全力!新台レポート

毎週月曜日更新/若手ライターたちが毎週、最新台を全力実戦!

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

「CR逆転裁判」②/実戦データ」

2016/04/04

記事カテゴリ:ゲンスイ
タグ: HEIWA V-ST ゲーム原作 

【実戦データ】

回転数 図柄(R数) 予告&リーチ 投資
638 探偵ボーナス(4R通常) 疑似2連→フリーズ予告(「待った!」…「この変動…チャンスのはずです!」→検事系(御剣) 9.8K
168 探偵ボーナス(4R通常) 検事系(御剣) 2K
421 6(4R確変) 逆裁チャンス→裁判系(盗まれた逆転)→緑CI→復活 6.2K
【69】 SUPER逆転ボーナス(12R) スロット演出(赤七テンパイ)  
【1】 SUPER逆転ボーナス(12R) 電断演出  

 

投資 18000円
総大当り回数 5回
出玉 6500玉
換金 6500円
収支 -11500円

 


【まとめ】

RUSH中は打ちっぱなしで問題なしです。理由は本文でも触れたので割愛します。一応、セグをずっとみていれば、1Rなのか小当りなのかを判別することは可能ですが、わざわざ判別する理由もないし、なによりゲーム性や演出の面白さを損なってしまうのでする必要はありません。

 通常時ですが、おそらくリーチよりも予告が重要となります。疑似3だけでは裁判系前半で終わることがざらだったので、保留先読みやフリーズ予告を起点に、強予告の発生でようやく形になる感じだと思います。

 

 

 負けてしまったー。そりゃ投資があんだけかさめば負けちゃいますよね。う~んと、なにやら当ブログは14連勝中という意味わからん記録を更新し続けてたらしいですね。その幕引きを連載人の中で一番キャリアの長いボクが請け負ったのはもはや優しさと言って良いでしょう。後輩たち(いってもマッスル以外年齢は全員年上)のプレッシャーを解放してあげたんですから。ハハハ、ハハハ、はぁ…。

 

 さあ罰ゲームです。ちょびさん登場の時間です。

再生数次第ではユーチューバーに転向しようか考えます。

よろしくお願いいたします。

 

 

【罰ゲーム】

1パチで1万円以上負けたうえ、これまで3ヶ月以上続いた連勝にストップをかけたゲンスイにキッツ〜イお仕置き!? ちょびさん、バシッとやっちゃって下さい!!

関連機種

「CR逆転裁判」①/実戦記」

2016/04/04

記事カテゴリ:ゲンスイ
タグ: HEIWA V-ST ゲーム原作 

こんにちは。ゲンスイです。

 

 先に言っておきます。今回ブログ内のどっかに“ちょび”さんが出てきます。あの“ちょび”さんが出てきます。(アクセス数を確保するためには)大事なことなので2回言いました。実はボクとほぼ同期(ちょびさんの方が半年くらい先輩)なんですよね。なのに、この圧倒的人気の差はなんでしょう。かたやスケジュールが3ヶ月先まで取れず(※勝手なイメージです)、かたや1週間後の予定が何も入ってない半ニート。う~ん、書いてて涙が出そうです。ともあれ、今回はどっかにちょびさんに出てもらっているので(さ~んかいめ)、新台レポートと同時進行でお楽しみいただければなと思います。そんでアクセスをいっぱいしてくれればみんながハッピーになります。

 

 ってことで今回の実戦機種はコチラです!

 

 

 

 

 『CR逆転裁判』でございます。

ご存じの通りカプコンの人気ゲームですね。ただボクはゲーム未プレイなのですが、SUPER 小当り RUSH(通称SKR)と呼ばれる画期的なシステムが導入前からとても気になっていました!

先にどんなシステムなの? っていうのを超絶簡単に説明しておきますと「右打ち中に発生する小当りで出玉をどんどん増やしていこうぜ」っていうイケイケのやつです。すみません。おちゃらけました。これだけじゃイメージしづらいと思うので写真を交えてもうちょい深くマジメに説明していきます。

 

まず、アタッカーの右上にある「開廷」と書かれたポケットに入賞させます。

 

 

 

 

 すると約1分の1で小当りが発生し、賞球12個のVアタッカーが開閉します。

 

 

 

 

 この開いてる時に玉をどんどん入賞させて増やしていこうっていうシステムです。つまり、大当りを引かなくても小当りで開いたVアタッカーに入賞した分×12個の出玉が右打ちしてるだけで勝手に得られちゃうわけです。もちろん、普通の大当りも1Rと12Rが半々の確率で存在しているので、小当り以外でも出玉の増加は見込めます。

あと、どこかで「右打ち中はトイレに行けない台」っていうフレーズを聞いたことがある方はいませんか? いないですか。すみません。勝手に聞いたことがあるという方がいるていで話しますと、開放ポケットの保留が最大で4つまで貯まるので、ハンドルから手を離すと4回分のVアタッカー開放分を損してしまうんですよね。さらに、1R大当りの場合、小当りとの判別が液晶上では見分けがつかないので、手を離している際、仮に1Rが当たっていたらV入賞を逃し確変が強制終了となってしまうこともありえます。なので「トイレに行けない=ハンドルから手を離せない」っていうフレーズが飛び交っているのです。まあ、今飛び交わせたのですがね。

まあ、言葉にすると難しいように感じるかもしれませんが、要は何も考えず液晶を眺めて右打ちに徹していればモーマンタイでございます。

それでは実戦を振り返っていきましょう。ちなみに今月は実家暮らしでなければ路頭に迷うほど負けているので1パチ実戦です。あしからず。

 

 開始10分、ミニキャラ系を経由して

 

 

 

 

トノサマンチャンスに発展。

アクダイカーンなるものを倒せば逆転ボーナス突入とのこと。

ちなみに信頼度は約36%。

 

 

 

 

3回に1回は当たる計算で割とチャンスのようでしたがあっさり敗北。

まぁいいでしょう。まだ10分だし400円だし。

 

その後638回転目。

 

 

 

 

 4Rの探偵ボーナスをGET。

ん? 638回転?

 

大当り確率は約249分の1なハズなのだが…。

あんまり記憶は定かではございませんが、この638回転(時間にしておよそ2時間半)の間トノサマンチャンスが3回と裁判系リーチの後半発展が1回のみで、「うぉぉぉアッツゥゥゥゥウウ」みたいな演出は一切起こらず。ボクのヒキの問題なのか、メリハリがはっきりしている台なのか…。

 

ちなみに、本機は図柄揃い=RUSH確定なので、この探偵ボーナスはいわゆるダメな方の大当り。投資ですか?  9800円です(注:1パチです)。

 

しか~し、その時短中

 

 

 

 

な、な、ななテンパイですよ。きゃーおびえる~(言いたいだけ)。

このときは初打ちなので信頼度は知りませんでしたけど、昨今の風潮的にアツいに決まっているでしょうよう。

 

 

 

 

 その後、裁判系の「逆転のトノサマン」に発展しカットインは

 

 

 

 

赤!!

からの

 

 

 

 

すんっ。

え…。

は…ず…れ…?

おびえるぅぅぅぅぅうう!!!!(今日一の声で)

ちなみに7テンの信頼度は約80%あるらしいです。

おつかれさまでした。

 

いつもならもうヤメてるところですけど、さすがにSKRを体感しないでヤメたら、今までなんだったんだって事になるので「SKR入るまで帰れません」ルールが勝手に発動しました。

 

その後探偵ボーナスをもう一回はさむもまたハマる。投資も18000円(4パチなら72000円)まで膨らんだところで

 

 

 

 

逆裁チャンスに発展。いわゆる発展先をボタンで決めろ的なよくあるアレです。しかも、決まってこういう系はアツいですからね(後に信頼度約45%と判明)。

 

 

 

 

 

 発展先は裁判系の「盗まれた逆転」。タイトルが赤いね。わーい。

でもカットイン緑だったんですよ。

てなると

 

 

 

 

頭を抱えるよね。そりゃ…。

 

 

 

 

 

およっ?

 

 

 

 

うぉぉぉぉぉ!! ふっかーーーつ!!

てことで、苦節5時間半。

始めてのRUSHです。

RUSHはアニメーション+バトルが楽しめる「エピソードST」と

液晶下のリールに図柄が揃えば残りSTゲーム数が上乗せされるパチスロ風演出の「

チャージST」の2種類から好みで選べます。

今回は「エピソード」にしました。

 

エピソードではまずアニメパートが進行していき

 

 

 

 

その後バトルパートが発生します

 

 

 

 

そこで発生する演出に成功すれば

 

 

 

 

 

 

 もちろんこの間も打ちっぱなしでもSKRによりどんどん玉は増えていきます。

12RのSUPER逆転ボーナスなんかも絡んじゃいます。

 

 

 

 

 打ってみるとわかりますが、このシステムものすっごい楽しいです。●●ボーナスみたいな表記はないのに、箱が満たされていくんですもの。気持ちいいったらありゃしません。

 

さて、逆転するには18000発の出玉が必要なんですが、果たして結果はどうなったのでしょうか。

それでは結果です。

あ、そういえばまだちょびさん出てませんね。

関連機種

「CRフィーバー機動戦士ガンダム LAST SHOOTING」②/実戦データ」

2016/03/28

記事カテゴリ:黒崎アキラ
タグ: ミドル ガンダム V-ST 

【実戦データ】

回転数 図柄(R数) 予告&リーチ 投資
0 スタート    
713 3(6R確変) パイロットモード→vsグフ→vsシャア専用ズゴッグ(ニュータイプゾーン突入) 33.5K
【9】 7(16R) シャア専用ゲルググ(以下シャア・アズナブルMODE選択)  
【38】 4(6R) シャア専用ザクⅡ  
【49】 2(6R) シャア専用ズゴッグ  
【23】 4(6R) シャア専用ゲルググ  
【20】 7(16R) シャア専用ゲルググ  
【55】 3→7(16R) シャア専用ズゴッグ  
【19】 8→7(16R) シャア専用ザクⅡ  
【32】 4(6R) ホワイトベースを追撃しろ→復活  
【59】 7(16R) シャア専用ザクⅡ  
【16】 2→7(16R) シャア専用ズゴッグ  
【14】 4(6R) シャア専用ズゴッグ  
【50】 4(6R) シャア専用ゲルググ  
111 3(10R) ガンダムモード→vsブラウ・ブロ→レボリューション→vsシャア専用ゲルググ  
(88) 2(10R通常) ホワイトベースのクルーを終結させろ→復活 ※ヘソ当たり  
103 ヤメ    

 

投資 33500円
総大当り回数 15回
出玉 14231玉
換金 47000円
収支 +13500円

 

 

【まとめ】

ということで、「ガンダムが好き」というだけの理由で新境地のパチンコに挑んだわけですが、何とかなりました! ホッとしたというのが率直な感想です。パチスロではあまり液晶演出を見なかったり、もともと液晶の付いていない機種を打つことが多いのですが、そこはやはりガンダムの力。随所にモビルスーツが登場するだけで興味津々になってしまいました。聞くところによると、原作(アニメ1stガンダム)には出てこなかったモビルスーツもどこかで登場するだとかで、まだまだ自分が目にしたものは一部なのだなと思いました。そして本機にはガルマの特攻シーンを使用したリーチ演出があるということで、それが一番見たかったのですが、残念ながら見られず。今回の実戦記では自責の念を込めて随所にガルマ・ザビの台詞を入れておきました。次回作がもし発表されたらその時は再び、クロサキ大佐にお呼びが掛かるといいな♪

そんなところで、不慣れな実戦でお伝えできることも限られていたかとは思いますが、今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。また次回は「スロ」のレポートでお逢いしましょう!

関連機種

「CRフィーバー機動戦士ガンダム LAST SHOOTING」①/実戦記」

2016/03/28

記事カテゴリ:黒崎アキラ
タグ: ミドル ガンダム V-ST 

2015年12月28日

 

お気付きだろうか…

 

その日の更新を境に

『全力!新台レポート』に信じ難い出来事が起こっている。

 

いつもご覧下さっている皆さんでさえ

あまり気に掛けてはおられないだろう。

 

少し過去の実戦を振り返ってみたい。

 

 

 

 

 

2015/12/28

実戦人:竹田メンディー氏

機種名:『CR熱響!乙女フェスティバル ファン大感謝祭LIVE』

総収支:+24,000円

 

 

2016/01/04

実戦人:ヤヤ・とぅーる氏

機種名:『CR FEVERアクエリオンEVOL Type319』

総収支:+4,000円

 

 

2016/01/11

実戦人:ゲンスイ氏

機種名:『デジハネCR北斗の拳6慈母』

総収支:+200円

 

 

2016/01/18

実戦人:黒崎アキラ

機種名:『ヱヴァンゲリヲン~魂を繋ぐもの~』

総収支:+17,500円

 

 

2016/01/25

実戦人:山田銀河氏

機種名:『パチスロ ガールズ&パンツァー』

総収支:+42,500円

 

 

2016/02/01

実戦人:黒崎アキラ

機種名:『パチスロ 機動戦士ガンダム 覚醒-Chained battle-』

総収支:+15,000円

 

 

2016/02/08

実戦人:ヤヤ・とぅーる氏

機種名:『CR絶狼RR-Y』

総収支:+3,000円

 

 

2016/02/15

実戦人:ゲンスイ氏

機種名:『CRA海物語3R』

総収支:+12,000円

 

 

2016/02/22

実戦人:山田銀河氏

機種名:『PACHISLOT NINJA GAIDEN』

総収支:+13,500円

 

 

2016/02/29

実戦人:ゲンスイ氏

機種名:『CR天元突破グレンラガン ラゼンガンver.』

総収支:+48,500円

 

 

2016/03/07

実戦人:黒崎アキラ

機種名:『パチスロ ひぐらしのなく頃に絆』

総収支:+29,000円

 

 

2016/03/14

実戦人:ヤヤ・とぅーる氏

機種名:『ぱちんこCR真・北斗無双』

総収支:+68,500円

 

 

2016/03/21

実戦人:山田銀河氏

機種名:『パチスロ偽物語』

総収支:+1,500円

 

 

 

 

 

いかがだろうか。

 

そう、2015年12月28日以降

企画として連勝街道まっしぐらなのである!

 

現在13連勝中…。

 

 

 

他のライター達がこのことをどれだけ意識しているか

定かではないが、少なくとも私にとってはプレッシャーだ。

 

 

 

そして今回、私が実戦する機種はコチラ↓

 

 

 

 

 

『CRフィーバー機動戦士ガンダムLAST SHOOTING』!!!!!

 

 

 

 

 

 

はーい、ということで

ガンダム大好きー

『パチスロ実戦術DVD・パチスロ実戦術RUSH』ライターの

黒崎アキラです(=゚ω゚)ノ

 

 

 

おっと黒崎さん、

今回はスロじゃないんですか?

でもまぁパチスロ打つ人はパチンコもよく打つんでしょ?

 

…っていうのが世間一般のイメージだと思いますが、

 

僕はマジで普段パチンコ打たないっす。

 

パチンコ台の前に座るのは確か2年ぶりぐらい。

自分の記憶が定かなら4円パチンコ初挑戦!(笑)

 

 

てってれーー♪

 

 

担当(編集)さんからは同日新台導入の『ゲッターマウス』でも良いですよと言われていたのですが、折角の機会ですし何事も挑戦あるのみってことで好きなガンダム打ってみましょうよ。

 

 

 

私とてザビ家の男だ! 無駄死にはしない!!(`・ω・´)

 

 

 

 

 

そんな具合なので今回は新台の説明というよりも

自分の実戦の流れに沿って感想をお伝えしていきたいと思います。

 

(スペックや演出期待度については同サイト内の機種情報を是非ご覧ください!|ω・))

https://p-gabu.jp/guideworks/detail/machine/4127

 

 

 

 

 

 

 

さぁ実戦開始。

 

 

 

立ち上がりはいろんなモビルスーツとの対戦が見られて上機嫌♪

 

 

 

 

 

 

 

 

ドムにグフにゴッグにブラウ・ブロに!

 

次々と出てくるジオンのモビルスーツ・モビルアーマーに

連戦連敗のガンダム!!(´・ω・`)

 

それでも保留0からの明らかなお情け演出であったとしても

活き活きと動くモビルスーツの姿は雄大でカッコいい!

 

 

 

開店から1時間30分…

 

今日初のチャンスらしいチャンス到来!?

 

 

 

 

NT(ニュータイプ)連続予告が絡んで

気付けば保留がガンタンクからガンキャノンに!

 

更にもう一段階NT連続予告から

ガンダム保留!!

 

 

 

 

この後

「ガンダム破壊命令」のタイトル予告が入って

vs.シャア専用ザクⅡ

 

…ん? 大丈夫かコレ?

 

 

 

普段パチスロを打つ時から

液晶の演出に対しては確定演出以外、基本的に信頼を置かない自分。

 

 

そんな自分にとってシャア系の中では一番弱い

vs.シャア専用ザクⅡ ☆×3

と来たものだから、疑心暗鬼もいいところ。

 

 

赤タイトルや赤カットインといった

演出中の赤は一切ないけど大丈夫かなと心配した矢先…。

 

 

 

ガンダム敗北(-_-)zzz

 

 

 

 

 

この辺りで薄々感じていましたが

パチンコってリーチ演出がめっちゃ大事なんですね。

 

予告演出でどれだけ熱いと言われる赤が絡んでも

リーチ演出が強くないと当たらないことを学びました( ˘•ω•˘ )

 

 

 

それから余談ですが

ヘソに入りそうな玉が横から来た別の玉に弾かれると

ムキーーッ(怒)ってなりますね”(-“”-)”

 

 

 

 

 

そして開店から3時間。

700回転ノーボーナス…。

 

 

 

ここまで共に戦果ナシだったお隣さんのガンダムも

いよいよ赤い彗星を撃破!

 

パチンコ初心者ひとり取り残されてしまいました。

 

 

 

 

笑うなよ、兵が見ている。

 

 

 

 

 

新台をレポートする役を仰せつかった以上

当たりなしで帰るわけにはいきません。

 

ここはモビルスーツ界のゆるキャラに癒しを求めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MSM-04 ACGUY

アッガイさんでーす♪

 

 

最後の一枚なんてマジ可愛いw

 

リーチはずして

「どお?」って感じで振り向くたたずまい、

最高☆

 

 

 

 

 

はい、現実に戻ります。

投資は30,000円オーバー。

 

天井のないパチンコ

1000円あたり22~3回しか抽選が受けられないパチンコ

そんなパチンコで1/319のボーナスがどれだけ遠く感じることか。

 

 

 

私がイセリナのために焦っているだと? 馬鹿な。私は冷静だ。

 

 

 

 

 

ひと呼吸置いて打ち出したその直後…

 

パイロットモードからvs.グフリーチに発展。

と思ったのも束の間!

vs.シャア専用ズゴッグリーチに変更!?

 

そして演出中に…

 

 

 

 

NTZ~!!ニュータイプゾーン!!!!

 

担当さんが送ってくれた資料に

「コレはアツイ」って書いてあったヤツーー!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

さぁどうよ?

どうなのよ??

 

 

 

 

 

 

当たった~!!!!!!!

ようやく当たった~~(*‘ω‘ *)

 

 

713回転、シマで一番遅い初当たりとなりましたが、

無事当たりました!…泣けるー。

 

 

 

2016年3月22日13時12分07秒(図柄揃いの写真が撮られた時間)

黒崎アキラ、人生初4円パチンコ大当たり記念の瞬間です♪

 

 

 

 

 

 

黒崎さん、大当たりした感想はどうですか?

 

いやー感慨深いものがありますね。

ここまで辛抱強くハンドルを握った甲斐がありました。

 

 

 

 

 

だいたい自分の気持ちはここで燃え尽きました。

 

 

 

あとは燃え尽き症候群のように

淡々とボーナスを消化してい…

 

 

 

 

 

 

 

 

おぉ、ST入った!!

 

よーし、そのご好意は頂こう。ガウ攻撃空母で迎え撃つ。

 

 

 

 

 

 

 

ST中はモード選択ができるのですが、

 

自分は連邦軍よりもジオン軍の方が好きなので

シャア・アズナブルMODEを選択!

 

 

 

 

 

 

あとはシャアがあれよあれよという間に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガンダムを撃破してゆき、

初当たりから16R×6回、6R×7回の

13連チャン!!

 

 

 

 

 

気付けば僕…

 

 

 

 

大佐になりましたw

 

アキラ・クロサキ大佐です。

 

 

 

 

 

まぁその後は時短中に

ヘソで当てるという将校らしからぬ失態も犯して

実戦終了。

 

 

 

果たして投資の33,500円は捲れたのでしょうか?

結果はまとめの方で!

関連機種

「パチスロ偽物語」②/実戦データ」

2016/03/21

記事カテゴリ:山田銀河
タグ: ボーナス+ART機 アニメ原作 化物語 

【実戦データ】

ゲーム数 ボーナス 当選契機 投資 備考
569~ スタート      
877 赤BIG スイカ 9k 怪異図柄×3
(198) 解呪ノ儀(CZ) 怪異チェリー   LV.1 成功
216 倖時間(ART)   2k  
35 ART終了     35G 45枚
6 赤BIG 怪異チェリー   火憐&月火
129 白異色BIG 怪異チェリー   火憐&月火 怪異図柄×3
(52) 解呪ノ儀(CZ) チャンス目   LV.3 成功
72 倖時間(ART)      
(31) 継続 11語   継続時忍画面
(48) 倍倍チャンス 48語 チャンス目  
(49) 倍倍チャンス 14語 チャンス目  
(51) 継続 1語    
(79) 継続 5語    
(102) 継続 4語    
(124) 継続 2語    
(146) 継続 1語    
(172) 継続 6語    
(203) 継続 10語    
(228) 継続 6語    
236 白同色BIG チャンス目   火憐&月火
12 赤BIG 怪異チェリー   ※ART準備中 火憐&月火
(14) 倖時間(ART)      
(38) 継続 4語    
(65) 継続 11語    
79 ART終了     315G 660枚
88 赤BIG      
56 赤BIG      
170 青異色BIG      
34 赤BIG      
(56) 解呪ノ儀(CZ)      
(126) 解呪ノ儀(CZ)      
156 青異色BIG      
170 青異色BIG      
(47) 解呪ノ儀(CZ)      
67 倖時間(ART)      
(21) 継続 1語    
(41) 継続 1語    
46 赤BIG     火憐&月火
(15) 倖時間(ART)      
(37) 継続 2語    
(59) 継続 2語    
(84) 継続 5語    
(107) 継続 2語    
(128) 継続 1語    
153 ART終了     183G 396枚
15 赤BIG     火憐&月火 怪異図柄×2
32 ヤメ      

 

投資 11000円
獲得 707枚
換金 12500円(56枚交換)
収支 +1500円
総回転数 2344G
BIG 13回

 

 

【まとめ】

実戦記にも書きましたが、BIG中の逆押しビタによる成功画面は1回のBIGで約3、4回サンプルが採れますので是非行いましょう。火憐&月火画面④(2人が白の毛布を被ってる画面)が出現すれば設定4以上が確定しますので出たらタコ粘り必須。ちなみに、実戦上ですがビタ押しによる「ひたぎ&翼」は設定2以上確定ですが、「暦」、「忍」は設定1でも出現していますので1回だけでは要注意。さすがに複数回確認できると信頼度は上がりますがね! 赤BIG、白異色BIGで偶奇がそれなりに設定差あるので、現状はそこを見て判別しましょう。ちなみに、設定2から機械割が100%を越えますので現行機ではかなり甘い機種になりますし、設定6はかなり安定するイメージ(※あくまで僕の)なので設定が使われそうな日などは積極的に狙うのをオススメします。

関連機種

「パチスロ偽物語」①/実戦記」

2016/03/21

記事カテゴリ:山田銀河
タグ: ボーナス+ART機 アニメ原作 化物語 

どうも、

 

パチスロ実戦術DVDライターの山田銀河です。

 

 

 

 

(※これは決してイヤらしい事をしようとしている写真ではないので悪しからず)

 

今月もこのお時間がやってまいりました6回目の新台レポート! 前回の実戦で、

2回目の勝利を掴み取りましたので現状2勝3敗。何とか今回も勝ち、セブン、イレブン、イーブンに持ち込みたい。

さぁ、イーブンに持ち込めるかが掛かった大事な機種はコチラ…

 

 

 

 

「偽物語」です!

 

2013年一世を風靡した化物語。こちらの後継機として出された物語シリーズ第2弾となります! ちなみに、偽物語はパチスロ実戦術メガBBスーパーXの付録DVDで僕が新台紹介させていただいたので、今まで新台レポートの中でも1番負けてはならないプレッシャーを背負いながら実戦に向かいます。

 

前作の化物語は差枚数管理のAT機だったと思いますが、偽物語はA+ART機となっています。仕様はおいおい説明しますので。

初当たりは天井前で、

 

 

 

 

BIG…。天井までのカウントダウンを始めようとしてた刹那、これですからね。あぁ、間違いない負けたなとこの時ばかりは思いましたが、まだ勝負は下駄を履くまでわかりませんので気落ちせずにBIGを消化。BIG中は逆押しして中段にベルがテンパイ(約1/5)した時に左に2連白7を狙い止まれば設定示唆の画面が出るのですが、

 

 

 

 

この原稿を書いてる時点ではどれが出たから良いってのが不明です…。なので、前作を踏まえると「忍」が出れば期待できるくらいの気持ちで捉えましょう!

そこから150Gで怪異チェリーを引き、それが解呪ノ儀(CZ)に繋がりました。

 

 

 

 

今回の解呪ノ儀はレベルがあり、レベル3が選ばれると期待度約80%にも跳ね上がりますが残念ながら今回はレベル1。まぁ、これがデフォルトですので、いかにここでARTに繋げれるかどうかが本機のカギとなります。

僕くらいの実力者になるとレベル1でも、

 

 

 

 

なんなくクリア。(内心かなり驚いていたのはナイショ)

そして本日初となるART「倖時間」突入! 1セット20Gで純増は約+1.2枚。北斗の拳-転生の章-に似た継続システムを搭載しており、毎ゲーム10%以上で継続抽選をしてくれます。もちろん、成立役が熱ければ熱い程継続期待度は上がりますが、リプレイやベルでもノーチャンスではないので最後まで諦めずに!

 

 

 

 

初当たり時は基本15語スタート(※一部例外はあります)倍倍チャンスに突入させないとほぼ語は増えませんがハードルはそこまで高くないので、まずは倍倍チャンスを目指しましょう!

そして20Gを消化すると継続を掛けたゾーンの

 

 

 

 

チャレンジゾーンに移行。

15語持って継続抽選なのでなんとか初回の壁はクリアしたいのですが、

 

 

 

 

結局15語全部使ってしまって駆け抜け。逆に1語でバンバン継続する時もありますのでこういう時もたまにはあります…たまには。正直心が折れそうになりましたが、今辞めたら酷いデータが仕上がってしまいますので、とりあえずもう1度ART入れるまでは歯を食いしばり打つのを決意しました!

すると、そのチャンスは意外にも早く訪れ、なんと2回目の解呪ノ儀が期待度約80%のレベル3。

 

 

 

 

これを逃したらもう立ち直れない気がした僕は1打1打「カットイン出ろ、カットイン出ろ」と野村克也を彷彿させるささやき戦術をホール内で駆使しレバーを叩くのでした。…その願いが台に伝わったのか見事ARTに当選し、2回目のARTを射止めるのでした!

だがしかし、またもチャンスゾーンで10語消費…いやいや、前回と合わせると25語消費してますので、そろそろ継続という2文字を拝ませてくださいよ。残り2語まで減り、あぁまたこの流れかと完全に諦めたのですが、神はまだ見捨ててなかった。そこで怪異図柄を狙え+下パネル消灯で何とかARTを継続するのに成功…と、思いきや

 

 

 

 

しっ、忍がうすら笑いを浮かべて僕を見てくるではないでしょうか。これはパチスロが下手くそな僕への見下し(笑)。ではなく、

 

 

 

 

まさかの蕩に突入! 

これは1番上のモードで、約1/8で倍倍チャンス突入するので是が非でも射止めたい。しかし、無情にも既に15Gものゲーム数を消化…。オセロで言えば四隅を相手に取られたくらい絶望。しかし、空気を読んだかの様に残り5G間で2回のチャンス目を引くと…

 

 

 

 

セーフセーフ。何とか倍倍チャンスに繋がる。ここで一気に語を貯めて大逆転劇を見せてあげようと鼻息を荒くレバーを叩いていくと順調に倍率を獲得していく。

そして、一瞬手が止まる

 

 

 

 

この10倍と赤く書かれた倍率…ここを獲得できるかできないかで今後の展開に影響ありそうだ。とりあえず手前の2倍はどうでもいい、だが次の10倍…お前だけはお前だけは…。

はい、皆さんの期待しているオチ通り、10倍の直前の2倍で燃え尽きて終わりました。

手さえ止めなければ…写真なんか撮らなければ…非常に悔やまれます。

その後はART中にボーナスを引いたりチャンス役も幾度となく引いたと思いますが倍倍チャンスの「ば」の字にも近づけず、

 

 

 

 

ARTとバイバイする事になりました。

物凄く頑張った気がしましたけど、現実は下皿モリモリ程度…やはり蕩で突入した倍倍だけではどうにもならない。萌などの状態が良いとこでチャンス役を引いて射止めないと厳しいですね。

その後も少し打ち続けましたが、特に盛り上がった場所もなかったので勝ち逃げで実戦を終えるのでした。

 

最後にベストショット撮れたので載せておきますね。(※要保存)

 

 

 

 

豊満って言葉がありますけどまさにこの事を意味するんだと思います。

このシーンでご飯3杯は無理ですがご飯はすすむと思います。この写真のお陰で一気に偽物語を打つ人が増えたら僕は本望です。

最初と最後に胸の話って…(笑)

関連機種

「ぱちんこCR真・北斗無双」②/実戦データ」

2016/03/14

記事カテゴリ:ヤヤ・とぅーる
タグ: ミドル 北斗の拳 アニメ原作 

【実戦データ】

回転数 図柄(R数) 予告&リーチ 投資
5 2(6R通常) 赤保留→制圧RUSH×3→決戦系リーチ(VS南斗聖拳) 1K
144 6(6R通常) あとX秒だ予告×3→奥義RUSH×3→四兄弟リーチ  
134 4→7(6R確変) 青保留→疑似2→世紀末リーチ→一撃当千チャンス  
【20】 1→7(16R) VSヒョウ  
【108】 6→7(16R) 赤保留→VSリン  
【9】 6→7(16R) 無双ZONE→VSバット  
【72】 七星チャージ(4R) VSカイオウ敗北  
【64】 4→7(16R) VSケンシロウ→宿命回想  
【3】 七星チャージ(4R) 即当たり  
【33】 4→7(16R) 赤保留→VSケンシロウ→宿命回想  
【6】 7(16R) 全回転  
【85】 2(4R) VSバット  
【4】 七星チャージ 即当たり  
【9】 2→7(16R) 真・無双ZONE→VSヒョウ  
377 4→3(6R確変) 疑似3→キリン柄予告→決戦系リーチ(元斗皇拳)  
【11】 7(16R) VSケンシロウ  
【1】 七星チャージ(8R) 即当たり  
【30】 七星チャージ(4R) VSラオウ敗北  
243   ヤメ  

 

投資 1000
総大当り回数 18回
出玉 19469個
換金 69500
収支 +68500円

 

 

【まとめ】

さて、実戦記では拾い切れなかった演出の話をしましょう。まず通常時ですが、赤保留に過度の期待は禁物。それより大事になってくるのが「あとX秒だ予告」という印象でした。秒数が赤文字ならかなりチャンスかなと。また、キリン柄の信頼度が若干低くなっている気がしました。ただし、大当たりには欠かせない予告なのは間違いないです。ST中ですが、こちらでも赤保留には要注意。割とハズレます。大当たりする際には、宿命回想予告等の超激アツ系予告が絡みやすかった印象ですね。対戦相手の勝利期待度もかなり重要かなと感じました。

以上、かなりざっくりな印象で申し訳ないですが、今回はこの辺で終了とさせて頂きます。これからのメイン機種になりうる存在なので、皆さんもぜひ一度は打ってみて下さい!!

 

関連機種

「ぱちんこCR真・北斗無双」①/実戦記」

2016/03/14

記事カテゴリ:ヤヤ・とぅーる
タグ: ミドル 北斗の拳 アニメ原作 

ここ最近、このブログで打つ人間の本気度が凄まじい。連勝街道を爆進中です。僕もこの流れに乗るしかない!!

 

 

 

 

皆様こんにちは。他の人間の実戦記を読む時はいつも罰ゲームを楽しみにしていたので、最近は寂しい思いをしているヤヤ・とぅーるです。僕以外、全員負ければ良いのに…(ボソッ)

 

ゴホンッ。さてさて、早速ですが今回実戦する台のご紹介といきましょう。

 

 

 

 

導入台数が約7万台との噂もある、「ぱちんこCR真・北斗無双」です!! 気になるスペックですが…

◼︎大当たり確率

通常時1/319.7

ST中1/81.2

◼︎ST突入率

ヘソ50%

電チュー100%

◼︎ST回数/時短回数130回/100回

◼︎ST連チャン率約80%

 

◼︎大当たり振り分け      

【ヘソ】

6R確変50%

6R通常50%

【電チュー】

16R確変50%

七星チャージ(16R)1%

七星チャージ(8R)7%

七星チャージ(4R)6%

4R確変36%

 

となっております。注目すべきはST連チャン率と16R割合。電チュー大当たり時の約半分がおおよそ2400発獲得出来る16R大当たり、かつ連チャン期待度は約80%。ミドルタイプの括りではあるものの、マックスタイプとなんら遜色ない出玉性能を秘めております。

とは言えですよ。ヘソでのST突入率は50%なので、悪い方に転べばマックス同様、ボコボコに逝かれる可能性大な訳です。今回は良い方に転ぶといいな…。

 

 

 

 

さて実戦ですが、最初の初当たりはわずかに1000円。しかしながらSTには入らずです。僕の経験上、こういうチャンスをモノにしないとアホほど負けるんですよね…。

っで次の初当たりですが、

 

 

 

 

本機最強リーチ「四兄弟リーチ」から大当たり。し・か・し、ここでもST突入ならず。…さあ、ヤバイ空気が漂ってまいりました。

 

 

 

 

 

 

お次は一撃当千チャンスから。青保留だったので諦めていたんですけど、サクッと図柄が揃いました。ここで念願の…。

 

 

 

 

ST突入濃厚となる、奇数図柄揃いへ昇格。っで、ですよ。ここまで掛かった投資ですが、なんとビックリ……1000円のまま。

悪い方に転べばボロクソに負けるとか、チャンスをモノに出来なかったら経験上ヤバイとか書きましたが…うん、全部気のせいでしたね。

 

 

 

 

RUSH中のキャラですが、16人の中から作中で一番好きなレイを選択。原作同様、華麗に舞って頂きたいところです。まあ、今日の感じなら大丈夫でしょう!!

 

 

 

 

はい、本当に大丈夫でした~。ここまで負けフラグをビンビンに立てていたので、「これは単発の流れだな!?」と思った方、すいません。余裕で回避しました。

 

 

 

 

 

 

「って事は…2連止まりか!」と勘繰った方も的外れでございます。残念!! その後はプレミアム演出のオンパレードで、出玉はジャジャ漏れ状態。七星チャージを除くラウンド振り分けは、16R:4R=7:1と鬼引きです。最終的に、初当たり込みで12連ほどいたしまして…

 

 

 

 

一撃2万発オーバー。その後ちょろっとノマレはしたものの、文句なしの完勝でございます。

 

 

 

それにしても、当ブログの連勝記録はどこまで伸びるのでしょうか。次の実戦人の方に良い感じでバトンを渡せたので、まだまだこの流れは続きそうな気がしますね!! 

以上、最後に次回実戦の負けフラグをそっと立てたところで今回は終了です。誰かは知りませんが、大負け期待していますよ(ニヤリ)。

関連機種

「パチスロひぐらしのなく頃に絆」②/実戦データ」

2016/03/07

【実戦データ】

ゲーム数 ボーナス・ART・CZ 当選契機 投資 備考
0 スタート      
(94) CZ(沙都子)      
113 ART① CZ 3,000円  
45 ART②      
45 ART③     3セット 120G 237枚
152 ART① 周期天井(4廻目)    
45 ART②     2セット 81G 183枚
100 BIG 弱チェリー    
28 ART① BIG中の抽選    
41 BIG 強チャンス目    
14 ART②      
22 BIG 強チェリー    
26 ART③      
50 ART④      
45 ART⑤      
50 ART⑥      
45 ART⑦     7セット 259G 1320枚
(201) CZ(魅音)      
(296) CZ(レナ)      
315 ART① CZ    
45 ART②      
38 BIG 強スイカ    
93 ART③      
50 ART④      
45 ART⑤      
45 ART⑥      
45 ART⑦     7セット 276G 618枚
123 ART① 周期天井(4廻目)    
45 ART②     2セット 80G 183枚
(424) CZ(レナ)      
486 BIG 強スイカ    
35 ART① BIG中の抽選   1セット 40G 262枚
(50) CZ(魅音)      
(98) CZ(沙都子)      
(215) CZ(沙都子)      
240 BIG 強チャンス目   ART待機中
23 ART① CZ    
  ART②      
  ART③      
  ART④      
  ART⑤      
  ART⑥      
  ART⑦     7セット 280G 759枚
(61) CZ(レナ)      
(265) CZ(魅音)      
(349) CZ(沙都子)      
389 ART① CZ    
9 BIG 強チェリー    
30 ART②      
50 ART③      
45 ART④      
51 ART⑤      
45 ART⑥     6セット 210G 576枚
(220) CZ(沙都子)      
231 ART① CZ    
45 ART②      
45 ART③     3セット 120G 243枚
(261) CZ(レナ)      
271 ART① CZ   1セット 40G 50枚
(176) CZ(魅音)      
222 BIG 弱チェリー    
132 BIG 強チェリー    
(6) CZ(沙都子)      
22 ART① CZ    
50 ART②      
45 ART③     3セット 121G 470枚
(85) CZ(レナ)      
(145) CZ(沙都子)      
171 ART① CZ   1セット 40G 81枚
149 ヤメ      

※ART消化ゲーム数はART終了画面の液晶表示に準拠しています。

 

投資 3,000円
獲得 1938枚
換金 32,000円
収支 +29,000円

 

 

【まとめ】

個人ではここ何回か連続でプラス収支を上げられているのですが、過去はいずれも設定に対しては自身が持てる展開にはなりませんでした。しかし今回の『ひぐらし絆』実戦では、実戦店舗、実戦データのいずれから考えても、悪い設定ではないと思います。ですので、高設定の挙動を予測をしつつ実際の実戦で得た数値を振り返りたいと思います。

 

 

 

 

上のスランプグラフのように、出玉増加のイメージは実戦記の冒頭でも書きましたが、大きな一撃性を兼ね備えているというよりも、コンスタントな初当たりと500~1000枚程度の出玉を取りながら出玉を増やす形です。こういう展開になるのが良台の挙動なのではないでしょうか。実戦ではARTの初当たりが1/192(設定⑥以上)ととても軽かったです。

現状、設定差が判明している要素のひとつがCZ突入率ですが、設定①~⑤はいずれも1/230前後なのに対し、設定⑥は約1/155とズバ抜けて優秀! ただしART準備中やCZ中のゲーム数を除外しないといけないため正確なサンプルゲーム数を把握するのは難しいですが、今回の実戦では約2300GでCZが16回と、1/144でCZに当選しました。このCZの軽さに関係しているのが部活ステージの選択率ではないかと予想します。実戦では特に1~4周期目までに部活ステージに移行することが目立ちました。

また、CZ以外にART初当たりが軽かった要因が周期天井です。12回の初当たりのうち2回は、4廻目を周期天井とするARTでした。これも僕の推測ですが、周期天井の振り分けには40廻目を最大天井として、1廻目、4廻目、6廻目、10廻目、20廻目などに天井が設定されるようで、高設定ほど早い周期の振り分けが多くなるのではないかと思いました。また、ART終了画面でPHSHボタンが有効になり、押してみるとサイドランプに色が付きキャラボイスが流れます。これで次回の天井周期を示唆しているのか、はたまた設定示唆をしているのか…そんな推察ができました。

小役でカウントしておいた方が良さそうなのは共通ベルです。中押しで中段に揃うベルがそれなのですが、常時サンプルが取れて設定差も約1/50~1/56と少なからずあります。実戦は1/50.8(設定⑥の近似値)でした。

 最後に弱スイカ重複のBIGボーナス当選が確認できれば、設定④以上が確定する模様! しかも設定④が約1/20000、設定⑤が約1/10000、設定⑥が約1/7000なので⑤or⑥が強くなりそうですね。

 きちんとした解析はまだこれからですので、今回は僕の推論によるところが多いですが実戦される際は少し気にしてみてはいかがでしょうか?

関連機種

「パチスロひぐらしのなく頃に絆」①/実戦記」

2016/03/07

「ひぐらしのなく頃に」

のパチスロ機は今回で3作目。

 

 

 

 

 

 

 

第一作目

『パチスロひぐらしのなく頃に 祭』

 

 

 

 

 

 

 

第二作目

『パチスロひぐらしのなく頃に 煌』

 

 

 

 

 

個人的に、

祭は自身の歴代パチスロランキング

3位に入る機種ですし、

煌も目押しの技術がAT突入に直結したり

AT中に目押しで遊べるところが

とても好きでした!

 

 

 

 

 

さてメーカーさんも変わり

ゲーム性も大きく変わった今作は

果たして如何に?

 

 

 

ということで

今回は『パチスロ ひぐらしのなく頃に 絆』を

全力でレポートしたいと思います。

 

 

 

 

 

黒崎です。

 

では参ります。

 

 

 

ひぐらし絆は204枚獲得のボーナスと

純増約1.7枚/GのARTで出玉を増やす

A+ART機なのですが、

ボーナス確率は全設定共通で1/565と重め。

 

そのため実戦していても

ARTを継続させながらじわじわメダルを増やしつつ

ボーナスを絡め500~1000枚を何度も獲得していく、

そういった印象を受けました。

 

 

 

 

 

さて、本機を打つ上で

必ず覚えておきたいのは

キャラとチャンス役の対応関係!

 

 

 

レナ=チェリー

 

 

 

 

魅音=スイカ

 

 

 

 

沙都子=チャンス目

 

 

 

 

 

これらの対応が

通常時、CZ中、ART中いずれも

大きな意味をもちます。

 

 

 

 

 

通常時は、

勿論ボーナス中の抽選によるART当選もありますが、

主に目指すのはCZ当選とCZからのART突入です。

 

 

 

 

 

 

 

 

N廻目という表示で

周期が存在し、周期ごとに

チャンスとなるキャラ(=チャンス役)が

変化します。

 

対応するキャラのチャンス役を引くと

そのキャラのレベルが上がって行き、

 

 

 

 

いずれかのキャラが

レベル5になるとCZ突入です。

 

 

 

 

ただし実戦では

魅音ステージ滞在中に強チャンス目を引き、

沙都子のレベルが上がるといったこともあったので

ステージキャラと引いた役が一致しなくても

完全な引き損ではないようです。

(その小役でボーナス抽選も行っています)

 

 

また部活ステージは

全キャラのレベルを上げるチャンスで

いずれのチャンス役を引いても

対応するキャラのレベルが上がります。

 

 

 

 

 

CZは3回ベルが成立するまで続き、

ベル成立時やチャンス役成立時にART抽選を行います。

 

ベル成立時に液晶上に出る

「ベルが多いとチャンス」という意味が

実戦の終盤までよく分からなかったのですが、

 

 

 

 

恐らく、左右のミニ液晶上のベルを含めて

ベルが何個繋がるかによって

ART当選の期待度を示唆しているようですw

(いやぁ~これ理解するのは難しかった…)

 

 

 

そんなこんなでCZ中に

鉈(ナタ)役物が落下すればART当選です。

(ボーナス中も同様に鉈役物でART告知)

 

 

 

本機のARTは40Gを1セットとし、

セット継続によってゲーム数を伸ばすタイプ。

各セット継続率は、消化中にパーセンテージを溜める仕様となっています。

 

 

 

 

 

 

 

また1セット目の開始時や

ART中のボーナス後にARTへ復帰する際は

『カケラチャンス』(準備中含む)という

初期パーセンテージ上乗せゾーンから

始まります。

 

 

 

 

消化中の成立役に応じて

パーセンテージを溜め、

ART開始時に告知されるのですが

どのぐらい溜まっているか

梨花が持っている水晶の色で示唆をします。

 

 

 

最高記録は

 

 

 

 

赤を越え…

 

 

 

 

虹色!

 

ここまで要した待機中のゲーム数は

なんと92G!!! www

 

よくもまぁここまで引っ張れましたね。

 

 

 

でも出てきたのは…

 

 

 

 

意外と少ない110% www

 

まぁ後述の特化ゾーンも付いて来たのでヨシとします。

 

 

 

 

 

さてさて、

ART中も対応キャラが存在し

基本的に1人なのですが、稀に

 

 

 

 

2人同行や

 

 

 

 

全員集合ということもありました。

 

 

 

キャラに応じたチャンス役が引けると

パーセンテージの上乗せ特化ゾーン突入の大チャンス!

 

 

 

 

メインの上乗せゾーンはこちら

『ひぐRUSH』

実戦では平均30~40%の上乗せといったところでしょうか。

 

 

 

そんなこんなで、パーセンテージを溜めていき

残りゲーム数がなくなると

継続演出へと発展します。

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

惨劇を回避すればARTは

次セットへと続きます。

 

 

 

100%以上溜まっていれば

問答無用で次セットへ継続し、

100%を越えた分は持ち越されます。

ただし持ち越した分が完全に目に見える

形で表示されるわけではないようなので、

一度100%を越えると次セット以降の継続率が

よくわからなくなりますw

 

 

 

 

 

 

あとはこれを繰り返して

ボーナスを絡めつつ出玉を増やします。

 

 

 

 

なおART中のボーナス中に

ナタ役物が落下すれば

 

 

 

 

+100%!!

実戦では1度しか確認できず

もしかすると100%以上の振り分けも

あるかも(?)しれません。

 

またART中に鉈図柄を狙えナビが発生し

 

 

 

 

これが揃っても+100%!!!

上記と同様に100%以上の振り分けが

ある可能性もありますが現状不明です。

 

 

他にも

『鉈ZONE』や『柳桜覚醒(りゅうおうかくせい)』といった

上位のパーセンテージ上乗せ特化ゾーンが

あるようです!!!

 

…僕は引けなかったので

是非ご自身でお確かめください…。

 

 

 

 

 

では最後に実戦を通して

いくつか気になったことをお話しして終わりたいと思います。

 

まずART告知画面でPUSHボタンが有効になっているのですが、

押してみると、画面に色付きのエフェクトが出現!

 

 

(※画像は別の場面のものを転用)

 

この色が普段は青なのですが、

1回だけ緑だったことがありました。

その時のカケラチャンスは

トントン拍子に水晶の色が昇格していき、

最終的に赤になりました。

 

更にはそのART中はヤケに順調に

パーセンテージが溜まりました。

 

このことから、ART中に上下する内部状態以外にも

パーセンテージの溜まりやすさに関わる

ARTそのものの状態があり、それをART告知画面の

エフェクト色で示唆しているのではないかと

思いました。

 

 

 

次に連続演出についてですが、

毎回PUSHボタンからカットインが発生します。

その色が演出の成功or失敗に結構関わっているように

感じました。

 

 

 

無論、ハニカム柄でハズしたことは

ありませんでしたが、

カットインの赤は、その連続演出は失敗しても

その後の前兆を経由してCZに繋がるなど

トータルして70~80%ぐらいは何かしらに

当選しているような印象です。

 

 

 

小役カウンターをお使いの皆さん、

 

 

 

 

突如としてPHSUボタンは

飛び出して来ますので、カウンターを置く場所には

お気を付けください。

 

 

 

 

 

といったところで、今回のレポートは

絞めたいと思います!

ゲーム性はシンプルな方が好きな僕なので

ひぐらし絆はアリだと思います!

 

設定推測要素については

実戦のまとめの方で。

 

 

 

それではまた次回お逢いしましょう。

関連機種

TOP