全力!新台レポート

毎週月曜日更新/若手ライターたちが毎週、最新台を全力実戦!

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

「ぱちんこCR北斗の拳6天翔百裂 」②/実戦データ&まとめ

2015/10/12

記事カテゴリ:澤江まゆき
タグ: 北斗の拳6天翔百裂 新台 

【実戦データ】

 

 

回転数 図柄 予告&リーチ 投資
0   スタート  
272 7 カサンドラチャンス→天翔モード突入 20k
〔24〕 4 でかいババア予告、有情拳SU予告、死兆星ギミック→VSリュウガ勝利  
〔14〕 8 死兆星ギミック→VSリュウガ勝利  
〔4〕 8 -  
〔6〕 7 でかいババア予告→バトル勝利  
- 4 -  
219   ヤメ  

 

投資 20000円
総大当り回数 6回
出玉 4750玉
換金 19000
収支 ‐1000円

 

 

【まとめ】

 

 

投資20k、回収19k
1000円マイナスという結果になりました。
今回は早い段階で離脱してしまいましたが、近い内にリベンジしたいと思います。お馴染みの演出から新しい演出まで、楽しませて頂きました。
 
正直に言いますと、北斗で勝てた事なんて片手で数える程しかありません。
ましてや今回は新台です。全て飲まれる覚悟で挑みました。
なのでとりあえず当たりを引けてほっとしました。
 
とにかく潜確を逃さない事が大事!
カサンドラチャンスでトキ発見後のモード移行時は盤面左下のランプを要チェックです。私のようにトキに見惚れて見逃す事がないように気をつけましょう
2D演出は前作までと同様激アツ必至です。
新規演出である南斗集結予告は5人集結で期待度大幅up!
背景が赤ならチャンスアップです。
 

初新台実戦。何もかもが初めてで反省点がいっぱいです。

沢山経験を積んで精進しますので、どうかこれからもお付き合い下さい。
ありがとうございました!

関連機種

「ぱちんこCR北斗の拳6天翔百裂 」①/実戦記

2015/10/12

皆様初めまして! パチンコパチスロ大好き声優、澤江まゆきです。

犬と音楽と北斗の拳のトキをこよなく愛す、新人声優・ナレーターです。

 

私は自他共に認める北斗の拳オタクなのですが、ここだけの話、北斗を好きになったきっかけはパチンコでした。

(私の清純なイメージを守るために過去何回か「原作からのファンです」と嘘を吐きました。)

 

 

近い将来自分の声が聞こえてくる台を打つ! という野望を胸に、日々切磋琢磨しております。

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

今回初めて新台実戦に挑戦しました。

初めてのお店。初めての一人入店。初めての新台実戦。そしてその状況での自撮り。

斜向かいのおじさまに凝視されながら恐る恐る写メを撮りました。

いつでもどこでも笑顔で自撮りが出来る、鋼のメンタルを手に入れようと思います。当面の目標です。

 

 

澤江まゆき、記念すべき第一回目の実戦機種はこちら!

 

 

 

 

『ぱちんこCR北斗の拳6 天翔百裂』

 

天翔百裂拳といえばトキの奥義。というわけで、北斗の新台はトキが主人公。

まさに私のための台ですね!

天翔百裂という字面をみるだけできゅんとします。

果たしてトキは私の愛に答えてくれるのでしょうか。

 

ミドルタイプST機です。初回図柄揃いはオール16R、100%確変です!

そして、北斗の拳の一番の見どころといえばやっぱりバトルシーン。電サポ中の演出にも期待が高まります。

 

 

 

 

初っ端からストーリー継続予告、南斗集結予告で5人集結。

幸先良いなぁ、と思ったのも束の間。

その後全く動きがありません。

 

新規演出の南斗集結予告がかっこいいのです。背景カットインが更なる進化を遂げました!

(ちなみにタイミングを逃し撮影出来ませんでした。)

 

57回転、ザコ変動予告

 

 

65回転、デビルリバースリーチ

 

 

 

そして拳王侵攻隊リーチ

 

…当たりそうな気配がありませんっ!

 

148回転でようやくカサンドラチャンス到来!

しかし私の愛が足りないのか、トキを救い出すことは出来ませんでした。

 

 

うーん…サウザーさんは期待薄かな。

 

更に、

 

 

 

 

 

カットインからの

 

 

 

信頼度の高いジャギリーチ!(思いっきりぶれました。)

2D程じゃないけど期待しちゃいます。

 

 

 

 

あっさりハズしてしまい、期待は裏切られたかと思ったら…

 

 

二度目の拳王侵攻隊リーチ

そこから…

 

 

 

 

2度目のカサンドラチャンス。

やっと救い出せました! 私のトキ様!

後姿も勇ましい。お美しい。

 

 

ちなみにこの時点で20K投資しております。

20Kで愛しのトキに会えるなんて。安いもんだ。

 

 

…と思えるほど懐にも心にも余裕がないので全力で回収します。

 

 

272回転で、天翔モード突入。ここに到達するまで長かった!

天翔ボーナス! そしてST32回転の真乱世モードに!

大当たり後(潜確除く)は必ず突入します。

 

 

画像がなくて申し訳御座いません…。

(その頃澤江はiphoneの内部ストレージ容量と戦っていました。)

 

 

真乱世中は色んな予告が流れます。しかし、一番観たかった黒王乱入予告は流れず、でかいババア予告ばかりでしたが(笑)。

 

 

 

 

電サポ中に天帰掌図柄→2R突確でST復活! 北斗天帰掌!

ラオウ登場ならず。

ラオウも黒王も私に会いに来てくれませんでしたね。

画像がなくて本当に申し訳御座いません…。

 

高確率ゾーン最後のチャンス、一子相伝ゾーン。

北斗3兄弟開眼ならず。

 

 

最後は64回転の電チューサポートに懸けます。

 

画面炎上SU予告からの・・・

 

 

・・・。

 

 

その後赤エフェクトや図柄連続予告は出るものの、なかなか当たらず。

 

記念すべき第一回目の実戦は静かに幕を閉じたのでした。

 

 

関連機種

「CR JAWS ~it's a SHARK PANIC~」②/実戦データ&まとめ

2015/10/05

記事カテゴリ:竹田メンディー
タグ: CR JAWS ジョーズ 新台 罰ゲーム 

【実戦データ】

 

 

回転数 図柄(R) 予告&リーチ 投資
453   スタート  
730 6(7R通常) タイマー×1、緑保留、深海MODE→JAWS BONUS 17.5K
116 2(4R確変) 暴走ZONE、擬似3、図柄レベルMAX、赤タイマー、絶叫カットイン、群予告、赤保留、船長激闘リーチ  
【27】 6→7(16R) 緑保留、カウントダウン(3,2,1,0)、ボタン(熱)  
【324】 4 転落  
826 6(4R確変) 絶叫カットイン(2回)、擬似3、図柄レベルMAX、緑保留、タイマー×3(青1、赤2)、JAWS襲来リーチ 20K
【100】 6 転落  
297   ヤメ 12.5K

 

投資 50000円
総大当り回数 6回
出玉 0個
換金 0円
収支 -50000円

 

 

【まとめ】

 

 

先にも述べましたが、まずは演出が『消されたルパン』に酷似しております。それが良いのか悪いのかは人それぞれですが、初打ちでも分かりやすい反面、新鮮味やJAWSらしさといったものが感じにくい気もするかと。どうしても「ルパンなら~だ」と考えてしまい打ってしまいました。

スペックにおいては転落抽選ですのでココも意見が分かれそうな気がします。今作のルパン『I’m a super hero』における小当たり確率が、転落確率とほぼ同じですので、ルパンで小当たりをなかなか引かない人にはオススメかと。私は結果を見てもらえれば分かると思いますが、普通に引いてしまう側です。

 

時短は内部的に落ちていても、100回は保障されていますので安心ですが、100回目の演出発生に気をつけて下さい。

転落していなかった際は、普通に100回をすんなり超えてデジタルは回っていましたが、最後の単発の時は100回転目に演出発生→転落告知でしたので言わなくてもわかりますよね?

 

まあ、普通に当たることもあるかもしれませんが……潔く諦めたほうが良いかと。

 

そして話は戻りますが、通常時は初打ちでも「コレは当たる!!」「コレはダメだろ」というのが強く感じられました。周りを見ていてもそんな印象が強かったので、演出バランスは平和さんらしいかと。点滅保留の回りに「DANGER」という文字が付いていたものは個人で2/3、隣で1/1とサンプルは本当に少ないですが、起点になりそうなので注目して打ってみてくださいね。

 

長くなりましたが、今回はこのへんで。

関連機種

「CR JAWS ~it's a SHARK PANIC~」①/実戦記

2015/10/05

記事カテゴリ:竹田メンディー
タグ: CR JAWS ジョーズ 新台 新台実戦 

 

先日、同期の丸八太郎と一緒に酒を飲みながら色々な話題で盛り上がっていると、次第に彼がこんなことを言いだしました。

 

 

「新台実戦、みんな2回やっているのにどうしてボクだけまだ1回なんですかね?」

 

 

確かに、彼の後から実戦をした山田銀河クンも既に2回だよね。

 

 

まあまあ、そのうち連絡来て2回目の実戦なんかスグだよ。

 

 

……どーも、3回目の実戦となる竹田メンディーです。

 

 

今回の実戦機種はコチラになります。

 

 

 

 

写真は丸八太郎に無理矢理撮ってもらいました!!

 

 

彼のぶんまで頑張ります(勝手に彼はクビと判断)

 

 

実戦機種は『CR JAWSit’s a SHARK PANIC~』になります。

MAXタイプで、最近のパチンコでは久々となる転落抽選方式を採用しております。

 

確変突入時は約500分の1の転落を引かずに、約110分の1の大当たりを引いて出玉を増やすといったシステムで、確変の継続率が約84%と期待せずにはいられない数値ですね。

 

 

打っていてまず感じたのは、演出のソレが『消されたルパン』そのもの。このことは最後に書かせていただきますが、初めて打つ方もルパンを知っている方なら分かりやすいかと。

 

 

既視感を覚えながら打っていると

 

青タイマー、トミー奮闘リーチ、深海MODE移行と、ルパンでいうところの雷雲モードへ突入。

 

 

 

 

本機は潜伏確変、玉ナシ大当たり非搭載のためこのモード移行は小当たり濃厚と思って下さい。

 

 

ただし、モード移行後も該当保留で変動が続いた場合はチャンスです(少しだけ)

 

 

……小当たりと見せかけた大当たりの場合もありますから。

 

 

 

 

 

 

 

 

よく分からないうちに大当たりをゲットしましたが、ルパンでいうところのリベンジボーナスだと思って下さい。ラウンド演出に成功で確変になることもあるそうですが、今回は演出すらなく……。リベンジボーナスだと思って下さい。

 

 

時短100回を華麗にスルーした直後に大チャンス到来です。

 

 

 

暴走ZONE(ルパンでいう不二子ZONE)

 

 

 

擬似連の中で最も期待できる擬似連で×3(SHARK ATTACK EXTREME)

 

 

 

 

 

絶叫カットイン+群予告

 

 

 

船長激闘リーチがリーチアップもして虎柄カットイン

 

 

 

大当たりです。

 

 

一般的なリーチを経由して図柄揃いとなるとPANIC BONUS=確変濃厚なようですので、ご安心を。ここから84%の怒涛の連チャン劇の開演でございます。

 

 

 

 

終演のお時間です()。ちなみに時短抜け後スグに引き戻したため、連チャン数が引き継がれております。本当は2連チャンです!!(正直者)

 

 

 

 

 

 

 

確変中の写真が少ないのですが、是非ともそちらは皆さま自身の目で確認していただければ……。

 

 

 

なんてね。

まだ終わってはおりません!!

 

 

 

 

変動開始時に絶叫カットイン、そしてその後にも再び絶叫カットイン(同一変動で2度の絶叫カットインはどうなの?)、エライ擬似連で3連すんなりしてのコレ。

 

 

青タイマーが既に発動しておりましたが、赤タイマーの準備中。しかも下に個数が()と表記されている場合は、複数個出る場合が多かったように感じております。最大でタイマーは5個出ると液晶画面の案内で見ましたよ。

 

 

 

 

先程は省略しましたが、図柄にもレベルが設けられており、図柄の色が緑→赤→金と上がるのですが待ちは金!!

正直赤でも弱いです。画像はレベルMAX=金です。

 

 

 

 

リーチ発展時に赤タイマー作動。保留の横に金色の箱があって中身が知りたかったのですが役モノで見えず。

 

 

 

 

最終的に、赤タイマーが2回出てリーチアップやらパニックレベルがアップやらで本機最強リーチへ!!(パニックレベルについては調査中)

 

 

 

 

 

チャンスアップのようなものも絡み、カウントダウンと共に無事大当たりです。

 

 

総投資はここまで37500円。84%をフルに活かせれば全然捲れる額です。さあ、本当の連チャン劇の幕開けです。

 

 

 

 

やっぱり、確変中は皆さま自身の目で確認お願いします()

 

 

 

丸八よ、プラスのうちにクビで良かったね。

 

 

以下、まとめに続きます。

 

 

 

長くなりましたが、今回はこのへんで。

 

 

 

関連機種

「パチスロ北斗の拳 強敵」②/実戦データ&まとめ

2015/09/28

【実戦データ】

 

ゲーム数 ボーナス 当選契機 投資 備考
0~        
14 ヤメ      
台移動
0~        
15 ヤメ      
台移動
0~        
1038 激闘乱舞 中段チェリー 28k  
(4) 上乗せバトル VSシン 強スイカ   敗北
(9) 上乗せバトル VSサウザー 強スイカ   敗北
(20) SPエピソード 中段チェリー    
(29) + 120      
(80) 継続バトル ラオウ     敗北
86 AT終了     86G 286枚(ハートステージ)
30 ヤメ      
台移動
521~        
1253 激闘乱舞 中段チェリー 11k  
(17) 上乗せバトル VSシン 弱スイカ    
(28) 継続バトル シン      
36 AT終了     34G 124枚(シュウステージ)
88 ヤメ      

 

投資 39000円
獲得 0枚
換金 0円
収支 ‐39000円
総合回転数 2032G

 

【まとめ】

 

まだ解析が出てないので何とも言えないですが、北斗シリーズと言えばレア小役に設定差があったので今回も確実にあると思います。後、AT終了後のステージですね! 僕は今まで2回程打ちましたが、終了後ジャギステージは出ていませんので出れば粘る要素になるのかもですね!

CZの「伝承の刻」中はレバーの叩きどころであり、ここで強チャンス目を引ければ北斗揃い確定です。中リール中段にスイカが止まった時にはハズれるのを願いましょう!

天井までは1600G(前兆込み)。恩恵は特にないので過度の期待は禁物です!もし天井狙いで打つなら1000Gは欲しいですけどそんな台なかなか落ちてないですよね(笑)。

今回こんな悲惨なデータになりましたが次の新台レポートがあれば次こそは必ず…。ご期待下さい!

 

関連機種

「パチスロ北斗の拳 強敵」①/実戦記

2015/09/28

 

ハイ、早くも2度目の登場! パチスロ実戦術DVDライターの「山田銀河」です。

今回が初という方もいらっしゃると思いますので改めて挨拶を! 平成生まれの元バンドマン、ライター歴はもうすぐ1年山田銀河です。よろしくお願いします!

前回「シャドウハーツⅡ」の新台レポートでしたが今回の機種はなんと…

 

 

「北斗の拳‐強敵‐」です。(※写真は以前実戦術で使用したやつです)

4号機、5号機共に一世を風靡した北斗シリーズが一味も二味もパワーアップしてホールにデビュ―です!

まず、どこが変わったかと言うと

 

 

ケンシロウの目が青くなった! あれかな?月日が経ったから、視力も落ちて度入りの

カラコンでも入れたのかな?(笑) そこじゃねぇー! そこに注目する人もいると思いますが大事なのは中身。

今回の「北斗の拳‐強敵‐」は秋の旬秋刀魚…じゃなくて、旬の新基準機となっております。

1000円辺りの平均ベースは約44回転となっていまして、通常時のコイン持ちは既存の機種の中でも指折りで数えるくらいいいんではないでしょうか? その代わり、初当たりが少々重めになっています。

 

通常時はほぼ「北斗の拳世紀末救世主」の仕様なので初打ちでも馴染みやすい方も多いと思います。通常時は中段チェリーを待つか、モードを天国まで上げて他のレア役で刺すという至って簡単!

さぁ、それを踏まえて実戦開始です。

 

朝一はガックンチェックを何台かしつつ、前日のヘコみ台でガックンした台を上げ狙いで打つと言う王道中の王道、高校野球でノーアウトランナー2塁で送りバントするくらいの王道を朝から披露しました!

朝一すぐ引いた強スイカでジャギに発展するも、まさかの負けで朝から暗雲立ち込める中次のチャンスは、

 

 

本日初の中段チェリー!(452G)

しかし、残念ながら期待には応えてくれずあっさり25%を外しました。そこからと言うもの、早めに2回引いた中段チェリーも全て逃し、気付けば既に1000Gを突破していました。幾ら回ると言えども、朝から1000Gはさすがにキツイ…天井を覚悟していましたが

 

 

1000Gちょっとで引いた中段チェリーがやっとこさ仕事をし、本日初のAT(激闘乱舞)

を射止めるのでした。ホント長かった…。いや、ホントにね。

 

そんなこんなでATですが開始早々、

 

 

中段チェリーを引き、真ん中のカウンターがカウントダウン発動。7からカウントダウンが始まり、0までいけば激熱です! それがまさかの、

 

 

発展するな発展するなと第3停止を押しながら100回は唱えたでしょうか?

 

 

見事0まで進み、この時点で3桁以上の上乗せor特化ゾーンの北斗乱舞確定です。

カウントダウンはレインボー! 更にPUSHボタンはキリン柄…これは凄い事になると思ったのと同時に胸の高鳴りは最高潮。さぁ、投資は28k! 捲りの開始だ。

 

 

「SPECIAL EPISODE」のシュウに発展し、綺麗な映像に余韻を浸っていました。

勝利に近づく映像を眺め、サウザーとのバトル! もちろん勝つのは分かっていますが、内容が1番大事と大事MANブラザーズバンドも言ってました。

その結果、

 

 

ふむふむ。まぁ、まずは120枚! それからそれから…?

…以上でした。これだけ期待したのは僕が悪いのか、この北斗の文句は誰に言えばいいのでしょうか?(笑)

その後、AT中のステージも

 

 

激闘ステージまで上がり、ここまで来ると最低でも継続率は79%以上。この流れで察しはつくと思いますが予想通り負けて単発です。がっくし。

 

その後も、あまりに短い実戦データに恐れて移動して打ちましたがこれまた1000G越えで100枚ちょっとの出玉で終了…この展開、さすがの僕も白旗を挙げざるを得ませんでした。リトル本田じゃないですが、リトル銀河がギブと言っていましたので無念の終了です。

 

 

投資:39k 回収:0枚 TOTAL:-39000円

 

 

前回の「シャドウハーツⅡ」は僅差での敗北でしたが今回は結構な負け…。どうやら僕は北斗神拳伝承者にはなれないみたいです。去年の蒼天は実機を家に置くくらい好きで、転生は今年に入って万枚2回と相性も抜群な北斗シリーズだっただけに、一気に突き放された感じです(笑)。あれですかね? ライオンは我が子をワザと崖に突き落とすみたいに、試練を与えられているのかも…。やられたらやり返す…倍返しだ(古ッ!)

 

関連機種

「パチスロ聖闘士星矢 女神聖戦」②/実戦データ&まとめ

2015/09/21

記事カテゴリ:黒崎アキラ
タグ: 聖闘士星矢 女神聖戦 星矢 

【実戦データ】

 

 

ゲーム数 ボーナス・ART 当選契機 投資 備考
0~        
13 海将軍BATTLE 中段チェリー 1K フリーズ +300G
(1) ART      
10 青同色BIG スイカ   +10G
(1) ART      
(10) 黄金聖闘士BATTLE     vs.ミロ→負け
(35) 黄金聖闘士BATTLE     vs.ジェミニ→負け
(98) 黄金聖闘士BATTLE     vs.ミロ→負け
(207) 黄金聖闘士BATTLE     vs.ジェミニ→負け
255 青同色BIG スイカ   +10G
(1) ART      
(9) 黄金聖闘士BATTLE     vs.サガ→勝ち→+50G
(20) 千日戦争     +120G(5戦)
(55) 黄金聖闘士BATTLE     vs.シュラ→負け
(61) 黄金聖闘士BATTLE     vs.アルデバラン→勝ち→+50G
(125) 黄金聖闘士BATTLE     vs.ミロ→負け
(201) 黄金聖闘士BATTLE     vs.カミュ→勝ち→+30G
(288) 黄金聖闘士BATTLE     vs.シュラ→負け
315 赤異色BIG 強チェリー   +10G
(1) ART      
(14) 黄金聖闘士BATTLE     vs.ミロ→負け
36 青同色BIG 弱チャンス目   +10G
(1) ART      
(14) 黄金聖闘士BATTLE     vs.シュラ→負け
(26) 黄金聖闘士BATTLE     vs.ミロ→勝ち→+50G
(33) 黄金聖闘士BATTLE     vs.アフロディーテ→勝ち→+30G
(89) 黄金聖闘士BATTLE     vs.ジェミニ→勝ち→+50G
(171) ART END     712G 1965枚獲得
246 赤同色BIG 強チェリー    
143 赤異色BIG 強チェリー    
113 赤REG 強チェリー    
15 赤REG スイカ    
53 赤同色BIG 強チェリー    
(1) 黄金聖闘士BATTLE     vs.アルデバラン→勝ち→+50G
(10) ART      
48 青異色BIG 強チャンス目   +10G
(1) ART      
10 青REG 弱チャンス目   +10G
(15) 黄金聖闘士BATTLE     vs.アフロディーテ→勝ち→+30G
(24) 黄金聖闘士BATTLE     vs.アルデバラン→勝ち→+100G
(33) 黄金聖闘士BATTLE     vs.ミロ→勝ち→+30G
(42) 黄金聖闘士BATTLE     vs.サガ→負け
(51) 黄金聖闘士BATTLE     vs.サガ→勝ち→+30G
(57) 千日戦争     +70G(4戦)
(83) 黄金聖闘士BATTLE     vs.アフロディーテ→勝ち→+30G
(119) 黄金聖闘士BATTLE     vs.カミュ→×
(182) 黄金聖闘士BATTLE     vs.ジェミニ→負け
(270) 黄金聖闘士BATTLE     vs.ミロ→負け
(344) 黄金聖闘士BATTLE     vs.アフロディーテ→勝ち→+30G
(388) ART END     397G 1045枚
584 青REG 弱チャンス目    
92 赤REG スイカ    
(1) 黄金聖闘士BATTLE     vs.アルデバラン→負け
(7) 黄金聖闘士BATTLE     vs.アルデバラン→勝ち→+50G
(17) ART      
(44) 黄金聖闘士BATTLE     vs.シュラ→勝ち→+30G
(124) 黄金聖闘士BATTLE     vs.ミロ→負け
133 青異色BIG 強チャンス目   +10G
(7) 黄金聖闘士BATTLE     vs.シュラ→負け
(14) 黄金聖闘士BATTLE     vs.カミュ→勝ち→+30G
(24) 黄金聖闘士BATTLE     vs.ミロ→負け
(35) 黄金聖闘士BATTLE     vs.ジェミニ→負け
(69) ART END     148G 383枚
94 青同色BIG 強チャンス目    
340 ヤメ      

 

 

投資 1000円
獲得 2638枚
換金 52500円
収支 51500円
総合回転数 2501G
通常時 1244G
ART中 1257G
BIG 10回(1/250)
REG 5回(1/500)
ボーナス合算 15回(1/167)
スイカ 27回(1/92.6)
弱チェリー 25回(1/100)
スイカ+REG 2回(1/1250)
その他特定ボーナス なし
REG中背景 青:緑:赤=17:15:0
BIG終了画面 聖衣8回、私服1回、ハーレム1回 

 

 

【まとめ】

 

ボーナスに恵まれました。設定1で1/250のところ、実戦では1/167ですからねw

『海将軍BATTLE』に『千日戦争』、本機の大部分を体験することができたので大満足です!あとは『黄金聖闘士BATTLE』に勝利した時に突入する可能性がある『BURST ATTACK』というゲーム数上乗せ特化ゾーンがあるようなのですが、それもいつかは消化してみたいですね。

何はともあれ、本機は技術介入に加え、小役狙い手順やフラグ判別も行いますので、常に「俺いまパチスロ打っている~」感があり、実戦終了後は「いい汗かいた~」感がハンパなく、気持ちよかったですwww

パチスロ界のニュービッグバンだな、こりゃ。

関連機種

「パチスロ聖闘士星矢 女神聖戦」①/実戦記

2015/09/21

記事カテゴリ:黒崎アキラ
タグ: 聖闘士星矢女神聖戦 星矢 

燃えろ、俺の…

 

 

セインッセーェーーヤァーーー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

はい!2度目の実戦レポートとなりました、生まれてこのかた髪を染めたことがありません、黒色聖闘士こと黒崎アキラ、28歳、ウサギ年生まれの乙女座です。

 

黄金聖闘士でいうならば、乙女座(バルゴ)のシャカです。

ちなにみシャカは、インド出身の20歳らしいです。(ウィキペディアより)

 

 

 

…ということで、

今回ご紹介する機種は『聖闘士星矢 女神聖戦』。

 

 

数ある新台の中でなぜ僕が本機を実戦したかと言うと、

内輪ではAタイプ好きという印象を持ってもらっているようですが、実際のところ技術介入台が大好きなんです。

その派生として、例えばジャグの左4コマ滑りボーナス1確のような、目押しを使った遊びができるAタイプが好き、ということになるわけです。

 

つまり!

伊達にメガネをかけているわけじゃねぇ!!

見るべきものを見極めるためのメガネなんじゃ!!!

リール1周約0.78秒、1コマあたり約0.04秒、そこにパチスロの醍醐味あり!!!!!

 

 

ってことです。

 

 

後述にもありますが、聖闘士星矢シリーズの第3弾となる本機は、通常時の小役狙い手順は勿論、ボーナス中、ART中、フラグ判別時などなど、随所にリールを目押しする楽しさがあり、更に一部の技術介入により機械割が変化するという、まさに僕好みの台なワケです。

 

 

 

 

 

それでは実戦レポートに移りましょう。

 

本機での初当たりは、開始13Gで…フリーズw

1/65536っす。

 

 

↑ギュイーンと逆回転中

 

 

 

↑海将軍の皆さん登場

 

 

 

↑中段チェリーで海将軍BATTLE

 

 

 

↑…13G

 

 

 

『海将軍BATTLE』は213枚獲得のボーナスで、当選した段階でARTへの突入が確定します。

そして消化中に7回のバトル演出が発生するのですが、1勝ごとに最低100G、最大300Gのゲーム数上乗せをしていきます。

 

 

黒崎の結果は…

 

 

 

 

3連勝の後の4連敗w

それぞれ100G上乗せでしたので、300Gを持ってART『女神聖戦』へ突入です!

 

今回は『海将軍BATTLE』からARTに入りましたが、大抵はボーナス経由または通常時のチャンス役から当選し、『黄金聖闘士BATTLE』というゲーム数上乗せバトルで最低でも50Gを獲得しARTが始まります。

 

『黄金聖闘士BATTLE』はART消化中も発生し、勝利でゲーム数を上乗せなので負けてしまうこともありますが、ART初当たり時のバトルは勝利確定のバトルが必ず行われます。

 

 

 

とまぁ、そんな感じで始まった実戦ですが、その後、ボーナスや上乗せバトルを繰り返してゆき…。

 

結果いきましょうか!

 

 

 

 

 

 

 

初期ゲーム数と上乗せバトルをもう少し頑張りたかったというのが正直なところですが、自分のヒキ云々を加味すると何とか伸びました。

 

過去にも1/65536を引いて、

某機種Sでは150枚程度…

某機種Hでは400枚程度…

などなど、「機種のポテンシャルを活かせないランキング」があったら間違いなく上位にランクインするだろうと自負する自分ですからッ!

 

 

実際、今回も初期ゲーム数の300Gをサッと駆け抜けて、リアルに500枚程度で終わりそうでしたからねw

 

このART終了後も、お蔭様でボーナスとARTを絡めることができ、ぼちぼち出玉を増やして終了となりました。

 

 

 

 

総投資:1000円

回収:2638枚

換金:52500円

収支:+51500円

 

 

 

が、僕がお伝えしたいのはここからです!

 

 

 

 

 

ふぅ…ちょっと箸休めにプレミアム演出でもどうぞ。

 

 

SUPER LUCKY!

 

 

 

 

 

さて、プレミアムボーナスから始まった『聖闘士星矢 女神聖戦』の実戦ですが、ここからは

 

①技術介入要素

②スペックと出玉増加の鍵

③設定推測要素

 

をレポートしていきたいと思います。

 

 

 

①技術介入要素

 

まずは何と言っても技術介入要素です!

これが本機1番の「やりがい」ならぬ「打ちがい」のあるポイント。

 

 

大小問わず出玉に直結する技術介入は3つ。いずれも押す箇所は同じなので、複雑さは全くありません。

 

 

 

●BIG中のカットイン発生時

 

確率としてはビッグ中の1/655なので、滅多に出ません。僕も未経験です。

「BARを狙え」とカットインが入ったら、逆押しで右→中と打ち、

左リールに[BAR・BAR・ベル]をビタです。

 

成功すれば100%、通常時ならART突入、ART中なら上乗せバトルを獲得することができます。

言わずもがな、失敗すれば0%です。

 

ただしこの演出が発生した時、順押しで消化すれば75%で当選するという、サポート機能も付いています。

 

 

 

●通常時REG中

 

 

 

 

通常時のREG中は1度だけ逆押して右→中とフリー打ちし、

左リールに[BAR・BAR・ベル]をビタします。

 

これを行うことにより、ボーナス後は高確状態となり、チャンス役からのART突入が優遇されます。

 

REGは8G固定ですので8回チャンスがあり、失敗しても問題はありません。

 

 

 

●ART中の黒色左1stナビ発生時

 

これ、めっちゃ重要です。

 

もう1回言います。

これ、めっちゃ重要です。

 

 

 

 

 

このように左第1停止の黒いナビが発生したら、ナビに従ってまず左リールに

[BAR・BAR・ベル]をビタします。

 

 

 

 

ビタに成功すると、中と右の押し順ナビが出ますのでその通りに停止させてください。中、右に関しては特に狙う箇所はありません。

 

ビタに失敗するとナビは出ません。

しかし、押し順さえ当たれば万事オッケーです。

 

 

これがなぜ重要かと言うと、ART中は液晶下部に表示されているゲージを5本満タンにすると、ゲーム数上乗せバトルの『黄金聖闘士BATTLE』に突入します(勝利確定ではありません)。

 

 

 

 

ベルやチャンス役でこのメーターが溜まっていくのですが、このビタ押しナビ発生時もベルが成立しており、中右の押し順が正解ならベルが確実に獲得できメーターが溜まります。

 

また多い時でゲージ1本丸ごと。

僕の体感では平均1/2本分ぐらいは、このビタ押しからゲージが溜まります。

 

 

そして問題なのは、このビタの出現頻度。

今回の実戦ではARTを1257G消化して

ビタ発生は実に53回!

 

約24Gに1回の頻度で発生したのです。

 

 

 

もうね、打っていてね…超楽しいw

正直言うと、途中で少しめんどくさくなる時もありましたが、

全く退屈することなく打つことができました!

 

 

余談ではありますが、そして手前味噌ではありますが…

わたくし黒色聖闘士、黒崎アキラ…

ビタ成功率…

 

53打数51安打

打率9割6分2厘でっす♪

(…チョイとばかし目押しは得意なんですわ。)

 

プロ野球選手なら来年の契約更改が楽しみでしょうね。

 

ただーーーし!

打率10割ではないので、まだまだ頑張らなければなりません。

上には上が必ずいます。

そこを目指して日々精進して参ります。

 

聖闘士星矢 少年はみな~♪

聖闘士星矢 明日の勇者~♪

聖闘士星矢 ペガサスのように~♪

聖闘士星矢 今こそ 羽ばたけ~~~~~♪

 

 

よし、続けます!

 

 

 

②スペックと出玉増加の鍵

 

そんな技術介入によって機械割が大きく異なってくる本機ですが、ここでスペック表をご覧ください。

 

 

(※数値は『ぱちガブッ!』内に掲載されている物を参照)

(※下限=市場予測値、上限=完全攻略時の値)

 

 

理論値上は技術介入が完璧にできると設定1でも打ち続ければ負けないスペックになっていますが、実戦を通して感じた出玉増加の鍵は、

 

ボーナスのヒキです。

 

 

そりゃA+ART機なんだから当然だろ!と言われればそうなんですが、

本機のボーナスは、純粋に出玉を増やす役割以外にも、ARTに突入させたりARTを継続させるという役割を大きく担っています。

 

 

前述の通り、

通常時のBIG中は発生率こそ低いものの、ビタ押しによって確実にARTに入れることができるシステムがありますし

ART中のBIGは、当然毎ゲームベルが成立しますので、ゲーム数上乗せバトルに繋がるメーターの大量獲得ができます。

1回のBIGで上乗せバトルを複数個ストックすることも珍しくありません。

 

 

REG中もBAR揃いでARTや上乗せバトルを獲得できますが、これもなかなかの頻度で起こりました。

 

 

 

 

 

少し見づらいですが、

ART中にBIGを引き、上乗せバトルを2つストック。

そのバトルが出てくる前にREGを引き、そこで4つバトルをストック。

計6つの上乗せバトルをストックした場面です。

 

 

このようにボーナスの連打により、ARTや上乗せバトルへと繋がるため、ボーナスのヒキこそ大チャンスへの入り口と言えるのです。

 

 

 

また『黄金聖闘士BATTLE』よりも上位の上乗せ特化ゾーン『千日戦争』もARTロング継続には欠かせないでしょう。

 

 

 

 

突入契機は『黄金聖闘士BATTLE』で12回勝利するか

もしくは『黄金聖闘士BATTLE』に出てくるサガという黄金聖闘士に勝利することです。

 

継続率管理なので、継続抽選に転落するまで10G以上の上乗せを繰り返していきます。

 

 

 

過去作の千日戦争をご存知の方なら結構な破壊力がありそうに思われるかもしれませんが、あくまで上位のゲーム数上乗せという位置づけです。

突入率もそんなに低くないと思います。

 

 

 

 

 

 

実戦ではサガに勝利して2回、千日戦争に入りましたが上乗せはこんな感じでした。

 

 

 

③設定推測要素

 

最後に設定推測について少しだけ。

 

僕の第一印象として、本機は設定推測要素が結構豊富だと思いますし

導入段階で多くの数値が出揃っているのは実にありがたいですよね。

 

 

 

●小役確率。

 

 

(※数値は『ぱちガブッ!』内に掲載されている物を参照)

 

通常時、ART中問わずカウントでき、最も実用性のある要素ではないでしょうか。

スイカと弱チェリーは要カウントです!

 

 

 

●BIG終了時の画面選択率。

 

 

終了画面のイラストによって設定が確定したり偶数・奇数を示唆したりしています。

 

 

 

これが通常画面の「聖衣(クロス)」です。

 

 

 

 

 

 

 

上の「私服」は奇数を示唆

下の「ハーレム」は偶数を示唆しています。

 

 

他にも…

 

2以上が確定する「一輝&瞬」。

これは3、4に比べて2、5、6では約4倍出やすくなっています。

 

4以上が確定する「アイオリア」。獅子座の黄金聖闘士。

 

5以上が確定する「シャカ」。乙女座の黄金聖闘士。

 

6が確定する「サジタリアス星矢」。黄金聖闘士になった星矢。

 

 

 

あと、高設定ほど出やすい「星矢」「氷河」「紫龍」もあります。

この高設定示唆の3人は複数回確認できれば話は別かもしれませんが、1回だとほぼ無視しても良いと思います。(完全否定はできませんが1を否定する材料にはなります)

 

 

このように具体的な設定示唆をするものもありますが、

無論、僕は見たことありませんw

 

 

ここでひとつ!

これら選択率には設定差があるのですが、その差を大きくするための技術介入があります。

 

BIG中は通常時、ART中問わず、1度だけ右リール第1停止で、

[BAR・チェリー・チェリー]をビタ押しします。

 

 

 

 

これを行った時のボーナス終了画面選択率は以下の通りです。

 

(※数値は『ぱちガブッ!』内に掲載されている物を参照)

 

 

 

●REG中の背景色選択率

 

こちらも通常時、ART中問わず、REG中は毎ゲーム登場キャラクターの紹介が流れるのですが、注目すべきはその背景色。

 

 

 

 

 

 

青、緑、赤、金と4色あり、前の3つは設定を示唆、金色はボーナス後ARTが出てくるようです。(前兆を経由する場合もあり)

 

各色の選択率は以下の通りです。

 

 

(※数値は『ぱちガブッ!』内に掲載されている物を参照)

 

 

 

●特定役重複ボーナス確率

 

本機はボーナスの単独成立がなく必ず小役と重複します。

その中にも設定が確定したり、設定差が大きく設けられているものがあります。

 

覚えておくべきは、リプレイ重複ボーナス!

ボーナスフラグはたくさんありますが、いずれもリプレイと重複した段階で

設定1と3は否定です。

 

更に

リプレイ重複の青同色BIGが確認できれば

設定4以上が確定。

 

リプレイ重複の赤同色BIGが確認できれば

設定6が確定。

 

 

ただいずれもプレミアフラグ並みの確率なので、確認できればラッキー程度に考えてもらえればと思います。

 

またスイカ重複REGは確率分母が大きいものの、

設定1と6では約1.7倍の差があるので、一応チェックしておくべきでしょう。

 

 

 

 

 

そんなこんなで、いろいろレポートして来ましたが

導入後、ウェブ上でデータ公開しているホールさんの閲覧ページを利用して、本機のデータを連日見ていますが、波の荒さを感じるのも事実。

 

確かに機械割だけを見ると甘く見えますが、1日単位の勝負では悲喜こもごもありそうです。

 

 

ただ…

ただね…

何度も同じこと言いますが、マジで面白いですw

 

僕は聖闘士ではないので小宇宙は燃やせませんが、パチスロ打ちとしての魂は、本機によって完全燃焼させられました!

 

 

まだ実戦のサンプルは少ないですので、

今後もっと打ち込んでいきたいと思っています。

 

 

それではまた次回、よろしくお願いします。

関連機種

「CRヱヴァンゲリヲンX」②/実戦データ&まとめ

2015/09/14

【実戦データ】

 

 

回転数 図柄(R数) 予告&リーチ 投資
394 8(4R) 覚醒ゾーン→エヴァCGリーチ(第10使徒) 26.5K
[20] 4(4R) VS第3使徒  
[29] Ⅹ(16R) VS第3使徒  
[42] 8(4R) VS第3使徒  
[29] 突確or突通 VS第10使徒  
[8] Ⅹ(16R) 突発大当たり  
[213] Ⅹ(16R) 即当たり  
[39] 1→Ⅹ(4R) VS第9使徒  
[2] 4(4R) VS第3使徒  
[40] 8→Ⅹ(16R) VS第3使徒  
[13] 8→Ⅹ(16R) VS第4使徒  
[52] 8(4R) VS第9使徒  
[51] 突通(20回転) VS第10使徒  
105 潜確 エヴァCG系リーチ(第5使徒)→警報図柄停止  
29 4R確変 変動中警報図柄停止→ロンギヌス槍起動  
[14] 4→Ⅹ(16R) VS第3使徒  
[62] 6→Ⅹ(16R) VS第10使徒  
[3] 2(4R) VS第10使徒  
[77] 2→Ⅹ(16R) VS第4使徒  
[7] 2→Ⅹ(16R) VS第3使徒  
[2] 4→Ⅹ(16R) VS第4使徒  
[10] 2→Ⅹ(16R) VS第10使徒  
[43] 突確or突通 VS第4使徒  
[22] 6→Ⅹ(16R) VS第3使徒  
[176] 8(4R) VS第3使徒  
[13] 1→Ⅹ(16R) VS第3使徒  
[1] 突通(20) VS第9使徒  
176   ヤメ  

 

【まとめ】

 

 

投資が26500円なので約7万の大勝です! 結果はさておき、今作の注目ポイントをお伝えしましょう(あくまで個人的な意見ですので参考程度にお聞きください)。

ます通常時ですが、ヘソ入賞時に発生する保留変化より、普通の保留から変動中に変化するパターン(該当変動以外です)の方がアツい展開に繋がっていたのでチャンスかも!? その他の予告は、やっぱり疑似3が大当たりの王道パターンかと思いますね。特殊発展系のリーチも多々存在するので、リーチ以上の予告(赤系のチャンスアップ等)でそれらの煽りが来たら期待しても大丈夫かと思います。

バトルモード(確変)中は、とにかく帯電ナイフ保留の出現に期待!! リーチ中はあっさり勝利するパターンやインパクトフラッシュが鳴ったりする等、早い段階で安心出来る事が多い気がしたので出現した際は…めちゃくちゃ気持ち良いです。また、データを見てもらえば分かりますが第3使徒に発展したらかなりアツい模様。第6使徒はさらに期待できるみたいですが、残念ながら今回は未見でした。出現率から考えてもかなりチャンスかと。

以上、まだ打たれていない方の為にまとめたつもりですが…どうでしょうか!?

「分かり辛いわ!!」と思った方はホールで打ってみて、自らの目で確認してみて下さい(上手い事を言ったつもり)。それではまたお会いしましょう!!

関連機種

「CRヱヴァンゲリヲンX」①/実戦記

2015/09/14

 

夏休みも終わり涼しい日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

 

 

 

ヤヤは相も変わらず暑苦しい格好です。

 

さて、シルバーウィークと言う名の大型連休が控える9月。パチンコ業界では新台ラッシュが始まっています。各メーカーからビッグタイトルがこぞって登場(予定)ですが、今回僕がレポートさせて頂く機種はこちら!!

 

 

 

 

パチンカーなら誰もが知っている超モンスタータイトル「エヴァシリーズ」の最新作です! 今回の「エヴァ10」は、初当たり確率約394分の1で確変ループ型のMAXバトルタイプ。確変突入率は約83%&右打ち時の大当たりの内50%で16R当選と、出玉も怪物級の予感。

 

 

 

 

そして記念すべき10作目という事もあって、図柄に「Ⅹ」が追加。今作でもカヲル君はプレミアムキャラ的な扱いで安心しました。

 

 

 

う~ん。相変わらずキザなセリフも似合う超イケメンです。……おっと、すいません。まだ今回の初当たりも紹介していないのにこの写真は早かったですね(確信犯)。

という訳で、早速実戦の模様をお伝えしましょう。動きがあったのは394回転目。…今気付きましたが低確率の分母ぴったりでした。プチミラクル。

 

 

 

 

「四大BiBiっとポイント」の一つ、覚醒ゾーンにいきなり突入。通常時は煽りこそあるものの、中々突入しなかったのでケツが浮きました。そこからは疑似3→ステージ専用のステップアップもシンジ君までいってコレです。

 

 

 

 

エヴァCG系リーチで一番期待度の高い第10使徒との対決+ハニカム柄!! カットインが銀だったので一瞬焦りましたが、無事に大当たりです。

 

 

 

 

今回は見事に仕留めましたが本機でもカットインはかなり重要なポイントになっていると思われますので、アツい展開の際には金カットイン出現を祈りましょう。また、リーチ最後のボタン押下がVコントローラーならさらにチャンス!?

 

 

 

さて、今作のバトルモード(確変)は5つの演出から選択可能です。シンプルなモードから、攻防パターンが豊富な迫力あるバトルまで様々ありますが、今回は王道の「初号機エントリーバトル」で行きましょう。

 

 

 

 

ここでの注目ポイントは保留変化。恐らく「エヴァ8」の様な法則性が存在し、手前の保留or該当保留でリーチになれば安心出来るのではないかと(あくまで推測です)。また、対戦相手にも注目で「第3使徒」ならチャンス。シリーズ通して強キャラに位置付けられている「第10使徒」ならピンチ到来。

 

 

 

 

なんて言っていたら本当に負けるし…。

敗北したら、通常(時短20or40or60)か高確率の「発進準備モード」に突入します。今回はどっちかな~。なんて見守っていると…。

 

 

 

 

ロゴが止まっている…!! これでバトルモード復帰+16Rゲットとなり、ここから怒涛の連チャンが始まります。

 

 

 

前の写真とは違うカヲル君も登場!! 世の女性ファンの代わりに言わせてもらうと、

 

 

「髪をクシュっとしているあたりがカッコイイ! キュンキュンしちゃう!!」

 

 

 

 

イケメンの助けもあって出玉の確保に大成功。まだまだ時間があったので、次なる初当たりを求めて打つ事に。動きがあったのは105回転目(早い)。

 

 

 

 

「警戒態勢モード」に突入し、潜伏確変濃厚となるレベルMAXまで見事に昇格。この後29回転目に「起動チャレンジボーナス」に当選します。ちなみにこちらの大当たりは通常の可能性アリ。……あれれ!? ちなみにチャレンジ成功で確変大当たり濃厚です。

 

 

 

 

……あ、あっぶねぇ~!! 

という訳で見事に二度目のバトルモード突入。ここでもカヲル君に何度も救ってもらう事に。

 

 

 

 

弱めの予告から発展したのでヤバイと思っていましたが、まさに救世主。抱かれても良い。

 

 

 

 

保留連が濃厚となる「暴走ラウンド」なんかもあったりして(4R目に発生したので参考までに)出玉をさらに伸ばす事に成功。

 

 

 

 

これがエヴァ本来の姿…。恐れ入りました!!

 

結果、最終的には25000発お持ち帰りで快勝です!! またしても長くなってしまいましたがまだまだ紹介しきれていない所がありますので、今作のヤヤ的注目ポイントは実戦データ&まとめに書かせて頂きます。

…来年はカヲル君をリスペクトしてパンチパーマから銀髪にしようかな(絶対似合わない)。

関連機種

TOP