全力!新台レポート

毎週月曜日更新/若手ライターたちが毎週、最新台を全力実戦!

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

「CR金田一少年の事件簿~地獄の傀儡師~」②/実戦データ

2017/10/30

記事カテゴリ:ゲンスイ
タグ: SanseiR&D 金田一少年の事件簿 ミドル 

【実戦データ】

回転数

図柄(ラウンド数)

予告&リーチ

投資

551

4(4R通常)

赤チャンス目→緑保留→証拠獲得ゲーム→高遠バトル

26.5K

431

 

ヤメ

13.5K

 

 

【実戦結果】

投資

40000円

総大当り回数

1回

出玉

0玉

換金

0円

収支

-40000円

 

 

【まとめ】

 

本当にごめんなさい。右打ち中のことがなにもわかりませんでした。いや~不甲斐ない。ただ、通常時は結構回したので大体あってるかと。ぜひ参考にしていただければなと思います。

 

 

そして最後に大事なお知らせがあります。

残念ながら今回の記事を持ちまして、「全力! 新台レポート」は休載となります。

毎回楽しみにしていてくださった方、申し訳ありません。

 

ただ、今後もしかしたら動画で展開するかもとの話も聞いております。

その時はぜひ更新頻度トップ3の黒崎アキラさん、山田銀河さん、そしてボクあたりを使ってくれることを祈っております(笑)。

 

それでは皆様、またどこかで会いましょう。

さようなら。

関連機種

「CR金田一少年の事件簿~地獄の傀儡師~」①/実戦記

2017/10/30

記事カテゴリ:ゲンスイ
タグ: SanseiR&D 金田一少年の事件簿 ミドル 

こんにちは。ゲンスイです。

 

今回の機種はコチラ

 

 

『CR金田一少年の事件簿~地獄の傀儡子~』です。

スペック等はコチラからどうぞ

https://p-gabu.jp/guideworks/machinecontents/detail/4745

 

確変突入率と継続率は52%と低めですが、電サポの大当りは全て15Rとなるので一撃性を秘めています。

通常時は3・7で揃えば確変の「地獄の傀儡子降臨モード」それ以外なら確変or時短の「高遠バトルモード」に移行するので、とにかく図柄揃いを祈りましょう。

 

 さて、それでは通常時のお話です。

今回の実戦がたまたまかもしれませんが、通常時は煽りなどが少なく割と物静かな印象。

 

マチとなるのは

 

 

WARNING発生からIQube役モノ作動で発展する証拠獲得ゲームでしょう。

最初に初期秒数を決定し、その時間内に証拠(リーチ発展先やリーチ中のチャンスアップ)を獲得するほどアツいです。秒数も大事で、20秒・35秒・45秒以上なら概ね30%ほどの信頼度となります。

 

ちなみに写真のFile1~3というのは、本機のメインとなるトリック解明リーチ移行を示唆しているのですが、このリーチが前(1)・中(2)・後(3)の3段階あり、前と中はノーチャンス、後でなんとかヤレるレベルなのでFileは3じゃないと期待がもてません。

 

 単体では3大チャンスと呼ばれる

 

 

群と「ジッチャンの名にかけて」に注目。

どちらも予告やリーチ中に出るみたいです。写真は雑誌から拝借してる時点で色々察してください…。

 

んで、もう一個が

 

 

「高遠バトルリーチ」。よかった、実機の写メ撮れて…。推理もののハズなのに剣をもったり、中二病全開の技を言い放ったり世界観が心配になりますが、激アツならなんでもいいです。いえす、単純。

 

 基本は保留変化→証拠獲得ゲームの流れが王道で、プラス3大演出が絡むかどうかがポイントになると思います。

 

 

 さて、お次は右打ち中のお話。

 

まず確変の「地獄の傀儡子降臨モード」。

ここでは傀儡子とのバトル演出が展開され、金田一が先制すると15R確変濃厚。負けると15R通常になります。攻撃回避or喰らった後のボタン演出成功すれば、大当りラウンドまでジャッジを引っ張り、そこで勝利すると確変となります。

確変中もラウンド中も敵の攻撃の種類で期待度が変化するらしいです。

画像はありません。先に謝っときます。ごめんなさい。

 

次に確変or時短の「高遠バトル」

コチラはテンパイ図柄によってその後の展開が大きく変わります。

赤図柄でテンパイすれば15R確変濃厚。青図柄なら高遠バトルに発展(なにかしらの大当りが確定)。そこで勝利できれば確変、負ければ通常となります。流れは「地獄の傀儡子降臨モード」と一緒です。

緑図柄はいわゆる普通のリーチ。当たってもハズレてもモードが継続します。当たったとしても確変が約束されるわけではありません。

 

 えっと、右打ち中の説明がだいぶザックリというか、説明口調なのはこの後の実戦データをみていただければ分かるかと思います。

もう一度謝っておきます。ごめんなさい。

関連機種

「パチスロ 地獄少女 宵伽」②/実戦データ

2017/10/23

記事カテゴリ:山田銀河
タグ: FUJI 地獄少女 

【実戦データ】

ゲーム数

ボーナス

当選契機

投資・備考

20~

スタート

 

 

(173)

報復ノ契

強ベル

見知らぬ私→失敗

(212)

報復ノ契

弱チェリー

見知らぬ私→失敗

(276)

報復ノ契

強チャンス目

見知らぬ私→失敗

(480)

報復ノ契

ゲーム数

終わらない夜→失敗

563

赤7BIG

単独

13K/ART当選

18

地獄巡行(ART)

 

 

(48)

ART継続

 

 

92

ART終了

 

92G/381枚

(92)

報復ノ契

強チェリー

終わらない夜→失敗

(160)

報復ノ契

弱チャンス目

見知らぬ私→失敗

(347)

報復ノ契

強ベル

見知らぬ私→失敗

(456)

報復ノ契

強チェリー

終わらない夜→失敗

(535)

報復ノ契

強チャンス目

 

538

赤7BIG

単独

6K※CZ中BIG当選

28

地獄巡行(ART)

 

 

(48)

ART継続

 

 

92

ART終了

 

92G/180枚

120

ヤメ

 

 

 

 

【実戦結果】

投資

19000円

獲得

86枚

換金

1500円

収支

‐17500円

 

 

【まとめ】

 

設定変更時は通常、天国準備、天国の3つのモードに移行するのですが、設定1でも天国準備&天国に滞在している可能性が56%もあります。なのでリセット時は狙い目!

更には、CZモードがほぼほぼB以上を選択されるので初当たりを狙えます。

459G狙いですが約30%以上でCZorARTに期待できますので近いゲーム数であれば狙う価値があると思います! 

天井は最大1200GですがART間なのでBIGを引いてもカウントは引継ぎます。ヤメないように気を付けましょう!

関連機種

「パチスロ 地獄少女 宵伽」①/実戦記

2017/10/23

記事カテゴリ:山田銀河
タグ: FUJI 地獄少女 

どーも、山田銀河です。

 

この時期になると辛くなるのは寒さ…だけではなく、プロ野球選手の戦力外通告の話。

黄金時代を支えてきた中心選手たちも老いには逆らえずどんどん引退や戦力外に。まだこれを書いている現在、CSシリーズを明日に迎えていますがシーズン終了後にはもっと多くの戦力外通告の話があるでしょう。中にはまだまだ活躍できる選手もいます。僕も野球をやっていたので、チームの先輩など合わせると4人プロ野球選手の知り合いがいるんですがいつ宣告されるのか…。不安で仕方ないです。

 

 

今回の新台レポート機種はこちら、

 

 

『パチスロ地獄少女 宵伽』です。

 

前作の地獄少女は気になって打つ機会を伺っていたのですが…伺っているうちに打てない状況に(笑)。なので、初代は打たずにこちらの宵伽が地獄少女シリーズの初打ちになります。

 

打ち方や仕様は「ぱちガブッ!」さんのページに載っているのでこちらをご覧下さい。

https://p-gabu.jp/guideworks/machinecontents/detail/4690

 

通常時は、

●通常(天井:1200G+前兆)

●天国準備(天井:800G+前兆)

●天国(天井:100G+前兆)

3つのモードで管理されています。

 

打ち始めは天国も期待できるゲーム数だったので期待して打ってみましたがダメ。

その後、中段ベル揃いの「強ベル」を引いた後、画面がざわざわし始めると

 

 

CZ「報復ノ契」に突入!

CZはART当選期待度が異なる4つのモードがあり、

見知らぬ私<終わらない夜<告白<欲望の白衣

こちらの順に期待度が上がっていきます。

 

 

初めてのCZは一番期待薄な「見知らぬ私」期待度は約18%と厳しめです…。

CZ中は押し順ベル(入賞が条件)、レア役でART抽選をしているのですが「見知らぬ私」ではベルが入賞しても0.3%。ほぼ当たらないと言っても過言でないです。

ただ、強レア役を引ければ50%でART抽選をしてくれるので如何に強レア役を引けるかが大事。

 

 

押し順ベルが3回入賞し、枠が緑まで上がるも0.3%なので「はいはい、どうせ当たらないんでしょう」と演出を見守ると…やはり当たらない。うん、そりゃそうだ(笑)。

ちなみに、一番期待できる「欲望の白衣」だとベル入賞でART当選率75%もあるみたいなので、良いCZが出てきた時は是が非でもクリアしたいですね。

 

その後も数回CZをはずし、

 

 

459(ジゴク)ゲーム数に到達!

ここに到達すると設定1でも約33%でCZorARTに当選します。まぁ、ほぼほぼCZになるんですが到達後にざわざわ

 

 

地獄少女への道ステージに移行。

この時点でCZorART当選確定なので誤って捨ててしまわないように気を付けましょう!

さて、ここで出てくるのは…

 

 

もちのろんでCZ。

ただ、先ほどより若干期待できる「終わらない夜」

そろそろART当選したいところですが…今回もダメ。これ、一体いつになればART味わえるんでしょうかね?

 

CZもクリアできないので天井で当たるしかないのかと肩を落としていたのですが、演出ナシで左リールにチェリーが成立!

んっ!?と違和感が。すると、

 

 

約1/1100のボーナスに当選!

ARTより先にボーナスかいと心の中で思いましたがようやく当たり。ホッと胸を撫で下ろすのでした。

 

 

今回のボーナスは赤BIG!

緑BIGの場合は当選時にARTも付いてくるみたいですが約1/13000なので簡単にはお目にかかれないでしょう。

ただ、BIGに当選しただけではダメ。ボーナス中に7揃いなどでARTに繋げれば文句なしなのですが

 

 

まさかの7揃いではなく、普通のベルからストック確定=ART当選!

ありがてぇ…カイジが地下で班長からもらった小さいビールぐらいありがたみがありますな。

ようやくARTのお時間ですよ。

 

 

ARTは準備中から始まり、準備中の成立役に応じて上位ARTへの昇格抽選をしてくれています。BAR揃いの最上位ART「御影ゆずき」に突入するとARTをストックする度にループし、突入時の獲得期待枚数は約1800枚となかなかの枚数! ここで如何にレア役を固めれて昇格できるかが大量出玉に繋がりそうですね。

 

 

そこそこの準備ゲーム数を介したものの昇格はナシ。

赤7揃いで普通のART「地獄巡行」の始まり始まり。

 

 

 

画面の左に「輪廻転生」の4文字があると思うんですがこちらの文字が1つ点灯する度に、ゲーム数がなくなった時の継続ジャッジに期待できます。

輪廻転生の文字が全て点灯し、虹になれば継続確定。虹にならなくても全て点灯すれば約67%でART継続します!

 

 

弱チェリー、スイカと連続で引くとモードが上がり「転」が点灯!

完全リンクではないみたいですが、文字より下の継続率はないみたいなので最低でも45%で継続に期待できます。

 

 

連続演出に発展!

庄川ルイは継続率モードCなので約45%で継続します。

赤セリフが出ていたので期待しつつ見守ると…

 

 

ボタンがレインボー!

閻魔愛の言う通りにボタン押しちゃいます!甘栗剥いちゃいます!

 

 

ドゴーン!

という擬音語がぴったりの蝶役物降臨!派手だな…

なんとかART継続し、2セット目へ

 

 

 

2セット目に突入するとMBが成立!

ART中のMBは非常に大事なんです。通常時は強ベルの確率が約1/7なんですが、ART中は約1/1.5と破格の強ベル確率! MBを引けるかどうかがART継続のカギになるかもしれませんね。

 

 

この滑ってのベル成立が強ベルになります。

運悪く2連続で強ベルは引けませんでしたが、強ベル1回成立したお陰で

 

 

今回も「転」までは点灯!

最悪でも45%継続。でも45%って希望ありそうですが普通に考えると半分以下なんですよね…数字って怖い。

先ほどクリアできたので数値的に考えると今回は…

 

 

やはり無理でした。

あそこで強ベル2回成立できていなかったのが痛かったかな。MB確率が1/65なので準備中や連続演出を含めると1セットで1回引けるかどうか…。引いた際は、なにがなんでも強ベル2連発引けるように念じてレバーを叩きましょう!

 

 

その後再びCZ中にボーナスを引き、無理矢理ARTに突入させるも対した結果にならず実戦終了です。

んーっ、今回は地獄巡行にしか突入しなかったので出玉増加のポイントが説明できませんでしたが、一撃万枚の報告を多数聞いているので爆発力は確かです! 

この地獄少女の良い所は、ストックを獲得すると継続抽選に漏れた場合のみストック使用するみたいです。なので、上位ARTにブチ込み大量ストックを獲得できれば万枚も夢ではなさそう。

僕の夢はこれを読んでるアナタに託したい。もうこのレポートも勝てないのでいっぺん死んでみたいと思います(笑)。

関連機種

「CR哲也 玄人の頂へ」②/実戦データ

2017/10/16

記事カテゴリ:セールス森田
タグ: Daiichi 哲也 麻雀 ミドル 

【実戦データ】

 

回転数

図柄

予告・リーチ

投資

0

スタート

 

265

6(6R)

役満テンパイ→ドサ健リーチ

13K

【102】

7(16R)

VS神保→勝利

 

【30】

7(16R)

VSドサ健→勝利

 

【2】

7(16R)

頂上ボーナス

 

【37】

4→7(16R)

VS印南→勝利

 

【13】

6→7(16R)

VS神保→勝利

 

【86】

6→7(16R)

VS小龍→勝利

 

【14】

1→7(16R)

タミイミミイ→勝利

 

【3】

7(16R)

大当たりすり替え演出

 

【51】

7(16R)

突当たり

 

【27】

2R

VSハブ敗北→継続

 

83

ヤメ

 

 

 

【実戦結果】

投資

13000円

出玉

21361玉

交換

85000円

収支

72000円

 

 

 

【まとめ】

 

今回はとんでもない破壊力をお見せする結果となりました!!! これがこの台の理想的な勝ち方です!

 

ちなみに玄人BATTLEはドサ健に勝利すると、頂上ボーナスが2回獲得出来ます!

 

 

その他にも「大当たりすり替え演出」という保留連演出があります。2400発獲得出来た上にもう一回2400発獲得出来るなんて最高ですね!

皆さんにも、この爆発力を体験していただきたいです! バトルを制して「玄人の頂」を目指しましょう!

関連機種

「CR哲也 玄人の頂へ」①/実戦記

2017/10/16

記事カテゴリ:セールス森田
タグ: Daiichi 哲也 麻雀 ミドル 

こんにちは!

最近一人旅にハマっているセールス森田です。秋になり、旅をするのにピッタリの季節となりましたね。僕が旅をする時、必ず観光名所とパチンコ店に立ち寄ります。いつも打っている機種でも、場所が変わるだけでちょっとした高揚感が得られますよね。

 

趣味として「旅打ち」を掲げてみようかと思っている僕が今回実戦した台は『CR 哲也 玄人の頂へ』です。

 

 

スーツを着て朝イチからこの台を打っていると、なんだかヤバそうな奴と思われそう…。

まぁ、僕はいろんな意味でなんだかヤバそうな奴なので気にしませんが…。

 

 

 

 

 

 

この台の魅力と言えば、やはり一撃性に特化したスペックです。 右打ち中の図柄揃いはオール16Rで払い出しは2400発という破壊力があります。

 

スペック詳細はこちらを参照ください。

 

https://p-gabu.jp/contents/machinecontents/detail/4744

 

 

注意すべきポイントは、潜伏確変が搭載されている点。初当たりの50%は電サポなしの「人外ノ夜」へ突入します。このモードは潜伏確変の可能性があるため、ここでの即ヤメは厳禁です。20回転後、「人外ノ夜∞」に突入すると潜伏確変濃厚、通常ステージに戻ると6R通常を引いていた事になります。電サポがつく確変大当たりは初当たりの50%なので、割と高めのハードルを越えないといけません。こればかりは一撃性に特化している台なので仕方ないですね。

 

この壁を越えれば、62%が16R大当たりとなる「玄人 BATTLE」に突入です! 

 

 

 

 

 

続きまして、アタッカーについて少し触れておきます。

コンビアタッカーと呼ばれるアタッカーは、その名の通り2つあり、玉が溢れる事がほとんどないので止め打ちしなくても大丈夫です。

 

 

 

「アタッカーが2つある」というより「1つのアタッカーが2つに分かれている」というイメージですね。そしてコンビアタッカーの右上にある裏ドラポケットが「+a」の出玉を作り出します。

 

 

 

 

このポケットは台によって多少入りやすさクセが変わるので、チェックしてみて下さい。大当たりラウンド中は基本的に打ちっ放しで問題ないと思います。出玉の破壊力も満点なので、最高に気持ち良くラウンド消化が出来ますよ!

 

 

 

続きまして演出面についてです。

 

通常時は、箱根  博多  長崎などが背景画面になる「旅打ちステージ」。旅先で麻雀を打つ事も旅打ちと呼ぶのですね…。趣味に旅打ちを追加するのは、なんとなく控えておきます…。まぁそれは良いとして。

 

本機種には4大チャンスと呼ばれる演出があります。

 

まずは「ドサ健リーチ」

 

 

 

本機最強リーチです。

 

次に役満テンパイ

 

 

 

 

右上のメーターが最後まで進むと発生します。

 

 

今回の実戦で発生したのは上の2つのみです…。他には「天運ZONE」と「哲也雀聖予告」もあります。基本的に4つ中1つでも発生すると大チャンス、2つ発生で激アツです。複合する事に期待しましょう。

 

 

 

続きまして、確変中のバトルについてです。

 

玄人BATTLE中のバトルは「2400 or 0」という緊張感の中で戦います。このハラハラが最高に楽しいです!

王道のバトルタイプとなっており、哲也ルートだと敗北否定の大チャンス。敵玄人ルートだとバトル終了のピンチ、というわかりやすいゲーム性。

 

しかし! 重要なポイントがあります!!

玄人BATTLE中、「敵玄人ルート」に発展してその戦いに敗北した際は必ず「ボタンを連打し、玄人BATTLEを摑み取れ」という演出が発生します。

 

 

 

そして「BATTLE継続」という画面が発生したとします。

 

 

この画面の後、アタッカーが開く可能性があります。これ、実は内部的に通常に落ちているかもしれないのです! この画面が発生した場合は、「突然時短」もしくは「突然確変」もしくは、ただのハズレリーチ、のどれかです。

 

突然確変は振り分け3%しかありません。(ちなみにお餅が嫌いな人の割合も3%です)

 

突然通常の振り分けは35%なので、ほぼほぼ突然通常を引いていると思って良いでしょう。(ちなみに、一度別れた人と復縁した経験を持つ人の割合も35%です)

 

 

突然通常を引いていた場合、内部的に通常確率の「玄人BATTLE」が始まるのです。ここは要注意!

 

そして規定の時短回転数の10回転前にバトルが発生します。突然通常を引いていた場合、そのバトルに敗北し、電サポ残り10回の「集中モード」に突入する、という流れです。

ややこしいですが、お分りいただけたでしょうか? 

 

 

さて肝心の結果については実戦データのページをご覧ください。

関連機種

「ぱちスロ ウルトラセブン」②/実戦データ

2017/10/09

【実戦データ】

 

ゲーム数

ART・上乗せ

契機

投資・備考

28

スタート

 

 

776

ART「ウルトラバトルモード」

超光臨

17000円 +350G

(29)

セブンバトル

 

+30G

(270)

セブンバトル

 

+20G

(291)

セブンバトル

 

負け

(375)

怪獣大バトル

ウルトラアイ揃い

+25G

(430)

セブンバトル

 

45G×7=+315G

(438)

セブンバトル

 

+10G

(447)

セブンバトル

 

負け

(464)

セブンバトル

 

+10G

(768)

セブンバトル

 

負け

 

ART終了

 

1753枚獲得

3

ヤメ

 

 

 

 

【実戦結果】

投資

17000円

獲得

1801枚

交換

36000円

収支

+19000円

 

 

 

【まとめ】

 

ART初たりが重たい分、伸びやすい仕様。あとは大抵のものが一発の契機に一つの抽選で決まることが多いので、最近多い敵のHPを削る系が嫌いな自分は、このゲーム性が好き。原作も好き。ウルトラセブンの歌の歌詞の中にもあるように、セブンはファイターなのです。ビュンビュン光線を打つのではなく、肉弾戦で闘うのがセブン。本機もYES/NOがはっきりしたファイタースペック!いいね!

関連機種

「ぱちスロ ウルトラセブン」①/実戦記

2017/10/09

はい、黒崎。

 

今回の機種は

『ぱちスロ ウルトラセブン』

です。

 

 

(パチスロの話は★★★★★のところから始まりますので、早くパチスロの話にたどり着きたい方はそこまでスクロールしてください。)

 

 

セブンはパチスロ云々よりも

原作が好きでして

導入前のメーカー取材に

直談判して参加させてもらうほど。

 

編集部でこの機種を呼ぶ時に

「ウルトラマンセブン」

「ウルトラマンセブン」

という人も少なからず…

それが常々、不協和音に聞こえます。

 

今でもTOKYO MXで再放送しているのを

時折観ていますが

この前の「にせセブン」の回は

子供の頃に受けた衝撃が蘇りました。

 

 

 

 

 

もうひとつだけセブンの話をさせてください。

 

今年の夏に、「怪獣倶楽部」という

全4回のドラマが放送されていました。

内容はウルトラマンフリークの若者たちが

「怪獣倶楽部」を結成し

独自の論評誌を執筆する過程を描いたもの。

 

主人公の青年リョウタには

彼女がいるのですが、

彼女には怪獣倶楽部のことを

倶楽部のメンバーには彼女の存在を

隠しながら両立させていました。

 

しかし最終話で、その両立に限界を感じ

リョウタが真実を打ち明ける姿を、

原作ウルトラセブンの最終話で

セブンことモロボシダンが

共に戦ってきた地球防衛軍の

アンヌ隊員に自分がセブンであることを打ち明け

最後の戦いに臨むというシーンにかけて演出されるわけです。

 

その彼女の名前は「ユリコ」

ダンが真実を伝えるアンヌ隊員を演じた

女優の、ひし美ゆり子さんになぞらえており

リョウタとユリコから

ダンとアンヌの名シーンが

必然的に思い起こされます。

 

ドラマでは最終的に

彼女も怪獣倶楽部に理解を示し、

怪獣倶楽部のメンバーも彼女を受け入れ

雑誌を完成させる作業を共に行います。

 

そしてドラマの最終シーン!!!!!

徹夜の作業を終え、川べりを歩く

リョウタ、ユリコ、怪獣倶楽部のメンバーの前に

ユリコの母親が初めて現れます。

 

その母親役として登場した女性こそ

ひし美ゆり子さんご本人だったのです。

 

 

いやはや…

これが「2017年・俺が最も感動した話」です。

 

 

 

 

 

お付き合い頂きありがとうございました。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

では実戦。

 

まず始めに断っておきますが

今回の実戦は

ARTに1回当たるARTを抜けるまでしか打ちません。

 

本機はARTがやや重め

まして低設定を打つとなれば

初当たりまでの道のりはそう近くはないのです。

 

その分、ARTの一撃性能は結構高めって利点アリ。

 

 

 

ARTのバトルでガンガン乗せるか

超光臨を引いて頑張るか

サッと駆け抜けて負けるか

 

…そんなカンジの実戦になると思います。

初当たりはきっと天井か超光臨だよ。(ボソッ)

 

 

 

 

投資1000円、打ち出し直後に

強チェリーから「雷雲モード」に突入!

 

期待度9割ともいわれる

ART前兆です。

 

これをサクッとハズして実戦スタート!

 

 

 

本機を楽しむ上で頭に入れておいた方が良いと

個人的に思うのが演出について。

 

演出に対する期待感は

パチスロよりもパチンコ寄りな気がします

(パチンコのことよく知らんけど)

 

要するに…

・好機=期待度3%

・熱い=期待度30%

・激熱=期待度50%

ってところかな。(独自調査)

 

 

なので演出が派手だからといって

変に期待をしなければ

素直にこの台を楽しめると思います!

それを理解していないとちょっとストレスフルかも。

 

 

 

ただし、ART中の怪獣バトルだけ例外

チャンスアップが全然なくとも

セブンが完全に不利な状況に陥ろうとも

想定外の逆転が結構起こるので

そこだけは最後まで希望を持ってもいいかも。

 

 

 

 

で、雷雲モードをハズしてからは

特に何事もなかったのですが…

 

 

フルハシ隊員といえば

毒蝮三太夫さん…じゃなくなってる!!

 

そう、本機のキャスト陣は

原作のメンバーじゃないのよね。残念。

ま、放送されたのが1970年になる前ぐらいやから

仕方ないっちゃそうなのかもね。

 

 

 

 

でもエレキングは相変わらずの可愛さ

 

 

同じ黄色い体のナースに

ベル図柄の座を奪われて

なぜか緑のスイカになってるあたりも

非常に可愛いです。

 

 

 

 

 

液晶を楽しみながら回していると

ヨン

ゼロ

キュウ

ロク

当選おめでとうございまーす

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ初当たりは

天井か超光臨だよね。

 

 

 

 

超光臨は15G間に7揃いを引ければ

上乗せゲーム数を獲得でき

再び15Gにゲーム数がセットされる

ST型の上乗せ特化ゾーン

 

7揃い以外のチャンス役でも

ゲーム数の上乗せが起こり

それぞれに7倍のチャンスもあります。

 

 

 

 

 

今回はそれだけじゃ終わらないよ!

 

 

ウルトラアイ図柄が揃って

怪獣大バトルに当選

 

 

 

 

こんな感じの上乗せが

約88%でループ

チャンス役による勝利書き換えも含めると

90%ぐらいのループ率になるんかな?

 

 

 

 

ま、10%で終わると思えば

3勝は許容範囲内ってとこかな。

 

 

 

 

 

今回はこれでもまだ終わらないよ!

 

 

ARTゲーム数がなくなった時に

突入するファイナルバトル…

バトルに勝利して10Gもらえた後

ベルやら何やらで+45Gまで増えたところで

セブンが金色になって敵に突撃!!

 

もはや確信犯の7倍ですな。

 

 

 

本日最高ベースの45Gをもっているときに

7倍に当選できたのはなかなかナイスやな。

 

 

 

 

はい、逆転勝利。

当初に決めていた通り、ARTを抜けてヤメ。

 

勝ち。

 

ありがとうございました。

関連機種

「シンデレラブレイド3」②/実戦データ

2017/10/02

記事カテゴリ:山田銀河
タグ: NET シンデレラブレイド 萌えスロ 

【実戦データ】

ゲーム数

ボーナス

当選契機

備考

391~

スタート

 

 

464

武闘会ボーナス

強チェリー

3K/VSスピネル→敗北

120

武闘会ボーナス

契機不明

1K/VSカーネリア→敗北

97

武闘会ボーナス

中チェリー

1K/VSスピネル→敗北

(49)

真魂聖勝予選(CZ)

累計ポイント

失敗

170

武闘会ボーナス

弱チェリー

2K/VSジェード

32

武闘会ボーナス

中チェリー

VSカーネリア(天井)→勝利

22

ART「真魂聖勝」

 

 

16

武闘会ボーナス

強チェリー

VSセラフィ→勝利

1

おしりペンペンタイム

 

+80G

14

ART復帰

 

 

(37)

シンデレラゾーン突入

シンデレラ目

 

(104)

ジャッジタイム

 

ハート9個→上乗せナシ

129

ART終了

 

129G/334枚

(48)

真魂聖勝予選(CZ)

強チェリー

失敗

(312)

真魂聖勝予選(CZ)

強スイカ

3K/成功

359

ART「真魂聖勝」

 

 

(40)

ジャッジタイム

 

ハート1個→失敗

41

ART終了

 

41G/63枚

89

武闘会ボーナス

 

 

159

武闘会ボーナス

 

2K

198

ヤメ

 

3K

 

 

 

【実戦結果】

投資

15000円

獲得

0枚

換金

0円

収支

‐15000円

 

 

 

【まとめ】

 

設定6の機械割は117%とかなりハイスペック! 設定6はボーナスも軽く安定しそうなイメージです。

おしりペンペンタイム中の上乗せゲーム数で「+24」や「+55」と出れば高設定示唆、「+77」で設定6確定みたいなので、お尻叩くのに集中するのもいいですがしっかり見逃さない様に!

後、天井はART間なのでデータ表示器と内部のゲーム数が異なる場合があります。コインを投入すると見れますので、美味しいゲーム数かどうかチェックするのはいいかもしれません。ただ、777Gを越えてもボーナスかCZに当選しないとARTが発動しないので意外と大変かもしれません。

関連機種

「シンデレラブレイド3」①/実戦記

2017/10/02

記事カテゴリ:山田銀河
タグ: NET シンデレラブレイド 萌えスロ 

どーも、山田銀河です。

 

パチスロを打つようになってから、TVゲームの時間がめっきり減ったんですが、また再熱しています。「スプラトゥーン2」というゲームがあるんですがそれを手に入れてから少なくとも毎日2時間、多い時は8時間近くゲームをする日々を送っています。ダメだと分かっているけどヤメられない、止まらない。パチスロを打つ時間も減ってるのでこれではイカんです(イカだけに)。

 

今回レポートする機種は初代が出た時に凄く話題になりヒットしたあの機種の第三弾

 

 

『シンデレラブレイド3』です。

 

お尻を叩いて上乗せゲーム数を決めるという画期的(?)な上乗せ演出で世間を賑わせました。僕は女性のお尻にそこまで興味はなく、どちらかというと胸派なので、そっちでしばかれる上乗せ演出が出ないか密かに待ち望んでいます(笑)。

 

打ち方やゲームフローは『ぱちガブッ!』さんのページからご覧ください!

https://p-gabu.jp/guideworks/machinecontents/detail/4710

 

今までのシンデレラブレイドというと、周期でポイントを溜めART抽選をしていましたが、今作からボーナスorCZからのART突入に変わりました! 

 

打ちだして3000円、強チェリーから連続演出に発展し

 

 

「武闘会ボーナス」に当選。

こちらのボーナスはリアルボーナスとなっており、約102枚の払い出しで終了となるんですが

 

 

ボーナス中に必ず対決に発展し、勝つことができればART当選となります。

今回の対決キャラは一番期待度の高いスピネル! これは是が非でも物にしたい…

対決中は小役で攻防抽選を行っていまして、ベルやレア役成立でシンデレラの攻撃。その他は敵の攻撃を受ける可能性があります。対戦相手によって攻撃力が異なり、強い相手だと一気にダメージ3程与えられるみたいですがスピネルはほとんど1ダメージ。

ただ、一向にシンデレラが攻撃する素振りもなく、ノーダメージ完全試合で敗北。星4でこの強さって…。

その後、何度か武闘会ボーナスを引くも星4に勝てなかった僕が他のキャラに勝てる訳もなく全敗。武闘会ボーナスからのART突入は諦めました。

 

ボーナスから入らないならCZで入れちゃえばいいじゃないと、

 

 

本日初のCZ「真魂聖勝予選」に当選。

こちらは成功期待度約30%のCZとなっており、消化中の成立役でポイント獲得抽選をしています。クリアポイントに到達できればART当選です!

 

 

 

演出パターンは4つの中で好きなのを選べます。

今回は初めてなので左上のミッションを選択。告知パターンが違うだけで中身は全部一緒です!

 

 

弱スイカとベルを数回引きましたが目標には届かず失敗。

お尻叩いたり、バナナ集めたり何か色々狙ってる気がするのは僕だけでしょうか?

 

その後、ART間天井(777G)を越えたところで武闘会ボーナスを引き

 

 

綺麗な形ではないですが本日初となるART「真魂聖勝」に当選!

ボーナスを確率以上に引けていた分、投資はかなり抑えれています。ここからが本番!

シンデレラブレイド3ではもちろん「おしりペンペンタイム」搭載しているのですが、上乗せの全部がペンペンで決めるのではなく、

 

 

 

こちらのハートを使って最終ゲームで後乗せ抽選をしています。おしりペンペンタイムの突入ハードルは少し上がりましたが、突入時の上乗せ期待度は上がっているので突入時は期待しましょう!

 

強めのカットインが発生し強チェリーが成立! すると、

 

 

ART中に武闘会ボーナス当選! 

通常時はART当選を賭けた戦でしたが、ART中のボーナスはおしりペンペンタイムを賭けた戦になるのでより一層気合い入ります!

対戦相手はセラフィとなかなか手強い相手ですが

 

 

青7揃い一発で勝利確定!

そして遂にあの瞬間が…

 

 

お尻に興味ないからあまりそそられない角度!!

今回から「アーマーブレイク」という新システムを搭載しており、1PUSH毎に耐久値が減少し、耐久値が0になるとアーマーブレイクが発生します。発生時は20G~50Gの上乗せし、3段階目を突破すればファイナルネガティブショットが発生! ここまで到達すると、+100Gの上乗せがループするみたいなので激熱。大量上乗せに期待できます!

 

そして気になる僕のケツ叩きはというと、

 

 

なんて微妙なんでしょう。胸派とか言うから天罰か…。

 

 

ゲーム数を消化し、ここまで溜めたハートの数は9個! 一体これでいくらゲーム数が乗るのか…しかとジャッジを見届けよう。

 

 

ハート1個につきキャラが変化し、上乗せしやすいキャラ、しにくいがした時の報酬が多いキャラなど様々。

 

 

王子にそれぞれのキャラが色目を使って告白します。答えてくれれば上乗せ!

毎回違うキャラの色目が見れるので見てて面白いですが、

 

 

9人告白して一度も成功しないのはいかがなものかと。

こんなハーレム状態受け入れない王子どうかしてるぜぇ!とARTももれなく終了です。

 

こんなはずじゃない。たまたま運悪く9連続失敗しただけで、次ART入れればその反動が来るはずと、

 

 

今度は正規のルートから再びARTにぶち込む!も…

 

 

ハートを1個も溜めれず終了。

スプラトゥ―ンのウデマエメーターがパリンと割れるように、ココロメーターがパリンと割れたのでここで実戦終了です。

僕みたいな胸派のにわかが打ってどうにかなる台ではありませんでした。お尻の良さに気付いた時に再びリベンジしに来ます。

関連機種

TOP