【取材レポート】「新機種メディアカンファレンス」

2017/10/04

2017年10月3日(火)、西陣社の東京支店にて「新機種メディアカンファレンス」が行われました。

今回のメディアカンファレンスでは、西陣社の人気シリーズの最新作「桃剣斬鬼☆あたし!鬼にはめっぽう強いんですぅ☆」と「CR ALL2025 with 100」が紹介されました。どちらの機種も個性的なスペックをしており、製品紹介を聞いた参加者は、早く試打したそうにソワソワしている人も。そんな会場の様子をご紹介します。

 

 

すべての引き弱たちへ。激鬼7ラッシュ!!

はじめに、「桃剣斬鬼☆あたし!鬼にはめっぽう強いんですぅ☆」の製品紹介を宣伝広報部「高橋 剛氏」より行われた。本機のコンセプトは「すべての引き弱たちへ」ということで、ボーナスと小当りのバランスを小当りに特化させた従来にはないスペックで、大当りを続けて引けなくても小当りだけで出玉を増やすことができるが本機の魅力との事。実際に社内で引き弱対決を行ったところ、高橋氏が小当りで出玉を獲得することができたそう。筆者も引きが強い方ではないので、このようなスペックは大変嬉しい。

 

後ほど、試打を行った様子をご紹介したいと思う。

 

 

 

 

 

 

他では真似の出来ないオンリーワンスペック!

続いて登場した製品は、「CR ALL2025 with 100」だ。こちらの紹介は営業企画室 室長の「安田 健太郎氏」より行われた。本機は「ゲーム性の煩わしさ一切無し」「ハンパな大当りも一切無し」というコンセプトの元、全ての大当りで最低獲得補償が2025個というシンプルかつ出玉力抜群のスペックになっているとの事。また、1回の大当り獲得個数が多いので平日夜からでも短時間で大量出玉の獲得が期待できるのがウリと仰っていた。平日夜からでも遊技することが出来れば、全体の稼働が上がりホールへの稼働貢献にも繋がるだろうし、プレイヤーにとっても短時間勝負できるというメリットがあるだけに、導入されたら、ぜひとも打ってみたい機種である。

 

 

 

 

 

 

 

 

多彩な演出と出玉速度が速い桃剣斬鬼を試打!

2機種の製品紹介が終わると、奥のショールームにて「桃剣斬鬼☆あたし!鬼にはめっぽう強いんですぅ☆」を試打できるという事で、さっそく向かうと既に多くの人が試打しておりました。待つこと数十分。
ようやく席を確保して遊技してみると、1回の小当りで獲得できる出玉個数が多く、サクサクと出玉が増え、あっという間に10,000発に迫る出玉を獲得できちゃいました。その他にもキャラクターの魅力を存分に活かした多彩な演出等、見どころ満載!
ホールに導入されたら、ぜひ今までにない小当りによる出玉スピードを体感して欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

TOP