支 +11000円

 

 

【まとめ】

止め打ちなのですが、本機は1個賞球なので玉増やしは不可能。なのでリーチがかかったら手を離して見守ってて大丈夫です。ただ、『真・北斗無双』のように電サポ付近におまけチャッカーがあるので、そこの入賞具合はチェックしておきましょう。

手順は「開放に合わせて4個打ち→一拍あけて繰り返す」でOKです。

 それと、確変中の指名手配保留からの時短転落を確認したので、『消された』と違い保留変化=安心ではないのでご注意ください。

 

 

 なんとか勝ちましたが、65%ってこんなキツいのかと再認識した次第であります。

まぁ、このシステムが変わることはないので少しずつ慣れていくしかありませんね…。

 

それでは、みなさんまた次回お会いしましょう。さようなら。

関連機種

「CR ルパン三世 Lupin The End」①/実戦記」

2016/10/31

こんにちは。ゲンスイです。

 

 いや~、ついに始まりましたね。秋のアニメが。あ、しばらく無駄話が続きます。

今期は「続編もの」が多いのが特徴です。

「亜人」やら「響け! ユーフォニアム」やら「ハイキュー」やら、人気作品がズラり並んでいるので、ハズれる(つまらないものだらけになる)ことはたぶんないでしょう。

 

んで、これって実はパチンコ業界にも若干似ているところがありまして。

秋の新台ラッシュは牙狼や慶次など、シリーズものがバンバン出てきます。

 

 

ね! 似てるでしょ?

 

 

まぁ、だからなんだって話ですけどね。

ただ今回特集する機種が人気シリーズの続編だったからこんな前置きにしただけです。

なんかすみません。

 

さて、気を取り直して

今回の機種はコチラです!!

 

 

 

 

ルパンです(ヒューヒュー)。

初日にデータ取りで打ってここまでハメたよ(ヒューヒュー)

この後100回転回したら当たったけど3連だったよ(ヒューヒュー)

 

ふぅ。冷静になります。

 

さて、今作のルパンは前々作の「消されたルパン」にかなり寄せてきてるらしいので、万人受けしそうな感じで仕上がっていると思います。実際稼働もいいですし。

 

スペックの方はコチラから確認してください。

 

https://p-gabu.jp/guideworks/machinecontents/detail/4337

 

 

 

では、ここからは演出のポイントについて説明していきましょう。

 

 

 まず通常時なのですが、

先読みゾーン演出が増えましたので、その分初当りに絡む率もたぶん高くなっています。

前作にもあった

 

 

 

 

大泥棒ゾーンは、青<緑<赤とさらに期待度が分かれて登場。

が、正直赤でも図柄揃いはかなり厳しい印象です。

なので、大泥棒ゾーンに入ったらシューティングチャレンジという特殊大当りを狙える演出への発展に期待してください。もしくは不二子ゾーンへの昇格ですね。

ちなみにシューティングチャレンジはモード移行(小当り)や直接大当り(ほぼ通常)になる演出です。そうです。いわゆるガッカリアクションです。

 

 はい、あと前作にもあった

 

 

 

 

不二子ゾーン。テンパイ前やリーチ中にも発展する可能性があります。ここは『消された』と信頼度も発展タイミングも同じです。もっというと、当りに絡む確率も前作のまんま(体感)。安心してください。ちゃんと50%ですよ。

 

 それと、写真はありませんがセブンゾーンですね。

ボクたぶん『消された』は5万回転くらい打ちましたが、目視含め1回もみたことがないので、今作もあってないようなゾーンだと思います。

 

これら3つに加え

レッド、ゴールド、タイガーゾーンという新搭載されたものが3つ。

これは、最低のレッドでも不二子ゾーンを凌ぐ信頼度約65%ということで、どれにいっても期待できちゃう感じだと思います。ただ、導入後2日連続で打ちましたが、新搭載された3つのゾーンは確認できなかったので、あんまり気にしなくていいのではないかと。

 

 まとめると、ゾーン系は前作と同じで不二子に期待。大泥棒なら図柄揃いは諦める。他はみれたらラッキーレベルの認識でたぶんOKです。たぶん…ね。

 

はい、次。保留のお話。

 

 

 

 

青・緑→シューティングチャレンジ

赤→だいだいこっから始まる

金→緑カットインじゃなきゃ勝ち

 

以上です。

ちなみに、写真にもチラっとあるタイマー予告なんですけど、今作は出現率が低くなっているように感じます(これも体感)。

なので、個人的には出ただけで大分期待できる感じです。

赤ならドヤ顔レベル。今作からできた金は知りません。あしからず。

 

 

 はい、次。リーチのお話。

 

簡単に言えば

まんま『消されたルパン』です。

 

リーチ依存ではなくカットイン依存。

とにかく

 

 

 

 

これだと絶望です。

何が出てても諦めてください。

 

ただし! ただしですよ!

今作は緑カットインのあとに時間差でタイプラが発動し

 

 

 

 

 

銭形がカットインすることがあります(銭形ブースト)。

これがなんと信頼度90%くらいありまして。

たぶん救済措置的な役割なんでしょうね。

うわぁ~↓からのよっしゃ~↑ってなるあの感じは超気持ちいいですよ。

 

で、前作の救世主だったトラ柄(カットイン)なんですけど、

今回は出にくくなっている印象です。

変わりの役目を果たしているのが

 

 

 

 

原画カットイン(実戦では出ましたが写真撮れず)。

テンパイ後やリーチ中に出てきますが、個人的にはコレが今回のトラ柄に位置するものだと考えています。なので、トラをハズした場合は前作の数十倍ヘコんでください。

 

 

ポイントは以上ですかね。

 

 

初当りまでの流れをおさらいしますと…

●●ゾーン突入→疑似3連(そのうちに保留変化)→強予告(金系とか)→リーチ(正直なんでもいい)→緑カットイン以外ならワンチャンス。

 

が王道だと思います。

 

 

次、確変中。

 

なんですけど、バトルルートしかやっていないので今回はバトルのみの説明です。ラッシュは自分で知ってね(本当ごめんなさい)。

 

 この確変中なんですがね、実戦データをチラっとみていただければ分かりますが、

「なにで当たるか全くわからない」

…いや、ほんとに。

 

 

 ルパン保留やⅢ役モノ2段階以上でもハズれると思いきや、転落濃厚演出のセリフ白+白やルーレット予告から普通に当たったりもします。

 たぶん基本は先読みなしや青系の予告からの発展が転落で、緑以上発生で継続だと思いますね。うん、ここも『消された』と一緒ですね。

っていうか、2日間打ってゴールデンタイム中の当たりをほとんど経験しなかったのでまだ未知の世界です。すみません。自分でなんとかしてください(えへ)。

 

 それでは最後に、豪華な画像とかっちょいい画像でお別れです。

 

 

 

 

 

さようなら

関連機種

TOP