CRサンダードラゴンZ パチンコ,ボーダー,スペック,解析,保留,信頼度,予告,演出,まとめ

ぱちガブッ!ガイドステーションの、CRサンダードラゴンZ(ジェイビー)パチンコ機種情報になります。また台ごとの最新攻略情報やユーザーによる口コミ情報、プロによる実戦動画も随時更新中!

基本情報(基本スペック)

機種概要

役モノの爪による貯留アクションで人気を呼んだ羽モノ名機が現代に復活。今時の台らしく、ノーマル&SP2つのルートで大当りを狙う。大当り中の爪貯留動作も健在だ。

基本仕様

サンダードラゴンの基本仕様の紹介

 
■Z…ラウンド振り分けタイプ
■ZZ…ラウンド継続タイプ
 
賞球、ラウンド、羽根開放回数&秒数の基本仕様は上の表の通りだ。

2つのルート

サンダードラゴンのノーマルルートとSPルートの紹介

 

役モノ内上段回転体の穴に入るかに注目!

穴を通過・・・砲台が正面なら好機に

穴を通過せず・・・フリッパーやゴッドハンドに弾かれた場合行方に注目

役モノ解説

今時の羽根モノらしくSP&ノーマルルートを搭載

サンダードラゴンの役モノ解説
 
役モノは二段構造になっており、上段の回転体の穴を抜ければSPルートとなり、下段砲台から高確率でVへ導く。回転体に入らなかった場合は、ノーマルルートとなり、下段にあるフリッパーやゴッドハンドに弾かれるとチャンスだ。
 
まず見どころは2つの穴回転体に入るか否か・・・入ればSPルート。
SPルートは砲台が中央を向いている時がチャンス&ノーマルルートは何らかの可動体に当たることが必須。
SPルート・・・砲台は終始左→中央→右を振る動きをループ&ド真ん中でなく多少ブレてもV入賞する台も。
ノーマルルート・・・フリッパー&フリッパー+ゴッドハンドに注目だ。
 

ラウンド振り分けタイプの『Z』はV入賞後のラウンド決定演出に注目

サンダードラゴンのラウンド振り分けに紹介

 
V入賞後の抽選パターンによって、特定ラウンドが否定されるなど大当り出玉期待度が変化する。中でも3Rが否定され、ドラゴンが咆哮すれば16Rが濃厚となるPUSHがアツい言えよう。また、ラウンド決定後再始動して昇格することも。
PUSH・・・発生した時点で3Rを否定
8の字変動・・・発生時点で7R否定。若干3Rの方が出やすいが、16R期待度が全演出中2位
消灯・・・高速点滅よりも16R期待大。最も出現しやすのが7R
高速点滅・・・16R期待度は最も低め&3Rと7Rの割合が均等

実戦で損しないためのポイント

サンダードラゴンの大当り終了後の「2」保留の消化

 
2チャッカーのみ1個の保留を搭載している。保留がある状態だと、大当り終了直後に羽根開放アクションが開始する。貴重な2回開放を不意にしないためにも、大当り終了後は即座に打ち出すこと。
 
サンダードラゴンの無駄玉防止の紹介
 
自力継続タイプ『ZZ』はラウンド間のインターバルが長いので、止めることで無駄玉防止になる。『Z』のラウンド間は短いので打ちっ放し、もしくは一瞬止める程度でいいだろう。フルカウント後BGM終了で1拍後に打ち出す。

ボーダー

準備中

リーチ信頼度

イレギュラー発生&SP信頼度

サンダードラゴンのイレギュラー発生&SP信頼度の一覧表

※N=ノーマルの略、イレギュラーはゴッドハンドの爪&フリッパーのいずれかで弾くケースを指します。
 
下段でギミックと接触するNルートでのイレギュラー発生率や、SPルートからのV入賞率には台ごとに差が見られた。ネカセの影響や個体差は大きいようで、大当りの多い台はクセ良し台の可能性が高い。

予告信頼度/演出信頼度

SP&ノーマル両ルート共にややチャンスとなるパターン

サンダードラゴンのSP&ノーマル両ルート共にややチャンスとなるパターンの紹介

 
2チャッカー2開放目での入賞や、複数同時入賞など、通常と異なるパターンだと、SPルート振り分け率や、イレギュラーの発生率がアップ。如何に普通ではない玉の動きをするかが、V入賞の肝となる。

確変中・ST中予告信頼度/演出信頼度

準備中

攻略

準備中

特集

準備中

評価・レビュー

みんなの評価

0.0
0件
0件
0件
0件
0件

「CRサンダードラゴンZ」に関連する機種一覧

関連動画

関連ブログ

関連アプリ

設置ホールを探す