本日もすみません。

毎週火&金曜日更新/パチンコ必勝ガイドの謝罪系ライターが、毎回違う企画で挑むチャレンジコラム!

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

目指せパチプロ パチ夫くんをやってみた 【part2】

2016/03/15

記事カテゴリ:やってみた!

どうもです。

 

 

え、超個人的な話ですが、先日ぎっくり腰になりました。

 

まぁライターをやる前に働いていた工場で、しょっちゅう重たい物を持ち上げては腰が砕けていたので、ある意味クセになっているのでアレなんですが、久々動けなくなりましたよね。

 

ちなみにどこでぎっくり腰が再発したかというと、某ディスカウント店のダイエットコーナー。そこにあった腹筋を鍛えるマシーンに娘が座っていたので「どれ、父ちゃんもやってみるか」と、マシーンを動かして腹筋したら腰がギクリと壊れました。

 

もうね、ここでぎっくり腰になるのかと、間の悪さに脱帽しましたよね。ガチで動けないし、「ぐぁ!!!」って悲鳴をあげて、少年院でジョーに殴られた青山君みたいにその場に倒れましたから。その姿を見て娘は爆笑していましたけどね。

 

ということで「パチ夫くん」の続きをやっていこうと思います(おい、ぎっくり腰の話はいったい…)。

 

~前回までのあらすじ~

▼群馬によくある中古屋でレアゲーム「パチ夫くん」を購入

▼しかし、ゲーム機がない

▼色々あって、なんとか謎のファミコンらしきゲーム機をゲット

▼ゲームスタート

▼ホールの店内を徘徊

▼とりあえずガラの悪そうな人が「えへえへ」呟いている台の横で実戦を開始する

 

 

さっそく36番台をやっていこうと思うんですがね。説明書がないので、どうやったらゲームがクリア出来るとかまったく分かりません。

ガチで闇鍋状態、手探りです。

ま、ネットで調べればある程度の事は分かるんでしょうが、そういうガチなゲーム日記はやれないので、G&E時代のコーキー君のブログタイトルじゃないですが、ゆるく楽しく。勝てたら娯楽。でやっていこうかと思います。

 

 

 

さてさて、画面を見る限り機種は羽根物。持ち玉100個で、打ち止めとなる2000個をおそらくこの台で出せばいいんですね。

 

それではコントローラーを握り、玉を打ってみますか。

よいしょっと…。

 

 

あれ? 全然当たらない…。

どんどん持ち玉が減っていって、残り13発か…。

早いな…。

 

 

ほげ、玉が無くなってしまいました。

まぁどうせこの後、軍資金が追加されてHPみたいのが減るんでしょ? いやー、ゲームとはいえ中々上手くいかな…

 

 

え? ガメオベラつまりゲームオーバー?

「きょうは、おしまい」って、なんすかコレ!!!

しかも財布が空になったアクションをぶっこむって、あんた昭和の大根役者か!!!

まてまてまて、いやそんなはずは…って

 

 

あの…まじすか。

まさか秒速でゲームオーバーになるなんて…。ははは、現実だけじゃなく、ゲームの世界でもパチンコに向いてないってことが発覚しましたね。

 

でも、ほら

せっかくカセットとハードを揃えたし、7500円もかかったし(そこ?)、もう一度プレイしてみます…。

 

 

軽いウエルカムパンチを喰らいましたが、気を取り直して開幕第二戦です。今度こそはパチプロとしてジャン  ジャンバリ  バリ出玉を  出ちゃう  したいと思います(変なところでスペースを空けるな)。

 

もちろん狙い台は、あの36番台です。ええ、懲りてないですよ!

 

 

今度こそは…ガッ! ガッ! 

 

お?

おおお!!!

当たりました!!!

 

 

なんだろう、ホールで当たった時と同じくらい嬉しい…(そんなにかよ)。これはね、打ち止めまでいける気がしますよ! ええ! 

がはは…ん? あれ?

変なボタンを押してしまった…って、なんだこれ!

 

 

…!!!

いや、偶然ボタンを押して発覚してしまいましたよね。

現在あまり深くは追及できない魔法の言葉…。

く●。

うわああ! ●ぎをみるってなんだこれ!!!

 

いや、これはちょっと見るしかないでしょう!

僕だってね、一応知っていますからね(昔、安田プロのページで読んだ)。

少しだけ、そう少しだけ見てみますかね…。

 

(数分後)

 

うーん、どうやら36番台は●●●の中で玉が暴れる調●になっていますね(●ばっかで分かんないから)。

 

ちょっとここは台移動しますか。

とりあえずホール内の台を見てみましょう(最初からそれをやれよ)。

 

 

 

すごいっすね、このゲーム。

なんか色んな台がありますよ。

でも、なんでしょう。

遊び方が分からないというね…。

 

うーん、よし。

ここはカウンターに行って、小冊子でも貰ってこよう。

あの…すみません。台の説明書っていうか、そういうのありますか?

 

 

へ? いやいや、まだ遊技中なんで、帰りませんよ(笑)。

って、あ! 間違えて「はい」を押してしまった…。

 

 

いや、またのご来店…って、えええ!!!

このゲームってバックアップ機能付きじゃないんですか!

パスワードなんだ…。まぁ、メモしますけど、なんだろう。さすがレトロ台ですね…。

 

さて、気を取り直して台選びをしますか。

とりあえず、●ぎをよく見て…っと。

あ、これ良さそうですね。

 

 

いや、決して台番で選んだわけじゃないんですからね!(怪しい…)。

よーし、この台を打ち止めさせて、とにかくゲームをクリアしなくては…って、あれ? 全然当たらない…。

 

 

(そして…)

 

 

ガッ…!!

またしても空の財布画面…!!

 

不親切極まりないとされるファミコン初期のゲームとはいえ、ある意味マリオメーカーの100人チャレンジ「とてもむずかしい」と同等の難易度…(その例え、わかんないから)。

 

 

なんだろう。これは僕がぎっくり腰だからダメなのかもしれませんね(まて)。

 

え、唐突ですが、このままじゃ歯が立たないので、ちょっと自主トレしてきます。

それで来月、この日記でリベンジしますよ。

 

もうね、エンディング画面を出すまでやりますからね!(涙目で)。

 

うぅ、簡単にクリア出来ると思ったのに…。悔しい…。

 

※来月更新予定の 目指せパチプロ パチ夫くんをやってみた 【part3】に続く

 

TOP