全力!新台レポート

毎週月曜日更新/若手ライターたちが毎週、最新台を全力実戦!

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

「賞金首2」②/実戦データ

2017/06/05

記事カテゴリ:山田銀河
タグ: NET 賞金首 ART機 

【実戦データ】

ゲーム数

ボーナス

当選契機

投資・備考

150~

スタート

 

 

474

赤REG

中デカダン

9K

43 

赤REG

弱デカダン

1K

(52)

CZ②(暴走機関車)

弱スイカ

成功

82 

バウンティラッシュ(ART)

 

2K

52 

ART終了

 

52G 72枚

45 

バウンティラッシュ(ART)

引き戻し

 

(27)

VSジェームス

 

敗北

38 

青BIG

リプレイ

弾丸×3

10 

ART復帰

 

 

(30)

+20G

目標賞金達成

 

50 

ART終了

 

149G 339枚

(385)

CZ①(駅馬車)

弱スイカ

失敗

495 

青BIG

中デカダン

5K

156 

青BIG

中デカダン

1K

236 

赤REG

強スイカ

3K

(124)

CZ①(駅馬車)

周期

失敗

180 

青BIG

中デカダン

4K

305 

ヤメ

 

5K

 

 

【実戦結果】

 

投資

30000円

獲得枚数

0枚

回収

0円

収支

-30000円

 

 

【まとめ】

 

ARTのシステム自体は非常に面白く、ツボにハマれば一撃性は高そうだなと可能性を感じる機種でした。

天井はボーナス&ART間998G消化で天井到達し、前兆経由でARTに当選します。更に、リセット時はゲーム数が短縮し665G消化で天井到達となるので覚えておきましょう!

後、ゾロ目ゲーム数到達(111G~999G)でもCZ突入の抽選をしてくれています。一番突入率が高いのは333Gなので、1000円、2000円辺りで狙えそうなゲーム数で落ちていればCZだけ狙ってみるのも有りだと思いますよ! 

CZ失敗時には設定1でも20%で引き戻し抽選をしているのでヤメる際はその辺に注意してヤメましょう。

関連機種

「賞金首2」①/実戦記

2017/06/05

記事カテゴリ:山田銀河
タグ: NET 賞金首 ART機 

どーも、山田銀河です。

 

ホースマンの夢「日本ダービー」。今年も熱いレースが繰り広げられ、無事に2番人気のレイデオロが制し見事3歳王者に君臨しました。レースはもちろんでしたが、鞍上のルメールがレース後に見せた涙…僕はそちらに感動しましたね。現在3週連続G1を制しているルメール騎手! 彼が勝つ=僕の財布も膨らむので、是非来週の安田記念も頑張っていただきたいです(笑)

 

さて、今回のレポートする機種はリボルバーの役物が特徴的な

 

 

『賞金首2』です。

【打ち方やゲーム性などは、ぱちガブッ!さんの機種ページへどうぞ】

https://p-gabu.jp/guideworks/machinecontents/detail/4581

通常時は黒BAR狙いでも、デカダン狙いでもオッケーなのでお好きな方で消化しましょう。

 

まず始めの当たりは、

 

 

強めのカットインから中デカダンが成立し、連続演出に発展

 

 

対戦相手によって信頼度は違うのですが、ここは液晶よりリールに注目していただきたい。

左リールの2連7停止って結構熱そうな出目。これ入ってそうじゃないですか?

右リールでBIGは否定されたので、

 

 

次ゲームREGを狙うと、やはり成立していた模様。

賞金首2のREG中は押し順ベル正解で賞金を獲得し、獲得した金額によってCZやARTの抽選をしてくれます。

 

 

この様に、直線でベルが揃えば押し順正解!

9000$でCZ確定、10000$以上でART確定みたいですが、ここでは1回正解したのみ。エスパーには向いている台かもしれませんね…。挑戦者求ム!

 

REG後、少し消化していると高確っぽい状態で弱スイカが成立!

そこから数ゲームざわざわと前兆が始まり、

 

 

期待度約60%越えの暴走機関車CZに突入!

2種類あるCZの強い方で、こちらが出現すればするほど高設定にも期待できます。

 

 

CZ中は15G間で押し順ベル以上でポイントを獲得し、総ポイントが10ptに到達するとART確定となります。押し順ベル成立時は1、2、3、5、10ptの獲得抽選をしてくれますが約95%で1~3ptです。レア役は最低でも2ptは獲得できるので、如何に15G間で押し順ベルをたくさん引けるかが重要になります。

10Gで7回もの押し順ベルを引いた僕は余裕で

 

 

ART確定! 

 

 

出玉増加のメインとなるART(バレットラッシュ)は、1セット50G+αで純増は約1.6枚、押し順ベルなどで賞金獲得を抽選し、賞金が目標金額に達成するとゲーム数上乗せor特化ゾーンに突入します。

 

 

目標金額は画面の右下にあり、あの数字を0にすることができたら上乗せが発生。

 

金額は主に押し順ベルで100$以上加算されるんですが、連続すればするほど獲得できる賞金が上がるので、連続している時は気合いを入れて是が非でもベルを引きましょう。

その他にも賞金を獲得できる特化ゾーンやゲーム数自体を上乗せしてくれる特化ゾーンも存在しているので、そこに入れてからがスタートラインになりそうです。

 

初のARTは、

 

 

あっ!という間に終了。

一応、ゲーム数がなくなっても毎回20%でART復帰抽選をしてくれるみたいですが、今回はナシ。

意気消沈していたら何も引いてないのに連続演出に発展・・・

頭の中で「なんで?」と思いましたが、これが連続演出成功。単独ボーナスでも引いたかなと思っていると、告知されたのはまさかのART‼ 引き戻しが選ばれていたみたいです。設定1で3%~設定6で9%と薄い所を引き当て、本日2回目のARTへ! 

 

レア役からジェームスとの対決に発展しますが敗北し、またも駆け抜けの予感がしましたが、その直後に

 

 

ボーナス確定!?

その前に何も演出がなく、どうやらリプレイ重複を引いたみたいですがART中のリプレイの0.004%(笑) リプレイ2万5千回に1回という超薄い所をまたも引き、ここから流れは変わってくれたらな・・・

 

 

ART中のBIGはカットイン発生でデカダンを狙い、

 

 

デカダン停止数に応じて賞金獲得を抽選。確率は低いですが、3個停止時には10000$獲得できるので上乗せか特化ゾーン必ず1つはついてきます。

とりあえず、BIG中はどれだけデカダンを止めれるかが重要になると思われます。

 

 

今回は3回カットインが発生し、それぞれ1個ずつデカダン停止。

そして、いよいよお待ちかね役物の引き金を引くタイミングがここで来ました!

 

 

どれだけ賞金獲得できるんだろうと期待が膨らみましたが緊張の引き金を3回引くと

 

100・・・

 

500・・・おっ!

 

100・・・

 

結果は、小銭程度の賞金しか獲得できずに終了しましたが果たしてこれが多いのか少ないのかは不明。

少ない賞金でもコツコツ貯めればどうにかなり、ようやく本日初の

 

 

目標金額に達成!

ここまでかなり苦労しましたからね…ある程度の結果で労って欲しい。

 

 

現実は甘くありませんでした。いや、基本はこんな物なのかもしれません。僕が少し期待しすぎたかも。

20Gの上乗せでは次の目標金額に全く届かずそこで力尽きました。

 

その後、再びARTを目指して打ち続けましたが想像以上に壁は高く、時計の針も9時を過ぎていたのでここで実戦終了となりました。

 

いやぁ、ホント新台レポート勝てませんね(笑)。

これで何連敗だろ…いつか大きい勝ちが来るのを信じてレバーを叩きたいと思います。

関連機種

「CRぱちんこ必殺仕事人V」②/実戦データ

2017/05/29

記事カテゴリ:ゲンスイ
タグ: 必殺仕事人 KYORAKU 仕事人5 

【実戦データ】

回転数 図柄 予告&リーチ 投資
75 四(15R) 満月ビジョン先読み(赤)→保留変化(小判)→アジトゾーン→連続予告×3(リーチ後)→実写(秀×勇次 共闘)→激震 1K
391 四(15R) 保留変化(小判)→連続予告×3→捕物SU4(服:赤)→豪剣フラッシュ→激震スタンバイ→激震主水→激震 3K
280 三(15R) ストーリーリーチ(秀)→豪剣フラッシュ 1K
【48】 二→三(15R) Pフラッシュ→切り裂きSU4→連続予告×2(リーチ後)→アニメ直当り モードは激闘
【48】 六→五(15R) テンパイ前ボタンバイブ→切り裂きSU4→激震スタンバイ→連続予告×3(リーチ後)→実写(主水)  
【18】 六(15R) 切り裂きSU4→実写(政)  
105   ヤメ  

 

 

【実戦結果】

投資 5000円
総大当り回数 6回
出玉 6356玉
換金 5500円
収支 +500円

※1パチ

 

【まとめ】

 

確変時は小当りRUSHが発動するので打ちっぱなしでOK。時短中もアタッカーが結構な頻度でパカパカしてるので、打ちっぱなしでもいいかもしれません。それと、リーチがかかるとアタッカーは開放されないので、ハンドルから手を離して演出を見守りましょう。

 

スペックがとにかくイイ。最近の台の中じゃピカイチですね。

台数も多くボーダーもかなり甘めですから、果敢に狙ってみてはいかがでしょう。

それでは今回はこの辺で。さようなら。

関連機種

「CRぱちんこ必殺仕事人V」①/実戦記

2017/05/29

記事カテゴリ:ゲンスイ
タグ: 必殺仕事人 KYORAKU 仕事人5 

 こんにちは。ゲンスイです。

 

 今回の機種は、前回予告した通り筐体がすごいアノ機種です。

 

 

 

 

 『ぱちんこ 必殺仕事人Ⅴ』でございます。

筐体のインパクトだけでいったら、牙狼を超えたんじゃないかと。ギュイーンって伸びてるし。

もちろん、筐体だけじゃなくてスペックも演出も気合が入ってる感が非常に伝わってきたので、そのへんをイイ感じにお伝えできればなと思います。

あとたまたまでしょうけど、演出量が豊富な台の時にレポートを任されがちなので、相も変わらずクソ長い内容になっています。「読むぞーっ!」って感じで読むんじゃなくて、並んでる時、打ってる時、ウンチしてる時…つまりはヒマな時に読んでください。

 

 スペックはいつもの通り、コチラからどうぞ。

 

https://p-gabu.jp/guideworks/machinecontents/detail/4563

 

 ゲンスイのレポートは毎度長くて読むのがタルい? 分かりました。そしたら飛んだページを下にずっとスクロールしてください。そうすると、成田ゆうこさんとやってる演出紹介動画がありますので、そっちを参考にしてください(ちゃっかり宣伝)。ちなみに動画にはちょびさんやしゅんく堂さん、さらには群馬のスターもチラっと出てきますよ。

 

 話を戻します。注目点はスペック。出玉アリ大当りは全部15Rに加えて、通常でも時短が100回転付いてくるので引き戻しの期待もできる。さらに、ガンツや水戸黄門でお馴染みの小当りRUSHが搭載されています。増え方で言うと

 

水戸黄門<<仕事人<<<<<<ガンツ

 

って感じかな。中間くらいです。50回転ハマって、大体300~350個くらいの認識でいいかと思います。

 

ただ、ガンツは30%の16R大当りを引かないと、小当りRUSHは付きませんでしたけど、仕事人は“確変に入りさえすれば必ず小当りRUSHが付く”ので、入口はかなり広いです。しかもループ機ですので、ハマればハマるほどうまい。15Rで取れる出玉は表示で約1500個ですが

 

 

 このように、確変中にハマれれば1800個超、うまくハメれば15R大当り分の出玉を小当りRUSHだけで獲得することも可能です。ちなみにボクの最高は128回転で表示は2618玉でしたよ。うん、リアクション取りにくいね、ありがとう。

 

 さて、それでは次からは通常時の演出についてベラベラと書いていきます。

仕事人マニアの方に言わせると演出傾向は『仕事人Ⅲ』に寄っているようです。

Ⅲを打ったことがないので寄っていると言われてもピンときませんでしたが、ボクは当たる時はアツい演出てんこ盛りで、サプライズ大当り(アツくなさそうな演出での大当り)は少なめの印象を受けました。

 

 んで結局何で当たるの? って話なんですが

 

 

 

 

 サブ液晶に“激熱”と表示される「激震予告」だと思います。リーチの途中で出現するのですが、とにかくコレがないと当たらないような気にさせられました。うん、「させられる」だけだから絡まなくても当たるときは当たるんだけどね。ちなみに主水系のリーチの時は必ずセットで付いてくるから「主水待ち」とも言い換えられます。

 

じゃあ、激震だけで当たるのかと言われるとそうでもない。ここが難しいところで、欲を言えばダメ押し的な意味のもう一個がなんか欲しいんですよね。それは

 

 

 

 

小判保留だったり、疑似3だったり、赤セリフが欲しいって意味じゃないんでお間違いなく。ここでのもう一個は“単体で信頼度30%以上”のものを指します。それを教えろって? いいでしょう。まぁ落ち着けって(なんだこの茶番)。

 

ちなみに、これから紹介するものは当たる時に「激震と絡みやすいもの(ゲンスイの主観よるもの)」なので、セットで出なかった場合は過度の期待は禁物。あと今後見方が変わるかもしれないのであしからず。それじゃあ行ってみましょう。まずは

 

 

 

お馴染みの「ゼブラ予告」ですね。保留が約70%、捕物SUの時の服の色だと約50%の信頼度があります。前者よりも後者の方が出やすい印象ですね。ちなみに法則で、同じ変動でゼブラ演出が2回出たら大当り濃厚みたいです。

 

続いて

 

 

 テンパイ後にチャララ~♪の音と共にギミックが発生する「豪剣フラッシュ」です。信頼度は45.2%。4(し)5(ご)と2(にん)、しごとにん…で覚えて下さい。イェェェェェェイ!!!!(突然のサンシャインカットイン)

はい、落ち着きました。たぶん、一変動で2回発生したら鉄板の法則も継承されてると思います。

 

あと、激震・ゼブラ・豪剣フラッシュの3つが複合したら、たぬ吉くん曰く超タヌタヌらしいです。

 

基本的に激震を合わせた上記3つのうち2つが大当りに絡みやすいですが、他にも「夜背景」だったりテンパイ時のラインが「仕事だぜ」、あとは

 

 

実写にいくと必ず発生する上の出陣役モノが(リーチ最終形発展確定演出)変動開始直後に発生しても、何かしらのアツい展開に発展しやすい傾向にありました。

 

認識という部分で気を付けていただきたいのが、疑似連と保留変化。この2つはたとえ疑似3連+小判保留とかになっても、上に挙げたような強演出が絡まないと(赤セリフのみなど)、実写にすら発展しないことが多々あるので変にドキドキしすぎないようにしましょう。心がもちません。

 

通常時はこんな感じです。すごいだろ。まだ通常時なんだぜ、この量で。

なんでタッチが出て来たのかは置いといて、続いては確変中です。

 

 今作の確変中は「仕事人モード」と「激闘モード」という2つのモードから選べます。

前者は通常時とほぼ同じ、後者は専用演出です。注意点は、激闘モードは(大当りが狙える)リーチがほぼ実写のみとなってまして、超カッコイイ映像が流れるので、当たった時はいかにも確変大当りのように見えますが、味方が主水じゃなければ確変濃厚ではないので気を付けてください。

 

 さて、2つとも見せ方こそ違いますが、見るべきポイントは同じ。

当たれば確変の演出、いわゆるレバ確演出が出てるかどうかです。

小冊子にも載っていますが

 

保留変化・疑似連・主水系演出・豪剣フラッシュ・激震

 

この5つのどれかが絡んで当たると確変濃厚です。ちなみに疑似連は3回続けば大当りまで約束されます。世にいう当確ってやつです。

 

 これら以外にも、現段階で判明しているレバ確法則が

・寅の会

・三日月フラッシュ

・高坂弾正

・潜入時に降り物あり

・潜入リーチで「!」発展

・共闘リーチ

 

などがあるみたいです。

仕事人と言えば法則ですからね。むしろ覚えないと本当には楽しめないと言っても過言ではないでしょう。

 

 はい、ということでだいぶ主観的になってしまいましたが、今回はこんな感じです。

相変わらず通常時と確変時の説明のバランスがドヘタですけど、打つ時の参考にでもしてください。

関連機種

「忍魂~暁ノ章~」②/実戦データ

2017/05/22

記事カテゴリ:山田銀河
タグ: Daito 忍魂 忍魂暁ノ章 

【実戦データ】

ゲーム数 ボーナス 当選契機 投資
148~ スタート    
433 青REG チェリーB 10K
25 青REG チャンス目  
133 青BIG チェリーB  
334 ピンクBIG スイカ 8K
(15) 月光ノ刻(ART) BIG中の抽選  
25 ART開始    
75 ART終了    
292 ピンクREG チェリーA 3K
78 ピンクREG チェリーB 1K
309 青BIG チェリーB 7K
168 青REG チェリーB 1K
311 ヤメ   7K

 

 

【実戦結果】

投資 38000円
獲得 0枚
換金  
収支 ‐38000円

 

 

【まとめ】

現状分かっている設定看破要素は、

●チェリーAからの上乗せ+20Gで設定4以上

●チェリーBからの上乗せ+150Gで設定4以上

●チェリーA確率(設定1:1/30.12~設定6:1/26.87)

●チャンス目からのART当選率

 【低確】        【高確】

設定1:7.03%     設定1:25%

設定2:10.16%       設定2:28.91%

設定3:8.59%       設定3:31.25%

設定4:12.5%        設定4:35.16%

設定5:10.16%    設定5:37.5%

設定6:15.63%       設定6:40.23%

 

後はチャンス目を見逃さないように確忍ボタンはしっかり押すようにしましょう!

 

関連機種

「忍魂~暁ノ章~」①/実戦記

2017/05/22

記事カテゴリ:山田銀河
タグ: Daito 忍魂 忍魂暁ノ章 

どーも、山田銀河です。

 

最近youtubeでゲーム実況観るのにハマってます。面白すぎて時間があっと言う間に過ぎていきますね!ゲーム機器も進歩し、PS4などでは自分がやっているゲームを保存して動画アップできるみたいですね。需要があれば僕もやってみようかなと思っていたりいなかったり…

 

今回レポ―トする機種はこちら、

 

 

『忍魂~暁ノ章~』です。

 

大都さん待っていました!との声が全国のスロッターから聞こえそうですね。

しかも、完全に初代をリメイクしているので懐かしさも感じながら、パワーアップした忍魂を堪能できるのです。

 

【打ち方やゲーム性などはぱちガブッ!さんの機種ページへどうぞ】

https://p-gabu.jp/guideworks/machinecontents/detail/4567

 

そして今回気になるのがこのボタン

 

 

「確忍ボタン」と呼ばれているそうなんですが、前作の『忍魂弐~烈火ノ章~』はチャンス目を引いた際、リールがフラッシュしたので気付けたと思うんですが、今回の忍魂は初代と同じでフラッシュなど一切しません。

それならチャンス目を見落とすのでは?と思う方もいると思いますが大丈夫。怪しい出目などが出た時にこのボタンを押すとチャンス目ならリールフラッシュが発生します。なので、リールが滑ったのにハズレ目が成立した時など、この確忍ボタンを押してチャンス目かどうかの判断ができます。自信がない方は毎ゲーム押すのもありですよ(笑)。

 

 

そして見て下さい。この通常時! 

まんま初代ではないですか…初代が登場したのが約8年前。時の流れを感じますね。

 

 

 

通常時でのART当選はチャンス目からの突入のみ!(他にはボーナスor天井)

なので、チャンス目を引いた瞬間からドキドキする時間が始まります。

 

 

潜入ステージに移行し、最終的に疾風がDr.マッドを倒すことができればART。

Dr.マッド登場までにザコ敵を倒せば倒すほどART突入期待度が上がり、期待できる法則性などもあるみたいです!

今回はザコ敵3人撃破で、

 

 

Dr.マッド登場! 昔に比べて少し若返ったかな?

2or3ゲームの攻防が繰り広げられるんですが最後にDr.マッドが倒れていれば…

 

 

今回は残念。最初のチャンス目を活かすことはできませんでした。

その後すぐにチェリーB(強チェリー的な役割)を引き、

 

 

初ボーナスに当選! 

惜しくもREGでしたがREG中もフリーズ発生でART確定みたいです。確率はどれくらいなんでしょうかね?簡単には引けないと思いますが…

ボーナス終了画面には忍魂といえばアレ!

 

 

よしぱすも健在! 

初代を考えると金「7777」や銀「6666」は設定6示唆になると思いますので出現したらできる限り粘りましょう。

その後、やっとの思いで一番紹介したかったBIGに当選!

 

 

BIG中も初代と一緒!最初は疾風一人ですが仲間が増えれば増える程ART期待度が高まり、ガママが落ちてくればART確定です。

そして、今回の暁ノ章では技術介入が搭載されています!

 

 

予告音が発生すると枠が光るんですが、その時に逆押しで右リールに「白BAR・黒BAR・リプレイ」をビタ押し!

 

 

成功すると左リールのチェリーの2択(白or黒)をナビしてくれます。

上の写メの停止形になれば左リールに黒BARを狙い

 

 

チェリーをフォロー! 中段に止まった色(白or黒)を左に止めればいいので簡単です。止めた時にどちらを狙うのか図柄がフラッシュして教えてくれるので慌てないように。

これをすることでART抽選をしてくれたり、ART中のBIG中なら上乗せをしてくれたりします。これをきちんと成功させ、ボーナス入賞を2G以内ですることによって設定1の機械割が100%を越える甘めの仕様に変化するみたいです。

ちなみに、目押しに自信がない方でも左から押せば70%で成功にしてくれるみたいなので自信のない方は順押しで消化しましょう!

 

 

今回は楓ちゃんまで増えましたがARTはナシ。

BIGの出玉はノマれ、追加投資をしているとスイカから連続演出に発展。

しかも演出が熱め…まさかね?

 

 

んっっっっ!?

これは所謂スイピン(スイカ重複でピンクBIG)ってやつではないですか!初代からずっと共通して熱いスイピン。今回はどれくらい期待できるのでしょうか…。‐3000枚の台に座ってこれが出ましたけど(笑)

このBIG中は完璧な技術介入+幻龍斎までキャラが増え期待しているとベットから

 

 

潜入開始! 

おっと…スイカからのART当選はないのでこれでARTに入ればBIG中の抽選に当選したことになる。ここは期待したい!

ザコ敵は2人しか倒せませんでしたが、最初の潜入とは明らかにざわつき方が違う…これはもしかして、もしかして

 

 

「月光ノ刻!」

これを聞いた瞬間、全てが報われたそんな気がしてしまいます。この為に忍魂を、否、この為にパチスロを打っていると言っても過言ではないでしょう。うん、最高!

初代同様、余計な上乗せ特化ゾーンなど一切存在しません!その代わり、1つの役、1回の上乗せゲーム数などに期待できます。特にスイカは激熱・・・暁状態(月が赤くなっている状態=レア役は100%上乗せ)などで引くと悶絶です。

 

 

ピンクピンク! 

この響き・・・今に比べると驚くお金がない時代に初代忍を打ってた思い出が…。

はい、ベルは色押しタイプとなっているので左リールに出ている色の図柄を狙うようにしましょう!

 

 

ARTに突入する時は突入リプレイを入賞させないといけないので画面に指示された順番&色を正確狙いましょう。

 

 

ノコノコノコとスーパーマリオの音みたいなのが聞こえザコ兵士が登場すればレア役のチャンス!更にメカバレルなら激熱!メカロゴなら…

今回はチェリーAで残念ながら上乗せはナシ。

 

 

その後も何も引けないまま駆け抜けました…。

通常時なども楽しかったんですが、一番楽しい時間というのはあっという間に過ぎ去っていきました。

 

その後もボーナスを絡めたりするも再びARTに入る気配はなく無念のギブアップです。

通常時を約2000G消化してART初当たり0回(1回はBIG中の抽選から)は嘘だと言ってくれ、夢なら覚めてくれ…。

これでは納得いかないので近いうちにリベンジします。

関連機種

「パチスロサクラ大戦~熱き血潮に~」②/実戦データ

2017/05/15

記事カテゴリ:黒崎アキラ
タグ: サクラ大戦 Sammy ART機 

【実戦データ】

 

ゲーム数 ART・CZ・上乗せ 契機 投資・備考
0 スタート    
(210) シアター演出 緑MAX 成功
(213) CZ:仮想迎撃   失敗
(300) シアター演出 青MAX 失敗
(414) シアター演出 赤MAX 失敗
(465) シアター演出 紫MAX 失敗
(647) シアター演出 青MAX 成功
(651) CZ:轟雷号   成功
(673) ART準備    
683 ART開始   17K
46 ART終了   95枚獲得
(16) シアター演出 赤MAX  
(48) シアター演出 緑MAX  
(353) シアター演出 赤MAX  
(406) シアター演出 青MAX  
(674) シアター演出    
(679) CZ:レビュウ    
(704) ART準備    
717 ART開始   12K
43 ART終了    
(56) シアター演出    
(78) シアター演出    
(82) CZ:仮想迎撃    
(93) ART準備    
104 ART開始    
(61) +30G   敵将バトル勝利
(63) +30G 帝撃チャンス 赤7揃い×3
(145) +20G   敵将バトル継続
(152) +30G   敵将バトル継続
(207) +30G   敵将バトル勝利
(222) +30G   敵将バトル継続
(280) +20G   敵将バトル継続
(306) +30G   敵将バトル勝利
(336) +30G   敵将バトル継続
379 ART終了   718枚獲得
(47) シアター演出 赤MAX 失敗
(38) シアター演出 青MAX 失敗
(456) シアター演出 紫MAX 成功
(460) CZ:仮想迎撃   失敗
(572) シアター演出 緑MAX 失敗
(662) シアター演出 緑MAX 成功
(666) CZ:仮想迎撃   失敗
(716) シアター演出 赤MAX 成功
(721) CZ:轟雷号   成功
(734) ART準備    
743 ART開始   2,000円
(46) +30G   敵将バトル勝利
(73) +30G   敵将バトル勝利
119 ART終了   280枚獲得
(25) シアター演出 緑MAX 成功
(29) CZ:轟雷号   失敗
(95) シアター演出 緑MAX 成功
(98) CZ:仮想迎撃   成功
(100) ART準備    
109 ART開始    
(47) +30G   敵将バトル勝利
(93) +30G   敵将バトル継続
132 ART終了   316枚獲得
(53) シアター演出 青MAX 成功
(58) CZ:轟雷号   成功
(79) ART準備    
98 ART開始    
(38) +40G   敵将バトル勝利
(101) +20G   敵将バトル継続
(131) +20G   敵将バトル継続
(156) +40G   敵将バトル勝利
214 ART終了   397枚獲得(液晶表示は累計で713枚)
16 ヤメ    

 

 

【実戦結果】

投資 31,000円
回収 935枚
交換 16,500円
収支 -14,500円

※5.6枚交換

 

 

【まとめ】

 

最近よく新台レポートをする度に思うのですが、最近の新台はやることがはっきりしていて道筋はシンプルなのに、CZや特化ゾーンなどそのひとつひとつはゲーム性のバリエーションに富んでいて、遊びとして充実しているように思います。自分はそういうの好きです。率直なところ、これでお金が減らなければ最高なんですけどねw

こと『パチスロサクラ大戦~熱き血潮に~』に関しては、通常時のポイント上乗せ特化ゾーン、CZ、ART中の脇侍減算の特化ゾーン、そしてポイントによって性能がアップした時のイケイケ感。随所にヒマを作らせない機種性能に好印象です。

 

 

関連機種

「パチスロサクラ大戦~熱き血潮に~」①/実戦記

2017/05/15

記事カテゴリ:黒崎アキラ
タグ: サクラ大戦 Sammy ART機 

遅ればせながら…

『A-SLOT偽物語』に

ハマっています。

 

 

黒崎です。

 

 

昨今は人気のノーマルタイプが

増台されたり再導入されたりと

ノーマルの盛り上がりに

拍車がかかっているように感じます。

 

 

黒崎です。

 

 

更に特定日以外でも設定を入れてくれている

という期待感が持てるホールさんが増えてきたような気がし、

パチスロが面白いと思える今日この頃です。

 

 

 

 

 

さて、そんなさわやかな気持ちで過ごす

晩春の本日お伝えするニューマシンは…

 

 

『パチスロサクラ大戦~熱き血潮に~』

 

です。

 

 

 

「ノーマルが、ノーマルが」と冒頭で書いておきながら

なんですが、本機はARTのみで出玉を増やすタイプ。

 

実戦を終えて、まず思うのは

純増約2.0枚/Gはやはり瞬発力があるということ。

 

 

 

では、その実戦を振り返りつつ

ゲーム性をご紹介いたしましょう。

 

 

 

 

 

主な流れは…

 

通常時は画面右の

ポイントを貯めます。

 

 

 

ポイントが貯まりやすい

特化ゾーンもあります。

 

ポイントが100になると

「シアター演出」が発生し

CZ突入やART直撃の

抽選が受けられます。

(※ポイントMAX=CZ確定ではありません。)

 

 

 

たいていはCZからARTを目指します。

 

 

 

ARTに入れたら…

 

 

 

ゲーム数を上乗せしながら

ロング継続を目指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本機の楽しみどころは

通常時、ART中共に

常にポイント獲得を行うところ。

 

 

 

通常時はチャンス役成立で

それぞれの対応色のメーターが増えます。

 

・青=チャンスリプレイ

・紫=チャンス目

・赤=チェリー

・緑=スイカ

 

 

 

更に滞在ステージごとに

ポイント上乗せの特化ゾーン当選が

優遇されるチャンス役が決まっています。

 

 

・春ステージ=チェリー

・夏ステージ=スイカ

・秋ステージ=チャンス目

・冬ステージ=チャンスリプレイ

 

 

対応ステージに滞在している場合は…

・強スイカor強チェリーor強チャンス目

=特化ゾーン当選率100%

 

・弱スイカor弱チェリーor弱チャンス目

=特化ゾーン当選率50%

 

・チャンスリプレイ

=特化ゾーン当選率25%

 

 

 

対応ステージでない場合は…

・強スイカor強チェリーor強チャンス目

=特化ゾーン当選率75%

 

・弱スイカor弱チェリーor弱チャンス目

=特化ゾーン当選率25%

 

・チャンスリプレイ

=特化ゾーン当選率10%

 

 

といった具合。

 

 

 

ポイント獲得特化ゾーンは

性能の異なる5種類!!

 

押し順当てや、

 

 

 

ゲーム数不定の

毎ゲーム上乗せや、

 

 

 

10G固定の

毎ゲーム上乗せや、

 

 

 

成功すれば一気にMAXになる

一発タイプ。

 

 

 

他にも上位の「モギリチャンス」というのがあるそうです。

 

 

 

頑張れば…

 

 

一気に

 

 

 

 

 

 

 

ポイントが貯まると

CZorARTの抽選です!

 

シアター演出を経て

当否を告知。

 

 

CZもゲーム性の異なる

3種類があります。

 

押し順当てのもの

 

 

 

目的地を目指して

毎ゲーム距離を減算していくもの

 

 

 

25Gの内に

成功期待度を貯めるもの

 

 

 

 

 

通常時は総じて

ポイント集めもCZも

ゲーム性に富んでいるため

常にいろいろな楽しみを持って

打つことができると思います。

 

 

 

 

 

 

 

最後にARTですが、

 

 

 

 

まず前半パートと後半パートの

2部構成で、どちらも継続を

目指すのですが、若干やることが異なります。

 

 

 

前半は「脇侍」をゼロにすることを目指し、

後半は「敵将」とのバトル勝利を目指します。

 

 

 

脇侍はベルを引く度に数が減っていき…

 

 

 

 

 

 

全撃破を達成すると

残りのゲームを持ち越したまま

後半の敵将バトルへ発展します。

 

 

 

 

 

 

脇侍の大量撃破に期待できる

特化ゾーンも存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

全撃破すれば後半での敗北はナシ!!

敵将に勝利または敵将が撤退して

ゲーム数を上乗せし、

再び前半パートに戻ってきます。

 

 

 

前半パートで脇侍が残ったまま

ゲーム数がなくなれば

後半のバトルで継続or終了の告知です。

 

 

 

ART中も画面右のゲージは有効で

ポイントが貯まれば各色ごとに

ART前半パートの性能を高めてくれます。

 

 

 

 

 

基本的にゲーム数を上乗せするのは

敵将バトルで勝利or継続した時と

ゲーム数の上乗せ特化ゾーン。

 

 

特化ゾーン中は

赤7が揃う度にゲーム数を上乗せします。

 

 

 

 

 

 

 

 

前述の通り

ARTが続けば出玉の増加速度は速い!

 

…のですが、

 

 

 

 

 

 

自分はヤレませんでした…。

 

お隣さんは一撃で2500枚ぐらいかな?

グングン出玉が伸びていました!

 

 

 

 

 

全体を通して

ゲーム性にバリエーションがあり

ART性能が高そうというのが印象的。

 

反面、ARTは重めなので

遊ぶ時にそことどう付き合うか…と

いったところでしょうか。

 

 

 

あ、そうそう、

チャンス役はチェリー以外リプレイフラグで

チェリーも1枚役、もちろん押し順もナビ発生時以外は自由。

演出に集中したい人も

なるべく損をしないような設計

…なのかな?

そういう心遣いはとても良いです!!

関連機種

「パチスロ キン肉マン 夢の超人タッグ編」②/実戦データ

2017/05/08

記事カテゴリ:ゴッティ輝
タグ: キン肉マン ART機 YAMASA ゴッティ輝 

【実戦結果】

 

ゲーム数 ART 対決 備考
118〜      
246 ART開始   3K/CZ
7 対決 vsヘルミッショネルズ 勝利
(1) 2セット目    
(10) 対決 vsヘルミッショネルズ 勝利
(1) 3セット目    
(139) 対決 vs乱入コンビ 勝利
(1) 4セット目    
(50) 対決 vsヘルミッショネルズ 勝利
1 5セット目    
(23) 対決 vs乱入コンビ 敗北
  ART終了   5セット/598枚
422 ART開始   強ベル
(81) ストック+1   チェリー
(143) 対決 vs四次元殺法コンビ 勝利
1 2セット目    
(47) 対決 vsヘルミッショネルズ 勝利
1 3セット目    
(2) 対決 vs乱入コンビ 勝利/アイキャッチ
1 ガガガGUTSボーナス    
1 4セット目    
(6) 対決 vsヘルミッショネルズ 勝利
1 5セット目    
(107) 対決 vsヘルミッショネルズ 敗北
  ART終了   5セット/702枚
180 ART開始   強ベル×2
(101) 対決 vsヘルミッショネルズ 勝利
1 2セット目    
(38) 対決 vsはぐれ悪魔超人コンビ 敗北
  ART終了    
668 ART開始   強ベル×2
(7) 対決 vsヘルミッショネルズ 勝利
1 2セット目    
(30) 対決 vsヘルミッショネルズ 勝利
1 2セット目    
(42) 対決 vsはぐれ悪魔超人コンビ 勝利
1 3セット目    
(5) 対決 vs乱入コンビ 勝利
1 4セット目    
(49) 対決 vsヘルミッショネルズ 敗北
  ART終了   4セット/380枚
106 ヤメ    

 

 

【実戦結果】

総ゲーム数 2586G
投資 3000円
回収 11000円
収支 +7000円

 

 

【まとめ】

 

打ち初めてまず感じたことは

コイン持ちがすこぶる良い!

コイン増えてるんじゃない?と思わせるぐらい回りました。

しかし上手くタッグ役を重ねられず

モヤモヤが長く続いた印象です。

3回ほど「あ゛ーーーー!!」

ってホールで叫んだことはここだけの秘密です。

 

それだけハマっても結果プラスで終えたのは

ARTの直撃当選を2回したことと

ARTのセット数が伸びてくれたおかげですね。

 

 

 

もう少し打っても良かったのですが、

信頼している肉ガチャの内容がよくなかったので

 

ヒキよりも今は退きが肝心と言い聞かせ

勝ち逃げを決め込まさせていただきました。

関連機種

「パチスロ キン肉マン 夢の超人タッグ編」①/実戦記

2017/05/08

記事カテゴリ:ゴッティ輝
タグ: キン肉マン ART機 YAMASA ゴッティ輝 

GWも遂に終わってしまいましたね

皆さんは黄金週間らしく

しっかり楽しめましたでしょうか?

 

こんにちは

胃腸炎と

編集作業でほぼ満喫できず

悔やんでいるゴッティ輝です。

 

さてさて

今回レポートするのは

 

 

『パチスロ キン肉マン ~夢の超人タッグ編~』

です。

 

まずゲーム性が他の機種とは

一風変わっている印象を受けましたね。

 

今回はそのタイトルの通り

通常時・ART中共に

タッグがポイントになります。

 

そのタッグとはなんぞや!?

と言いますと、

ベルベル や スイカスイカ といったように

同じレア役を連続で引いて

(レア役間は何ゲーム開いていても大丈夫)

タッグを結成することから全てが始まるという点ですね。

 

 

液晶下部分に出ている2つのマスがあり、

同じレア役が成立した際にのみタッグが結成されます。

 

 

 

それぞれ役に対してタッグになるコンビがきまっており

コンビ成立で

 

 

ARTの抽選・チャンスゾーンの抽選や

ART中のセット数上乗せの抽選を

行っています。

 

上手にタッグを成立させられればそれなりに

戦えるイメージなんですけど、

なかなか揃えられないと

無抽選が続いてしまうのでツライですね。

 

とにかく早くタッグを成立させることが

勝つためには重要ですね。

 

ちなみに

タッグ成立時は主にCZを抽選を行うのですが、

本実戦中も何度か確認したように

ARTの直撃抽選も行っているので

タッグ役成立時は純粋にアツくなれるのでグッドポイントですね。

 

 

そして、通常時も去ることながら

ART中も特殊な仕様ですね。

 

ARTは

継続ゲーム数不定の「マッスルタイム」と

 

継続率管理の「超人タッグバトル

 

の2パートで構成されていますね。

 

今回のもう一つのウリは

初代キン肉マンを色濃く継承していることらしく

「マッスルタイム」は

バトル目を引くまで

永遠に継続するシステムになっています。

上段に

スイカ・ベル・ベル停止 

 

 

バトル目成立となり、「超人タッグバトル」のパートに移行します。

 

なのでバトル目を引かなければ

永遠に「マッスルタイム」を消化できるんです。

 

うまいことやれば100G以上継続なんてことも

簡単にできてしまいます。

 

 

逆に言えば

 

 

ダメダメパターンも起こりうるんですね。

 

とにかく全て「己のヒキ」にかかっていますね。

 

バトル目が成立している可能性がある時は

示唆演出が出るのですが、

出ただけで「ヤメローーー!」

と本気で思ってしまうので

マッスルタイム中は毎レバーに気合が入ります。

 

 

まとめると

通常時は

同じレア役を連続で引いてタッグを成立させる

↓               ↓

CZ           ARTの抽選をうける。

↓               ↓

ART当選          ART突入

 

 

ART中は

「マッスルタイム」

バトル目を引ずひたすらハマることを祈る。

バトル目成立後「超人タッグバトル」

バトル勝利で「マッスルタイム」復帰

あとはこの流れをループさせて出玉を伸ばす。

 

 

 

シンプル且つ、己のヒキでアツくなれるポイントが

多数ある機種ですので

是非ホールで触って己のヒキを試してみてください。

 

最後に、ゴッティ的には

解析情報は多数出揃っており、

設定看破も比較的し易いのではと

睨んでおります! 

特に設定確定要素(肉ガチャなど)の情報は

かなり重要となるので、

打つ前は確認することをオススメします。

ぱちガブッ!の機種ページ

https://p-gabu.jp/contents/machinecontents/detail/4530

 

関連機種

TOP