アニかつ&ガル憎の回胴交換日記

結成から19年を迎えるマッパチのアニマルかつみとガル憎の交換日記!

表示件数:

1件表示 10件表示

表示順:

新しい順 古い順

ピッチャー交代 from ガル憎

2015/08/20

記事カテゴリ:from ガル憎
タグ: マッパチ 広島 結婚 お好み焼き屋 

 

拝啓、お兄さま。

 

残暑が厳しくならないかもしれない。それは困る。俺は夏が大好きだ。諦めるんじゃないよ夏。もっと来いよ夏。逃げてんじゃねーぞ、ナトゥ。

 

はい。最後だけ長島三奈になってしまいましたが、ニイサンの「東京に骨を埋めるつもり」発言。ちょっとビックリしましたね。

 

ビックリしたというか、改めてそういう話をしたことが意外と無かったから「おお、そうなのか」という意味での驚きというか。実家に弟さんの家族がいるとなると、たしかにそうなるかもしれないですね。俺は長男、実家は空いてる(いまは婆ちゃんだけ)。それを考えると、まあ、普通に広島に帰りますよね。世間一般的というか。

 

基本は「結婚をしたら帰る準備に入る」&「広島で子どもを産む」というスタンスです。ただ、なんの因果かまだ未婚なもので、帰ろうにも帰れない感はありますね。子どもの前に、そもそも嫁がいねーだろと。

 

当初、俺が東京に残っていた理由は違うんです。もちろんこの仕事があって、それでメシを食えてるってのがあるんですが、高校卒業と同時に、広島の(同じ学校や幼な馴染みの)連中が、こぞって東京に出てるんですよね。それぞれに夢を抱いて。中にはスタイリストを目指して、ミスチルのスタイリストをやるまで出世した同級生もいるんです。いるんですが、そいつを含め、俺以外、全員が広島に帰ったんですよ。

 

夢を諦めた者。夢を変えた者。故郷が第一と気づいた者。東京に負けた者。いろんな理由で帰りました。20人~30人くらいいるそんな連中の中で「いまも東京に残っている人間」。これが俺ひとりなんですよね。だから最初は、そのみんなの想いも背負っていこう。お前は東京に負けたかもしれん。お前は夢を諦めたかもしれん。でもお前らの分まで俺が東京で頑張って、広島人であることを誇りに持ちながらアピールし続け、成功してやる。日本の真ん中で、広島人として堂々と生きてやる。そんな使命感があったんです。だって、ここで俺が広島に帰ったら「ゼロ」ですから。俺の世代、俺の仲間。東京に残ってる人間が「ゼロ」になりますから。こんな悔しいことは無いじゃないですか。

 

いまは逆に、そういうのが落ち着いてきたというか、地元に帰るなり、別の場所を選ぶなり、そうして東京を離れたんだけど、成功してる仲間が増えてきたんですよね。かつては「都落ち」だった。でも、いまは違う。年齢もあるでしょう。40歳チョイなんで、最初の失敗から這い上がり、次の人生が軌道に乗り始める時期でもあるんでしょう。だから、いまはそういうのが落ち着いた分、いよいよ「自分はどうなんだ?」と、自らの考えを最重視するようになりましたね。

 

長くなりましたが、結論から言うと俺は広島に帰ります。電撃、なんてことになれば1年後かもしれないし、普通に5年後くらいかもしれないし。広島に帰って「お好み焼き屋」か「焼鳥屋」をやります(前者が濃厚)。カープの試合がテレビ中継で観れて、任せられる店長がいて(すでに候補者あり)、俺はお客さんと飲みながら話す。客と飲む名物店長になろうかと。楽をしたいだけという説もありますが、俺、やっぱ人と話すの好きなんで、若い子の人生相談とか恋愛相談とか、同世代やオッサンとのカープ談義とか、そういうのをしたいんですよね。んで「あそこの社長は飲んでばかりじゃけど話が面白い。そのかわり飲み代は客が出さんといけん」みたいな。広島に新しいスタイルの「憩いの場」を作りたいです。社長がタダ酒の飲める憩いの場を。俺の憩いの場を。

 

というワケで、ニイサンは東京に骨を埋める。俺は広島に帰る。ここまでは分かりました。次はどうしましょう。嫌いなビールについて話しますか。いや、これじゃあふたりとも「モルツ」って答えるからすぐ終わるな。よし、ここは逆に「フリー」でいってみるか。俺の質問にニイサンが答えるんじゃなくて、ニイサンが「なにか書く」。それに対し「俺は」と答える。これで行ってみよう。いつも俺がピッチャーじゃ面白くないもんね!

 

ではニイサン。お好きな球を投じてください。

 

TOP