全力!新台レポート

毎週月曜日更新/若手ライターたちが毎週、最新台を全力実戦!

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

「ドラム 黄門ちゃま またまたゴチでやんす!」②/実戦データ」

2016/09/05

記事カテゴリ:冬馬
タグ: HEIWA ライトミドル ドラマ,時代劇 2400発搭載 

【実戦データ】

回転数 図柄(R数) 予告&リーチ 投資
404 7(4R) チャンスボイス→黄門ちゃまリーチ 2500個+9.5K
(7) 7(16R) 高速逆回転  
740 お銀(4R) 右からリール変動→コマ送りリーチ 12.5K
99 格さん(4R) チャンスボイス→助格共闘リーチ 2K
14 7(4R) 連続リーチ→ノーマルリーチ  
(104) 7(16R) 家紋先読み・赤→激アツボイス→お銀リーチ  
(19) 7(16R) 家紋先読み・緑→黄門ちゃまリーチ  
(29) お銀(2R) 家紋先読み・緑→黄門ちゃまリーチ  
(105) お銀(2R) 家紋先読み・緑→スローリーチ  
(52) 7(16R) 青保留→高速逆回転  
158   ヤメ  

 

投資 2500個+24000円
総大当り回数 10回
出玉 9360個
換金 33000円
収支 +500円

 

【まとめ】

打ってみての感想ですが、チャンスをよく引っ張ってくるのはヘソ入賞時のヘソランプ点灯。

 

 

 

 

そしてやっぱり赤保留ですかね。

ただ、今回の初当りからもわかる通り弱い予告でもスーパーに発展すれば当たる可能性は十分ありますので、強めの予告が1個でも出現すればドキドキしてOKだと思います。

 

シンプルながらもアツくなれる、そして爆発力はかなりの魅力だと思います!

みなさん是非打ってみてくださいね!

 

というわけで、2回連続ショボ勝ちの冬馬がお届けしました!

関連機種

「ドラム 黄門ちゃま またまたゴチでやんす!」①/実戦記」

2016/09/05

記事カテゴリ:冬馬
タグ: HEIWA ライトミドル ドラマ,時代劇 2400発搭載 

みなさんこんにちは。

北海道出身だからか、暑さに弱い冬馬です。早く涼しくならないかなぁ。

 

さて、2回目の僕の出番がやってまいりました。

今回の機種は…

 

「ドラム黄門ちゃま またまたごちでやんす!」でございます!

2回目もドラム機…ということは、新台レポートのドラム機担当に任命されたということですかね?

 

さて、このドラム黄門ちゃまですが台の名称を見ていただければわかる通り、前作の黄門ちゃま同様ゴチ装置が付いております。

 

もう少しスペックを詳しく説明いたしますと、大当り確率は約1/208でST突入率は50%のV-ST機となっており、通常大当りを引くと電サポなしで通常へ。確変を引けば150回転のSTへ突入し、継続率は約65%となります。

ライトミドルではありますが、すごいのはその爆発力。電チューでの大当りはなんと80%が16R! しかも15個賞球&10カウントなので払い出しは2400個。さらにゴチ装置で、上乗せされる…と。

 

連チャンすれば爆発力は新基準トップクラスなのは間違いなし!

それでは実戦へいってみましょう。

 

 

 

 

盤面はこのような感じ。

 

 

 

 

ドラム大きいですねぇ。

早速打ち出して…小冊子を見ながらハンドルを捻ると…

何やら台が騒がしいなと思ったら1回転目にまさかの最強リーチである「黄門ちゃまリーチ」が出現!

 

 

 

 

オスイチある? やっちゃうの!? 俺、久しぶりにやっちゃうの!?

 

 

 

 

 

 

…はずれました。しかもはずれたのがショックすぎて、写真を撮り忘れました。でも嘘じゃないんです。本当です信じてくだしゃいぃぃぃぃ…

 

気を取り直して大当りを目指しましょう。

 

 

 

通常時は、まず点滅保留出現に期待しましょう。普段は右下に隠れている八兵衛が保留の下まで出てくると保留が変化します。

 

 

 

 

 

 

っと! 保留が赤に変化しました。これはチャンス到来間違いなし!

 

 

 

 

上の黄門ちゃまも赤にフラッシュ。これもチャンスなようです。

 

 

 

 

テンパイ時に激アツボイスも出て、ほぼ完璧な流れ。リーチが弱めの八兵衛なのが不安ですが、まぁ大丈夫でしょう。

 

 

 

 

 

はずれました。世知辛いですね。

 

いきなりの分母超え。

前回同様貯玉再プレイでのスタートでしたが、上限である2500個はあっさり尽きてしまいました。現金を入れます。

 

 

 

 

ここまで打ってきた感じ、そして周りの台を見た感じでは予告が弱くても八兵衛リーチ以上に発展すればチャンスはありそう。

 

ほら、上の黄門ちゃま白フラッシュとチャンスボイスだけでまたもや「黄門ちゃまリーチ」へ発展しました。

 

 

 

 

今回は当たってくれました。

 

 

 

 

ボタンを押して…

 

 

 

 

7揃いに昇格しました! これでST突入です。

 

さぁその爆発力を見せてもらおうじゃないの!

 

 

 

 

油断してたらリール消灯から逆回転していきなり図柄が揃いました(滝汗)

7揃いは16R! ごちになります!

 

残念ながらここは2連でしたが、3000個以上獲得できました。恐るべしドラム黄門ちゃま…

 

 

 

 

 

 

出玉もあっさり飲まれて追加投資に突入。消化が早いのでお金サクサク入ります…

次の大当りは740回転。予告はチャンスボイスと共にリールが右から変動したのみでまさかのコマ送りリーチ(SPでは1番弱い)から当たりました。

弱めのリーチでも当たるのはシンプルなドラム機ならではの当たりですかね!

 

 

 

 

今回は昇格せず4R通常でした。

 

その後さらに追加投資して通常大当り、持ち玉で繋がるもまたまた通常大当りと、ピリッとしない展開。

 

 

 

 

意気消沈の14回転目…ノーマルリーチハズレから保留が減らずに連続リーチ。初めて見る演出なのでアツいのかな? と思ったらテンパイ時に「キュイン!」と音が鳴り、そのまま7が揃って2回目のSTを射止めました。

 

 

 

 

その後は順調に大当りを重ね、6連チャン! 2Rが2回有りましたが、9000発弱の出玉を獲得できました。

 

回転率が厳しめのため、連チャン抜けで即ヤメ。気になる出玉は…

 

 

 

 

9360個。2500個は再プレイだからそれを差し引くと6860個。28玉交換だから…

 

 

 

パチパチパチパチパチパチパチパチ(そろばんを弾く音)

 

 

 

チャリン(お金の計算が終わった音)

余りなしで交換が24500円! 500円浮いてるぅぅぅぅぅぅ!!!

出来すぎな気もしますが、これが僕の実力です(突然の強気)。

 

辛くも実戦に勝利した僕は、帰りにスーパーでお団子を購入して帰るのでした(実戦の内容もこれも全部本当の話)。

関連機種

「CR スーパー海物語 M55X3」②/実戦データ」

2016/08/29

記事カテゴリ:ゲンスイ
タグ: SANYO ミドル オリジナル 8個保留 

【実戦データ】

回転数 図柄(R数) 予告&リーチ 投資
6 8(15R) スコール(魚群) 0.2K
481 8(15R) 黒潮(魚群) 3.8K
259 4(15R) ノーマル 1K
194 4(15R) フルーツ(泡)  
    ヤメ  

 

投資 5000円
総大当り回数 4回
出玉 0玉
換金 0円
収支 -5000円

 

 

【まとめ】

シンプルな『海』がよりシンプルになったという印象です。レッツマンボウ的な先読みはおろかチャンス目もありません。とにかく予告云々より、魚群が出るか否かにかかっています。もちろん泡や、ノーマルでの大当りもありますけど基本は魚群待ちなのでかなりメリハリくっきりの台というか良い意味で昔っぽい台です。色んな予告をバッサリ失くしたおかげで時間効率はベラボウに良いので、回る台を打ち続ければ長い目で見れば勝率はかなり上がるのではないでしょうか。

 

 

【罰ゲーム】

ということで負けてしまったので罰ゲームです。

今回は『海物語』にちなんで、かおりっきぃ☆さんにご協力いただきました。

どこが「ちなんでいるか」って? 

☆→ヒトデ→海だよ。

 

 

 

ありがとうございました。

関連機種

「CR スーパー海物語 M55X3」①/実戦記」

2016/08/29

記事カテゴリ:ゲンスイ
タグ: SANYO ミドル オリジナル 8個保留 

こんにちは。ゲンスイです。

 

 いや~、台風すごかったですね。ちょうど今回の実戦日が関東にモロ上陸した日でして…。電車は遅れるは、傘はさしたら2秒で壊れるはでホールに行くまでに苦労したものです。てか、そんな日に打ちに行くなよって話なんですけどね(テヘ☆)。

 

 さて、今回の実戦機種は

 

 

 

 

『スーパー海物語』です!

2006年にリリースされたいわゆる初代『スー海』のリメイク版。『沖海』とか『JAPAN』の原点となったやつですね。「ですね」とか言ってますけど、2006年と言えばボクはまだ15歳、高校生ですよ。パチンコのことなんて知るわけもないので、打ってて「あ~懐かしい」なんてなるわけもありません。まあ、でもそこは『海』ですからたぶん基本は同じなんでしょう。ってことでまずはスペックです。

 

https://p-gabu.jp/guideworks/machinecontents/detail/4268

 

注目は突確がなく、当たれば15Rが必ず獲得できること。

確変突入率が54%と低めですが、通常でも時短が100回転付き、引き戻し率は約26.9%と高いのも特徴。

巷でよく言われる王道の安心スペックですね。

この「安心」という定義がどこにあるかは分かりませんが、とにかく『海』らしいスペックなのは間違いありませんね。

 

さて、それでは早速モード毎にポイントを解説していきます。

 

まずは海モード。

 

 

 

 

 このモードはテンパイ後に魚群がサーっと流れればOKです。ほとんど当たります。他に予告などはありません。大泡があるくらいです(たぶん)。泡or魚群、デッドorアライブ的な超シンプルなモードです。

以上。

 

 

 お次はマリンモード。

 

 

 

 

 このモードはテンパイ後、マリンちゃんがアップになったときに後ろからドバーっと魚群が流れてくればOKです。ほとんど当たります。

 

 

 

 

あとは、液晶変動中にずっと背景にいるマリンちゃんが上を向いたらアツいです。

う~えをむ~いて♪ ア~ツそうぉうぉうぉ♪ みたいな感じです(どんな?)。

リーチはカジキかワリンでチャンスだけど、結局は魚群みたいなとこあります。

以上。

 

 

最後にハワイモード。

 

 

 

 

 このモードはリーチ中にボタンを押して魚群がススーっと流れればOKです。ほとんど当たります。

 

 

 

 

 あとはステップアップ予告ですね。やっぱり。1人→4人→5人と発展していき4人でリーチ以上が濃厚。5人だとSPリーチが濃厚です。で、5人目のキャラ(中央)で発展先が示唆されています。一応説明しますと

マリンちゃん→マリンリーチ

ワリンちゃん→ワリンリーチ

水色の髪の女性→フルーツリーチ(両手にフルーツを持っている)orスコールリーチ(股間を触る)

まぁ、知ってるとは思いますけど一応です。

 

 それとテンパイ後に現れるマンボウ。これにも法則がありまして

震えるor右に引き返す→特に気にする必要なし(デフォルト)

分裂する→SP発展で魚群発生濃厚

マンボウの子供登場or上に上昇→±1コマハズレ以上

波紋→SPリーチ濃厚

 

となります。

ここ定期テストには出ないけど授業の最後にやるミニテストくらいには出ると思うのでしっかり暗記してください。

 

まぁ、でも結局は魚群みたいなとこあります。

以上。

 

 

 ってことで、色々説明してきましたけど結局は

 

魚群待ち

 

で間違いないです。

 

マリンだろうと

 

 

 

 

ワリンだろうと

 

 

 

 

泡じゃ滅多に当たりません。

でもたまにノーマルとかで当たるので、油断してるくらいがちょうど良いと思います。

 

 それと最後に超大事な注意点。

 

通常大当りの一部で発展するマリンチャンス

 

 

 

 

 

 

 言われている通り財宝が出れば確変に昇格となるのですが、その際に

 

 

 

 

 どっちのルートに行くかを選択させられます。

このときにちゃんと十字キーボタンの真ん中にある決定ボタンを押さないと、2枚目の宝箱演出に発展しない(スキップされる)のでご注意ください。左右ボタンで行先をちゃんと選んでいてもダメです。決定ボタンをちゃんと押してください(大事なことなので2回言いました)。これ、スキップされるとかなりゲンナリします。実際両隣の方も首をかしげていました。

あと、成功率がゲロ低いので過度な期待は禁物です。ゲロって言っちゃうくらいなのでよっぽどです。目視含め0/8です。

 

 以上、今回の実戦で初当りを4回引くも全て通常図柄。時短引き戻しも1回も出来なかったゲンスイがお送りしました。

関連機種

「ファンキージャグラー」②/実戦データ」

2016/08/22

記事カテゴリ:黒崎アキラ
タグ: KITA DENSHI オリジナル 合成確率 出玉 

【実戦データ】

ゲーム数 ボーナス 契機 投資
260 スタート    
417 REG 単独 6K
22 REG チェリー  
142 REG 単独  
166 REG チェリー 4K
66 BIG 単独  
12 BIG 単独  
0 ヤメ    

 

総投資 10,000円
回収 620枚
交換 11,000円
収支 +1,000円

 

 

【まとめ】

ビッグ偏向型と聞いていたのですが、立ち上がりからのバケ4連…。まぁそんなこともあります。1時間ほどの実戦でしたが、いつでも打ち始められて、いつでもヤメられるのは完全告知のノーマルタイプの専売特許です。ということでBIG後0ヤメ、はい、ごちそうさん!!

関連機種

「ファンキージャグラー」①/実戦記」

2016/08/22

記事カテゴリ:黒崎アキラ
タグ: KITA DENSHI オリジナル 合成確率 出玉 

黒崎です。

 

 

 

 

 

Let’s GO!!

 

 

 

 

 

今回ご紹介する新台は

 

 

 

 

 

北電子さんの『ファンキージャグラー』です。

 

 

 

 

 

 

 

言わずもがな、ジャグラーシリーズの最新作です。

今更、改めていう必要もないと思いますが

ボーナスのみで出玉を増やす完全告知機です。

 

 

↓これが…

 

 

 

 

 

 

↓こうなれば…

 

 

 

 

 

 

↓当たりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ファンキージャグラーの特徴は

 

 

 

 

「ド派手にアピールしようぜ!!」(小冊子1P目より)

とにかく派手な演出でしょう。

 

マイジャグの真逆ですな。

 

 

 

バリバリバリバリ!!!!!!

ギュギュギュギュギュギュギューーー!!!!!!!!!

 

と物凄い音がしたらBIG濃厚です。

 

 

 

ミソはそれらの轟音が

第一停止時、第二停止時、第三停止後など

様々なタイミングで発生すること。

 

もちろん先ペカで

GOGO!ランプが光った後でも

轟き響く可能性はあります。

 

 

 

 

 

スペックは以下のページをご参照ください。

 

https://p-gabu.jp/guideworks/machinecontents/detail/4249

 

設定⑥の割りが歴代のジャグラーの中でも

トップクラスなので

最高設定がツモれれば

出玉も演出も存分に楽しめること請け合いです。

 

FUNKYの名の通り

これまでになかった

まさに型破りな音の告知をお楽しみください。

関連機種

「バーサスSE」②/実戦データ」

2016/08/15

【実戦データ】

ゲーム数 ボーナス 当選契機 投資
0~ スタート    
29 REG   1K
87 BIG   1K
53 REG    
84 BIG 1枚役  
232 BIG    
185 REG    
114 REG    
113 REG    
90 BIG    
15 BIG    
81 BIG    
46 BIG    
312 BIG    
97 REG    
13 REG    
149 BIG 1枚役  
142 REG    
373 BIG    
128 REG    
47 REG    
294 BIG    
205 REG    
242 REG    
67 BIG    
118 BIG    
181 BIG    
150 REG    
14 REG    
224 BIG    
99 BIG    
198 BIG    
474 REG    
188 REG    
150 ヤメ    

 

投資 2000円
獲得 1236枚
換金 24500円
収支 +22500円
総回転数 4994G

 

 

【まとめ】

現状、設定推測で使える要素はボーナス確率、BIG中のV揃い確率、RT中のハズレ確率しか出ていません。ベル、チェリー、スイカなどにも設定差はあると思いますが詳細は不明…。ハナビもそうなんですが、設定1でも甘いので出てるからと言って高設定とは限らないのが難しいところですよね‼

もし、夕方以降に打たれる方は獲得枚数が見れるデータカウンターがあるお店をオススメします。基本BIGの獲得枚数は技術介入をしていれば311枚獲得できます。それが「309枚」などになっているとBIG中にハズレが発生した事になりますので設定2以上が確定します。発見した場合はなるべくそれを打つ様に心掛けましょう!

良い台を見付け、バーサスの楽しさを思う存分味わって欲しいです!

関連機種

「バーサスSE」①/実戦記」

2016/08/15

どーも、

 

先日行われた「ユニバカ×サミフェス」も終わり、楽しみが減り抜け殻の様になっていましたが、夏の甲子園が始まりまた活力が湧いてきたパチスロ実戦術DVDライターの山田銀河です。

僕の母校は愛媛県大会決勝まで進んだのですが、後1歩というところで甲子園の切符を逃してしまいました…来年に期待したいと思います‼

 

 

 

 

普段自撮りとか全くしないんですが凄く難しいですね(笑)。店員さんの目、お客さんの目…20枚くらい挑戦しましたがこの写りが限界でした。

さて、記念すべき第10回目となる「全力!新台レポート」ですが、今回紹介させていただく機種はこちら、

 

 

 

 

4号機の名機復活「バーサス」です‼ 

このバーサスなんですが予告音とV図柄は「サンダーVリボルト」を、払い出し音は「クランキーコレクション」を、リール配列は「ハナビ」を。5号機アクロスの名機3機種の良いとこどりの布陣とは…往年のイタリア代表の完全守備カテナチオ(マルデイーニ、ネスタ、カンナヴァーロ)を彷彿させます。

 

ボーナスとBIG終了後に必ず突入するRT(VS-CHANCE)で出玉を増やす、最近主流になりつつあるタイプで登場!

簡単に言うとハナビですが、ハナビより少しBIGが当たりやすくなっているのが特徴です。

通常時は、

 

 

 

 

見覚えのある左リールBAR狙い。右を適当に押して、BARやスイカがテンパイすれば中リールにもスイカをフォロー(中リール赤七付近を目安に)

もちろん、BAR狙いだけでなく

 

 

 

 

単V狙いも同じく楽しめます。サンダーVリボルトが好きな方は単V狙いを推奨。制御がBAR狙いと単V狙いでは違うのでそれぞれ違うリーチ目が楽しめます‼

ちなみに、予告音発生しないとチェリーの可能性がほぼないので赤7狙いも面白いですよ。

逆押しも面白いですし、どこから押しても出目で楽しめるっていうのはAタイプの醍醐味ですね。

 

初当たりはまさかの生入りだったのでリーチ目を拝めませんでしたが、すぐにズドンと

 

 

 

 

定番中の定番のリーチ目ですが、だがそれがいい!

トリプルテンパイからのハズレ。美しい…なんとか追加投資1000円で

 

 

 

 

BIGボーナス当選です。3連V揃いを止めるのはまたビタ押しが必要なんですかね? 狙いましたが1ミリの狂いもなくここに2連でビタっと止まってしまいました(笑)。

BIG中は予告音非発生時に1度だけ、中・右リールを適当打ちし、左リール上段に赤7ビタ押し

 

 

 

 

こちらの形で14枚役獲得になりますので1度は必ずやりましょう。(失敗しても何度でも挑戦できます)

そしてBIG中に予告音発生時は、左リールに3連V図柄を狙い、停止すれば中・右にもV図柄を狙いましょう。ちなみに、

●右斜め揃い(ハズレ)で設定2以上

●上段揃いや、下段揃いは偶数示唆

●中段揃いは設定5・6濃厚!? (ハナビのハズレくらいの信頼度)

 

 

 

 

これが下段揃いなので偶数示唆ですが1度出ただけでは全然不安です。

BIG終了後はハナビ同様、RTに突入するのですが順押しナビが発生するまでは中・右フリーで打ち、左リールにBAR図柄を目押し(2コマ)。

ハナビと違う点は、RT中にパネルフラッシュが発生するのですがハズレ成立時にもパネルフラッシュが発生しますのでリーチ目と勘違いしないように‼ リーチ目の場合は音が止まりますので僕の初打ちみたいにドヤ顔しないようにね…(笑)。

ちなみに本機もRT中のハズレに設定差があるみたいなので設定看破を行う場合はカウントを心掛けましょう。

 

その後も打ち続けていくと、

 

 

 

 

不意打ちのこの出目

 

 

 

 

ゲチェナから全ての図柄が斜めに揃う美。

 

 

 

左・右枠上にV図柄が止まってるのが味噌。これがなんやかんや1番好きな出目かもしれません。

 

 

 

 

予告音非発生時の赤7狙いからのズレ目。

 

収支はもちろん、恥ずかしい自撮りの罰ゲームを回避しないといけないので偶数挙動でしたが浮いてる時点で実戦終了です。最後のハマリREGがなければもう少し出玉はあったんですがね…。

 

まだまだ載せきれない程のリーチ目を撮りましたが今回はこれぐらいで。後は、読んでいただいた皆様で素敵なリーチ目を拝んでください‼

打ち方も独自で色々あると思いますので、自分なりの“熱打ち”を見付けて是非僕に教えていただければなと(笑)。僕も中押しや逆押し色々試していますがまだまだ打ち足りませんのでなにか判明すればTwitterなどで書かせていただきたいと思います。

関連機種

「ぱちんこCR蒼天の拳 天帰FWG」②/実戦データ」

2016/08/08

【実戦データ】

回転数 図柄(R数) 予告&リーチ 投資
76 2(6R通常) 変動開始時キリンフラッシュ→エピソード予告×3→バトルリーチ【張太炎・赤タイトル・天帰演出・ドライブギア(赤)】 5K
113 5→7(16R確変) ヤサカリーチ【天帰演出・ドライブギア(白)】→復活  
【19】 5→7(16R) 図柄エフェクト予告(緑)→VS霊王  
【7】 2→7(16R) ボタンバイブ×3→役モノ(両方)→ゴランリーチ  
【11】 7(16R) 羅龍盤保留(白)→天授の儀  
【16】 6→7(16R) フリーズ演出→突当たり  
【17】 2(4R) VS章烈山  
193 1(6R通常) エピソード予告×3→バトルリーチ【張太炎・赤タイトル・上海の風(赤)・天帰演出・ドライブギア(白)→復活】  
210 1(16R確変) ヤサカリーチ【上海の風(虹)・金タイトル・天帰演出・ドライブギア(白)】  
420 8(6R通常) ヤサカリーチ【上海の風(赤)・赤タイトル・上海の風(金)・ドライブギア(赤)】  
144 5(6R通常) ヤサカリーチ【満月(金)・上海の風(金)・天帰演出・ドライブギア(赤)】  
276 9(6R通常) エピソード予告×3→バトルリーチ【張太炎・天帰演出・ドライブギア(赤)】  
202   ヤメ  

 

投資 5000円
総大当たり回数 12回
出玉 3666個
換金 14600円
収支 +9600円

 

 

【まとめ】

全体的に待ち演出がハッキリしているので、当たりハズレが分かりやすい台だと思います。基本的に天帰演出が絡まないと厳しいですが、稀に意外性のある当たりも。

 

 

いろいろと法則性があるかどうか探して打っていますが、予想をことごとく裏切られ、特に目立った法則性は無いと現段階では思っています。こんな予想も裏切ってくれると信じて、これからも頻繁に打っていこうとは思いますが。

 

 

ST中や時短中においては、ムダな発展が少なく感じましたので、発展時はそれなりに期待が持てるかと。ただ、時短中(初当たり後の)は発展してもチャンス要素が無いと厳しい気もしましたが…。

 

 

出る時も抜ける時もスピーディーなので、短時間勝負にもオススメ。仕事終わりのワンチャンス、ありますよっ!!

 

 

といったところで、蒼天の拳に関しては以上です。

駄文にお付き合い頂きありがとうございました。

また、来年にでもお会いしましょう!!

関連機種

「CR蒼天の拳 天帰FWG」①/実戦記」

2016/08/08

以前、この新台実戦を担当して頂いている担当の方に「今年になってからこの企画のアクセス数が上がってメッチャ嬉しい♪ それもこれも、みんなのおかげだよ♡」とお褒めの言葉を。

 

 

いやいや、そう言ってもらえると大変有難いですねー。

 

 

 

 

……ボク、今年これが初めての新台レポートですけどっ!!

 

 

というワケで、お久しぶりです。他の方々の活躍により上がったアクセス数が、今回激減したら来年までこの仕事はお断りしようと考えている竹田メンディーです。

 

 

 

 

この勢いを止めないためにも、今回は本気で新台の魅力を伝えさせていただきますねッ!!

 

 

今回自分が実戦した機種が『CR蒼天の拳 天帰FWG』となります。

機種のスペックに関しては当サイトで調べて頂ければ(早速手抜き)

 

 

 

 

 

 

では早速、通常時の予告に関して。

 

 

 

 

 

 

『天帰演出』を待て。

 

 

 

 

 

 

 

……以上で、新台レポートを終了致します。

 

 

 

 

 

 

いや、冗談ではなく、実戦後も何日か打って出した結論なんですよ。

 

 

ともかく、これから本機を打とうと思っている方はこの演出が起こるのを待って下さい。

 

 

そして、きちんと説明しますので怒るのを待って下さい。

 

 

 

 

【天帰演出とはなんぞや?】

バトルリーチorヤサカリーチ(主に初当たりに期待が持てる2つのリーチ)で発生する可能性があり、発生時点で大当たりの期待度が急上昇。各リーチの最終局面、闘いの最中だというのに拳志郎さんは呑気にタバコを吸っています。敵はその姿にあきれ果て、副琉煙の恐ろしさとアイコスに替えることを提案しますが…

 

 

 

ここでっ!!

 

 

 

 

 

 

「急いで吸うから待ってろ」という意味のわからない命令から、尋常じゃないスピードでタバコを吸い始めたら本予告の発生合図!!

 

 

 

 

敵も思わずこの表情

 

 

 

 

(…フィルターの味がして、不味い部分じゃん!!)

 

 

 

適当に説明するとこんな感じです。

 

 

ちなみに、タバコをポイ捨てした場合は通常パターンになります(コレは本当)

 

 

 

 

 

天帰演出を経由した場合は、当落は全てドライブギアとなり、白がデフォルト、赤なら激アツです。

 

 

 

 

少ない実戦と周りの台を見ても、天帰演出+ドライブギア()は全て当たっていますし、白でも普通に当たるor復活も多いですかね。キリン柄はおそらく大当たり濃厚ですが、現段階では未確認です。

 

 

後日の実戦も含めれば、通常時の当たりは16回。

そのうち天帰演出絡みの当たりが11回と、

初当たりの約7がこの演出絡みです。

 

 

周りでも、本演出発生時に鳴るクセになる効果音が響き渡っていましたので、よくわからない方はともかくこの演出を待って下さい。

 

 

 

 

 

そして、さらに言っておきたいのが……

 

 

 

 

 

 

 

 

『文句があるなら働きなっ!!

 

 

 

 

 

いや、昔、バイト先の先輩の家にお金が無さすぎて居候してましてね。先輩があまりにも良い人で、ご飯も奢ってくれるわ、面白い漫画を読ませてくれるわ、DVDを観させてくれるわ、至れり尽くせり。

 

 

その状況に甘えてしまった罰が下ったんでしょうね、ええ。

 

 

 

そこにはね、居たんですよ、もう1(怖い話?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先輩の友達(彼女)がぁぁぁぁぁァッぃ夜を過ごせずにっ!!

 

 

 

 

ほんの少しの期間だと聞かされていた友達(彼女)は最初、家なき子状態の自分に対して優しく接してくれていたんですケドね。

気付いたら、そいつがタダ飯食うわ、家でゴロゴロするわ、朝、行ってきますと自分の寝顔に声をかけて仕事に出かけて夜帰って来たら、まだ愛くるしい表情で寝ていたからキレたんでしょうね。

 

 

ヤラレマシタ。

 

 

 

 

 

 

自分に手作り料理出してくれなくなっちゃった(テヘッ)

 

 

 

そんな時に先輩から、彼女(友達)がこう言っていたとかいないとか。

 

 

 

話が脱線しました、すみません。

 

 

何が言いたいのかというと、天帰演出と同じく激アツ演出に分類されている『文句予告』についてです。

 

 

 

今作での出現ポイントが連続予告後となります(主なパターンとして)

連続予告も悪倒RUSH予告(右に7図柄が止まると発展の可能性アリ)、図柄乱舞予告(テンパイ後、下から拳出現で発展の可能性アリ)SMOKING予告(拳志郎がタバコを吸いながら暗転、最後にボタンプッシュ成功で発展の可能性アリ)WEAPON DRIVE予告(え、え、閻王が~の煽りから発展の可能性アリ)、エピソード予告(宿敵ゾーンから発展の可能性アリ)とさまざま。

 

 

この連続予告時のテンパイ後に発生の可能性がありますが……

 

 

文句予告単体ではあまり強いイメージがありません。

個人の通算成績が16敗です。

 

その6敗は全て、なんだったら1勝した時でさえ先に述べた『天帰演出』が絡んでいないのです。

 

 

天帰演出が絡んでいなくても、1勝した際は他の予告が結構強めな内容でした。6敗のうち、23回は、それなりに強い予告も複合しましたが結果は敗れた、と。

 

 

ちなみに、他の方で2回ほど、文句予告+天帰演出の複合を確認しましたが、両方ともに大当たり!!

 

 

以上のことから、文句予告は単体だと押し切るには足りないと推測し、やはり大当たりの7割に絡む(実戦値)天帰演出が必要不可欠。さらに天帰演出が絡まないのであれば、他に強い要素は絶対条件で欲しいのではないかと。

 

 

 

なので『文句(予告)があるなら、(他に強予告も一緒に)働きなっ!!

という結論に現段階では達している次第です。

 

 

 

文句予告1つで大当たりを確信するのは早いよ♪ ってことです。

 

 

ちなみに、文句予告は通常時の復活演出やラウンド中の復活演出としても出現する可能性があります!!

 

 

 

そして最近の演出では当たり前にある保留変化ですが、本機では出現頻度がかなり抑えられています。なので、通常保留からいきなりアツい展開になるパターンがほとんど。

 

 

保留変化について説明しておきますと、巨大拳志郎保留は破壊して変化すれば激アツ

 

 

 

 

龍噛み付き保留は青や緑では期待薄なので赤に期待

 

 

百裂拳保留は数字が最終的に100に到達しないと期待薄。その後に変化する可能性のある北斗百裂拳の文字は赤と金の2種類を確認しています。

 

 

 

一斉保留変化は自力で作り出せる保留変化で、消化時のセリフの色やキャラクターに注目です。金セリフや拳志郎が消化時に出現というパターンも確認しています。

 

 

ここからは箇条書きに実戦から推測している通常時に関しての情報を。

 

・ボタン(ドライブギア)バイブの先読みはアツい(実戦上4/5で当たり)

 

・チャンスボタンor押す前からボタンがバイブ→色変化する予告は全て赤以上の色に変化

 

・金色紅華会を確保する演出は、金色→ゴールデン表記なら発展期待度大幅UP、拳志郎登場時は発展濃厚かと。

 

・連続予告時に役モノも伴って擬似連するものは、色にも注目。(緑→赤→金)

 

 

SP発展時の龍が2匹出る演出は、ボタン出現で役モノ完成のチャンス。チャンスボタンなら完成濃厚(?)。背景が赤なら信頼度UP+ドライブギアが出現して役モノ完成濃厚。

 

・ヤサカリーチへ発展の可能性がある新月先読み予告は、ガセらず煽りまでいけばチャンス。ロゴフラッシュ()との複合や煽り時の色が赤なら発展濃厚。

 

 

 

 

さあ、この流れでリーチにもいきますかっ!!

 

 

 

 

 

 

 

『金持ちに金は集まる!!

 

 

おいおい、自分のことだと思ったそこのアンタ様。

 

 

 

そういう意味だよ!!(お金、ちょーだい♪)

 

 

 

何のことかと申しますと、先ほど述べた『文句予告』同様に、リーチ演出にも激アツとされる最強リーチなるものが存在しますが…

 

 

 

コレも、単体でチャンスアップが弱いと普通にハズれます()

 

 

 

このままだと、ただ単に機種の悪口を言っているだけになってしまいますので実戦から得た良い情報をリーク致しますが、確かにリーチの強さは重要です。ただし、そこは最低限欲しいところ。

 

 

それプラス、欲しい点としてはリーチ中の金系演出!!

 

 

主な出現ポイントは

 

・リーチ直後のアイテムのチャンスアップ(バトルリーチ&ヤサカリーチ)

 

・上海の風(弱敵&ヒロインリーチ&バトルリーチ&ヤサカリーチ)

 

・タイトル(バトルリーチ&ヤサカリーチ)

 

・天帰演出(バトルリーチ&ヤサカリーチ)

 

になります。

 

 

なかなかお目にかかる機会は少ないですが、出ればホントにアツい!!

 

おそらく信頼度もさることながら、実戦上では単体で出現しにくく、他に強予告を呼び込みやすい印象にありました(あくまで個人的な見解)。通常時の予告の金よりも、リーチ中のほうが信頼できるイメージと実績があり、リーチ中の金系演出+天帰演出なんていうパターンも意外と多かったですね!!

 

 

 

なので結果的に『金(系の演出)持ちに、金(大当たり)は集まる!!

という結論です。

 

 

頻度としては多くはないですが、出現時は期待して良いですよ!!

 

 

 

長くなってきましたが、ココからは当たり後について。

 

 

基本的に7図柄以外での大当たりはラウンド演出にて確変か否かの告知となります(ラウンド前の昇格も何件かは確認)。ラウンド中はボタン連打する時の残り秒数ゲージの減りのスピードがチャンスアップポイントかと。ゲージの減りが遅い=数字が上昇しやすいので、必然的に数字の大きさが大きければという話にもなりますが。滅多にありませんがここで数字が100に到達すれば確変濃厚。

 

 

100に到達しなかった場合はその後のボタンに注目。チャンスボタンなら激アツ、ドライブギアなら実戦上では全て確変に突入しております。

ここで失敗したら、文句予告での復活を祈りましょう!!

 

 

 

ちなみにラウンドランプで16Rが点灯していれば確変のチャンスです。確変時は16Rへの昇格期待度も激高。実質6R通常もありますし、おそらく隣の方が実質6R確変で終わっていた気も…。7Rランプ点灯は通常の可能性の方が高いのでピンチです…。

 

 

 

 

それではココからは電サポ中について。

ST、時短ともに先読みがもちろん重要となりますので簡単にそれぞれの先読みの特徴を。

 

・保留変化は拳→羅龍盤()→羅龍盤()3つを確認。

 

・拳保留はほとんどガセ、羅龍盤()はテンパイ煽りまではいく程度の強さ、羅龍盤()は激アツ。

 

・赤系の予告はテンパイ濃厚、緑系は煽りまではいく程度の強さ。

 

・図柄は順目→逆順目→中図柄7のチャンス目が存在。

 

・順目はほとんどガセ、逆順目は煽り程度、中図柄7は激アツ。

 

・役モノが飛び出す先読みは、上のみ→下のみ→両方。

 

・上のみだとほとんどガセ、下のみは煽り程度、両方ならテンパイ濃厚

 

ST中のボタン(ドライブギア)バイブの先読みは激アツ。

 

・天授の儀は突入時点で16R濃厚。他のゾーンは先読みというよりも、リーチが掛かれば激アツな10回転という認識で良いかと。

 

 

 

 

以上が、蒼天の拳の実戦を踏まえた基本的な情報になります。

 

 

ホントはもう少し細かい情報も載せたいのですが、これらの情報だけでも蒼天に関しては十分かなと。

 

 

そしてお伝えしておきたいのが、ここに載せた情報は自分の実戦や周りの方の結果をもとにした私の推測になりますので、ご了承下さい。ただし、そこまでデタラメな内容ではないと思っていますので、今後詳しい情報が出た際に照らし合わせて頂ければ。

 

 

それでは最後に実戦結果とまとめになります。

関連機種

TOP