【取材レポート】「CR FAIRY TAILプレス発表会」

2018/01/26

記事カテゴリ:イベント情報
タグ: FUJI パチンコ プレス発表 取材

2018年1月19日(金)、藤商事社は台東区にある東京支社にて「CR FAIRY TAIL」のプレス発表会が行われた。

会場に着くと、既に多くの取材陣が開始を今か今かと待っている様子。V確転落抽選タイプを採用し、右打ち中はSTタイプのようなゲーム性とバトルタイプといった2つのゲーム性を融合させており、「FAIRY TAIL」の世界観を存分に引き出しているスペックとなっている。取材陣は本機のスペックが気になるようで、製品紹介が終わると我先にと試打ルームへ向かっていった。

そんな会場の様子をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

ビッグコンテンツを最大に活かしたスペック!

開催に先立ち、「中村敏幸」営業本部 副本部長より本機の紹介が行われ、「コンテンツの持つ世界観を最大限に活用し、見た目のインパクト、スペックやゲーム性など、細部までとことんこだわって作り上げた自信作」と強調した。

続いて登壇した東京開発部ディレクターの山本満氏より演出やスペックの特徴が説明された。その中で「本機のターゲットは、ビッグコンテンツと親和性の高い若年層だと説明。さらに、好奇心や優越感を刺激することで長く楽しんで頂き、より多くホールに足を運んでもらうことで市場全体を活性化できる。必ず市場で活躍できる商品である」と意気込みが語られた。

 

 

 

 

 

 

プレミアムガブガールズも試打で大興奮!

製品説明後に、試打ルームにいくと既に大勢の人が試打をしており、演出が発生する度にどんな発展するのかとワクワクしている様子。ぱちガブッ!イメージキャラクターのプレミアムガブガールズも試打に参加して、演出に一喜一憂していた。

初めてパチンコを遊技したという松岡音々は「楽曲」や「キャラクター変更」等のカスタマイズ機能をイチオシしており、「すごく楽しんで試打することができた。また、参加したい。」と意気込みを語っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

[3代目プレミアムガブガールズ加納葉月のコメント]

 

 

[3代目プレミアムガブガールズ松岡音々のコメント]

 

TOP