G&E BUSINESS SCHOOL 生徒情報局

G&E生徒が新機種試打解説動画の収録現場を突撃取材!!

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

自分の好きな台をみなさんに伝えたい!/ひでまつ

2018/06/29

記事カテゴリ:ブログ

 

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

 

初めまして!

G&Eビジネススクール渋谷校のPSメディア・ライターコースのひでまつです!

 

今回はPSメディア・ライターコースで行なっていることを伝えたいと思います!

 

そもそもPSメディア・ライターコースとはなにをするコースなのか?

パチンコ・パチスロの楽しさを、より多くの人々に伝えたい...。ライター・雑誌編集・動画制作・広報・宣伝・営業企画・セールスプロモーション等の職業を目指して、パチンコ・パチスロが大好きな人が集まってきます。「ライターとして遊技機の情報や魅力を動画や誌面で伝える」「製品の魅力を余すことなく伝えることで販売促進を行う」「遊技機の稼動促進案を企画・実行できる」など、目指す職種に応じた専門知識とスキルを習得し、「"誰に"、"何を"、"どのように"伝えるか?」を考え、実行できるようにすることで、就職先で活躍できる人材を育成するコースです!

 

ひでまつがPSメディア・ライターコースに入ったキッカケは、

「自分の好きな台をみなさんに伝えたい!」って思ったのが最初のキッカケです!

またライターコースではなくPSメディア・ライターコースなのは、動画で演者として活躍しつつ動画編集の技術を身につけて、自分のやりたい番組を作りたいと思っているからです!

 

この学校に入ってよかったと思うのは、パチンコ・パチスロの話をとことん話せる仲間がいるところです!

 

「自分は知識があるほうだ、ヒキは強いほうだ」って入学当初思ったことありましたけど、

パチスロ初打ちで万枚だしたことがある人、自分の知らない知識を知っている人、同期なのに凄い人がたくさんいます!

そういった人達から刺激をもらって、もっと勉強しなくてはって思ったりしています。

 

5月現在では、パチンコ・パチスロの業界の歴史について学んでおりますが、今後は動画編集などの講義も行なっていきます!

土曜の講義では、カメラの前でオープニングを撮影したり自分の記事を作成したりと実践的なことを行なっていきます!

 

今後は自分の好きな台や実戦報告、学校で行なっていることを書きたいと思います!

 

 

自分の夢に向かって、

「最短で、真っ直ぐに、一直線に」

進んでいきたいと思います(笑)

 

G&Eビジネススクール渋谷校PSメディア・ライターコースひでまつでした!

 

プロフィール

ひでまつ

25歳

スロ歴7年(初打ち機種:緑ドンVIVA)

パチ歴6年(初打ち機種:ぱちんこAKB48)

好きなパチスロ機

ギルティクラウン、コードギアスR2、エウレカセブンAO

好きなパチンコ機

戦姫絶唱シンフォギア 、グレンラガン(グレンラガンver.)、ギルティクラウン

趣味

アニメ鑑賞(パチンコ・パチスロ版権になっているもの)・パワプロアプリ

 

~皆さんに一言~

三度の飯よりSLOTギルティクラウンが好き!

150万あったら車よりも筐体を買いたいと思っているギルカスです!

ギルカスすぎて病気だよって周りから言われるほどです!

 

ライターの勉強をしています/おひるおかず

2018/06/29

記事カテゴリ:ブログ

 

皆さん、初めまして。

この度、G&Eビジネススクールでライターの勉強をしている、「おひるおかず」です♪

パチンコが好きな8月2日生まれのB型。

出身地は埼玉県春日部市です。

クレヨンしんちゃんが有名な所ですね。

 

 

好きなことはなんと言ってもパチンコ!  他はカラオケが好きです。

 

 

父の影響でパチンコを始めたのがきっかけで、その時に打った台が『CR新世紀エヴァンゲリオン~奇跡の価値は~』でした。

今としてはすごく懐かしいです。

 

 

G&Eビジネススクールに入ったきっかけは、よく一緒に打ちに行く友人に「打ってる時の私がすごく輝いてる。リアクションが面白い」と言われ、奮起したのがきっかけです。

 

好きな機種は沢山ありますが、強いて言うならCRF.倖田來未シリーズや地獄少女シリーズが好きですね♪

 

CRF.倖田來未シリーズが好きな理由は元々、倖田來未さんが大好きで年に最低1公演はコンサートに行っております。そして今年も参戦します!!

楽曲はもちろんのこと、ステージでは体を張った素晴らしいショーを見せて下さるし、感動を与えてくれます。

パチンコでの演出は、撮り下ろしのPVがあって、遊技しないと見られない「くぅちゃん」を最前列で楽しく見ています。

カラオケも倖田來未さんの曲が大好き♪

 

地獄少女シリーズについては、パチンコを打って初めて知ったんです。こういうアニメがあるのかと。それでアニメを見て、楽しんだ思い出があります。

そしてパチンコで流れる曲が良いですよね!  主題歌や声優さんらの曲、全てが私の中では神曲です。

 

 

パチスロについては得意ではありませんが、たまに打つのがバジリスクⅢですね。

絆よりもバジⅢ派です。打ちやすい印象があるので好きです。

友人とジャグラーを打ったこともあります。GOGOランプが光ったのを見て感動しました。本当に光るんだと。

 

 

最後になりますが、視聴者の皆さんに楽しく分かりやすく、そして初心者の方にもパチンコを好きになってもらえるよう、そしてこの業界を盛り上げていけるようにライターの卵として、これから頑張って参りますのでよろしくお願い致します。

 

 

普段体験できないことを経験させていただいたので良い勉強になった/矢馬カズ

2017/08/28

 

(G&Eライターコース9期生)

名前 矢馬カズ 年齢28歳 愛知県名古屋市在住 特技は口スクラッチと女性にフラレること。女性と格闘技はもちろんのこと、パチスロをこよなく愛す。基本パチスロは情熱、熱風、バーニング、この3ヶ条でお届けする。矢馬カズ流の暑苦しい話を軽く読んでいただきたい。

 

 

9月4日に全国導入される「ぱちスロAKB48 勝利の女神」の試打解説動画の収録を、G&Eビジネススクールの生徒代表として取材させていただくことになった。

出演者の方は、ライターの濱マモルさん、中段ちぇりこさん。

 

 

ライターを目指す上で、新機種の解説は避けては通れないだろう。カメラが回った時のお二人の立ち振る舞いや、カメラが止まっている時のいわゆる裏側の部分など、「ぱちスロAKB48 勝利の女神」のゲーム性と一緒に紹介していきたいと思う。

 

 

時は8月3日。都内の某スタジオにて収録。スタジオに入ることすら初めてで、ウキウキ半分緊張半分の中、スタジオに到着。

ぞくぞくとスタッフさんや濱マモルさん、中段ちぇりこさんが到着。挨拶を済ませ、スタッフさんに連れられ、いざスタジオの中に。すると、真っ白な世界が見えた。モデルがよくポーズをしながら写真を撮られる場所と言えばわかりやすいだろう。

 

真っ白な壁が全面に広がっている中に、「CRぱちんこ魔法少女まどか☆マギカ」、「ぱちスロウルトラセブン」、そして本日の主役の「ぱちスロAKB48 勝利の女神」だ。

前作にはあったサプライズレバーはなくなったが、その分液晶が大きくなり前作よりもパワーアップしている印象だ。

 

 

緊張感のある空気の中、いよいよ収録が始まる。

 

まず、OPは濱さんがメインで話をし、ちぇりこさんが受け応える。一度収録が始まると、さっきまでの空気とは一変してなごやかなムードになった。これもプロの力なのか!! それともそういうものなのか!! まだこの業界の門を叩いたばかりの我々にはわかるはずもない。

 

OPを撮り終わったら、試打解説。始めは濱さんの台で打ち方、レア役の停止型を紹介し、その後ちぇりこさんも打ち始める。

 

ここだけの話、レア役には強弱があるのだが、出目による停止型では見抜けない。見抜き方はリールを止めた後に、リール左上のハートの形をした「推しランプ」が光れば強レア役となる。もし、レア役を引いた時に、推しランプが光る頻度が多ければ設定が……みたいな話をしていたよ。信じるかはあなた次第。

 

 

ここからは二人が一緒に打っていくのだが、その前に、まず推しメンを選ぶところから始まる。ちぇりこさんはみるきー推しだそうだ。濱さんはシリーズ通して柏木推し。その理由は、将来いい熟女になりそうだから(笑)

 

ワキアイアイの中二人の推しメンも決まって、本格的に台の試打に入る。

 

 

流れは通常ステージの紹介から入り、4種類のCZを見せてARTを紹介するはずだった。

 

CZ間50・100・200GでCZのチャンスで、200Gは確定。濱さんはCZを引くものの、なかなかARTを射止める事ができず、辛い展開が続く。

一方ちぇりこさんはCZ間200Gに到達。外しはしたが、その後にCZを射止め、先にARTへ。後に続いて濱さんもARTへ。

 

ここからは、ARTの基本仕様や上乗せ特化ゾーンなど、本機のメイン部分を見させてもらった。それぞれが推しポイントを貯めて継続させつつ、現場の空気も最高潮になる。

 

本機の目玉とも言える、ART中の最上位ステージ「女神センター」。女神センターを消化し終えた所で試打終了。最後は別撮りで、ロングフリーズを見させてもらった。待ってました!! これも試打動画ならではだろう。

 

 

この後は我々がお二人にインタビューをするのだが、実はこれを聞かされたのは試打終了の30分前。まさかそんなことまでさせていただくなんて思うわけもなく、余裕ぶっこいてたのが一気に緊張が走り、トイレにも走ったのは言うまでもない。

 

正直、最後のロングフリーズも、インタビューのことで頭が一杯であまり覚えてないのが本音だ。無い頭をフル回転させ、お二人にインタビューをさせいただいた。

 

何か記憶に残したいと思い、インタビューの最後にダメもとで「今度飲みに連れてって下さい!!」と濱さんにお願いしたところ、「今から行こ!!」と気さくに誘って頂いて、濱さん、ちぇりこさん、スタッフの皆さんと近くの居酒屋にご一緒させていただくことに成功したのだ。

 

 

ただ誤算があって、次の日は学校の授業の一環で名古屋のサンシャイン京楽栄店さんで、動画収録に行かなければならない。あと…お酒がかなり弱い。

 

カメラの手配や確認作業のため、6時までが限界だったので、挨拶を済ませ店を後にし、この取材は無事終了。

 

 

収録現場から飲みまで、普段体験できないことを経験させていただいたので良い勉強になった。

 

ライターを目指す上で、この経験は必ず活きてくると思う。特にお酒は……ね。AKBではないけど、ライター界でセンターになれるように精進してまいります。

 

濱マモルさん、中段ちぇりこさん、スタッフの皆さんありがとうございました。

 

関連機種

こんな風に面白さを伝えられたらなと思った/向江遥祐

2017/08/28

 

パチンコ、パチスロライター目指し日々修行中、向江遥祐です。業界が規制などで色々と厳しくなる中ですが、若い世代としてとにかく愛してやまないパチンコ、パチスロを文章でも動画でも、自分なりの伝え方を全力でぶつけていき、業界全体を盛り上げていけるようなライターを目指しています。健康と元気の良さだけが取り柄な21歳の名前だけでも覚えて頂けると幸いです。

 

 

 

8月3日都内のとあるスタジオにお邪魔した。

目的は京楽の新台「ぱちスロ AKB48 勝利の女神」の試打解説動画撮影の取材である。この貴重な体験を記録していこうと思う。

 

 

今回試打をしたライターさんは濱マモルさんと中段ちぇりこさん、お二人とも大変優しい方達で現場は良い緊張感があり終始楽しげな雰囲気。ライターを目指す自分にとって、そんな雰囲気作りも勉強になった。

 

この撮影にはカメラが4台もあり自分が思っていたものよりかなり大掛かりなんだなと感じ、それにライターさんは前日も同じ台を試打してゲーム性などをしっかり把握しているとのこと。

 

スタッフさん達との入念な打ち合わせを行い、いざ撮影開始。

 

 

しかしここで問題発生…そうAKB48のスロットといえば推しメン選択だ、前作も前々作もここで悩んだ人は多いはずだ。

完全にオカルトだがこの推しメン選択でレバーを叩く気合が確実に変わると言っても過言ではない。ちなみに自分はこじはる一択だ。あぁドウデモイイですね…失礼しました。

 

気を取り直し、試行錯誤した結果、濱さんはゆきりんこと柏木由紀、中段さんはみるきーこと渡辺美優紀を選択し打ち始めた。

 

やはり試打というのは普通の実戦とは勝手が違うらしく発言なんかは特に注意が必要なんだとか。しかしお二人ともかなり探り探りなのにも関わらず新台を楽しむ自然体な姿が伝わってきて、こんな風に面白さを伝えられたらなと思った。

 

 

撮影の時間はあっという間に過ぎ、最後に自分たちからの質問タイムを設けていただいた。現在の業界事情や動画を撮る上で気を付けていることなどを教えていただき勉強になった。

 

 

この質問タイムの流れで、なんとこの後の打ち上げにも参加させてもらえることになった。思ってもみない誤算についガッツポーズ取ってしまった。

 

駅前の居酒屋に移動し嬉しさの反面、かなり緊張している中打ち上げが始まる。

 

 

現場での緊張感は解け濱さんと中段さんはもちろんスタッフの方々もものすごく楽しくお酒を飲んでいた。

濱さんとは地元が近いというのもあり地元のあるあるなんかも話せて、かなり色々業界のことやなぜライターになったのか、ライターとしての心構えなど本当に色々な話が聞けた。

例えば実戦で、本当に何も引けない日なんかは、スタッフの冷たい視線があるらしく今から恐怖を感じた…。

 

カメラマンの方には、自分たちも授業の一貫で動画を作っていてという話をしたら、どう編集すれば面白い動画になるかなどの極意を教えてもらい、こんな風に色々な事を考えて一本の動画が出来上がるのかと勉強させていただいた。

 

本当にこの取材を通して試打動画一本作るのにこれだけの労力といろんな人が関わって作られているんだと思いこの業界に入りたいという気持ちがより一層強くなった。

 

最後に今回お世話になった方々にこの場を借りて心より御礼申し上げます。

 

関連機種

TOP