全力!新台レポート

毎週月曜日更新/若手ライターたちが毎週、最新台を全力実戦!

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

「戦国パチスロ 花の慶次~天を穿つ戦槍~」②/実戦データ

2017/09/05

記事カテゴリ:山田銀河
タグ: 花の慶次 ART 戦国、歴史 EXCITE 

【実戦データ】

ゲーム数

ボーナス

当選契機

投資・備考

363~

スタート

 

 

(665)

皆朱の刻

(高確)強チェリー

4pt獲得→失敗

(809)

皆朱の刻

チャンス目

9pt獲得→成功

(823)

ART告知

 

12K

835

大合戦ボーナス

赤7揃い(シングル)

 

(1)

 壱の門

 

VS兵力50000

(82)

勝利

 

 

(85)

勝利の宴

 

10G継続

(100)

弐の門

 

VS兵力40000

133

ART終了

 

133G/298枚

(121)

ART告知

天国

 

135

大合戦ボーナス

赤7揃い(シングル)

 

(1)

壱の門

 

VS兵力50000

77

ART終了

 

77G/356枚(枚数引継ぎ)

(80)

皆朱の刻

強チェリー

3pt獲得→失敗

(230)

皆朱の刻

(高確)強チェリー

7pt獲得→成功

(240)

ART告知

 

 

258

大合戦ボーナス

赤7揃い(シングル)

 

(1)

壱の門

 

VS兵力50000

(90)

勝利

 

 

(93)

勝利の宴

 

10G継続

(104)

弐の門

 

VS兵力40000

178

ART終了

 

178G/380枚

(320)

皆朱の刻

チャンス目

4pt獲得→失敗

360

ヤメ

 

 

 

 

【実戦結果】

投資

12000円

獲得

0枚

換金

 

収支

-12000円

 

 

【まとめ】

リセットをすると、25%で天国モードに移行するみたいです! コイン持ちもいいですし、2、3千円で勝負できると思いますのでリセット濃厚台は朝から攻めてみてもいいと思います。後、リセットすると約7割は通常B以上に滞在するみたいなので前任者が朝イチ当てて即ヤメしている台は1周期まで回してみるのもありだと思いますよ。

設定推測に関しては、スイカ確率に設定差があるみたいです。

設定1 1/100 ~ 設定6 1/70

設定狙いで打つ際は必ずカウントを心掛けましょう!

関連機種

「戦国パチスロ 花の慶次~天を穿つ戦槍~」①/実戦記

2017/09/05

記事カテゴリ:山田銀河
タグ: 花の慶次 ART 戦国、歴史 EXCITE 

どーも、山田銀河です。

 

今年の甲子園いつも以上に熱かったですね。特にサヨナラや延長戦に持ち込まれる試合が多く、テレビの前で観てるこっちがドキドキしてしまいました。1番興奮したのは明豊(大分)VS天理(奈良)の9回2アウトからの同点に追いついた試合! あれは今年一のベストゲームだと思います。落ち着いた頃にはドラフト会議も始まります…果たして、一番注目を浴びた広陵の中村奨成君を獲得する球団はどこになるのか! 今から非常に楽しみです。

 

今回レポートする機種は戦国シリーズの先駆け

 

 

『戦国パチスロ 花の慶次~天を穿つ戦槍~』

 

大人気シリーズ『花の慶次』のパチスロ4作目となります。

今作は専用筐体「傾奇者」を採用しており、筐体の右部分に「大朱槍」ギミックを搭載しています。前作はA+ART機でしたが、今作はART特化型となっております。

打ち方やゲームフローはぱちガブッ!さんの専用サイトをご覧下さい!

https://p-gabu.jp/guideworks/machinecontents/detail/4679/250

 

通常時は、皆朱の刻(CZ)からのART当選と慶次だけに花(87)周期システムでのART当選がメインとなります。

 

 

この写真の右部分に見えますゲーム数の下二桁が87Gを経過した時にARTを抽選してます。まだ1周期あたりのART期待度などは詳しく分からないですが、100Gに1回はARTの期待がもてますよって事です!

87Gを越えるとそこからざわざわと前兆が始まり、最終的に連続演出に成功するとART当選になりますが

 

 

今回は皆さんが大好きな伊達政宗。

大当たり期待度1.5の演出ですが、これが赤タイトルだったり赤セリフが発生すると期待度は結構上がるみたいです。もちろん、それは出現してくれずハズレ。前兆の演出も弱かったのでこれは致し方ない。

数分後、本日初めてのチャンス到来! 

高確ステージで強チェリーを引くと、

 

 

捨丸…。高確強チェリーはCZ期待度約50%あるみたいですが捨丸は少々不安。

歴代の慶次シリーズでも捨丸はあまりいい扱いではないですが

 

 

なんとか誘惑に打ち勝ち成功!

本日初となる

 

 

CZ「皆朱の刻」に突入!

ART期待度約45%のCZで、10G間に獲得した累計ポイントで最終ゲームにART告知を行います。

MAXは10ptでART確定(0ptでもART確定)。ベルやリプレイが成立すると最低1pt獲得、レア役なら2pt以上の獲得となります。

 

 

そしてCZ中は押し順ベルを引くとナビが発生するのでpt獲得+コイン持ちもアップします。なので、毎ゲーム押し順ベルが出るのを願いつつレバーを叩きましょう!

今回は押し順ベルとリプレイが成立しただけの4pt。4ptでのART期待度は6%と絶望的な数値ですが…もちろんハズレ。まぁ、まだ1回目なので次こそ成功させましょう!

 

その後、割と早めに2回目のCZが訪れ消化していると、

 

 

スイカ成立で8ptまで獲得!

8ptでのART期待度は67%と現実的な数値!

 

 

更には駄目押しで最終ゲームに押し順ベル成立で9pt獲得! 

9ptは期待度80%。もちろんここは…危なげなくART当選! 天井を意識し始めるゲーム数だったので素直に良かった。

まずは準備中を介するんですが、ここでのレア役などで参戦する武将(伊達、真田、奥村、直江)を抽選してくれてます。武将がいれば戦況が有利になるのでここでのレア役は熱い。

赤7を狙えカットインでARTが始まるんですけど、

 

 

今回は普通のシングル揃い!

ここでK字型の7揃いをすれば「悪鬼羅刹」という一気にダメージを与えるゾーンから始まるみたいです。

 

 

ART「大合戦ボーナス」はゲーム数不定の自力ARTとなっており、自軍の戦況がゼロになり本陣急襲で敗北するまで続きます。

敵軍兵力が下に表示されていると思いますが、それを0にする事ができればART継続という最近良く見掛けるシステム。主にベルやレア役で自軍が攻撃をし、リプ連してしまうと敵の攻撃を受ける可能性が高いです。

 

 

リプ連が続くとこの様に左のメーターが減ります。だいたい3連続でリプレイを引いてしまうと敵の攻撃になってしまうので、それまでにベルやレア役を引いてどうにか戦況を変えましょう。

 

 

レア役は大ダメージや自軍のメーター回復のチャンス!

出てくるキャラクターによってダメージの大小があり、中にはダメージ+回復してくれる優秀なキャラクターもいるみたいです。

 

 

ここは弱チェリーだったのでメーター2本分くらい減らしてくれました。

2本か…勝つまでにはまだまだあるなとげんなり(笑)。

なんとかそのままの勢いで相手のメーターを削っていってたんですが、ここでスイカから

 

 

真田幸村が参戦!

もう相手のメーターを削り切ろうかという時に遅めの重役出勤。

 

 

そんな真田の活躍はあったのかは分かりませんが初陣は見事勝利で飾ることができました!

合戦に勝利すると必ず

 

 

「勝利の宴」に移行します!

こちらは10G(最大30G)継続し、この間にレア役成立でストック獲得の抽選を行っています。1つストックがあるだけでかなり違いますのでこの間の10G間は非常に大事!

今回は何も引く事なく、次セットへ。

さっきは兵力50000でメーター5本でしたが今回は40000のメーター4本。さっきより簡単なら楽勝楽勝…

 

 

と、思っていると自軍が光の速さで撤退。

全員腹痛でも起こしてたのかな? 幸い投資は少な目。コイン持ちも良いし、どうにか次の初当たりまでは頑張ろうと打っていると

 

 

最初の花周期で「蒼炎の兆し」という前兆ステージに移行。

天国モードなども存在するみたいですが詳細は不明! この蒼炎の兆しがLv.3まで発展しまして、これが凄いかどうか全く分からなかったんですが

 

 

キセル予告発生!

初代『花の慶次~雲のかなたに~』のキセル予告を思い出すかっこよさですな!

これが見たいが為に慶次を打っているといっても過言ではない。

キセルから発展した先が直江兼続。これを外したらもう打てませんよ?と心に問いかけ演出を見届けると…

 

 

危なげなく成功! ホッと胸を撫で下ろすのでした。

本日2回目の初当たりを射止め、マイナス収支の逆襲が今始まる! 

 

 

…かと思いましたが、何も起こせず駆け抜け。

更にもう一度初当たりを射止めますがたいして伸びず。特に見せ場もなかったので写メも撮らずタイムアップとなりました。

 

また連敗記録が伸びてしまいましたが、こんだけ負けるともう勝敗はどうでもよくなりました(笑)。これを読んでいただいて、「銀河また負けてるわ。ふふっ」とほくそ笑んでいただければ幸いです。

まぁ、いつかは大爆発が起こると信じて新台レポートも続けていこうと思いますのでその時をしばしお待ちを!

関連機種

「CRめぞん一刻~約束~」②/実戦データ

2017/08/28

記事カテゴリ:セールス森田
タグ: HEIWA めぞん一刻 マンガ ミドル 

【実戦データ】

回転数

図柄

予告&リーチ

投資

0

スタート

 

210

6(4R)

タイマー予告 青保留 こずえの待ち合わせリーチ

11k

41

4(4R)

チャンス保留 仲直りチャレンジ成功 エピソードリーチ(今夜待ってる)

 

98

4(4R)

疑似3連 エピソードリーチ(契り)

3k

520

ヤメ

23k

 

 

【実戦結果】

投資

37000円

出玉

0玉

交換

0円

収支

ー37000円

 

 

 

【まとめ】

 

「こういった流れになったら最悪」という結果になりました。この機種は初回の50%確変を引けるかが勝敗を分けるポイントであり、そして今回は負けました。初回の確変に入れば通常大当たりを引いても時短が100回転付くので、大量出玉獲得も夢でありません。入れなかったら夢すら見られないという事です。

 

今回は負けてしまいましたが、やはり演出は本当に素晴らしかったです。パチンコのドキドキと恋愛のドキドキを同時に堪能出来る珠玉の一台となっております。みなさんも是非ドラマティクな演出に酔い痴れるひと時を過ごしてみて下さい!

関連機種

「CRめぞん一刻~約束~」①/実戦記

2017/08/28

記事カテゴリ:セールス森田
タグ: HEIWA めぞん一刻 マンガ ミドル 

こんにちは。管理人さんとの恋愛は経験した事がないセールス森田です。当コーナー4回目の登場となる今回は『CR めぞん一刻~約束~』を実戦しました。

 

 

 

めぞん一刻シリーズは、恋愛パチンコを代表する作品と言えるでしょう。シリーズ第4弾となる今作も、美しい映像と音楽で打ち手をドキドキさせてくれる素晴らしい作品です。スペックはこちらからご覧ください。

https://p-gabu.jp/contents/machinecontents/detail/4674

 

ライトミドルスペックですが、確変に入れば一撃ドカンと! なんて事もありえます。注意点としては、初回の15%を占める4R確変は電サポ16回転で終了してしまう事。電サポ終了後は潜伏確変となる為、初回大当たりからの「追憶ステージ」は即ヤメ厳禁です。なお、電サポ中の大当たりから潜伏する振り分けはないので、ドラマチックモード抜けの追憶ステージは即ヤメしても問題ありません。

 

 

 

次に演出面に関してです。

今作も打っていると恋愛したくなってくる演出が満載となっております。

(以下、恋愛とは無縁の男が虚しい気持ちを抑えつつご紹介して参ります…。)

 

通常時は先読みがかなり多いというイメージでした。同色チャンス目は、真ん中に「惣一郎」が停止するとアツいです。

 

 

保留は色だけでなく「チャンス保留」や「激熱保留」など様々。

 

 

 

 

画面下中央の小窓も演出が豊富ですので注目です!

 

 

 

 

↑今回はプレミアム演出が出てくれました。

実際にいたら気持ち悪い色ですが、パチンコ世界に現れる分には美しい色ですね。

 

リーチ後の予告での激アツ演出は、主に次回予告、ラブロマンスZONE、金色の風予告の3つです。

 

オススメ演出は金色の風予告。

 

 

この演出は本当に素晴らしい!

「なごり雪」が流れるタイミング、そして映像のクオリティの美しさ。胸キュン間違いなしの演出となっております。個人的には今年導入された台の演出ランキング1位です! 

 

「自分の身の回りの全てが金色に輝いて見える」、そんな恋愛したいものです…(虚しさ抑えるのは限界でした…)。

 

 

そしてリーチ演出に関してですが、エピソードリーチから大当たりする事が多いです。発展先は「約束」か、「契り」だと信頼度大幅アップとなります。

 

 

 

最後は大当たり後について。7図柄揃いは確変の「スーパードラマチックデイズ」に突入。その他の図柄揃いは「ドラマチックチャレンジ」に突入です。

 

 

 

 

16回転以内に当てれば「ドラマチックデイズ」に突入。当てられなかった場合は16回転目に「スーパードラマチックデイズ」に突入出来るかの演出が発生します。

 

 

 

 

16回転の間に「UP」を多く止めて、右下の枠の色を変えていきましょう。赤なら確変期待度もアップします。

 

確変中も素晴らしい演出が満載との事です。

ん、との事?

はい、実戦結果をご覧ください…。

関連機種

「CRアナザーゴッドハーデス アドベント」②/実戦データ

2017/08/21

【実戦データ】

回転数

図柄(ラウンド数)

予告&リーチ

投資

3

1:ペルセポネボーナス(16R通常)

赤保留→タナトスミッション→ハーデスの槍ギミック→ケルベロス(金タイトル、赤テロップ)→緑カットイン

0.5K

656

 

ヤメ

39.5K

 

 

 

【実戦結果】

投資

40000円

総大当り回数

1回

出玉

0玉

換金

0円

収支

-40000円

 

 

【まとめ】

 

はい。クソ負けです。リングに続くクソ負けです。

「みたい」とか「疑惑」とかにごした言い方をしていたのは、自分自身で体験したものではなくまた聞きだったから。すみません。の割には写真を結構もっていたと思いますよね。友人からのもらいもんです。すみません。ボーダーが甘すぎるゆえ、1000円で10~11なんてとこも結構あるので打つ時は気を付けてください。あと、たぶん台によって寝かせによって回りやすさが違うと思うので「あれ? おかしいな。めっちゃ回るな。こわいな、こわいな」と感じたら粘ってもいいと思います。

 

 台としてのおもしろさは抜群です。最近のメーシーさんは『ギルクラ』といい『ギルクラ』といい『ギルクラ』といい面白い台をリリースしまくっているので、今後も個人的には期待しまくっております。

 

それでは今回はこのへんで。さようなら。

関連機種

「CRアナザーゴッドハーデス アドベント」①/実戦記

2017/08/21

こんにちは。ゲンスイです。

 

今回の機種はコチラになります。

 

 

 

『アナザーゴッドハーデス アドベント』です。

スペックはコチラからどうぞ。

https://p-gabu.jp/guideworks/machinecontents/detail/4607

 

注目は3つ。

1つ目が、等価ボーダー(1000円あたり)が約14.3回転であること。

うん、やばいですよね。京楽さんの『銭形平次』とか『初代牙狼』よりも全然甘いってことになりますから。えぐいです。えぐちさんです。

 

2つ目が、初当りを引いた後の期待出玉が現行機No.1であること。

『北斗7』や『仕事人V』などの上をいく約5570個。えぐいです。ようすけさんです。

 

3つ目が

 

 

このクルーン。普通のパチンコ台はヘソに入ったら保留が1個たまりますけど、本機はヘソに玉が通ると、入賞口が3つあるクルーンに向かいます。右奥がヘソ(返し5個)、左奥が電チュー(返し5個)、手前がおまけ穴(返し3個)になっており、手前以外の穴に入ると回転するという仕組みです。「ヘソに入っても回らない可能性あるとか微妙じゃん」って思うかもしれないですけど、意外とこのクルーンが通常時のスパイス(当たる当たらないは別として)になっているので、いい意味で退屈しのぎになります。

 

 

それでは、通常時の解説にうつります。

まず、本機で一番大事なものになるのは“保留変化”になります。

個人的にコレがないと始まりません。

 

 

基本的には保留の上にガイコツが現れて火を吹けば保留変化となります。たまに死神みたいなキャラが出てきますが、おそらくそれは出た時点で保留変化濃厚だと思われます。

そして、問題の保留の色ですが、青<緑<赤<金、となっており赤から期待してよしです。割と普通のことを言っていますが、緑より下が残念すぎるので赤以上マチとなります。

噂では保留のサイズに大小があるっぽく、大きいとたぶん激アツ。金の小と赤の大なら後者の方がアツい疑惑があります。はい、疑惑です。

 

 

あとは、ハーデス系の演出。予告・リーチのどこでも出てくることがあるのでアツそうな予告が出たら「ハー様こい!!!」と願うが吉です。

ちなみに、

 

 

本機最強と謳われている「レジェンドオブハーデスSP」は“ちゃんと”アツいみたいです。

映像がかっちょいーだけでなく、期待度もそれ相応らしいですよ。

 

あとは、

 

 

役モノが出るかどうかとか

 

タイトルの背景とかカットインの色が青なのか赤なのか金なのかおのののか…。おう、もちろんここはスルーで頼む。

 

要は“バランス”が大事かと。1個の超強い演出に頼るのではなく、積み重ねが大事。いうなれば北斗にちょっと似ているのかな。とにかくバランスゲーということは覚えておきましょう。

 

 

電サポ中は、リーチになれば基本チャンスですが、起点になるのはエフェクトなどの色。

保留と同じで赤から期待してOK、金なら発狂です。

 リーチはハーデス・ペルセポネ・ケルベロスの基本3種類で展開され、ハーデスなら激アツ。それ以外はチャンスアップに期待ってとこですかね。

 

 それと、同メーカーにしてゲンスイの個人的今年No.1機種の『ギルティクラウン』と同じく、電サポ中は通常なのか確変なのか分からないシステムになっています。

ただ、演出で見抜くことは可能で

 

 

ハーデスブーストステージに移行すれば確変状態濃厚。

ほかには大当り演出が「ハーデスボーナス」と「アナザーゴットボーナス」だったとき。

上記3つの演出が出なくても、潜っていた場合は100回転回しても電サポは続きますので、覚える必要はないんですけど、ゲーム性をもっと楽しみたい方はぜひ参考にしてください。

 

 現場からは以上です。

関連機種

「政宗2」②/実戦データ

2017/08/14

記事カテゴリ:山田銀河
タグ: Daito 政宗 ART 

【実戦データ】

ゲーム数

ボーナス

当選契機

投資&備考

0~

スタート

 

 

(88)

愛姫演舞(CZ)

6択リプレイ

失敗

(256)

ボーナス告知

強チェリー

7K

280

隻眼ノ乱(ART)

青7揃い(シングル)

+50G

(51)

秀吉決戦

6択正解

7揃い×4回(計140G)

(95)

VSイエヤス

MBチャンス目

勝利→30G

(130)

VSウキタ

スイカ

敗北

(156)

VSイエヤス

MB

敗北

225

ART終了

 

225G/433枚

(570)

ボーナス告知

チャンス目A

 

580

奥州ボーナス

 

4K/天下道

(1)

天下道

 

失敗

(320)

ボーナス告知

強チェリー

5K

352

隻眼ノ乱(ART)

青7揃い(シングル)

+50G

(46)

VSトシイエ

契機不明

敗北

(51)

ART復帰

自力7揃い

+30G

(67)

VSウキタ

チャンス目A

敗北

82

ART終了

 

82G/167枚

(70)

ボーナス告知

強チェリー

 

82

隻眼ノ乱(ART)

青7揃い(シングル)

+50G

(34)

VSトシイエ

契機不明

敗北

(47)

VSイエヤス

強チェリー

敗北

50

ART終了

 

50G/120枚

(280)

ボーナス告知

強チェリー

4K

288

奥州ボーナス

 

 

(138)

ボーナス告知

チャンス目B

2K

159

隻眼ノ乱(ART)

青7揃い(シングル)

+50G

(22)

VSカゲカツ

MBチャンス目

勝利→+30G

(38)

VSイエヤス

強チェリー

勝利→+30G

110

ART終了

 

110G/240枚

30

ヤメ

 

 

 

 

【実戦結果】

投資

22000円

獲得

216枚

換金

4000円

収支

-18000円

 

 

【まとめ】

 

通常時、ART中などいかなる場面でも有効みたいですが「大都歴代ヒロインプレミアム」といって秘宝伝のクレア、番長の操、吉宗の姫が出現すると設定456以上が確定するようです。

 

クレア出現=設定4以上

操出現=設定5以上

姫出現=設定6

 

これは確実に覚えておきましょう!

これらはタダのプレミアム演出ではなく、設定4以上が確定するのでかなり注目です。

1Gでも早く消化したい人とかは演出キャンセルしがちなので、そこをグッと堪えて見落とさないように気を付けましょう!

関連機種

「政宗2」①/実戦記

2017/08/14

記事カテゴリ:山田銀河
タグ: Daito 政宗 ART 秀吉決戦 

どーも、山田銀河です。

 

今年も甲子園の季節がやってきました! 

この時期になるとパチスロよりテレビにかじりつく時間が長くなります。いくら好きなパチスロといえども球児の懸命なプレーと涙には勝てませんね…。全部のパチンコ屋が台横にテレビを設置してくれたら一石二鳥なんですけどね!

 

私、山田銀河。今回の新台レポートで20回目を迎えます‼ 

そんな記念すべき20回目の機種は、爆乗せに期待できる特化ゾーンと大都機種の中でも1、2を争う名曲が搭載されていたアノ機種の続編

 

 

 

『政宗2』です‼

 

前作の政宗はホントに好きで、まだ都内にも設置しているのでたまに打ちに行ったりするほど。出た思い出はそんなにありませんがゲーム性、BIG中の曲が名曲過ぎて…それが聴きたいが為に打っていました。

今作はARTのみで出玉を増やす仕様となりましたがベースも高くなり、もちろん皆さんが期待している「秀吉決戦」もパワーアップしています。更に、好評稼働中の番長3のシステムを少し加えていまして、通常時&ART中に武将対応の小役を引くことで負け前兆を書き換えたりと、力が入る場面が多々あります!

 

そんな期待の政宗2を実戦してきました。

 

打ち方などはぱちガブッさんの機種ページを是非ご覧下さい!

https://p-gabu.jp/guideworks/machinecontents/detail/4627

 

打ちだすとすぐに6択リプレイの煽りが発生!

前作にも搭載されていましたが、これに正解すると愛姫演舞というCZに突入するのですが…

 

 

見事6択に正解し、愛姫演舞に突入です!

最低10G継続で(10Gor20Gor無限)この間は6択リプレイが高確率になっていて、そこで6択に成功するとARTに突入します。ちなみにこの間はベルナビも出るので若干ですがメダルも増えます。

そして今回から搭載された新しいシステムですが、6択の「?ナビ」が出た時にpushボタンを押すことによって、

 

 

今までの正解が見れるようになったんです!

ただこれがねっ…嬉しいんですけど、見れるようになったせいで余計迷わされる(笑)

お陰でこのCZは見事失敗し通常へ。6択って難し過ぎ!

 

その後、少し回すと強チェリーから高確率(前兆ステージ)に移行し、発展した先が

 

 

VSモウリ

 

この時点で勝ち以上は濃厚‼ 

その後の演出次第ではいきなり秀吉決戦が確定するパターンもあったりしますが今回は…

 

 

青7揃いで隻眼ノ乱(ART)突入です‼

金7揃いなら秀吉決戦でしたがそれはお預け。

 

 

初期ゲーム数は50G。

ART中はベルやレア役で兵力を上げると武将バトルに発展しやすくなります。そこで武将バトルに勝利すると上乗せ。更に上乗せした一部で秀吉決戦という流れになります。なので武将バトルに発展させないとどうにもなりません。

そして何も引けずに駆け抜けようとしたその時!

 

 

激アツの秀吉6択ナビが発生しました!

これに正解するとそのまま秀吉決戦に突入します。正解するかどうかで天と地の差…運否天賦。

ここは前回までのナビを見るのではなく直感勝負!頭にふっと閃いた押し順は「中・左・右」神に祈るような思いでボタンを…

 

 

おっしゃー!見事自力で秀吉決戦に突入!

7揃いする度に30G~300Gの上乗せ、継続率は最大80%! 更に今作は消化中に金7揃いすれば秀吉決戦自体をストックします。消化中に右下にある炎メーターをMAXにすることで超秀吉決戦(85%ループ確定)に突入したり、特殊出目出現で秀吉覚醒(2択成功で3桁以上確定+失敗するまで継続)に突入したりと前作に比べるとかなりパワーアップしています。

ここで如何に頑張れるかが出玉増加のカギになるんですが…今回は計4回揃っただけで写メを撮るにも値しませんでした(笑)

秀吉決戦にも突入させた初のARTは

 

 

イマイチの結果に…。

まぁ、投資は取り戻したのでここからです。

 

…ただここから何も引けないお時間に突入しまして、ベースが高いといってもさっきの出玉はペロリとノマれ追加投資。前回の星矢みたいにまた天井かなと意識し始めた540Gでチャンス目Aが成立!これがなんとか当たってくれたんですけど、

 

 

出てきたのは奥州ボーナス。いわゆるバケです。

奥州ボーナス中は20Gで黒BAR揃いを目指すゲーム性。黒BARが揃えば奥州ボーナス終了後に「天下道」に突入するんですが

 

 

またもや大チャンス発生…

揃えば秀吉決戦に昇格!

6択当てられる時って連続で成功したりしますよね? で、今日の俺やれますみたいな感覚になりますよね?

 

 

はい、無理でした。そう簡単には当てさせてくれない。

ですが、消化中に黒BAR揃いで

 

 

天下道に突入‼

天下道は成功すれば秀吉演舞(突入して6択正解で秀吉決戦。失敗してもART確定)ですが、どうやら突入時に一定の確率で当選しているかどうかは決まっているみたいです。ただ、消化中のレア役で内部的に失敗していても成功に書き換えてくれるみたいなのでこの15G間は大事。枠が緑まで発展するもダメ。まぁ、期待度は約35%なので仕方ない。

 

その後、再び追加投資をしいられますが

 

 

愛姫から「激熱」とのお言葉を頂きました。

大都さんの激熱って結構信頼しているんですが…やはり本前兆だったようで再びARTに突入‼

投資はまだまだ控えめ。一度秀吉決戦に突入させ、ある程度のゲーム数を乗せればもう捲れる範囲。これからですよ? ここから。

 

 

なんとか捲りたいんですが対戦相手がトシイエ…トシイエは最強キャラなんです。前作でいうとこの慶次郎です。しかし勝つことができれば秀吉決戦が確定します! こいつに勝つには対応役の弱スイカor強スイカを対決中に引くしかない…。

約3Gの演出中に引けるわけもなく余裕の敗北です。

 

 

ゲーム数が0になり自力で6択正解するも伸びずにART終了。

その後、何度か初当たりを引くも全く伸ばすことができずに実戦終了です。

またも連敗記録が伸びてしまいました…。もう最後に勝ったのがいつで何の機種だったかも覚えてない(笑)。

次こそは…って毎回言ってる気もしますが次こそは!

 

関連機種

「CR牙狼GOLDSTORM翔」②/実戦データ

2017/08/07

記事カテゴリ:ゲンスイ
タグ: SanseiR&D 牙狼 ミドル ST 

【実戦結果】

回転数

図柄(ラウンド数)

予告&リーチ

投資

56

 

移動

3K

35

 

移動

2K

155

2(4R確変)

リボルバー保留(赤)→リュメ地脈→PFOG翔→キリンリーチ(赤タイトル)

7.5K

【57】

7(16R確変)

逆エンブレム保留→牙狼剣アタック(銀)

 

244

1(4R確変)

GARO保留→疑似3連→W金色リーチ(ヴァイオレータ&アンドラガオ:タイトル両方緑)→アンドラガオで大当り

 

【36】

7(16R確変)

緑保留→牙狼剣引き抜け予告→復活大当り

 

【1】

7(16R確変)

即当り

 

【29】

7(16R確変)

テンパイ煽り→牙狼剣

 

195

 

ヤメ

 

 

 

 

【実戦結果】

投資

12500円

総大当り回数

6回

出玉

7725玉

換金

28500円

収支

+16000円

 

 

 

【まとめ】

 

ひねり打ちの効果は高めなので、8発入賞でヤメ→9発目を弱く10発目を強く打つ、というやり方でぜひ実践してみてください。

 

ほぼ間違いなく、仕事人や北斗・海シリーズとならんでホールの主役になると思うので、果敢に狙いにいってもいいと思います。狙い時はお盆明け、もしくは9月以降かな。

 

素敵なガロライフを送ってください。

それでは、さようなら。

関連機種

「CR牙狼GOLDSTORM翔」①/実戦記

2017/08/07

記事カテゴリ:ゲンスイ
タグ: SanseiR&D 牙狼 ミドル ST 

こんにちは。ゲンスイです。

 

今回の機種はコチラ。

 

 

デカっ!! ついに台が本格的にデータカウンターを見えなくさせにきましたね。

はい、牙狼です。ビッグタイトルラッシュ最終章ってとこでしょうか。

 

スペックはコチラからどうぞ。

https://p-gabu.jp/guideworks/machinecontents/detail/4662

 

初当りの61%でSTに突入し、継続率は約77%。電チューの大当りはALL16Rですが、その内の18%は通常もありますよっていう台。これに似たようなスペックありますね。そう、『リング』です。「え~大当りを引いても通常あんのかよ」って意見もごもっともですが、全部16Rなので、まとまった出玉は確保しやすいって考えれば許せる範囲かと。

 

 

 さて、それでは演出紹介に参りましょう。

まず、今回の『牙狼』は前前作の『金色』をベースに作られております。

キョトンとしている方のために一応説明しておきますと、今でこそ当たり前になった上から牙狼が出てくるP.F.O.G(パーフェクトフェイスオブガロ)の土台となった台です。右についている牙狼剣も「金色」からなんですよね。

 

「金色」と同じということは大事になってくる演出は

 

 

P.F.O.G.翔になってくるわけです。

正直、まだ初見のレポートなのでどのくらい当りに絡むかとかは分かりませんが、体感ではコレなしじゃ不安がかなり残るかなといったくらい重要な役割だと感じました。

 

P.F.O.G翔が出るまでの流れをおさらいすると

テンパイ→F.O.G翔(液晶内の役モノ)→いったん液晶が暗くなる→P.F.O.G翔

という流れになります。

 

今までと同じく、テンパイ後にF.O.G翔が出現せず、アニメ系に発展した場合はハズレ後にF.O.G翔が出ることもあります。期待度の高い予告が出てきてる時はアニメ経由だと、P.F.O.Gが濃厚になるのでちょっとアツいってのもシリーズお馴染みですね。

 

 

大当りを狙えるリーチにはF.O.G(役モノ)なしで牙狼に変身して発展と、F.O.G(役モノ)ありで牙狼に変身して発展の2種類あって、前者なら漆黒系に発展します。

 

 

 これも「金色」と同じで、最高系のマジェンサでも信頼度は約17%なので、基本的には漆黒は期待薄。だけど、赤タイトルになれば種類問わず約60%近くまで跳ね上がるので大チャンス。最後のボタンが牙狼剣なら大当り濃厚って法則は今回も適用されてるっぽいです。うん、「ぽい」だよ。

 

 F.O.Gありで発展した場合は牙狼翔系に発展。

 

 

 メインはやっぱりこっちですね。グライシス(約46%)ならタイトル青でもワンチャン、ゴラド(約21%)とデモンド(約18%)はチャンスアップ必須ってとこでしょう。

ちなみに写真の「キリン」は前作の「ザジ」相当の最強リーチです。ここの法則も踏襲されていて、タイトルが赤背景以外ならその時点で超激アツみたいです。いや~覚えやすくていいね。まんま「金色」だもん(もちろんいい意味で)。

 

 漆黒・牙狼翔系に総じて言えるのは、とにもかくにもリーチ中のチャンスアップ超大事ということ。タイトルの色・リーチ中のボタンプルプル&牙狼フラッシュ(赤なら鉄板!?)・最後のボタンの種類(斬馬剣なら発狂)あたりに注目しておきましょう。

 

 

通常時はとにかく「金色」に寄っており、アツいポイントもはっきりしているので、牙狼ユーザーなら100回転も回せばすんなり入りこめると思います。

 

 

 ST中は今までの牙狼シリーズをごっちゃにした感じ。

 

最初の55回転

 

 

ここはテンパイするだけでチャンス。

注意点は、結構な頻度で牙狼剣を引き抜いたり押したりする演出がきますが、それを激アツだと思いすぎないようにしましょう。ぶっちゃけ、結構ハズれます。隣のおばちゃんとかめっちゃ怒ってたので一応補足としてね。

 

56回転~101回転

 

 

 ここはエンブレムの色に注目です。銀がデフォルトで金なら期待度アップです。剣の種類が斬馬剣になったり、逆エンブレムになることもあります

 

 

102~183回転

 

 

 いわゆるバトルパート。テンパイ後に出てくるホラーの星の数が少ないほど勝率アップ。当否を決めるボタンの種類は

小ボタン(白)<中ボタン(青)<大ボタン(緑)<牙狼剣(赤)<牙狼斬馬剣(超激アツ)

となります。

それと、鎧召喚のときにF.O.Gが作動すれば勝利濃厚の牙狼翔バトルに移行します。

いきなり雑誌みたいな説明口調になったのは、今回の実戦で1回も発展しなかったからです。察してください。

 

184~187回転

 

 

テンパイ後、ボタン一撃で決着をつけるラスト3回転。カットイン(青<赤<金)とボタン(ボタン<牙狼剣<斬馬剣)の種類に注目。もちろん当たったことはないよ。

 

 

まとめますと、今回も保留やエフェクト系の先読みを経由してテンパイまでもっていく感じです。周りを見てる感じ、リーチ中(特にバトルパート)はチャンスアップ皆無だと絶望、といった感じで、コチラもかなりわかりやすい仕様となっている気がしますね。ちなみに緑系はガセがあるので気をつけてください。

 

初見の感想はこんな感じですかね。

長くなりすぎたことをお許しくださいませ。

それでは。

関連機種

TOP