【取材レポート】「SLOTパックマン」新機種発表会

2018/03/26

2018年3月23日(金)、株式会社ユニバーサルエンターテインメント本社にてパチスロ新機種「SLOTパックマン」の発表会が行われた。

 

 

 

発表会が始まると、最初にマーケット戦略室 室長「長谷川 崇彦」氏が登場し、本機の魅力を紹介。

 

 

あの頃、少年だった大人たちへ。

バンダイナムコの不朽の名作ゲーム+歴史あるユニバーサルのスロット開発 その名も・・・

 

 

30〜40代をターゲットにし懐かしさと楽しさをコンセプトにする機種を継続的に市場に投入するプロジェクトとなっている。 会場に居合わせた関係者一同、非常に興味をそそられる内容となっているのは一目瞭然だった。

 

その後、本プロジェクトの宣伝大使として家庭用ゲーム界を一世風靡した「高橋名人」が登場された。

 

 

筆者も少年時代、よく高橋名人をテレビで見て連射に挑戦したことを思い出した。

高橋名人と長谷川室長の熱いトークセッションが繰り広げられ、会場は大いに盛り上がった。

 

 

そして最後に本プロジェクト第1弾の「SLOTパックマン」をマーケット戦略室石橋さまよりご説明いただいた。

 

 

ノーマルタイプの真髄として違和感特化型・完全告知マシン!!

 

違和感を察知し、打ち方で告知を答え合わせ!ありふれた告知機には無い、新しいゲーム性となっている。

サウンドの違和感やランプ(筐体)の違和感などなど、ボーナス成立の役95%はどこかに違和感がある仕様。

さらに順押しや中押し、逆押しなど、ユニバーサルが誇るリール制御となっている。

 

気になるホール導入予定は四月下旬から。

筆者も家庭用ゲーム機では楽しませてもらった世代でもある。ホール導入された際には是非打ってみたいと強く思った。

 

 

[コピーライト]

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

©UNIVERSAL ENTERTAINMEN

【取材レポート】CRキャプテン翼 黄金世代の鼓動内覧会

2018/03/15

2018年3月14日(水)株式会社サンセイアールアンドディ、東京支店内ショールームにて大人気サッカー漫画『キャプテン翼』のパチンコ機第2弾「CRキャプテン翼 黄金世代の鼓動」の内覧会が行われた。

筆者が午後から会場へ入場したところ、事前の予想通り多くのホール事業関係者が遊技を行っており、立ち見が長時間続くほどの賑わいを見せていた。

 

 

始めに、枠自体にギミックが多数組み込まれている新筐体「ライジングサンセイ」を纏った「CRキャプテン翼 黄金世代の鼓動」の基本情報をご紹介。

 

基本仕様
大当り確率 低確率 約1/319.68
高確率 約1/125.06
賞球 4 & 1 & 3 & 5 & 14
カウント 9カウント
確変突入率 50%
確変継続率 65%
時短回数 100回
ラウンド数 通常時 16R確変50%、4R通常時短100回:50%
確変時 15R確変50%、4R確変15%、4R通常時短100回:35%

 

気になるスペックだが、2,000個+アシストチャッカ―が、初当り時から50%で期待できる仕様となっている。また、全ての通常大当たり後には時短100回が付いてくるので、確変に当選せずとも十分引き戻しに期待が出来る。

 

さて、これから試打の模様をレポートするが、まず何と言っても最初に驚くところは冒頭に述べた新筐体の「ライジングサンセイ」だ。筆者は「キャプテン翼」のファンであったため、コンテンツへの興味が先行していたが、椅子に着席した瞬間、筐体の圧倒的な存在感に、筆者の意識全てを持っていかれた。

 

 

写真をご覧になってお分かりいただいたと思うが、遊技枠ギミックの存在感に度肝を抜かれた。

「このド派手なギミックが動き出した時、何かが起きることは間違いないだろう」そんなワクワク感を十分に感じさせてくれるデザインとなっていた。

 

では早速試打の内容をお伝えすることにしよう。

PUSHボタンはサッカーボールのボタン、盤面下には「日向小次郎」へ放った「大空翼」の名言「サッカーは俺の夢だ!」といった、細部まで「キャプテン翼」の世界観となっている。

 

 

 

 

通常時は南葛時代の背景など「大空翼」が過ごした風景が流れている。

保留は「翼」と表示されており、試打中に保留変化は確認できなかったが、この「翼」の文字が変化したとき、チャンスが生まれるのだろう。

 

 

 

打ち始めてすぐにチャンスがきた。「FMBギミック」と呼ばれるサッカーボールギミックが動き出し「黄金世代の鼓動」ギミックが発動しボタン連打で多くの「ガッツ」を獲得した。

その後「試合への道」へ発展し「大空翼」のシュートが見事に決まり大当りをゲットした。

 

 

 

 

 

 

 

大当り時のギミックのセンスには脱帽だ。写真では伝わり辛いと思うが、3D液晶を駆使し「大空翼」の伝説のシュート「オーバーヘッド」のギミックが盤面一杯に広がる。

余談だが、子供の頃に何度も伝説のシュートに挑戦した記憶が蘇り、非常に懐かしい気持ちになった。

 

さらに「ライジングスイッチオン」ギミックがこれでもかといった存在感で最大限祝福してくれた。

 

 

今回は確変16Rの大当りとなり、2,000個以上の出玉を獲得できた。ギミックや演出面の完成度は勿論、出玉もしっかり付いてくるのがサンセイアールアンドディ社の特徴でもある。

 

最後に確変中の概要と演出をお届けして今回のレポートは終了とさせていただく。

 

まずは大当りラウンドでエースストライカーを選択。選択したエースストライカーが演出内でチャンスキャラクターとなって試合を盛り上げる。

最初のストライカー選択は下記となっている。

 

キャプテン翼の主人公

サッカーの申し子「大空翼」

 

日本のエースストライカー

猛虎「日向小次郎」

 

日本のチームリーダー

北海の荒鷲「松山光」

 

日本のスピードスター

隼「新田瞬」

 

もう一人の主人公

フィールドのアーティスト「岬太郎」

 

日本のリベロ

フィールドの貴公子「三杉淳」

 

選択画面に「???」とシークレットキャラクターらしき画面もあったのを確認している。

確変の継続数などで選択が可能になるのであろうか?非常に気になったので読者の方々もぱちガブッ!上にて今後注目いただきたい。

 

確変中の演出ストーリーとしては、サッカーとマッチングさせたリアルな攻防戦が展開される。

回転数により演出ゾーンが分かれており、100回転までは「攻防ゾーン」。日本VSライバルの攻防が多数展開。101回転~200回転までは「死闘ゾーン」となっており、連続予告を中心に状態が頻繁に変化する。201回転以降は「激闘ゾーン」固定で、こちらはリーチ成立で決着がつく超高速モードとなっている。

 

日本のゴールで確変&16Rがゲットできると覚えておけばアツくなれることは間違いない。

 

 

確変中に早速チャンスがきた。保留先読み演出から「UNDER23 CHANPION SHIP」ロゴが出現。

 

 

サポーター席での応援風景が流れ、図柄テンパイを煽る。

 

 

見事テンパイ。フィールドの貴公子「三杉淳」がドリブルで相手に仕掛ける。

 

 

ここで「大空翼」のギミックが落下。アツい。手に汗握る展開だ。

写真でも伝わると思うがギミックと液晶演出の合体技は秀逸だ。是非ホール導入後はその点にも注目いただきたい。

 

 

「三杉淳」がシュート態勢に入り、ボタンPUSHのスタンバイ演出で期待感を煽る。タマラナイ・・・。

 

 

「決めろ!」ボタンPUSH出現で興奮度はMAX!

結果は・・・。

 

 

 

「GOAL!!」見事大当りゲット!本日2度目の伝説のシュートで祝福。こちらの3D演出も是非ホール導入後に体感していただきたい。

 

まだまだ遊技したかったが、筆者の試打中も立ち見の関係者が多数いらっしゃったため、ここで終了となった。

その後見学していたが、「サンセイアールアンドディ」の企画力/技術力と「キャプテン翼」のコンテンツ力が見事に融合した、完成度の高い新機種となっていることが容易に理解できた。

 

もう一度漫画を読み返し、ホール導入予定となっている2018年5月6日を迎えたいと強く感じた。

 

[コピーライト]

Ⓒ高橋陽一 / 集英社

Ⓒ高橋陽一 / 集英社・テレビ東京・エノキフィルム

Licensed by Sony Music Direct(Japan)Inc.

【取材レポート】「CRミリオンゴッド ディセント」新機種発表会

2018/03/13

2018年3月12日(月)、株式会社ユニバーサルエンターテインメント本社にてパチンコの新機種「CRミリオンゴッド ディセント」の発表会が行われた。

発表会が始まると、最初にマーケット戦略室 室長「長谷川 崇彦」氏が登場し、本機の魅力を紹介。

 

 

本機より新枠での登場という枠の名称は「BAZOOKA 響」。開発するにあたり、特にBGMに拘った筐体だという事を強調した。また、日々ホールに出向いてきちんと音をユーザーに届けるために、振動や風など細部にまで工夫をしたという開発秘話まで語っていた。

 

また、導入日は5月10日(ゴッドの日)に間に合うよう調整したという。ミリオンゴッドに対する熱い思いが伝わってきた。

続いて、マーケット戦略室「石橋 伸晃」氏より機種製品の説明があった。

 

 

伝えられる範囲だが、本機の基本情報・ゲームフローは以下の通り。

 

 

[基本情報]

 

CRミリオンゴッド ディセント
低確率 1/319.6
高確率 1/82.0
確変割合 65%
ラウンド数 4R or 16R
最大払い出し個数 2,400個
16R比率 初当り時:25%・電サポ時:70%

 

[ゲームフロー]

 

 

最後に、ぱちんこミリオンゴッド正統後継機として始動するとの事だったが、ここで資料にあった3つの魅力をご紹介しよう。

[魅力その1]

光と闇の共演!

決して交わることのなかった「ゼウス」と「ハーデス」!

神々の闘いが始まる!

 

[魅力その2]

神ならではの出玉性能を搭載!

初当り16R確変からの確変性能は冥王を凌駕!

さらに電サポ大当り時の16R比率は70%!

 

[魅力その3]

BAZOOKA 響&限定色で魅せる!

新枠1発目はBAZOOKAの音と、神々しい約物の光が究極融合!

 

その後、試打する時間も設けられたが、すぐに行列が出来てしまい、筆者は遊技することが出来なかった。

発表会でここまで行列する機種、導入が非常に楽しみである。

 

[コピーライト]

©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

「蒼天の拳 REGENESIS」先行上映会レポート

2018/03/06

記事カテゴリ:イベント情報
タグ: Sammy 蒼天 パチンコ パチスロ

 

テレビアニメ「蒼天の拳 REGENESIS」の先行上映会が2月25日、秋葉原UDX THEATERにて開催されました。

アニメの第1話~第3話の先行上映に加え、アニメの出演者、監督によるトークが繰り広げられ、集まったファンの方々も興味津々な様子でした!

 

本編上映前にはキャイ~ンの天野ひろゆきさん、ウド鈴木さんがMCとして登場。

「北斗シリーズ好き」で知られる天野さんは、時折「北斗シリーズ」の知識を交えながら「蒼天の拳」の魅力を語り、会場を沸かせました。

 

本編終了後には、霞拳志郎役の山寺宏一さん、ヤサカ役の佐藤せつじさん、葉役の檜山修之さん、鹿住監督がゲストで登場し、会場は拍手に包まれました。

「蒼天の拳」に対する思いや、アフレコ現場での裏話などが、声優の皆さんの口から語られ、本編の続きが気になった来場者もいたのではないでしょうか。

鹿住監督は「3DフルCGと手描きの2Dの融合に注目してほしい。また、漢の生き様を中心とした人間ドラマを深く描いている。生き生きとしたキャラクター達が画面内で躍動する姿が見どころ。」と語りました。

 

更に後半になるとシークレットゲストとして原哲夫先生が登場!

原哲夫先生は「17年前の蒼天の拳では拳志郎の死に様を描きたいと思っていたが、描けなかった。今作ではその死に様と、新しいキャラクターを含めた人間ドラマに注目してほしい。」と見どころを語りました。

 

最後は山寺さんより、拳志郎の決め台詞のスペシャルバージョン「北斗の文句はウドに言え!」で締め、会場は大きな笑いと本作への期待を寄せる拍手とともに幕を閉じました。

 

先行公開を見た筆者の感想としては、とにかく映像がリアルで、キャラクターの細かい表情まで描かれており、テレビ放送のアニメとしては非常にハイクオリティであると感じました。バトルシーンなどは、実際にアクターの動きをアニメーションに取り入れているそうで、テレビアニメの概念を覆すほど、迫力のあるシーンが画面内で繰り広げられています。

また人間ドラマが深く描かれており、第1話~第3話においても、既に目頭が熱くなる場面もありました。早く続きが見たくなりましたし、テレビ放送が待ち遠しいといったところです。

北斗35周年記念アニメ『蒼天の拳REGENESIS』はTOKYO MXほかにて 2018年4月より放送予定です。

魅力的なキャラクター達の「漢の生き様」が描かれた作品、是非ともご覧ください。

 

(c)原哲夫・武論尊/NSP 2001, (c)蒼天の拳 2018

【取材レポート】「パチンコCR偽物語内覧会」

2018/02/28

2018年2月20日(火)、東京支店内ショールームにて大人気アニメをパチンコにしたSammy社の「パチンコCR偽物語」の内覧会が行われた。

筆者は会場に着くのが開始時刻より遅くなってしまったが、それでも多くの関係者が遊技を行っており、なかなか座れない状態が続くほどショールーム内は賑わっていた。

 

 

ここで、「サミー史上No.1級の作り込みで、原作アニメの世界観をパチンコ演出に昇華した」という「パチンコCR偽物語」のスペックをご紹介。

 

基本仕様
  「299ver.」 「199ver.」
大当り
確率
低確率 約1/299.3 約1/199.8
高確率 約1/95.8 約1/95.8
賞球 1(電チュー)&3(左・右入賞口)
&4(ヘソ)&14(アタッカー)
1(電チュー)&3(左・右入賞口)
&4(ヘソ)&13(アタッカー)
カウント 9C 9C
確変割合 100% / ST100
ST継続率約65%
100% / ST100
ST継続率約65%
電サポ回数 100 100
大当り出玉 16R

約2,016個

16R 約1,872個
8R 約1,008個 6R 約702個
6R 約756個 4R 約468個

 

本機は2スペック導入予定となっており、「299ver.」は、最大出玉が16R約2,016個、電チュー大当り時の80%が16Rと出玉の満足感が重視、「199ver.」は、大当り確率約1/199.8(高確率約1/95.8)で、最大出玉が16R約1,872個、電チュー大当り時の16R比率が51.2%と、遊びやすさを追求したスペックとなっている。

 

遊びやすさと演出バランスに原作を知らない人でも興奮必至!

 

ようやく席を確保できたので、さっそく初打ち開始。
大当り確率とST突入率100%だから体感できるST中のドキドキ感や多彩な演出バランス等、「偽物語」を知らない人でも楽しめる要素が盛り沢山!また、「偽物語」を知っている人は、あの名シーンを初めとした一つ一つの演出に興奮必至ではないでしょうか。それでは、筆者が遊技した一部をご紹介。

 

 

 

 

遊技して間もなく、貝木が登場してボタンのプレゼントが。その後、ボタン長押しで背景が赤まで発展。

この演出自体がアツいかはわからないが、発展先を告知する重要な演出な事は間違いないだろう。

 

 

 

その後、怪異ロゴ役物が出現し、月火スーパーへ発展。

今回の怪異ロゴが白だったが、赤だった場合はチャンス!?

 

 

 

 

ボタン出現でカットインの色が赤。そして、あっさりと大当りをGET。

 

 

 

 

大当り中はBGMを選択することもでき、ファンが喜ぶ演出が盛り沢山!

大当り後のSTは「シリアスST」「コミカルST」「ファイヤーST」の3種類があり、「ファイヤーST」は、3回目の大当りで開放される模様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初打ちということもあって最初は「シリアスST」を選択。

ST中はスピーディに消化することができバトルに突入すれば興奮する事間違いなし!

その後、連チャンが続き「コミカルST」と「ファイヤーST」を見る事ができ、あっという間に約7,000発の出玉を獲得。

演出のドキドキと出玉スピードの早さを体感。

 

筆者の感想としては、出玉スピードや偽物語の世界観を忠実に再現しているだけでなく、STごとにドキドキする演出を楽しむことができ、夢中になって打ち込んでしまった。

ホールへの導入が今から待ち遠しいというのが素直な感想である。

【取材レポート】「FEVER革命機ヴァルヴレイヴ」

2018/01/29

記事カテゴリ:イベント情報
タグ: SANKYO パチンコ 取材 レポート

 

SANKYO社より導入される話題の新機種「FEVER革命機ヴァルヴレイヴ」の取材レポートに行ってきました。

3D液晶による美麗な演出や、チャンス目からレベルアップさせてレベルに応じたリーチへ発展するという通常時のシンプルかつわかりやすいゲームフロー。

さらに、ライトミドルスペック+高継続率の確変等、プレイヤーを興奮の渦に巻き込む要素が盛り沢山です!

筆者は、革命機ヴァルヴレイヴの原作は知りませんでしたが、本機をプレイして原作を見てみたいという気持ちになりました!

 

それでは、試打した内容をご紹介します。

 

高継続率のライトミドルスペック!

まずは、FEVER革命機ヴァルヴレイヴの基本情報に関してご紹介します。

 

タイプ ライトミドルタイプ 大当り確率 1/179.6→1/43.7 メーカー SANKYO 導入予定日 2018年春(予定)

 

 

 

通常時は、約179分の1のライトミドルタイプと比較的軽めなスペックです。

図柄大当りすれば「革命の刻」チャレンジに突入。成功すれば「革命RUSH」に突入します!

 

 

続いてゲームフローについて。

通常時は赤図柄で9ラウンド、青図柄で3ラウンドの大当りに突入します。

大当り中は革命の刻突入の抽選を行っており、演出が見事成功すれば、革命の刻に突入します。

 

革命の刻は8回転or無限のチャンスステージとなっており、指定のチャレンジに成功すれば確変「革命RUSH」に突入します!

また、チャレンジに失敗して通常時に移行しても、高確率の可能性があるので即ヤメは厳禁!

 

「革命RUSH」は、電サポ100回or無限の確変ステージです。

平均継続率は約91.1%もあるので、大量出玉獲得も夢じゃない!?

 

通常時の様々な演出をチャンス目に集約

通常時は、疑似連等の予告演出からチャンス目を集めてレベルアップを行い、高信頼度のリーチ発展を狙うゲーム性となっております。

様々な演出をチャンス目に集約したシンプルなゲーム性は、多くのプレイヤーが熱中できるのではないでしょうか。

 

個人的な感想として、色々な迫力ある演出がチャンス目に集約された事により、初打ちでもスムーズに理解でき、本機を楽しみながら打つことができました。

 

 

チャンス目には同色や語呂合わせ等、様々なチャンス目が存在します。

また、V図柄停止や、2個並びで同色の場合等、複数のチャンス目を獲得した場合には、大幅レベルアップのチャンス!?

レベルは6で発展が確定し、レベルMAXは激熱リーチの「ハラキリリーチ」へ発展!?

 

高継続率の確変突入を目指す「革命の刻」

図柄大当り後、抽選に当選すれば時短8回の「革命の刻」に突入します。

全6種類あるミッションより選択して指定ミッション達成で「革命RUSH」へ突入!

ミッションの中に「BEAST HIGH CHALLENGE」があればチャンス!

「神となったソウイチ」があれば超激アツ!

 

 

筆者は、初打ちではV図柄を止めることが出来ればRUSHに突入する「V-ZONE」を選択しました。

 

 

「V-ZONE」は、チャンス目が停止するとV図柄出現の期待度がアップするという、毎回転ドキドキのミッションです。

さらに、赤の同色が停止すればチャンスアップ!

筆者にもチャンス目が停止!

 

 

結果は、、、

 

 

失敗という結果に。

ただし、ここで諦める必要はありません!

 

 

なんと、本機は通常時に移行しても高確率の可能性が残っているので、時短8回でミッション達成できずとも、すぐに引き戻せる可能性があるのです!

通常時に移行して間もなく、激アツ予告の「カミツキ予告」が出現しました。

 

 

その後、

 

 

サクッと引き戻し成功です。

おそらく、今回は潜伏確変だったのではないでしょうか。

このように簡単に引き戻しも期待できますので、即ヤメは厳禁です!

 

[アツいリーチ演出]

 

高継続率の確変「革命RUSH」

平均継続率約91.1%の高継続率確変ステージ「革命RUSH」は全部で3つのステージがあります。


 

革命RUSHでは、「蒼」<「焔」<「神」の順番で無限への可能性が高まります。

超革命RUSH神に突入すれば、電サポが無限になり次回大当りまで継続!?

 

本機はリミット11回ですが、ライトミドルを活かしたスペックとなっており、引き戻し確率も高いので、1回の大当りで大連チャンが期待できます!

また、確変中は以下のようなフローで消化をしていきます。

 

 

20回転までは「即連ZONE」となっており、20回転以内での大当りは図柄がすぐ揃いますので、出玉スピードがとても速く爽快感が味わえます。

21回転~100回転までは、予告演出、リーチ演出を経由して大当りを目指します。

100回転消火後に継続ジャッジ演出が発生して、成功すれば次回大当りまで続く無限へと移行します。

演出自体が発生すればチャンス!?

 

ここで高継続がどこまで続くかというのをご紹介したいと思います。

 

 

 

遊技わずか数回転でV図柄を獲得。さっそく9ラウンド分の出玉を獲得しました。

その後も、連チャンが終わることなく続き、、、

 

 

 

引き戻しを含めて、簡単に100連撃を突破することができました。

さらに、まだまだ連チャンは続き、、、

 

 

楽々と20連チャン(150連撃)獲得することができました。

残念ながら、撮影時間の都合でこれ以上遊技することは出来ませんでしたが、高継続率の威力が少しは伝わったのではないでしょうか。

 

個人的な感想となってしまいますが、まだまだ連チャンしたと思うと、早くホールで遊技したくて今からワクワクが止まりません!

皆さんもホールに導入されたら、その目で高継続の威力を体感して頂ければと思います。

 

[コピーライト]
© SUNRISE/VVV Committee, MBS 
© SANKYO

【取材レポート】「CR FAIRY TAILプレス発表会」

2018/01/26

記事カテゴリ:イベント情報
タグ: FUJI パチンコ プレス発表 取材

2018年1月19日(金)、藤商事社は台東区にある東京支社にて「CR FAIRY TAIL」のプレス発表会が行われた。

会場に着くと、既に多くの取材陣が開始を今か今かと待っている様子。V確転落抽選タイプを採用し、右打ち中はSTタイプのようなゲーム性とバトルタイプといった2つのゲーム性を融合させており、「FAIRY TAIL」の世界観を存分に引き出しているスペックとなっている。取材陣は本機のスペックが気になるようで、製品紹介が終わると我先にと試打ルームへ向かっていった。

そんな会場の様子をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

ビッグコンテンツを最大に活かしたスペック!

開催に先立ち、「中村敏幸」営業本部 副本部長より本機の紹介が行われ、「コンテンツの持つ世界観を最大限に活用し、見た目のインパクト、スペックやゲーム性など、細部までとことんこだわって作り上げた自信作」と強調した。

続いて登壇した東京開発部ディレクターの山本満氏より演出やスペックの特徴が説明された。その中で「本機のターゲットは、ビッグコンテンツと親和性の高い若年層だと説明。さらに、好奇心や優越感を刺激することで長く楽しんで頂き、より多くホールに足を運んでもらうことで市場全体を活性化できる。必ず市場で活躍できる商品である」と意気込みが語られた。

 

 

 

 

 

 

プレミアムガブガールズも試打で大興奮!

製品説明後に、試打ルームにいくと既に大勢の人が試打をしており、演出が発生する度にどんな発展するのかとワクワクしている様子。ぱちガブッ!イメージキャラクターのプレミアムガブガールズも試打に参加して、演出に一喜一憂していた。

初めてパチンコを遊技したという松岡音々は「楽曲」や「キャラクター変更」等のカスタマイズ機能をイチオシしており、「すごく楽しんで試打することができた。また、参加したい。」と意気込みを語っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

[3代目プレミアムガブガールズ加納葉月のコメント]

 

 

[3代目プレミアムガブガールズ松岡音々のコメント]

 

【取材レポート】「CRうしおととら」

2017/12/22

記事カテゴリ:イベント情報
タグ: Daiichi うしとら パチンコ

 

ぱちガブッ!運営のワキヤです!!

2018年1月に全国ホールに導入予定の「CRうしおととら」の試打に行ってきました!

当機種は液晶演出とアナログ抽選が融合したゲーム性ということで早速スペック面でも注目を集めています。特にアナログ抽選の方は「CR天下一閃」でお馴染みのこの役物で抽選を行います!!

 

 

これを見ただけで早速打ちたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか!!

果たしてどんなゲーム性なのか早速見ていきたいと思います!

基本仕様は以下の通りです。

 

 

基本仕様

 

「3200ver.」

「2700ver.」

図柄揃い大当たり確率

319.8分の1

319.8分の1

小当たり確率

ヘソ

約79.92分の1

約63.94分の1

電チュー

約1.96分の1

約1.96分の1

賞球

4&1&2&3&5&12

4&1&2&3&5&9

大当たり出玉

約1480個(実質15R)
約990個(実質10R)
約190個(2R)
上アタッカー10C
右下アタッカー9C

約1200個(実質15R)
約810個(実質10R)
約160個(2R)
上アタッカー10C
右下アタッカー10C

リミット

2回1セット

2回1セット

電サポ

0or99回転まで

0or99回転まで

 

 

 

 

 

 

「液晶での図柄大当り」、それから「役物へのV入賞」と、2種類の大当りへのルートを持った1種2種混合機です。

基本はV入賞のチャンスとなる「最終決戦チャレンジ」を目指します。「最終決戦チャレンジ」突入率は「3200ver.」なら約79.92分の1、「2700ver.」なら約63.94分の1と軽いです。あのドキドキが甘デジの大当りよりも頻繁に楽しめると思うと・・・打ってみようかなと思ってしまいますよね(笑)

 

赤保留が出て~、「激アツ」が出て~、アツいリーチに発展して~、と、普通の機種で大当りを目指すように、この機種では「最終決戦チャレンジ」を目指します。

ワキヤも打ってみて間もなく「最終決戦チャレンジ」に突入しました。

 

 

 

右打ちの指示に従い、アタッカーに玉を1発入れます。

 

 

その1発が程なくして、中央の役物に投下されます!!

アツい!!

Vに入れば大当り!!!!

 

 

 

Vに入れば大当り!!!!

 

 

スン・・・

 

 

残念。今回はV入賞ならず。

V入賞しなかった場合は、また通常時から「最終決戦チャレンジ」を目指します。

 

通常時は「ビッグアイフラッシュ」「獣の槍ぶっ刺さり予告」「うしとらリーチ」などが激アツのようです。

 

 

 

 

これらが出現すれば、「最終決戦チャレンジ」を連れてきてくれることでしょう。

ほらね。

 

 

はい。2回目の「最終決戦チャレンジ」です。

さて、今回の「最終決戦チャレンジ」は頼むぞ・・・

 

 

 

Vに入れば大当り!!!!

 

 

キュピン!!!!!

 

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

けたたましい音とともに盤面がレインボーとなり、V入賞を祝福!

これで見事大当りをゲット!!!

以下、V入賞時の振り分けです。

 

実質10R 49.5%
実質10R+時短(直V) 0.5%
実質10R+時短 50.0%

 

約50%が時短付き大当りです。電チューの大当り確率が1/1.94なため、実質10R+実質15Rの大当り出玉(約2760発払い出し)が獲得できます。

それに加えて出玉を獲得した後は、激アツの引き戻しゾーンである「うしとらZONE極」に突入。

残りの約50%は時短なし大当り、即ち出玉を獲得した後は通常に戻ります。

 

つまり!V入賞してもまだ安心はできない。

 

V入賞後の大当りが「うしおととらBONUS」であれば実質10R+実質15R+「うしとらZONE極」突入確定です。

今回の大当りは「REGULAR BONUS」でしたので、告知が来ない限り、11R通常で終わってしまう。逆転告知で大量出玉へと導いてくれー!と思いながらラウンドを消化していると・・・

キュピン!!!!

 

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!(2回目)

これは脳汁やばいです。

この時点で実質10R+実質15R+「うしとらZONE極」突入確定です。

初当り獲得後には既にこれだけの出玉を得ていますので、納得の出玉感ですね。

 

 

さて、続いてはこの機種の醍醐味、最大の魅力でもある「うしとらZONE極」です。

「うしとらZONE極」は1回転限定の約51%の引き戻しゾーンです。

引き戻した際は約3200発(払い出し)の出玉が確定します!(3200ver.の場合)。

 

 

引き戻しの演出は通常時同様、予告→リーチによる告知となるようです。

その際、左右の帯には『うしとらZONE極』の文字が書かれています。

ちなみに引き戻しに当選していなかった際にも、割とアツめの演出が出やすいので油断は禁物・・・(ドヤタバコハアタッテカラ)

3200発の上乗せがかかっていると思うと、プッシュボタンにも力がはいってしまう・・・

 

 

キュピン!!!!

 

 

気持ちいいいいい

 

これで約3200発(払い出し)の出玉を獲得!!

合計約6000発です。

 

ラウンド中は右打ちでモリモリ玉が増えるので、爽快感抜群。

引き戻し時は2回分の大当りが発生しますが、1回の大当りに見えるように巧く作られています。

 

ラウンド終了後はまた約51%で引き戻しです。

つまり約51%を引き続ける限り、約3200発(払い出し)がループするという出玉性能を搭載したスペックとなっているわけです!!

 

再度、約51%の引き戻しに挑戦。といったところですが、

続いての「うしとらZONE極」は・・・外れてしまいました。

最終系まで発展したものの、演出が少し弱かったですね。

 

 

王道の激アツ予告等が絡まなかった場合は覚悟した方がいいかもしれません。

まぁ約51%ですからね。1回引き戻せば御の字。

運が良ければ4~5回引き戻すことはあるでしょう。

その際は、約3200発(払い出し)がどんどん上乗せされていくため、かなり早い出玉スピードとなるでしょう。

短時間勝負にも向いているかもしれませんね。

 

さてこれにて「CRうしおととら」の紹介は以上となります。

打ってみた感想としては、「うしとらZONE極」突入へのハードルさえクリアすれば、自ずと出玉は得られるでしょう。そして3200発を賭けた1回転がアツすぎます。

ここを経験するまでは是非とも打ってみてください。そして経験してしまった方は、間違いなくこのヒリついた1回転に病みつきになってしまう事でしょう。

 

1回転、そして1回分の大当りの価値が低下していく台が溢れる中で、真のパチンカーが求めている台がここにあります!!!

ホールに導入された際には、必ずやその興奮を体感してください!!!

きっと今以上にホールに足を運ぶこととなるでしょう!

 

(コピーライト)

原作/藤田和日朗「うしおととら」(小学館) ©藤田和日朗・小学館/「うしおととら」製作委員会

【取材レポート】「CRフィーバーマイケル・ジャクソン」

2017/12/07

記事カテゴリ:イベント情報
タグ: SANKYO マイケル パチンコ 動画

SANKYO社より導入される新機種「CRフィーバーマイケル・ジャクソン」の取材レポートに行ってきました。スペックやフロー、演出は非常にわかりやすくなっており、マイケルを良く知る年代には、ぴったりの台となっております!筆者自身、マイケル・ジャクソンは社会人になってからファンになったこともあり、今回の取材レポートはとても楽しみにしておりました。
それでは、試打した内容をご紹介します。

 

ミドルタイプの王道スペック!

まずは、CRフィーバーマイケル・ジャクソンの基本情報に関してご紹介します。

 

 

 

機種名 CRフィーバーマイケル・ジャクソン
タイプ ミドルタイプ
メーカー SANKYO
導入予定日 2017年冬(予定

 

約320分の1のミドルタイプで確変突入率は約65%。
確変に突入しなくても必ず時短100回がつく誰でも王道のスペック。

 

続いてゲームフローについて。
通常時は3・7図柄揃いか突確を経由して確変を目指します。

 

3・7図柄以外の図柄揃いの大当りは、時短100回へ突入します。
ただし、再抽選の昇格率は約40%あるので通常図柄大当りでも確変への期待度は十分です!

 

通常時の迫力満点の演出をご紹介

プレイヤーをマイケル・ジャクソンの世界へ導く演出がたくさんあり、ファンの方以外も楽しめる工夫がされており、打っていてよりマイケル・ジャクソンに惹かれていきました。また、マイケルを知らない方でも、テレビや外出先で流れていた曲もたくさんあるので、
曲を聴けば必ず知っていると思います!
ちなみに、個人的には本機にも入っている楽曲「Smooth Criminal」がオススメです!

 

 

通常時にV-コントローラーを引くと、BGMが歌付きのものに変更できる、ファン必見の嬉しい演出や、演出が進むにつれ、様々なところでチャンスアップ予告もあるので、演出の一部をご紹介します。 

 

※掲載画像は前兆予告のライジング保留演出

 

保留予告は白、白点滅、青、緑、赤の5パターンが存在!
保留の色が赤までいけばチャンス!

 

SANKYOでお馴染みのVコントローラーが震える予告も搭載!
発生すればチャンス!

 

※掲載画像はスリラーゾーン煽り手形予告

 

保留先読み予告のMIDNIGHT MODEやTHRILLER MODEに突入すればチャンス到来!
今後の発展先に期待だ!
THRILLER MODEまで発展すれば激アツ!

 

※掲載画像はノーマルリーチ

 

リーチ成立時には様々なセリフ予告があるが、中でも「激アツ」というセリフが出れば、信頼度約90%と大当りは目前!?テンションが急上昇する激アツ演出の一つ!

 

また、リーチ成立後の激アツ演出の1つ「伝説のトースタージャンプ」予告。
液晶役物が下から飛び出してくる迫力満点の演出だ!
色々なところでマイケルの名シーンが見られるので、ファンの方は興奮必至だと思います!

 

リーチに発展する際にも激アツ演出を搭載!
KING OF POPの文字色は、金色と銀色が存在し、楽曲に関わらず、金色が出現したら信頼度が約80%まで急上昇!

 

【アート系リーチ Old Castle】

 

【アート系リーチ Security Guard】

 

【アート系リーチ Sound Room】

 

【アート系リーチ Subway】

 

【PV系リーチ BAD】

 

【PV系リーチ Beat It】

 

【PV系リーチ Billie Jean】

 

【PV系リーチ Don't Stop 'Til You Get Enough】

 

【PV系リーチ JAM】

 

【PV系リーチ Smooth Criminal】

 

【PV系リーチ Thriller】

 

リーチはアート系リーチとPV系リーチの2パターンが存在しており、PV系リーチの「Thrillerリーチ」は、信頼度約30%以上とチャンス。「Don’t Stop Till You Get Enoughリーチ」は、更に期待度上昇の大チャンスリーチ!突入したら大当りは目の前!?

 

また、リーチ終盤に画面が暗転したら大チャンス!
マイケルの代名詞でもある「ムーンウォーク」は発生した時点で信頼度約80%もある激アツ演出なのだ!最後にV-コントローラーを引いて大当り獲得を目指そう!

 

 

また、大当り中は名曲9曲から好きな曲を選択可能!

名曲を聴きながら大当りを消化できるので、ファンじゃない方でも楽しめる演出になっています。

 

当たれば16R確定の即連ZONE「SEVEN JUDGEMENT」

短時間で大量の出玉獲得を目指せる本機の確変は破壊力抜群の一言!

確変中の様々な演出をご紹介します。

 

 

 

本機イチオシの魅力は、即連ZONE「SEVEN JUDGEMENT」!

このZONE内で大当りすれば必ず7図柄での大当りとなるので、16Rの最大出玉を獲得することが可能!

また、SEVEN JUDGEMENT中の演出はリーチが成立すると、直当り、V-コントローラーを引く、ハズレの3種類があり、V-コントローラーを引くまで発展すればチャンス!?直当りはもちろん!?

 

 

見事大当りすれば、16R払い出し2016発の出玉を獲得できるので、連チャンすれば短時間で大量出玉獲得も可能!
この即連は実戦でもぜひ味わいたいです!体感したら病みつきになると思います!

 

 

SEVEN JUDGEMENTが終了したら、KING OF POP MODEへ移行します。
内部的には確変なので、奇数図柄で大当りすれば引き続き確変が継続され、偶数図柄で大当りした場合は、100回転の時短へ。

 

KING OF POP MODE中にダブルリーチが成立した場合には、奇数図柄のダブルラインに図柄が書き換えられるので成立したら確変継続のチャンス!

 

偶数図柄でリーチになった場合には、ミニキャラマーくんが成立させまいと必死にハズレを押し上げようとする可愛い演出が!
ボタンを押して、見事マーくんが押し上げられれば確変が継続するぞ!

 

 

最終的に短時間にも関わらず10,000発超えの出玉を獲得。
筆者の感想としては、マイケル・ジャクソンのファンの方もそうでない方も、気軽に遊技できるスペックに豊富な演出が満載であり、さらに確変時はスピーディに大量出玉獲得が可能になっているので、ホールに導入されたらぜひ遊技してみたい機種である。

 

『CR地獄少女 宵伽』プレス発表会レポート

2017/12/05

どーも! ぱちガブッ! 運営のワキヤです。

 

 

2017年12月1日(金)藤商事 東京支店にて行われた藤商事新機種『CR地獄少女 宵伽』のプレス発表会に行ってきました。

「地獄少女」とのタイアップもついに第3弾。2017年7月から放送されたアニメ第4期に登場した新たな地獄少女「寒河江ミチル」が加わったストーリーの他、オリジナルストーリーも多数収録。

 

開発本部 本部長 松下智人氏より「『CR地獄少女』シリーズ3作目の製作にあたり、3点重点的な発表がありました。

 

 

1点目、2作目の時に沢山の方に打って頂きましたが、より多くの方々に楽しんで頂くために、今年の7月から新作テレビ放映、更には藤商事としては初となるコミケ92(企業ブース)に参加し、年末のコミケ93(企業ブース)にも参加が決定!

2点目、サイドユニットを採用。ホール様にはパネルで購入頂けること、少しでもホール様に負担がかからない様なホール様に取って非常に優しい取り組みを実施。

3点目、地獄少女のコアファン100名の方に開発段階で試打をして頂き、その貴重なご意見を取り入れて、徹底的に作り込むことで長期稼働が実現できるのではないかと思っております。

 

この3点の取り組みに関しましては、今後も継続していく事でホール様、ファンの皆様に楽しんで頂ける機械ができると思っております」と、本機種への熱い意気込みが伝わってきました。

 

 

名古屋開発部 ディレクター 榊原隆嗣氏

 

今回登場するのは、大当たり確率約297分の1のミドルスペック。確変率:ヘソ50.5%(特図1・2合算)、継続率約65%(特図2作動時)のV確ループタイプ。

右打ち時の60%が2016個大当たり(計算上)となっています。

 

お馴染みの確変中のモードは前作同様「閻魔あいモード」「ゆずきモード」に加え、新たに「怨み晴らしモード」が追加されました。原作に忠実な赤い糸を解くデバイスは要チェックです!

 

 

 

閻魔あいちゃんからお疲れと言われて、よく見ると試打動画でもお馴染みのライター工藤らぎちゃんでした!

さすがライター&人気コスプレイヤー!

 

 

ホール導入は1月から順次の予定です。

早く藁人形を引っ張りたい!それではまた!

 

[コピーライト]

(C)地獄少女プロジェクト/宵伽製作委員会

 

TOP