【取材レポート】「SLOTパックマン」新機種発表会

2018/03/26

2018年3月23日(金)、株式会社ユニバーサルエンターテインメント本社にてパチスロ新機種「SLOTパックマン」の発表会が行われた。

 

 

 

発表会が始まると、最初にマーケット戦略室 室長「長谷川 崇彦」氏が登場し、本機の魅力を紹介。

 

 

あの頃、少年だった大人たちへ。

バンダイナムコの不朽の名作ゲーム+歴史あるユニバーサルのスロット開発 その名も・・・

 

 

30〜40代をターゲットにし懐かしさと楽しさをコンセプトにする機種を継続的に市場に投入するプロジェクトとなっている。 会場に居合わせた関係者一同、非常に興味をそそられる内容となっているのは一目瞭然だった。

 

その後、本プロジェクトの宣伝大使として家庭用ゲーム界を一世風靡した「高橋名人」が登場された。

 

 

筆者も少年時代、よく高橋名人をテレビで見て連射に挑戦したことを思い出した。

高橋名人と長谷川室長の熱いトークセッションが繰り広げられ、会場は大いに盛り上がった。

 

 

そして最後に本プロジェクト第1弾の「SLOTパックマン」をマーケット戦略室石橋さまよりご説明いただいた。

 

 

ノーマルタイプの真髄として違和感特化型・完全告知マシン!!

 

違和感を察知し、打ち方で告知を答え合わせ!ありふれた告知機には無い、新しいゲーム性となっている。

サウンドの違和感やランプ(筐体)の違和感などなど、ボーナス成立の役95%はどこかに違和感がある仕様。

さらに順押しや中押し、逆押しなど、ユニバーサルが誇るリール制御となっている。

 

気になるホール導入予定は四月下旬から。

筆者も家庭用ゲーム機では楽しませてもらった世代でもある。ホール導入された際には是非打ってみたいと強く思った。

 

 

[コピーライト]

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

©UNIVERSAL ENTERTAINMEN

TOP