【取材レポート】「P暴れん坊将軍 炎獄鬼神の怪」プレス発表会

2018/12/19

2018年12月18日(火)株式会社 藤商事は、同社東京支店にて新機種となる「P暴れん坊将軍 炎獄鬼神の怪」のプレス発表会を開催。

筆者が受付を済ませ会場へと入場すると、人気コンテンツとなる「暴れん坊将軍 怪談シリーズの第2弾」ということもあり、すでに多くの関係者が席に着き、会場は大変な賑わいを見せていた。

 

 

名古屋開発部ディレクター西村悠平氏より「暴れん坊将軍に鬼のスパイスを取り入れた勧善懲悪パチンコ」と紹介された本機種は、“分かりやすさ”をコンセプトに、「吉宗登場で大チャンス」「大家紋ギミック完成で大当り⁉」「吉宗登場で確変継続のチャンス⁉」の3点のポイントが挙げられ、老若男女すべてのユーザーに楽しんでもらえる機種になっているとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに本機種は、ミドルタイプと設定付きとなるライトミドルタイプの2スペック同時発売となっており、筐体も視認性抜群の「吉宗サイドフィルム」を搭載し、スペック毎に異なるデザインとなっているので、ユーザーが好みでスペックを選んで楽しめるようなっている。

 

 

スペックの詳細は以下の通り。

 

 

プレス発表会後のショールームには、早く試打をしようと多くの関係者が集まり、すぐに満員状態になってしまった。

 

 

ぱちガブッ!専属ライターの「ワタル」と来ていた筆者も何とか試打することができたが、ハイクオリティな映像と熱くなるポイントの分かりやすさ、さらに小当りRUSHの疾走感は、怪談シリーズ第1弾を超える素晴らしい出来となっていた。

 

今から待ち遠しい本機種は、2019年2月より順次導入予定となっている。

 

[コピーライト]

Ⓒ東映 ⒸFUJISHOJI CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

TOP