【取材レポート】「パチスロ 貞子vs伽椰子」新機種発表会

2018/04/27

記事カテゴリ:イベント情報
タグ: 藤商事 貞子vs伽椰子 新台

 

「パチスロ 貞子vs伽椰子」プレス発表会 レポート

 

426 、株式会社 藤商事にて「パチスロ 貞子vs伽椰子」のプレス発表会が行われました。ここでは、会場にて明かされた本機種の魅力を一部ではございますが、お伝えしたいと思います。

 

「パチスロ 貞子vs伽椰子」は完全告知機のわかりやすさで誰でも楽しめる所と、自らの技術とヒキでRTに移行させる新感覚のゲーム性を併せ持った藤商事初のAタイプの機種となっています!

 

累計販売台数35万台を誇る藤商事ホラーシリーズから待望の最新作!といったところですが、「リングのAタイプが打ちたい」という市場の声を取り入れて本機種の制作が実現したようですね!

 

■一発告知&リーチ目

手の役物が落ちればボーナス確定!という分かりやすいゲーム性に加え、呪いの着信演出などの多彩な演出と出目との絡みにより、違和感やボーナスの期待感が楽しめるゲーム性となっているようです。

 

リーチ目が出た瞬間に、呪いの手が落下する演出は、相当びっくりして、文字通りケツ浮きしそうな演出です!

 

またリーチ目の数も総数2,900以上とかなり豊富です。Aタイプは出目が命だ!というユーザーにとっても、非常に打ち込み甲斐のある機種に仕上がっているようです。

 

3種のRT&技術介入

BIG中は一度の技術介入で最大獲得枚数の取得が可能!

更にはBIGREG共にボーナス終了後はRT突入のチャンスとなるようです。

 

RTは最大77ゲームとなっていて、次回ボーナス成立にも期待ができる仕組みとなっています。

 

■演出モード&ゲームフロー

演出は4つのモードから選択可能なようです。

個人的には霊感モードで違和感演出をたっぷり楽しみたいと思います!

 

ゲームフローは、RTを繋げつつボーナスの連鎖を狙うようなシンプルなものとなっています。

 

■スペック紹介

設定は4段階、ボーナス確率は1/163.8~1/146.3、設定6の機械割は108.5%と遊びやすいスペックとなっています。

 

本機種「パチスロ 貞子vs伽椰子」は20186月より全国ホール導入予定です。

藤商事初のAタイプ機ということで、遊びやすいスペックと、多彩な演出が搭載されていて、気合の入った機種であることが窺えます。

ホールに導入された際には、遊技して恐怖の演出を体感してみてください!

 

©2016「貞子vs伽椰子」製作委員会

 

 

 

 

TOP