全力!新台レポート

毎週月曜日更新/若手ライターたちが毎週、最新台を全力実戦!

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

「CRシティーハンター~XYZ心の叫び~」②/実戦データ

2017/04/03

【実戦データ】

 

回転数 図柄 リーチ 投資
0   スタート  
638 6(4R確変) ストーリーリーチ(good-bye槇村) 31.5K
【69】   敵先制→敗北  
268   ヤメ 2.5K

 

【実戦結果】

投資 34000円
出玉 0個
回収 0円
収支 ー34000円

 

 

【まとめ】

 

 

データを見ていただければ一目瞭然なのですが、本当にひどい結果となってしまいました。

 

実戦に沿ってレポートしようと思っていましたが、大当たりを引けないどころか、熱い演出すら起きない…。

 

ただ、本当に「またぎ演出」は素晴らしいので、みなさんにも是非一度体感して欲しいと思います。

 

関連機種

「CRシティーハンター~XYZ心の叫び~」①/実戦記

2017/04/03

こんにちは!

「花粉は人生最大のライバルである」でおなじみ(?)のセールス森田です。

 

数年前から花粉症になってしまい、この時期は本当に辛い日々を過ごしております。 某アンケートによりますと、61%もの人が「花粉症に悩まされている」と回答していました。全国の61%のみなさん、なんとかこの時期を乗り切りましょう! 

 

 

さて、今回の新台レポートは

『CR シティーハンター ~XYZ 心の叫び~』でございます。

 

 

シリーズ第三弾となるこの機種は、王道のバトルタイプです。

 

この機種のスペック面における一番の魅力は「電サポ中の確変大当たりはすべて16R」という点だと思います。

 

バトルに勝利すれば16R確変、敗北で7R通常、というわかりやすいバトルスペックです。

 

通常時は図柄揃いで4R確変、

 

中央にONE OF THOUSAND 図柄停止で7R確変or7R通常となります。

 

ONE OF THOUSAND BONUSは弱系リーチや、VS系リーチの前半終了後などに発生するので、弱めの予告でも最後まで期待が持てます。

 

通常時の予告は「平和らしい」演出が満載となっております。

 

「LONG RUSH」や「タイマー演出」は大当たりに絡みやすい印象です。

 

トラ柄はもちろん激熱。

 

確変中は、リーチ後の分岐で冴羽が押し勝てばチャンス。

 

チャンスルートは3系統あり

「バトル系」

「おちゃらけ系」

「ストーリー系」のいずれかに発展します。

 

リーチ後の分岐で冴羽が押し負けると確変終了のピンチ。いわゆる王道のバトルタイプですね。

 

細かい演出は実戦した流れをもとに紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

…唯一の初当たりは実戦開始から約4時間後。

 

 

ド派手な保留変化、そしてタイマー発動し、シューティングラッシュへ。

 

 

 

タイマーは役物落下からのストーリーリーチ発展に対応していました。

 

 

 

 

 

 

 

ストーリーは「good-bye槇村」です。

 

 

 

このリーチの信頼度は約61%で、花粉症に悩まされている人の割合と同じです。 花粉症の僕はこのリーチ絶対ものにしたいところ・・・(まぁ、関係ないですが)

 

 

 

見事大当たり!!!

 

 

この台のポイントは、大当たりした後の「またぎ演出」の素晴らしさ! 「GET WILD」のイントロに完全に心を撃ち抜かれましたよ…。

 

 

 

さぁ、ここからがバトルタイプの見せ所!

電サポ中の確変大当たりはオール16Rなのだ!

 

 

「最後まで読んでくれたみなさん! 確変中の勝利はご自身でお確かめ下さい!」

これがセールス森田の~心の叫び~です…。

関連機種

「パチスロ 攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG」②/実戦データ

2017/03/27

記事カテゴリ:山田銀河
タグ: Sammy 攻殻機動隊 A+ART 

【実戦データ】

 

ゲーム数 ボーナス 当選契機 投資・備考
0~ スタート    
62 青REG スイカ 2K
92 赤REG チャンス目 2K
104 青REG チャンス目 2K
(44) ストーリー高確率 強チェリー  
467 SUPER BIG スイカ 11K/7揃い×1回
21 個別の11人モード(ART)    
(1) 電脳RUSH BIG中7揃い +30G
(10) 電脳RUSH 白7揃い +10G
28 青REG チャンス目 +10G
20 +10G チャンス目  
45 ART復帰    
(4) +15G 弱チェリー スナイプチャンス
(8) 個別の11人モード    
(24) +10G 弱チェリー スナイプチャンス
(35) +15G チャンス目 スナイプチャンス
(36) 個別の11人モード    
(46) 電脳RUSH 白7揃い +30G
(119) +10G スイカ スナイプチャンス
(121) 電脳HUCK(タチコマ)   +62G
(169) +30G 2択(順押し)  
(171) 電脳HUCK(タチコマ)   +44G
(204) +10G 強チェリー スナイプチャンス
348 ART終了   376G 877枚
385 青REG チャンス目  
50 青REG チャンス目  
(17) 高確率(CZ) 強チェリー 20G継続→失敗
(56) 高確率(CZ) 引き戻しor弱チェリー  
525 SUPER BIG チャンス目 +10G
16 個別の11人モード    
(6) 電脳RUSH 白7揃い +20G
(68) 電脳HACK(素子) 弱チェリー +60G
(143) +10G 強チェリー スナイプチャンス
176 ART終了   176G 581枚
107 赤BIG 強チェリー  
(10) 高確率(CZ) BIG中の抽選? 成功
26 S.A.Cモード(ART)    
42 赤REG チャンス目 +20G
3 ART復帰    
(5) +10G チャンス目 スナイプチャンス
15 青BIG チャンス目 +110G
18 ART復帰    
(5) +20G チャンス目 スナイプチャンス
(90) +10G 弱チェリー スナイプチャンス
(119) +10G チャンス目 スナイプチャンス
(120) 電脳RUSH   +10G
(128) 電脳HUCK(タチコマ) スイカ +50G
(166) +10G 2択(順押し)  
260 ART終了   303G 871枚
481 青REG チャンス目  
256 赤BIG 強チェリー  
98 赤REG チャンス目  
126 赤REG チャンス目  
150 ヤメ    

 

 

【実戦結果】

投資 17000円
獲得 533枚(5.6枚)
換金 9500円
収支 -7500円

 

 

【まとめ】

 

ART中は弱レア役でも上乗せ期待度は高いですし、他の機種に比べると上乗せ特化ゾーンも入りやすい印象。電脳RUSHをどれだけ継続させれるかがロングARTを生むカギとなるので、突入した際は継続することに集中してレバーを叩きましょう。

現状、設定差ですが共通ベルと前作同様直撃ARTに設定差があるのではないか?と言われてるみたいです。前作は出れば設定6の可能性が高くなったので今作も…期待したいですね!

後は、サミートロフィーの出現はボーナス終了画面のみです。必ずチェックするようにしましょう!

関連機種

「パチスロ 攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG」①/実戦記

2017/03/27

記事カテゴリ:山田銀河
タグ: Sammy 攻殻機動隊 A+ART 

日本中が熱狂で溢れたWBCもアメリカが優勝で幕を閉じ、

これから何を楽しみに生きていけばいいのか分からない山田銀河です。

とりあえず、WBCで時の人となった巨人の小林誠司…少し注目しようとしましたが、僕と同じ平成生まれのくせに(推定)年俸5000万。やっぱり好きになれません。

 

そんなこんなで今回紹介する機種はこちら!

 

 

「パチスロ攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG」です。

初代は本当に好きで、30万ゲーム近く打ち込んだ記憶があります。ただ、原作は一切知りません! パチスロの演出などを観て面白そうだなと思うのですが話が長そうというイメージ…でも、我らがイトシンこと伊藤さんが太鼓判を押すぐらい面白いらしいのでいつか観てみようと思います。

 

今作は純増約+1.4枚のA+ART機で、通常時は主にレア役で状態移行抽選&ボーナス抽選&CZの抽選をしており、ART(S.A.Cモード)に突入させることが出玉増加のカギとなっております。

 

打ち方やリール配列は、「ぱちガブッ!」さんの機種ページを見ていただくのが一番だと思います。

本日初のボーナスは、レア役対応の演出からスイカが成立。疑似連演出からの連続演出へ…これが見事成功し、

 

 

初のボーナス(REG)を射止めました。

REG中はロングフリーズの確率が大幅に上がっていて、約1/900でフリーズが発生しますのでレバーの叩きどころですね。後、REG中のキャラに設定示唆があるみたいなのでそれもチェック忘れずに!

初当たりのREGを皮切りにボーナスを数回引くも全てREGと出玉は増えない展開…。

 

表現が正しいのかどうか分からないが、リールがぬるっとなりリールロック発生!

前作ならリールロックした時点でCZの当選率が2倍になったので期待すると、タチコマの連続演出に発展し見事成功! 本日初のCZを射止めました。

そして選ばれたCZがなんと…

 

「ストーリー高確率」

15G+α継続して、それまでに累積したポイントによってARTを抽選します。

ただ、ここで成功すると「個別の11人モード」という電脳RUSHに近づくモードからスタートできるので、是が非でもクリアしておきたい場面。

 

 

特に熱そうな演出も来ないけれど、ステップアップで枠が黄色に上がったし信じて待ちましょう…

 

 

嘘だ!!

途中、弱チェリーも引いたので完全にクリアした気分でいましたが無情にも失敗。素子の倒れてる姿に心が痛みますね。

さっきのCZをハズしたのがよっぽどデカかったのか…静かな時間が流れていきました。

また今日も負けるのかと、朝に目を覚ました自分を恨もうとした刹那、画面には皆さんが大好きなあの二文字が…

 

 

これはなにかしら当たったでしょう! そう自分に言い聞かせ、恐る恐る連続演出中にボーナス図柄を狙っていくも揃わない。これはやらかしたパターンだと思ったんですが、僕の目の前には素晴らしい光景が待っていました。

 

 

黒BAR揃いという名の「SUPER BIG BONUS」という告知が…

1/3276で成立し、恩恵は300枚を超えるBIG+先ほど射止められなかった「個別の11人モード」が確定します。朝イチ、1時間でこれを引けたのはデカい!

 

 

更に、BIG中に白7揃いもし「電脳RUSH」確定。

 

若干投資はかかりましたが、個別の11人モードの結果次第では大爆発も狙えるのでここは気合いの入れ所。

 

 

画面もカッコイイ!

BIG中に白7揃いしているので最低1回は電脳RUSHが付いてきます。

 

 

突入時に、PUSHボタンを押すと文字周りの色が変わり、継続率の示唆をしてくれるのですが今回は白。白でも続く時は続くと北斗の拳シリーズが教えてくれたので若干期待。

 

 

前作までは最大3匹のタチコマが活躍して、毎ゲーム上乗せをしていたと思いますけど今作の電脳RUSHは、1セット毎にタチコマの数が変化(多ければ多いほどチャンス)、ほとんどが1匹が選ばれると思いますけど、そこから3G間全役で継続率UP抽選を行います。(最低30%)そして、その3G間に溜めた継続率で4G目にジャッジをし、クリアすると上乗せになります。初回は必ずクリアしてくれるので上乗せナシで終わるということはありません!

 

 

この様に壁を突き破ってくれると上乗せ。タチコマの数が多いほど、継続率UP抽選が有利になるので1匹で出てこないことを願いましょう。

2セット目はタチコマ1匹で継続率40%。壁を越えられるか…

 

 

無理でした。

 

 

ただ、個別の11人モードは1回電脳RUSHに突入すると15G間のSTがリセットされ、また最初から挑戦できるのでここの頑張り次第では「電脳RUSH→個別の11人モード→電脳RUSH→個別の11人モード…」と無限ループも夢ではありません!

 

 

白7が再び揃い電脳RUSHへ! 今度こそ大きな上乗せを…

 

 

ショボい! 

こんなショボい引きの男が活かせる訳もなく、個別の11人モードもそのまま終わりました。

上乗せはショボく終わってしまったんですが、僕が1番注目しているポイントがこちら

 

 

普段は押し順ベルが出ると思うんですがART中にシューティングモードを選択することによって、

 

 

このように押し順ベルではなく、5号機初期を思いだしそうな色押しナビに切り替えることができます。正直、時間効率的には押し順管理の方がいいと思いますけど、色押しにしか存在しない上乗せパターンもあるので目押しをミスしない自信がある方は色押しで消化した方が楽しめると思います。

 

少しの間上乗せに恵まれなかったんですけど、スイカからスナイプチャンスに当選すると

 

 

もう一つの上乗せ特化ゾーン「電脳HACK」に当選!

前作は1種類しか存在しませんでしたが今作から3種類に増え、特に笑い男のHACKが選ばれた時は興奮必至! 

今回は残念ながら一番弱いタチコマHACK

 

 

ボタンを連打して色が上がっていけばいくほど期待度は上がります!今回は青止まりだったのでそこまで期待はしていませんが…

 

 

うん、悪くない!

これは内部でゲーム数が決まっているのか、ガチの連打で決まるのか非常に気になるところです。

色押しタイプの良い場面を見せたいと心で呟きながらレバーを叩くこと数十分…遂にその時が

 

 

運命の2択。

逆押しで成功すると電脳RUSH…但し、ここでの成功率が何%なのか解析が出てないので少し怖いところもある。

男なら逆押し一択! 

 

 

とか、言いつつ小心者の僕は目先の上乗せ欲しくて順押しを選んでしまったけど30Gも大事だからね?

 

 

上乗せにもそこそこ恵まれたはずですがボーナスがこの間REG1回のみ…。やはり出玉増加にはBIGが不可欠ですな。

前作同様、終了画面は色々示唆があるみたいなのでしっかり見ましょう!

 

 

その後、高確率ゾーンを2連続でハズしハマりそうな空気。

下皿一杯あった出玉も風前の灯です。チャンス目を引いたところで連続演出に発展! 

チャンスアップも絡んでいたのでボーナス狙ったんですが揃わず。肩透かしか…

 

 

違う! これだから揃わなかったんだ!(本日2回目のSUPER BIG)

普通のBIGが1度も引けていないのにこっちを2回引くとはどういうヒキしているんだ…。

再び入った個別の11人モードは1回電脳RUSHに入っただけで駆け抜け。下手くそすぎますね(笑)。

そこでは活かせなかったが見せ場到来!

 

弱チェリーから素子の電脳HACK当選!

初期ゲーム数が30Gと悪くない…これは、

 

 

願望込みで×20倍のところで写メ撮ってしまった。ここで止まればどれだけ幸せなのか。

気になる結果は…

 

 

現実はこれ。

 

 

まぁ、こうなるとは思ってましたけどね(笑)。

初期ゲーム数の最大が100G、右の倍率が最大20倍…なにこれ?最大2000Gってのも、もしかしたらあるのかな?とか考えたり。そうなれば夢ありますね。

 

 

ボーナスが引けなかったので枚数はそこまで増えず。

そこからもう一回伸ばせそうな雰囲気はあったのですが、どう考えても高設定ではなさそうなのと極端なREG寄りのせいで思ったように伸ばせずヤメです。

 

辞め時間違ってなかったらプラスで終われてましたね。無念。

関連機種

「CR Another」②/実戦データ

2017/03/20

【実戦データ】

 

 

回転数 図柄(ラウンド数) 予告&リーチ 投資
3 2(10R+AT) イルミネーション予告→死者は誰リーチ→グラスアイリーチ 5K
【5】 V入賞(5R+AT) 右V入賞  
【8】 V入賞(15R+AT) 右V入賞  
【13】 V入賞(15R+AT) 左V入賞  
【2】 V入賞(5R+非AT) 右V入賞  
15 1(10R+非AT) テンパイライン(赤)→群予告→ビーチバレーリーチ(赤テロップ)→白カットイン  
23 2→7(10R+AT) 死者は誰リーチ→クライマックスリーチ  
【4】 V入賞(5R+非AT) 右V入賞  
83 7(10R+AT) 疑似3連→イルミネーション予告→7テン煽り→連続現象リーチ  
【5】 V入賞(5R+AT) 右V入賞  
【4】 V入賞(5R+非AT) 右V入賞  
160 6(10R+AT) イントロ疑似連×1→死者は誰リーチ→グラスアイリーチ  
【2】 V入賞(5R+非AT) 右V入賞  
76 4(10R+非AT) イルミ(赤)→カラスSU5)→カウントダウン予告→現象リーチ  
25 1(10R+非AT) ステージチェンジ(赤)→疑似2連→カウントダウン予告→現象リーチ  
15 V入賞(10R+非AT) Vチャレンジ  
189 5(10R+AT) イルミ(赤)→カウントダウン予告→ストーリーリーチ(3年3組の真実)→グラスアイリーチ  
【14】 V入賞(15R+AT) 左V入賞  
【2】 V入賞(5R+非AT) 右V入賞  
15 V入賞(10R+AT) Vチャレンジ  
【4】 V入賞(5R+非AT) 右V入賞  
350 6(10R+非AT) 疑似3連→死者は誰リーチ→ストーリー(災厄を止める手掛り)  
110   ヤメ  

 

 

【実戦結果】

 

投資 500円
総大当り回数 22回
出玉 3297玉
換金 11500円
収支 +11000円

 

【まとめ】

 

まず、ひねり打ちは全く効かないので、大当り中はラウンド間の止め打ちだけでOK。目安としては「アタッカーに3個入賞したら打ち出しヤメ」でいいと思います。案外打ちっぱなしでもオーバー入賞してくれることがあります。

止め打ちも増える事はなく、減らさないように心がけるという程度だと思います。手順としては「ベロが開いている時に打ち出し。玉が入ったら1拍置いて打ち出し」くらいの感じ。アバウトでOKです。早いとこV入賞させたほうがたぶん得です。

 

 

 というわけで、軽すぎる初当りにも救われて快勝で終われました。よかったよかった。

最近「新台レポート」は絶好調だから、この勢いで頑張ります。

 

それでは、またお会いしましょう。

 

さようなら。

 

関連機種

「CR Another」①/実戦記

2017/03/20

こんにちは。ゲンスイです。

 

WBCの盛り上がりがすごいですね。筒香が同級生だったってことに今年一番驚いています。年棒3億円ですってね。もう一生遊んでくらせるんだから、野球やんなくていいじゃんって思っちゃうあたりがボクのダメなところなんでしょうね。精進します。

 

はい、てなわけで(どんなわけ?)今回紹介する台はコチラです。

 

 

藤商事から出た『Another』です。

アニメを観たんですけどね…おもしろい!!

ホラー・ミステリー・ちょいグロ、が好きな人は絶対ハマると思います。

少しストーリーをいうと、クラスメイトに1人死者(おばけみたいな人)が紛れこんでいて、そいつを見つけ出さないと毎月クラスの誰かが死んじゃうよっていう物語です。

んで、パチンコの話に戻るんですけど、この台の何がイイってネタバレをしないように工夫してるとこ。普通この手の台って割とネタバレ全開で作られるから、リーチなり●●連チャン達成のエンディングなりで、アニメの最終話とかを垂れ流すでしょ? まだ観てないものだと大抵それで萎えちゃうことが多いんですよね。今回でいうと「死者」の正体がこのアニメの最大の見どころなんだけど、本機は誰が犯人なのかを分からないように、A君が死者のパターン、B君が死者のパターンみたいな感じで色々なパターンを撮り下ろしてるからネタバレにはならないんですよね。この試みは本当素晴らしい。

はい、ちょっと脱線したので、ここからはちゃんと台の演出とかについて解説していきます。

 

スペックはコチラからどうぞ。

https://p-gabu.jp/guideworks/machinecontents/detail/4526

 

いわゆる一種二種混合機と呼ばれるやつですね(AKBとかハルヒとかのやつです)。

んで、盤面を見て明らかに目立つ回転体の役モノ。まずはこれに触れときますね。

 

 

初当りの51.5%で突入する「Another Time(AT)」中の順序です。

文字で説明するより画像を交えた方が分かりやすいので、見ながら読んでください。

まず、右打ちして①のベロに玉を入れます。そしたら液晶で演出発生後に②の羽根が開放するのでそこに玉を拾わせます。んで、この後に

 

 

 こんな感じで役モノが落ちてくれば左のルート、つまり回転体の役モノへ向かいます。玉の動きがめちゃめちゃ早い&プラスチックが透明で玉が若干見にくいので、注視してないとどっちのルートに行ったかわからず、役モノがでてから「あっ、左行ったんだ」みたいなことになります。まあ玉をガン見じゃなくて、「役モノ落ちて来い! 役モノ落ちて来い!」みたいな楽しみ方でもたぶんOK。ちなみに、回転体の役モノへ進んだ場合は15R確変orハズレ(通常否定)となります。その確率は完全ガチの50%。ココ、本当にピリついて超楽しいですよ。

 

 

逆に右に向かった場合は通常転落の可能性が大。V入賞後はラウンド中の昇格演出に発展し成功すると15R+AT。

 

 

失敗するとファイナルチャンスに移行し、ここで成功すると5R+AT、失敗で右打ち終了となります。

 

※写真はファイナルチャンス成功時のもの。

 

ちなみに右V入賞の確変割合は30%くらい。3分の2は通常転落となります。

 

要約すると左にいったら通常否定+15Rのチャンス、右にいったら通常大当りの大ピンチって感じです。

まあ、普通に右打ちしてるだけでなんも問題ないんですけど、一応こういう仕組みになってますよっていう説明でした。チャンチャン。

あ~それと、ベロに拾わせた後に演出を挟んで電サポが開くんですけど、その時に

 

 

こういう演出が出ると、左ルートへ向かうチャンスみたいです。うん、あくまでチャンスだからね。全然ガセもあるからお気をつけて。上の役モノが赤いエフェクトをまとうパターンもあったけど、これも右でV入賞(通常)とか全然したから、気持ちアツい程度かな。あと、AKBみたいに作為的にV入賞を狙うor外すことは不可能なので、そういうのは考えずに純粋に楽しんでください。

 

うわ~、通常時のことなんも書いてないのにもう1500文字も突破してる。おびえる~。

 

 

はいはい、それではお待ちかねの通常時の演出解説です。

まず小冊子をめくると重要演出として

 

※カウントダウン

 

こんなんとか

 

 

※群

 

こんなんとか

 

 

※ミサキZONE

 

こんなんが挙げられていますが、一番初当りに絡みやすいのが

 

 

イルミネーション予告です。

変動開始直後や疑似連後、またはリーチ中などにも発生するのですが、当たるにしてもハズれるにしても結構な頻度で出現します。

それと付随して

 

 

このように、メイが浮き上がらないけどビジョンが赤いパターン。もしくは、両サイドの役モノが動いた時のエフェクトが赤の時。この2つのどちらかが起点になりやすいです。

注目演出に挙げられてるやつがいきなり発生するときもありますが(特に群は何の変哲もない時に発生したりします)、基本的には上記2つマチ。もっというと“赤系演出”マチです。この台のイイとこポイントその2、ちゃんと“赤”が仕事をする。はい、ここテストでま~す。

 

 んで、リーチなんですが正直なんでも当たります。

理想は、リーチハズレ後に発展するグラスアイorクライマックス(当たればATだけあって滅多に出現しない)

 

 

 

上がグラスアイで下がクライマックス。

グラスアイはリーチハズレ後に左右の役モノがガシャーンってなって真ん中にメイが出てくれば発展の合図です。

 

 

 

 ただ、群とかイルミのような強予告が出ている場合は、普通の機種でいうところのキャラ系にあたる「現象リーチ」の前半とかでも全然当たります。むしろ後半にいくとなんとなくヤバいかもってくらいの印象ですね。

 

 

 ビックリ大当りが多い台なので、強予告が一個出れば楽しめる台ですよ。

正直、最近の台じゃ右打ち中はもちろん、通常時もピカイチでおもしろい台だったので皆さんもぜひ打ってみて下さい。

関連機種

「ドリスタせかんど」②/実戦データ

2017/03/13

記事カテゴリ:黒崎アキラ
タグ: NET ドリスタ ART機 萌えスロ 

【実戦データ】

 

ゲーム数 ART・CZ・上乗せ 投資・備考
0 スタート  
(66) ART告知 リオステージ
91 ART「ライブボーナス」 2K
20 ART終了 34枚獲得
(29) CZ「モグモグボウリング」 失敗
(70) CZ「モグモグボウリング」 失敗
(263) ART告知 リオステージ
276 ART「バトルボーナス」 7K vsスナイパイ(強)
47 ART終了 115枚獲得
(29) CZ「モグモグボウリング」 失敗
(136) ART告知 スナイパイステージ
174 ART「バトルボーナス」 2K vs十字架(弱)
(34) バトル勝利 ブロンズコイン→R
(44) ART「バトルボーナス」 vsモグモグ風林火山(弱)
(67) バトル勝利 ブロンズコイン→R
(80) ART「バトルボーナス」 vsスナイパイ(強)
124 ART終了 273枚獲得
(136) ART告知 十字架ステージ
154 ART「バトルボーナス」 vsシンデレラブレイド(強)
35 ART終了 58枚
(111) CZ「モグモグボウリング」 成功
(118) ART告知  
131 ART「バトルボーナス」 1K vsスナイパイ(強)
36 ART終了 102枚
114 ヤメ  

 

 

【実戦結果】

 

投資 12,000円
回収 0枚
収支 -12,000円

 

 

【まとめ】

やはり打っていてゲーム性や世界観は抜群に◎!!あとはどうやってまとまった出玉を得るか。そのトリガーさえ分かれば更に楽しめる台だと思います。今回は引けなかったスペシャルバトルボーナス(青7揃い)も高設定ほど確率が優遇されているのでここが契機になるのかな?いっぺん引いてみたいものです。

関連機種

「ドリスタせかんど」①/実戦記

2017/03/13

記事カテゴリ:黒崎アキラ
タグ: NET ドリスタ ART機 萌えスロ 

黒崎です。

 

 

 

今回はネットさんの

『ドリスタせかんど』を

ご紹介!!

 

 

 

 

本機は3種のART

「スペシャルバトルボーナス(青7揃い)」=ART50G+α

「バトルボーナス(赤7揃い)」=ART30G+α

「ライブボーナス(赤7・赤7・BAR)」=ART20Gがループ率で継続

を連チャンさせて出玉を増やします。

 

今回はゲームの主な流れを

実戦に沿ってお届けします。

 

 

 

通常時は4種のステージの

どれかに滞在し

周期ごとにステージチェンジ。

面白いのは

ステージごとに

ARTの抽選方法が異なるところです。

 

見せ方が違うのではなく

内部的にやっていることが違います!!

 

 

 

最初の当たりは

リオステージから。

 

 

 

 

 

 

リオステージは

周期開始時と周期消化中のチャンス役で

ART抽選。

メインは消化中のチャンス役!

 

周期終了時に上のような

演出に発展し

ART当選の有無を告知します。

 

 

 

 

 

最初に出てきたボーナスは

ライブボーナス。

5%、80%、90%のいずれかの

継続率に振り分けられ

ベースの20Gが終わった段階で

継続すれば次のセット(20G)へとつながります。

 

…が、ここは継続せず。

34枚獲得!!…。

 

 

 

 

 

次の当たりまでに2度の

CZを挟みましたがいずれも不発。

 

CZは画面左下の☆が完成すれば

次の周期開始時に突入する

ART期待度50%の

チャンスステージです。

 

 

 

 

 

さて、2回目のボーナスもリオステージから。

今度はバトルボーナス!!

 

打ち終わって思いましたが、

このバトルボーナスが

ゲーム性も演出や世界観も

一番の楽しみどころです!

 

 

 

 

まずバトルの相手となる

モグラが登場!

バトルボーナス(赤7揃い)で

出てくるモグラは全部で10種!!

それぞれのモグラに

「倒しやすさ」と「勝った時の報酬の大きさ」が

設定されており、

倒しにくいモグラほど

勝った時に多くボーナスストックがもらえやすくなっているようです。

 

モグラ…

かわいいですね。

 

 

 

バトル中は

成立役に応じて

味方が攻撃したり敵が攻撃したりする

バトルタイプでゲームが進みます。

 

相手のライフゲージを0にすれば勝ち。

 

 

 

 

 

チャンス役の成立などで

味方キャラとモグラが星の中に入っていくと

大ダメージに期待の

オムニバスアタックが発動!

 

今回はシンデレラのオムニバスアタック…

 

 

 

 

おしりぺんぺん。

 

 

 

通常の攻撃も

オムニバスアタックも

敵のモグラのモチーフと

ヒロインキャラクターが

同じ方が

より大きなダメージとなります。

 

例えば今回は

敵がマフィア=スナイパイのモチーフ

なので…

ヒロインがミウの攻撃だと

大チャンス!!…でした。

 

でもシンデレラの攻撃だったので

ダメージはまずまず。

 

 

 

 

 

そうこうして

30Gが経過すると…

 

 

 

LASTが??Gになり

最後のねじり合い!

 

この間でもモグラを倒せれば

ボーナス連チャンを獲得ですが…

 

 

 

 

あーーー逃げられるーーー!!!!

 

……。

 

 

 

 

…逃げられた。

ってことでART終了。

115枚獲得!!…。

 

 

 

敵に勝つなどして

ボーナスストックがあれば

次のセットへ続きます。

 

あとはこれの繰り返しです。

 

連チャンさせたいなー。

 

 

 

次の当たりはスナイパイステージから。

スナイパイステージは

消化中に小役が連チャンすると

ARTのチャンス!!

 

 

 

 

 

出てきたモグラは…

 

 

 

 

弱いヤツ出たー(-ω-)/

 

連チャンさせるChance到来!!!!!!

 

 

 

 

 

…シンデレラがやられたー。

 

(やられてもすぐ復活します。)

 

 

 

そんなこともあり

残り???Gまで持ち込まれましたが

 

 

 

 

WIN!!!!

 

 

 

 

 

バトルに勝利したら

コインが手に入ります。

このコインを使って

ガチャガチャをやるのですが

上位の色のコインほど

ガチャガチャで良いカードが出やすい

つまり多くのボーナスストックをしやすい

ということになります。

 

 

 

 

さぁ、ガチャガチャのお時間

ガチャガチャンス!!

 

 

 

 

 

パネル部分のガチャ役物を回しましょう。

 

 

 

たいていは”R”のカード。

 

 

 

 

でも…

 

(この画像は実戦外のものです)

 

こんなのが出ると

ボーナスの大連チャンに期待!!

 

 

 

 

 

そこから

敵をバッタバッタと…

 

 

 

なぎ倒し…!!

 

 

 

 

 

 

3連。

278枚獲得!!…。

 

 

 

以降やはり

「当たりやすい(設定①:1/199)」ことがウリのひとつの台なので

当たる気配はムンムンに出してくれます。

 

…が。

 

連チャンさせられず。

 

 

 

今回の実戦では

出玉を増やすイメージができず

無念の敗走。

 

 

 

 

 

総じて

やはりゲーム性のバリエーションや

当たりやすさなどから

遊びやすさは抜群のマシンなので

5スロや2スロといった低貸パチスロで

1日のんびりと遊びたい機種です。

 

 

関連機種

「パチスロ モンキーターンⅢ」②/実戦データ

2017/03/06

【実戦データ】

 

ゲーム数 ART 投資&備考
0~ スタート  
422 SG RUSH告知 12K
15 SG RUSH開始 ST+20
50 SG RUSH終了 50G/97枚
68 SG RUSH告知  
17 SG RUSH開始 ST+20
408 SG RUSH終了 408G/840枚
189 SG RUSH告知  
21 SG RUSH開始  
140 SG RUSH終了 140G/184枚
8 ヤメ  

 

【実戦結果】

投資 12000円
獲得枚数 928枚
換金 18500円
収支 +6500円

 

 

【まとめ】

通常時にマスが見えているので重要なポイントが分かりそこでレア役を引けなかったり、サムいマスで引いてしまったりと落胆してしまうパターンが多い点と、ART中は目に見えるレア役が出ない仕様になっているので、アツくなれるポイントがわからない点はモヤットポイントでした。ただ、ART中にバンバンVが揃うのはグッドポイント。それに加えてARTもSTタイプになったためヒキ次第では大きな波に乗れるし、夢のある台と思います。自力感が好きだ! というユーザーには堪らない1台なのは間違いナシです。

関連機種

「パチスロ モンキーターンⅢ」①/実戦記

2017/03/06

おはようございます。

世の男性は1週間後に控えた

ホワイトデーにあたふたしているそうですが

そんなことは微塵も関係ありません。

パチスロ実戦術のゴッティ輝です。

 

今回レポートさせていただくのは

コチラ

 

 

パチスロ モンキーターンⅢ』です。

本機は言わずと知れた

名機の第3弾ですね。

初代から打っていた機種なので

個人的にも楽しみです。

 

今作になって変更された点は

通常時はゾーン解除ではなく

 

こちらの液晶右にあるカレンダーを使って

自力でCZを手繰り寄せるシステムに変わりましたね。

 

 

黒・青・緑・赤・特殊マスがあり、

1Gずつ進んでいきます。

そこで何の小役を引くかによって

CZ突入の期待度が変わるそうです。

 

見ての通り

 

赤マス時はレア役でなくても

チャンスがあるみたいですね。

 

もう一つの変更点としては

ARTのSG RUSHです。

 

20G~100GのフライングSTと

30GのSTタイプの2部構成となりましたね。

 

詳しい解説をすると長くなってしまいますので、

ぱちガブッ! のサイトを参考にしてみてください。

 

https://p-gabu.jp/contents/machinecontents/detail/4479

 

さて、この2点を含め

演出もスペックも一新された

モンキーターンⅢを実戦開始です。

 

通常時はとにかく

色付きマスで

レア役を引け!!

引け!! 

黒以外で引け!!

 

と願うのみです。

 

気をつけたいポイントは筐体左にある

このランプが点灯している間は

前兆を示唆しているので

ヤメてはダメということですね。

 

何も引いて無くても

たまについている事があるので

見逃さないようにしないとです。

 

さて

序盤はタイミングよく

レア役を引くことが出来ましたが、

CZをクリアできずハマってしまい

その上やっと入ったARTは

何事もなく50G駆け抜け

 

暗雲が立ち込めます。

コレ出し方が分からへん…

ここまでの正直な感想でした。

 

ただその不安は

2回目に突入した

ARTが払拭してくれます。

 

強艇王THEチャレンジに

突入し

 

その後もV揃いが頻発

 

 

あっという間に

GPXのポイントが0になり

SGレースに当選!

 

ここでグランドスラムを達成すれば

本機最強の特化ゾーンへの道が開けます!

結果は…

そう上手くは行きませんね。

 

その後もARTと

バトルオブスプラッシュを繰り返し

本機のアツキャラ

アリサ様まで登場。

 

最後はこんな美人キャラが集まった

ショットを拝み

大満足の実戦終了です。

関連機種

TOP