パチンコ一本

バイク修次郎の日々のパチンコ実戦&収支をガチ報告! 勝ち方教えます!

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

中途半端な2実戦(北斗天翔百烈、スーパー海with桃太郎電鉄)

2016/08/17

記事カテゴリ:北斗の拳&海物語
タグ: 北斗の拳 海物語 

 

お盆の時期にホールへ行きましたが、さすがに厳しい回りの店が多かったです。例年なら、これから年末にかけて勝ち易い時期なんですが、今年はMAX機撤去が控えてるので、そう甘くはないでしょう。それでも、店と台を選べばパチンコは勝てる! ということを証明する為にも勝ち続けたいと思います。

 

…と意気込んでおりますが、以下は中途半端な内容だった2戦の結果。

 

この日リニューアルを迎えた店へ行き、入場抽選をすると70番。初めての小さなホールなのでヒヤヒヤしながら入店すると…打てそうな『魔戒』『無双』は既に満席。『北斗拳王』に数台アキがあるけれど、どうなの? という見た目です。『北斗天翔百烈』のヘソは小さいけれど、左側が微妙にアイてるように見え打ってみると、6千円で108回。ムラもあるし電サポ中には玉が増えそうとは言え、アイてる機種に比べ明らかに回転率が劣るので、テンションガタ落ち。早々にヤメて自宅に帰り用事を進めました。

 

くぅ〜、抽選で早い番号ひいてれば…は、言い訳ですな。

 

【結果】

28玉交換店

収支 -6000円

打った時間 30分

 

月イチでアツイ日ということで、初ホールへ並んでみました。200人程の並びがあり驚きつつも、専業臭のする人が少ないのが気かがかり…。よく「プロって見た目でわかるの?」と聞かれますが、ホールで見れば大抵わかります。もちろん皆顔つきは違うし服装もまちまちですが、ひとことで言えば「オーラが黒」。なんともいえない共通臭がするんですよね。

 

客層の違いでいえば、4パチと1パチの打ち手も違いもありますね。4パチのお客さんはカリカリしてるというか、アツイ顔してるというか…。これについては間違いがあるかもしれませんが、プロ&ボーダー理論派の打ち手は、打ち方を見れば90%わかります。

 

店に入り、看板機種である『魔戒』の釘を見ると、チョイアケ模様。『海JAPAN』もちょっとヘソがアイてる感じです。

 

夕方に用事が控えてるので、出来れば堅く勝負したいな…と思いつつ、新台の『スーパー海with桃太郎電鉄』の釘を見ると、ヘソがチョイあいてます。データを採りながら打つ人も数人(あとから気づきましたが、他誌のデータ採りしてました)。

 


等価ボーダーは千円20回を超える辛いスペックだから、回って当り前の機種。打ってみたら千円22回程。もうちょっと回る台がありそうですが、選んだ台はスルーが厳しく電サポ中は玉が微減り。

 

期待値は安いけど勉強がてら夕方迄打ってみたら、当りが足りずに負けました。この機種演出は面白いけど、スペック&ゲージが辛いのが残念ですな。

 

止め打ち手順については、機種担当ライターのゲンスイ君が解説しているので、こちらをご覧ください。

 

CRAスーパー海物語 IN JAPAN with 桃太郎電鉄

 

【結果】

28玉交換店

千円あたりの回転率 約22.6回(1R出玉約60個計算)

収支 -8000円

打った時間 5時間

 

【7月収支】

3勝2敗 26時間 +137000円


【ブログ開始からの勝敗・収支・打った時間】
57戦34勝23敗・+844560円・398時間

関連機種

TOP