パチプロ日記

平成元年から『パチンコ必勝ガイド』誌上で連載され、日本全国のパチンカーたちに勇気と希望を与えてきた世界一有名なパチプロの世界一面白い日記『パチプロ日記』の1巻をガイドステーションにて無料配信!!
※期間限定です。

更新は毎日18時ごろに一日分ずつ行います。

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

三月二十六日 (月)晴

2018/07/20

 昨日は全くバカなことをした。今日こそはカタくやるぞ。の思いで、家を出る時からして、わざとゼニを少な目に持って来た。一万二千円。

 

 昨日遅くまで打っていたノガミに聞いたら、552番はやはり打止めにはならなかった、とのこと。不幸中の幸いか。あの判断だけは間違っていなかった。

 

 今日もとにかくこれを押さえ、クギを見て回る。ほぼ昨日の続き。ローリングマシーンのシマに若干のアキもあるが、シメすぎを手直ししただけ。ザ・拳法の367番は当然シメだが、あのシメ方ならば、まだ出る。

 

 自分は予定どおり552番。今日は具合がいい。八百円で食い付き、ボロボロの感。昨日と今日とで、よくもまあこんなに変わるものだ、と思う。これが単なる偶然だろうか? ほぼノースランプで、十一時、三千五百個。即引き。残り五百個なんかは欲しくない。

 

 その間、ザ・拳法の367番は学生プロがあきらめた後をハダシ小僧が引き継ぎ、ようやく出始めたところ。二人合わせて四千円とか。

 

 二台目が難しい。脈ありはビッグシューターに多いのだが、およそ人が座っている。ならば、レーシングか。そのシマならば、503番、512番、518番あたり。ハテ、どこを打ったものやら……。

 

 何となく座り易い518番へ。これが一応は正解だった。六百円で食い付き、シブ目の二千四百個。ここからのスランプに勝てるかどうか、自信がないので、十二時半、二千百個で引き。この台がこのパターンの時は、多分引くのが正解だと思う。

 

 本日は、これまで。昨日の負けを取り返したことに満足して、早々に退店。

 

 投資額=千四百円。出玉=五千六百個。トータル=一万三千円のプラス。

 


『パチプロ日記』全10巻が電子書籍で配信中!
特設ページにてご確認ください!!

TOP