本日もすみません。

毎週火&金曜日更新/パチンコ必勝ガイドの謝罪系ライターが、毎回違う企画で挑むチャレンジコラム!

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

確変中に楽曲やモードを変更して大連チャンを狙う

2016/04/15

どうもです。

 

なんでしょうか、この怪しい題名。

意味が分かりません。ホント、狂っていますよね。

いや、今年41歳になろうとしている中年のオッサンが考える題名じゃないですよ。まさに笑止。

 

ま、自分自身をディスるのは置いといて、このブログを読んで頂いている神様みたいな方にちょっと問いたいことがあるのです。

 

え、パチンコの事なんですけれど…(小声で)。

あれ、大当りするじゃないですか。

んで、ラウンド中に好きな楽曲とか、モードが選べるじゃないですか。

 

その時、大当りする度に楽曲(orモード)を変更するのと、しないのとでは連チャンする勢いというか、気持ちというか、とにかく何かが変わる気がしません? いや、ゲン担ぎみたいなもので、連チャン中にトイレへ行かないと確変が続くとかあるじゃないですか。それと同じで、確変中ずっと同じ音楽(orモード)にしていると、連チャンが伸びるなんてことがね。ほら、あるじゃないですか…。

 

 

(あぁ、書いちゃった…)。

 

(墓まで持っていく予定だったアホな話をネットに書いてしまった…)。

 

 

分かりました。伝統あるパチンコ必勝ガイドの(自分だけがそう思っているでお馴染みの)ライターがこんな嘘を書いてはいけません。ええ、もうねハッキリ言わせてもらいますけど、そんなことは一切無い! ラウンド中の楽曲を変更したとか、モードを変更しないとかで連チャン率が変わるなんて事はあるわけ無いんですよ!(机をバーンと叩く)。

 

 

…でも、ほら

分からないじゃないですか。だいたいこんなくだらない事を過去実験している人も(多分)いないと思うし、何事も試してみない事には…ね(何がだよ)。

 

ということで、かなりのゴリ押しですが、調査の結果を見てやってください。

 

▼今回のルール(というか企画趣旨)。

※まずはパチンコ台を大当りさせます(ここが一番大事)。

↓↓↓↓↓

※できれば確変(ST)突入が望ましい。っていうか、それじゃないと実験にならない。

↓↓↓↓↓

※それで楽曲(もしくはモード)を選択できる画面まで持っていきます。

↓↓↓↓↓

※まずは楽曲を変更しないでプレイ。連チャン数をメモします。

↓↓↓↓↓

※次にまた大当りさせます。

↓↓↓↓↓

※今度は連チャンする度に楽曲を変更してプレイ。ここでも連チャン回数をメモします。

↓↓↓↓↓

※最終的にどちらのプレイスタイルが連チャン数は伸びたのか発表。

↓↓↓↓↓

※ちなみに、この実験

↓↓↓↓↓

※様々な機種を打っているので

↓↓↓↓↓

※ブログ内に表記されているコピーライトが膨大な量になり、ブログの管理をしていただいている担当者様に大変なご迷惑をお掛けする。

↓↓↓↓↓

※さらに日頃から変な妄想ばっかり言っているので

↓↓↓↓↓

※ガイドをク…

 

いやああああ!!!

 

(じゃあ、やるなよw)。

 

 

ま、とにかく色々言いたいことはあると思うんですが、さっそく実験したあの忌々しい日々をご覧ください…(忌々しいのかよ)。

 

 

え、時は遡り二月某日。ま、某日とか書いといて、後に出てくる写真に日付がバッチリ写っているんですが、とりあえずこの企画を思い付いた最初の実戦の様子をお伝えします。台は『CR PROJECT TK』。ええ、楽曲で遊ぶのにはもってこいの機種です(遊ぶ?)。

 

さてさて、まずは大当りですよ。まぁ、初当りが軽いライトミドルとはいえ、それなりに頑張りました…(遠い目)。

 

 

ふぃ…。確変に突入させました。ホントね、突入率が50%なので、色々大変だったんですよね…(ゲッソリ)。

 

ということでまずは「楽曲を変更しないで確変を消化」してみましょう。ちなみに曲はAAAの歌をずっと選択しました(むしろ変更しなかった)。

 

(その結果)

 

 

(自分的には大満足なほど連チャンした)

 

 

はい、曲を変更しないで確変を消化した結果は6連チャンでした。

お次は確変中に曲をバンバン変更して消化してみますかね。

うーん、なんか非常にやっていて虚しくなってきましたが、ここは(世紀の大発見があるかもしれないので)何も振り返らず進んでいこうと思います…。

 

(そして)

 

 

(なんとか当り、再びラッシュ突入)

 

 

(今度は先ほどと違い、連チャン中に曲をバンバン変更していった)

 

 

はい、今度は確変中に曲をガシガシ変更してみました。

え、その結果です。

 

 

おや…? 4連ですね。ま、書いていて泣きたくなるくらい切ないんですが、もしかしたら連チャン中は曲を変更しない方が回数は伸びるのか…(まて)。

これじゃアレなんで、もう一度やってみますか。

 

(そして、またラッシュ突入まで打ち込む)

 

 

ひぃぃ…。激アツ頂きました(号泣)。

これは当たるかも…。

 

 

ふぅ…。やりました。さぁ、ラッシュに突入させて、もう一度曲を変更しながら確変を消化してみますか!

 

 

はい、それでは曲変更の二回目ですね。結果が出ました。

えっと…

 

 

まじか…。全然連チャンしてない(オマエのヒキの問題だからw)。

 

ちょっとコレ、世紀の大発見をしてしまったのかもしれませんね…。確変中に曲を変更しないと連チャンする…。

え、もう少しサンプルを集めて、パチンコ学会(どこだよ)の方へ報告したいと思います。

 

では、さようなら。

 

 

 

 

 

 

 

 

楽曲を変更しないで2連。

 

 

今度は『きくり』で、曲とモードを変更しないで8連(しかも二回)。

ちなみに写真では、まだ確変転落してない状態だが、この後すぐ終了する…(突然終わるので、悲しい証拠写真を撮れなかった…)。

 

 

 

乙フェス(甘)では楽曲を変更しまくってそれなりに連チャンする。

 

そして…極め付けがこの後。

 

 

連チャン中にモードを変更したり、しなかったりして

好き勝手打ってみると

 

 

 

 

 

えっと…

 

解散!(まて)。

関連機種

甦るボツ企画 part2

2016/04/12

記事カテゴリ:ボツ企画

どうもです。

 

え、今回は惜しくもボツになってしまった企画を発表していきます。

 

果たして、これが日記なのかは分かりませんが、たぶんそうなんです。娘にネット(YouTube)禁止令が出て、なぜか自分もとばっちりを食らいツイッターなど開けなくなった事を書いた方が日記として成立するのではないかという葛藤もありますが、今回はボツにまみれて撃たれたいと思います。

 

 

実は去年の11月くらいに同じ事をやっておりまして、覚えている方は自分だけだと思うんですが、この『本日もすみません』をやらせて頂くにあたり、様々な企画が脳内でボツになっております。

 

それを無かったことにするのはあまりにも残酷だと先ほど思ったので、何本か甦らせたいと思います。

 

 

 

これはつい最近ですね。エイプリルフールにベタでもいいから、何か盛り上がる大嘘をつきたいと思いまして、4月1日に仲間のライターに「俺、ライターやめるんだ」とラインをしたらどうなるのか? なんていうドッキリ企画をやろうとしたんですよ。

 

んで、たまたまお仕事で一緒になったコーキー君とゲンスイ君に「4月1日、『俺、ライターやめるんだ』っていうラインを送るからよろしくです」と口頭で告げたんですよ。そしたら二人に「え、今それを言ったらただの大喜利じゃないですか」と指摘されましてね。

 

ボツになりました(うっかりネタバレしたオマエが悪いんじゃないかw)。

 

ちなみに編集部の女性Oさんと男性Tさんにこの企画を言ったら「うーん、なんかベタだね。だったら編集長に送ろうよ!」と素晴らしい進化系アイディアを教えてくれました。うーん、シャレにならない。

 

 

 

うちの近くに、海物語の全シリーズを設置してあるホールがあったんですよね。それを全部当てたらどうなんだろうと思い付いた企画です。ボツになった理由は、そのホールが先月潰れたからです…。

 

 

 

ライターの家に泊まる企画です。んで、この前ゲンスイ君にお願いしたんですが、普通に断られました。

 

 

 

心の友、しゅんく堂君から最近「こんな企画どう?」的なラインが送られてくるんです。本当にありがたくて、わりとガチで泣いているんですが、都内でしか出来ない企画もあって、実行までには至らなかったんですよね。んで、この間送られてきたのが近所で出来るモノで、とあるドライブインなんですが、そこには珍しい自販機があって、古いパチンコ台もある…って、よく考えると、このブログでそのネタは何回かやっているんですよね…。なので、泣く泣くボツに。せっかくネタを頂いたのに、ガックシ。

 

 

 

えっと、僕が読者様から寄せられた質問(主にライターの事)に答える企画です。で、よく考えたらガイドステーションのコンテンツでも質問コーナーはやっているし、読者様から質問も寄せられていないし、なんていうか数秒でボツになったんですが…。

 

だったら自分が自分の質問に答えればいいじゃないかと思い付きましてね。すでに何を言っているのか分からない、この日記を読んでくれている神様みたいな方が続出している中でアレなんですが、例えば「ライターって楽しいの?」という質問を自分がして、それを自分が「うーん、そもそもボクはライターなのだろうか…」って答えたらきっと楽しい…って、すみません。ちょっとお薬飲んできます。

 

 

他にも、某有名女性ライターがマリオメーカーのコースを作っているので、それをやってみる企画などあったんですが、お蔵入りになっています。

 

 

 

え、唐突ですが、以上になります(え)。

 

いや、しかしアレですね。

様々なボツ企画を発表してきましたが、振り返ってみるとやっぱりアレなクオリティですよね。ま、普段やっていることもアレレな日記ですが…。

ムム再生計画 part2

2016/04/08

記事カテゴリ:再生計画
タグ: 牙狼 

【前回のあらすじ】

 

 

実家に帰って見つけちゃった一冊のノート。そこにはパチンコで勝っていた頃のムム見間違いがいた。

 

 

昔の自分を取り戻したい。その一心で牙狼におっちん。強い思いが大当りを呼び、常勝だった頃の自分が甦ろうとしていた。

 

 

そんな中、ザルバ保留が出ちゃったんですけどね。

 

 

いや、マジこれはアツい。おそらく赤文字でなんか言うはずですよ。

 

 

いったいどんな展開になるのか…。

もうね、日記を引っ張っているんですから。緑色の文字でファイトとかいうのだけはヤメてくださいよ。

 

 

さぁ、いよいよザルバ先生の登場です。

それでは張り切ってどうぞ~。

 

 

…。

 

 

 

(ハズレ)

 

 

なんてことだ…。もう正直ヤメたいです。

それなりに回っていますけれど、出玉を流して帰りたいです。

 

でも…、アレですよね。昔の自分を取り戻すんでした。

そうですよ、こんな時こそ冷静に何も考えず、ただ抽選を繰り返せばいい。とはいえ…うぅ。

 

(しかし! その後に絶好のチャンスが訪れる)

 

 

キター! 夢の7図柄テンパイ!

いやね、なんか盤面下の「牙狼」って書いてあるロゴが光っていたんですよ。そんな時に7がテンパイしそうだったんで、これは来るなと思っていたらマジでキター!

 

 

さぁさぁ、どんな展開が待っているのか。

 

 

よし、ここで割れろ! そしてムービーに行け!

って、ダメか。まぁ、良いですよ。

 

 

うーん、役モノないんすけど…大丈夫でしょうか。

まま、発展リーチがね。強ければ何の問題もな…

 

 

え(絶句)。

これって、まさかのレ、レ、レ…。

 

 

とはいえ、7テンですからね。タイトルの色が赤なら…。

 

 

(しーん)

 

 

 

いやでも、万が一牙狼のヤリが突き抜けちゃったりしたり。

 

 

ないっすね。

 

 

(そして)

 

 

(ハマる)

 

 

(途中、何度も帰ろうとしたが)

 

 

(勝利を信じ粘ることに)

 

 

(パチンコで勝つ。それは回る台or期待値のある台を長時間打つこと。方法はとても単純だが、実行はわりと根気がいる)

 

 

(そのことに気付いた頃には、精神が崩壊していた)

 

 

え、ドハマりですが、まだ回っております。昔のノートというか、あの頃の自分ならATMに行って軍資金を工面して投資を続けるでしょう。「たった二倍ハマりでしょ? これからだよ」なんて言いながら。

 

でも、肝心のATMに使える軍資金もないし、あの頃とは違って家に早く帰らなきゃならないし(娘のお迎え)。

 

たった一冊のノートから始まった今回の実戦。

字は自分と似ていますけれど、たぶん別人が書いたんだと思います。

 

さて、帰って洗濯でもしよう…(おい)。

関連機種

ムム再生計画 part1

2016/04/05

記事カテゴリ:再生計画
タグ: 牙狼 

どうもです。

え、この前ちょっと物を取りに実家へ帰ったんですよ。

そしたら、昔使っていた本棚から怪しいノートを発見しました。

 

 

 

 

なんでしょうかコレ…。

表紙には「金銭出納帳」って書いてあるので、当然へそくりが入っていると思うんですが(予想だと7億くらいあるんじゃないかと)。

とりあえずノートを開いてみましょうかね。

 

 

な、なんだこれ?

えっと…この汚い字はおそらく自分が書いたモノ。

大ヤマトとかあるので、パチンコの収支帳みたいです。

パッと見ですが、カッコの横に書いてある数字(-10玉とか)は電サポの玉の減りとかそういうやつですかね。さらに8連の横に書いてある4:00っていう数字は大当り消化にかかったタイムとかでしょうか…。ってことは、昔は大当り出玉を細かく算出し、電サポ中も止め打ちをしていたというのですか? ひぃ! 今は何もかも打ちっぱなしなのに!(おい)。

 

 

 

さらにページを開くと、夜逃げの計画がビッシリ…じゃない、釘についてのメモ。

めっちゃ字が汚くて何が書いてあるのか一切分かりません。

 

 

ひぇ! 大ヤマトでめっちゃハマっている。むしろ一日に何回もハマっている…。

いや、どう考えても自分の汚い字なので本人のパチンコ収支帳だと思うんですが、なんか色々恐ろしくなってきました…。

 

 

 

さて、ラストは嫁から借りた銭の一覧表…ではなく、どうやらパチンコの回転数や期待値計算などのページみたいですね。

 

 

うーん、ここまで読んでみてアレなんですが、いったい誰のノートなんでしょうか(オマエだよ)。

 

こんな真面目に(パチンコを真面目にってなんだ?)打っていた時代があったとは…。現在の自分を見ていると考えられません。やはり、ライターになってから鈍器で頭を殴られたとかあったんじゃ…(まて)。

 

ん?

ってことはアレですよね。

 

▼昔はパチンコで勝つ努力をしていた

↓↓↓

▼つまりパチンコで勝っていた

↓↓↓

▼その記憶を取り戻せば常勝も夢じゃない

 

 

ケケケ…。

このノートを頼りにすれば、今後はハッピーセットじゃないや、ハッピーライフが送れる事間違いナシ…ですな。

ククク…、ちょっとこれからノートを読みまくって、明日あたりパチンコ行ってきますかね。

 

 

(そして次の日…)

 

 

 

 

 

え、おはようございます。

ホールに到着いたしまして、朝牙狼です。

なんでこの台にしたかというと、おそらく昔の自分なら「台数が多く色々選べる。そして甘くなりやすいし、期待値が云々」ってなるんじゃないかと思いましてね。座りました(知らんけど)。

 

 

さて、昨日ノートをガッツリ読んだので、勝っていた頃の自分が召喚しております。おそらく、コレ…回りますね。

 

 

おや?

500円で9回転…。おそらくムラでしょうかね。ま、いつもの自分なら「わーい!9回もまわったぞ。千円18回もあるから全ツや!」と、クレイジーな発言をしていたのですが、今は違うんです。そう、移動です。

 

 

 

さて、心機一転この台で頑張りましょう。

とにかく回らなかったら即移動…って、あれ?

 

 

図柄消灯からVFXキター! しかも枠が金色ですから、期待度大!

 

 

ま、発展先があまり期待できないハンプティマグナリーチとはいえ、ライトニングもきちゃっているので大丈夫でしょう。

 

 

やったー! 当たりました。嬉しいナァ。

 

 

しかも16回転とか! ヒャッハ―! 超絶運が良い日だ…って、違う。昔の自分なら交換ギャップのあるホールなので、早い時間での持ち玉確保は嬉しいとか冷静に言うのか…。

 

 

ありゃ。通常でした。電サポもスルーしましたが、とりあえず一箱ゲットです。さて、投資1500円なので、このまま出玉を流して勝ち逃げしますかね。さっそく店員さんを呼んで…。

 

 

あ、そうだった…。昔の自分を取り戻すんでした。

えっと、あのノートにはたしか…即ヤメとかいう行動はありませんでしたね。チッ、仕方ない。続けるか…。

 

 

 

ほげえええ! 心滅リーチの6ライン発生! 信頼度約40とはいえ、最終ボタンのチャンスアップによっては何かあるはずですよ!

 

 

ボタンすら何もないんかい!

あー、もうダメだ。

あー、だから帰れば良かったんだよー。

 

 

どひゃー! 当たっているし! いやー、帰らなくて本当に良かったにゃー。…じゃない、違う。

持ち玉で繋がって良かった。回りも落ちてないし、展開は恵まれているな。あとはSTに突入することを願うばかりか…。

 

 

ん? 龍が如く5でお馴染みの方(違う)が…。

 

 

よし! ST突入っす。いやー、スルーだけはやめてほしい。一回くらいは当たってください! …って、そうじゃなくて電サポ中の増やしを云々で出玉がうんうん。

 

 

いやー、ガチで(めちゃくちゃな)止め打ちとかしていたんで、写真を一切撮ってないですが、連チャンしました。

えっと、電サポ中増えた玉は…。あれ? 減っている(ダメじゃん)。

 

 

ふぃ、あれから持ち玉で少し回しましたが、千円当たりの回転数も変わらず上々です。交換ギャップのあるホールで投資も少なく、持ち玉で回す…。なんていうかこれ以上ない展開ですね。

昔の自分を取り戻す一日目としてはほどよい感じですな。ガハハ。

 

よーし、ガシガシ回して、ゴーンと当てますか!

 

 

 

ぎやああ!!! ザルバ保留じゃないですか。

これ、台詞が赤とかならアツいですよね。

 

 

心滅の2ラインに発展していますが、ココロここにあらずですよ。

あのザルバ保留がマジ気になる~。

 

 

さぁ、心滅はハズレましたが、ここからが本番です!

ザルバ、頼みますよ!

 

(次回に続く)

関連機種

名作動画レビュー「みんなの力を合せてステキな何かを考えよう」

2016/04/01

どうもです。

 

月に一度、過去のガイドDVDを紹介する企画がやってまいりました。

 

今回レビューするのはコチラ。

 

 

 

 

出演者:巨砲さん、オノさん、さよまろさん、コーキーくん、冬馬くん、自分

 

内容:ガイド25周年でやったパチンコ実戦企画があるんですが(関係者25人で一万円パチンコ実戦)。それで集まった勝ち額およそ11万円をどう使うかを会議した模様です。

 

 

 

えっと、自分は説明が下手なんでアレですが、ガイドが25周年ということで、なにか記念になるものを作ろうなんて話になったんですよ。

それで、ただ作るんじゃアレだから関係者を25人集めて、パチンコ実戦をして(軍資金は一万円)、それで勝った人から寄付と言う形でマネーを集めて、何かを作ろう…的な企画なんですがね。

 

 

それで、おそらくこの動画では何を作るか発表してないと思うんですが、最近、その記念品が完成したんですよね。

 

ええ、この前、自分もらいました(笑)。

 

ま、ここでその品物が何かを発表していいのか不明なんですが、(許可をもらうのを忘れていたw)その内読者様もご覧いただけるんじゃないかと思います。

 

 

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

って、なんかいつもと比べて日記が短っ(笑)。

 

まるでエイプリルフール的な感じですよね(意味不明)。

でも、今回はこれで終わりです。

 

ま、本当はこれくらいの長さが読みやすい日記なんでしょうね。

とはいえ次回からまたウダウダと長い日記に戻るんですが(笑)。

カッコよく負ける方法

2016/03/29

記事カテゴリ:やってみた!
タグ: 牙狼 慶次 

どうもです。

 

皆様、最近パチンコで勝っていますか?

 

僕は負けています…。

むしろ連戦連敗です。

 

 

で、大抵負ける時って、両隣の方が遊技中に台を離れてホールから出ていくじゃないですか。

 

あれ、すごく恥ずかしいですよね…。

 

いや、そりゃ大量のドル箱に囲まれて、「ふぃー、もう十分だな」とドヤ顔で店員さんを呼んで颯爽と帰れればいいですよ。

 

だけど、そんな事って、年に数回あるかどうかだし…(まて、それオマエだけだぞ)。

 

ですから、どういう立ち振る舞いでホールから去っていくのがスマートなのか? それを今回考えていこうと思うんです。

 

ええ、つまり

 

「他のお客さんに負けたことを気付かれないように、自然と帰っていく方法」を探していこうと思うんですよ!

 

 

ま、何を言っているんだクソムムという声がステレオで聞こえてきますけれど、違いますからね。

 

パチンコの勝ち方として、「回る台を長時間、毎回打つ」という鉄板の正攻法がありますが、負けた時のケアについてはどこの媒体もやってない!(机をバーンと叩く)。

だから今回それをやってみ… 

 

 

(せーの)

 

どうでもいいわ!

 

 

…いや、いいんですよ。全パチンコファンがそう思う中、一方的に話を進めていきますから(孤立)。

 

ということで今回の企画の流れはコチラ。

 

▼まずはパチンコで負けます。

▼負けた後に、カッコいい去り方を2パターン実行します。

▼ちなみにカッコいい去り方とは、周りのお客さんにも自分にもダメージを与えない、恥ずかしくないやつ。

▼その精神状態を判定するために、心拍数を測ります。知らんけど、心拍数でココロの事は分かるはずです。

▼心拍数はスマホの無料アプリで計測します。

▼心拍数が、一般成人の平均に限りなく近ければ平常心という事。

▼つまり恥ずかしくない、自然な去り方になります。強引ですがなるんです。

▼逆に心拍数がドカーンと上がっちゃった去り方は

▼カッコ悪い去り方になります。強引ですがそうなんです。

 

以上をこれから実験していこうと思います。

 

さて、その助手として活躍する無料アプリをご紹介。

 

 

心拍数を測る無料アプリです。

 

 

 

ちなみにどうやってやるのかというと

 

 

 

ま、以前も似たような企画をやったのでお馴染みだと思いますが、写真のように指を置いて…

 

 

(前も似たようなことをやったって…。何回負ければ気が済むんだろうか…)。

 

 

う、う、うるさ…うぅ(泣くなよ)。

 

 

ちなみに心拍数ですが、ネットから適当に拾った情報によると

●新生児・乳児 平均の心拍数110~140

●小学生・子供 平均の心拍数70~110

●中高生  平均の心拍数50~100

●一般成人 平均の心拍数50~90

 

だそうです。

 

つまり、これからパチンコで負けて、ホールから去った後に心拍数を測り、それが50~90だったら…スマートな去り方になるってことですね。

 

それではさっそく実験していきましょう。

 

 

え、まずは空き缶ですね。

そう、皆様お馴染みの遊技中にジュースやコーヒーを飲んだ後に出る空き缶です。つまり、ムムさんのようなゴミを使ってスマートな負け方(去り方)を試していきます。

 

え、やり方は簡単。負けて帰る時に「オレッチ、空き缶を捨てに行ってきます」という振舞いで席を立てばOK。ただそれだけです。

これなら周りのお客さんに「ああ、あの人…空き缶を捨てに行くだけか」と思われること間違いなし。

 

 

 

さて、場面は牙狼で枕詞のよに負け、帰る所。

さっそく空き缶を自然に掴んで帰ってみましょう。

 

 

おっと、ここで気を付けたいのが忘れ物です。

空き缶を捨てに行くのはあくまでも周りへのカモフラージュ。

ややここしいのですが、空き缶を捨てに行き、他のお客さんにはまた戻ってくると思わせてホールから退散するのが目的です。

ここではさりげなく、誰にも気づかれないように台の周りを片付けて、帰る支度を済ませましょう。

 

 

さぁ、席を立ったら後はゴミ箱へGO。

 

 

ここで重要なのが空き缶を捨てるゴミ箱の場所です。

なるべく出口に近いところで捨てましょう。

 

 

空き缶を穴に入れたら任務完了。後は家に帰るだけです。

 

さぁ、この負け方はカッコいいのか?

スマートなのか?

さっそく心拍数を測るアプリを使って判定してみましょう。

 

 

心拍数は92だそうです。

一般成人の平均の心拍数は、50~90なので、やや高いですかね。

ココロが恥ずかしいと感じてしまったようです。

 

 

うーん。空き缶を捨てるために席を立つという去り方はカッコいいとは言えないようです(そりゃそうだろうw)。

 

 

 

え、最後は電話ですね。

急に電話がかかってきたから席を立つ→そのまま退散という王道パターンです。一見、極めクラスにカッコ悪い去り方ですが…結果はどうでしょう。

 

 

場面は甘慶次で負けた時ですね。さぁ、保留を消化したら電話がかかってきたフリをして退散…

 

 

あちゃー、ちょっと予定外のことが起きましたね。こんな時に限って青保留の発生です。

よくないですねー。どうせ外れるのに。

 

 

うーん、たいしてアツくもない演出が発生しております。

あ、外れましたね。

 

さぁ、帰りましょう。

 

それでは携帯を握り、急に電話がかかってきたフリをして…

 

 

席を立ちましょう。

 

 

おっと、忘れ物には注意ですよ。あくまでも「ちょっとオレッチ、電話がかかってきたので席を立ちます」というフリなので。

 

よし、ホールから出ました。

さて、心拍数を測りますかね。

 

 

うーん、89。

成人男性の平均の心拍数は50~90なので…アレですね。

カッコいい去り方ですね。

 

ということで、パチンコで負けた時にベストな去り方は

 

「急に電話がかかってきたフリをして退散」でした。

 

 

うーん、何をやっているんだろう…(虚しくなってきた)。

関連機種

ツイッターで呟きたい

2016/03/25

記事カテゴリ:呟こう
タグ: 北斗の拳 モンキーターン 

どうもです。

 

え、先日趣味のネットサーフィンをしていたら、ショッキングな記事を見つけました。

 

それは「ツイッターで嫌われるタイプ」です…(そんなの見てるなよw)。

 

え、どんな方が嫌がられるのか簡単に説明すると…

▼かまってちゃん

▼政治や宗教を押し付ける

▼実況が多い(TLを荒らす)

▼非公式RTなどで会話

▼フォロワーの数しか興味がない

▼ツイッター歴が長いのに沈黙している不気味アカウント

 

実は自分、10年前にSNSの世界(主にブログ)にどっぷり入り、様々な嫌がらせや事件など見てきたので、嫌われるタイプってのはだいたい分かるんです(生えてもいない髭をさわりながら)。

ここに挙がったものは、どれもSNSでやると嫌われる行動のド鉄板ですね。ある意味ネットのハウスルールですよ。ホントね、昔からこんな感じでしたもん。

人間味が無い、顔が見えないネットと言われますが、所詮人との対話というか、気づかいが大切なんですね。

 

そういう自分もツイッターをやっていますので、ここで嫌われるタイプに該当するか主な呟きを振り返ってみますかね。

 

 

うわー、懐かしいっす。たしかこのムム見間違いアカウントで初めて呟いたのは2013年の8月31日。仕事でどうしてもツイッターを始めてほしいと依頼されまして、登録したのがこの日になります。

 

 

その一ヵ月後、777個のレシートを世界中に発信。うーん、いったいこれは何をしたかったんでしょうか…。

 

 

月日は流れ、その次の年。当時入手困難だった、激レア妖怪メダルを自慢するツイートです。ま、出したのは娘なんですがね…。

 

 

その年の年末。自分を育ててくれた恩人に対する失礼極まりない呟きですよ。このスター様が面白くいじってくたからこそ、今の自分があるのに…。なんたる無礼でしょうか。信じられません。

 

 

 

そして去年の夏。映画呪怨を朝からみるという、無職を遺憾なく発揮した日常を世界に発信。酷いですね。

 

え、ちなみにこのツイートを最後に、自発的な呟きはストップしております。

 

 

んんん?

 

ちょ、嫌われるタイプに挙がっていた「ツイッター歴が長いのに沈黙」って

 

自分じゃん…(ほげ)。

 

いや、実はツイッターを始めて自発的に呟いたのって、これらを含めて全部で8回しかないんですよね(え?w)。

 

うーん、これって完全に歴が長いのに沈黙君ですね。フォロワーを整理する時、一番にブロックしたい輩です。こんなアレなのにフォローして頂いている神様のような方、本当に感謝でございます(土下座)。

 

 

いやね、このままじゃいけないですね(今更)。

 

誇りが溜まったムムツイッターで、何かを発信しないと…。

 

とはいえ…どんなことを呟けばいいのか(まて)。

 

そこで何かアドバイスを頂ければと思い、編集部の大橋シルロマさんに「どう呟けばいいんですかね…」って聞いてみたところ(超迷惑)。

 

大橋さんいわく

「何か呟きたいことがあったらツイートすればいいんじゃない?」と。

 

 

さすが大橋さん。その手があったか(普通そうだから)。うーん、何か呟きたい出来事を探せばいいんですね。

 

ということで、今回の企画はコレ。

「何か珍しい出来事を探して、数カ月ぶりに呟こう」。

 

とはいえ、珍しい出来事をずっと探していてもキリがないので、一応期限は3日間とします。

 

その間に何か呟きたい出来事を見つけて、世界中に発信しちゃいましょう。それではさっそくいってみますか!

 

 

 

え、ちなみにこの写真はツイッターの卵のアイコンをイメージしています。日にちが経つと、だんだん卵が成長する…的な感じで作りましたので、そこら辺も注目してください(なんだそれ)。

 

 

さて、初日ですが北斗無双の新装に行ってまいりました。

 

その抽選でさっそく凄い出来事に遭遇します。

 

 

い、い、一番!!!

 

これはツイッターで呟いていい出来事ですよね!

うーん、しかし、世の中のために汗水たらして働いている方々に向けて、平日の朝から「整理券一番でした!」って呟くのはどうだろう。気分を害する方もいると思うし、うん、呟くのはこれじゃない。

 

 

ま、せっかく今からパチンコを打つんですから、ライターツイートでよくある「連チャン画面を世界に向けて発信」とか景気の良いやつがいいですよね。

 

 

(ってことで、その後投資を続け、ようやくSTに入り連チャン)

 

ふぅ、連チャンが終わりました。でも…。

 

 

これを世界中に発信って。なんか…自分で言うのもアレですが、気の毒ですよね。

これじゃない…か。

 

(そして実戦を続行し、すごい出来事に遭遇する!)。

 

こ、こ、これは!

ちょっと写真を撮ります! ついにきたー!

 

 

プレミアムの保留です! 導入初日に見ちゃいましたよ!

ひゃっはー!

 

よし、さっそく自慢ツイートを…って、待ってくださいよ。

この保留って、世間に出していいやつなんすかね…。

ほら、一応ライターらしきものをやっている関係で、まだ公に発表されてない情報を世界に向けて発信することって、なんていうかマズいんじゃないかなと。小童のささいな呟きで、どこかに迷惑をかける結果になったらヤバいかなと。

ま、自分のツイッターなんて、校長先生の話と一緒で誰も聞いてないでしょうけど。

 

 

うーん、ここまで書いたんですが、やめときますか。

それにしても、なんかむかつく書き方ですね…。なにが「やるじゃない?」だよ。

 

 

(ということで、1日目が終了。ちなみに収支はマイナス37000円。呟きたいことも見つけられず、ただお金だけが減った)。

 

 

さぁ、次の日です。本日もパチンコ…といきたいところなんですが、家の事をやらないといけないので、ホールの養分になるのもお休みです。

学校から帰って来た娘とスーパーに行ったり、公園に行ったりしました。

 

 

うーん、こんな日常をツイートするのもなぁ…。

なんていうかツイッター向いてないのでは(今更)。

 

 

 

さて、最終日です。本日はパチンコを打って、なんとかツイートしたい出来事を見つけてきますよ。

 

そんな運命を託された台はコチラ。

モンキーターンです。

 

実はこの前、一回も当たらず退散した台なんですよね。

 

 

※写真は忌々しいハマり画像

 

今日はガッツリ連チャンして、世界に自慢ツイートをしたいと思います!

 

 

(そして…)

 

 

やった! やりました! 当たりましたよ!

 

 

しかも電サポ中に再び大当りをして、待望のST突入!!!

 

 

継続率が超高いので、これはツイート準備ですよ!

さぁ、ツイッターを起動させて…っと。

 

あれ?

 

 

こ、これは…。これをツイートするのって…。なんだろう、これじゃない感がいっぱいすぎて…もう…。

 

(そして…)

(結果、ツイートしたのはこちら)

 

 

宣伝ツイートです。

ほら、自分の出ている雑誌というか、頑張った証みたいなものを全世界の方に見てもらいたいし…。

数カ月ぶりに呟いたのがコレってなんかアレですけど、なんていうか…その。

 

ま、これで良かったのかもしれません。

 

とにかく、またツイート沈黙期間に入ると思いますが、フォローして頂いている神様のような方。荒らしじゃないので、あの…これからもよろしくお願いいたします…。

 

関連機種

パチンコライターは何人いるのか調べてみた

2016/03/22

記事カテゴリ:調べてみた!

どうもです。

 

 

え、いきなりアレなんですがパチンコライターっているじゃないですか。

 

ええ、早い話がこのサイトで文章を書いていたり、動画に出演されている方々です。「そりゃ今、読んでいるもん。知っているよ!」って声がスゲエ聞こえてきますけど。

 

それで、疑問と言うか、いったいあの方々って…何人いるんでしょうか。

ちょっと気になったので調べてみた…っていうのが今回の企画なんですがね。

 

え、もしかしたら既にどこかの媒体がやられているかもしれないんですが、とにかく今回の企画は題名の通り、現在パチンコライターとして活躍している方の人数を調べてみました(冒頭から同じ内容を二回続けるライターらしからぬ読みにくい文章)。

 

 

ちなみに各方面で議論が尽きない「パチンコライターの定義」なんですが、この企画をやっている自分自身がライターとはいえないクソ野郎なんで、えっと…どうしますかね(今、悩むのかよ!)。

 

だって新人ライター様が「パチンコの楽しさを伝えたいんです!」とか「動画に出たいんです!」とか、目を輝かせて未来を叫ぶ中で、自分のライター志望動機は

 

 

「ずっとパチプロ(のような)生活をしたかったけど、無職だと娘が幼稚園に入れないって、嫁に怒られたから」

 

 

ですからね…(肩を落としながら)。

 

 

自称元パチプロと言いつつ、先月入って来た還付金(ちなみに源泉が全額還付)も、牙狼や他の台で使い果たすくらい勝つ技術はないし、文章もアレで「あ、ムムさんは本文よりもカコミを書いてください」って仕事の方が多いし…。

 

 

パチンコライターの定義って、なんですかね?(知らないから)。

 

 

ま、自分がライターなのかどうなのかを考えると、ブログが更新されない可能性があるので、そこは甘々判定でいってみますか…。

 

それでは発売されたばかりのパチンコ必勝ガイドMAXから調べてみましょう。

 

 

たしか、巻末にスタッフの名前がズラリと載っていたはず。

おおっ、ありましたよ。

 

 

もうね、ガイドに入った当初はホントにお仕事が無くて(一カ月は余裕)、このスタッフ欄をみて「ふひゃー、まだ名前が載っている! 良かったー。これで職務質問をされたら堂々とライターって言えるぞ」なんて胸を撫で下ろしていたものです(寂しい)。

 

それでは何人ライターがいるか数えてみますかね。

 

いち、にい、さん…。

ああ、51人ですね。

 

 

ん? 

ごごご、51人だって⁉

 

ひゃー、すごい人数です。

ちなみに女性ライターは20人…ですか。

 

いや、気持ち悪い昔話がスタートしちゃって恐縮なんですが、自分がパチンコ雑誌を読み始めた17年前は誌上プロ(パチプロ)全盛期でしてね。

もちろん、そこには女性などほとんどいなくて、男性プロが勝ち方を指南したり、日々の稼働日記を綴ったり、そんなページが多かったわけですよ。

 

それから月日は流れ、ご存知の様に現在は華やかな女性ライターが誌面を彩り、いやー、20人ですよ。時代は変わりましたよね(オマエみたいな下っ端が言うな)。

 

 

ま、ガイドだけでもこの人数なので、全ての媒体を調べてみれば軽くプロ野球の球団が作れるくらい人数が集まるかもしれません。

 

 

ということで、お次は必勝ガイド以外ですね。ガイドワークスから発行されている様々な雑誌を調べてみましょう。

 

 

 

はい、パチンカーにオリ術メガMIX、そしてメガ盛も入れて調べてみます。

 

 

(数分後…)

 

 

分かりました。なるほどです。

 

ええっと、気になる人数ですが…間違っていたら大変な問題になるので、エンディングまで伏せていいですか?

いや、とても卑怯ですが、どこかでこの日記をご覧になったライター様が「あれさー、人数違ったよ」とか言われたら、ムムなんとかさんなんて消滅しちゃうくら い小さなアレなので、ここは石橋をこん棒で叩いて渡っていいですか(泣きながら)。んじゃ、お次は他誌様&あらゆるパチンコサイト様に在籍しているパチンコライター様の人数を調べてみますかね(逃げた)。

 

 

 

 

(そして…)

 

 

 

あの、日記を読まれている神様みたいな人に説明しないといけないんですが、ここで大問題が発生しました。

 

え、主にパチンコサイト様に在籍しているライター様の事なんですが…。

 

スロットメインなのかパチンコメインなのか、分からないライター様がかなり多数いらっしゃいまして…。えっと、正確な人数が分からなくなりました…(は?)。

 

 

いや、違うんです! ただ「ライター」ってプロフに書いてあって、どっちがメインか調べるためにツイッターやブログなど調べまくったんですが、パチもスロも打っていて、もう国境みたいなモノが羽毛布団みたいにふわふわしてるんすよ!!! ええ、なんとかガールズとか、ひとりひとり全部ブログ読んだのにこの結果(嗚咽)。

 

 

いや、分かります。自分で勝手に発案した企画ですもんね。

やりますよ。最後までやり遂げますよ。

 

 

(そして時は流れ…)

 

 

え、どうもです。

この世の中に、パチンコライターは何人いるのか?

そんなことを調べて二週間経ちました(えw)。

 

なんだろう。

 

もう、ライターが何人いてもどうでもいいじゃないですかね…(まて)。

 

 

ははは、分かりますよ。

「オマエが考えた企画だろ」って…。分かります。

 

とにかくずっと調べていてもキリがないので、ここらへんで暫定的に人数を発表していいですか。いや、しちゃいますけど(泣きながら)。

 

 

調べた期間二週間(ガチ)。

現在、業界で頑張っていらっしゃるパチンコライター(っぽい方も含む)の人数は!!!

 

 

たぶん193人以上います。

 

いや、「たぶん」とか「以上」ってなんだよ的なツッコミあると思いますが、仕方ないんですよ!!! おそらくスロライターも含めるとこの数倍はいるわけでして、途中でわけがわからなくなってきちゃいまして…(泣)。個人的な予想も含めています。

 

ちなみに男女別に分類すると、男性ライターがおそらく112人以上、女性ライターがたぶん81人以上いらっしゃいますよ。

 

 

ん?

皆様…

だから何? って顔していますよね?

 

なんだろう、自分も「そんなこと調べる暇があったら文章を勉強しろよ」って気持ちでいっぱいです…(と言いつつ、逃げる)。

時間がない時によく当たるって本当なのか?

2016/03/18

記事カテゴリ:試してみた!
タグ: ゲンスイ 海物語 トキオ 

どうもです。

 

唐突にアレなんですが、まずは先日あった出来事をご覧ください。

 

 

 

この前、DVDの収録でゲンスイくん、政重さんと一緒になったんですよ。んで、お仕事も終わり、帰る時間になったんですが、ゲンスイくんと政重さんの台が時短中でしてね。とりあえずそれを消化してから一緒に駅まで向かおう…そんな話になったんですがね。

 

 

 

こんな時に限って、ゲンスイくんは大当り。一方、政重さんはというと…。

 

 

もう、時短を抜けていましてね。暇を持て余しているんですよ。

 

 

ゲンスイくんもさすがにヤバいと思ったんでしょうね。マッハで時短を消化していました。

しかし…、残念なことに政重さんはこの後編集部で撮影のお仕事がありまして…。なんていうか、今ホールを出ないと間に合わないという事で

 

 

結局、政重さんは帰ることに。

ゲスキャラで有名なゲンスイくんですが、本当は礼儀正しい方です。「お疲れ様でした!」とお辞儀でお見送り。

 

 

とはいえ、今電サポが終わればまだ間に合うはず。

政重さんはなんとなくゆっくり歩くイメージがあるし(知らないですがw)、まだ一緒に帰れる望みはあるんじゃないかと誰もが思っていました。

しかし…!!

 

 

こんな時に限って、スペシャル魚群発生!!!

 

 

 

結局、野郎二人で暗い道をトボトボ帰ったのでした。

 

 

その時、僕は思ったのです。

 

 

(時間がない時に限って当たるなんて、パチンコあるあるだよね)

 

ん? んんんんん??

 

 

こ、このあるあるを使えば…常勝も夢じゃない(まて)。

 

ということで、今回はわざわざ時間がない時を狙ってパチンコをしてみようという企画です。ええ、アホです。(ご存知でしょうが)パチンコで負ける王道パターンなので、皆様は絶対に真似しないでくださいね。

 

ま、僕はやりますけど(まて)。

 

 

 

え、トキオプレミアムです。

(小声で)時とかけています…ってのは半分冗談で、いつでも止められる羽根物をチョイスしてみました。

 

ちなみに本日は娘をスイミングスクールに連れて行かなければいけないので、この後1時間半くらいしか打てません。いやー、ホント時間がない…

 

(1時間半もあるのかよ)

 

(十分じゃないか?)

 

 

いや、ないんです(ごり押し)。

 

ということで、さっそくやっていきましょう!

なにしろ時間がないので…って、さっそく当たりました!!!

 

 

まぁ、羽根物で考えると微妙な回転数ですが、早い大当りですよね。

いやー、ありますね。時間がない時に限って当たる、または連チャンするジンクス。

 

さて、これで「やっぱり時間がない時にパチンコを打つとアレだね、出玉が止まらないね。ガハハ」とか、ドヤ顔で言っていたら通報待ったなしなので、ここはもう少し実戦を続けていきましょう。

 

(その後、さすが羽根物と言うべきか、大当りを連発させる)

 

 

 

 

ふぃー、随分と大当りしましたね。現在の大当り回数は…11回。

持ち玉も二箱あるし、こりゃ十分ですね。

そして…あ、もうすぐお迎えの時間ですね。

30分後にホールを出れば間に合うんですが…。

うーん、でもいくら羽根物とはいえ、ギリギリになったら嫌だし、勝っているうちに終わりたいんですよねぇ。ここは早めに切り上げようかなぁ…。

 

 

ん?

 

あと30分しかないだって?

 

 

(いまこそ時間がない時に限って打法が効くのでは…?)

 

 

あちゃー、忘れていましたよ。

これからが本番じゃないですか。ええ、めくるめくパーティーの始まりですよ。

クックッ…続行。もちろん続行だぁ!!!

 

 

 

(そして…)

 

 

 

時間がない時は当たる(連チャンする)。

その打法を信じたオッサンは、その後逃げるようにホールを飛び出し、トボトボと娘の元に向かいました。うぅ(泣)。

 

関連機種

目指せパチプロ パチ夫くんをやってみた 【part2】

2016/03/15

記事カテゴリ:やってみた!

どうもです。

 

 

え、超個人的な話ですが、先日ぎっくり腰になりました。

 

まぁライターをやる前に働いていた工場で、しょっちゅう重たい物を持ち上げては腰が砕けていたので、ある意味クセになっているのでアレなんですが、久々動けなくなりましたよね。

 

ちなみにどこでぎっくり腰が再発したかというと、某ディスカウント店のダイエットコーナー。そこにあった腹筋を鍛えるマシーンに娘が座っていたので「どれ、父ちゃんもやってみるか」と、マシーンを動かして腹筋したら腰がギクリと壊れました。

 

もうね、ここでぎっくり腰になるのかと、間の悪さに脱帽しましたよね。ガチで動けないし、「ぐぁ!!!」って悲鳴をあげて、少年院でジョーに殴られた青山君みたいにその場に倒れましたから。その姿を見て娘は爆笑していましたけどね。

 

ということで「パチ夫くん」の続きをやっていこうと思います(おい、ぎっくり腰の話はいったい…)。

 

~前回までのあらすじ~

▼群馬によくある中古屋でレアゲーム「パチ夫くん」を購入

▼しかし、ゲーム機がない

▼色々あって、なんとか謎のファミコンらしきゲーム機をゲット

▼ゲームスタート

▼ホールの店内を徘徊

▼とりあえずガラの悪そうな人が「えへえへ」呟いている台の横で実戦を開始する

 

 

さっそく36番台をやっていこうと思うんですがね。説明書がないので、どうやったらゲームがクリア出来るとかまったく分かりません。

ガチで闇鍋状態、手探りです。

ま、ネットで調べればある程度の事は分かるんでしょうが、そういうガチなゲーム日記はやれないので、G&E時代のコーキー君のブログタイトルじゃないですが、ゆるく楽しく。勝てたら娯楽。でやっていこうかと思います。

 

 

 

さてさて、画面を見る限り機種は羽根物。持ち玉100個で、打ち止めとなる2000個をおそらくこの台で出せばいいんですね。

 

それではコントローラーを握り、玉を打ってみますか。

よいしょっと…。

 

 

あれ? 全然当たらない…。

どんどん持ち玉が減っていって、残り13発か…。

早いな…。

 

 

ほげ、玉が無くなってしまいました。

まぁどうせこの後、軍資金が追加されてHPみたいのが減るんでしょ? いやー、ゲームとはいえ中々上手くいかな…

 

 

え? ガメオベラつまりゲームオーバー?

「きょうは、おしまい」って、なんすかコレ!!!

しかも財布が空になったアクションをぶっこむって、あんた昭和の大根役者か!!!

まてまてまて、いやそんなはずは…って

 

 

あの…まじすか。

まさか秒速でゲームオーバーになるなんて…。ははは、現実だけじゃなく、ゲームの世界でもパチンコに向いてないってことが発覚しましたね。

 

でも、ほら

せっかくカセットとハードを揃えたし、7500円もかかったし(そこ?)、もう一度プレイしてみます…。

 

 

軽いウエルカムパンチを喰らいましたが、気を取り直して開幕第二戦です。今度こそはパチプロとしてジャン  ジャンバリ  バリ出玉を  出ちゃう  したいと思います(変なところでスペースを空けるな)。

 

もちろん狙い台は、あの36番台です。ええ、懲りてないですよ!

 

 

今度こそは…ガッ! ガッ! 

 

お?

おおお!!!

当たりました!!!

 

 

なんだろう、ホールで当たった時と同じくらい嬉しい…(そんなにかよ)。これはね、打ち止めまでいける気がしますよ! ええ! 

がはは…ん? あれ?

変なボタンを押してしまった…って、なんだこれ!

 

 

…!!!

いや、偶然ボタンを押して発覚してしまいましたよね。

現在あまり深くは追及できない魔法の言葉…。

く●。

うわああ! ●ぎをみるってなんだこれ!!!

 

いや、これはちょっと見るしかないでしょう!

僕だってね、一応知っていますからね(昔、安田プロのページで読んだ)。

少しだけ、そう少しだけ見てみますかね…。

 

(数分後)

 

うーん、どうやら36番台は●●●の中で玉が暴れる調●になっていますね(●ばっかで分かんないから)。

 

ちょっとここは台移動しますか。

とりあえずホール内の台を見てみましょう(最初からそれをやれよ)。

 

 

 

すごいっすね、このゲーム。

なんか色んな台がありますよ。

でも、なんでしょう。

遊び方が分からないというね…。

 

うーん、よし。

ここはカウンターに行って、小冊子でも貰ってこよう。

あの…すみません。台の説明書っていうか、そういうのありますか?

 

 

へ? いやいや、まだ遊技中なんで、帰りませんよ(笑)。

って、あ! 間違えて「はい」を押してしまった…。

 

 

いや、またのご来店…って、えええ!!!

このゲームってバックアップ機能付きじゃないんですか!

パスワードなんだ…。まぁ、メモしますけど、なんだろう。さすがレトロ台ですね…。

 

さて、気を取り直して台選びをしますか。

とりあえず、●ぎをよく見て…っと。

あ、これ良さそうですね。

 

 

いや、決して台番で選んだわけじゃないんですからね!(怪しい…)。

よーし、この台を打ち止めさせて、とにかくゲームをクリアしなくては…って、あれ? 全然当たらない…。

 

 

(そして…)

 

 

ガッ…!!

またしても空の財布画面…!!

 

不親切極まりないとされるファミコン初期のゲームとはいえ、ある意味マリオメーカーの100人チャレンジ「とてもむずかしい」と同等の難易度…(その例え、わかんないから)。

 

 

なんだろう。これは僕がぎっくり腰だからダメなのかもしれませんね(まて)。

 

え、唐突ですが、このままじゃ歯が立たないので、ちょっと自主トレしてきます。

それで来月、この日記でリベンジしますよ。

 

もうね、エンディング画面を出すまでやりますからね!(涙目で)。

 

うぅ、簡単にクリア出来ると思ったのに…。悔しい…。

 

※来月更新予定の 目指せパチプロ パチ夫くんをやってみた 【part3】に続く

 

TOP