~誰でも分かるパチスロ・スロット6号機の規制内容・解説Q&A~

規則が改正され、2018年10月1日(月)から6号機時代が幕を開ける。

2018年9月現在、ホールに設置されている数多の5号機と、新しく導入される6号機ではどういった所に違いがあるのか……? そんな疑問を解決するため、当ページでは出玉面に関する重要な変更事項を10点挙げ、Q&A形式で解説。

5.9号機と比較するとゲーム性や出玉速度などが格段に向上するであろう6号機時代の到来に備え、ご一読いただけたら幸いだ。

 

【目次」

・動画解説

 ・上乗恋の6号機簡単解説♪

 

・6号機に関するQ&A

 【Q1】6号機になってATが復活すると聞きましたが本当ですか?
 【Q2】ATの純増枚数はどれくらいまで期待できますか?
 【Q3】ATの初当り1回で最大何枚くらい出ますか?
 【Q4】天井が復活すると聞きましたが本当ですか?
 【Q5】そもそも有利区間って何でしたっけ?
 【Q6】6号機で設定判別するにはどこに注目したらいいですか?
 【Q7】ボーナスタイプの台は6号機でも出ますか?
 【Q8】出玉試験って何ですか?
 【Q9】つまりボーナスタイプの台はあまり出ないのでは・・・?
 【Q10】他に大きな変更点はありますか?
 【オススメ】コミックで読む6号機

 

・6号機注目機種

 ・HEY!鏡(2018/10/1導入)

   ・パチスロ チェインクロニクル(2018/11/5導入)

 ・戦コレ![泰平女君]徳川家康(2018/11/19導入予定)

   ・スーパーリノXX(2018/12導入予定)

   ・パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒スペシャル(導入未定)

 ・ぱちスロ ゲッターロボ(2018年導入)

 

・上乗恋の6号機簡単解説♪

 

 

6号機に関するQ&A


【Q1】6号機になってATが復活すると聞きましたが本当ですか?

本当です。5.9号機では「小役優先制御」「小役などで純ハズレをなくす」「常にボーナス成立後の状況にする」という三項目が自主規制とされていましたが、それらを全て撤廃することでAT機を作ることが可能になりました。

 

▲目次へ戻る


【Q2】ATの純増枚数はどれくらいまで期待できますか?

理論上は1Gあたり10枚増も可能です。ただし、純増枚数を増やすほどメイン役(=ベル等)の払い出し枚数を多くし、確率もアップさせる必要があります。それにより通常時のベース調整が非常に難しくなる(=回り過ぎてしまう)ので、現実的には1Gあたり約3枚~約5枚増のATが一般的になるのではないかと予想されています。また、あまりにもAT中の純増枚数を多くしてしまうと、コインを減らす区間や現状維持区間を設けたり、ATゲーム数を極端に短くするなどの対策をしないとほぼ出玉試験に通らないため、ゲーム性が損なわれてしまう恐れがあります。

 

▲目次へ戻る


【Q3】ATの初当り1回で最大何枚くらい出ますか?

最大2400枚獲得でAT・ARTは終了します。1Gあたりの純増枚数が約5枚であれば約480G……つまり、フルウエイト消化であれば30分強で2400枚の出玉を獲得することが可能です。

 

▲目次へ戻る


【Q4】天井が復活すると聞きましたが本当ですか?

本当です。「有利区間は全体の7割まで」という自主規制が撤廃されたため、通常時も大半を有利区間とし、一定の有利区間ゲームを消化することによってAT・ARTへ突入させることが可能になりました。

 

▲目次へ戻る


【Q5】そもそも有利区間って何でしたっけ?

5.9号機で初めて採用されたもので「通常時のAT・ART抽選が行われる状態(CZや特定の高確など)や、AT中、ART中、特定のボーナス中など」のことを指します。5.9号機では有利区間への移行抽選や有利区間中のAT・ART抽選に設定差を設けてはいけないという自主規制がありました。

 

▲目次へ戻る


【Q6】6号機で設定判別するにはどこに注目したらいいですか?

6号機の新規則によって、有利区間への移行率や有利区間中のAT・ART当選率に設定差を設けても良いことになりました。従って、6号機ではチャンス役などからのCZやAT・ART当選率に設定差をつけることができます。現状ではまだはっきりとしたことは言えませんが、5.5号機以前と同様に「特定チャンス役の出現率」や「CZやAT・ART当選率」などに注目すれば設定判別が可能になるのではないかと予測されています。

 

▲目次へ戻る


【Q7】ボーナスタイプの台は6号機でも出ますか?

ボーナスタイプの台を作ることは可能ですが、5号機に比べて出玉の制限がキツくなりました。まず、リアルボーナスの払い出し枚数が5号機では最大480枚でしたが、6号機は最大300枚となりましたこの規定によりリアルボーナスの最大獲得枚数は理論上280枚となります(1枚掛けで15枚役を20回獲得した場合)。また、出玉試験も厳しくなり、ボーナス確率を高めるほど出玉試験に落ちる可能性も高まってしまうため、既存機種よりもマイルドな機種が増えるのではないかと予想されています。

 

▲目次へ戻る


【Q8】出玉試験って何ですか?

文字通り、出玉に関する試験です。特定ゲーム数間で定められた差枚数を超えてしまったり、定められた差枚数に達しなかった場合は試験に落ちてしまい、当該スペックの台を世に出すことができなくなります。具体的な値はコチラの表をご覧ください。

5号機に比べ、上限枚数の制限が厳しくなったことが一目瞭然かと思います。また、400Gや1600Gというゲーム数は朝イチの1G目から400G目ということではなく常に更新されていくものなので、例えば出玉試験中の400G間(ボーナス中を含む)でボーナスやATが連チャンし、その間に差枚で約1240枚を超える出玉を獲得してしまうと上限枚数オーバーとなり、試験に落ちてしまいます。「ボーナスタイプのシマでビッグが大連チャンして1000Gで2000枚超え…」のような状況は、ホールでたまに見られると思います。このような状況が試験中に起きる可能性を考慮すると、ボーナスタイプの台はかなりマイルドに作らざるを得ないのです。

 

▲目次へ戻る


【Q9】つまりボーナスタイプの台はあまり出ないのでは・・・?

リアルボーナス搭載機は少なくなるかもしれません。ただし、AT・ARTを用いた擬似ボーナスをメインにすれば出玉のコントロールがある程度可能となりますので、6号機のボーナスタイプは擬似ボーナスを用いたものが主流になる可能性があります。

 

▲目次へ戻る


【Q10】他に大きな変更点はありますか?

変更点の一覧はコチラの表をご覧ください。

出玉に関する特筆すべき変更点は「ATの復活」「天井の復活」「AT・ART抽選の設定差が復活」の3点です。その他にも変更点はありますが、正直な所、あまり気にしなくても大丈夫かと思います。

 

▲目次へ戻る


コミックで読む6号機

6号機の特徴を学園もののコミックで分かりやすく解説!

 

-第1話-

⇒続きを読む

 

 

▲目次へ戻る

 

-第2話-

⇒続きを読む

 

 

▲目次へ戻る

 

-第3話-

⇒続きを読む

 

 

▲目次へ戻る

 

-第4話-

⇒続きを読む

 

 

▲目次へ戻る

 

-第5話-

⇒続きを読む

 

 

▲目次へ戻る

 

6号機注目機種


HEY!鏡

 2018/10/1 導入

大都技研の『HEY!鏡』は全メーカー初の6号機で登場。本機最大の特徴はAT「慶志朗チャンス」で、1Gあたりの純増枚数は約5枚と、現行機種屈指の快速ATが搭載されている。

ATはベルナビ回数管理タイプとなっており、1セットのベルナビ回数は最大100回(AT当選時に振り分け)。AT後は「ドライブゾーン」と呼ばれるCZへ必ず突入し、毎ゲームATの引き戻し抽選が行われる。ATとドライブゾーンのループ率は約70%と、連チャン性能は非常に高い。

⇒HEY!鏡の更に詳しい情報はこちら

(C)DAITO GIKEN, INC.

 

▲目次へ戻る

 

パチスロ チェインクロニクル

 2018/11/5 導入

Sammyから発表された6号機第1弾は「パチスロチェインクロニクル」。

純増約4.0枚/1GのATと、新機能"APシステム"に要注目!

⇒パチスロ チェインクロニクルの更に詳しい情報はこちら

(C)SEGA (C)SEGA/チェンクロ・フィルムパートナーズ  (C)Sammy

 

▲目次へ戻る

 

戦コレ![泰平女君]徳川家康

 2018/11/19 導入予定

コナミアミューズメントの記念すべき6号機第一弾は戦国コレクションシリーズ! 本機『戦コレ![泰平女君]徳川家康』は、過去の戦コレシリーズを凌駕した純増3.5枚/1Gの超快速AT「戦国タイム」を搭載しており、セット継続はお馴染みの「シナリオ」によって管理されている。

⇒戦コレ![泰平女君]徳川家康の更に詳しい情報はこちら

(C)Konami Digital Entertainment,NAS/「戦国コレクション」製作委員会 (C)Konami Amusement

 

▲目次へ戻る


スーパーリノXX

 2018/12 導入予定

リノシリーズ最新作は山佐初の6号機で登場! ゲーム性は『リノ』&『スーパーリノMAX』を踏襲しており、トマト揃いでボーナス高確率状態へ移行→ピンチ目の一部まで高確率状態が継続…という、馴染み深い流れが6号機でも完全に再現されている。

⇒スーパーリノXX

(C)YAMASA

 

▲目次へ戻る


パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒スペシャル

 導入時期未定

三洋物産の6号機第1弾は大人気の聖闘士星矢! 本機『パチスロ聖闘士星矢海皇覚醒スペシャル』は「AT・海将軍激闘(ジェネラルバトル)」から「AT・聖闘士ラッシュ」を目指すといった前作のゲーム性を踏襲しつつ、聖闘士ラッシュ突入時の平均獲得枚数が約1400枚にアップ。1Gあたりの純増枚数も約2.8枚にアップしているため、出玉スピードにも磨きがかかったいう点も見逃せない。

⇒パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒スペシャル

(C)車田正美・東映アニメーション

 

▲目次へ戻る

 

ぱちスロ ゲッターロボ

 2018年導入予定

 

(C)永井豪・石川賢/ダイナミック企画 (C)1998 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会, (C)KYORAKU

 

▲目次へ戻る

TOP