【取材レポート】Pあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

2019/06/05

2019年5月28日(火)ぱちガブッ!取材班は、サミー株式会社、東京支店内ショールームにて、大ヒットアニメのパチンコ機「Pあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の内覧会の取材レポートを行った。

 

300万人の心を掴んだ大人気アニメがパチンコ化されたことで、内覧会前に「あのはなサミープロジェクト」の特設ページが公開されており、パチンコファンだけではなくアニメファンの期待感も高まっております。

 

「あの花サミープロジェクト特設サイトはこちら」

 

原作ファンの取材班は、会場に向かいビルのラッピングを見ることで更なる高揚感を覚えました。

 

 

会場に入り受付を済ませると事前の予想通り多くのホール事業関係者が遊技を行っており、大きな賑わいを見せていた。

 

 

 

まずは「Pあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の基本情報をご紹介。

 

 

大当り確率 通常時 約1/231.6~1/153.3
右打ち時 約1/7.45~1/7.33
時短突入率 100%
RUSH継続率 約80%
時短回数 1回転or7回転
賞球数/カウント数 2&3&4&5&11/10C

 

 

※1「あのはなちゃんす(最大4回)」成功を含んだ合成確率※2小当り経由含む

※3小当り時はV通過が時短突入の条件※4小当り分の賞球が含まれます

 

台が空くのを待ち、ようやく試打を行う順番となった。

本機は6段階の設定の搭載に加え、同社スロットに搭載されている「マイスロ」のパチンコ版「マイパチ」が初搭載!遊技の更なる付加価値を得られる機能なので、今回の版権と抜群の相性ではないかと感じた。

 

 

 

ゲーム性はユーザー人気の高い1種2種混合の高継続タイプで、保留分を加えた継続率約80%の「龍勢RUSH」を楽しむ仕様。

RUSH突入は、7図柄揃いor「かくれんぼちゃんす」成功(RUSH突入率50%over)or「あのはなちゃんす」成功(RUSH突入率約44%)が条件となる。

 

ポイントとなるゲーム性は、大当りとRUSH直撃が期待できるチャンスゾーン「あのはなちゃんす」の存在で、図柄揃いとは別で電チューがロング開放され、最大4回転右打ち時の確率で大当りが抽選される為、通常時に図柄揃い以外での興奮が味わえる。

 

大当り出玉は10R(約1,100個)または4R(約440個)、電チュー大当り時の75%で10R出玉が獲得可能な為、約80%の継続率と合わせ出玉の期待度も高くなっている。

 

取材班の試打では王道パターンでの展開となったが、細かい演出は直接体感していただきたいので一部の画像だけ掲載します。

 

 

激熱のキリン柄からの大当り

 

 

図柄揃い大当りからの「かくれんぼちゃんす」突破

 

 

右打ちからの10R大当り

 

マイパチの搭載によってさらに楽しめるようになった演出、高継続のループによる出玉など様々なポイントを多くの方に体験してもらいたい。

本機は、2019年8月5日より順次ホール導入予定となっている。

 

 

 

 

TOP